スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
5月13日 JACK IN THE RADIO ピーの連続です 
私、かなり人造人間にやられました。
LIVE中、ハンカチを胸のあたりで握りしめ、「かっこいぃ」と少年体形の神にむかって呟いちゃったよ。
当日お会いできたKazueさん、椿さん、それから松井さん、せわしくてすみません。
今度はゆっくりお会いできるよう頑張ります。

Kazueさんは2Mほどのところでお互いに電話しているのに気づきませんでしたねぇ。
だって、想像していた人物像とはまるきり反対なとっても上品な奥様だったので・・・・・
でも、近づいたら合羽着ていて、思わずつまんで「どうして?」と聞いてしまった。
寒かったんだ。
着てる人、見渡す限りその時はKazueさんだけだったけどね(笑)

椿さんとはいつも5分くらいの逢瀬です。
帰り際に髪の毛がめっちゃ伸びてるのに気づいて密かにびっくりしてました。
スケベだからよく伸びるんだろうなー(笑) ←「(笑)くらいつけてよ」というご本人の希望で後日につけさせていただきました。

松井さんには相変わらず、帰りの電車を教えてもらいました。
「どこまで行くの? アレに乗ったらいいよ」

みなさん、次は9月に。 今度はゆっくりとお会いしましょう。
コメントのお返事も遅れていてすみません。
今夜改めてさせていただきます。




さて、そろそろ起こさないと後が詰まり始めました。
VAMPS、なんだか忙しいなー。
午前中、子供会の行事で外出していました。ということで、遅くなりましたがJACK IN THE RADIO第7回目です。
よろしかったら。




ken:始まりました第7回目JACK IN THE RADIO、kenと。
逹瑯:はいー、ムックヴォーカル逹瑯が4月と5月の二ヶ月間担当しまーす。どーもぉ。
ken:ね、GW終わっちゃったね。
逹瑯:終わりましたね、何してました?
ken:俺? 俺はね、24とあとは、バイオハザードV。
逹瑯:これって、俺、バイオハザードって怖くてあんまできないんですけど。アレってクリアするまでに時間どれくらいかかるもんなんですか?
ken:初めてするとすっごい迷路とかがあるから、迷路をやりながらやると20時間以上かかるんじゃない?
逹瑯:初めてじゃないんですか? 今は。
ken:えっと今二周目に入ってる。
逹瑯:二周目?
ken:うん。
逹瑯:バイオハザードの二周目以降のメリットはなんなんですか? 面白味ってのは。
ken:なんかね、これからやろうとしてる人にはちょっと聴いて欲しくないんですけど、新しい武器が貰えたり、新しい服も貰えたっけ? ね? だからなんか変わった服装でゲームができたり。
逹瑯:kenさん家にインターネットがないっつってたじゃないですか。
ken:ないないない。
逹瑯:俺、ゲームやるときってだいたいインターネットでいろんな攻略サイトを調べながらやるんですけど、それがないわけですよね?
ken:あのね、そこをね、昔はそれやってたのよ。 バイオハザードVいっかいも攻略を観てないの。
逹瑯:へぇ~~~~~。
ken:だから出てくる敵? も、何者かわかんないわけよ。
逹瑯:はっははははは!!!!
ken:で、あのね。ずーーーと、ずーーーーと、もう永遠にぱんぱんぱんぱん打っても、ぜーんぜんどうもなんない敵がいるわけ。
逹瑯:これは銃じゃ倒せないんじゃないかと。
ken:か、1回殺られたら次行けるやつもあるじゃん? もうこれどうなんだろと思いながらも頑張ってたらやっぱりすっごい時間かかったね。
逹瑯:ありますよねたまに、どーしても勝てなくて、1回これは物語上死ななきゃ、殺られて次物語が次に進むのかなと思って殺られてみたら、オープニング画面に戻ったとかよくあるんですけど。
ken:そうっ!
逹瑯:おいっ! ちょっと待てよみたいな。
ken:前言ったかもしれないけど、俺、逆のパターンで、殺られなきゃ進まない。 なんかさ、FFかもう一個なんだっけ? 上から山に登ったらでっかい鳥が飛んできて、殺られないと先進まないとこ覚えてる?
逹瑯:全然分かんない。
ken:(笑)
逹瑯:だいたいドラクエもFFも物凄い出てますからね。1から10前後まで。
ken:あのね、3くらい。
逹瑯:それを倒しておしまいなんですか?
ken:いや、倒さなきゃいけないと思って、「殺られるーー!」って思ったらリセット押してまたやる。
逹瑯・ken:あっはははははー
ken:殺られると思ってリセット押して、20回くらいリセット押してリセット押して、で、リセット押し忘れたのね。 そしたら殺られて進んだのよ。
そんなさぁー、殺られれば良しとか、殺られて良いことなんて普通ゲームでないわけじゃん?
逹瑯:そうすね。
ken:そぉ~れはちょっとなんかさぁ・・・(不満気です)
逹瑯:はははは、腑に落ちずに進んだみたいな?
ken:うん、そうそうそうそう。
逹瑯:へぇー、じゃ、結構やってんですね、ゲーム?
ken:結構、ブームのときはやりますね。
逹瑯:今はじゃ、ちょっとゲームブームで。
ken:そう。あの、たまに迷子になりますけどね。
逹瑯:迷子?
ken:なんだっけ、FFとかさ、世界が広がるじゃない?
逹瑯:はいはい。
ken:で、ぜんぜん何が何だか分かんないわけ。何を探してたんだろうと。あと、自分の名前とか人の名前に名前をつけれるときがあるじゃん?で、あれ? 前言わなかったっけかな? これにぃ、全部シモの名前をつけたわけよ。
逹瑯:はい(笑)
ken:自分がうkenちゃん(ここ本当は「ばしーん」とかいう効果音です)にして、相手kenちゃんにして、kenちゃんとかkenちゃんにして、誰が誰だか分からない(こっちも分からんわいっ)。 で、女子か男子かも分かんないわけ。 「おおい今からkenちゃんに会いに行こう。「誰だっけ? kenちゃんって?」(SHI・RU・KA!!)
逹瑯:聴いてる人はピーピーだらけでもっと誰か誰だか分かんないですよっ(笑)
ken:で、会話してても誰の話してんのか分かんない。誰が何を持っているかも分かんないわけよ。で、それで行き詰ったのがdisc2に入ってすぐだったのね。 だから1からやり直すパワーが俺、そのころなかったわけよ。 だからそれはもうやめたね。(ぱしーんのお陰でね)
逹瑯:そのまま。
ken:そうそう。
逹瑯:そもそも今もう、disc1・2に分かれてるゲーム自体が少ないですからねぇ。
ken:あ、そうなんだ。
逹瑯:まぁ、ゲームもどんどん凄くなってますよ。はい、kenさんからね、いろーんな話が聴けたところで、リスナーのみなさんからの質問や、ムックポイント貯めたらこんなものが欲しいなどのアイディアも大募集中です。さらに、こんなコーナーやって欲しい等のメール待ってます。メールはすべてJACK IN THE RADIOの番組携帯サイトから送ってきてください。アドレス~。
今日、見事番組で読まれた方にはムックポイント、1ポイントプレゼントしまーす。
ken:さてこの番組はTFMの~(いつもと同じ)
逹瑯:ここでメールを紹介したいと思います。
レディオネームあやかさんです。「リクエストなのですが、「エターナル レスト」流してください。初めて聴いた時めっちゃ痺れました。お願いします~~~~」という、もう痺れた顔文字がついてますけれども。
ken:これしびれた顔なんだっ!
逹瑯:きっとなんか、あのほっぺが・・・
ken:はふぅーーーーーーって顔だよねっ
逹瑯:ほっぺがポッってしてますね(笑)
ken:これさ、俺、顔文字の存在を知らなくてさ、最初これがさ、顔に見えなかったわけ俺。 
逹瑯:はい(笑)
ken:で、何の意味なんだろうてずっと思ってたわけ。で、途中、「あ、顔なんだ」って思ったら顔に見えてきて、不思議なもんだね。人間ってね。
逹瑯:あれですね、車のケツが顔に見えるか見えないかみたいなに似てると思いますけど。
ken:そうですね。はい。
逹瑯:そんな感じで、じゃ、聴いてもらいますかね?
ken:そうですね。じゃ、kenで1stそろアルバム『IN PHYSICAL』から「エターナル レスト」聴いてください。

エターナル レスト

ken:お届けしているのは絶賛発売中のソロ1stアルバム『INPHYSICAL』から「エターナル レスト」でございます。
逹瑯:はい、あやかさんが痺れちゃった感じも分かりますね。 結構ハードな曲とかが多い中、ちょっと始まりが独特な感じしますもんね、この曲。
ken:そうすね。この曲の話もそうなんですけど、逹瑯さん、あのプリンの話をしてください。
逹瑯:はいはい。さっきこの曲がかかっている間に話してたんですけどね。
ken:人間は50個何かを覚えたら似たものはそれと勘違いするという性格(?)があると。
逹瑯:で、俺のミュージシャンの友達がその話聴いて思い出したんですけど、茶碗蒸しが俺大好きだって話をしたら、俺は茶碗蒸しが大っ嫌いだって。なんでなの?って言ったら、見た目がプリンなのに、食べるとプリンの味がしないから、ショックでしょうがないから大っ嫌いなんだと。
ken:そいつプリンのイメージを外して、実際どうなんだろうね?
逹瑯:たぶん、茶碗蒸しが嫌いっていうよりかは、プリンが好きでしょうがないんでしょうね。
ken:そうだね(笑) というか、茶碗蒸し嫌いな人って会ったことないよね?
逹瑯:なかなかいないっすよね?
ken:なんか、そんなに変わった味しないもんね。
逹瑯:そんな理由で嫌われてしまう茶碗蒸しがちょっと(・・・・・?)
ken:はい。
逹瑯:なんとですね。
ken:うん。
逹瑯:この曲が聴けるのはですね。
ken:うん。
逹瑯Kenさんのアルバムだけです!
ken:(笑)
逹瑯:ほんとに。
ken:ちょっとムックでカヴァーしてよ。
逹瑯:kenさんの曲をですか?
ken:うん、LIVEで。
逹瑯:LIVEでですか?
ken:うん。
逹瑯:kenさんの曲、声が高いからなl。
ken:低いのもあるよ。
逹瑯ほんとですか? いけるかな?
ken:ま、後ほど。
逹瑯:後ほど、はいはい。 そんな感じで引き続きリスナーのみなさんからのメール待ってます。メールはすべてJACK IN THE RADIO番組の携帯サイトから。アドレスは~。


ken:JACK IN THE RADIO、改めましてkenです。そしてもう一人、JACK IN THE RADIOと言えばこの方です。
逹瑯:はいどうも~。改めましてムックヴォーカル逹瑯です。
ken:どうもどうもどうも。
逹瑯:ここからはですね、ムックポイントをある程度貯めたら貰えるプレゼント案のメールをいくつか紹介していこうと思います。
ken:はいはい、もうそろそろね、決めないと。
逹瑯:結構ね、そういうお葉書が来てるんですよ。あとですね、何ポイントで貰えるのかも決めちゃいましょう。
ken:ふっふふふふ、なんも決まってなかったんだなぁ?
逹瑯:なっんも決まってないです。今日入れて残り3回なのに、放送。なっんも決まってないっすよ。前回もそんなでした。
ken・逹瑯:あっはははははははー
ken:だいたい何ポイントくらいもらえてるのみんな?
逹瑯:前回は4ポイントでしたっけね?
ken:なんか大盤振る舞いとかしてるでしょう?
逹瑯:4ポイントとかでしたねー。
ken:ま、一番もらえてる人から何人かっちゅーのでもいいんだよね?
逹瑯:そうですね。ちなみに前回ムックは書いてありますね。4ポイントの人にメッセージとですね、ピックだったりとか、詰め合わせの(・・・・・?)、スティックにサインとか入れたりとかしてあげたみたいですね。
ken:じゃ、それ今回も同じでいーんじゃない?
逹瑯:え?
ken:え~、ま~・・・うそです。はい。
逹瑯:あはははははは。
ken:なるほどね。
逹瑯:あはは、書いてあるなあははは。
ken:では早速届いているメールを紹介してください。
逹瑯:いきます。らディオネーム、みさきさんから。kenさん逹瑯さんこんばんは。ムックポイントのプレゼント考えました。一番ムックポイントを貯めた人に、二人からの私物を一づずつプレゼントってどうでしょうかと。
ken:・・いいんじゃない?
逹瑯:今、サラっといいましたね。
ken:うん、なにあげる?
逹瑯:えー。
ken:俺思うんだけどさ、私物で凄いいいものを貰うのか。
逹瑯:これでも、ラルクのkenの私物がしょぽいもんだったら、これは許されませんよ。
ken・逹瑯:ははははは・・・・
ken:ちょっと釘刺すなよー、先にぃ。 これめっちゃいーものなのか、よくさ、肌身離さずつけているものが欲しいっていう人。
逹瑯:いやいや、どっちにしてもですよ、ラルクのkenの肌身離さずつけているものがしょぽいはずないと思うわけ。
ken:ははははは~。
逹瑯:これはっ!
ken:逹瑯、目の前で俺の服装観てて、しょぼいものしか着てないのがわかんねーのか?
逹瑯:いやいやいや、これはそうですから。ほんとに。
ken:俺はね、だいたいTシャツとか5年くらい着ますからね。
逹瑯:ほぉ!
ken:あとね~。
逹瑯:それちょ、5年着て、6年目に捨てる理由は何なんですか? 逆に。
ken:捨・・;・なきゃ。
逹瑯:俺、こいつから卒業しなきゃみたいな。
ken:そう、だからめっちゃめちゃボロボロのTシャツのほうが好きなのよ。だから、新品を買って、ボロボロになったらもうすっごい自分で愛着が湧くわけ。で。
逹瑯:あぁーーー!
ken:で、まぁまぁそれは置いといて。
逹瑯:?はい。
ken:ということで。(マイペースです)
逹瑯:あっはははは。
ken:俺がなにをプレゼンのに出したら、逹瑯的には納得できるわけ?
逹瑯:・・・・・・・えー、ラルクのKenですからね。ギターいっぱい持ってますもんね。
ken:うっ! ちょいっ!
逹瑯:あはははははは!
ken:なん、お・おい、待て! ムックがピックで俺はギターって、ちょ、丁度弾けるね(気がついたkenちゃん)
逹瑯:今、真剣に考えてますけど、じゃ、このみさきさんの案が採用ってことになりそうなんですけど、今。他にも来てますからねメール。
ken:そっか、先にいったほうがいいの?
逹瑯:もう一枚いきますかね?
ken:うん、はいはい。
逹瑯:レディオネーム、はりゅっけさんですね。「kenさん、逹瑯さんこんばんは。ムックポイントの使い道についてです。放送終了後ブログにupされる写真を見て思いついたのですが、生写真プレゼントは如何でしょうか?」
ken:はーん、いーんじゃない?
逹瑯:いいんですかね・
ken:生写真、なんで生写真がいいの?
逹瑯:分かんないです。
ken:アー写のほうが格好よく撮れてるのにね(いろんな意味でね)
逹瑯:ただ、アー写はみんな見てるけど、生写真は私しか持ってないみたいな感じがいいのかもしれないですね。
ken:あー、私にしか見せない笑顔を見せてほしいみたいな。
逹瑯:そこまでは言ってないです。
ken・逹瑯:ははははははっ!
ken:ま、これもありっちゃありだね。じゃ、続いてもういっちょ行こっか。ラジオネーム、みどりんご19歳の方からです。「kenさn、逹瑯さんこんばんはと。kenさん、殿様がクルクルまわる絵文字を使うって聞いてひらめきました。ムックポイントが貯まったら、JACK IN THE RADIOオリジナルの動く絵文字ってどうですか? くださーい。kenさんと逹瑯さんがデザインしてくれたら嬉しいな」
逹瑯:これいいですね。
ken:これいいね。あの、俺デザインするとロクなことにならないんで、逹瑯、絵じょーずじゃん。
逹瑯:いやいや、これkenさんとやっぱ1っ個ずつ。kenさん、だからクワガタでもいいんですよ。
ken:上手に描けるからね。
逹瑯:クワガタがガッチャンガッチャンする。感情全く関係ないから、いろんな時に使えますよ、その絵文字。
ken:(笑)オッケー。じゃ、これ1っ個ずつってことだよね?
逹瑯:はい。
ken:これもいいね。
逹瑯:じゃ、このみどりんごさんが貰ったとしてですよ、使ったらどんどん私ムックポイント貯めて当たったのに、使ったらみんなになんか持ってかれちゃったみたいな感じになっちゃいますけどね。ま、それが広がっていく感じもまたいいかもしれないですけどね。
ken:あー、そしたらそれが自分のとこに来たら驚きじゃない?
逹瑯:うわっ! アリーさんとかから。
ken:そ、俺のデザインしたカブトムシがーみたいな。
逹瑯:yukihiroさんから来たらなんでーみたいな。
ken:あ、それおもしろいねっ!
逹瑯:どういうアレみたいな?
ken:うん、それやろう。
逹瑯:いいですねそれ。あとですね、何ポイントからのプレゼントって貰えるようにしますかと。今一番たまっているのは何ポイントなんですかね? 4ポイント? だいたい最終回の時は馬鹿みたいなポイントポンって出したりする。
ken:けど、全員あげてもいいくらいじゃないの? この絵文字だったらね。
逹瑯:そうですね。
ken:だって、いつかは自分に返ってきてほしいわけでしょ?
逹瑯:返ってきてほしい。
ken:ちゅーことは多くに蒔いとこうよ。
逹瑯:そうですか。
ken・逹瑯:わははははは。
ken:はは・・ゴホン、ゴホン(むせた)
逹瑯:じゃ、絵文字は1ポイントの人でも絵文字はあげるよと。
ken:うん、それがいいんじゃない?
逹瑯:そうしましょう。
ken:オッケー。
逹瑯:大盤振る舞いしましょう、絵文字はね。私物は大盤振る舞いできないですけどね。
ken:うん、私物はトップ賞ということにしましょうか。
逹瑯:いろいろ考えてきたところで、ま、そんな感じでムックポイントの話はここら辺にしておいて。ムックポイント、ムックポイント、ムック、ムックと来たところで、ムックの曲をですね、届けていこうかとおもいます。
昨日、難波ハッチからムックJAPAN TOUR 2009球体が始まりました。
ken:はい、おめでとうございます。
逹瑯:なのですね、明日は岐阜です。そんな感じでムックでこの曲からLIVEが始まっているんで聴いてください。
ムックで、「咆哮」


咆哮


逹瑯:はい、お届けしているのは現在やってます、TOUR中のムックJPAN TOUR2009 球体 やってますね。この曲でオープニング始まってますんで、がーっと盛り上がってもらえたらなと思います。「咆哮」でした。
そいえばkenさんといえば、今週末の17日がですね、『Kenとバスで行く INPHYSICAL ミステリーツアー』が開催されると。 ほんとにどうでしたっていうのが聞きたいくらい。今だってkenさんにどうでしたって聞いてもkenさんも内容しらないですもんね。
ken:そうそうそう。
逹瑯:答えようがないみたいな。
ken:そうそう、たださ、最近腰痛がひどくて。
逹瑯:ははははは!
ken:それと、車酔いには気をつけていこうかなと。あとはみんなと楽しめればいいかなと。
逹瑯:乗り物酔いしちゃう人ですか?
ken:なんかね、普通はしないんだけど、車によるかな。振動にでかい車とか。
逹瑯:バスとか結構厳しそうですね。
ken:バスはね、乗る位置によるかな。けど、バスとか大きな車は平気なの。ちっちゃい車が意外とガタゴトガタゴトゆってね、苦手かもしれないなぁ。
逹瑯:kenさんツアーっていつからでしょうか?
ken:ツアーってね、6月かな?
逹瑯:この間ツアーの話も直立不動で歌うなんて言ってたけど、そうもいかないかもしれないって言ってましたよね、この間。
ken:そうそうそう、だからほんとにこの間は、マイクを杖がわりにって言ってたじゃん? ほんとの杖になる可能性があるからね。マイクスタンドじゃなくて、ほんとの杖ついてか、今寝転がったら大丈夫だから寝たままLIVEか?
逹瑯:寝たままLIVEって見えないじゃないですか!
ken:だから、こっちにさ、鏡をつけて、こっち鏡つけて逆向きにみえてるかもしんないけど。
逹瑯:ありますね、そういうの。(ラブホにね逹瑯ーくん)
ken:だから左右に動くのはベッドをガッチャンガッチャン左右にね、動かしながら。
逹瑯:はいはいはい。それはもう寝たままやる時は、ベッド格好よくしましょう!
ken:それどうやって?
逹瑯:ドラキュラの棺みたいな。
ken:あ~、そっちか。なるほどね。
逹瑯:めっちゃ格好いい。(逹瑯君が気に入ったみたいですね)
ken:そんでなに? 棺なんかパンッって開けちゃって(誰かがそんなことやってたよね) 「こんにちわっ!」って、パタンって(閉まる) 鳩時計じゃねーかそれ(笑)
逹瑯:いやいや、蓋は開けときましょう。いいですね。どんなLIVEが観れるのかほんと楽しみですから。
もう、そ~んな姿が観られるのはkenさんのLIVEだけですから。
ken:じゃ、そんな僕の曲、一曲聴いてください。「Gimme your name」
逹瑯:はーい、どうぞ。


Gimme your name


ken:ということで、あっという間にエンディングです。ここでJACK IN THE 告知です。現在発売中のソロ、1stアルバム『INPHYSICAL』チェックしてください。あとkenツアー2009LIVE INPHYSICAL6月からスタートします。また詳しくはオフィシャルサイトをチェックしてください。
逹瑯:ムックに関してですね。ムックJAPAN TOUR2009球体、スタートしとります。もう一本これに追加しましてLIVEが、5月16日、土曜日、品川ステラボールで、LIVE MUSIC ismというイベントやります。 音制連ですね、音楽制作者連盟のキックオフイベント、DAY1に出演いたします。ギターウルフ、椿屋四重奏、PE´Z、ムック、American Short Hair、sister jet、JAPAN-狂撃-SPECIALと。も~うなんじゃこのメンツはというようなイベント。面白いイベントになると思うので。
ken:うん、楽しそうですね。
逹瑯:はい、遊びにきてください。それとですね、逹瑯の対談集「SPIN」5月13日発売です。その他詳しくはオフィシャルサイトをチェックしてください。
ken:はい、この番組終了後からは、我々二人の放送後記としてメルマガを配信します。お楽しみに。
逹瑯:さて、このあと番組終了後にJACK IN THE BLOG用に撮影しますが。
ken:またか。
逹瑯:はい、今日はアルバムの中の楽曲、「エターナル リスト」に因んで、因んでですよ。
汚れなきピュアリストなポーズでいきます。
ken:どんなだよ。
逹瑯:これはあの~、kenさんの責任ですよ。どんな写真になったかは番組携帯サイトをチェックしてください。さらにムックポイントのリストもブログにアップしておくのでチェックしてねと。
ken:ということでJACK IN THE RADIO kenと。
逹瑯:ムックヴォーカル逹瑯がお届けしました。
ken・逹瑯:ばいばーい。

以上でしたー。
さ、夕飯作ろう。
関連記事
スポンサーサイト
【2009/05/16 16:43 】 | JACK IN THE RADIO Ken | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<SCHOOL OF LOCK! | ホーム | これぞソロの醍醐味! ヴォーカル対決吸血鬼vs人造人間の勝敗は?(追記あり)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://faireal.blog96.fc2.com/tb.php/556-074899e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。