スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
ミヤ君の隠し子さんは早く出てきたほうがいいJACK IN THE RADIO MUCC編
あー、途中で寝ちゃってました。

いや~、やっぱりSATOち君なんだかYUKKE君なんだか逹瑯君なんだか分からなくなったり・・・・
誰が何言ってるのかわからなくなったり・・・・
なんか低い声の人は取り敢えずミヤ君にしちゃったり・・・・

そんな今回のJACK IN THE RADIOですが、よろしかったら。
誤字・脱字ごめんなさい。
そして、メンバー表記はT・M・Y・Sですけど、すみません。










T:さぁー始まりましたJACK IN THE RADIO。  ムックヴォーカル逹瑯です。
先週は、KenさんとSATOちという珍しい組み合わせが実現しました。 どうでしたかと。
ほんとSATOちさんのフリーダムな感じがね、炸裂したいいラジオになったんじゃないのかなと思います。
ということでですね、オープニングコーナーいきたいと思います。

天のJACK IN THE リクエスト~~~~

ワォワォワォ。 先週はKenさんとやりましたけれども、今週はいつもどおり一人に戻っております。
天のJACKということで普通には決して応えません。 リクエストネームいきたいと思います。
レディオネームハチコさん22才、女性の方です。

逹瑯さんこんばんは。 私はよくカラオケに行きます。 その時必ず歌うのが「空と糸」で、曲の後半の・・・
ニャラニャラニャライエヨ~ってとこがですね、どSな感じでかなり好きなんですが、
カラオケだと「言えよ」と「いつもみたいに」が若干被っているのでどちらを歌えばいいのかよくわからなくなりますと。
アドバイスよろしくお願いしますと。

そうですね、あそこは誰と行ってんのかにも依るんですけどぉ~、まぁ普通に歌えるんです。
「言えよ~、いつも~」って歌うか、もしくは一緒に行ってる子がムックの曲とかみんな知ってて、「空と糸」も知って歌えるような子だったら、「言えよ~~」っていってて、マイクをそのみんな聴いてる人のほうに向けて、そこから先をみんなに歌わせるとかね。
俺がLIVEでやってるんですけど。 そんな感じで、LIVEっぽく楽しんでいただけるのもアリかなと思います。

おーー!! なんか凄くいつになく超真面目な天のJACK IN THE リクエストみたいな感じになってますけども、
まぁたまにはね、みんな天のJACKなものを求めてるんでね、たまにはこういう逆にストレートっていうのもいいkななと思います。

そんな感じで、いろいろそういうところを想像してもらいつつ、じゃ、聴いてもらいますかね。
もちろんリクエストは「空と糸」でということで、そこら辺を参考に聴いてもらえたらなと思いまーす。
いきますっ! ムックで・・・


「楽園」


T:はーい、お届けしているのは先週リリース、ムック新曲「フリージア」の通常版に収録されている「楽園」でした。
はーい、「空と糸」聴けなくて残念でしたねぇ。
自分で曲聴いてもらって、確認してもらったらなと思います。

まだまだ「空と糸」入っている『球体』のほうとかもね、売ってますので曲知らない人は買ってもらえたらなと思います(笑)
そんな感じでお届けしております「楽園」です。
作詞:逹瑯  作曲:ミヤです。
この曲を聴いた時の世界観、イメージ・・・うんっ! スゲェ面白い曲だなと思いましたね。
スゲェおもしろい曲だから、歌詞でもめちゃくちゃ遊ぼうかなと思って、ほんとに遊んで書きました。
オブラートに包んで、包んで、喩えて、喩えて、書きましたので、ほんとの芯のところがどこなのかなぁ~っていう、何のことに対して歌ってんのかなっていうのを想像しながら聴いてもらうのも楽しいかなと思います。

ちなみに、初回限定版には「終止符」と「フリージア」のRhodesian Ridgeback っていうピアノヴァージョンですね、収録されておりますので、そちらの方もチェックしてもらえたらなと思います。
そして通常版にはこの「楽園」が収録されています。

ということで、レディネームハチコちゃん、どうでしたかと。
まだまだ天のJACK IN THE リクエストへのメール待ってます。

さらにムックへの質問・疑問からのくだらいことまでメールお待ちしております。
メールは全てJACK IN THE RADIO・・・・・・・(以下割愛)

ということでJACK IN THE RADIO引き続き聴いてください。
この後、ゲストにムックのメンバー、全員登場。 ほんとに久しぶりです。 楽しみに。




T:はい、改めましてムックヴォーカル逹瑯です。
ではここからはですね・・・・・


JACK IN THE ゲスト~~~~~~


ということでここからはゲストと一緒にJACK IN THE RADIO進めていきたいと思います。
あんまゲストゲストって感じじゃないですけどね、毎日顔あわせてますんで。
ということでゲストさん、よろしくお願いしま~~す。

ミヤ:はい、ムック、ギターのミヤです。
YUKKE:はい、ムック、ベースのYUKKEです。
T:なぁ、テンションひくぅ~~~~。
SATOち:はぁ~あ、ドラム、SATOち。
T:なんでそんな嫌々なの!? おかしいよ。 なんで!?
今までのゲストで一番テンション低いわ。 なんで!?
S:あはははははは・・・
T:はい、ということで、海外ツアーの話を教えてというメールがたくさん来てるんだって。
そんな感じでね、ここでそんな企画をやっていきたいと思います。
S:はい。
T:JACK IN THE 海外BOX~~~~~~~~、なんぞや?
JACK IN THE 海外 BOXとはなんぞや。 おっきたーーー!
Y:これかっ!
S:うわ~。
T:真っ白だ。純白の。ボックスがきましたよっ! これ噂に聞くJACK IN THE 海外BOXです。
どういう企画かといいますと、これ画期的です。
Y:うん。
T:このBOXに、
S:あー。
T:なんと、海外ツアーにまつわるキーワード、たくさん入ってます。
YS:おぉ。
T:凄いですね、それを引いて。 いろいろキーワードトークをしていこうかなと。
S:はい。
T:思いますけども、なんとですね、この海外にまつわるキーワードたくさん入っているその中に、全く関係ないものが若干入っていると。
Y:へー。
M:ははは。
T:その時はそういう話をしてくれというコーナーですね。 いきたいと思います。
Y:はい。
T:じゃ、引くよー。 じゃんじゃんじゃーん。 てけてんっ!

りょう・・両替といえば?

Y:これは関係あるんじゃないですか、これは?
T:まぁ、両替してきましたけれど、なんかいろんな何カ国も回ったからさぁ、大変でしたね。
S:大変だった。
Y:大変だったね。
T:何通貨だ。 まず~、ユーロ。
Y:ユーロ。
T:ポンド。
M:うん。
T:あと何だ?
Y:クローネ。
T:クローネ? クローネも2個くらい・・・
Y:あ、そうだ。
M:スエーデンクローネ、デンマーククローネ。 ルーブル。
T:あ、ルーブルね。
S:あー、そうだ。
T:ロシアルーブル。
Yペソ。
M:メキシコペソ、チリペソ。
T:あ、そっか。
M:もう一個。
S:アルゼンチン。
M:アルゼンチンペソ。
T:いっぱいありましたよ。 何千チン余った?
S:俺、いっぱい千チン余っちったから、次全チン使おうかな?
T:次千チンっておかしいから。



T:両替って広がらないトークでしたね、これ。
Y:次ぎ行きます?
S:次ぎいきましょう、次!
T:そんな感じで、たくさんの通貨がありましたよってことで、はい。
M:はい。
T:じゃかじゃーん! なんだそれ?
M:なんだこれ? 
T:お、メールだ。
M:JACK IN THE おかえり・・・メールです。
T:JACK IN THE おかえり?
S:メールです。
T:JACK IN THE おかえり。
Y:いろんなパターンがあるんだ。
M:え~、ミソユッケさん27才。

ワールドツアーお疲れさまでした。 今年も忙しく充実した一年だったと思いますが、更に今年はメンバー全員三十路になるという記念すべき年でもあったと思います。 
そこで、20代と30代はここが違う。 もしくは30代でこれをしてやるっていうことを教えて下さい。

T:これが噂の「海外全く関係ないメール」ですね。
M:そうですね。

これからもムッカーとして応援し続けていきます。 お身体を大切に・・・と。

S:ありがとございます。
T:なんかあります? これを機に。
M:うんとね、10代でやり残したことはあるね。
T:あら?
M:10代で子供が欲しかったね。
MSY:あ~~~~~~。
S:そうそうそう。
M:19位で子供を作れば、高校の時(子供が)にまだ(自分は)35,6でしょ?
SU:あー。
T:なんでそんなにノッテくるの? この話しに。
M:隠し子とかいねーかなと思うんだよ。 (身に覚えはあるということね)
T:隠し子? 隠し子がいて欲しいってこと?
M:いてほしい、今。
T:あの、ミヤさんの隠し子さん。 今が出てくる時期ですよ。
Y:メール来るかもよ。
T:今なら、ウエルカムです。
Y:私が、私がってのたぶん。
M:いるよね。
S:いっぱい来っと思うよ。
T:いっぱいいすぎてどうしようみたいなね。 30代になってからのアレは?
M:30代、ま、これからじゃねーかな? まず40が楽しみだ、俺。
あのね、30より40だろ、男は。 40でどんだけイケてるかっていう。
Y:あー、そうっすねぇ。
T:あの、D'ERLANGERのkyoさん(どこの誰って聞き取れませんでしたが、拍手コメでDさんに教えていただきました。 ありがとうございます)が言ってましたもんね。もうすぐ30になっちゃいますよっつったら、
「俺はもう20後半の時は早く30代になりたかったよ」って言ってた。
S:え~~。
T:なんか中途半端な感じでやだったって、20代後半っていうのは。
M:なるほどねぇ。
T:若くもねーし、なんか大台にも乗ってねーし、なんか宙ぶらりんでやだったって。
M:へぇ~。
T:はい、そんな感じで。 まだいけるか。 どっち引く?
SY:はい。(どっちだよ)
T:面白いの引いてね、盛り上がるの。
Y:いいよ、これ。
S:あ~っとね。

一番のLIVEと言えば?

T:笑
Y:なんか、なんか違うね?
T:なんなの、ほんとにさ、何? 一番のLIVEといえばって、この関係ないキーワードにしてもアレだけど。
一番のLIVEなんかある? それこそ20代とか、10代から始めたバンドですけども、今までで一番のアレで。
Y:一番のLIVE? なんだろ~なぁ~、やっぱそん時々、いろんな一番があるからね。
T:おー。
Y:一番ヒヤヒヤしたLIVEは。
T:おー、いいですね、それ。
Y:この間のパリです。
T:パリの。
Y:ついこの間のパリの最後の曲です。 アンコール。
T:あ~~~~
Y:「リブラ」
T:俺もう、死んだかと思った。 やっちゃったかと。
Y:あのあと映像を観たじゃん、その。
S:はい、映像入りますからね。
Y:やっぱ気にしてるんだよね、逹瑯とベースの頭が接触したときのバンッて当たったときに、逹瑯を気にしてそっちを観てたんだ俺。
Y:いや~、気が気じゃなかったよあん時。
T:リアルにあの映像、アレ何に入るんだっけ? クロニクルか?
Y:はい。
T:クロニクルにその時の衝撃映像入りますから、観て貰えたらと。 おっ、いいですねぇ、これまた宣伝にも繋がりましたよこれ、ほんとに。
俺やっぱ12年やってきて一番鍛えられたLIVEはアレだな。 ガンズのオープニングですね。
S:あ~~~。
T:ガンズ アンド ローズのねぇ、オープニングアクトっていうのは相当鍛えられたね、あれは。いろんな12年間がありましたねぇ。
SATOちさん?
S:はい。
T:SATOちさんが引いて次、曲に行きますから。
S:はいっ。
T:盛り上がるのお願いしますよ。
S:はいよ。
T:何が出たかな? ポーン。
S:はいっ!

メキシコと言えば?



S:そうですね、もうメキシコ=辛い料理っていう。
T:そんな辛かったっけ? あ~、YUKKEがスープが辛かったとか。
Y:唐辛子がね、辛かった。
T:そんだけ? あんたメキシコでLIVEやって、辛いだけ?
S:あ~、そうっすねぇ・・・あの~。 お客さんが熱狂的でしたねぇ。
T:熱かったね、お客さん。 ほんとねー。 なんか熱さハンパなかったもんねぇ、全員が熱かったよね。
なんかスゲェ最終日、あのメキシコのLIVE、スゲェ楽しかったもん。 テンション上がったわ。
YUKKEさん、メキシコと言えば?
Y:メキシコと言えばやっぱ、お客さんが熱狂的なのと唐辛子が辛かったのと。
S:笑
T:やっぱそこなんだね。 リーダーは? メキシコと言えば?
M:メキシコと言えば・・・やっぱ道路だね。
T:道路? メキシコと言えば道路?
M:道路がね、ガチャガチャだった。
S:あ、あれだあれ。 トッテ、トッテ(←なんのことですか?)
T:あーーーーーー!
M:あと、みんなスピード出すのかしらないけど、何メートルかおきにでっかいコンクリートの段差があって。
T:あれ、トッテね。
M:うん。 スピード出して突っ込んだら車がぶっ壊れるんじゃないかぐらいの段差が。
S:あれ、きぃもち悪い~~。
M:ほっとぉ~、辛かったなぁ。
T:あれでも頭いいよね。 交差点とこに絶対あんじゃん。
M:あぁ・・スピード出せないもんね。
T:あれ注意するもんねー。
MYS:うん。
T:ワーゲン、ビートルがめっちゃくちゃ走ってるの、凄いなんか新鮮でしたね、メキシコ。
またね、今度行ったときに、ほんとなんか全然観光する時間とかなかったから、次はもうちょっとゆっくり観られたらなと思いますけども。
ま、ここら辺で一曲いきますかね。
MYS:はい。
T:先週発売しましたね、聴いてください。 ムックで「フリージア」


フリージア


T:はい、お届けしているのはムックの新曲「フリージア」です。
作曲者リーダーどうですか、この曲は。
M:うーん、まぁ、LIVEでやってきてちょっとイメージが変わったね、やっぱね。
S:うん、ちょー変わった。
M:あの~、今までにはない感じだよね、凄く、やってる感じも。 だからお客さんも、なんか新鮮じゃないかなと思いますけど。
T:武道館でやったけど客席が俺、全く覚えてないんだよね
M:笑
T:全く覚えてないっ!
武道館でやったときのお客さんの感じがどうだったかってのは。
あの、YUKKEさんどうですか?
Y:やっぱりね、初めて武道館で演奏した時と、たぶん海外で結構やってたでしょ?
どんどんどんどん曲が成長してってんのが分かったね。 だからJCBのファイナルの時はまた、感じ方? 見え方とかもお客さんの中でも違うんじゃないかなっていうの。
T:ほんとにYUKKEが頑張っていろいろね、手塩に掛けて育てていますからね、この曲は
Y:笑・・・そ・そうだね。
T:あっはは。
Y:オフの日に育ててます。
T:SATOちさん、この曲はどうですか?
S:ほんとにね、いっちばんあの~、レコーディングの時とLIVEの時の感じが、一番変わった。
T:今までの曲で?
S:そぉ~だよっ! 
T:ムックの今までの曲でいちばん!? (なんでこの人はSATOちさんに絡むんですか?)
S:そぉ~だよっ! いぃ~ちばん!
T:ほんとに?
S:や・・・2番かな? (弱っ)
T:わははははは・・・
S:んふふふふ・・んふふふふ・・
T:逆にそれ、1,2を争っている曲を聞きたいわ、どれだかほんとに。 それぐらい?
S:凄いの。
T:凄いの?
S:これねっ!
Y:凄いの?
S:あのね、やってって、なんかこのね、自分の中での葛藤がいろいろねあってね、面白いの。
あの、モヤモヤがあるわけ。
T:あ、それ分かるよ。
S:あー。
T:爆発点がないからね。
S:そうそうっ、そう、で、なんかね、こう・・イッちゃう俺?みたいな。
T:なんか爆発したいこのウズウズをどっちに変換させて持っていくかっていうところがね。
そのコツを掴むとね、広げる感じになる、気持ちいいかも知れませんけど。やっぱ大きい会場向きだよね?
MYS:うん。
T:この曲は凄く、ほんとに武道館とかさ、おっきいホールでじっくり演りたいなっていう気がしますけども、
凄いこと書いてありますよ。

