FC2ブログ
さてムジカ
その前に(またか)
HYヲタFAからけしからんHYDE観察自己満日記が届きましたね。
私はこのヲタマネが世のHYヲタさんたちが殺意を持つような数々の所業を、
割と今まで冷静に傍観できていたのだけど、
今回の

●●●がひゃいどで、●●●●のヤツが僕♪の
になんか無性に腹が立ちましたね。

夜中の3時前に男と中華喰ってなに浮かれポンチになってんだよ!
そんなに嬉しいか!
夜中にそんなもん喰って太ったらいいさ! 仲良く太ったらいいさっ!

くそ。いいな・・・・



そしてムジカ。
改めて表紙を拝む。
18指定だとか言われていたり、あっはんとか言われていたり。私は勝手にモンローと呼んでいた。
この表紙、ラルクを端的に表しておりますね。
hyde他はみんな横顔だったり、下向いて演奏中だったりでストイックに表現されています。
照明も赤味がかってハードな雰囲気。
そんな中、hydeさん一人だけパーンと照明が当たっている上にカメラ目線。
他にいくらでも起用する写真はあっただろうに、お色気もむんむん。
たぶん男性からしてもぐっとくるカットだったんでしょう。いや、鹿野さん採用か?
嫌でもhydeさんに目が行きます。

本屋で購入したときにはこのムジカとワツインが並んで置いてありました。
山積みとなっているワツインの横で、たぶんワツインと同じくらい積んであったであろうムジカが、
残り2,3冊という状態でした。
雑誌の表紙って大切だなと思った次第です。

CROSS TALK

デビメイ4のタイアップの話を聞いた時、これは絶対h×yで決まりでしょとおもったのだけど、
hydeさんがそれほどこのゲームをやりこんでいたとは思ってませんでした。
なので、どりんきぃの歌詞を聴いたときには、これは歌詞もゆきさんか?と思ったりした。
そのもやもやしたところが解けました。
hydeさんはダンテの気持ちで詩を書けるくらいゲームをしていたんですねぇ。
確かに、「鏡は今砕かれ」なんて言い方はゆきさんはしないよなというところで、私も引っ掛かってはいましたが。

後はhydeさんとkenちゃんの夫婦漫才のような対談。
「カラカラカラ~カン・タカタカタカタカ・チャラ~・ギュルレロン・ウンコ」という妖精語で会話をちゃくちゃくと進めるhydeに、ツッコミながらその話に肉付けし、話の幅を広げていくkenちゃんがお上手です。
hydeえらい! よりkenちゃんえらい!

ここでは個人的に、ダンテがハードロックが好きで事務所にドラムセットが置いてある(3のMISSION1でその場面があるんです)のに無邪気に喜んでhydeさんに同意を求めるゆきさんがツボ(長い)

パンクのアレンジでギターとドラムの水面下の戦いだと意気込むhydeに対して、
細々と漏れ聞こえてくるhydeのゆっくりめDUNEに気づいて微笑むkenちゃんに萌え(長い)


PERSONAL INERVIEW

4人それぞれのインタでありながら4人が同じことを言っているのに、このバンドが本当に今、
ベストな状態でいるのだということを感じた。

声が安定してきて歌うことがまるでサーフィンでもしているかのようで気持がいい。
今置かれている状況に自らが刺激され磨かれているとようやく思えるようになったというhyde。

理想の機材・スタッフに囲まれて理想の音が出せて、凄く納得のいった状態で音作りができる今、
楽しいこと以外ないはずなkenちゃん。
オーロラを観に行くことでさえも作曲づくりと直結できるんだね。

自分の身体が知らない叩き方がまだあることを発見し、その上で身体が無理なく動くようになったゆきさん。

それぞれが今、とてもいい状態で活動することができているようです。

? あ? てったん?
体調最悪だったんだってねー。お気の毒でした。まぁね、いいんだよ。てったんはこれで。
てったんの自信作が楽しみですと締めくくろう。

しかし鹿野さん。
その暑苦しさをゆきさんにぶつけると余計に鹿野さんの気持ち悪さが目立って仕方がなかったです。
それから、「バンドたるものこうであれ!」というハムラビ法典のような哲学
という引用が理解できません。
ハムラビ法典って「目には目を歯には歯を」でしょ?
関連記事
スポンサーサイト



【2008/03/18 23:38 】 | 会報・書籍・雑誌 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<ヲタマネ写真にみるヲタ心理 | ホーム | 両紙雑感>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://faireal.blog96.fc2.com/tb.php/288-e7f2a60a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |