スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
その真実とは?
麗しのコープランド様がドラムセット抱えて表紙だったので
思わず買ってしまった『Rhythm&Drums』

相変わらずの馬面ですけど、そこがまたいい。
そして非常にいい皺の入り具合。
断然今のほうがいい!

彼が取り溜めたフィルムを編集し、ドキュメンタリー・フィルムとして公開中(昨日まででしたね。観たかった)の『ポリス インサイド・アウト』についてのインタヴューで、大変面白かったです。

その中で一部抜粋
“ポリスの真実”という意味では、メンバーのどういう素顔を見せたかったですか?

そうだね、世の中にはフォトジェニックな人がいる。
実物よりも写真や映像の中の姿のほうがイキイキしているとか、ステージ上ではカリスマ性とオーラを発揮するけれど、普段はとても静かだとか。
スティングはそういうタイプの人間だ。
どんな写真も映像もインタヴューも彼の本当の姿をとらえることはできない。彼が心の奥底で考えていることを語ることはない。
人々が彼にどんなイメージを抱いているか知らないが、彼は社交的でなはいしオープンでもない。
すごくシャイでミステリアスな男だ。
彼の頭の中は、彼が書く美しい詩や音楽でしか知り得ないんだ。
スタジオでソファに座っている姿を僕が映像に納めても、それは彼の本当の姿ではないんだよ。
歌の中で知るしかないんだ。
  (『Rhythm&Drums 200704』P12より抜粋)

カメラのフィルターを通し、
少し温度の冷めた状態でスティングを見続けたコープランドのスティング像。
カメラの中の彼はただの映像でしかない。

LIVEの2時間だけがREAL、普段の日常生活はもやはアニメ。
確か以前、そんなことを言ってましたよね。
彼はその詩の中にこそ生きた存在として存在するというところか。

しかし、このコープランド様のスティング像。
私が持っているHYDE像にみごとに被っている。



あ、んなこと書いていたらLionさんのオフィが更新。
5月31日(木) 大阪MUSE
行けるかってーのっ!

清水さんの日記
行ったんですね? 観たんですね? いいなぁ。
でもLady's Dayだったんですね。
・・・・・・・毎回この人のオチは「サイコーダー。。」

そしてはなちゃんの日記
『普通自動車運転免許』取得までの道のりが
何やらひとつの歌でもできるような調子で綴られています(笑)
関連記事
スポンサーサイト
【2007/04/14 00:10 】 | 会報・書籍・雑誌 | コメント(1) | トラックバック(0) |
<<今度は三重 | ホーム | このままじゃ終わらない>>
コメント

うーん、成程と思いました
真実の彼を知るなんてなん人にも不可能なことなんでしょうね
でも、だからこそ、少しでも現実の彼に近づいて、何かを知りたくて、そんなかなわぬ欲求が蓄積してくのを、ひしひしと感じる毎日です。ユダはこれと似たような感情をキリストに持ったのかしらなんて考えます
最後には破壊衝動が植えついてんです、脳に。あー自分が怖い

ご推薦いただいた本、入手手配かけました。さんざん騒いだ知人はケロリとしてます。たぶんきっと長生きするでしょう((苦笑))
【2007/04/16 22:40】| URL | 松井 #NL852uQM[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://faireal.blog96.fc2.com/tb.php/36-01dfb25b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。