スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
6月10日 JACK IN THE RADIO VAMPS
寝てましたー(笑)
そんなんで、今日の契約の準備を今からしたりして(笑)

だんだんコナレテくるK.A.Zさんが寂しかったり、嬉しかったり。
よろしかったら。



















H:はじまりました第2回目、JACK IN THE RADIO VAMPSのタラちゃんHYDEと。
逹:んふふ。
K:VAMPSのK.A.Zが、6月の一ヶ月間担当していきます。そしてJACK IN THE RADIOと言えば、この方どす
逹:あはは、はいどーも。ムックヴォーカル逹瑯でーす。
K:はいどーも。
逹:どうも2回目ですよ。
H:はい。
逹:さてですね、今日6月10日はですね、「時の記念日」 もちろんHYDEさん、K.A.Zさんくらいになると知ってると思いますけど。
H:うん、もちろん。
逹:東京天文台と生活改善同盟会が、1920年、大正9年に時間をきちんと守り、欧米並みに生活の改善、合理化を図ろうと制定。
H:ふーん。
逹:凄いですね、この「欧米並みに」っていうのは。
K:欧米ってさ、時間守るかな?
逹:結構ルーズですよね?
K:ですよねぇ?
逹:今、でも日本の電車とかが一番時間に正確ですからね。
H:そうだね。すんごい複雑なのにねっ。
K:すごいな。
逹:それが逆に欧米が見習って欲しいんじゃないかってくらいになったと思うんですけども。
H・K:うんうん。
逹:お二人は時間にルーズですか? 遅刻とかしますか?と。
H:これがねぇー・・・、遅刻ないよねぇ?
K:ないねぇ。
逹:へぇー。
H:K.A.Zくんとかさぁ、いつもご飯食べに行くときとか???どこどこどこどことやってんの。 ご飯行く前って、なんかいろいろ片づけたりしてるよね? いつも。
K:そう、移動する飯場に行くときに。
H:だからさ、これでよく遅刻しないのが、俺にはちょっとよくわかんない。
逹:あー。 ちょっと話変わるんですけど、そのマスクってグッズですか?
H:これグッズにつくったの。
逹:ははははは。 
K:うはははははっ
逹:それでもHYDEさんちょっと下げてつけてるから、鼻の下めっちゃ長い人みたいになってる。
H:あはは、ほんとぉ~?
K:あっははははは。
逹:全部HYDEさん、考えてんですか? 凄いなと。
H:ロゴは俺がもうこうやって。 テープで作ったのよ。
逹:テープ!?
H:テープで、こうバミッ バミッっていうのを。
逹:はいはい。
H:で、上からスプレー振って、ベリッて剥がして。
逹:へぇー!
H:つくった。
K:フォントを使ってるっていうんじゃないんだよね。
H:そうそう。
逹:そういう、なんかこう、デザイン系とか絵とか好きなんですか?
H:ちゅきちゅきvv
逹:へぇ・・・
H:たぶんね、そっちの人間なんだよね、俺。ほんとは。
逹:あー、ものづくり。
H:ほんとはそっち系で。だからK.A.Z君とか作業してっと、ご飯も食べずにずっと作業してんの、コンピューター向かって。 俺、そういうの全く無い、音楽に関しては。
逹:はい。
H:もう、ご飯まだ? ご飯まだ?
逹:ははははは!
H:絵を描いてる時はね、俺もね、時間を忘れて。
逹:あー。
H:だからたぶん、絵のほうが向いてんだと思うんだよね。
逹:へぇ・・・・、はい、とういうことで、今日はですね、記念すべき1stアルバム『VAMPS』の発売日ですと!
H:やったぁ。

拍手

逹:やっと出たって感じですか?
H:ほんとだねっ! やっと出たって感じ。 
K:長かったねぇ。
H:長い、ほっんと長い便秘だったっていう
K:ふわぁっははははっは!
逹:(笑)もうすっきりって感じですか?
H:やっと。 ほんとすっきりですよね! こだわり抜いたからね、これ。
逹:ほんとですか?
H:うん! うーん!
逹:一番のこだわりは?
H:一番はやっぱり・・・・ジャケットだねっ!
逹:ジャケットですか!?
K:あははははは!
H:えー?
逹:あれ?
H:いや、もちろん中もこだわったけどぉ!
逹:その一番こだわったって言ってる、曲順もあるじゃないですか?
H:うんうんうん。
逹:アルバムって、頭の1,2曲くらいと、一番最後の曲って結構重要じゃないですか?
H:あ、そうなんだ?
逹:え!!?? あんま気にしないですか?
H:う~ん、最後はあんまり気にしない。
逹:あ、そうなんですか?
H:最初の1,2,3とかは気持ちよく(←ちょっと聞き取りにくい)
K:うん。
逹:そうなんだ。
K:でも、結構ねヴァリエーションがもうそれぞれの曲、個性がはっきり別れてるから、意外と面白い配置ができたかなぁ。 曲順に関しては。
逹:おっと、その最後の曲見ていたら、「SEX BLOOD ROCK’N ROOL」っていうタイトルだったんでちょっと楽しみだなと思って。 今日聴けるのかなぁなんて思っておりますけれども。
H:はい。
逹:ということで、今日は記念すべき1stアルバム『VAMPS』の発売日なので、アルバムからどんどん曲をお届けしていきたいと思います。 みんなからはですね、どの曲が好きなのかなどのリクエストを待っております。 メールは全てJACK IN THE RADIOの番組携帯サイトから送ってきてください。 
H:さてこの番組は、東京FM携帯サイトミュージックヴィレッジと連動してメルマガを番組終了後に配信していきます。 さらにこの番組のスタジオ風景なども更新しているJACK IN THE BLOGもあるので、チェックしてくださいっ。
K:はいっ。 では、さっそく、今日発売のアルバムから一曲お届けします。1stアルバム『VAMPS』から「COSMOS」
H:お茶持ってきて。
K:二杯ね。 ← すごいっ! K.A.ZさんさんがHYDEさんのツッコミについてきたよっ! 間髪入れずに!


COSMOS
ドラムが格好いいよねぇ~、この曲。


H:はい、お届けしているのは本日発売のVAMPSの1stアルバム『VAMPS』から、こすもちゅでちたー
逹:はーい。 はい、この曲が聴けるのはですね、なんと、VAMPSのアルバムだけっ! ということで。
H:はい?
逹:はははははは
H:当たり前ですけど?(マジに答えてます)
逹:当たり前ですね(笑) 今お届けした曲はどうやってできたんですか?と。
H:これはねっ、あの、選曲会?
K:選曲会。
H:の時にですね、K.A.Z君のレパートリーの中から、「この曲いいじゃん、この曲いーじゃん」つって、いただいた曲ですね。
逹:もう曲って、悩むことなくバンバンって出てくるかんじなんですか?
K:ぜんぜん。 
逹:へー。
K:そんなことない。なんかね、日記みたいな感じで、思いついたらコンピューターに録っていくようにしてるから、だから忘れてる曲もかなりあると思うのね。 ハードディスクの中は一杯いろいろ入ってるんだけど、もう開くのが面倒くさくなっちゃって。
逹:逆に、詩があるものに曲をつけるのって難しいんですか? あれそうじゃないですか? DMCの。
K:デトロイト・メタル・シティ? あ、そうだね。 あれは結構、困った。
H:あ、そうなんだ。
K:もうサビとか決まってるでしょ? これ、どう~しよ~みたいな。 どういうメロディつけたらいいんだっていう。 で、やっぱりさ、漫画の内容から抜粋してるから、はまらないところも一杯出てくるじゃない? 
逹:ははぁ。
K:だからそれを今度言葉を、これを取って、これを取って、これとこれを組み合わせてとか。
H:ふーん。
逹:へー。
K:ほんと、それこそパズルみたいだった。
逹:すっごいすね。 またそういうのやりたいなと思います?
K:う・・・うぅ、うんっ!
逹:はははははっ!
H:あの曲いい曲だねぇ。 俺好きだけどね。
逹:VAMPSのLIVEでやったって聞いたんですけども。
H:あぁ、やってるやってる。 やってるってかまぁ今回じゃないけどね。
逹:へー。
H:面白いよ、あの曲は。
逹:はい。 それとですね、アルバムの曲順とかってどうやって決めるんですか?
H:これは、もうほぼ曲が出そろって、レコーディングもほぼ後半になって、で、俺一曲目は「LOVE ADDICT」がいいなぁって思ったんで、それを軸にどの曲がいいか、一個一個はめてったから。
逹:はいはい。
H:今って便利だね。あのiTunesっていうのは。
逹:あー、そうっすね。
H:全部できっから。 昔は結構大変だったよ。 一回並べんのでも、一回頭で想像してからとかさ。
逹:そうそう、だっいたいiTunesにありますね。
H:ね、今ちゅちゅってやって、ほんでイントロ聴いたらすぐ飛ばしてみたいな。
K:聴いたなみたいな。
H:ちょー便利だけど。
逹:アルバム作るときは二人で結構話し合ったりするのですか?と。 
まぁ、トータルのイメージとかですよね?
H:なんか、俺がこの場で軽くしゃべって、「次こんな感じがいーかな?」と思ったら、話はするんだけど、特に二人の中でこうしようねってあんまり深いのはないのね。 K.A.Z君はそういうのをちゃんと聴いてて、家で一生懸命なんか。 
逹:へー。
H:だからたまたま俺が、「次はメタルじゃなぇ?」って言ったことをK.A.Z君は鵜呑みにして、家で一生懸命・・・・
逹:ははは。HYDEさんがノリで喋ったことを。
H:うん、そうそう。
逹:すっごく真面目に考えてしまうところですか?
K:なんだろう? あ、メタルか。 なんか選曲の時にやってみるかみたいな。
H:メタルがいっぱい出てきて! どうしちゃったのK.A.Z君?みたいな。
逹:(笑)言ったじゃんみたいな?
H:言ったじゃん? あー、あれのこと?みたいな。
逹:もう迂闊に言えないんだけどみたいな感じですね(笑)
H:そうそうそうそう。
逹:凄い。K.A.Zさん、めっちゃくちゃ真面目ですね?
K:ねー。 なんだろうね? あの、まださVAMPS始まってからどういう方向に行くかっていのがなんにも決まってないでしょ? だから振り幅がいろいろある感じでしょ? だからね、ま、いろいろチャレンジしてみるかっていう(笑)
H:んふふふぅん。
逹:すげー。 全部、HYDEさんがアートディレクションを決行してるんですか?
H:そうかな? 結構、何て言うの? 絵コンテ? 今回ね、中身開けちゃっていいかな?
逹:うん。
H:中身も結構凝ってて。 表面も・・これだけでも結構時間掛かったんだけど。 このデザインするのにね。
逹:はい。 え? HYDEさんが描いたんですか?
H:つか、デザイナーがいて、その人にずっと俺が指示してる。 こうじゃない、こうじゃないとか。
逹:凄い。
H:こういうのも全部、絵コンテをもともと俺が描いた絵コンテがあって、それをデザイナーさんが復元化してくれるっていう。
逹:すげぇ。 あー、すげぇ! なんかアメコミ観てるみたいですね、これ。
H:そ。 コレ全部ストーリーになってて、・・・・最後は終わりっていう。
逹:あー、これなんかブックレット観てるっていうか、デザインブック観てるみたいな。
H:そうね、絵本みたいな。
逹:感じっすね、これ。
K:うん。
逹:すげぇ!
H:こういうのが。 これジャケット出来たとき嬉しかったかも。 
逹:これはたぶん・・・
H:かわいーvvとかって。
逹:これはたぶん、こだわって作っていたら嬉しいでしょうね。
H:そうそうそう。
逹:HYDEさんのこだわりが一杯詰まっているアルバムだと思うので、買ってもらえたらなと思います。
H:思いまーす。
逹:ということで、続いてもですね今日リリースのアルバムから行きましょう。 
H:うん。
逹:K.A.Zさん、選曲お願いします。
K:はーい、では聴いてください。 VAMPSで、「VAMPIRE DEPRESSION」


VAMPIRE DEPRESSION


H:お届けしているのは、今日発売、1stアルバム『VAMPS』から、「VAMPIRE DEPRESSION」、ですっ!(たぶんK.A.Zさんの真似してる)
逹:なんとですね、ここで重大発表があるんですけども、この曲が聴けるのはVAMPSのアルバムだけですっ!と。
H:かっこ笑いってやつ。
逹:ははは! はい、アルバムができるまでのお話をもうちょっと聞いていこうかなと思いまーす。
H:うん。
逹:今お届けした曲、どうやってできたのかなと。
H:これはそのメタル事件の曲。
逹:あー、これが?
K:んふ。
H:メタルの曲・・・・
逹:もう家でメタルの曲を大量につくってきた中の一曲。
H:もっと凄かったんですけど。 「あー、ドコドコドコドコ・・・・・」
逹:はははは!
K:そんなだったっけ?(笑)
H:入ってたじゃん! サビがそうだったの最初。 「あー、ドコドコ、ドコドコ」
逹:この曲ですか?
H:この曲、この曲。
K:(大爆笑中)
H:こうだったの。すっげぇーなぁー。あ、やっぱDMC作ったのこの人だったぁっていう曲だったんだけど、これちょっと無理かなぁみたいな。
逹:無理でしょちょっと(笑)
H:ちょっと他の曲との差ができすぎるかなと思っちゃって。
逹:言ったのに? 「メタルかな~」って言ったのに?
K:HYDEにスパッツ穿いて貰いたかったのに。
H:穿きたかったんだけど、まだちょっと早いかなと思って。 で、次に作ってきたのがもうちょっとサビがポップなやつ作ってきてくれたんだけど。
逹:はい。
H:それはもう一つピンッと来なかったんで、一回眠らせてあったんすけど、アルバム完成間際にもうちょっとへヴィーな曲が欲しいなと思っちゃって、じゃこの曲改造したほうが早いかなと思って。 で、もう一回この曲を、僕がリアレンジして、で、本来あったBメロをサビにして、Bメロ考えてみたいに作って、だから混血な感じがする。
逹:人にやって自分が作ってきた曲を弄られるのが嫌だって人もいるじゃないですか?
H:そうそうそう。 だからそん時も、「これ弄られたら怒るかな?」と思って、一応ビビッて確認したの。
K:あっはははは。
逹:一応怖いですからね、K.A.Zさんは。別にいいよって感じだったんですか?
K:よくなればねぇ、もうぜんぜん。
逹:あー、そうですね。
K:実際ね、デモを作ってる時って自分の声が入ってるでしょ。
逹:その「おー」っていうのはK.A.Zさんとかのが入ってたんですか?(笑)
H:そうそうそう。
K:これはないなっていう。HYDEが歌を入れたのを聴かせてもらったらすんごい格好よくって。
逹:そのオリジナルヴァージョンもHYDEさんの歌で聴いてみたい気もしますけどね。
H:うん。
逹:ドメタルみたいなの。
H:そうそうそう。 凄いと思うよ。
逹・K:
逹:ということで、続いても今日リリースアルバムから一曲いきましょう! HYDEさん、曲紹介お願いします。
H:はい、じゃ聴いてください。 1stアルバム『VAMPS』から
逹:おぉ!!
H:「SEX BLOOD ROCK’ N ROLL」
逹:来たっ!


SEX BLOOD ROCK’ N ROLL


逹:はい、ということであっとう間のエンディングですが、めっちゃLIVE調っすね?
H・K:うん。
逹:もう、俺の頭の中で今もう、映像がみえてましたから。
H:ありがとうございます。
逹:これはもうめっちゃ盛り上がるんじゃなのかなと思いますが。 最後にメールを一通紹介したいと思います。 レディオネームヒトミさんです。17歳、女性の方です。
HYDEさん、K.A.Zさん、逹瑯さんこんばんわ。 私は今高校3年なので、大学受験を控えています。 既に勉強ばっかりしてヘトヘトです。 どうしたら疲れがとれますか? お薦めの疲れのとれ方があったら教えて下さい。 あと眠気覚ましになるものって一体何がありますかと。
17歳ですよ。 疲れてヘトヘト(笑)
K:やっぱり勉強とかで一気に詰め込むことって疲れるよね。 集中力が。 でも効率悪いときもあるよね。
逹:そうですね。 やっぱ休まないと。 寝ないとダメですね。
K:うん。
逹:まずヒトミさんね、今日6月10日なんで、VAMPSの1stアルバムを聴いて、疲れをとって、寝てもらえたらね。
H:そうだねぇ。
逹:疲れがとれるんじゃないのかなと思いますけども。
H:あと、風呂。 溜まった風呂に入るのが好きだね、俺。とぽーんって。 アレはやっぱり血行がよくなってね。
逹:眠気覚ましになるんじゃなくても、寝ろと。
H:ふふふ。
逹:眠気覚ましはいらんと。
H:うん。
K:あっ、眠気覚ましあるよ。 SWEET DREAMSあたりでたぶんいい心地で寝れると・・・・
逹:あー、それ眠気覚ましじゃないですねそれ。
K:そのあとに眠気覚ましになるから(HUNTING)
逹:はい、じゃそこまでに寝ろと。 で、朝起きてそっから先を聴けみたいな?
K:はい。
逹:ですかね?
K:はい、では最後に、JACK IN THE 告知です。 
H:はい。
K:絶賛発売中、1stアルバムぅ、『VAMPS』 こちらをチェックしてください。
H:ん。
K:そして現在ツアー中ですが、VAMPS LIVE 2009アリーナ公演も、けっていーです。
逹:おー。
K:うん、詳しくは、オフィシャルをチェックしてください。
逹:はい、もう一個告知があるようで。
H:はい。 JACK IN THE BOX 2009 SUMMERってのが8月15日幕張マッセで、えー、行います。OPEN11:00からだってー!
逹:はやいっすね! はっや!
H:すっごいね。 スタートは13:00。
逹:ほぉー、2時間あるんだ。
H:凄いね、こっちのほうもチェックしてみてください。
逹:はい、JACK IN THE BOXもついに夏にまで。 夏JACKが出てきたと。
H:えらいこっちゃですねぇ~。
逹:はい、冬だけじゃねーぞという感じですけども。 はい、ムックにかんしてはですね、ムック JAPANツアー 2009 球体、現在ツアー中です。みなさん遊びに来てくださいねー。
H:いきまーす。
逹:その他詳しくはオフィシャルサイトをチェックしてくださいっ。
H:さてこの番組の放送終了後からは、放送後記としてわたくしと、K.A.Zさんと、逹瑯さんの対談をメルマガで配信しますのでお楽すぃみにっ。
逹:そしてですね、この後JACK IN THE BLOG用に撮影をしますが、今日はアルバム『VAMPS』の発売日なので、「おめでたい感溢れるポーズ」です。気になった人は、番組携帯サイトをチェックしてくださいねと。
H:ということでっ、JACK IN THE RADIO VAMPSのHYDEと。
K:VAMPSのK.A.Z。 そして、
逹:ムック、逹瑯がお届けしました!
また来週、ばいばーい。
H・K:ばいばーい。


I GOTTA KICK START NOW

以上です。
関連記事
スポンサーサイト
【2009/06/11 03:25 】 | JACK IN THE RADIO VAMPS | コメント(8) | トラックバック(0) |
<<血液型はROCKです 血液の成分は酒です | ホーム | 6月9日 SCHOOL OF LOCK ロックな日後編 >>
コメント
早起き~~(;´▽`A``
おはようございます。
真夜中にアップ・・・いつ寝てるんですかーーー??
もしかしたらそのままお仕事してるとか・・・

グーグー寝ちゃってたのに文字お越しだけ読みにきて申し訳ないですー!!

毎回、早いお仕事なので、朝には楽しみに読みに来てます。
風呂でとぽーん・・・想像できるなーー(喜
ちゃっぽんでもいいけどな~
K.A.Zくん、慣れてきちゃったそうで・・・
来週はもう少しがっかりしたりするのかしら?

人間、成長するものなのね~~(笑

【2009/06/11 07:14】| URL | kazue #7DX8b6u2[ 編集] |
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/06/11 10:40】| | #[ 編集] |
No title
4十ウン才も疲れてへとへとだよ

ジャックラヂヲもすっかり取りこぼしておりますので
誠にありがたや書き起こし

なんだかK.A.Z.がすっかりテンポが良くなってきてると思うのは
文字で読んでいるからでしょうか?
HYDEにスパッツ、、、、どっかでヒョウ柄のスパッツっぽいの穿いてなかったっけ?おっさん
スパッツって言うと若い子に笑われちゃうけど
メタルはレギンスじゃ歌えないね(笑)

【2009/06/12 13:05】| URL | 松井 #NL852uQM[ 編集] |
No title
そうか~きゃ~ずはHYDEさんにいじくり回されてこなれてきたんだねぇ。。
インタビュー読んでても「ウマイ」と思うこと増えてきたもんなぁ。。。
あれだけの露出もK.A.Zにとったら驚きだろうし、今までHYDE一人がやってきたことも共同になるしねぇ。。
「いつまでもウブな小娘でもいられまい」って時代劇の悪代官ですかね。

いつも本当にありがとう。
それからコメントHYDEちゃんもありがとうございました。
いやあのHYDEさんは「かわいい」です。ハイ。(念押し)
【2009/06/13 07:05】| URL | せいら #-[ 編集] |
kazueさん
この日はそのまま仕事に行きました~。
楽しみにしてくれてありがとう~。

お風呂ね、ま~ったりしてるんだろうなぁ。
アヒルさんとか浮いてたらどーしよーね(笑)

K.A.Zさんは本当に慣れてきたけど、すごくとんちんかんなところが笑える。
いいキャラだよね。
【2009/06/14 01:13】| URL | 栄 #-[ 編集] |
こうやんさん
> 「HYDEにスパッツ穿いて貰いたかった」が今週のクライマックスですね♪

ほんとほんと!
スパッツってのもね(笑)

ありがとうございます。
こちらこそ、よろしくお願いします~。
【2009/06/14 01:15】| URL | 栄 #-[ 編集] |
松井さん
K.A.Zさんね、時々HYDEさんをやりこめたりするようになったよね。
スパッツっていうとなぜか股引がイメージで沸いて来るんだけど。
おばさんかしら?

忙しそうだね。
20日よ、20日。
憂さ晴らししよーぜ。
【2009/06/14 01:17】| URL | 栄 #-[ 編集] |
せいらさん
インタビュー読んでいるととっても同じ人とは思えないくらい饒舌な感じなんだけれどね。
ラジオとか全くダメだよね。
たぶん、音楽以外のことだっりがダメなんだろうねぇ。
そういうところはいつまでもウブでいて欲しい気もするんだけど(笑)
もう一人がもう一人なだけに。

あのHYDEさんは可愛いかー。
私、MステのHYDEさんも微妙だったんだけどなぁ。
【2009/06/14 01:22】| URL | 栄 #-[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://faireal.blog96.fc2.com/tb.php/583-5e39453d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。