FC2ブログ
壺の内的BEST SELECTIONジャケ・アー写解釈
なんだかんだでオリンピックも観ていたりしますね。
カーリング、最初はなんつー地味なスポーツと思っていましたが、
「肉を切らせて骨を断つ」的で、
先を読みながら仕掛けていかなければならないところが面白いです。
読みが外れたり、読んでも技術がアレだったり。
しかし、観ていても自分が予想が立てれなくて、
自分ならこう組み立てると考えられるほどのカーリングの知識があったら、
もっと面白いんでしょうね。
今は綺麗なお姉さんドアップの方が私的に楽しいです。

・・・・・大輔君にピンポイントでアピールされた審判に軽く嫉妬。
大輔君、おめでとう! ありがとう!
織田君、おめでとう! 君は凄いよ! 
小塚君、おめでとう! 4回転! 素晴らしい!

高橋選手の後半、悲しみを訴えているような表情と振り付けに涙が出そうになっちったよ。
何度みてもそこから泣きそうになるね。
どういうストーリーなの?




さて、ラルクの色ものな歴史に新たな一歩を飾った例のBEST SELECTIONのアー写と可愛いジャケ写ですが、
ちょっと壺の内的に観てみようかと思います。

壺の内的というのは、中途半端な知識で自分が面白いように都合よくという意味です。
お読みになる方はそこのところご了承ください。
あ、知ってた? 
それは良かった、安心しました。


それでは、まずアルバム名の『QUADRINITY』なんですが、
私はなんにも考えずに、「QuarterとTrinityを結びつけたような単語だけどどんな意味?」
と思っていただけでしたよ。
いつの間にか「四位一体」とかいうことになっていて、
誰が言い始めたのか上手いこと表現するなぁと感心してしまいました。
ということで、これはキリスト教絡みなんだということに勝手にしてみていきます。

で、アルバム名の『QUADRINITY』を数字で表すと、4人の「4」と三位一体の「3」ですね。
これを足すと「7」
「7」はL'Arc〜en〜Cielの代名詞のようなものです。
メンバーがそれぞれ選んだ曲数も7曲です。

どの数字にもその数字が持つ意味というものがあるのはよく言われることですが、
これを聖書の意味でみてみます。

「3」は三位一体(神=父+子+聖霊)
「4」は地、世界、全被造物(神ヤハウェによって造られたもの)
そして「7」は完全を意味します。

ピタゴラスも数字の3を神、4を世界とし、3+4=7を「完全な数」としました。

宗教的意味を外しても、数字の「3」には「方向性を生みだす発展」という意味が、
数字の「4」には「方位や四つの柱を生みだす安定」という意味があります。
そして「7」は、「大いなる飛躍」を表します。

つまりアルバム『QUADRINITY』は、世界に向けて常に発展し続ける神のような4人が、
大いなる飛躍を目指し完全なる7曲をさらに完全にするためにリマスティングした
聖なるアルバムなのですよ(完全に凄いです)
ついでに、DVDは完全生産限定盤にしかつきません(ご予約お早めに)


次にジャケ写とアー写。
ジャケ写はヴァラエティなアー写の4人が住んでいるお家って感じです。
ラルコムさんのでみると、4人の厳選した曲がお部屋の場所と同じ位置で紹介されているように思えたので、
仮にそういうことだと勝手に解釈します。

そうするとお部屋の色がhydeさんが、てったんが(ピンク)
kenちゃんが黄色(金色? 橙?)、ゆきーろさんがみろりと、後のことを考えて都合よくしておきましょう。

キリスト教では厳密ではありませんが、色にもシンボル的な意味があります。
そこで先ほどの4人のお部屋の色を当てはめてみていくと。

青(hydeさん)は、伝統的に聖マリアの色なんです。 アー写、そう思ってみると聖マリアっぽい。
やっぱり女装だったかー(笑)


赤(てったん)は、です。
マグダラのマリアやイエスはよく赤い衣でその愛情を表現されています。
しかし、それにしてはてったんは浮かない顔してますね。

実は赤は血の色なので、殉教者の服の色としても使われるのです。
殉教者。 信仰のために自らの命を捧げた者。
てったんは確かにL’のために命捧げてます。
ということで、アー写のてったんはL’教に命と愛を捧げた殉教者(まだ生きてます)


さぁ、ツッコまれないうちにさくっと次いきます。
黄色のお部屋のkenちゃん。
黄色は光の色(白や金色)として使われますが、
裏切りや不実を表す場合もあります。
裏切り者のユダはよく黄色の衣を着て描かれます。
180px-KissOfJudas[1]
有名な『ユダの接吻』
そういえば、kenちゃんベストに「接吻」入ってなかったなぁ・・・・・
だから代わりにチュー顔のサービスなんだろうか?

銀貨30枚でイエスを売り、官警に彼がイエスだと知らせるためにユダはイエスに接吻をします。
愛を表現する行為でイエスを裏切るとは不逞野郎です。
しかし最後は自らの行為を悔い自殺します。
自殺はキリスト教では最も重い罪です。

しかし、1970年代にエジプトで発見されたパピルス文書。
後に「ユダの福音書」として2OOO年代から科学的に調査され現在に至るのですが、
これによるとユダはイエスに最も信頼された弟子であったとされています。
イエスは磔刑にかかり、肉体を捨て精神性な存在へとなるために、
最も信頼のおけるユダに自らを裏切らせることで成そうとしたということが書いてあるらしいです。

お金をちょろまかしたり、イエスを裏切ったり、
ふらふらした放蕩息子として譬えられたりしているユダですが、
「ユダの福音書」が本当なら、
イエスのことを深く理解し、自らの身を呈してイエスの無茶ぶりを全身で受けとめたということになります。

もともとユダに関してはいろんな解釈があり、彼の弟子としての意義がいろいろと取りざたされ、
彼は本当に裏切り者なのかどうかなど論議の的となる人物なのですが、
何が本当なのか嘘なのか、彼の本質は何なのかいまいち理解できないようなところ、
kenちゃんみたいですねということでまとめておきましょう。

イエスは歌や映画の題材になったりしますが、
ユダを主人公にしてもドラマチックだと思いますね。
彼は最も悩み苦しんだイエスの弟子ではないでしょうか。


さて最後。
ゆきさんの緑ですが、kenちゃんがやたら長くなってしまったので単刀直入に行きます。

緑は緑葉樹のように瑞々しく死に打ち勝つ命を意味します。
つまり不死ですよ。 
なんか殺しても死なないんですよ。
すっごい強いらしいですね。
ゆきさん、おしまい。


ま、そんなんでゆきさんはよく分かんないんですけど。
というよりも全部都合よく解釈しただけでなんの根拠もありませんから気をつけてくださいね。
あー、楽しかった。


それと最後に、ワンちゃんが飼われていてお家に注意書きがされていますね。
「BEWERE OF DOG!」
小さく他にも書かれているんですけどそちらは分かりません。
これは「BEWARE OF DOG!」(犬に注意!)のことですよね?
「BEWERE OF DOG」という言葉が何かあるんでしょうか?


「DOG」は英語で「無価値、裏切り者」を表します。
旧約聖書には「The Power of The Dog」という言葉で「全ての悪の象徴」という意味で使われています。
そういえば、オーメンでも犬は悪魔の僕として登場してましたね。
しかし、ジャケ写の犬は見るからに大人しそうで気弱そうです。
こちらにも何か思惑があるんでしょうか。
え?考えすぎ? はい、そうですね。



本当は意味などないと思うんですけど、
こうやっていろいろとこじつけて考えると面白いもんです。

お付き合いくださり、どうもありがとうございました。


あ、今日JACK冬本買ってきました!
二、三日の間に読みます。





>お返事

>無記名さん
マンジョット氏の記事、何かご参考になりましたか?
よかったです。
ご丁寧にありがとうございました。
関連記事
スポンサーサイト



【2010/02/19 21:02 】 | ラルクあれこれ | コメント(8) | トラックバック(0) |
<<全てはこの日のために | ホーム | 「BLESS」 「SHINE」PV監督、マンジョット氏>>
コメント
はじめまして
こんにちは、はじめまして!

前からラルクは好きだったんですが、最近あんまり夢見ないのに、夢にhydeさんが2度でてきてから、妙にラルクが気になってきた、単純な女です・・・。

なぜ7はラルクの代名詞なのでしょうか?
自分の名前が”なな”なので気になります!
【2010/02/19 21:58】| URL | なな #-[ 編集] |

忙しい数日だったのね、お疲れ様。商談まとまりますようお祈り申し上げます
ところでバンクーバー
まさにお仕事タイム=演技タイムが放映なので映像は全くみられませんが
ヤホーの速報テキスト実況が頼みの綱です
しかし会社中がいっせいに画面更新かけてるらしく(皆働けよ、私もか(笑))イーサーがクラッシュ
ダウンロードに時間くって画面が開かない開かない

大輔四回転に失敗、という文字で画面が固まったまま止まること5分
泣きそうでした
織田君の時も

紐が切れたー

でストップしてしまい、なにそれ心臓がとまりそうでした
でも全員入賞おめでとう

ラルのアー写はモバイルでまだ一回見たきりです
栄's分析見ながらゆっくり楽しむね


【2010/02/20 00:37】| URL | 松井 #-[ 編集] |
ななさん
初めまして。
お越しくださってありがとうございます。
凄いですねぇ、夢にhydeさんですか。 よかったですね。
私はずっと前に有松さんと一緒に洗濯物干しているHYDEさんを夢で見たことがあります。
なんだったんでしょう?

「虹」が一般的に「7色」だからじゃないですかね?
本当はもっと色があるんですけど。
hydeさんの声も「レインボーボイス」なんてたとえられたりしますしね。
偶然ですが、旧メンバーを入れるとラルクのメンバーは7人ですし。
そんなところだと思いまーす。

【2010/02/20 12:21】| URL | 栄 #-[ 編集] |
松井さん
これまとまったら凄いことになりますよ。
たぶんうちだけじゃできないし。
友人・知人全員巻き込んで・・・・・・毎日酒盛りじゃん!(泣)

今回のオリンピックは社会人には辛い時間帯だよねぇ。
松井さんところ、それって会社の人が一斉にオリンピック観てるってこと?(笑)
もうさ、部屋にTV1台置いてつけといたほうが効率あがるんじゃない?

アー写、観れば観るほどツッコめるよ。
私のは分析というよりネタですから。
ゆっくり楽しんでください。
【2010/02/20 12:27】| URL | 栄 #-[ 編集] |

うんとね、「道~ジェルソミナ」は大道芸人の大男が自分に懐く知恵遅れではあるけれどこころの美しい女と色んな街を芸をしながら回って行くんだけど、ある時女がウザくなって(だったかな???)捨てちゃうんですよ。
女を捨ててからその女の存在の大きさと純愛に気付いて探すんだけど、結局彼女は死んでいたっていうストーリーだったと思う。
ただ、遠い記憶なので間違ってるかもしれません。(何せ白黒映画です)
昔の映画って悲恋とか後悔てんこ盛りって結構多いよね。。。
「シベールの日曜日」とか、子どもの頃見て理解できなかった。

それから栄ちゃんすごいや。
こんな解釈があるのねぇ。
そんな風に考えてアー写見ると色合いが違って見えるよ。
いや~、「ラルクって本当に奥深いなぁ~~」って。

そう言えばユダが本当に裏切り者だったかどうかの解釈、私は萩尾望都の漫画で問題定義されるまで疑いもせずに裏切り者だと思ってた。
kenちゃんがユダだったら。。。。
明るいユダだわ~。
でも、そもそもあんなダークな曲の描ける人が明るいだけであるわけがないか。
【2010/02/20 15:50】| URL | せいら #-[ 編集] |
せいらさん
『道』っていう映画を私は観たことがないと思う。

かなり小さい頃、たぶん幼稚園行ってた頃だと思うんだけれど、
家で一人でTVでやっていたモノクロの洋画を観ていたのね。
ストーリー全然覚えて無いんだけれど、最後に道化師の男が
目のあたりに細工がしてあって噴水のように水をピューッて出して、
観客を笑わせたの。
でも、私にはそれは彼が本当は泣いているようにみえて、
どうしてみんなはそんなに笑ってるんだろう?
可哀想じゃない、本当は泣いてんじゃないって、号泣した覚えがある。

でもその映画がなんなのか全然分からないんだよねー。
『道』じゃないよね?
心当たりがあったら教えて下さい。


で、みんなに言ってるけどアー写の解釈はネタですから。
あまり真剣に取らないでね。
で、萩尾さんのその漫画ってどれのこと?
【2010/02/22 00:14】| URL | 栄 #-[ 編集] |

うーん。。。
それが道だったかどうか。。。。
私ですらかなり昔で覚えがないって言うね。。。。ごめんよ。
ストーリーの懺悔したくなるようなやるせなさは結構イメージとして残ってるんだけど。

萩尾作品は結婚してからじっくり読めていないのでこれもあってるかどうかなんですが、「百億の昼と千億の夜」だったと思う。
原作は萩尾さんじゃないけど。
とにかくSF作品でしたよ。
萩尾作品って結構キリスト教が題材ってのが根幹にあること多いよねー。
「トーマの心臓」も「ポーの一族」もその宗教や、哲学を知らないとちんぷんかんぷんって事が多いし、感動も半減するって思ってます。
なんか、SFですらでてきますもんねー。
【2010/02/22 08:59】| URL | せいら #-[ 編集] |
せいらさん
再びコメントありがとう。
『道』を機会があったら観てみるわ。
でも振るそうだからレンタル屋にあるのかなぁって感じよね。

「百億の~」・・・・・読んだはずなんだけど、忘れてるわぁ。
観てるはずの映画も忘れてて、レンタルしてきて「観た事ある」
なんてことが最近多いんですけど。
「トーマ」も「ポー」もごっちゃになってきたし。

高校生のときに萩尾さんが月に30冊の本を読むって、
萩尾さんのインタビューを読んで知って愕然としたわ。
そのジャンルもほんとに宗教から科学から何から何までだった。
あんなに忙しくしていて月に30冊ってどうやって読むの?
嘘やろー?
って、思ったわ。
だって単純に計算して一日に1冊でしょ。
どーゆーことよ?って。

私はどちらかというと萩尾さんのSF的なもののほうが好きだったかな。
『11人いる!』とか『スターレッド』とかね。
懐かしいな(笑)
【2010/02/23 04:04】| URL | 栄 #-[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://faireal.blog96.fc2.com/tb.php/778-a71a93aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |