スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
選ばれたのは歌なので(MUSICA vol.26)
本題の前に、一昨日、「スルメイカが大福餅をつついてる」写メが小骨が丈夫だ嬢から送られてきてびっくりしましたね。
何にびっくりしたかって、普段そういう情報にトロい人からタイムリーなメールだったものだから、すっかり月刊妖婦の発行日を忘れていた私はもの凄く出遅れた感じ。
今日なんか、「うわーん、彼女が手にしているくらいだからもう本屋に一冊も売ってないかもー」なんて余計な心配しながら駆け込んじゃいましたよ。あったけど。
その日は、「HYDEがage嬢に」という訳分かんないメールも来て一通りそれで盛り上がり、HYDEさんの頭も盛り上がるんだみたいな話に落ち着いたら、昨日は昨日で、「先にage嬢になったがっちゃんにHYDEさんが悔しがった」という爆笑メールが突っ込み厳しい嬢から来て、再び前日の熟女3人がアホメールをして盛り上がる、私たちの頭がすでに盛りあがってる状態。

かと思うと、若き日のkenちゃんとhydeさんの映像を納めたDVDを頂いたり(二人が驚異的な可愛らしさ)。
すっかり諦めていた、半分骸骨の日本の幽霊画みたいな「HYDE」のポスターを頂いたり(非常に丁寧に梱包して送ってくれました)と、充実した日でした。

みんなありがとうー。



さて、先日「PARIS LIVE」のDVDで私が泣けなかった件です。
どうってことない、その前にえらく号泣してしまったからです。

よく拝見させていただいているブログさんにあったものなのですが、スーザン・ボイルという女性がイギリスの『Britain's Got Talent』という素人のオーディション番組でミュージカル『レ・ミゼラブル』の『I Dreamed A Dream(夢やぶれて)』を歌った模様の映像を観たんです。

この方47歳、猫と暮らす独身、求職中、この年までキスもしたことがないらしい。
それだけ聞くともうなんかその人のナリが想像できちゃうじゃないですか。実際に人物見なくても。
それでまた、映像みると想像したとおりの人物なんですよ。

中年太りで美人でもなく、田舎町からそのまま出てきた番組の主旨をあまり理解していない世間知らずで自分には才能があると信じ切って今までの人生棒に振ってきた、この番組に出れば自分の境遇が変わると思っている身の程知らずな図々しい、救いはネアカなところだけというおばさん。
彼女がステージに出て、夢は「歌手になること」と言った瞬間、審査員も含めその会場にいた誰もがそう思うんです。
そんな四面楚歌な状態をおばさんがどう覆すのか。

I Dreamed A Dream/スーザン・ボイル(日本語字幕つき)

彼女が一声を放ち、だれもが予想しなかったその歌声に驚き、それが喜びと嬉しさに変わっていく様を見ているうちに私は号泣してしまいました。
あまりにも毒がなさすぎて。
私、そんなふうに泣いたことなんて今まで全くありませんよ。
なのにね、涙がダーダー溢れてくるんですよ。自分でも恥ずかしいくらいに。

それでね、こんな人が今まで独身で求職中っていうのがよく分かんないんだけど、歌って本当に凄いんだなと純粋に思ったんです。
きっと彼氏なし歴47年、独身、求職中という彼女がハツラツとして明るいのも、12歳から歌い続けていた歌があったからだと。
こうやって書いちゃうとそれなりくさい台詞で、実際そんなことあり得る?って感じなんですけど、実際にそういうことがあったわけで。
そして彼女はその信じてきた歌で大きなチャンスを掴むんです。
最後に泣き崩れる彼女が言った「ファンタスティック!」という言葉。
「歌ってファンタスティック」という意味なのでしょうね。
なんか番組の編集の仕方がヤラセっぽいのは置いといて。



そんなことのあった後に観た『LIVE IN PARIS』
演出も演奏も高いクオリティー。
hydeさんの歌も、そして歌っているhydeさん自身も完璧。
まるでどの一瞬も気が抜けていない。どこを切り取っても絵になる。
そんなLIVE DVDでしたね。
こりゃ家宝だわと思いました。  
PARISという場所が魔法を掛けたのか、hydeさんはひとつの芸術品のようです(笑)

小骨が丈夫なマダムがその辺のこと書いてらっさるんですけど、全て私が感じたことと同じなんですよ。
Quatre des miracles a Paris.
国宝級って言葉まで飛び出てますが、私は「至宝だ」と思いました(笑)
そして、私も笑っちゃいました。hydeさんが綺麗で。
アンタダレダヨって。

「hydeはラルクによって作られた」という、hydeさん自身が言ったからこそおもーい言葉。
これを目の当たりにさせられたDVDでしたよ。



それと、80年代の音楽には毒があった・・・・ってHYDEさんが言ってるけど、80年代はもともと音楽にあった毒が少しポップという言葉で中和されてきた頃なんじゃないかと思いますね。
70年代に比べれば、ロックも随分とポップになってきたなって感じだったのじゃなかった?
K.A.Zさんが言うように小綺麗なバンドも増えてきて、酒池肉林で汚らしくてど~しようもなさそうなのが格好よかったのに、だんだん世の中の嗜好自体が変化してきたんだよね。

それに特に最近の歌って「良い子」な歌が凄く受けるでしょ。
明日に向かってガンバローとか、お父さんお母さんアリガトーとか、先生友達ダイスキーとか、みんな仲良しーみたいなね。
別にそれが悪いと言ってるのではなくてそういう歌は昔からもあったんだけど、そういう歌を聴いて泣いてる人なんか観ると、今の時代って不安定なんだなぁと思う。だけど変に平和ボケしてる。日本のモノのデザインって流線型のものが多いでしょ? あれって平和の象徴なんですよ。 お墓だって戦国時代に建てられたものはカクカクなものが多いの。
だから歌にも平安や平和を求めるようなところがあるのかもしれないね。

あとさ、大体ガッツがないよね、男に。 ガッツって言い方もなんか昔っぽいんだけどさ。
やったろか、オラーーー!!!ってエネルギーを発散してる感じの奴が、今の若い子には本当に少ないもん。
草食男子って用語までできちゃって市民権得てるからやんなっちゃうよね。
おまけに男性の精子まで元気がないらしいやん?

そんな世の中で、完全肉食系のHYDEさんが物足りなさを感じて暴れたがるのもよく分かる。
毒を注入したくなるのもね。
しかしね、わたくし世代の毒でまみれてきた人間には、先のスーザンさんのようにあまりにも毒がないのも驚異なんですよね。不意打ちっていうの?
彼女の声に神聖ささえ感じちゃったからね、私(笑)

HYDEさんは「歌うことは使命」だと言ってる。
「絵のほうが得意かもしれないし好きかもしれないけど、選ばれたのは歌なので。だから使命として曲を作るし歌を歌う」

コレ読んだときちょっと息が止まっちゃいました。
「選ばれた」ってどういう意味だろうって。 自分が主体なら「選んだのは歌なので」でしょ?
自分には絵のほうが向いてるのだろうけれど、その意に反して「自分には歌が選ばれた」ってことでしょ?
自分の才能として歌が与えられたって意味だよね。

ソレ、誰が選んだのよ。

と、考えるとちょっと畏れ多いこと言ってるよなと思ったりした。 さすがだ(笑)

そしてそういう観点から言えば、スーザンさんも「選ばれたのは歌」な人に違いない。

そして彼女の歌(声)に毒がなく、HYDEさんのに毒があるのは、
他に何も持っていないのと持っているの違い?
簡単に言うと、穢れがなくて純粋な人とそうでない人(ヲイ)の違い。

それでもワケヘダテなく二人の人間に同じものをお与えになるとは懐が深い。
いやいや、与えた者は同一人物ではなく、相反する者同士なのかもしれないねー。


いつも拍手をありがとうございます。
凄く昔のブログに拍手してくださったりとか。
あ、「ウコン」の記事に拍手して下さった方、お身体お大事になさってください。
関連記事
スポンサーサイト
【2009/05/29 17:55 】 | HYDE | コメント(6) | トラックバック(0) |
<<どきどきしたJ-MELO~ | ホーム | JACK IN THE RADIO 第9回目 「俺意外と家庭的」>>
コメント
No title
ニャルホド。
ノートルダムのせむし男。。。。
神様は醜悪な外見に美しい心をお与えになった。
ってかそのギャップが激しいからこそ彼女の歌の美しさに心洗われるような気持ちになるのかな?
愛すべきキャラクターではあるけど決して美人じゃない。
人並みに美人だったらこんなに騒がれない。
あの年齢になる前にデビューできてるよね。。。
って朝のワイドショーで彼女の特集をやってるのを見て思いました。
あ、決して非難とかじゃないので。スーザンさんの歌のすばらしさは理解していますから。
でも不公平に思えるんだよね。
綺麗なhydeがあの声を与えられてることも私の中ではすごいギャップだったんだよ。

できることなら後者が良いなぁ。

って栄さんの書いてらっしゃる事と全く違うこと書いてすいません。ペコ。
【2009/05/30 15:06】| URL | せいら #-[ 編集] |
わたしも大福つつきたい。
「Britain's Got Talent」はポールポッツが話題になったときに何度かみて、やっぱりぞわーっと鳥肌がたって聞き入ったけどあの番組の胡散臭さに邪魔されました(爆)

「選ばれたのは歌」にも同じく反応。「使命」だとも最近よく言うね。
(私の心の恋人も歌うことは「使命」だといってたなー・・・清志。)
そして、
Quatre des miracles a Paris. のエントリ書いたときの下書きタイトルは「翼よあれがパリの奇跡だ」でした(笑)

しかしさー、「トロい」って!!久々に言われたわ(ぷんすか)
そのとおりだが(笑)自分でもタイムリーな自分にびっくり。
昨日から仙台ってのも抜けてたくらいですからー・・・
ま、またわたくしがホットな情報をゲットしたときは真っ先に栄さんに教えてあ・げ・るv-238
【2009/05/31 09:01】| URL | 小骨はもうなおり僧 #JnoDGgPo[ 編集] |
せいらさん
人並みに美人だったらあの場所には立っていなかったかもね。
人並みに結婚してちょっと声が綺麗で歌の上手い奥さんで終わっていたかもしれない。

つまり人並みという範疇にいる我々は、つまらない人生を送っているのかも?

不公平って思ったことはないなー。
誰しも何かを与えられているものだと私は思っているから。
あとはそれに本人が気づいてどう努力し磨き上げていくかの問題だと思うんだよね。

綺麗な顔で綺麗な声の男なんて世の中にはゴマンといるのよ。
そのどちらかの持ち主ならそれ以上にいるわけでしょ。

ただ持っているだけじゃなんともならないし、
人に受け入れられるとういことは、それなりのことをし続けなきゃならないしね。

hydeさんだって普通の人生選んでいたらそうそう綺麗なおじさんでいたとは思えないよ。
食べるの好きだからすっごい小太りなおっさんになっていたかもやし。
当然、肌のお手入れなんてするわけないんだから、脂ぎってテカテカになってたりとか(笑)
同級生の成れの果て見るとそう思う。
【2009/05/31 22:18】| URL | 栄 #-[ 編集] |
椿さん
ほんとほんと、あの番組ちょっと胡散臭いよねー。
ああいう方向性なら方向転換したほうがいいね。
ちなみにスーザンさん、優勝は取り逃がしたらしいです。

清志郎さんもそういえばそんなこと言ってたねぇ。
あの人が亡くなって道しるべを無くした気持ちになった人は多いだろうな。
そして、あら? そんなところでシンクロ(笑)

>トロイって久々に言われた
言われたことあったんだ。 私は毎日家人に言われてるけどね。
だからあんまりこの言葉に抵抗ないよ、アハハハハハー!!!

そうそう、トロイけど変にホットな情報知っていたりするところが面白いのよね。
ええ、よろしくお・ね・が・いv-238
【2009/05/31 22:27】| URL | 栄 #-[ 編集] |
No title
私の言いたい不公平ってのはそう言うんじゃなかったんだけど、栄さんのコメ返しが面白すぎるからまぁいいかとか思っちゃった。ヽ(.:≧ω≦:.)ノププププッ

小太りで脂ぎってるHYDEさん。
やだ~~~。想像したくない。けど思い浮かべちゃう。
いや、彼は負けず嫌いだから大丈夫さ!きっとどこにいても
何とかしてるはず。。←盲目
【2009/06/01 08:17】| URL | せいら #-[ 編集] |
せいらさん
あぁ、読解力がなくてすみませんでした~・・・・

きっとそれなりなことはしてるだろうけど、
hydeやってなかったらどんなんなってたかな?
ホストとか?
喫茶店のマスターとか?
自分が描いた絵なんか店に飾っていそうだ(笑)
【2009/06/01 13:02】| URL | 栄 #-[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://faireal.blog96.fc2.com/tb.php/572-e2b2def6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。