FC2ブログ
神と僕とイトミミズなJACK IN THE RADIO Creature Creature  
久しぶりなJACK IN THE RADIOです。
といいながら、先週のゾロは聴いていたりと、実はチョコチョコ聴いてます。
が、今週はCreature Creature のMORRIE氏にSakuraさんなので、聴かずにおれようかっ!
リアタイじゃなかったんですけどね。

ということで、ラジオ起こし、よろしかったら。
結構MORRIE様、破壊力ありました。




逹瑯:さあ始まりましたJACK IN THE RADIO。 ムックヴォーカル逹瑯です。
えっとですね、今月からこのJACK IN THE RADIOは、わたくし逹瑯がピンで担当するというね。
ついになんか私一人になってしまったという感じで、居残りで給食を食べさせられている感じなんですが、先週は、ゾロがゲストで登場しましたよ。
うちの事務所の一番の若手が来たのとはまた別の感じで、緊張しておりますが。
(今週)一体誰がゲスト、登場するのか?
ヒントは、大先輩と。 
事務所の大先輩、逆にですね、この事務所、後輩よりも先輩のほうが多いので、ギルガメが出てゾロが出て、SIDのしんぢくんも出たら、あとはもうほとんど先輩しか残ってませんから。
どんな先輩がでるのかっていうのは、このあとどんどん分かっていくんじゃないのかなと思います。
ちなみに、今の気持ちはですね・・・・・え~~~・・・ちょっとだいぶカリスマな人なもので、なんというのかな、カリスマっていろんな感じの生活感が見えないとか、その人のニュアンスが見えないとか、ミステリアスなところでカリスマっていうのが凄くできてると思うので、ラジオでこの俺みたいな、こんな汚れたキャラクターと絡んでいいものかという、一抹の不安は隠せないものなんですが。
そこら辺もギリギリのラインでいろいろちょっとつついてみたいと思います。

先輩ですけどね。

つついていきたいと思いますっ!
ということで、ゲストへの質問などリスナーのみなさんからのメール待ってます。
メールは全てJACK IN THE RADIOの番組携帯サイトから送ってきてください。
アドレスは・・・・・・・・(省略します)


ではここで先週に引き続き、新しいオープニング専用の新コーナー、その名も。

天の邪鬼 IN THE リクエストぉ~~~~。
というわけでですね、天の邪鬼。
先週から突然スタートしました。 決して普通には答えません。 
では早速リクエストのメール紹介していきます。 普通に答えませんからねぇ~。
レディオネーム、オレンジ。

「逹瑯さん、こんばんわ。 JACK IN THE BOXでムックの曲を聴いて、ムックの虜になった新人ムッカーでぇ~す。
それでLIVE後に早速カップリングベストを買って、絶賛ヘヴィロテ中です。」


嬉しいですねぇ~。


「今日はその中でも大好きな「チェインリング」をリクエストします」

もうオレンジさんはこのJACK IN THE BOXでムックの曲を聴いて、ファンになってくれて、出たばっかりのカップリングベストを買って、すっごい気に入って聴いてくれてるんですね。
チェインリングをリクエストしてくれているんですがっ!

チェインリングはかけません。

なんでかけないんですかー、リクエストしてるのに。 馬鹿じゃないんですかって言われてもですね、なんかこの下りを聴いてもチェインリングが気になっちゃってしょうがないじゃないって人はですね。

売ってますので買って聴いてほしいなと思います。

そんな感じでこの時間のこの曲はコレをかけていきたいと思います。
聴いて下さい、ムックで「空と糸」

「空と糸」

はい、お届けしているのはムックのアルバム『球体』から「空と糸」でした。
ちなみに絶賛発売中ですと。
このアルバムを聴いてからムックのLIVEに来ると、今より10倍楽しいハズ。
10倍かなぁ?
まぁ、あの~・・・・・10倍楽しいはずです。 今のメインの曲になっているので、LIVEでは毎回欠かさずといっていいほどやっていますので、いろんな曲を、知らない曲もいっぱいあるでしょうけど、聴いてLIVEに来てもらえたらねガンガン楽しめると思いますのでCD買ってね。
買ってね!

はい、引き続きとてもひねくれたコーナー、天の邪鬼 IN THE リクエストへのメール待ってます。
逆にね、この曲をリクエストしたらどんな曲がかかるのかしらていうような想像もできて楽しいコーナーになっていると思うので、ガンガンメール待ってまーす。
リクエスト頂戴ね。(してもかからないけどね)

このあとゲストが登場します。
大大大先輩です。 お楽しみに。



逹瑯:改めまして、ムックヴォーカル逹瑯です。
ここからこのコーナー、JACK IN THE ゲスト。
ひねりや回転は一切なしということで、ここからはゲストさんと一緒にJACK IN THE RADIOを進めていきます。
それでは、ゲストを紹介していきたいと思います。
どうぞ。

MORRIE:MORRIEです。
Sakura:Sakuraです。
逹瑯:よろしくお願いしまーす。
M&S:よろしくお願いします。
逹瑯:ということで、同じ事務所の大大大大大大先輩。 MORRIEさんのソロプロジェクト、Creature Creatureですか。
MORRIE:はい、よろしくお願いします。
Sakura:よろしくお願いします。
MORRIE:でも、逹瑯はこの前、歌ってたよね? Creature Creature。
逹瑯:はい、歌ってました。
MORRIE:ヴォーカルで。 ちょっと聴こえてましたよ。
逹瑯:やらせていただきました。 すみません。
MORRIE:あーあぁ、やってるみたいな。
逹瑯:もう、大好きなんですよ、「RED」が。 ほんとによく聴くんですけど。
MORRIE:そうなの?
逹瑯:カラオケでもよく歌わしてもらうんですけども。
もう、ほんとにセッションをやろうってなった時に、曲何をやろうか?っていって、俺一番最初に「RED」やりたいって。 MORRIEさんも当日いるから、MORRIEさんもいるその意味合いとして、この日に「RED」やらなかったら、もうセッションでやれる日はないだろうなと思ったくらいで。
MORRIE:なるほど、なるほど。 ありがとうございましゅぅ(私の聴き違いですかね?)
逹瑯:スッゲェ楽しかったです。
さて、そんな中ですけれども、来週9月16日水曜日には、恵比寿リキッドルームにてLIVE、『続・シモーヌと逆鱗』が決定。
Sakura:はい。 ま、前回『シモーヌと逆鱗』というツアータイトルで、大阪と東京をやりました。 6月にやったんですけど。 それが結構好評だったので、今回こういうタイトルになり、前回のLIVEに来てくれた人にしかちょっとわかりづらいのかもしれないけれども、それのちょっと延長上なLIVEの内容になるかなとは思ってはいるんですけどね。
MORRIE:だから『続』ってね、ついてんですけどね。
逹瑯:このバックの連中が集まったらリハもチャイチャイですよね?
Sakura:いや、それが結構ね、スパルタよ。
逹瑯:MORRIEさんがですか?
MORRIE:うん、まぁ前回けが人続出状態で。 腰痛なったり、Sakuraは足つってたからね。
Sakura:叩きすぎて。
逹瑯:そんなにやるんですか? リハ。
Sakura:今回6月にやったLIVEでこのメンツになった初めてのことで、やっぱお互いに知る意味でも何回も何回も曲を通してリハをやったかな。
アルバム以外からも新曲を9曲でしたっけ?
MORRIE:うん、そんくらいね、やったね。
Sakura:はい、全部が全部、始めて手にする曲ばっかりだったりするんで、それでちょっとリハが過酷になってしまったっていう。
逹瑯:ていうか、SakuraさんってDEAD ENDのローディーやってたじゃないですか?
Sakura:うん。
逹瑯:DEAD ENDのローディーやってて、今度DEAD ENDではないにしても、MORRIEさんのローディーをやっていたバンドの人のヴォーカルのバックでちゃんと叩くって、めっちゃくちゃ嬉しくなかったですか?
Sakura:まぁ、嬉しいは嬉しい。
逹瑯:嬉しいですよね。
Sakura:でも、そこでミーハー心のままやってちゃったら、装いも新たにしたCreature Creatureを期待して集まってくれてる人たちに対しては、ミーハー心の押し売りだと失礼だと。 Creature Creatureのちゃんとした音を演奏しないと。 こっちも一応プロなんで。
逹瑯:はい、すごぉい。
Sakura:ただ、今も昔と同様、MORRIEと僕の関係は「神としもべ」で変わってないですね。
逹瑯:ハハハハハッ!
Sakura:ま、そんな感じ。
MORRIE:いやいや、僕は優しいですけどね。
逹瑯:こうやって、今優しく接してくれてますけども、やっぱりあの時代のバンド界を生き抜いてきた大分重鎮な人なので、やっぱりそういう空気感はあるのかなっていうのは思いますけどね。
今のこのバンド界ではないオーラですからね。
もう腑抜けのバンド界なんで、今は。
MORRIE:そうなの?
逹瑯:もうぜんぜん。
MORRIE:上下関係とかないの? 厳しい。
逹瑯:あの、馬鹿が多いです。
MORRIE:基本的にロック、馬鹿が多いよ。 いつの時代も。
逹瑯:ほんとですか?
じゃ、馬鹿の質が違うんですかね?
MORRIE:うちらはね、うちの時代はやっぱり上下関係がすごかったね、特に関西。 もう完全体育会系の。
俺、一人すっごい嫌いやってん! (神がベールを脱いだって感じがしました)
逹瑯:ほんとですか?
MORRIE:きらいやった!
逹瑯:へー・・・
MORRIE:昔、野球部やったんですよ、僕。 中学校ん時。 凄い上下関係でしょ? それ嫌で嫌で、ま、続けてましたけど。 で、社会に出て、バンドやってもそんな感じで。 それすっごい嫌で、僕はね。
逹瑯:そういう先輩いだと後輩に凄い慕われそうですね。
Sakura:まぁ、そう。
MORRIE:慕われてるかどうか知らんけれども、だから僕は別に、「神としもべ」とかなんかゆってますけど、別に僕は友達っていう感じで、世代関係なく付き合う。 楽しむ。
逹瑯:MORRIEさんの目から観てSakuraさんがしもべだと、俺なんかもうイトミミズみたいな存在で。 もう単細胞生物みたいな。
MORRIE:ははははは。
Sakura:プランクトン並みのね。
逹瑯:ほんとにもう、どうしようもないです。
はい、ということで、いろんなお話が聴けたところで、来週のLIVEが待ち遠しいですということで、ここではCreature Creatureから一曲お届けしていきたいと思います。
曲紹介お願いします。
MORRIE:じゃ、「RED」で。

RED

逹瑯:はい、ここからはリスナーからのメールをいくつか紹介していきたいと思います。
レディネームシルクさん。


MORRIEさんに質問です。 可愛い後輩である逹瑯さんの印象を聴かせてください。
あと、後輩にこんな意地悪しちゃったっていうのもあればよろしくお願いします。



MORRIE:逹瑯の印象ですか?
逹瑯:はい。
MORRIE:そうだね、一番最初に観たんはね、ムックが武道館でやった時やったかな? 3年くらい前。 Creature Creatureで。 
ただこうやって話すのは基本的に始めてよね? ゆっくりね。
逹瑯:そうですね。
MORRIE:ステージ観た感じ、や、なんかこう、手足の長い、プロポーションのいい、イケてる男だなっていう、まずそれが第一印象。
その辺結構日本人離れしてるよね。
バンドとしてはね、ムックはね、なんかこう、「どこに行くんやろぅ?」っていう危うさが僕は結構スリリングでしたけれどもね、観てて。 毎回観てて。
なんか、これで行くっていうある種のこの方向で行くってんじゃなしに、「これ、どっこに行くんかなぁ~?」みたいな、その辺が結構ポジティブな感じで、スリリングに現れてたっていうか。
逹瑯:メンバーもどこに行くか決めてないですからね。
MORRIE:ま、それがバンドですからねぇ~。
逹瑯:どこに行く? ま、じゃ今度こういうのやってみる?みたいな、結果転がって行ってほうでまた広げていこうかっていう感じの。
行き当たりばったりが多いですね、凄い。
MORRIE:あと、僕、別に後輩に意地悪しちゃっていう・・・・僕、そうですね、覚えている限りではないんですけども。 もしかしたら無意識でいっぱいやってるかもしれませんね。 
基本的に僕、意地悪ですから。
逹瑯:Sakuraさんが観てきた中でないんですか?
MORRIE:そういうのないよ、俺。
Sakura:あ~・・・ないっすねぇ、うん。

