スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
最後はおねむになっちゃった、「ニコラジ」文字起こし その3
2010年VAMPS関連文字起こし等一覧は コチラ

Mステ、最初のK.A.Zさんのギターづかい、格好よかったーーー。
最後のほう、チロっと舌を出したりしてたね。

ニコラジののんびりさんとは全然違うよ(笑)
めたもるふぇーぜ。



きっとK.A.Zさんは帰ったら「めたもるふぉーぜ・ぷりきゅあ」検索ってやっただろうな。

そんなニコラジ。
K.A.Zさんが最後までにその意味を知ることができるのか心配です。

誤字・脱字・もうめんどくてやまちゃんの台詞なんかテケトーです。
そんなんでよろしかったら。

その1 その2リンクしておきます。


Y:ほらほらぁ、なんとなく面白くなってきたでしょ?
K:うん。
H:おもしろぉ~い。
Y:ラジオでもない、中間な感じでね。
K:そうねぇ。
・・・・・・めたもるふぇーぜかぁ(ほんとはとても小さな声です)

Y・H:!! ははははは!

Y:もう正解はいいです。
K:うん。
Y:なんとなくわかんないのに覚えちゃった形でしょ?
H:う・・・ん。
H:かわいい
(っていいませんでしたか!!!???  私の聴き違いまたは妄想による幻聴か?)

Y:じゃ、メール紹介します。 リコでーす。

「やまださん、くれよんハイちゃん、K.A.Zさんこんばんわ。
もうすぐVAMPSツアースタートしますね。 私東京しか行けないので、なかなかチケット取れませんが、
7月と9月、2公演行けることになりました。
昨年のツアーの時には、「ちょーだいって言ってみな」ってことで「ちょーだい」を連呼しました。

Y:なぁんですか、これはぁ? またHYDEがぁ・・・・。
H:あぁ、そういうこと言ってんだね、俺確か。

Y:だいたいK.A.Zさん、横にいてどう思ってんですか?
K:なんかね、どんどん充電されてってる感じがみえるの(笑) (plug in!)
これを言わせて・・・・
Y:相手から引き出して。
K:で、どんどんなんか。
Y:自分がMAXに。
K:そうそう。
Y:放電ギリギリまでこう。
K:そうそうそう(笑)
Y:そうでしょ~う?
H:そうそうそう(笑)

Y:あれは考えてるんですか? それとも自然に出ちゃう?
H:あ~~~~~~、エロは自然ですね
K:ふふふふ。
Y:そ、確かに出ます。
H:なちゅらるえろ。
Y:普通のときでもだいたい言ってますもんね。
もっと腰クネクネしてごらんって、普通にね。
H:うん、そう、なんかね。 向こうが照れてる顔とかが好きなんだよね。

Y:あれだけの、何万人とかって観えてんですか、そういうの。
H:なんか、なんとなく。
Y:躊躇してる感じが?
H:そうそう。
Y:たまんないと。
H:たまんない。
Y:ほらほら、そういうもんですよね。

K:だから俺とかさ、他のメンバー、「どうする? いつ止めようか?」って。
Y・H:はははは・・・・
Y:公前で何がはじまるの?ってなりますもんね?

「今年はなんて言葉を言わせるつもりなんですか?
練習をしておくので、ヒントをお願いします」

Y:今年のライブはなんて言わせますかね?
H:どうだろう? 自然にでちゃうでしょうからねぇ。
Y:メンバーのほうからも注意が入ってますよ。
やっぱりそこはそろそろ気をつけてやんないと。
MCでは例えばもっと爽やかな話を。
H:爽やかなのって難しいよね?
Y:いやだって、サンフランシスコのレコーディングの話とか爽やかじゃないですか。
H:あ、そっか。
K:あ、ふはははっ!
Y:あ、実は違うな? そーかやっぱりなぁ、そうなんだぁ。
K:そっちのほうが恥ずかしくなる。
H:あ、そうそうそう
Y:みんな想像してー。 イメージイメージ。
H:そうなのぉ~。 真面目な話ってなんか恥ずかしいわぁ~~~。
でも最近、ちょっと恥ずかしいくらいが気持ちいいんだけどぉ。 自分的には。
ちょっと自分のそういうところ観てもらったほうが、感じちゃうというか。

Y:でもまた、野外ではまたない、両方の喜びっていうのがあるんですか? ライブでは。
特にね、中でやるってことは、また全然違うんですか?解放感が。

H:そうね。あ、そういう感じ。外でやる(聴き取れなかったです)
Y:また何いってるの。 なんでノリノリになってくの?
ほら見てください。 来場者数は二万人越えてるんですよーーーー。

H・K:フーーーー!
H:すごぉぉい。

Y:さ、行きますよぉ。 クヌーさん。

「最近感動した、または鳥肌が立ったことってなんですか?

H:鳥肌? せっくす以外で?
Y:大丈夫、みんな聴いてない。 今「いやーん」が入るのが遅かったね、ケンケン。
駄目です。HYDEさんの口観てて! 言うから、「せ」っていう口の顔!
H:はっはは。
Y:するから、この人!
K:ははは。
Y:口の形で分かるでしょう?

H:とりはだ。
Y:そう、と、気をつけて、観てて観ててよっ!
あのね、「せ」って言ったらユーザーがみんな大きな声出しちゃえ。
K:ミラーガラスの角が光るから。
Y:あ、光る?
K:キラーン。
Y:ちょっとまって、今映る? 映すから映すから。

Y:鳥肌が立った瞬間ってなんですか?
H:え?・・・せっくす
Y:きゃー。 はい、今遅かったおそかった今ぁ。 ね、これぐらいご褒美ご褒美。
しかし凄いねこれ、ワンデーでね稼働してるだけあってね、この時間だんだんカオスになりつつあるぞぉ。
H:ねぇ。
Y:こんなゲスト僕初めてだ。 普段ラジオでここまで言ってくれないもの。
じゃ、特別にね、やっぱアレですか。もう一回VAMPSの曲、もう一回くらい流したいんですけど。
H:あらぁ~~ん。
Y:こちらも今日リリースですよ。2009年、ツアーファイナルとなった日本武道館公演の模様を収録した、「VAMPS LIVE 2009」からなんですが。
曲紹介いってもよろしいですか?
H:はい。
Y:ちょっとね、曲紹介の表情もね、観てもらいながらにする?これ。
みんなぁ、目合わせて目合わせて、用意はいいかい? さぁ、行くよみんなぁ。
じゃ、HYDEさんお願いしますっ!

H:「せっくす・・・・・BLOOD ROCK’N ROOL」


DVD VAMPS LIVE 2009から SEX BLOOD ROCK’N ROOL


Y:観ちゃいましたこれぇ~~~。
ほら888888888・・・・・・・
K:うん。
H:うん、88888888888。
Y:あ、ここで出るんでしょ? 鳥肌が。 ほらねぇ?
H:ほんとぉ?
Y:そうですよぉ。 僕らもお客さんの立場で観ていたら、
すっきりいいライブだったら鳥肌が立ちますからねぇ。
ぶわっってなるから。
あ、ちょっとアレですよ。 あまりにもフリーダムに話てきたから、
プロモーションのトークを一切していませんよ。
DVDが出るんですから、これね。
H:いいよ、もう。
Y:今日もう買った人もいるし、これを観て買おうと思ってる人もいますから。
もっとお話ししましょうよ、これ。
H:あ~、すみません。
Y:D2はいろんなの入ってるじゃないですか、これ。
H:はいってるよ。
Y:入ってますよぉ、これぇ。 結構オフショット入ってますよね?
K:入ってますね。
Y:ねー、ドキュメント的な映像とかも。
K:これ、だから見せらんない。
Y:いやいや。
K:はははは。
Y:なんで売ったの? なんで今日発売なの、じゃぁ。

H:去年の活動、もう全部入ってるから、ドキュメントはね。
Y:そうなんですよねぇ。
H:それをもう、がーーって入れてもらって。
もう一枚、武道館ファイナルがノーカットで入ってます。
Y:素の部分のそういった映像も観られながら、
ライブで大変身するVAMPSも観れるという。
あ~んなオフショットなかなかオッケーなんですね、意外に。
H:そぉう?
Y:ほんとなんか凄くニュートラルな感じの映像が観れて。
すっごいなんか楽しかったぁ。
H:あ~~。
K:でも、ツアーの様子とかも凄い観れるかもね。
みんなが観れないところが。
Y:あ、確かに。そりゃそうですもんね、裏側ってね。

H:K.A.Zくんがどんだけ釣り上手いんだっていうのがね。
K:へへ。
H:瞬殺ですよ。 瞬殺。
Y:やっぱ分かんないもんですよ。人のね。
H:ほんとにねぇ。
K:一つくらいは・・・・(聴き取れなかったです)
Y:ありますよ。大変なことになってるんですから。
H:それはほんと一発で分かりますから。
Y:みなさん、そういったものもチェックできるこの「VAMPS LIVE 2009」なんてね。こちらも。
H:うん。
Y:例えば、これ観るだけでね、ライブ会場に行った気になれるって、やっぱ楽しいもんですよ。
H:うん。
Y:そうするとまた、今度は会場に行きたいとかなるんで。
K:うん、そう。 これが今日発売して、
これからまたツアーが始まるわけでしょ? なんかね、いいですね。 いい感じに。
Y:ここでウォーミングアップしといて。
K:そうそう。
Y:で、ライブ会場に来てくれと。

あ、ジキルくん。 はじめましてっていう人がいますよ、やっぱり。
今日でね、ニコラジ知ったひともいるとおもうんですよね。

「DEVIL SIDE 発売されましたが、VAMPS LIVEもだんだん近くなってきました。
ライブでは会場の造りが凄く、ご本人のサインがあったりして、ハァハァしてます。
でもライブが始まる前は楽しみにしつつ、緊張してるんですが。
ライブ前に必ずすることとかってあるんでそうか?」

ジンクスめいたもの。

K:ストレッチ。
Y:あー、びっくりした。 ほんとねぇ、どうしようかと思った? ピー入れるか入れないかねぇ。
ストレッチね。
K:ストレッチ。
Y:しますやっぱり?
K:やりますよぉ。
Y:やんだろうなぁ、やっぱり。 指とかもやるんですか?
K:指はやんない。

Y:全身の?
K:そう、全身をやって。
Y:やっぱそういうふうにいかないと何となくプレイが。
K:そうやっぱね、ギクっていっちゃったらいやでしょう?
で、少しでもやっていおいて、で。
H:結構激しいのあるよ。
Y:そうでしょう。 実際、お客さんとだんだん一体化していって、うわーってテンション上がってくると。
H:普段やんない動きをするから、ステージだと。
だからぁ、イっちゃうよね、きっと。
Y:そこはほぐしておかないとと。
H:そう。
Y:えらいことですもんねぇ。

Y:全く大丈夫ですね、HYDEさん。 そんな大けがしたことはない?
H:ま、K.A.Zくんみたいにね、飛び・・・・
K:はっは。
Y:あ、そういうことしてんだ?
H:そう。
Y:なるほど。 HYDEが座ってて、押せ押せと。

(画面にはFooさんが書いたストレッチをするVAMPSさんた)

H:すっごいね、これ。
K:これなんか、日本むかしばなしみたい。
Y:ね、これ一瞬にしてFooさんが描いたんですけど。
で、K.A.Zが言ってんですよ。 もう~、硬いHYDEぉ~と(笑) そんなんじゃライブできないよっと。
ものすっごいアナログで。 しかも二人だしね。
普通あれでよあ、ツアーにはトレーナーとかね?

え?なに?
「曲がんないんだよ」(Fooさんがイラストに書きいれた吹きだし)

K:ははははは
Y:HYDE、硬っ!! 酢呑んで、酢!
K:でも、酢呑んでほんとにやわらかくなるの・
Y:あれ、怪しいです。 いまだ信憑性が取れてないという。
何かありますか? ジンクスめいたものはない?
靴は必ず上向きから履くとか。そういうことはあんまりしない。

H:まぁ、でも。 いつも握手してて、それやらないとキモイ悪い気はするね。
やっぱいつもやってることはね。
Y:いくよってやつですね?
H:イクよ。

Y:なんでそう。 ライヴが始まる前でしょ。
H:そうかそうか。
Y:ツアーが始まる前になんでウィスパーなの?
そんなに聴こえちゃう大きな声なのかっていう。
H:ストレッチ。
Y:ストレッチとウィスパーで「いくよ」って言うらしいですからね。
「K.A.Z、先にいくよ」って言うらしいです。

男の方。
「HYDEさん、K.A.Zさんこんばんわ。今日いつもと違う二人でテンションが上がってます」

ほら。 ちょっとふたりー? 大丈夫ですか?

「新曲、何回も聴いてます。 早く生で聴きたい」

H:ありがとぉ~。

「毎日これだけはしないと寝れないってありますか?

気をつけてくださいよっ。 今口の・・・・・HYDEさぁん?

H:すっごぉい鋭い(笑)
Y・K:はははは!
Y:あっぶな。もうねぇ~。
H:びっくりする。
Y:もうねぇ、おっかしいでしょ、今。

H:ひとりエッチっていおうと思った。
Y:だからっ! なんで、結局言うの。意味ない、今とめた。 
K:笑!!!
H:聴いていて止められたもん。 すごいと思って。 ちょうど・・・・
Y:びっくりしたもん。 止められたけど言っちゃったもん。 この人止められないわ。

Y:K.A.Z君、毎日これしないと寝れないって決めてるものは?
K:わっかんない。 いつの間にか寝てる。
Y・H:ほんと?(笑)
K:うん。

ここら辺で電話が来て、わかりません。

K:メタモルフェーゼって何?
フェーゼ? フォーゼ? 
Y:フェーゼ。
K:フェーゼ。

Y:ちょっと、普段この番組って1時間なんで、エンディングを迎えてるんですけど。
H:あ、ほんと(笑)
Y:どうなんでしょ? この後のお仕事?
K:この後?
H:この後・・・軽くなんか。
Y:軽くなんかある?
H:ありますよ。
Y:軽く? どうなんでしょう? そこんとこ5分くらいは延長とか?
H:もちろん。
Y:え? キタ、キタみんな! 延長ーーーーーーー 88888・・・・・・

H:そんな番組?これ。
Y:そうなの。
H:自由だね。
Y:ほらほら知ぃらない。 今HYDEが言ったからざわついてますよ。
やっぱ流石だな。 メタモルフォーゼの効果があったね。 メタモルフェーゼの効果が。

K:でも帰るまでにその意味がわかるかな?

Y:メタモルフェーゼって言うのは、こちらのコラージュの言葉で、「延長」ていう言葉なの。
K:そうなんだ!
Y:K.A.Zさんが言ってくれたんで。
K:うん。
Y:今ね、Fooさんが、「変身、延長。K.A.Zさん延長!」
K:へぇ~。

Y:じゃ、みなさん行くよ。そろそろ行くからね。
アンケートとるよ。
コメント全読みっていうのをやってお別れしたいとおもうんですよ。
H:はいはい。
K:うん。

Y:実はね、今日もう観てください、これ。
アリーナっていう部屋から。
H:すごいね、これ。
Y:裏アリーナ、中央1階左、2階、1階の右、中央の左といっぱいお客さん入ってるんです。今や立ち見の席まで入っちゃったんですが。
H:うんうんうん。
Y:どこかの部屋に僕らが移動して、この書いてあるコメントを全部読もうと。 
3人で協力しあって全部読むんです。

H:ふぁあ(あくび)

Y:・・・・・ねぇ? 今HYDEさん、軽く・・・・・ちょっと大丈夫?
読めます?
K:ふははははは・・・・
Y:読めます?
H:読める。
Y:眠りそうになっちゃ駄目ですよ。
H:大丈夫。

Y:どこに行こうか。 Fooさんに阿弥陀で決めてもらうんですけど。
H:うん。
Y:くじも今日はいっぱい立てないとだめだな。
HYDEさんにズバリ決めてもらおうかな。
もう、勘でいいです。 その部屋にパンッと移動します。

H:じゃぁね、2階中央。
Y:いいですね?
H:うん。
Y:2階の中央に来た! はいいきますよ。 2階の中央のみなさまお待ちどう様でした。 コメント、HYDE、K.A.Zさん、僕と一気に読みますからね。
H:うん。
Y:K.A.Z大丈夫? いける?

K:うん、目、回ってきた。
H:俺、酔いそうになってきた。
Y:K.A.Z、上半分ね。 HYDE、真ん中。 


で、やまちゃんはほとんど画面無視で好き勝手に何か言ってましたね。

Y:どうでしたか? ニコラジ出てみて。
K:おもしろいね。
H:よかったぁ。

Y:またちょっと癖にしてもらえます?
K:はい。
Y:毎日やってます。
K:ほんと?

またぁ・・・・5・・・年後ぐらいに。

Y:・・・!!?? 5年後くらい??? 5年後は待てない! 
すぐ来てほしい。
大丈夫ですから。 いつでもここやってますんで。
HYDE、どうでした?
H:うん、自由だね。

Y:自由なんです。 そうなんですよぉ。
えっとぉ、それをまさかHYDEの口から言われるとはね。
どんだけフリーダムにここまでしゃべってきたと思ってんだ! ね? そうですよ?
H:うまいねぇ、相変わらず。
Y:ありがとうございます。 なんでだ、なんで男同士で褒め合ってんだ。
H:じゃぁさぁ、メールで連絡して。
Y:そうでしょ?
H:いつでも来るから。
Y:いや、メールでじゃなくて、アドレス教えて早くっ!
H:へへへ。
Y:絶対教えて。
H:わかったよ。

Y:今後の予定などは?
H:もう普通に、たいして。
Y:いやいや、ツアーもありますんで。 じゃ、あとはオフィシャルページで。
H:そうね。
Y:観ていただければと思います。
また遊びに来てくださいね。じゃスタジオ最後だけ表情もらってお別れする?
ツーショットで。 あーーー、よかったねーーーー。

お相手はやまだひさし。 そしてぇ。
H:はいどと。
Y:そしてぇ。
K:K.A.Zでした。
Y:またねー、バイバーイ。 そしてVAMPSありがとー。

最後、HYDEさんはサングラスを取ってくれたけれど、
K.A.Zさんは取らずに、やまちゃんが「K.A.Zは目が回ってるから~」と言ってました。

以上でーす。


関連記事
スポンサーサイト
【2010/05/15 02:18 】 | ラジオでHYDE | コメント(2) | トラックバック(0) |
<<てったん意外に地味なGW 東京FM「COUNT DOWN jp」 | ホーム | 「めたもるふぇーぜ!!」 ニコラジ文字起こし その2>>
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/05/15 10:45】| | #[ 編集] |
ウ・・・・・さん
もう息切れ状態です(笑)

ミル姉はうっちゃんのキャラです。
私も検索してみたんですけど、とことん消されてましたねー。
オタ友の一人も「ミル姉さん」と思って聴いていたようですよー。

金髪HYDEさんは綺麗なんですけど、
サングラス取ったら垂れ目がどーんで、赤ちゃんみたいでしたよ(笑)
おまけにK.A.Zさんの弦が2本、ブチ切れてブランブランしてました。
く、そんなK.A.Zさんが格好いいと思ってしまった。
【2010/05/18 16:12】| URL | 栄 #-[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://faireal.blog96.fc2.com/tb.php/858-9168d40c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。