スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
FM愛知VAMPS公開収録 
ちょっと遅くなってしまいましたが、FM愛知、黒ちゃんの番組での公開収録のものです。
よろしかったら。







黒ちゃん:FM愛知をお聴きのみなさん、時刻は7時30分を回りました~。黒岩唯一です。さて、ここからの時間はVAMPA AHEAD/REPLAYスペシャルと題して、先日7月9日にアスナル金山で行われた公開録音イベントの模様をお届けしたいと思います。
いやぁ~~、いやいやいやいやほんとにねぇ、大いに盛り上がりました。とにかく4000人以上の方がアスナル金山に集まった!もう早い方はねぇ、朝の5時くらいには来てたということで、いやすごかったですねぇ。
熱気、熱気、熱気!
そしてですねぇ、なんと女性ファンはもう水着で待っていたぁ!(黒ちゃんおこぼれ)そんな方もねぇ、多かったですねぇ。
兎に角興奮!興奮!のこのイベント。それでは早速聴いてもらいましょう! どうぞっ!!




黒:さぁそれではですねぇ~、改めてご紹介します! VAMPSのHYDEさん、K.A.Zさーん!!

H:はぁい!

ということで、じゃまずはみなさん、HYDEさん登場ですよぉ、みなさん! じゃ是非叫んでください、せーのっ!!

(はいどーーーーーー!!)

H:かじゅです。

ありがとうございます(笑) さぁ、K.A.Zさん登場ですよ。K.A.Zさんに一言、せーのっ!

(かっずーーーーーーー!!)

K:ありがとうございます。

なんかふつーな感じでしたね。でもありがとうございます。
さてさて、ほんとにね沢山の方が集まっていただきましたが、実はですね、VAMPSのお二人は、ココ、アスナル金山3回目なんですよね?
そうなんですよ。実はですねぇ、前回は2010年5月、「DEVIL SIDE」の時ねぇ、僕が担当させていただきまして、トークの方も盛り上がったというそんな記憶がありますね。

H:はい。

聞いてましたよね?

H:聞いてますよ。盛り上がりましたよね。

盛り上がってましたぁ~! いやぁ~、ありがとうございます。

H:いぇーい!

そしてその前はね、2008年9月にちょっとね、天候が悪かったんですけど、あ?来てました?(お客さんに)その時も盛り上がったということなんですけど。
覚えてますかK.A.Zさん? その・・・・前回、前々回を。

K:覚えてますよ。 か・傘さしてる人もいたり、合羽の人もいたり。そうい中、大変だったですよねぇ。

はい、沢山集まっていただいて。今回は熱波!! 非常に熱い名古屋、ここアスナル金山からお送りしていきたいと思います!
あの~、僕は昨年の夏、蒲郡のイベント以来ということで、お久しぶりです!

H:そうだっけ?

あ!違うわ! その後にZEPP名古屋がありましたね!

H:あ~。

「あ~」じゃないですよっ!

H:あの、編集でカットしといてってゆったのにぃ~・・・・・・まんまと入ってましたねぇ~、DVDに。

いやぁ~、嬉しいですねぇ~。ツアーDVDの特典として、僕がHYDEさんに変装して・・・・・そのライヴ来た人?!

(はぁーーーーい!!)

あらら、じゃその人たちにはほんとごめんなさいね。僕、チケット代を返さなくちゃいけないかもしれませんね。

H:はぁい。

「はい」じゃない!(笑) 特別な感じだったんですけど。

H:ほんとに。

いやぁ、ほんといい経験させていただいて。
さて、今日はいろんなライヴの話、またリリースの話をしていくわけなんですけど。
まずはですね、7月3日にリリースされましたファン待望の2年振りのシングルリリース、おめでとうございまーす!!
「AHEAD/REPLAY」、はい、CD持ってるひと~~~~?

(はーーーーーい)

ありがたいですけどぉ~~~。

H:ありがとうございます。

いやぁ~、ほんとに久々のシングルなんですが、お二人にとって今回のこの新曲「AHEAD」の方なんですけど、どんな一曲にしてやろうかなと想いを込めた制作だったんでしょうかね?

H:そうですねぇ・・・・・・そっちの方は、「えぇ曲」にしたいなぁ思いまして、一生懸命ね。

K:そうですよぉ。

H:乳繰り合いながら。

乳繰り合いながら(笑) どの辺を?

H:いろんな部分を。

いろんな部分をwww

H:合いながら・・・・・そして、完成度を(感性度か?笑)高めていったというかね。

おぉ~~~~。これはアレですか? 曲の方から生まれてくるんですか? 今回の作品は。

H:曲というか・・・・・・曲ですね。



H:曲から。

曲から、はい。あのぉやはりね、最初のイントロの部分から、K.A.Zさんの恰好いいギターからスタートしてまして、そして曲のほうが行くということなんですけれど・・・・・

H:はぁい。

あの~、K.A.Zさん自身も今回のこの「AHEAD」については、どんな想い入れでレコーディングや制作の方へ携わったんでしょう?

K:そうでうすねぇ。もうほんとに、2年振りくらいの新曲なんでね。あのぉ~、恰好いいものをね、出さないと、ちょっとね、世の中に出にくくなってしまうので、頑張りました。

H:そうですねぇ。

リリースは先日だったんですが、レコーディングはどれくらいの時期にやられていたんでしょうかね?

H:最近ですよぉ。

え?

H:2か月くらい前ですか?

K:5月くらい?

6月? 5月くらい?
やはり制作時間というのも気になるんですが、かなり時間は掛けた一曲なんですか?

H:いやぁ~、もう泣きそうになりながらやってましたねぇ~~~。

泣きそうになりながらやっていた?

H:なんかやっぱりみんなにねぇ、いいもん届けたいんでぇ・・・・・・・結構CMとかもあったんですけど、CM録りした後もまだアレンジしたりしてましてねぇ。

CM用のバージョンができた後に、もう一度皆さんに届ける時にやり直しというか?

H:そうなんですよぉ。結構いろいろやりましたよぉ。

やりました?

H:はぁい。

じゃ、寝れない日々があったりとか。

H:いや、よく寝てました(笑)

あぁあぁ、寝てたんですか(笑)

H:寝てましたけど、でもやっぱり普通よりちょっと時間が掛かったかなぁ? 歌もほんとに、英語が多いんですけど、でもほっんとに一音、一音やっていったような感じなんでねぇ・・・・・

でもそういうねぇ、今優しくトークしていただきましたけど、そういったのもやはり伝わってきて、もう早くライヴなんかでも聴きたいですし、歌詞の内容も英語詞ですよね? みなさんも和訳なんかを見たかと思いますけど、前向きで、すごく格好いいし、非常にいいなと僕もみなさんも思ってますよね! そうですよね!?

(そうでーーす!)

これやっぱ仕込まないとできないもんなんですか?

H:ねぇ。ですねぇ、その・・・・・「あー」ってなりましたよねぇ。

あわわ感が・・・・・・・まぁでもね、CMにも使われていて、非常に恰好いい一曲。これが「AHEAD」だと思うんですが。
早速ここで、まずはね、、FM愛知を聴いてるみなさん、そして会場のみなさんに聴いてもらいましょう。
曲紹介、お願いしまーす!

H:あ・・・へぇっっ・・・・・どぉ。

AHEAD

さて、お送りしたのはVAMPS 「AHEAD」でした。改めてご紹介します。VAMPS、HYDEさん、K.A.Zさーん!!

H:よろしくお願いします。

いやぁ~、ほんとにね、今日は暑いアスナル金山、名古屋なんですけど。ステージのほうもね、かなり熱気が伝わってきましたね。

H:うん。

いやいや、お二人は暑いのは得意ですか? なんか??はすごい楽しそうにやってましたし。

H:そうねぇ、最近あついの好きでぇ。あの・・・・・ムレルのとか大好きです。

蒸れるのが?

H:むれるのが。

ウェットな感じの。

H:そうそう、じめっとした。

ジメッとした感じが。

H:そういうの大好きです。

どの辺が好きなんですかね?

H:なんかあの・・・・・・きもちいぃん・・・ってなるじゃないですか。

・・・・・・・・きもちいぃ?・・・・・・・あぁ~ジメジメした感じがね?

H:はぁ~い、はぁ~い。

みんなも気持ちいい? 
(気持ちいーーーーーー)

H:ほらぁ。

今もジメジメしてますよ。気持ちいい?
(気持ちいーーーーーーーー!!)

気持ちいいそうです。
K.A.Zさんはウェットと暑いのどうですか?

K:あ~~どうだろう? 結構暑いの苦手なんですよ。

そうなんですか?

K:そうなんですよ。う~ん、でも・・・・・夏は好きですよ。
夏は好きなんですけど・・・・・しっ・・・・・つど?


うん?

H:つまらなくていい。

K:しつど・・・・しつどが苦手。

湿度が苦手ですよね。

K:うん。

僕も「しつど」はよく噛むんで、しゃべるのは苦手なんですよね。
でも、プレイに入っちゃうとぜんぜん大丈夫ですよね?やはり・・・・・

K:そうですね。演奏してる時はね、もうそっちに頭が・・・・・ね、切り替わってるんで、大丈夫です。

さぁ、ということでね、夏を感じながらなんですが、もう一曲のお話を聞きたいなというふうに思います。
え~、もうひとつは[REPLAY」という曲なんですけれど、もちろん皆さんもね、聴きこんでいただいていると思いますが、こちらのほうもですね、なんと世界で600万DLを超えたゲームアプリ、ダークラビリンスの主題歌に抜擢されているということなんですが。

H:はぁい。

世界中のね、ファンの方が聴くと思うんですけど、ちなみにゲームのタイアップなんですが、お二人はゲームとかそういったものはやるんでしょうかねぇ?
HYDEさんは、いかがですか?

H:王様ゲームくらいですかね?

あ~、なるほど。王様ゲームですね。
あの~~、取った時にはどんな指令を出すんでしょうかね?

H:あ~、そうですねあの、あんまり言えるようなことではないですけど。

そうですね。僕もこれなんで聞いちゃったんだろうと思って。これもオール無しで。
皆さんもツイッターとかで呟かないようにね。
でも、K.A.Zさんはゲームやります?
なんかアクティブだからゲームとかはやらない感じがするんですけどね。

K:あんまりやらないんですけど、でもたま~~にすごいやりたくなって、その頃にはだいたい機種が変わってるんですよ。
一世代次のものが出たりとかして。
で、買ってきて一回やったらまた次の世代までやらないくらいの感じになっちゃうんですけど。

(常人は違う別次元の時間軸で生きてる感じですね)

H:僕、アレにハマりました。アングリーバード。

アングリーバード?

H:なんか、鳥・・・・・・鳥を飛ばすやつですね。

え? 俺まったくわからない。

H:わからないのぉ~~?

はい。

H:え~~~~~~~。めっちゃ可愛いんですよ。

え?ゲームですよね?

H:鳥をこう・・・・・ピンで飛ばすんですけど・・・・・ヴェ~~~~~~~~~~~~!
よくできてるんで、めっちゃめちゃ可愛いんですよ。


もう今日、アングリーバードのDLが凄いんじゃないんですか?僕もみてみようかなと思います。
で、そしてこのREPLAYに続いては、なんと!情報が入ってきまして、秋頃に全て英語詞のベストアルバムがリリースされまーーす!!
全て英語ですよ。ベストアルバムです! しかも全世界に向けてです!!!! ねぇーーー。
これ、どういう想いでこの1枚を出そうと思われたんでしょうか?

H:よう聞いてくれました。

ありがとうございます。

H:これはですね、もう僕、以前から作りたいと思ってたんですけど、VAMPSのいい曲だけを集めて、それを何と言うんでしょう・・・・・
世界に向けて1stアルバムとして出したいなと思っていたんですね。
だからVAMPSの最強の1stアルバムが世界にリリースされるわけなんですけど、それを引っさげて世界のツアーに行きたいなと、以前から思っていたんですね。


いやぁじゃ~、世界中のVAMPSファンの方、まだVAMPSを知らない方も、この1枚でVAMPSを知るということなんですね。

H:そういうことです。ただそれを、あの、日本のみんなはベストの曲順が並んでるから、これは日本の人からみるとベストアルバムやな、ベストアルバムみたいやなと思うんで「ベスト」っていう名前が付いてるのか僕知らんけど、そういうことになってるんですよ。

あ~~、そういうことで。いやほんと楽しみですよねー、皆さんねー。

H:これがまた大変だったんですよ。この普通に集めて・・・・ベスト版って普通に集めたらもう完成なんですよ。曲だけをね。
これ全部録り直してねぇ・・・・・・・


K:そうです。

あ、全部取り直した?できたんだね!?

H:はい、演奏もところどころあるんですけど、Mixもう一回全部やり直して。ほっ~~~~~~んま大変やったんです。これ。

あ~~、じゃやっぱり、寝れない日が続いたんですよね?

H:寝てました。

寝てたわけですね(笑)

H:寝てました。

K:丁度海外行って、LAまで行っていろんなMix作業したりとかして。

そうなんですねぇ。

K:そうなんです。

じゃ、もうできあがってはいるわけですね? いよいよというわけですから。

H:まだ・・・・・・あたふたしてますけどね(笑)

あ、まだなんですね。

H:ほ~んまにでもね、今回だけはたぶん、僕、これ以上は無理じゃないかなというくらいのアルバムなんで、気を抜きたくないんですよね。
(ちょっと音が飛びました)にまで、ほんま、うるさくゆうてます(笑)


妥協はしたくないと。だから発売日が「秋頃」という話までなんですね。
ということで是非ね、このベスト・・・・・・・・・え?

(会場に笑い)

H:あ、ごめんなさい。

今、動きがあって皆さんの目がふっと行ったんで、何があったのかなと思ったんですけど。
ベストアルバム、タイトルのほうが情報では『SEX BLOOD ROCK'N ROLL』

H:SEX・・・

SEX BLOOD ROCK'N ROLLってなってますね。
楽しみですねーーー!! ただ、まだ完成はしてません。きめ細かく今作ってますから。皆さんにも聴いていただきたいなと思います。
それではですね、ここで先程お話がありましたこの曲、聴いていただきたいと思います。
それでは曲紹介お願いします。

H:り・・ぷれぇい。

REPLAY

さて、曲のお話、またベストアルバムの話をしていただいたわけなんですけが、ここからですね、いよいよ昨年は蒲郡でライヴ!
昨年蒲郡のライヴに来た人ーーーーーーー!!!!?

BEAST ON THE BEACH 僕も参加しましたが、今年も決定しております!
今年はですね、なんと! VAMPS LIVE 2013 BEAST PARTYーーーー!!開催決定です。

H:イエーィ! 

こちら開催地は山梨県、山中湖、交流プラザきららで開催決定でーーーす!!

H:はい。

今回はパーティーなんですね? 

H:そうなんです。

どういう感じの?

H:ビーチじゃないからね、言いづらいなと。で、パーティに変えました。

で、目の前には山中湖。

H:はい。

そして後ろには世界文化遺産登録の決定した富士山が望めるロケーションなんですね。

H:凄いですよ。たぶんこっちに富士山があるんですね。

皆さんが富士山が見えるわけです。文化遺産が決まるというのがわかっていて場所を選んでいたんですか?

H:てか、僕がお願いしたというかね。僕が、いいんじゃない?これ、そろそろね。

あ、そうなんですか? そういうことで、だから!

H:う~ん、ライブもあるし、そろそろいいんじゃない?

そういう呼びかけ活動のお陰で富士山は世界遺産に登録・・・・・・ありがとうございます!拍手ーーーーーー!
ありがとうございます、HYDEさん。
で、山中湖畔っていうのはねぇ、やなり魚もいます。マス釣り好きのねぇK.A.Zさんにとってみると、やはり合間に釣りなんかもするんじゃないかと思います。いかがですか?

K:朝から晩までず~~~~っと釣りができますからねぇ。

ですよねぇ。

K:はい。

でももちろん、リハーサルもあって、ライヴもやらなきゃいけないですよねぇ。

K:あ~~・・・・、ライブ30分か15分くらいで切り上げて・・・・・

(えーーーーーーーー)

K:え? じゃみんなで釣りやりましょう。

みんなで釣りやるの? じゃ、ショートライヴになっちゃいますよねぇ。
で、みんなで釣りやって、大会になっちゃいますねぇ。
でも漁場としては釣れる場所なんですか?

K:はい。黒ちゃんに潜ってもらいます。

わかりました。

K:はい。

じゃ、やれと言われれば本当にやりますよ。ちゃんと僕が潜ってる間、釣りしててくださいよ。
上がったら誰もいないとか嫌ですからね。あれ? 誰もいないの?って。ありそうじゃないですか!

H:面白いね、それいいじゃないですか。

いや、その山中湖のほうなんですが、予定としては行くよーー!!という方、どれくらいいらっしゃいますか?
是非ね、皆さん足を運んでいただきたい。ほんとにロケーションがすばらしいところですもんね。

K:そうですねぇ。実は行ったんですよね。

実は僕も。

K:二人で。

K.A.Zさんと二人で。ちょっとロケ班をしてきまして。

K:デートで。

H:え~~~~!

K:デートで行ってきました。

一緒にハンモックも乗ったりして。

K:そうですね。

H:ぼくはぁ?

ちょっとねぇ、HYDEさんにちょっと内緒で行っちゃったんですよねぇ、二人で。
本当とてもいいところなので・・・・・・
すみません。ほんととてもいいところなので・・・・・・
(キャーーーーー)
美味しい表情ありがとうございます。(HYDEさんがむくれ手可愛い顔したらしい)
もうこれで今日来た方、満足でほんと嬉しいなと思うんですが・・・・・・ただですねぇ・・・・・・そろそろですねぇ~~。
お時間が・・・・・来てしまったんですよぉ。
まだまだ本当にお話していたいんですけど、とにかくまずは明日からのZEPP 名古屋の方のライヴで、是非皆さん楽しいひと時を過ごしていただきたいなと思います。
それではですね、アスナル金山に集まっていただいた皆さん、FM愛知を今お聴きの皆さんにラストメッセージを送ってください。
それではK.A.Zさん、お願いします。

K:はい、ん~~~とね。もう今日から、あ、ライヴは明日からなんだけど、しばらく篭城してるので、え~~とね、遊びに来てください。
ね、まぁVAMPARKって空き日の時もあるんで、面白い映像も観れるんで、是非足を運んでください。


ありがとうございまーす! それではHYDEさん、お願いします。

H:えーっと、そうですねぇ。あの~~、ここは暑かったんでしょ~?
なんか太陽出てたの? あ、そう? そんな出てたのぉ? あら~、大変やなぁ。
おしっことかどうすんの? 我慢してんの。 あら~~ん、かわいそうに。
ここのドーナツ屋さんとか美味しいんですかねぇ?


(美味しいーーー)

H:僕食べれないんですけど。話長いなとか思ってるんでしょう?

思ってないですよ!
いや、ファンとのこういった時間大切なので、もうマイクを下に置いてましたから!

H:笑 意気込みですよね?

意気込みです。明日からの意気込み、そしてラジオをお聴きの皆さんにメッセージを。

H:これほんとにね、楽しみにしてますし、名古屋の皆さんの凄いノリノリなとこね。
エライことになると思うんですけど、身体には気をつけてね。
あ、僕もね? わぁ~~、なんて優しいんやろぉ~~~。頑張るわ。
・・・・・・・いいですか?


はーい、ありがとうございまーす!
いやほんとにね、素敵なトークありがとうございました。
そういうことでですね、これにてトークショー、そして公開収録終了ということで、改めてご紹介させてください。
今夜のゲスト、VAMPSのHYDEさん! K.A.Zさんでした!!!

V:ありがとうごいました~。

ありがとうございました~~。



いやぁ~、いかがだったでしょうかね?
ZEPP 名古屋でのライヴは終わってしまいましたが、トーク中にありました8月10日、11日、山中湖で開催されます、VAMPS LIVE 2013 BEACH PARTY。
参加される方も多いんじゃないでしょうかねぇ? 僕、黒岩も参戦予定ですよ。山中湖に行ったら是非声を掛けてください。
是非ともね、夏の思い出をVAMPSと一緒に今年も作っちゃいましょうね。
そして最後に僕から一言!
山中湖でステージに立っちゃうかもーーーーー!
ブッブーーーーーーーーー(効果音)

えぇ?(笑)
是非一緒にVAMPS楽しみたいと思います。
そしてもちろん、FM愛知のほうにもねVAMPSリクエスト待てますよ。どんどん送ってください。
それではまた月曜の朝に会いましょう。
ここまでのお相手は、VAMPSの非公式、6人目のメンバー黒岩唯一でしたー! ピースッ!

AHEAD



こんな感じでした。
では~。
関連記事
スポンサーサイト
【2013/07/23 05:23 】 | ラジオでHYDE | コメント(2) | トラックバック(0) |
<<お久しぶりで、やっとVAMPS会報読んだりして | ホーム | 電撃!! BUZZ ROCK VAMPSコメント>>
コメント
まんまと
黒ちゃん、DVDに登場していましたね。そのおかげで、2階席で笑い崩れるHYDEさんと、黒ちゃん退場時のなんとも可愛いHYDEさんを観ることができたので、良しとしましょう(笑)

「ぼくはぁ?」って、HYDEさんが言ったのだと思うと、文字さえもかわいくなってきます(>▽<)

世界への1stアルバム、馴染んだ曲がどんな感じになるのかなーー
早く聴きたい!です♪
(お披露目楽しみですネ)
【2013/07/23 21:13】| URL | SUZUNE #-[ 編集] |
SUZUNEさん
行けっていったのは「ぼく」自身なのにねぇ~。

ベスト・アルバム、SUZUNEさんがグッズ付きというので思わず私もポチリました。
使えるかしら?着れるのかしら?
でもお揃いだよ!
【2013/08/05 09:25】| URL | 栄 #-[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://faireal.blog96.fc2.com/tb.php/1727-728f46ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。