(子弟間の阿吽の呼吸を感じましたね)

MORRIE:ないっていうかね、Sakuraローディーやってた時、僕、あんまり知らないんですよ。 ローディーとはいえ、ドラムを研究しにきてたからね、コイツね。 だからドラムの上に座りながら、ステージの脇にいながら、ドラムしか観てないから。
マイクスタンド倒れてんのに、「おまえ、はよ、来んかいっ!」
ドラムばっかり観てるから、わからへんです、他のこと。
だから僕のイメージは当時それで、あ、まぁ、しっかり研究してくれと。
逹瑯:でもなんか、うちのSATOちもそうですけどね。
ローディーやってるときもずーーっとドラムの脇で体育座りで観てるだけなんで。
MORRIE:その甲斐あって今こうやって一緒にやってる。 ね、面白いよね、ほんと。 当時はそんなこと考えなかったからね。
Sakura:今回DEAD ENDがもしマイクスタンド倒れたら、今回こそは直しに行こうかなと思っていたんだけど、案の定PAから観なきゃいけないから、直せなかったんだけど。
逹瑯:そんな感じで、意地悪はしてないと。
いい先輩です。
続いて、レディネーム チエさん。


皆さんこんばんわ。 質問ですが、MORRIEさん、Sakuraさんは何をしてる時が一番落ち着きますか?
私は大好きなプリンを食べてる時が一番落ち着きます。



MORRIE:食べもん系で答えるの?
逹瑯:いや、何でもいいですよ。
一番リラックスしてる時って?
Sakura:MORRIEはアレじゃないですか? チョコ。
MORRIE:いや、食べるぶんにはチョコレート。
逹瑯:チョコ!!!??? (チョコ!!??)
MORRIE:チョコって、70%以上。 カカオ70%以上か、甘いのは駄目ですけどね。 70%、85%。
逹瑯:カカオ90%越えるやつも食べられますか?
MORRIE:90%ってなかなかないでしょ?
逹瑯:まえ、一時期流行って売ってましたよね? 90なんパー。
MORRIE:あぁそう? 85越えるとね、もうちょっと。 いや好きなんですけど。 もうちょっと粉っぽいっていうか。 結構、喉渇く感じよ、あれ。
逹瑯:90なんパーっていうやつ、試しにちょっと喰ってみたんですけど、チョコ喰ってるっていうより消しゴム喰ってるみたいな。
MORRIE:うん、おそらくそんな感じやわね。
逹瑯:渋いていうか、なんだ? 味もないなみたいな。
MORRIE:兎に角、チョコレートを常に持ち歩くっていうか。 割と。
逹瑯:へぇ~~~。 今日も持ってるんですか?
MORRIE:持ってますよ。
逹瑯:あぁ、すごいっ!
MORRIE:アメリカからいっぱい持ってきました。
逹瑯:最近こっちで観ないですもんね、カカオ・・・
MORRIE:なんか日本、ちょっとその辺の店で買えるって感じじゃないよね?

(いや、MORRIE様、私ダイエーで72%のいつも買ってますから。 必需品ですから。 今も横にありますから。 そしてダイエーに売ってますから)
200909100205000.jpg

逹瑯:はい、なんか一昨年くらいは流行っていっぱい売ってたんですけどね。
MORRIE:それを見越して、アメリカから結構いっぱい買って持ってきてます。 (今度差し入れします・・・)
逹瑯:Sakuraさんは?
Sakura:えっとですね、クCreature Creatureの現場はMORRIEが煙草駄目なんですよ。 煙草の煙もダメなんですよ。
逹瑯:昔から吸わないんですか?
MORRIE:5年前にやめましたね。
逹瑯:うちのSATOちもやめたんですけど、もともと吸わない人よりも煙草をやめた人のほうが吸ってる人の煙を嫌がる。
Sakura:嫌がる。
逹瑯:ですよね?
MORRIE:そうなの? うん、確かに嫌よね。
Sakura:それがあるから、Creature Creatureのリハーサルとか、スタジオの中ももちろん禁煙で、MORRIEから離れたところで煙草を吸うしかできない。 その時が自分にとっての大切な時間かな。
逹瑯:リハん時にMORRIEさんから離れてみんなで煙草吸ってたら、絶対MORRIEさんの悪口言ってますよ。
MORRIE:うん。
Sakura:・・・い・いや、言ってませんよ!
逹瑯:ハハハハハッ!!!
Sakura:言ってません!
MORRIE:どんなんゆってる?
Sakura:ゆうてせんよ(笑)
逹瑯:ということで、じゃ一番落ち着くときがそういう感じで分かったところで、もう一曲Creature Creatureの曲をお届けしていきたいと思います。
曲紹介よろしくお願いします。
MORRIE:「MABOROSHI」

MABOROSHI

逹瑯:はい、JACK IN THE RADIO エンディングです。
如何だったでしょうか?
Sakura:ちゃんと俺は潤滑油の役割を果たしてたかな?
逹瑯:あの、Sakuraさんがいなかったら、俺これ、なにをしゃべっていいのかわかんない、もう~。
だってMORRIEさんしゃべってる時に、がーってちゃんと俺のこと真っ直ぐに見てくるんで。
MORRIE:え?
逹瑯:俺、もうなん・・・
MORRIE:どこ見てしゃべったらいいの?
逹瑯:いや、こう目を見てしゃべってくるじゃないですか? 俺もちょっと目をそらすわけにはいかないから、そしたら俺、進行表が見えなくなっちゃうんで。
(MORRIE様の目を観たら石になっちゃうらしいよ、逹瑯君)
MORRIE:あぁ、ごめんごめん。
Sakura:逹瑯なりに緊張してるってことなんだね。
逹瑯:めっちゃめちゃ緊張してますよ、ほんとに。
MORRIE:なんか、結構フランクで優しい感じでしょ、僕。(うん、自分でゆったね)
逹瑯:そうですね、あの~、柔らかい感じがする先輩なので、凄くいいなと思います。
Sakura:あの、告知させてもらっていいですか?
逹瑯:あ、もうぜんぜん。 さっき告知しきれなかったので。
Sakura:来週の9月16日水曜日、恵比寿のリキッドルームでCreature Creature、『続・シモーヌと逆鱗』やりますが、追加公演、9月17日の木曜日。 目黒鹿鳴館、これを追加公演LIVEをやりますが、その目黒鹿鳴館のほうの公演がSOLD OUTしてしまって。
逹瑯:当たり前ですよ、これ。 ほんとに。 なんで鹿鳴館を選んだんですか?
Sakura:やー、なんか面白いかなと思って。
鹿鳴館、例えば3DAYSとか、5DAYSとかあっても面白いのかなと思って、まずはとりあえず鹿鳴館押さえてみようって。 MORRIEも二十年以上ぶりに鹿鳴館のステージに上げてしまえみたいな。
逹瑯:凄いですよね。 めっちゃくちゃプレミアムじゃないですか。
Sakura:ちょっとおもしろいことができればいいかなと思いつつ。 ちょっとSOLD OUTしちゃって何なんですけども、もしよろしければ恵比寿のリキッドルーム、9月16日水曜日、遊びに来てもらえたら嬉しいです。
逹瑯:はい、ムックはですね、ムックワールドサーキット2009 球体ファイナル2009年11月16日月曜日です。 JCBホールにてやりますので、遊びにきてください。
その他詳しくはオフィシャルサイトをチェックしてね。
ということで、この番組の放送終了後からは放送後記として、メルマガJACK IN THE 対談を配信します。
ここだけでしか聞けない話満載です。

このあとJACK IN THE BLOG用に撮影をしますが、今日は、Creature Creatureのゲストということで、普通に記念撮影をしたいと思います。
気になった人は番組携帯サイトをチェックしてください。
ということで、JACK IN THE RADIO ムックヴォーカル逹瑯と。

MORRIE:Creature Creature、MORRIEと。 (めっちゃ低音の渋VOICEでした)
Sakura:ドラム、Sakuraでお送りしました。
逹瑯:また来週、バイバーイ。
MORRIE:ありがとうございました。

以上です。

すみません。 コメント等のお返事はまた後ほど。
あ、スイートドリームスはCD&DVDを楽しみに待つことにしてまーす。

関連記事
スポンサーサイト



【2009/09/10 02:45 】 | sakuraさんとか | コメント(6) | トラックバック(0) |
<<終戦の象徴 戦艦ミズーリ・・・と、ハロウィンにFC限定イベント!!?? | ホーム | 野生と冷静のバランス>>
コメント

毎度すばらしいお仕事ありがとうございます
タイトルのイトミミズ見た時は、なんのこっちゃ、と思いましたが

ローディーなSakura、見たかったな
ローディーから今のSakuraまで来るって、すごいことだよなって改めて思った
会社ならある程度勤めれば、係長位までは進めるのがお約束だったりするけど
そーいうのが全く無い世界だもんね。
事務方だと下手に動いて失敗するより何もしないで来た人のほうが出世が簡単だったりするが(つまんない奴が多いけど)

次々やって売れ続けきゃならない世界は厳しいなあ

あまたのバンドがデビューしても、ここまで残れる人はほんの僅かでしかないから

そりゃまタクローはまだイトミミズだわ
【2009/09/10 08:43】| URL | 松井 #-[ 編集] |
松井さん
なんでそこでイトミミズが出てくるのか。
逹瑯君、相変わらず冴えてるねー。

Sakuraさん、ローディーから転身、メンバーへって、やっぱり凄いことだよね。

焦るSakuraさんを初めて聴いたような。
「言ってません!」真剣に言ってたよね。

MORRIEさんってちょっと天然だと思った。
Sakuraさんはそんなモーリーさんのお守役みたいな感じだったなぁ。
喋らすとほんと面白いわ。
次々とベールが脱がされていくって感じで。

【2009/09/10 16:33】| URL | 栄 #-[ 編集] |
あ"ぅぅ
仕事の合間に ちょっとニヤニヤしながら読んでたら…携帯の容量不足で~全文読めず(泣)
栄さんのドS~…じゃなかった、私の携帯のせいでしたね(笑)
早く帰宅して、続きPCでみなくちゃ~楽しみ!(仕事しろや 笑)
【2009/09/10 18:16】| URL | ぴー #-[ 編集] |
No title
間違ってカキコミ2回も消しちゃった。ぼけたのかしら??のせいらです。おはようございます。
いや、つらつら書いてたのに。。。
多分モーリーさんの祟りだわ。書いちゃいけないことかいたのね。きっと。
モーリーさんってしゃべるんだ?とか
整いすぎてて無表情で蝋人形みたいだったとか、
カリスマオーラびしばしで人ではないみたいだったとか、
動く歩道で花道移動してたみたいにスーって歩いて(又従姉妹談)体が上下しなかったとか。
2回似たような事書きました。懺悔。

それにしても毎回神業のようです。ありがとうございます。
JACKの時のイメージと違って、モーりーさんって人間だったのね。ってちょっと近い感じに胸をなで下ろしました。
重ねてありがとうございました。
【2009/09/11 08:13】| URL | せいら #-[ 編集] |
ぴーさん
じゃんねーんだったね。
私の携帯だと全部読めるんだけど?
そこら辺のことよく分からないね。

ふふふふ・・・・ごめんよ。
【2009/09/11 14:10】| URL | 栄 #-[ 編集] |
せいらさん
もう爆笑!!
夏ジャックのMORRIEさんってそんなだったの?
花道の移動が・・・・笑!!
蝋人形とか・・・・・・涙!!

いやいや、ちょっと前は私もそんなイメージだったんだけどね、
ラジオでしゃべるの聴いて天然さんだと思いました。
K.A.Zさんには負けるけど。

なんかね、MORRIE氏自身にハマリました、私。
【2009/09/11 14:15】| URL | 栄 #-[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://faireal.blog96.fc2.com/tb.php/649-cd9e8ad0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |