FC2ブログ
NHK 「LIVE IN PARIS」をやっと観ました 
やっと観ました。 せいらさんありがとうございました。
さて、NHK特番、あちらこちらで大絶賛でしたよね?
どんなものかと思って観ましたら、これまた名セリフ・名ショットの宝庫じゃないですか。
なぜこれをドキュメンタリーの方に入れないかな?


hydeさんの「パリは中途半端にしたくなかった」、これをパリっ子に聴かせてあげたいですよね。
インタビュー記事としてこの言葉は掲載されたんでしょうか?
本当に満を持してだったんですね。 それはhydeさんが歯の矯正をしちゃうくらいに。
お陰で大口開けて熱唱しても歯並びは気にならなかった。
ちょっとさびしいけどね。


「HONEY」のhydeさんの声。
「いつでも いつでも 甘い~・・・」
あそこを聴く度にどうやって声出してるんだろうって思うね。
まさしく、「楽器」だよね。
hydeさんがその楽器を自在に操ってるのが本当によく分かる。

kenちゃんとゆきさんの二人で仲良くパリの街をドライブは初出ですよね?
DVDには入ってなかった。
NHKめ、おいしいところばっかり持っていってるよ。
「持ってる気持ちをブレないようにできてきたのが最近」
だからパリに来られたのが最近でよかった。
こちら(kenちゃん)も、まるでパリLIVEに合わせたかのよう。

「音楽は言葉の壁を越える」だからラルクの曲を無理して現地の言葉で歌う必要はない。
そんなこと思ったこともなかったけれどね。
歌と歌詞は対でひとつの音楽なんだから、当たり前だと思っていたんだけれどね。
ほかっといても好きな音楽だったら聴き手のほうでどんなことを言っているのかくらい変換して聴きますよ。

昔、ネーナっていうドイツのグループが、『ロックバルーンは99』っていう反戦の歌をドイツ語で歌って世界的にヒットしたんだよね。
当時ドイツ語の歌がヒットチャートに上がるなんてことはなくって、その後ネーナは英語詩でも同じ歌を出したんだけれど、こちらは振るわなかったんじゃなかったっけ?
私もドイツ語の99のほうが好きで、練習したものねドイツ語の99(笑)
そういうもんです。

言葉もひっくるめて全部音楽なんですよ。
だって、言葉を発する声が楽器なんでしょ。
その言葉の響きがよかったりするんです。

でもMCはその国の言葉で。
パリのホテルのバルコニー(あれは部屋の構造がメゾネットにでもなっていたんだろうか?)のhyde。
これも巷のお姉さん方のハートを鷲掴みだった映像。
こんな人、パリに居てもおかしくないよね(笑)
しっくりしてるわhydeさん。

ゆきさんの
「俺くらいのジェネレーションだと、海外に対して「なにくそ根性」がある」っては笑いましたよ。
覚えがあって。
まったくそのとーり。ははは。
いいかえると海外に対してコンプレックスがあるんだよね。
ブラボー、同世代。
そしてゆきさんはやっぱり、「あーみえて熱い人」でした。


「俺はいつでもニュートラルでGOできるから」か。
これも数々のお姉さま方を痺れさせたお言葉ですね。
kenちゃんが特効に打たれた時、ちょっと離れたところからkenちゃんの様子を伺っているhydeさんが映っていました。
あの状態でテンションを保たせるのが大変だったのは、本当はラルクさん側だったと思うよ。
観てるこっちはこのまま中止か? なんて最悪な事態を想像しているから、LIVE再開の時点でテンションが以前よりあがるに決まってるじゃない?

この台詞、私にはhydeさんのその時の気持ちがよく表れている言葉だと思いました。
焦ってはいけない、ここでLIVEを台無しにしちゃいけない。
エンストしないようにニュートラルでエンジン吹かしておかなきゃ。
サインが出たら一気にGOだっ!
てね。

お互いに尊敬し合っているラルクのメンバー。
そのうえでの距離感などがあるとhydeさんは言ってました。
普段会っても「アーティストの人」という印象をお互いが与えあう。
ラルクって成熟したバンドだ。

17年間という歳月がラルクをパリに届かせた。
なんて、粋なこと言うねkenちゃん。
「あなた」の歌詞が被ったよ。


本当に、あの収録時間で上手にまとめていましたよね。
パリのラルクは特別だった。
いや、パリがラルクにとって特別だったっていうことがメンバーの話からも、映像からもよく分かって。
コレ観ると続けて『LIVE IN PARIS』観たくなる。

そして『LIVE IN PARIS』でラルクによって創り上げられたhydeを堪能する。
このDVD、死ぬ前にもう一度観たいDVDです。
そして死んだら棺桶に入れてもらいたい。
って、みんな思ってるよね?


お返事

>無記名さん
逹瑯君の名前の書き違い、ご指摘いただきましてありがとうございます。
間違っていたところは十数行分で、後は最後まで逹瑯で入っていたんですが、
すみませんでした。気をつけます。
と、言ったところで、私も半分寝ぼけながら打っていたりするので、
また気がついたら教えてください。


>同じく無記名さん
同じ方でしょうか?
こちらのほうこそ、ありがとうございますっ!
関連記事
スポンサーサイト



【2009/06/07 02:20 】 | DVD感想 | コメント(2) | トラックバック(0) |
<<夢はつまり 想いでのあとさき(音楽と人感想) | ホーム | 爆笑 『JACK IN THE 対談』 と蕎麦について(私見)>>
コメント
わきげ
ぜったいいつかネーナみたく腋毛の似合う女になるんだと意気込んでた制服着た私が脳裏に蘇りました。黒のタンクトップも買った記憶が…。
で、はじめて行った外タレはネーナだったような…。
【2009/06/08 12:24】| URL | 椿 #JnoDGgPo[ 編集] |
椿さん
タイトルだけ観てヤバイ奴からだと思い、削除しかけたよ。
そういえばボーボーだったね。 黒木なんとかっていうAV女優(自殺されちゃったけど)も生やしてたよなぁ。
一か月くらい前かなぁ、なんの番組でだか忘れたけれど、ネーナが歌ったのTVで観たわ。
ちょっとふっくらしてたけれど、やっぱり美人さんだった。

私、初めての外タレは「デュランデュラン」だったな(笑)
【2009/06/09 00:17】| URL | 栄 #-[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://faireal.blog96.fc2.com/tb.php/578-b479eff4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |