スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
ZIGZO 「I'm in Love」
「ZIGZO 3rd. Album “THE BATTLE OF LOVE”より“I'm in Love”のPVフル視聴がstart!
見ていく程に、まさかの展開が…。必見!! 」


ということで、「I'm in Love」のPV観てきました。




宇宙ができるその前なんて僕らはまるで知らないまま
地球が滅んだその後も僕らには関係ないまま
相対性の理論はまだ僕らには関係ないまま
あてのない荒野もI'm in Love


高野さんの歌詞には人を食ったようなところがありながら、
彼のとてもあたたかいところで歌われている印象があります。


井上ひさしさんの言葉に、
むずかしいことをやさしく、やさしいことをふかく、
ふかいことをおもしろく、おもしろいことをまじめに、
まじめなことをゆかいに、そしてゆかいなことはあくまでゆかいに

というのがあります。

これを音楽に変換したら、これ以上のロックはない!と思うんですが、
高野さんの歌詞を読む時、いつも井上ひさしさんのこの言葉を思い出します。


曲のほうもいらないものを限りなくそぎ落としてシンプル。
音と声が際立って、とってもハッピーな仕上がり。
だからいつの間にかフレーズが身体の中に入り込んで、
知らない間に口ずさんだりしています。


そして、ヴォーカル哲さんからのコメント。

10年ぶりに目覚めてはみたものの、やはり未だ悪夢の様な現実。
こんな時代に必要なものは…
そう! くらえ! ラリアット! 走れ! 炎のランナー!



10年前も今もあまり変わり映えのしない現実は、ZIGZOの現状も踏まえてのことなのか(笑)
「I'm in Love」は10年間待ってくれたZIGZOファンへの歌にも聞こえてきます。
そしてラリアットを喰らう高野。
爆笑でした。

でも起き上がった彼の唇には炎のランナーからの熱い接吻の痕跡が。
I'm in Love。 結局彼は愛されてるのか? 

愛されてるにしても、それが手痛い愛に違いはないと感じているのでしょう(笑)


THE BATTLE OF LOVETHE BATTLE OF LOVE
(2012/10/10)
ZIGZO

商品詳細を見る

ジャケット、ピンクの「WISH YOU WERE HERE」(あなたがここにいて欲しい)を思い出しました。

いつもコメント、拍手ありがとうございます。
お返事遅れていてすみません。


関連記事
スポンサーサイト
【2012/09/22 12:31 】 | sakuraさんとか | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<VAMPS TIMES vol.14 読みました~ | ホーム | 9月19日 VAMPS ZEPP東京最終日 >>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://faireal.blog96.fc2.com/tb.php/1573-60a93db7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。