レコーディング中はお決まりのオロナミンCは飲みました?って。

なんかさ、レコーディング中どころか海外でも飲んでるからね、ムック。
Y:ほんと世界中で飲んでるね。
T:世界中でオロナミンC飲んでますよ。
S:なぜか手に入るよね。
T:絶対ね、海外のLIVEハウスの楽屋でオロナミンC飲んだのは、ムックだけだと思うぜ。
M:あ~・・・・
S:うん。
T:あの楽屋で。
S:みんな飲まねーと思うんだ。(オロナミンCはね)
T:なんでムック・・・最近オロナミンCのイメージが付いてきてますよ。
Y:付いてきてるね。
S:そろそろ・・・
Y:そろそろ・・・
MTYS:CMソングでも狙っちゃおうかな~。
S:いいねぇ。
T:そういう狙った曲、じゃ、書いとこかね。
Y:元気が出る曲がいいですねぇ。
M:そうだね。
T:とういことで、
S:はい。
T:久しぶりの今日は、どうでしたかっていう? 
S:あ~もう~、楽しかったよぉ~~~。
T:嘘をつくなー、嘘をー。
S:ほんとだよぉ。
T:何が楽しかったんですか?
S:もうメキシコと言えば。
T:YUKKEがメキシコと言えばなんて言うからダメなんだよ。
Y:なんで? (なんで?)
T:分かんないけどなんか人のせいにしてみたかったの
M:うん。
T:どうでした? YUKKEさんは?
Y:楽しかったですね、久しぶりにこう、逹瑯さんとさ向かい合って、マイクを通して会話して。
T:そうだね。
Y:久しぶりのラジオで、やっぱ腕上げたんだねって思ったね。
T:っ! なんで上から目線?
Y:凄いテンポが面白かったからね、聞きに回っちゃった。
T:おかしいでしょそれ! 
M:うん。ほんとにぃ! 
T:任せっきりにしないでマジで。
Y:うん。
T:はい、SATOちさんは?
S:いや、面白かったよほんとに。
T:SATOちさん、先週からきてますからね。
S:先週からず~~っといるもん、ここに。
Y:あ、一週間いるんだ(笑)
S:何週間もずーーーーっといる。 (先週からだろ)
T:その間仕事なかったの?
S:ないないないない。
T:ほんとですか? そういうくだらない嘘もつくようになったんですね、30になって。
S:ははははは(ご満悦)
T:はい、ミヤさんはどうでした?
M:うーんとやっぱラジオやると日本で仕事してる感じが凄いですね。
T:するねぇ。
M:するね。
T:なんか俺さ、無事に帰ってきてさ、ヨーロッパ帰って来て久しぶりのスタジオ入ったんだけど、今日ラジオ。
なんかスゲェ久しぶりな感じしたもんね。 うちのマネージャーはさ、なんか帰ってきて、「久しぶりなんだけど、久しぶりな感じしないなぁ」って言ってたんだけど、俺はめっちゃ久しぶりな感じしてるよみたいな・・・感じですよ、もう。
どんどんまた慣れていっちゃうんだろうなって思います。
ではここで、JACK IN THE 告知、よろしくお願いします。
S:ムック、新曲、「フリージア」チェックしてくださいねっ!
T:はーい、チェックしてねー。
Y:はい、そして来週12月9日リリース、ザ・イエロー・モンキーのトリビュートアルバムにムック参加してまーす。
TS:はーい。
M:はい、12月23日に、ムックDVD BOX『ライブクロニクル3 球体 in 日本武道館』が、発売しまーす。
T:さっきのね、衝突シーンも入ってますから。
M:ま、これはクロニクルっていう名前が付いてるだけあってですね、武道館のLIVEはもちろんのこと、いろいろ他にも入ってます。
T:俺のぼっこり腫れた左目ぇ~のインタビューが入ってますから、ほんとに。 病院でされましたからね、これ。ビデオ持っていって。
M:プロ根性で(笑)
T:はい、そんな感じで詳しくはオフィシャルサイトをチェックしてください。
この後、番組の放送終了後からは放送後記としてメルマガ、JACK IN THE 対談を配信します。 ここだけでしか聴けない話満載です。 放送後の余韻はこちらで堪能してください。
そしてこの後、JACK IN THE BLOGように撮影をしますが、今日は久しぶりのムック全員登場ということで、
海外ツアーLIVE大成功、そしてJCB球体ファイナルも大成功ということで、
「俺達はヤッタんだー」っていうね、ポーズをやりますと。 どんなだって話しですよ、ほんとに。
気になった人は、番組携帯サイトをチェックしてください!
ということで、JACK IN THE RADIO ムックヴォーカル逹瑯と。
M:ギターのミヤと。
Y:ベース、YUKKEと。
S:ドラムのSATOちでした~。
T:ばいばーい。
MYS:ばいばーい、さよなら~。




SATOち君の声って、いつも笑ってるみたいに聞こえる。
そして、冷静に相づち打ってるミヤ君がそこはかとなく面白かったです。
名前と声が違っていたら教えて下さい。
というか、多分違うところがあると思います。
関連記事
スポンサーサイト
【2009/12/03 04:12 】 | JACK IN THE RADIO | コメント(2) | トラックバック(0) |
<<都のかほりSPで「紅蝙蝠」  | ホーム | GOD BLESS YOU>>
コメント
NoTitle
テンプレがクリスマスだ~~~。
何かゴージャスじゃないの~。
コメントのワクも綺麗だし。。。いいなぁ~。←は?

てかすばやい仕事ぶりに感動しています。
きっとブラインドタッチでキーボード叩いてるんだろうなぁ。。。。
でなきゃ、鬼畜のように長い文字起こし徹夜しなくちゃ私はかけないわ~~。

毎度毎度本当にありがとうございます。
今回もたつろーさんはまともだなと思いました。
メンバーにDJぶりを褒められてるのもほほえましいわ。
【2009/12/03 18:08】| URL | せいら #-[ 編集] |
せいらさん
は~い、テンプレ変えました。

ブラインドタッチですよ。 ですけど・・・・せいらさん違うの?
私は、キーを見ながらのほうが却って打てないと思う。
多分目でキーを探しちゃうよ(笑)

コメントで教えていただいたんですけど、
逹瑯君はLIVEの時でもSATOち君とYUKKE君にウザいほど絡むらしいよ(笑)
話を聴いてる限りでは、ミヤ君がやっぱりリーダーで大人って感じがしたわ~。
【2009/12/04 13:02】| URL | 栄 #-[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://faireal.blog96.fc2.com/tb.php/707-c74e7e0c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。