FC2ブログ
名脇役ベーシスト Ju-ken ベース・マガジン感想
野獣さんのブログ、
ここのところ二日と空けずに更新していたので
「アレ?」と思っていたら事故っていたのね。

全身打撲とムチウチでもブログを更新できる程度に身体は動くようでよかった。
信号無視の強引に右折してきた車と衝突。
だとしたらかなりのスピードでその相手は交差点に入ってきていたはず。
信号が青だったからといって、それを予測できなかった野獣さんにも
一分の隙はあったのでしょう。
野獣さんのほうにスピードがさほど出ていなかったことが、
不幸中の幸いだったのだと思います。

いいことばかり続いたり、トントン拍子に調子がよかったりすると、
とても不安になりませんか?
適度な災いがあったほうが安心します。
災いといっても人命にかかわるようなものはまた別の次元ですよ。

地震のエネルギーは小さな揺れを起こすことで、
ある程度蓄積されたエネルギーを解消してもらったほうがいい。

そんな感覚です。

野獣さん、事故ってカメラもマシーンもメットも破損したらしいけれど、
吹っ飛ばされても助かった自分の身代りだったと思ったらいいんじゃない?
高価なカメラも、真新しいマシーンも、もらったばかりだったピカピカのメットも、
野獣さんの身代わりになるためだったのかもしれないよね。
日中で、仲間もいた条件での事故。
これが夜中で一人の場合の事故だったりしたら、もっと分が悪かったと思う。
事故ったけどラッキーだったんだよ!
と、開きなおろう。

でも、ムチウチなら当分ヘドバンは無理ですね。


この数日、現場にすっと張り付いていました。
都内某所の一軒家。
200912201042000.jpg
南向き・日当たりさんさんなこの25畳のリビングダイニングは羨ましい限り。
なぜこれが他人の家なのだ。


さて、そんなんでなかなか本屋にも行くことができずにいましたが、
今日の帰りに寄って買ってきましたよ~~~~。
Ju-kenさんのロングインタヴューがある『ベース・マガジン』
とても面白かったです。

ミュージシャンが集まるバーでバーテンやって、
客に「仕事ください」って声を掛けまくっていたという話から、
hideさん繋がりでK.A.Zさんと知り合って、
初対面でK.A.Zさんに「人と話す時はサングラス取って」の話しは、マンプスで読んだのだっけ?
その後何事もなく話し続けたK.A.Zさんの人間性を、野獣さんは魅力的に感じたんだね。

布袋さんのことは、「布袋寅泰はこうだ!」と客観視できる人だと。
だからこそ、「(俺が)こう見せたいんだからこう弾け」とは決して言われなかったが故に、
布袋さんのギターに合わせてベースをどう弾き、
そして期待に応えるためにはどうするべきなのかを模索するということを、
きっと身体で覚えることができた時期なんだろう。

これ、職人さんの世界でも本当に大切な時期なんだよね。
師となる人の意志や志向を身体で感じ取る、
それができるかできないかで職人人生大きく左右されるんです。
それが出来ない人のことを、俗に「トロい奴」と言います。

「共演者が語る、Ju-kenの魅力」っていうので布袋さんがコメントしてるんだけど、
布袋さんとJu-kenさんの最初の出会いは、どこかのスーパーマーケットの前だったらしい。
あんな二人がスーパーの前にいたら絶対入りづらい。
その日、スーパーの売り上げに多少ひびいたこと間違いなし。

しかし、この布袋さんのコメントもおっとこ前なんですよ。読んでいて惚れますよ。
メンバーがひとり変われば、音も変わるし、行き先が変わる云々・・・・・
行き先が変わるか、なるほどねぇ~。
フロントマンが喰われるほどJu-kenのパフォーマンスは激しいですけど?
俺は喰われるなんて思ったことはないけどね(笑)
いよっ! ロック部長!

野獣さんはベーシストとして、やっとスタート地点(by ロック部長)だそうですよ。


そうそう、HYDEさんの男前発言も紹介されていましたよ。
K.A.Zさんが怪我をしたときに、「ここはK.A.Z君の様子を見ながらやったほうがいいよね?」
と、HYDEさんに聞いたら、

「何言ってるの? 周りのこととか気にしなくていい。 自分のスタイルを貫け」

と、言われたと書いてありました。
これ、HYDEさん結構野獣さんに厳しくガツンと言ってると私は思うんですけど。
そんなのはお前が心配するようなことじゃないって。
野獣さんはそう言われて、自分は恵まれていると思ったって・・・・確かに。
HYDEさんも男前だよね。





野獣さんのインタヴューを読んでいて思ったのは、
この人にとってサポメンというスタンスはやっぱり天性なんだなということ。
アーティストによってベースの色を変えるのはプロとして当たり前のことなんだろうけれど、
彼はそれをやりながら同時に自分の音像もガンガン主張することができるものね。
映画で主役を引き立てながらも自らの存在と映画自体を光らせる名脇役のようです。

「プレイしながら“俺はここだよ、ここにいるよ!”って思ってる」

そうやって見付けてくれた人の期待に応えるためには何でもする。

LIVEでいつも野獣さんの存在をビシバシ感じる(そっち見てるわけでもないのに笑)のは、
そんなところに理由があるのかと思いました。


どんなジャンルであろうと、人が出す音に間違いというかカテゴリーはない。
合わないなと思ったら、文句を言わずに自分が動いて合う音楽を探せばいい。


さすらいの名脇役ベーシストJu-kenさんだからこその言葉です。




さてね、さっき布袋さんのところで紹介した「共演者が語る、Ju-kenの魅力」
VAMPSのお二人筆頭に、布袋さん、アンナちゃん、淳士さん、松田“FIRE”卓己さんがコメントをしてます。
ここ、VAMPS、特にHYDEさんのコメントが爆笑なんですよ。
みんな野獣さんのこと褒めちぎっているのに、
常に少年のような感じで大変だとか、Ju-kenはボディーガード代わりだとかサザエさんでいうカツオだとか。
まぁ、HYDEさんなりの誉め言葉なんでしょう・・・・・なのかな?

でも、野獣さんだってHYDEさんのこと尊敬はしてるけど、どっこいどっこいに思ってるよ、きっと。


>お返事

>松井さん
すみません、メール返信しなくて。
メール届いていたんだけれど、慌ただしくて返信するのすっかり忘れていました。
本当にごめん。
年末はしっかり家族サービスしてください。
LIVEはまた来年行きましょう。


>ミニさん


>DEAD ENDのアルバムは本当にかっこいいんですけど、それ聴いてそう思えるHYDEがまた頼もしいと思う

本当にそうですよねぇ。
HYDEさんはまだまだ上に行ってくれるんだと思わせてくれますよね。
頼もしいし、また大きくなったHYDEさんを見れるのかと思うと楽しみです。
コメントありがとうございました。
またお待ちしてます。
関連記事
スポンサーサイト



【2009/12/21 20:18 】 | VAMPS | コメント(4) | トラックバック(0) |
<<我が家にも来ました | ホーム | MUSICA 1月号のHYDEさんの言葉>>
コメント
NoTitle
ベースマガジン。
これっぽっちも興味なかったのに栄ちゃんのおかげで買ってくる事になりそうじゃないの~~。
そうか~。
JU-KEN愛されてるのね。
でも、風来坊のような彼がが凄くユニークで、これからもVAMPSでひとつよろしく!って言いたくなるんだよね。

あ、事故ですが、彼だったからこの程度。
HYDEさんじゃ吹っ飛んでるんじゃないかと思うと怖かったよ。。。
【2009/12/21 23:48】| URL | せいら #-[ 編集] |
ごめんにゃー
ジャック、ごめんね
23出勤、24、25日は忘年会と仕事で遅くなるのが確定してるので
実家の母から週末サンタを命ぜられております
ここで遊びに出ちゃうと
来年の、てめーら首洗って待っとけよライブ、の参戦が厳しくなってきますのでね
ここで点数稼いどきます

栄さんは参戦?
プロ顔負けの炎の料理人だったり、年賀状書きで忙しい毎日でしょうから
体には十分気をつけてね

年明けたらゆっくり会合したいね
【2009/12/22 00:20】| URL | 松井 #-[ 編集] |
せいらさん
野獣さん、愛されてるというか邪険な愛され方というか、
Ju-Kenならどんな扱いでも大丈夫と思われてるくらいな愛され方というか・・・・・
あいつなら何やったってついてきてくれると思ってるね、HYDEさん。

事故は、本当に野獣さんだったからその程度だったのかもね。
身のこなし軽そうだし。

でも、HYDEさんは交差点とか入るのすごく慎重そうだ。
車でも超安全運転って言ってたものね。
【2009/12/22 08:02】| URL | 栄 #-[ 編集] |
松井さん
いやいや、お疲れ様です。
この時期は予定がびっしりだよね~。
年末掃除もしないといけないしさぁ。

来年のLIVEはどうなるんだろう?
いつに発砲されますかね、地獄を見そうな予感だけど。

JACK、今のところその予定だけれど、家人がその前後で出張なのよね。
微妙だわ~。
帰宅した家人から仕事がドドッときそうで怖い。

身体はお互いに気をつけましょう。
年明け、本当にゆっくりと会合したいけど、
ゆっくり会ったことってないよね?
大阪の遠征もなんか慌ただしかったしねぇ・・・・・

来年も多分そんな感じで楽しむことになりそうね。
LIVEに行けるならいいか(笑)
【2009/12/22 08:11】| URL | 栄 #-[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://faireal.blog96.fc2.com/tb.php/721-3ab75d73
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |