FC2ブログ
同じく
undo.jpg


運動会でした。
北に抜けた台風の影響もなく、朝から太陽光の降り注ぐ運動会日和。

しかし私は広報部。
朝から一眼レフデジカメを肩から下げ、1年から6年まですべての競技に子供たちと一緒に参加しました。
騎馬戦や棒引きの迫力ある現場は、撮影していて楽しかったです。
対抗リレーはあまりにも近寄りすぎて、走ってくる子供に轢かれそうになりました。

帽子を目深に被り、サングラスこそしてませんが全身黒づくめ。
首からタオル。
そして、広角レンズをつけたごっついデジカメを下げ、
『広報部』の腕章こそつけているものの、踊っている子どもたちの輪に
入って、自分の娘をここぞとばかりに近寄って撮りまくる私は、
完全に変質者みたいでした(友人談)

でも、普段運動会の写真なんて、こんなに近寄って撮れないですからね。
知っている子どもたちのいつもは見たことのないイキイキとした表情を、たくさん撮れてとても楽しかった。
心もほんわかです。

後は、変質者スタイルでちったいのと『目覚まし体操』を踊る私を、他部員たちがよってたかって撮った写真が気がかりです。

肩が凝って痛いのが後遺症。

++ レス ++

>瑞月様

いや~、瑞月様、私が貴女と同じ年の頃よりずっとしっかりされてますのでびっくりしました。
今の若い方はブログなど様々な形でご自分を表現されているじゃないですか。公開されるので『公』ということを前提にして書かなくてはならない。
それなりに制約や責任も伴ってきますよね。
私たち、そういうのなかったですからね。
公の日記といっても、『交換日記』がせいぜいでした。
可愛いもんです。
そして、とっても毎日を単純、おかしく暮らしていました。
好きな外タレの情報なんて誌面を読み漁ってもわずかなものだし、今度はいつ来るかわからないLIVEに親に頭下げて(最初のうちだけだったけど)行ったもんですよ。
海外のLIVEの模様を数日後にネット上で見たいだけ観れるなんてこと、夢にも思ってませんでした。
ええ時代や。
年寄りくさいな私。

そういう面では瑞月様たちは、あの頃の私たちと比べて刺激的な毎日を暮らしていらっしゃるなぁと思います。
少し羨ましいですね~。

関連記事
スポンサーサイト



【2007/09/17 03:22 】 | 日々 | コメント(1) | トラックバック(0) |
<<シヲン君 | ホーム | 週刊文春>>
コメント

お疲れ様でした
ぶはあーっ 笑ったよ 黒いいでたちでパパラッチな栄仁さん
しかし無いですよ、そんな貴重な経験。
競技中の子ども達に接近できるなんてありえない
hyさんばりにカメラ目線で挑発してくるお子さん、いたら面白いね

青春懐古(笑)
あの頃ねー、限られた情報を雑誌から拾い出し、好きな外タレの切り抜きを友達と交換したり、
小林●也が教えてくれる彼らの近況メモして
そういったもの全てが宝物でしたね
検索すれば出てくる今では、わかる以上の情報がほしくて、結局満たされない欲求は増えてる気もする
しかし、己れ少しは落ち着いたらどうだって思うけど、こんな風に自分を表現できる世界を知ってしまったら睡眠時間削ってもやらずにはいられないし
ネットによって本当に世の中変わりましたねえ
【2007/09/17 06:57】| URL | 松井 #NL852uQM[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://faireal.blog96.fc2.com/tb.php/160-99fd20a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |