FC2ブログ
沖コン劇場
今日は、チケット当落の日でした。
栄仁の当落は・・・・まずまずでした。

ですが、アリーナ級でこの確率はないのでは? 特に代々木なんて。
これではFCに入っていてもあまり有り難味が感じられませんよねぇ。

日記もサクッと行けやぁ!

それともお互いに保険かけすぎなんでしょうか?
9000円ですよ?
皆さん金持ちなのか?
自分で首を絞めているのか?
最初からFC枠が少ないのか?
FC会員が予想以上に増えたのか?(富士急、長蛇の列だったとCD屋の兄ちゃんがゆうてました)

やめよう。
結果は結果です。

ということで別の話題。

okikon4.jpg


先日仕事場の整理していて掘り起こしました。
確かあったよな~と思いながら。
1990年、17前の『新建築』

okikon3.jpg


2階席の一番前から撮っているんですが、割と近くに感じます。
舞台上の壁面に花のモチーフ。
建物内の幾壁かにもいろいろな花のレリーフが施されていたと思いますが、これは設計者にちゃんとした意図があったんです。

お誘い受けていながら都合で行くことができなかったのですが、
沖コンは見てみたいと思っていました。
今回りゃるくさんのLIVEもということで一石二鳥だと思っていたのですが、本当に残念でした。

img209.jpg


こちらの画像は拡大できます。
こういうの見ながら、スタッフやラル面の動線を想像して萌えることができるのは、ラルヲタ多しといえども私くらいだろう。


設計:大谷研究室・国建設計共同企業体

大谷幸夫氏は丹下健三氏の下で広島平和記念資料館の設計も手伝っています。
後は、国立京都国際会館など。正直、これはちょっとディティールがダサダサですが。

沖縄は先の大戦で多くの民間人が犠牲になった所です。
自身が本土出身の大谷氏はこのことにつき、この建物が「沖縄の建築」になるために誰に捧げる建築なのかを表明しようとしました。

「建築は人びとを何ものかから守るために在る」

この建築の本義を想い、戦争で私たちが大切な者を守れなかった慙愧の念を新たにし、コンベンションセンターという建物で建築の本義を表明し、守るべきものを守るという意思と願いを表そうとした。

と、氏は言っています。

劇場・会議場・展示場に挟まれた広場に設置されている鐘楼は、戦争で亡くなられた方々へ向け、またこれからの平和を願い鳴らされるべきものとして造られたのでしょう。

沖縄の太陽・空・海。
これらを建物内に取り込み、劇場を広く開放し、かつ居心地のよい空間とするために、沖縄の強い日差しを遮断する必要もあったという矛盾した建築的措置のために、幾重にもさし掛けられた屋根も、一見すると蓮の花のような感もします。
劇場内の天井や屋根のTOPも蓮を連想させるモチーフなのではと思います。

また、建物内のコンクリ打ちっぱなしの壁に施された花のレリーフは、
人々が客を迎え入れる日常生活の作法や様式を、建築を捧げる以上備えるべきだと思い飾ったものだそうです。


いつかここを訪れることができたなら(もちろんラルクさんのLIVE以外ではその予定はないと思いますが)、
沖縄のそういう歴史も踏まえてLIVEに臨みたいと思います。

いやー、なんか今日は肩凝ったな。


++ レス ++

>松井さん

3人が3人とも同意見ということは、大方の方がそう思っている確率が高いということですね。
つまり、「で、どうなんだよ。はっきりしろよ」と、皆さんが思っているということですね。

そこはお好きなように!

私は皆様の妄想のお手伝いをさせていただいているだけでございます(執事風)

URL、ありがとーーー!!!
ふんごーーー!!!
何これ? まんま! まんま!

今夜は長い夜になりそうな栄仁ですよ。



関連記事
スポンサーサイト



【2007/09/27 18:44 】 | ラルクあれこれ | コメント(1) | トラックバック(0) |
<<デーブレ | ホーム | お彼岸>>
コメント

今夜は寝かせないぜ


建築、さすがに広い知識と深い洞察ですね
絶対音階のように空間を掴みとる能力というものがあるという話を読んだことがあります、造形学の教科書だったな確か
建築に進む人は、それを身につけている人達なのだそうです
それがないと、てんで駄目なんだそうですよ
そして『君は無いね』と教授に言われたのは私です

そうよ、だって、てのひらサイズが好きなんだもん
ひゃいどさんだってちったいじゃん(論点ずれてます)
その機会には沖縄へお供させてね!
【2007/09/27 22:35】| URL | 松井 #NL852uQM[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://faireal.blog96.fc2.com/tb.php/168-b3876ab1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |