スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
スッキリで時差ボケスッキリだったVAMPS!
いや~~、台風が各地で甚大な被害を与えてますね。
うちの近所の大きな桜の木も根元からバッキリと折れていて、道路が封鎖されてるところがありました。
びっくりです。

そして我が家のyukihiroさんはずっとひつじさんのぬんぐるみのまんま固まってました。

ということで、スッキリ観ました。
結構な尺でしたね~~。
そりゃスッキリ側もロンドンまで行ったんですからねぇ、使わないと。
よろしかったら。





sk1.jpg
ウェンツ:VAMPSロンドン公演の舞台裏に潜入でございます!
テリー:この間ね、スタジオに来てくれましたよね。
ウェ:そうなんです。スタジオでパーフェクトなパフォーマンスを見せてくれたVAMPSなんですけれども、
そのヨーロッパツアーのファイナル、イギリス・ロンドンでのライヴにウィニュースが潜入しました~~。
加藤:ロンドンまで行った?
ウェ:行きました~。独占を御覧ください。

sk2.jpg
先月、スッキリのスタジオで生パフォーマンスを披露してくださったロックユニットVAMPS。


sk3.jpg
スッキリの出演後、すぐにスペインへと渡りヨーロッパツアーがスタート。
(車から降りた途端に両サイドから手が差し伸べられる。
私はいつもこれをHYDE様のエスコート争奪戦と呼んでおります)


sk4.jpg
ウィニュースではツアーの最終地点であるロンドンでのライヴに独占密着。
その舞台裏に潜入しました。


2008年に結成されたVAMPSはL'Arc〜en〜CielのヴォーカルHYDEさんと
OBLIVION DUSTのギターK.A.Zさんによるロックユニットです。
「VAMPS」とは吸血鬼、ヴァンパイアの短縮形。ファンのハートを吸い尽くす
甘く激しいサウンドで日本のみならず、海外でも人気拡大中なんです。

これまでもVAMPSは北米、南米、ヨーロッパ、アジアなど世界中でライヴを敢行。
国内外250公演、およそ85万人の観客を動員しております。

先月発売されたニューアルバムは全ての楽曲の歌詞が英語。本格的に世界デヴューを果たしました。

VAMPSのヨーロッパツアーはスペインを皮切りに、フランス・パリ、ドイツ・ベルリン、
そしてイギリス・ロンドンを4カ国を巡るものです。


早速、ロンドンに到着したばかりのお二人に先日スッキリ生放送の感想を聞いてみました。

sk5.jpg
H:ちょうど良かったんですよ。時差ボケがね・・・・・
あのまま寝ないで飛行機乗る感じで。
飛行機に乗ってやっと寝たんです。 バッチリですよ乗ったら、時差ボケが。

テ:笑 そういうことか!
ウェ:VAMPSのお二人はスッキリの生出演後その脚で、飛行機で睡眠を取り、時差ボケも解消したんだとか。

sk6.jpg
そんなヨーロッパツアーのファイナルはロンドンです。
意気込みのほどはどうでしょうか?
(自分でお洋服整えてるK.A.Zさんの横でハイちゃんは当然のようにおぐしのセットをしてもらうのである)


sk7.jpg
まぁ、ロンドン自体がVAMPSは初めてなんで、いかにVAMPSのよさをね、
知ってもらえるかというのがライヴにかかってるかと思うので、
格好いいライヴにしたいなと思ってます



sk8.jpg
K:ロンドンから憧れてたバンドとかっていうのが、
昔から憧れていたバンドとかがこう~~、出てきた場所なので、
自分たちも素敵なショーを・・・やりたいと思います、はい。




sk9.jpg
ロンドンをいえばロックの本場。
目の肥えた観客の前で最高のパフォーマンスを見せようと気合十分なんですが、しかし!
実はHYDEさん、ここに来て喉の炎症が悪化。
2日間予定されていたロンドンでのライヴは一日だけとなりました。

予期せぬ体調不良により一日でロンドンっ子にアピールしなければならなくなったVAMPS。


徐々に体調も回復し始めた頃、ある雑誌の編集部を尋ねることに。
その雑誌とは! イギリスで最も権威のあるロック雑誌『ケラング!』

sk10.jpg
VAMPSはこのケラング!誌で特集されたんです。


sk11.jpg
辛口の評価で定評のある雑誌なんですが、VAMPSの評価はというと5点満点中4点!
と、なかなかの好評価。
編集者に話を聞いてみました。


sk12.jpg
イギリスのロックとは少し違うところが面白いと思う。
日本ならではのロックスタイルだから、イギリス国民もワクワクするはず。



ロンドンでのVAMPS人気をチェックするため、地元のCDショップに入ってみると・・・・・
店頭入ってすぐにVAMPSのCDを発見!かなり売れている様子です。
売上チャートではなんと4位にランクインされていました。

加藤:凄いねぇー!


ライブ当日、ロンドンの街ではVAMPSのライヴを伝えるポスターがあちらこちらに。
そして会場の外には開演6時間前にもかかわらず、既にファンが集まっていました。


sk13.jpg
期待が高まる中、VAMPSも会場入り。
(これがベルリンでアーリーと買ったネットのほうが安かったジャケットなんだろうか?)


ライヴに来た現地のファンにVAMPSの魅力を聞いてみました。

どのバンドよりも魅力的。
ヨーロッパスタイルの音楽だけど、日本らしい雰囲気もある。


中にはこんなファンも・・・・・

sk14.jpg
歌詞とかわかるようになるために日本語を勉強しています。
(二人共イギリス人)


地元ラジオ曲のDJの姿も。

sk15.jpg
VAMPSを番組で流したけど、反響が大きいからきっと売れるよ。
リスナーからのチケットの問い合わせが殺到してる。


ライヴが行われたのはO2アカデミー・イズリントン。
スッキリにも来てくれたMUSEやフランツ・フェルディナンドなど、
イギリスを代表するバンドが新人時代にライブを行った登竜門的ライブハウス。

実はこのヨーロッパツアーは大物アーティストのライヴを手がける
世界最大のコンサート会社とタッグを組んで行われました。
レディー・ガガやマドンナ、U2など大物アーティストのワールドツアーを手がける
世界最大のコンサート製作会社、ライブ・ネーション。

sk16.jpg
VAMPSは日本人アーティストとして初めてライブ・ネーションとタッグを組み、
世界ツアーのライヴ活動を強化しようと考えたんです。
(なんだか不思議なHYDEちゃんの立ち姿です)


VAMPSのスタイルというのが、やっぱりお客さんを身近に置いて
自分たちの音楽をやるっていうのがスタイルなんで。
そこが我々の考えと合致するんですね(ライヴ・ネーション・JAPAN代表 竹下 フランク氏)


そして夜8時。開演の時間です。
会場にはすでに超満員のお客さん。
ロックの本場ロンドンで、VAMPSのライヴがスタートします!
HYDEさんの体調も気になる中、ロックの本場イギリスでどのようなパフォーマンスをみせるのでしょうか?
ついにVAMPSがロンドンのステージへ!

sk17.jpg sk18.jpg
超満員の会場はVAMPSのパフォーマンスに熱気ムンムン!


観客たちは大熱狂しております。
sk19.jpg
(いい顔です)


sk20.jpg
およそ2時間、19曲を歌い終わったところでライヴは終了。
初めてのロンドン公演を終えた二人に感想を聞いてみました。


sk21.jpg
喉がね、100点じゃないから・・・・そこは凄く心残りなんですけど。
ライヴとしてはいいライヴができたんじゃないかなぁ~~。



ロンドンなんだけど、いろんな国からみんなが集まってくれてぇ、
で、そこでひとつになって・・・・・・・

sk22.jpg
盛り上げて、みんなでパーティーして・・・・・・・
こういうのは凄く・・・・・・いいですね。



sk23.jpg
テリーさん、加藤さん、おはようございます。
VAMPS、たった今ね、イギリスのライヴが終わって、ヨーロッパツアーが終わったんですけど、
どの国もすごく優しく迎え入れてくれて、すごいどの会場も盛り上がりました。



独占放送終了後、スタジオでは・・・・・・・


ウェ:スッキリに来てくれたまんまもうそのままツアーで。
加藤:ね、だからね、なんでVAMPSがスッキリに出てくれるのかな?って思ったら、
時差ボケ対策だったんですね。

ウェ:違いますよ!
テ:た・多少はある(笑)
加藤:時差ボケ対策に使われた形ということで。
ウェ:違います、違いますよ。ここで!ここで歌いたかったんです、VAMPSさんは!
加藤:あ~、そうなんですねぇ?

テ:ほんとはね、VAMPSはもっとヨーロッパにいたかっただろうね。
ウェ:う~ん、そうですねぇ。でもね、これからもヨーロッパだけじゃなく、アメリカの方にもね12月に・・・・
加藤:更にもっと大きな箱でやってほしいですよねぇ。
ウェ:そうですね。実際チャートにも4位に入ったということで、これからも沢山の方に聴いてほしいですし、12月にアメリカ LAとNYでのライブということなんでね。
加藤:凄い。

ウェ:またその後にはまたスッキリでもね! いい日に!
加藤:時差ボケをなんとかしたい時には、一回歌ってから飛行機に乗ってもらう。
ウェ:逆に直しに来てそのまま歌ってもらう! 是非お願いします~。

天の声:世界で活躍するためにはスッキリは必要だと。
テ:踏み台にしてくださいよ!


こんな感じでした。
・・・・・HYDEちゃんの(心ない)時差ボケ発言がスッキリスタジオに波紋を広げる結果となりました。
関連記事
スポンサーサイト
【2013/10/17 00:23 】 | VAMPS | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<今更ですがめざにゅ~、めざましのハロウィン | ホーム | 火曜ニコラジ バスローブいど!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://faireal.blog96.fc2.com/tb.php/1746-83479994
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。