スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
VAMPSコメント@やまちゃんのベルリンリミッテッド F
え~~、途中で寝落ちしてVAMPSのコメントまでです。
よろしかったら。



2時の虹はHYDEさんでした。

H:VAMPSのHYDEがベルリンから2時をお知らせします
虹→XXX(ライヴバージョン)→CHASE(ライヴバージョン)


山:しかし電波が途切れたらあんなに嬉しそうにうちのAD高野がしゃべるわけか。
(ベルリン中継の電波状況が悪くて音声が途切れた場合は、東京FMからAD高野さんがやまちゃんに変わってお届けすることになっていて、途中やまちゃんの声がブツブツに途切れ始めたと思ったら、「ベルリンのやまちゃんに変わって私高野がお届けします。曲はVAMPSで「DEVIL SIDE」って超弾んだ声で喋ってました)

なんだこの番組は! 俺だってあれだぞ、VAMPSと食事に行きたかったんだぞっほんとうは!
そうでしょ?だけどね、ツイッターにはね、

「やまちゃんすごい」と。
「VAMPSとの食事を断ってまでこうやって生放送してまで今のこういう様子をお伝えしてくれるなんて・・・・・」って、
ほらぁーーー!
DJの鏡だよ!みんな言ってくれないから自分で言ってるけど!
今日はドイツベルリンからの生放送でできるかぎり、今ちょっと電波状況は悪いけど、これ正直不思議な話でね、最初はそんなに悪くなかったんだけど、ベルリンあんまりいい状況じゃないんだよね。

実はこの一週間の間にニコラジという僕のレギュラー番組も毎日放送しなくちゃいけなかったから、全世界いろんな箇所で放送してきたんだけど、ベルリンが一番大変でネットカフェ、ネカフェをちょっと貸し切りにして回線をね、まぁ言ってみりゃ・・・・金で買ってやったんだよね、回線を。
今悪い顔してるよ~。大和田乗務みたいな顔してるよ、俺。

そう、金で買ってやってね、それで昨日放送したんだけど。
今日もホテルからっていうことだからできるかぎり頑張ってね、生放送はしてみるけれど。

ヨーロッパのVAMPSツアーは何が凄いって、ツイッターとかで知ってる人はわかるかもしれませんが、写真撮影・ビデオ撮影がオッケーなの!
僕の場合はスタッフパスを頂いちゃったもんだから、なるべく最前線でいかに撮りまくって皆さんにお届けしようかっていうことで、それと同時にニコラジ、ニコニコ動画では今、ブログとマガジンでブロマガっていうのを不定期で発行するような、そういったブログをやっているんですよ。
それも実は僕、チャンネルを持ちまして。名前が「やまちゃんねる」っていうんですけど。
もちろん登録は無料なんですよ。有料会員になったりする場合もあったりするんですが、今回ここにVAMPSのライブレポート、こういったものの写真、その写真は全て無料で観れます。ブマガに今登録してくれますとそういったものも観れまして、ライブレポートもわかるようになっております。
更に月525円出してもいいなっていう人は、山田のコアなディープな、シモネタの相談がしたいとか、シモネタどころかシモの相談もしたいなとか、いろんな人の相談を受け付けるコーナーがあったりだとか、やまちゃんのファンクラブみたいな、会報誌みたいな感覚の「やまちゃんねる」動画も配信できたりする、これも同時に立ち上げたので、これと連動しながら毎日世界から生放送し、ユーザーとも触れ合い、出会い、今日も実はベルリン。
やっぱりね、行かなきゃっていうことで行ってきたんですよ。
どこ?って・・・・ベルリンったらそう、壁!
HYDEさんもK.A.Zさんも行ったっていうから、同じ場所に行きたいなっていうことで行ってきました。
凄かったよやっぱり。みんなに言うと格好悪いかもしれないけど、泣いちゃった、ベルリンの壁見たら。
こみ上げてくるものがあってさ。
同じ人間で線なんか引くにもおかしいなって思ったって、未だに戦争も終わんないしさ。紛争やそういったものも絶えないじゃない。
そういう歴史を垣間見れた気がして、もちろんその現場には居合わせていないんだけども、爪あとが生々しく残っててそれが凄く印象深くて、「俺達ちゃんと壁を越えられてるのかなぁ?」って。
もう一回頑張んなきゃいけないって世界でラジオで生放送で話してるけど、そういう力を貰ったから。

だからやまちゃん、帰ってこないからねっ!
そ、もうラジオの壁を越えたから。そりゃそうだよ。みんな壁をぶっ壊してってよ!
明日はどこでやってほしい? もう行くから。
そういう思いでやってきました。

昨日は東ドイツ・西ドイツの統合の日ということで、国民の祝日だったんですね。
昨日は本当に穏やかな一日で、誰も働かないの。タクシーも少ないの。
でも実はそこに、一番熱狂の渦として何が起きたかっていうと、VAMPSのベルリンの初ライブだという。
鎮まり買っている街中であのイベントっていうか、ライブハウスだけが大熱狂という。
もしかしたらHYDEさんもK.A.Zさんもね、わざとこの日を選んだの?っていうぐらい、凄く印象深い日になりました。

僕も、「統合の日」にライブが観れるっていう貴重な体験をしてもらって。
ベルリンのライブレポートはラジアンが終わってから上げるんで、ブロマガのほうでまたゆっくり見てもらいたいんですけど。

で、ライブの興奮冷めやらぬ中今日を迎えて、今日のお昼くらいにお二人には会いました。
昨日は夜一緒に打ち上げも行ってます。
呼んでもらって、「やまちゃんおいでよ~」っていうことで、一緒に食事もさせてもらって、今までのヨーロッパの話なんか聞きながら。
食べ物の写真とか僕昨日ツイッターで上げてたでしょ?結構ボリューミーで美味しいんだよね。
ドイツ料理、流石にビールで乾杯し、美味しかった。

ちょっと省略
・やまちゃんたちのホテルの暖房は効かなかった
・フロントに「暖房が効かない」と言ったら、ホテルの人達に「俺達は寒くない」と言われた
・修理してくれと頼んだら、本日ベルリンはドイツ統合の日だから休みだと言われた
・修理屋は朝来ると言ったが、昼になっても夜になっても来ないの出てきた
・今大至急でヒートテックを探している。ベルリンのどこかに売ってるのだろうか?
・ドイツはジャーマンイングリッシュで結構英語が通じる

・まさかたーちゃんのラジオが日本からドイツに届くとは思ってなかった

VAMPSの新情報についてツイッターでざわついてますけど、心配してる皆さんに言っておきますけど、僕は今日もメンバーには会ってます。昨日も一緒に食事もしております。
なのでそういった心配は本当に無用です。
正直言って海外なんて本当にいろんなことが起きるんです。フランスの時だって機材トラブルとかいろんなことがあって、リハーサルの時間だとかも押したりだとか、そのまま本番迎えたりだとか。
日本人が海外に行って公演するっていろんなことが起きますよ。
とういったものもチームワークだとか、いろんな関係性のある縁だとか、そういう力を持ってスタッフワークで乗り切るっていうのが世界への欠かせないパワー。


あ!今、な~~んと! 食事中のHYDEさんから連絡がありましたね!
さっき僕メールしたんですよ。食事誘ってもらったんだけど、今日はダメだって、行けないからせめて食事の写真だけでも頂戴って言ったら、今返事が来ました。

やまちゃん たべちゃった(笑)

笑 はいどさぁ~ん、写真、写真~~~~~。
ま、ラジオだからしょうがないけど。えぇっとね、「なんの料理を食べてんの?」って聞きました。
じゃ、問題にしましょうか。

今日は○○○料理です

でも、こういったメッセージが来てるところからでもわかりますけど、本当にメンバー間にそういった心配だとか、健康上だとかそういったものは本当に一切、なんともないので安心してもらって。

あれ?なんかまたメッセージ、HYDEさんから来た。

僕は食べちゃったけど、K.A.Zさんはちゃんと食べる前に写真を撮ってたみたいなんで、K.A.Zさんからメールが行くから待ってて。

じゃ、これは今日の3時過ぎにね(寝てました)

ここベルリンの場合は、フランスは凄くノリがいい感じだったんだけども、ベルリンは凄くゆったりとしたスピードから入っていくようなライブ構成みたいになってて、スローな感じがよかった、幻想的でね。
じわ~、じわ~っと温めていってオーディエンスと一体化するような感じって、すっごく大人なライブを観ているようで格好よくってね。もちろんお酒とかも呑めるからそういうステージでもあったんだけど。
ちょっと印象深かった曲をね、いこうかな。
みんな海外なのに英語の歌詞を覚えてきて歌って、みんなで気持よく揺れてるわけよ。それが凄く素敵で。
もちろんベルリンの時もそうだけど、ドイツ語でMCをしてるHYDEさんがさぁ、滑らない話並にさぁ、何かいう旅に「わぁーーー!!」ってなってさ。
その後夜一緒にご飯なったから「HYDEさん、何を言ったんだすか?」って聞いたらさ、

ひみつ♡

教えてくんないんだよ、またこれがぁ。みんなドイツ語頑張ろう!勉強して行こう!
凄いよね、世界各国の言語を覚えていってしゃべってMCで♡を掴むって素敵だよなぁ~。
じゃ、凄く印象的だったこの曲を掛けますから。
ベルリンでもベルリンっ子たちが熱狂してましたよぉ~。

MEMORIES



VAMPSインタビュー


メンバー今食事中なんですが、その前に録ったとれたてほやほやのお二人の声。
聴いてください。どうぞっ!


山:さ、ついにお待たせいたしました。VAMPS、HYDEさん、K.A.Zさんです。お願いしま~す。

失礼しまぁ~~~~~~す。

あら、ついに来てしまいました。山田ひさし、K.A.Zさんにあそこまで「来ちゃダメだよ」って言われても、K.A.Zさん、来ちゃった。
K.A.Zさん?

うん?

来ちゃった。

なんで来たの?

うん?やっぱ観たくて。 あの、K.A.Zさん? ラジオだからって原稿に絵を描くのやめてもらって・・・・・

うん、似顔絵描いてたの(笑)

・・・誰ですか?僕ですか?

そうです。(←即答)

笑 あれ?かたやこっちも? あれ?似顔絵だれですか?

H:やまちゃんです。

あれ? VAMPSはヨーロッパに絵を描きに来たわけじゃないですよね?

そうです。やっぱね、アートの場所だからね。

さすがぁ~。

うん。

あのぉ~、こうやってリラックスした雰囲気で今回のツアーを回っていると。

ま、K.A.Zくんの現代アートです。

かなりなんだかもう、抽象的で、かつ誰だからない。 やめてやめて、ラジオで説明がしづらいことしないで。
(何かやったな)

はい。

えっとこれ僕は後で写メを撮らせてもらいますから、いいですね?
サインも書いておきてください。 公開しますよ、これは。
HYDEさんもこれにサインを書いておいてくださいね。

ヤヴァイですね、それは。

実はそんな話をお伺いしにきたんじゃありません!
ここまで、スペイン・バルセロナ・フランス、パリ。そしてベルリン。ドイツの公演も終わり、いよいよロンドンだけとなりました。
この番組を聴いてる皆さんには、こうやってヨーロッパツアーの参加が出来ない人も多いので、まずはちょっとここまでの今までの一番印象深い思い出だったりとかを含めてまず聞いていきたいと。
思い出してみてください。まずはスペイン、バルセロナで美味しかったものは何?

おいしかったの?

うん。

ぱえりあ!

そしてK.A.Zさんは?

なんかこう・・・一口で食べれるやつ(笑)

ピンチョスみたいなやつね?(笑)
さ、それではライヴでの思い出としては一番印象深かったのは何?

スペイン?

はい。

スペインはどうだったけなぁ~~?

だって暖かかったでしょ、場所的には?

暖かかったですね。

暖かかったねぇ~。

20何度もあってねもう。

うん、情熱の国ってだけあってね、情熱的だったな。

やっぱお客さんにもそういう熱気が感じられた?

うん。

オーレィ!

お? びっくりしましたよ、今。いきなりレベルが・・・・

上げないでください? オーレィッ!

ほんとに言ってましたぁ?

言ってました。

当然ながら僕、バルセロナは行けなかったんですけど、MCはスペイン語?

オラ~。

わぉ! オラ!

パーン(テーブルを叩いて)
オラ! 

なんで今テーブルを叩いたんですか? イメージ?(笑)で、やっぱりあっちもオラと?

そう。

K.A.Zさんはどうだったんですか? オーディエンスの景色っていうのは?

毎回ね、凄い熱いんだよね。

やっぱりそうなの?

そう。みぃ~んなねぇ、こう、一緒に歌ったりとか、なんか反応がダイレクトですね。

やっぱりあんまりシャイな感じでもないんですね? すぐノってくれるというか。
一緒に応えてくれるという感じの。

うん。

で、まぁこれが終わりました。 次に行った場所が。おパリでございます。
はい、思い出してください。

おふらんす(フランス語っぽく無理して言っております)

え?それパリじゃないじゃないですか?

おふらんす

え?それもフランス語?

ぱはぁり(〃)

パ・パリですね? な・何かが喉に詰まってるわけじゃないですよね?

違いますよ。

またフランス語でMCして。

そう。 大変ですよ、も~。

パリっ子のイメージはどうでしたか?

おしゃれですね。

へ~、じゃもう、ライブに来るときから既に。

おしゃれ。

いろんな髪の色の子がこれまた。ね、僕も違和感ない感じで凄く嬉しかったです。

うん? ジャージ着て、来てなかった?

ん? うん、ジャージだった(笑)

ジャージだったね(笑)

なんでちゃんと見てくれてるんですか! そんなにおしゃれな服は持って行きませんから。
でも男の方も多かったですね、フランス? 結構男の子が多かった。

はい。

盛り上がってましたねぇ~。 曲で言えば、今回は言ってみれば海外盤ですから、詞が英語詞じゃないですか。
それでもヨーロッパの人たちは聴いてくれて、ああやって歌うんですね?

そうなんすよ。怖いなぁ~と思って。

いや、よくわかりますよ。日本で英語版で歌ってもそんなにね?そんなわかんねーんだろどうせって(笑)

そうそう、わかんねーだろ間違ってもって思ったら(笑)
・・・・・ここだとわかるとおもってぇ・・・・・・・・・わぁ~、こわぁ~と思ってぇ。

(はいどちゃん困惑)

今頃どうすんですか。もう世界版が出てんでるからぁ(笑)
でも確かにそうですよね。

そう。

そういった点ではちょっと違ったところにも神経が行きながら歌ってたってことですね?

はいはい。

歌詞間違うや何も。逆に、ヨーロッパに来ている日本のファンはあの・・・あんまり分からないっていう(笑)違いが。

そこは安心してます。

そうでしょ?

はい。

何かあったんですか? 例えば、僕聞きましたけど、パリとかではリハーサルが一瞬押すような。
やっぱり海外に行くとああいったアクシデントとかにも対応してライヴをやるしかない。

うん、そうですねぇ。やっぱりね、機材が、機材っていうかねぇ、環境が違うからトラブルもね。

やっぱりそれを逆にバネに変えてみたいなところでやらないと、そんなところで戸惑ってると。

うん、金には代えれません。

なんでそこ? 代えてそこは。

じゃ、代えます。

K.A.Zさん、軽く(笑) 僕が無理やり言ったみたいになるから(笑)
でもハラハラしなかったですか?3,40分くらい、ヘタしたら1時間くらいもしかしたらどうなるかっていうのは?

結構あんなこと初めてかなぁ~~。

やっぱそうですかぁ?

2時間以上押したかなぁ?

それでもちゃんとそこはねぇ、グッとリハを短くしてあとは本番を迎えようって感じで?

その分、あの、普段僕達1秒も遅れてやらないですから。東京でやってるのは。 

あ、VAMPSは。

その憩いでもう押すことはないです。

そうか、たとえそういったアクシデントがあっても本番はもう待ってくれてるお客さんがいるから。

そうです。

たしかに、ドンッでスタートしましたもんねぇ。

それは凄いなと僕も思いました。

いや、HYDEさんも凄いですよそこ。合わせて行かなきゃ大変なわけですからねぇ。

まぁまぁまぁ、それはなんとかなるんですけど、押すとね、帰れない人が出てくるし、途中で出ないといけなくなってしまう。押すこと自体はよく外タレとかもやってて。

ありますよね。

そうそうそう、僕、マイケル・ジャクソンに行った時2時間押しでしたからねぇ。
(私、マイケルが風邪引いて中止だった)

2時間ったらもう普通にひとつショーが終わってますからねぇ。

そう。でもそれによって観れない人がいるとねぇ・・・・・ロック的には格好いいかもしれないけど。

はい。

ファン的にはちょっとね、残念。

その優しさが嬉しいですよ、やっぱり。ギリギリで来てくれてる人もいっぱいいて。

そう。

僕もいろんなファンの方にインタビューをさせてもらいましたけど、やっぱりお客さん全部がフランスだからってパリっ子ってわけじゃないんですよね。いろんなところから来てるから、さっきHYDEさんが言うように、もう帰んなくちゃいけないとか、ギリギリのスケジュールでみんな集まってくれてるっていうのは聞きましたね。

そしてココです、ベルリン!
ベルリンっ子はどうでしたか? まさに昨日終わったばっかりの感想を聞きたいんですけど。

あんがいね、恥ずかしがり屋な人が多いんだなって思った。

これだからさっき言ってたスペインとはちょっと違って。

違うねぇ。

何が一番パッと思い浮かんだか?

こ~~、なんだろ? 目の前に行くと目を逸しちゃう子が居たりとか。

最前列で楽しんでるからよっぽど盛り上がってるのかと思ってK.A.Zさんがギターを弾きながら目をやると?

意外とね、こう、目、逸したりとかねぇ(笑)

でも言ってましたね。K.A.Zさんが見なくなると見てんですよね?

う、うん。

で、凄い視線を感じるから目線を・・・・・

行って見ると・・・・・・

ちょっとこうって・・・・・・

ツンデレってやつだ!
(なぜかすっごく嬉しそうな声で言ってます。「ツンデレ」って使ってみたかったんだろう)

余計K.A.Zさん、気になっちゃう(笑) あの子なんだよと(笑)
可愛い子もいっぱい居て、だからK.A.Zさんもちょいちょい気になってみるんだけど、目を逸らす。
でもそのシャイな感じから、スロースタートじゃないですけど、いい感じにじんわり温まってきてからは・・・・

脱がしていく感じですかね。

な・なんで?

んふ、ふ。 イメージ。

イメージ、あ! 確かに。

あ、でも俺言ったのおじさんだよ?

おじさんが目を逸らしたんなら、合わす必要ないじゃないですか!!!

はははははは~~~~~

でも、ほんとそうでした。HYDEさんが徐々に徐々にそういったシャイな子たちを音楽で開放してあげて。

そうそう。

後半は全然違いましたよね?

そうだねぇ~。

ステージで僕が楽しいなと思ったのは、やっぱり東京だとね、東京というか全国のZEPPだとすぐにSOLD OUTだし、ギュウギュウな状況だから、モッシュが嫌な人は後ろにっていっても移動できないじゃないですか。
これ、できるんですよねぇ!

うん。

少しそういう空間があって、後ろで呑めたりだとか、座って呑みながらゆっくり聴いてる子も居たり。

逆に言うとそういったオールスタンディングに慣れてるっぽいですよね。
日本はどうしても前にギュウギュウに行ってしまうけど、あ、みんなちゃんと隙間があるなぁと思って。


で、行きたい人にはすぐに譲ってくれて、どうぞってなるし。

あれ日本だとそれでもすぐにギュってなりますよね。

はい、なります。 ちょっとよけたら二度とそこには入れないしってなるんですよ。

うん、まぁねぇ。

これちょっと凄くいいなと思いました。
あとはやっぱりステージとお客さんとの距離が近い。むちゃくちゃ近い。
こんなもんなんですか、ヨーロッパツアーっていうのは?

う~ん、そうっすかねぇ?

だってもうほんとにそれこそ、すぐ、K.A.ZさんとかHYDEさんが手を差し伸べられるところだもんね!

10センチくらいのところにねぇ。

10センチっていったらもうほぼKISSですよ! ほぼほぼ、鼻が当たってます。

笑 ねぇ。

そんなに近くない!

じゃ、15センチくらい。
(変わらん! どーでもええわ!)

もっとですよ(笑) でも近いです。 ここでメーターいいます? 2M50くらい?

2Mくらい?

ほんと近くて。でもそれを喜んでる人が本当に多かったです。
さぁ、いよいよなんです、ここでロンドン! これが今回のヨーロッパツアーの一応最終地ということになりますけど。
今どんなイメージをお持ちになってますか?

そうですねぇ~、なんでしょう? ベッカムとかいますかねぇ?

お? 呼んじゃいますか?

呼んじゃおっかなぁ~~。

ベッカムが最前列にいたら目を逸らすんじゃないんですか?

こっちが目、逸しちゃう。

K.A.Zさん、ずっと前を向かないヴォーカルっておかしいですよね? 呼んでおいて。
デヴィッド・ベッカム確かにロンドンですね。 あとは? イメーでいうと? 
まぁ、UKロックなんて言葉があるくらいですから。

バス。 2階建てバスね。(唐突 たぶん話の流れ聞いてない)

え?乗りたいんですか? あれで登場じゃないですよね?
ちょっと恥ずかしいからやめてください。 今イメージしたでしょ?
後はなんでしょ?
時間があったら観たいなぁとか行きたい。 まぁHYDEさんは結構ロンドンっていったらちょいちょい行ってますから。
僕が兎に角実現したいのは、HYDEさんとHYDE PARKに行きたいです。

HYDE PARKね。

過去に一人で行ったことがあるらしいですが。

そうなんですよ。

今度は僕は一緒に行きたいです!

い~っぱい人がいそうだなぁと思ってね。

あ~、そっか。

逆にね。

もう張ってますよね? 絶対ね。

絶対張ってますよね。

だってHYDEさんのHYDE PARKでしょ?

はぁい。

HYDEさんの公園だもんね、あれ。

でもそう考えてみるとね、あの当時はレコーディングだけで来てたけど、こうやってライヴで来るとはねぇ。なかなかねぇ。来たいなとは思ってましたけど。

じゃそのね、淡く思っていたイメージ、目標じゃないですけど、そういうものが今回叶うっていう日でもあるんですねぇ。

そうですねぇ。

ロンドンっ子もいっぱい待ってるでしょうし、あと待ちきれず、ロンドンっ子も結構昨日ベルリンにも居たり。
じゃ、HYDEさんも一言頂いていいですか? 行けないリスナーの皆さんにメッセージを是非伝えてもらいたいんですけど。
今日もラジオを聴いてくれてて、ロンドンをイメージしてくれてると思います。

これはやっぱりねぇ、日本の人がいつも応援してくれてるから僕達がこういう所に来れるんであってね、それがなかったら何処にも行けませんからね。

確かに。

そうなんですよ。だから実はこの期間にもやっぱり僕達はみんなのね、お世話になってるっていうか。

う~ん、その想いを受け止めて今回ステージで。

だからやっぱりね、格好いいステージをやらないとみんなに顔向けできないんでね、ビシっとVAMPSの格好いいとこを魅せて、凱旋したなと思います。

あと同時に今回は、全国主要箇所でライヴビューイングもということなので、そういった点ではほんとにステージのお客さんだけじゃなく、宴席の向こうの沢山のVAMPSファンの前に向けてのパフォーマンス、素敵なショーを僕らも期待しておりますので、本日はどうもありがとうございました。
ではロンドン、気をつけて行ってらっしゃい!

行ってきま~~~す。

SBRR


録れたてほやほやというか、なんかお疲れ~~って感じのお二人でポヤポヤしてましたね。

というわけで、実はこの後寝落ちしてしまって無意識にラジオ切ってしまってました。
なので、ハロウィンジャンキーのHYDEヴァージョンとかやまちゃんがまたハロウィンパーティーの司会になったとか、事故ったたこ焼きカーがリスナーパワーでなんとかなりそうとかいうところは聴いてませーん。
録音も・・・・・・なぜか切ってたり(笑)

そして夢にVAMPSでなく、体育館並にデッカイ綾野剛と松坂桃李のシェアハウスに遊びに行って、最新インテリアをチェックした後、室内バスケコートで3人で遊びまくるという変な夢を観ました。
まぁ、いい夢っちゃいい夢ですよね。ロマンスの欠片もありませんでしたけど。
そしてバスケで私が二人をこてんぱにやっつけるという恐れ多いオチで、ファンの皆様ごめんなさいです。

6日のロンドンが中止になったんですねぇ。
まぁ、そしたら今度ロンドンで3日間くらいやれるようになったらええんや。
頑張れはいちゃん。


お返事

>無記名さん
やっぱり気になりましたか(笑)
はた迷惑な主張はやめていただきたいですね(爆)


関連記事
スポンサーサイト
【2013/10/05 20:49 】 | ラジオでHYDE | コメント(1) | トラックバック(0) |
<<CDTVのツボ | ホーム | MJのツボ(ツノ)>>
コメント
初めまして、人気サイトランキングです。サイトランキングを始めました。ランキングに、登録して頂きたくメールさせて頂きました。SEO対策にも力を入れています。一緒に発展していけれるように頑張りたいと思いますので宜しくお願いします。http://z-x.in/zjj/
初めまして、人気サイトランキングです。
サイトランキングを始めました。
ランキングに、登録して頂きたくメールさせて頂きました。
SEO対策にも力を入れています。
一緒に発展していけれるように頑張りたいと思いますので宜しくお願いします。
http://z-x.in/zjj/
【2013/10/05 20:25】| URL | まゆみ #-[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://faireal.blog96.fc2.com/tb.php/1742-806b47ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。