スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
L'7DVD感想総括
L'7の直接の感想はコチラです。
たくさん拍手をいただきましてありがとうございました。





hydeさんの歌詞には季節という言葉がよく登場し、
それを「ある一定期間の時間的区切り」のようなものと捉えているようだと書いたことがある。
そして歌詞に四季折々の花鳥風月を巧みに盛り込みながら、
聴いている私たちに歌の情景を見事に浮かばせる。

それは幼い頃、hydeさんが海や川、山で遊んだことによって得た感覚であり、
そうやって過ごした時間は、
今の彼の人生の基本となっているものだと思う。

今回、L'7のDVDを観賞しながら、
「自分もラルクも表にでている以上に谷に落ちてきている」
というhydeさんの言葉を思い出した。

ラルクの歌、ラルクというバンドの魅力はまさにこの、
「谷に落ちてきている」
という時間が作りだしてきたものなのだろうと思う。



私は、人が悲しみを乗り越えたり、喜んだりする時間というものは、
ゆるやかに流れていくことがベストだと思っている。

一瞬の喜びは切なく、
苦しみがすぐに解決するようなものでしかなかったら、
私たちはそこに多くのものを学ぶことができないだろう。

人はゆるやかに時間を積み重ねながら「生きる」ということを学ぶ。
生きるということの重さ、深さを知っていく。
そして、嬉しいことも悲しいことも苦しいことも、
自分にだけでなく多くの人に訪れるのだということを知っていく。

一過性の楽しさや嬉しさというものが、
結局は自分の糧にはなりえないのだということを知り、
苦しみや悲しみを乗り越えるということが、
決してそれらを忘れてしまうということではないということを知る。


それらを自らの生に取り込み、噛みしめるということが、
生を知るということなのだと学んでいく。


L'7のDVDでhydeさんの歌・ラルクの曲を聴き、エンドロールを観た時、
17年という長い歳月を過ごしてきた彼らの苦しみや悲しみ、楽しさや嬉しさ、
人を愛すること、慈しむということ
そのようなものをその時々に内包してきた説得力、力強さ、たくましさ、
そして美しさを感じた。


2011年の20周年ラニバが本当に楽しみになってきました。



余談ですが、今日娘が録画していた『花男2』の総集編をチラリと観たんですけど、
花沢 類役の小栗 旬がゆきさんに観えて仕方なかったです。
そして娘は、DVDのゆきさんが花沢 類に観えて仕方なかったらしい。



お返事

>ピラさん
ラルクさんのLIVEはまだ未経験なんですね~。
私はラルクさんはLIVEよりも先にDVDでした(笑)
一番最初に見せられたのが「REAL」の時の「モフモフ乳出しhyde」だったんですよ。
まぁ、だからこそハマったのだと思うんですけど。
来年、LIVEに行かれたときのピラさんの感想が楽しみですねぇ。
是非お聞かせください。

出張の心配をしていただきましてありがとうございます。
新幹線に乗っている間は結構雨風が強かったのですが、
現地に行ったら雨もやみ、風もありませんでした。
ただ、東北ですのでまだ寒さは半端なかったです(笑)


>k・・さん
私は大阪二日目が新幹線の時間の関係で最後までいられなかったのよ。
だからLIVEに行っていながらお手手つなぎは観ていないーーーー!!!!
だからこそ入れて欲しかったのにーーーーー。

でも、このDVDは凄くいいと思います。
満足してまーす。





関連記事
スポンサーサイト
【2010/04/05 23:59 】 | DVD感想 | コメント(2) | トラックバック(0) |
<<会報とその他 追記 | ホーム | ANNAちゃん! ハイモバ!>>
コメント

うんうん。
ただ谷に落ちて嘆いてた訳じゃないのが誇らしいと思う。
無駄に凹んだりしない。
例え思わぬ事態が起きようとちゃんと何かをつかんでジャンプアップするための石杖にするんだね。
正しく「転んだら何かを掴んで立ち上がる。」
これはhydeさんだけじゃないんだなっておもったよ。
今回のDVD。

さしずめ私は漠然と谷底に落ちていそうだから余計そんなタフな彼等が素晴らしいと思う。

ゆっきーと花沢類、そういえば似てるってどなたかのブログかニコのカキコミで読んだような気がします。
似てるね。

【2010/04/07 21:17】| URL | せいら #-[ 編集] |
せいらさん
谷に落ちてもただでは這いあがらない。
普通の人だと這い上がるのだけで精いっぱいなのにね。
そういうのが「生き残る」っていうことなんだよなーと思ったわ。

私は、谷に落ちてるのに気付かないでいそう(笑)
そして何も掴まず這い上がっていそうで怖い。

ゆきさんと花沢 類、やっぱり似てるよね!
花男2のあの頃の花沢 類というか小栗 旬が似てると思うわ。
別の楽しみ方で娘と観てます。
【2010/04/08 09:15】| URL | 栄 #-[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://faireal.blog96.fc2.com/tb.php/814-f895cb4a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。