FC2ブログ
続・野生と冷静のバランス
すっかり秋です。
運動会です。 祭りです。 
体力の消耗が夏より激しいってどういうことだろう?



さて、先日HYDEさんがDEISTにて、LIVEは「野生と冷静のバランスが取れているのが一番」
ということを言っていました。


私はこれにちょっと目から鱗状態で、今までLIVEについてモヤモヤとしていたものに、
スパーンと明快な答えをもらったような気がしたわけです。
それでブログに

「冷静さとは野生さの対極である理性と置き換えることができるかもしれないが、必要な時に冷静さを呼び覚ますのも、これまた本能だろう。」

なんてことを書きました。
そうしたら、本屋でパラパラっと立ち読みした脳科学者の茂木さんの著書『カラヤン ー音楽が脳を育てるー』で同じようなことが書かれてたんですよ!

大きな文字で読みやすそうだったので立ち読みで済ませてしまいましたが(笑)、
要約すると最近の脳科学の研究では、

脳内で行われている現象は、細胞の役割分担や脳の領域を明確に分けられるものではない

ということが分かってきたらしいのです。
数学の方程式を解いたりすることは感性ではなく、理論的な行為とされてきました。
が、数学の問題を解くのには感性も関係してくるのではないかということなのです。

「数学のセンスがない」なんて言いますよね。
あの「センス」というのは「数学に対する感性」ということなのでしょうね。

茂木さんは言っています。

数学を解く「感性」があり、音楽を奏でる「理性」がある。


この本はカラヤンのことについて語られているので、最後は彼についての一文なのですが、
芸術というものに対して非常に脳科学者的な名答で締めくくっています。


彼(カラヤン)の意識の生成には、バランスに満ちた結晶を感じずにはいられない。
日々、「調和」について考え続けた人物が、最後には純粋なるもの(芸術の恩寵)に辿り着く。


芸術を語る美しい文章だと思いました。
バランスに満ちた結晶。
ダイヤモンドのように硬質で研ぎ澄まされた美しい輝きを放っているようなイメージです。


HYDEさんの役割はコンダクターに似たものもあるとは言え、
ロックとクラッシックという方向性の違う音楽が、
同じような言葉で語られたこと、
そして、「野生と冷静のバランス」という言葉がすんなりと出てきたHYDEさんに、
私は改めて感動したのでしたー。


お返事

>ぴーさん
なぜかMORRIEさんの第一印象ってみんなおんなじようなものだね。
私もそんな感じだったよ。
でも話すとなんだか天然ちゃん。
K.A.Zさんといい、いい味出しててもう弄りたくって仕方ないですよ(笑)

Sakuraさんに関しては私も「ひさびさキター」と思いました。






関連記事
スポンサーサイト



【2009/09/14 10:05 】 | HYDE | コメント(2) | トラックバック(0) |
<<HAWAIIのVAMPSさん(めざまし画像) | ホーム | 終戦の象徴 戦艦ミズーリ・・・と、ハロウィンにFC限定イベント!!??>>
コメント

相変わらず色々読んでるなーって感心したら、っ立ち読みかい

編集者は、頼む買ってくでーと思ってるよ(同業の同情)


脳というのは誠身勝手
素晴らしい完成図を見せながら、その取り出し方法までは教えてくれない
斬新なる技法を生み出しながら、労力にみあった結果までは与えてくれない
私の頭の中では、素晴らしい表現力をもってあーんなHYさんやこーんなHYタンがキャーッてなってるけど(なんのこっちゃ)
文字にならない
栄さんの隣で同じライブを体験しても、ちっともレポなんて書けない

能力ってのは取り出し口の間口と開閉の自在度なんじゃないかね


クラシック、ロックと世界の違いはあっても、表現者のレベル、HYDEはカラヤンに負けない能力の持ち主だよね
【2009/09/14 23:48】| URL | 松井 #-[ 編集] |
松井さん
取りあえずシンパシー感じたものは片っぱしから。
でもナナメ読みだから覚えてなかったりするんだ、これが。

最近娘がクラッシックに凝り始めて、娘用ipotはクラッシックばっかり。
本当に私の娘?と疑うねー。
なのでちょっとカラヤンについてでも読んでみようかと。

松井さんの脳内にあるHYDEやhydeやHYたん。映像にしたら凄いだろうね(笑)
そーいや、「J.I.ジョー」では記憶を映像化する機械があったよ。

脳は神秘だよね。
自分の頭の中なのに自分で制御できない部分のほうが多い。
でもそれも自分。
面白い。
【2009/09/15 09:22】| URL | 栄 #-[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://faireal.blog96.fc2.com/tb.php/652-1320cb4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |