FC2ブログ
PV3分13秒あたりにびっくりした逹瑯君のJACK IN THE RADIO
なんと、最後のBGMに流れていたのってアレですよね?
え? ここで?っておどれーたんですけど。

そんなんでよろしかったら。

あ、VAMPSさんのメルマガ配信は5月中旬になるそうです。









逹瑯:さぁ~、始まりましたJACK IN THE RADIO DOORS 水曜担当ムックヴォーカル逹瑯です。
前回はKraのヴォーカル景夕が登場ですね。あの結構遊んだりとかですね、
しょーもないメール入れたりとかですね、なんか仲いい感じにさせてもらっているんですけど、
仕事モードで会ったら結構変わるのかなと思ったらそのまんまでですね、
なかなか不逞野郎だなとか思いながら。
あのKraってもっとちゃんとしてるイメージを出してるのかなと思ったら、
おちゃらけた感じなんですねっていうのが分かりました!
面白かったですっ!

そんな今日はですね、本当に久しぶりです。
VAMPSからヴォーカルのHYDEさんが登場。
気がつけば去年の6月にですね、
俺とK.A.ZさんとHYDEさんとVAMPSさんでこうやってやっていた以来といいうことでですね、
この後どんな話が聞けるんでしょうか。 お楽しみに。

まずはオープニングコーナーいきたいと思います。

天のJACK IN THE リクエスト~~~~~~ぉぉい~~~。
どんどんどんど~~ん!

このコーナーは天の邪鬼と言うことでリスナーから届いたリクエストのメールには
決して普通には応えません。
天の邪鬼かつドSなリクエストコーナーです。
では早速リクエストいきたいと思いまーす。

今日はですね、なんとこのコーナーにある人からリクエストコメントが届いているということで、
一体誰なんでしょうか? 聴いてみましょう! 2回目ですね?


どうも逹瑯さんお久しぶりです。 9mm Parabellum Bulletのヴォーカルギター菅原です。
ギターの滝です。
ベースの中村です。
ドラムのちひろです。
え~と、僕らが会ったのはいつ以来なのか。 僕はついこの間jalkbという友人のバンドのLIVEを観に行ったら、逹瑯さんもいましたね。
逹瑯:うん。
そこで会いましたけど、なんかいろんなところの打ち上げで会うことが多いような気が。
そうだね。なんかjalkbと対バンした時だっけ?
あ、そん時も逹瑯さんがワーって来て。ふふふ。
はい、ムックの曲でリクエスト1曲お願いしますということなんですけど、
天のJACK IN THE リクエストしてくれと。 どの曲をリクエストするのか、滝君タイトルをば。
はい。 「咆哮」という曲をリクエストしたいんですけど。
僕たち合宿に行く時に車内で『球体』めっちゃ聴きまくってて、で、
ぱねぇ~ぞ! かっけ~ぞ!ということで、盛り上がりましたんで是非とも聴きたいです!
はい、ということで、天のJACK IN THE リクエストをですね、
逹瑯さんなら絶対かけてくれるだろうということは分かりきってることだから。
是非、よろしくお願いしまーす。
以上、9mm Parabellum Bulletの皆さんでした。
さようなら~。

逹瑯:ははっ! 自分で言っちゃったよ。
はい、おちゃめですねぇ~。 菅原君です、この間本当にjalkbの打ち上げ会場で会いましたけども、
ところどころ会うんですねぇ、あのヴォイトの先生も一緒でですね、
仲良くさせてもらっておりまっす!

いいふうにキテますね! ということで、せっかくのゲストさんの天のJACK IN THE リクエストですから、
前回のkenさんの時にですね、いろいろすったもんだありましたけども、
今回はどうしても聴きたいということで、まさかリクエストしてるからこの番組聴いているんでしょ?ということで、
じゃ、あの聴いてくださいっ!
いきます!
9mm Parabellum Bulletのリクエストで、

The Revolutionaly


逹瑯:はい、お届けしておりますのは9mm Parabellum Bulletで、「The Revolutionaly」でしたと。
いや~、かかりましたねぇ。 まさかJACK IN THE RADIOで9mmがかかるとはみたいな感じしましたけども、
格好いいですね、やっぱり。 普通に俺も9mmはCD聴くし、なんならカラオケでも歌いますからね。
好きな曲がいっぱいあります。 
ということで、ゲストさんからの天のJACK IN THE リクエストは久しぶり。
前回はkenさん、2月以来ということで、これからどんな人がでうすね、
天のJACK IN THE リクエストしてくれのかなっていうのが楽しみですけども。

ということで、オープニングコーナー 天のJACK IN THE リクエストへのメールまだまだ待っております。
さらにこれを聴いたアーティストの方からのコメントもお待ちしております。
ただし決して普通には応えないのでよろしくお願いします。
その他、疑問や質問、メルマガのテーマなど。 あなたからのメール待っております。
詳しくはRADIO ドラゴン番組携帯サイトからJACK IN THE RADIOをチェックして、メールを送ってきてください。
ということでJACK IN THE RADIO 引き続き聴いてください。

この後にVAMPSからヴォーカルのHYDEさんが登場。
お楽しみに。



逹瑯:はい、改めましてムックヴォーカル逹瑯です。
ここからはゲストさんと一緒にJACK IN THE RADIOを進めていきたいと思います。
それではご挨拶よろしくお願いします。

HYDE:VAMPSのHYDEです。
VAMPSのかじゅです(K.A.Zさんの声色で)
逹瑯:はっははははは!
ど~もお久しぶりです~。
HYDE:お久しぶりです。
おひさしぶりでぇ~す(ふたたびK.A.Z)
逹瑯:あれ? 今日K.A.Zさんは?
HYDE:え? いるじゃん(K.A.ZなHYDEです)
逹瑯:笑 そんな声じゃないじゃないですか(笑)
(一生懸命声色真似てるのに、逹瑯君、相変わらず言うよね)
HYDE:うふ。
逹瑯:もうちょっとあのスローリーな感じで。
HYDE:えへへぇ~、そうかい?(でも懲りません)
逹瑯:ははは・・・。 えーとですね、気がつけば去年の6月以来と感じで、さっき放送始まる前に
「すごぉいね、まだちゅじゅいてたんだ」って。(ちゅじゅいては私の脚色です)
HYDE:ねぇ!
逹瑯:言ってましたけども続いてます。
HYDE:もう一生やってけばいいじゃん・
逹瑯:一生ですか? 俺はもうじゃぁ、許す限り頑張ってやていくしかないなって感じるんですけども。
HYDE:うん。
逹瑯:あの~、新曲のレコーディングでずっと海外に行っていたと。
HYDE:うん!
逹瑯:山ん中ですか?
HYDE:山ん中行ってたよ。
逹瑯:一カ月ずっとですよね?
HYDE:世界って広いな。
逹瑯:アメリカですか?
HYDE:サンフランシスコだったんだけど、寒いんだよ?
逹瑯:へぇ?
HYDE:ヒョウが降るぐらい寒くて。 東京と一緒ぐらい寒いの。 もうちょっと寒いぐらいかな? 3月だったんだけど、気温が。
あの、カエルが鳴いてんの。
逹瑯:ははは。 冬眠しないんですか?
HYDE:不思議でしょ? ずっと夜になると
くわっくわっくわっくわっ(カエルの声色です)
大合唱。 日本の夏みたいに。
逹瑯:へぇ~~~。
HYDE:ほんで寒いんだよ? なんか不思議。
桜咲いてたし。 向こうで、3月に。
逹瑯:なんか種類が違うんですかね? 梅じゃなかったですか?
HYDE:梅じゃない。
逹瑯:へぇ~~~。

HYDE:・・・・・なに、ばかと思ってる俺のこと(破威怒!)

逹瑯:いやいやいや! はっはははは!
いやあの茨城出身なんで、寒い時期に咲く花だと梅だというイメージで。
HYDE:うんうん、いや、俺も実はそう思ったんだけど。
逹瑯:へぇ~。
HYDE:桜だったよ。
逹瑯:へぇ~、凄いですね。 日本食は?
あっちご飯が一番ストレスじゃないですか?
HYDE:いや、ほとんど和食だったね、向こうで。
あの、リゾートスタジオみたいな感じで、シェフがついて、ずっと合宿状態でやるんだけど、
もうその人に、「俺はもう和食しか喰わねぇ」っつってて。もう毎日和食で。
逹瑯:なんで海外に行こうと思ったんですか?
HYDE:やっぱねぇ~、VAMPS自体は二人ともアメリカの音が好きなのね、アメリカンソングが。
だから、日本でいろいろ試してみたいけど、やっぱちょっと向こうでゼロからやんないとわかんねぇなぁっていうところもありながら。
で、シングルってどうしても先行に出るから、先にレコーディングするじゃない?
そうすっとどうしてもね、日本で録る羽目になっていたの、今までは。
アルバムの曲はアメリカでやっても、シングルだけ日本で録ってたりして。
それが今回なんとかね、スケジュール的に向こうで最初から最後までできて。
逹瑯:あの、日本の合宿も好きじゃないんですけど、あの、逃げ場がないから。
HYDE:はぁ。
逹瑯:あの、嫌にならないですか?
HYDE:俺、好きかも。
逹瑯:へぇ~。
HYDE:今回のはほんと良かったよ、なんか。 気分的に。
なんか俺ね、日本のたぶんスタジオが好きじゃないんだな。 
なんか、牢屋に入るみたいな気分になる、いつも。
逹瑯:そう、そんな感じしますね。 大体スタジオって窓がないじゃないですか?
HYDE:そうそうそう。
そういうのが全然なくって、なんか凄い気分が開放的だった。
外でたら、だからカエル鳴いてるし(笑)
逹瑯:ははっ 桜咲いてるしみたいな。
HYDE:窓見たらJu-Kenとかがバギーでバーーーって走っていくし。
逹瑯:あぁーーー、そういう遊びもあったんですね、じゃ。
HYDE:草原をね。
逹瑯:じゃ、結構ストレスは溜まることもなく。
HYDE:うん! あ、レコーディングとしてはもうコレ完璧かもっていうくらいよかった。
逹瑯:また行きたいなみたいな。
HYDE:レコーディング自体が好きじゃないからね、アレだけど。
でも比較的いよかったね。
逹瑯:歌録りはこちらでもやってるってことですか?
HYDE:歌録りだけは、日本でほとんどやってる。 シングルは全部向こうでやったけど。
歌録りはちょっとね、日本でやるのに自信があって、この音は海外でも難しいなっていう感じ?
なんか、マイクとケーブルの組み合わせらしいんだけど。
それ向こうで同じやつ借りてもね、同じ音になんないんだよね。
逹瑯:やっぱその~、マイク選びから音の聞こえ方まで全部HYDEさんがやるんですか?
HYDE:全然やんない(笑)
逹瑯:いや、俺も任せっきりなんで。
HYDE:もううちのディレクターがね、もうそういうI LOVEで言ってることは分かるなって感じですね。
逹瑯:へぇ~、すっごい。
そうだ! こっからなんですけど。 俺今わらしべ長者やってるんですよ。
HYDE:うん。
逹瑯:分かります?
HYDE:あぁ、分かるわかる。
逹瑯:最初に財布ん中に入ってたカラオケの無料券から、友達に言ってスタバのカードになり、
この間後輩に会った時にスタバのカードとなんかいらないもの取り換えてくれって言ったら、
本当にいらない文庫本になったんですけど。
今日、せっかくHYDEさんなんで、このいらない文庫本と何かいらないもの取り換えてもらえないかなと思って。
HYDE:えぇー? 
逹瑯:コレ、俺ももらったけど読んでないんですけど。
HYDE:ちょっとアレじゃない? 萌え系じゃない?(どんなんや?)
逹瑯:ちょっと萌え系っぽいです。
HYDE:あっ! 小説なんだ。
逹瑯:小説なんです。
HYDE:うわぁ~~~。
逹瑯:何かいらないもの取り換えてもらえないかな?
HYDE:ないよ。
逹瑯:ほんとですか?
HYDE:全部いるもんばっか。
逹瑯:あっはは、ちょっと!
HYDE:これいいよ。
逹瑯:それはちょっと・・・・ねぇ、アレです。
現金がポケットからぽんって出てきましたけども。
HYDE:はっはは! 現金なんだよ俺。 1000円でいい?(ちょっとおさーん笑)
逹瑯:いやいやいや。 
HYDE:あ、ほんとない。 ほんっとに大事なもんしかない。
逹瑯:ほんとだ。 アレ? じゃちょっと何か考えます。
HYDE:ほんとに?
逹瑯:はい、あとでなんか曲かかってる間に考えますので。
えっとここら辺でですね、VAMPSのニューシングルをお届けしたいと思います。
HYDEさん、曲紹介よろしくお願いします。
HYDE:DEVIL SIDE

DEVIL SIDE


逹瑯:はい、お届けしているのは5月12日、来週リリースです。 VAMPSのニューシングルで「DEVIL SIDE」です。

これ全部英詩じゃないですか。 英詩を書く時って、日本詞を書いてから英語に訳して譜割をハメていくんですか?
HYDE:どっちかっつっとそんな感じだね。
逹瑯:全部自分で書くんですか、その英詩も。
HYDE:基本的に書いて、最終的には外人に修正してもらうって感じ。 ここ変だよとか言われながら。
逹瑯:英詩も一回自分で書くんですか?
HYDE:はいはい。
逹瑯:凄いですね。
HYDE:うーん、まぁでも、基本的に好きな単語とか、あの雰囲気を出して、修正してもらう感じかな?
逹瑯:昔からそんなに英語できるんですか?
HYDE:ぜんぜんできない(笑)
逹瑯:ここ何年かで勉強中ってことですか?
HYDE:ま、ピロートークくらい?(でたー)
逹瑯:あ~~~、シェイク・シェイク・シェイクみたいな?
HYDE:そうそうそう。・・・・・・ってくれる?(聴き取れませんでした)
逹瑯:ですよね?
いや、これピロートークじゃないですけど、PVものすごくないですか?
HYDE:あっ、観た?
逹瑯:はい。
HYDE:みちゃだめだよぉ。
逹瑯:PVが・・・・
HYDE:はずかしいんだからぁ。
逹瑯:ハンパないですね。 てかアレ、あの~~、2サビぐらいの3分13秒あたりに衝撃のシーンが!
HYDE:なぁ~。
逹瑯:えーーーー!!!みたいな。
HYDE:ははっ。
逹瑯:うそ! ちかいちかいちかい!みたいな。
あーーーー!!!っていうシーンがあったんですけど。
HYDE:はい。
逹瑯:ああいうのPVとかでは始めてですか?
HYDE:いや、PVとかでって(笑)
ま、公の場では始めてです。
逹瑯:ですよね。
HYDE:はい。
逹瑯:ちょっと物議をかもしだしそうな。
HYDE:ねぇ。
逹瑯:PVでしたけども。
HYDE:ほんとね、観ないでって感じなの(笑)(今更)
逹瑯:あれはちょっとR指定つくんじゃないですか?
HYDE:つけたいなって。
逹瑯:R12・・・まぁ、そんなアレなんで、もので言ったらR12くらいでいいんでしょうけど、
HYDEさんの凄いファンの人は多分R35くらいはつけないと駄目ですね。
HYDE:あの、ディレクターズカットヴァージョンもあって、実は・・・・・
逹瑯:あーー! ここら辺の細かい話しは来週いろいろ。
HYDE:はーいはいはい。
逹瑯:もっとひも解いて行こうかなということで。
HYDE:はい。
逹瑯:カップリング曲にはモトリー・クルーの「LIVE WIRE」をカヴァー。

バックに「LIVE WIRE」流れてます!
これ、カヴァーのほうですよね?
ぎゃー、格好いいよっ! 
 

HYDE:うん。 
逹瑯:ということで、いろいろなんか動きいだしているということで、来週ももっともっとディープな。 
もっとピローな話になるのかなって感じがしますけども。
HYDE:はぁい。
逹瑯:ということで、JACK IN THE RADIO お届けしてきましたが、そろそろお時間ということでで。
久しぶりに今日はどうでしたか?
HYDE:今日は、なんか久しぶりだね?
逹瑯:はい。
HYDE:あの、おにーさんとしゃべってる感じで。
逹瑯:いやいやいや。
HYDE:ははは。
逹瑯:HYDEさんもそんな、全然会わないですもんね。
HYDE:ね。
逹瑯:休みの日とかって何してるんですか?
HYDE:なんだろうな? 休みがないんだよ今年に入って。
逹瑯:え?
HYDE:半日休みとか。で、楽器屋行ったとかそういう記憶はあるけど、まともに今日オフだなっていう日がないね。今年、正月明けから。
逹瑯:え~~、LIVEもまたVAMPS、連ちゃんでやりすぎっていうぐらいのLIVEですもんね。
HYDE:ねぇ~。でもLIVEは好きなんだ。
逹瑯:そんな感じで、いろいろな話を来週も聴けたらなと。
ということで、来週もHYDEさん登場してもらってよろしいですか?
HYDE:はい。
逹瑯:来週もHYDEさん、登場してもらえるということで、あの企画やりたいと思います。
さらに来週の東京FMはVAMPSのONE DAYスペシャルということで、VAMPSのお二人が東京FMのワイド番組に登場。
RADIOドラゴンにも生出演が決定ということです。
HYDE:はい。
逹瑯:ではここで、JACK IN THE 告知よろしくお願いします。
HYDE:俺?
逹瑯:はい。
HYDE:5月12日、来週にニューシングル「DEVIL SIDE」とLIVE DVD 「VAMPS LIVE 2009」がリリースされます。
両方チェックしてください。
逹瑯:はい、ムックに関しては6月9日にニューシングル「約束」リリース。
その他詳しくはムックオフィシャルサイトをチェックしてください。
この後番組の終了後からはメルマガJACK IN THE 対談を配信します。
ここだけでしか聴けない話満載ですので、放送後の余韻はこちらで堪能してください。

それとこの後JACK IN THE BLOG用に撮影しますが、
今日はVAMPSのニューシングル「DEVIL SIDE」に引っかけて、
「DEVILっぽいポーズです」と。

HYDE:ふ~ん。
逹瑯:これ凄く人ごとのように「ふ~ん」って言ってますけど、HYDEさんも「デビルっぽいポーズ」で俺と撮るってことですから。
HYDE:う~ん、もうやめてよこういう無茶ぶりはさぁ~。
逹瑯:気になった人は番組携帯サイトをチェックしてください。
ということでこの後は引き続きRADILドランごんですが、
パーソナリティのサラ・マリーさんにとってのDEVILのイメージはなんですかということで、
HYDEさんDEVILのイメージってなんかありますか?
悪魔のイメージ。
HYDE:悪魔? あのアレじゃないの?
アゲハの女の子たちとか(ちょ、おさーん笑)
逹瑯:・・・・・あぁ~~~。
HYDE:小悪魔。
逹瑯:小悪魔。 でもなんかDEVILとか悪魔って何かしらエロスの匂いがしますよね。
HYDE:そうそうそう(嬉しそうです)
逹瑯:なんか。
HYDE:するねぇ。
逹瑯:なんか。 何かしら。
HYDE:そうなのね。
逹瑯:そういうことで、JACK IN THE RADIO。
まだHYDEさん、そのモードになるには時間が早いですから。
HYDE:んふふふふ。
逹瑯:ということで、JACK IN THE RADIO ムックヴォーカル逹瑯と。
HYDE:ヴぁんぷすのかじゅでした。
逹瑯:はぁい、また来週。 ばいばーい。


関連記事
スポンサーサイト



【2010/05/06 00:16 】 | JACK IN THE RADIO VAMPS | コメント(10) | トラックバック(0) |
<<ほうるHYDE・なでるHYDE・煽られるHYDE | ホーム | VamproseChannel更新、ローチケ貰ってきました>>
コメント
ふふ
やっぱり壺の内様のラジオ起こし、あったかくて面白いです。
毎回ありがとうございます。
通勤途中に楽しませていただきました。
【2010/05/06 08:38】| URL | #-[ 編集] |
No title
9mmのコメント切らずに起こしてくれてありがとう。
ちなみに菅原卓郎
滝善充
中村和彦
かみじょうちひろだよ。
よろしく!
【2010/05/06 09:20】| URL | 9mmファン #-[ 編集] |
お久しぶりです!
携帯からだと本文下の拍手ボタンまでたどり着けなかったのでこちらから^^ 私も今回リアルタイムで聴けました♪やっぱり逹瑯さんとのやりとりは楽しいですねー(*^^*)いいかんじに力抜けてるような…。 わらしべ長者は結局うやむやになったんですか? ポケットから現金って! 最後まで懲りずにカズさんの声真似してましたね(笑) HYDEさん、休みなしなんですね…。私も「疲れたー」とかいってないで頑張らないとと思いましたよ(^^;)
【2010/05/06 14:21】| URL | ピラ #-[ 編集] |
Re: ふふ
ありがとうございます。
いつもどこをどう弄ってやろうかと
思いながら聴いてるからだと思います。

それにしても逹瑯君は本当に上手ですよね。
相手を盛り上げて、しっかり自分たちの宣伝もするし。
ずっと続いてほしいものです。
【2010/05/07 01:31】| URL | 栄 #-[ 編集] |
無記名さん
すみません。
9mmさんはバンド名は知っていましたが、
メンバーの名前と顔が一致しません。
声も・・・・・

お名前のほうは訂正させていただきました。
ありがとうございました。

【2010/05/07 01:34】| URL | 栄 #-[ 編集] |
ピラさん
お久しぶりです。
携帯で拍手までたどり着けなかったと?
本文のほうは大丈夫だったのでしょうか?
ご足労おかけしました。

ラジオがリアルタイムで聴くことができたようで、よかったです。
逹瑯さん、DJでもやっていけそうですね。
頭の回転が本当に早くて、リスナーを退屈させませんものね。

わらしべはうやむやというか、その後話にはでてきてません。
その件については来週何かしらあるかもしれませんえ。

「休みでも働け。 俺はそうしてきた」ですよ。

凄いですよね。
私も忙しい時にはこの言葉を思い出してやってますよ(笑)
【2010/05/07 01:41】| URL | 栄 #-[ 編集] |
大丈夫でした(^-^)
PCサイトビューアっていうんですか?そっちで見ると長文もちゃんと読めるんですよ^^ ただその場合、拍手ボタンも表示はされるんですけど、クリックしても反応しないんですよね~(^^;) わらしべは来週に持ち越しなんですかね。来週…出かける予定があるのですが、せめてJACK IN THE RADIOまでには帰ってきたいです。タイマー予約で録音きないので、シナプスとかは絶望的なんですけどね(泣)
【2010/05/07 07:34】| URL | ピラ #-[ 編集] |
No title
おおおおお!!!
仕事早い!!。
こんなに素早いと本当に感謝しちゃう。
しかも丁寧だし。
さすがだわ。

今更ですけど、リンク貼らせてください~~。

【2010/05/07 08:50】| URL | せいら #-[ 編集] |
ピラさん
一応読めるのですね~。
よかったです、わざわざお返事いただきまして、
ありがとうございます。

わらしべはどうなるんでしょうかね。
来週に持ち越しか、このままうやむやになってしまうか。

私は、12日はたぶん一日家にいられると思うんですよね。
タイマー予約は時間から設定しないといけないので、
私も面倒くさくてしたことがありません。
当日は、なんとかシナプスもDOORも起こしてみるつもりです~。
【2010/05/07 23:38】| URL | 栄 #-[ 編集] |
せいらさん
特別早くはないと思うけど、
面白すぎて打たずに聴き入ってしまうきもあるのよ~~。

リンクありがとうございます。
よろしくお願いします。
【2010/05/07 23:40】| URL | 栄 #-[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://faireal.blog96.fc2.com/tb.php/842-af5ec9c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |