スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
混沌とした先祖?なニューアルバム『カルマ』 JACK IN THE RADIO 10月6日
大変おそくなりました、JACK IN THE RADIOです。
『カルマ』を聞きましたが、随分とメジャーな感じな仕上がりになっていて驚きました。
それでもそこかしこにムックテイストが散りばめられていてはいるものの、
「零色」や「堕落」なんて「これムックさんですか?」とつぶやいてしまった。

ムックがムックを打ち破ろうとしている、挑戦している、そんな感じのアルバムで面白かったです。


というわけで、先週遅刻したリーダーは来ていたのか?
そして今週の逹瑯君の弄りターゲットはSATOち君のようでした。
よろしかったら。



拍手コメントのお返事、また後ほどに。
すみません。













逹瑯:さぁ~、始まりましたJACK IN THE RADIO DOORS、水曜担当ムックヴォーカル逹瑯でぇ~~~すっ!
先週に引き続き4週連続でこのJACK IN THE RADIOをムック全員でお届け中ということでですね。
ご挨拶宜しくお願いします。

YUKKE:はい、ムック ベースのYUKKEです。

SATOち:はい、ムック ドラム、SATOちです。

逹瑯:はい、何を隠そう2週録りなもんでですねー、リーダァーーー!!!
リーダーまだ到着しておらず、先週に引き続き今週もまだ間に合っておりません。

YUKKE:すごいっすねぇ。

逹瑯:この放送中に間に合ってくれよぉ~~~。 ということでですね、皆さん、応援のメッセージ待ってますからどんどん。

SATOち:そうねー。

YUKKE:遅いっすねぇ。

逹瑯:間に合ってーってメッセージ待ってますから送って下さいねー。

YUKKE:逹瑯さん、なんか鎧脱ぎましたね、今。

逹瑯:はいはい(笑) はいっ!ついに10月6日の今日です。 ムックニューアルバム『カルマ』がリリースということで。

SATOち:ありがとございまっす!

逹瑯:ということでですね、今日はアルバム『カルマスペシャル』としてお届けしていこうかなと思います。
皆さん準備はいいですか?

YUKKE:はい、どんとこーい! 任せろっ!

逹瑯:はぁ~い、行きますよ。
ま、その前にですね、早速1通メールいきたいかなと思います。
レディオネーム あかねまんじゅう 8歳 女性の方です。

ムックのみなさん、こんばんわ。 ニューシングル、アルバム発売おめでとうございます。
そこで質問ですが、みなさんの好きな、あ、違う、YUKKEさんの好きな女性のタイプや何フェチか知りたいです。
(ちょっと待ってよ、さっき8歳って言ったよね? これ8歳の質問か?)


YUKKE:ちょっとおまっ・・・・なんでそこ変えた、今?
ちょっと、「みなさん」って書いてあるよね?

逹瑯:書いてありました?

SATOち:ゆっちゃえよもう。 全部ゆっちゃえよっ!

逹瑯:さらけ出せよ、鎧脱いでじゃえよぉ~~~~~。

YUKKE:何タイプってこと?

逹瑯:はい~~~。

YUKKE:俺昔は結構年下が好きっとか言ってたんですよ。 だからもうみんなの認識では、YUKKE=ロリコンみたくなってると思うんですけども、最近ほんとそーでもない。

逹瑯:おぉ~?

YUKKE:で、ストライクゾーンって言うんですかね? 広いです! 結構どこ投げてもストライク入るような感じの男になってきてて。
(HYDEさんでいう、「この年になるとね、もうなんでもよくなっちゃって」ってやつですね)

逹瑯:もぉ~う、YUKKEさんくらいになると牽制球で「ストライクッ」って言いますからね。

YUKKE:言います(笑) で、だからなんだろうな、最近は凄く家庭的な人がいいなと思ってて、ご飯、料理できるって俺たぶん絶対条件なんですよね、結構。

逹瑯:YUKKEさんの「料理ができる」の基準はハンパないからね。

YUKKE:いやいやいや。

逹瑯:みんな、肉じゃがとかカレーとかじゃないですから、北京ダックができるのが料理ですからね!

YUKKE:いいわっ! 重い重い重い。
ま、何フェチかと。 何フェチかとよくSATOちさんとかだったら例えば「おっぱい」じゃないですか。

SATOち:そうなんですか?

YUKKE:そうなんじゃないんですか?

逹瑯:SATOちさんはベフですからね、ベフ! BEFですもんねぇ。

YUKKE:そうねぇ。 SATOちさんはなんでおっぱいが好きなのかなぁ?

SATOち:えっとぉ~~~~~・・・・やぁらかい。

逹瑯:触ったことあるんですね。

SATOち:あ・・・ァ・・・・あります。

逹瑯:あっはははははは!!!

YUKKE:今いい方やぁらしかったぁ~いま。

逹瑯:YUKKEさんはフェチは?

YUKKE:おしり(即答)

逹瑯:あららららら。

SATOち:そ、ジーパンのな。

YUKKE:ジーパンの(笑)

逹瑯:あの、なんかぐっとリアルになってヤだわ。

YUKKE:何フェチか分からないけど、裸じゃないフェチかな、俺、もしかしたら。

逹瑯:ほんとぉ。 じゃ、もうそこら中にいる人と凄いんですねぇ。

YUKKE:そうなんです。

逹瑯:萌え萌えなわけで・・・9時台ですからね! 先週に引き続きっ!

YUKKE:だってしょーがないですよっ! アルバム発売おめでとうございますだから。

SATOち:単純にこういう質問にだから。

逹瑯:俺、何だろうな? 俺結構「うなじ」とか好きだね。

YUKKE:あ~~~、そういう大人な意見がキタ。

SATOち:じゃ、アレなの? 浴衣とか着物とかってさぁ。

逹瑯:いぃ~かもしんないねぇ(結構うっとりしてますよ笑)

SATOち:あらそう?

YUKKE:あ、そう?

逹瑯:唇とかね。

SATOち:あっ! 唇は俺も分かる!

YUKKE:いいね、綺麗なこと言うわ!

逹瑯:唇フェチ。

YUKKE:お洒落なこというねぇ。 SATOちは何だっけ?

SATOち:おっぱい!

YUKKE:俺はお尻。

逹瑯:ジーパンはいたね。 はいっ、そんな感じで早速ですね、ニューアルバムに全く関係ないタイプとフェチが分かったところでですね、早速聴いていただきましょうかね?
今日リリース、ムック ニューアルバム『カルマ』から、「フォーリングダウン、オーガニックエディション」


フォーリングダウン


逹瑯:はぁい、お届けしたのは今日リリースです! ムックニューアルバム『カルマ』から「フォーリングダウン オーガニックエディション」でしたと~。

SATOち:はい。

逹瑯:ではこっからですねぇ、早速ですがニューアルバム『カルマ』について話をしていこうかなと思います。質問がいっぱい来てます。
あのぉ~、これ質問しますから即答でボンッと答えてもらって、それについてチョンチョンと拾って行こうかなと思います、後からね。
行きます。 これ、どっちに振るか分かりませんからね。

アルバム制作はいつ頃からスタートしましたか、YUKKEさん。

YUKKE:はい、えーと、今年の5月くらいからですね。

逹瑯:はい、振り返ってみて一番すぐ最初に思い出したのは何ですか? YUKKEさん。

YUKKE:オォォ? え~と。

SATOち:はは、よかったぁ。

YUKKE:今回はあの、夜中あんまり明け方まで作業っていうのがなかったですね。 朝午前中に始まって、夜終わって帰るという、ちょっと健康的だったと思います。

逹瑯:はい、各メンバーの拘った部分は? 好きなところは? SATOちさん。

SATOち:えーとぉー、ギター、ヴォーカル、ベース、ドラム。

逹瑯:はははは。

YUKKE:なんだそれ?

逹瑯:ベッドルームとトイレで作曲したと聞きましたけが、他にはどんなところで作曲しましたか? SATOちさん。

SATOち:えー、俺でいいの、それ?
え? おし、え、おし・押入!

YUKKE:お尻じゃねーだろ! 何? ちょっと引っ張ってるね、さっきのね。

逹瑯:作詞はどこで書きましたか? ちなみに夜中朝方?
結構どこでも書きましたね。 家でも書いたし、外でも書いたし、それこそ屋上みたいなところでも書きましたし。

YUKKE:へぇ~。

逹瑯:作詞作曲が煮詰まったらどうしてましたか? SATOちさん。

SATOち:えっとぉ~、あの、スッキリさせる。

逹瑯:・・・・・・はいっ(下ネタと判断したらしい)、今までと比べて今回のレコーディングで感じたことは? YUKKEさん。

YUKKE:なんか(笑)みんなの顔がスッキリしてるなと思いましたね。

SATOち:ぬふははは・・・・

逹瑯:今回のレコーディングで食べてご飯で印象深かったご飯は? SATOちさん。

SATOち:んと、すき屋。

逹瑯:アルバムのタイトルはいつ決めましたか? YUKKEさん。

YUKKE:え~とぉ、ちょうどJACK IN THE SUMMERをやってたぐらいに決まったのかな? 確か。

逹瑯:アルバム『カルマ』各メンバー一言ずつお願いします。 SATOちさん

SATOち:えっと、あれ、先祖。

逹瑯:YUKKEさん。

YUKKE:カオス?

逹瑯:はぁ~い。 ちょっと聞いていきたいのがですね、え~と? 各メンバーの拘った部分は? 好きなところは? SATOちさん何て答えましたっけ、これ。

SATOち:えっと? え?

逹瑯:ヴォーカル、ギター、ベース、ドラムって言ってましたけど。 広いわっ!

SATOち:へへ、だけど、一番かな?

逹瑯:なにが?(笑)

SATOち:みんながそれぞれやる・・・

逹瑯:YUKKEを見るな! YUKKEを。

SATOち:笑 それぞれみんなが担当してるのが。

逹瑯:ドラムはどこら辺拘ったんですか? 自分の曲づくりでもいいし、プレイでもいいし。

SATOち:あ、プレイですね。 あの~、四つ打ちなんですが、これ音源で聴くと。

逹瑯:特にどの曲?

SATOち:「アイ アム コンピューター」とか実は汗だくだったっていう。

逹瑯:あ~~、結構こう淡々ときこえるけど、もう熱がこもってるような。
後はですね、今回のレコーディングで食べたご飯で印象深いご飯は? すき屋か!

YUKKE:SATOちですね。

逹瑯:すき屋が印象的だったんですか?

SATOち:すき屋。

逹瑯:なんで?

SATOち:おいしいや。

逹瑯:え? おいしいや?

SATOち:うん。

逹瑯:ほんとしょ~もないなぁおまえは~~~!!
アルバム『カルマ』各メンバー一言ずつでYUKKEさんは「カオス」とか答えましたよっ! まさに「カオス」なアルバムになっていると思いますよ。 
SATOちさん? 「先祖」?

YUKKE:あはははは!

SATOち:あ?

逹瑯:なんだと思ったの? 質問。 
アルバム『カルマ』各メンバー一言ずつ例えれば。

SATOち:あ、そっかそっかそっかー。

逹瑯:なんだ、先祖って?

YUKKE:どういう質問だと思ったの?

SATOち:違う、アレさぁ、「カルマ」の意味。

逹瑯:カルマの意味?

SATOち:意味。

逹瑯:違うわっ!

YUKKE:なるほど、そっかそっか。

逹瑯:だいぶあんぽんたんですけども、もう。 ほんとどうしようもないですよ。
あのね、ツィッターでもチョロチョロとね、いろいろ聞いたんですよ。
なんかいろいろ質問ありますか、ムックにって。 あー、ありますね。 ヒップさん?

『カルマ』の中でこれはノレるって曲はどれですか?って聞かれてますけども。

YUKKE:なんだろ? でもノレる曲、いっぱいあるわなぁ?

逹瑯:俺ね、アイ アム コンピューターがライブで凄く変わる気がするんだよねぇ~。

YUKKE:あ、言ってたよね。 それはあるね。 あの曲は結構ね、いろんなライブアレンジが思いついたってリーダーも言っててね、結構面白そうですよ。

逹瑯:ねー、みなさんがこのラジオを聴いて貰っているときはね、アルバムも聴いてもらってると思うんですけども。

YUKKE:そうだね。

逹瑯:はい、発売日ですから。

YUKKE:あ、そうだ!

逹瑯:そうですよ。

YUKKE:おめでと(なんか可愛らしい言い方)

逹瑯:一番思い入れのある曲は何ですか?っていうの、アオラさん。

YUKKE:アオラさん? なんだろね、やっぱりどれもこれもそうですけども、やっぱ自分の曲じゃないかな?

逹瑯:やっぱでも何曲か持ってきたじゃん? あの曲が一番気に入ってたでしょ?

YUKKE:そうだよ。

逹瑯:ね。

YUKKE:作業時間も二日にわたってやっていたからね、アレは。

逹瑯:SATOちさんはやっぱり自分の「サーカス」ですか?

SATOち:そうですね。

逹瑯:ずっと「ホルンを入れたい」って言ってましたからね。 ほんとにもう高校生の頃から。

YUKKE:うん、言ってたね。 髪、長かった頃から言ってたね。

逹瑯:あの、ベルト束ねてた頃から。

SATOち:おいっ!

YUKKE:サーファーで・・・・

SATOち:どんだけ戻んだよ。

逹瑯:いや、あんときスケーターだから。

YUKKE:スケーターか、そっかそっか。 俺の知らないSATOちもいるんだね。

逹瑯:やっぱ「サーカス」?

SATOち:「サーカス」っていうか、やっぱデモづくりでみんながマニピュレーターとかってつけて頑張ってるけど、俺はつかなくて。

逹瑯:あ~、格好いいじゃないですか。

SATOち:それで、でも、自力で頑張ろうと思って。 やっぱね、出来ないことをするから、いろいろ覚えんだ、ほっんとに! それが面白かった。

逹瑯:ま、知らないことだらけだからね、SATOちさんはね。

SATOち:うん、まず日本語からやったでしょ。

YUKKE:あ、そっからやったの?

笑!!!

YUKKE:今の顔も伝えたいわ、俺。 ちょー真剣じゃない。

逹瑯:はい、そんなムックのニューアルバム『カルマ』ができるまでをお届けしました。
では、ニューアルバムからもう一曲お届けしたいかなと思います。
YUKKEさん、曲紹介よろしくお願いします。

YUKKE:はい、聴いてください。 ムックで「ポラリス」



ポラリス


逹瑯:はい、お届けしたのは今日リリース、ムックニューアルバム『カルマ』から「ポラリス」でした。
この「ポラリス」、北極星という意味なんですねぇ~。
北極星は空で唯一場所が変わらない道しるべみたいになって欲しいですよね。 
そういう感じにね、汲み取ってもらいながら聴いてもらえたらなと思います。

こやってですね、曲を聴いている間にですね、リーダー到着しましたぁ~~~~。

ミヤ:はいー、すみません、ギターのミヤです。

逹瑯:はいどうもぉ~。

ミヤ:遅くなってすみません。

逹瑯:いえいえ、そういうことでですね、JACK IN THE RADIO もうここで終わりなんですよ、到着したところで。

ミヤ:あ、そうなんですか?

YUKKE:次ぎ、今日の感想のコーナーですか?

逹瑯:はい、今回は4人全員は終わりましたけども、どうでした? この4週振り返ってみて、みなさん。

YUKKE:やっぱ面白いなと思って。 JACK IN THE BOX、アレは面白いですし、だんだん質問の、ほんとにスタッフが目を通してなさ度が上がってきたなと思って。
もっと通さなくていいですよ。

逹瑯:結構もっさり入ってたもんね。

YUKKE:うん、結構際どかったな。

逹瑯:SATOちさんは?

SATOち:そうですね、俺もJACK IN THE BOX、もっともっとね、すっごい強烈なメールが欲しいですね。

逹瑯:あのコーナーみんな好きだよね?

YUKKE:JACK IN THE BOXだけでもウケますよね、きっとね。

逹瑯:ははは、曲掛けなくていいですか?みたいな?

YUKKE:とにかく答えますみたいな。

SATOち:なんかね、みんなと呑んでて話してるのに近い。

YUKKE:年末とかにやったら面白いですよね?

逹瑯:あの~、打ち上げでやりますか?

YUKKE:忘年会で?

SATOち:あ、ぜってぇー面白いよ。

逹瑯:全然放送にのらないんだよ。

YUKKE:あ、アリかもね。

逹瑯:JACK IN THE BOX ツィッターとかね。

YUKKE:おー。

逹瑯:ボックスに入れて、この質問に答えたよ、どう答えたよっていうのをばーっとツイートしてくみたいな。

YUKKE:なるほど、面白い。

逹瑯:面白いかもしれないですね。 リーダーはどうですか?

ミヤ:そうですね、やっぱJACK IN THE BOX、面白いですね。

YUKKE:好きですもんね。

逹瑯:先週やってませんけどね。

ミヤ:大好きですけど。

逹瑯:またね、なんかあったらこの次ぎの機会にはもっと特大版JACK IN THE BOXなんかを。
リーダーが何気に一番際どい質問が好きですからね。

YUKKE:そうだね。

逹瑯:そんな感じでいろいろやっていけたらなと思いますけども、じゃ、こっからはJACK IN THE 告知で宜しくお願いします。

ミヤ:はい、ムックニューシングル「フォーリングダウン」と今日リリースですね、ニューアルバム『カルマ』チェックしてください。

逹瑯:はい、これ放送ないで聴けなかったので最後にですねリーダー、『カルマ』の聴きどころなんかをちょこっと聞こうかなと思いますけども。

ミヤ:そうですねー、まぁいろんなところで言って留感じなんですけど、新しく冒険したと凄い言ってるんですが、そればかりではなくて、やっぱり冒険したことによってムックのらしさっていうのを凄く実感したアルバムかなと思っていて、より自分たちのルーツが意外と冒険したことによって分かったっていうルーツっぽい曲もあったりして、凄くなんですかね、まとまりが悪いようでいいアルバムになりました。

逹瑯:うん、そんなアルバムがですね、10月6日、今日リリースしておりますので、まだチェックしてない人はですね、ガンガンチェックしてもらえたらなと思います。

YUKKE:はい、そして10月30日、日比谷野外大音楽堂からムックツアー2010 ケミカルパレードが始まります。 是非遊びに来て下さい。

SATOち:その他詳しくはムックオフィシャルサイトとツィッターをチェックなう、なうなう~~。

YUKKE:もういいよ。

逹瑯:この後JACK IN THE BLOG用に撮影をしますが、そんな今日はニューアルバム『カルマリリーススペシャル』ということでですね、「カルマっぽいポーズ」。
カルマっぽいポーズですよ。 みなさん、受け取り方が違うと思いますけども、気になった人は番組携帯サイトをチェックしてください。
ということで、この後は引き続きRADIO DORAGONですが、そんな今日はスペシャルでお届けしたということで、サラ・マリーさんへの質問はSATOちにやってもらいましょう。

SATOち:え? マジですか? いいんですか?

YUKKE:びっくりしてる。

SATOち:じゃあの、好きなタイプなんかを教えてください。

逹瑯:男性のタイプねー、聞いてねぇー、どーしたいのぉ?

SATOち:そうしたら、そういうタイプになる。

逹瑯:なる?



逹瑯:はい、とういことで、JACK IN THE RADIO ムックヴォーカル逹瑯と。

ミヤ:ギターミヤと。

YUKKE:はい、ベースYUKKEと。

SATOち:ドラムSATOちでしたぁ~~~~~。

ばいばーい。


以上です。
ちなみに、サラさんの好きな男性のタイプは、「よく笑う人、趣味をいっぱい持っている人、サラ・マリーに構い過ぎない人」が趣味。
あとは「犬顔」だそうです。
と聞いて、逹瑯君の顔が浮かんだのはみんな同じですよね?


関連記事
スポンサーサイト
【2010/10/10 16:43 】 | JACK IN THE RADIO | コメント(2) | トラックバック(0) |
<<NYのINAさん、K.A.Zさん + NY会場入り(追記) | ホーム | VAMPS NYAF(アニメフェス)のインタビュー風景>>
コメント
No title
アメリカも終わって、ついにヨーロッパ上陸ですね♪
バルセロナもロンドンからは近いし安いんで、行きたかったな。。。
(遊んで暮らせる身の上になりたいです。。。)
本当に、ワールドツアーっていうのは時差ボケや気候、国とのギャップ等との戦いでもありますよね。日本でのあの連日のライブツアーをこなした後で、ってのがすごいです。よく倒れないなと。本当に、尊敬してしまいます。

確かに好きな人の事考えると、目がキラキラしちゃいますね♪
こちらでは東洋人はただでさえ若く見られますが(実年齢を言うと、みんな10秒くらい口ぽか~んです 笑)、ドキドキ効果でお肌若返ったらいいな~。あんちえいじんぐ。

メール送ってみたんですが、届きましたか?

【2010/10/11 07:18】| URL | CHIKAKO #C4nL51EQ[ 編集] |
CHIKAKOさん
バルセロナはロンドンから近いんですか?
なんか距離感が全く掴めません。

海外回ると時差だけじゃないですね。
気候もお国柄も言葉も違ってくるんですよね。
日本にいるとそんなことちっとも分からないですよ。

でも音楽はそれを越えることを分かってるから行きたくなるんでしょうねぇ。

日本人は若く見られがちですけど、そんなぽかんされるほどなんですか。
いいなぁ。
日本にいると・・・・・・・

もうどんどんアンチエイジングしちゃってくださいよー。
してもそれは損じゃありませんからねー。


メールはちゃんと届きました。
ありがとうございました。


【2010/10/11 17:09】| URL | 栄 #-[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://faireal.blog96.fc2.com/tb.php/983-2c86eaff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。