FC2ブログ
SHINEにみた父性愛
名古屋のチケットが発送され始めていると聞いたのに、私のチケットはまだ届かない。
と、思っていたら、激しい雷雨続きで雨が降りこんだポストに不在表が入っていた。
あぶねー、あぶねー。
なんかもうボロボロですごい状態になってた。
本日無事に引きかえてまいりました。


さて、今更ながら両曲のCDを聴きました。
NEXUSのhydekess、てったんの空飛んでいきそうなコーラスとゆきさんのドラムにびっくりして椅子から落ちそうになった(笑)
反対にSHINEのコーラスは可愛くって笑ってしまった。あり得なーい、シャララランラー。

NEXUSのほうは先に歌詞を読んでいたのだけど、SHINEはまだどんな歌詞なのか知らなくて、歌詞カードでじっくり堪能させていただきました。

SHINEの歌詞、久々にとっても好きだ。

NEXUSはなんだか今までにない方向性で出来上がったという感じ。
「0からの自由」というところを聴くだびに、なんの映画だったか、「マウス」というハッカーが「0と1、僕はこの数字を組み合わせるだけで世界を支配することが可能だ」という台詞を思い出す。

そしてSHINE。
こんな優しくて綺麗な言葉がよく出てくるなぁと思った。
hydeがここで言いたいことは、この曲だけでなく他の曲でもよく歌われていること。
だけどここでは、決して難しくもなく飾られた言葉でもなく、普段使われるような言葉が続くだけ。
この歌はきっと小学生が読んでもきちんと分る歌だと思う。
それでいて綺麗に感じるのは、曲調とhydeの澄んだ歌声故なんだろうなぁ。

寂しくても見渡したところで真実は無いよ
それはそっと君の胸の内側で密かに築き行くもの
だからこの想いは誰にも負けない
魔法のよう 色褪せない唯一の輝き


突き放しているようで、そうでもなく。
次の一言で大いに泣かされる。

その季節が君に訪れるまで付き合うよ

なんかね、父性愛を感じました。
関連記事
スポンサーサイト



【2008/08/30 23:13 】 | 歌詞とか | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<恵さんからオフ会レポと、FA日記のミラクル写真 | ホーム | 素肌にVAMPS>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://faireal.blog96.fc2.com/tb.php/384-1af7effb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |