スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
黒ちゃんのCountdown DRAGOON SPECIAL @VAMPS ラジオ起こし
黒ちゃんの「Countdown DRAGOON SPECIAL」の文字起こしです。
よろしければ















黒:さぁ、改めて紹介しまぁ~す。VAMPSのHYDEさん、K.A.Zさんでぇ~す。
じゃぁまずはですね、FM愛知お聞きのみなさん、会場の皆さんに一言お願いします。
HYDEさん、どうぞっ。

H:いやぁ~、夏だねっ! ありがとう夏!

黒:「ありがとう夏!」 出ましたぁ~。
K.A.Zさん、お願いします。

K:はぁい、えっと暑い中、え~と、夏に来てくれてありがとうございます。
倒れないようにしてくださいね。


黒:はぁーい、ということでこれから1時間、よろしくお願いしまーす。
じゃぁね、こちらブースの方へ座らせていただいてお話していきましょう。
いやいやいや、まずはほんと人・人・人で~、すっごいですよねぇ~。
みなさん!じゃぁもう二人いますので叫んでください。 せぇーのぉー!

(それぞれの雄たけび)

黒:いやぁ~、凄いですねぇ、ありがとうございます。
さてそれではね、ここから公開生放送でお二人にいろいろとお話を聞いていこうかなと思いますが、
まずね、このBEAST ON THE BEACH、ライブのほうが無事に15日、16日終えました。
会場の中にもこの二日間を観たという方がいっぱいいましたよね。
観た人ー!!??

(はぁーい!!)

黒:いるわけですよぉ。この二日間を振り返ってみて、まずK.A.Zさん、如何ですか?

K:はいはいはい。いやぁね、海がこんなに近いと思ってなかったんでね、凄く楽しかったですね。
まだね、これからもあるんですけど、えっと、まだ参加するって人、いっぱいいますよね?
はい。 楽しんでいってくださいね。


黒:はい。 HYDEさん、如何ですか?

H:これね、気持ちよくってこれ。 ヤッヴァイっすよ、これ。

黒:ヤヴァイですか?

H:とけちゃいそうになりますね。

黒:とけちゃそうですか?

H:とけちゃいますね。

黒:とけちゃいますよね?

H:海とか空にね。 とけちゃう。 もう・・・ね。 ぐちゃぐちゃですからね。

黒:ぐちゃぐちゃですよね。

H:はぁい。

黒:みんなももう、二人が出てきて、とけちゃいそうじゃないですか?

(イェーイ!)

黒:ねぇ? じゃ、せーので「とけちゃう」ってセクシーにお願いしますね。
せーのっ!

(とけちゃーう!)

H:何を言わせるんですか?

黒:いえいえ(笑)こういう流れから。

H:ほんとにね、前から聞いてますけどね、結構聞こえてくるんです、楽屋に、ラジオが。

黒:あ、そうなんですか? いや、嬉しいですよ。
二日間ね、ラジオをさせていただいて、呼べばライブ前に出てくるんじゃないかな?っと思ったんだけど・・・・

H:出るわけないじゃない。

K:ははははは・・・・

黒:いや、出てきたら嬉しい・・・・

H:台無しよ。 台無し。

黒:そうですよね。 いろいろあるわけですからね。
いやでもね、ほんと二日間拝見させていただいて、素晴らしいライブをね、ほんと、
ひろ~~い海の前と、そして昼間から夕焼けになり、夜になっていくあの様が、とても素敵だなと個人的には思ったんですが、
プレイをしていてお二人はどうですか?
やはり移り変わりというのがやっぱり?

H:いや結構ね、時間を気にしてますよ。 あ~、大丈夫かなぁ?って。

黒:あ、時間を。

H:そうそうそう。 あまりずれ込むと夕日じゃなくなったりとかね。

黒:演出で合わせてるんだ?

H:だからね、結構ね、タイムスケジュールがあるんですわ、あれ、ああ見えて。
適当にやってるようで、ちゃんとやってるんですよ。


(素敵だよーー!! 知ってるよーーー!!!)

黒:(笑)完璧ですか?(ファンに)

(完璧ーーー!!!)

黒:最高ですよね?

(最高ーーーー!!!)

黒:じゃ、せーので「完璧」って言いましょうか?
じゃ、せーのっ!

(完璧ーーーー!!!)

H:あ、なんでもそうなんですか?

黒:これ言うと僕ん中で安心感があるんです。

H:なるほどね。

黒:ひとつになれた感じがあるんで。
あと、やはり気になるのは、BEAST ON THE BEACHでビーチライブをやるきっかけっていうのはなんだったのかな?
っていうのを気になってる方は多いと思うんですけど。
その辺如何でしょうかね?

H:あのね。 案外似合うんですよね、VAMPS、野外が。
似合う・・・・・と・・・・思ってるだけなんですけどね。 あの・・・・ね。 似合うんですよ。
で、今までも何箇所かね、広いとこやってきたんですけど、野外で。
あのぉ、いつもね、この向こうが海やったらええのになって思いながらやってたんですよ。夏はね。
んでちょっと、ビーチでできへんかなっ?って結構探してもらって、やっと見つけたのがここっ!!
ラグーナ・・・・・いえぇぇ~~~~い!!


黒:やぁ、でもね、ほんと、日本のいろ~~んなところの中から愛知県蒲郡のラグーナビーチを見つけていただいて、
ほんとありがとうございます!

H:あ~、こちらこそ。

黒:ほんと凄く嬉しいですよ。じゃ、K.A.Zさん。

K:はい?

黒:ありがとう言わないとね。 じゃ、ここ「ラグーナにしてくれてありがとう」って言いましょう!
せーのっ!

(ありがとうーーー!!!)

H:ありやす・・・(笑)

黒:K.A.Zさん、でもほんとに目の前がビーチですからね。

K:ねぇ、すっごいよねぇ。あの、今潮がたぶん満ちてる時間だよね、きっとね。

H:満ちてるのぉ~~~?

K:近いもんね。

黒:あ~、そうですよね。

H:みちてるわぁ~~~。(・・・・このひと)

黒:いやぁ~、潮の満ち引き大潮の時に丁度ね、開催されてるわけなんですけど。

H:あ~、素敵ねぇ~~。

黒:参加されてる方が、今日もですけど、ほとんどの方が要するにスイムウェア、水着であったりハーフパンツであったり、
凄いねほんと、なかなかないですよね。 お客様がここまで水着でいるっていうの。

H:そうなんですよねぇ。 僕は空を見たいのに、どうしても観てしまうんですよねぇ。

黒:あっ、そうですよねぇ。 空を見て歌いたいのに、どうしても観てしまう。

H:観てしまう。

黒:だって今日だって、水着の方ーー? ほら、いっぱいですよ。

H:う~ん。

黒:もうなんか、ジャンプされたらいろんなところが揺れたりしてびっくりしちゃいますよね。

H:ほんとに困りますよ。 服、着てください。

黒:えぇ、着なくていいですから、そのままで。
で、今回はVAMPSさんのね、素敵なビキニなんかもグッズのほうで・・・
凄いみんな着てるんで。 あの、今回のツアーのビキニを着てる人?
あ、こちらもいっぱいいます。
みんなお洒落。 シャレオツ。

H:オツッ。

黒:K.A.Zさんなんかも胸に「VAMPS」ってああいうロゴ入れてる女性を見てどうですか?

K:あ~、お洒落ですねぇ。ねぇ、そう。 みんなねぇ。
なんか・・・・あれ? 被りものしてるのあれ、水着なのかな?


黒:被りものしてる人。 水着ですか?

K:変わった水着があるもんだね、あれね?

黒:あら、カエルさんみたいなのがね、いらっしゃいますけど。

K:そうだねぇ。

黒:いや、でもね、ほんとにそういうね、みなさんが楽しんで踊っていらっしゃるのがいいですね。
やっぱ海の目の前でVAMPSさんがやってるのを観てすっごく格好よかったんで。
またこの週末の二日間も楽しみにしてるんですが。
じゃまず、ここで一曲。 まずはこの曲をいきたいと思います。
VAMPSで DEVIL SIDE。

DEVIL SIDE

黒:さて、お送りしているのはVAMPSで「DEVIL SIDE」です。
今曲中ではなんとね、HYDEさんとK.A.Zさんがみなさんにミストシャワーをプレゼント。
みなさーん、気持ちよかったーー?

(イェェエエーーーイ!)

黒:みんな濡れちゃったぁ?

(イエェェエエーーイ!!)

黒:いっぱいかけてもらったぁ?

(イエェェェェーーーー!!!)

黒:笑 いや、すっごいですねぇ、これは。

H:なにを言ってんですか。

黒:イマジネーションの世界ですよ。

H:怒られますよ。

黒:さて、ここでなんとステージにカキ氷が登場!
じゃ、ちょっと食べながらいこうかなと思いますがね。

VAMPSライブ2012 BEAST ON THE BEACH。明日18日、19日も開催されます。
これから参加するという方に、この二日間やってみてVAMPSの二人から何かお勧め。
例えば、暑いからこれがあったほうがいいよとか、こういうふうにライブを楽しんで欲しいっていう、
アドバイスがあれば教えてほしいんですが。何かありますか?

H:そうですねぇ~。まぁ、暑いからねぇ。 脱いできたほうがいいんじゃないですかねぇ?

黒:おぉ~~。

(ヒューーーーー!!!)

黒:脱いできたほうがいいですよね。

H:あの、なんか。 こういう思い出を作る時ってなんか思い切ったほうがいいと思うんですよ。
普段なんかちゃいなちゃいな・・・ちゃいだって!


(かわいいーーーー!!!)

黒:なに噛んでんですか? 

H:笑

黒:いや、すみません。 でも俺、「ちゃい」っていいと思いますよ。

H:ちゃいが可愛い。

黒:ちゃいが可愛い。 じゃ、みんなせー・・・

H:笑 また、なにやんの?(笑)

黒:いや、もういいです(笑)

H:ちゃい、ちゃいな人がね、ちょっと今年は水着で??・みようかしら。

黒:あらっ! あらら、大胆。

H:的なのがあると、いい思い出になると思うんですよね。

黒:あー、確かにちょっとねぇ~、ちゃいの殻を破って!

H:そうそうそう。 殻を破ってね。 やってくだちゃい。


黒:あっ! ・・・すみませんでしたね。 さぁ、K.A.Zさん、この「ちゃい」を越えるのは難しいと思いますけど。

K:いや、無理ですよねぇ~。

黒:(笑)なんかアドバイスありますか?

K:いやね、なんかあのぉ~~、ほんとに暑いんでぇ、あのぉなに?
健康第一っていうことで。 ね、お水、あそこにもあるから、ちゃんと水分取って。
で、もし家から来る人がいたら・・・なに?
ペットボトル凍らせて持ってきといて、それ、時差で飲めば。


黒:はい・・・・じ・時差?

K:時差で飲めばいい。

黒:時差で飲めばいいよね?

K:うん。

黒:少し程よく溶けたとこを。

K:そうそうそう。

黒:あ~確かに。 みなさん、明日、明後日参戦しようと思ってる方ね、
是非、今K.A.Zさんが言った凍らせたペットボトルなどを持ってきていただいて、
そしてね、普段はなかなか大胆になれないそんなちゃいな方はですね、是非大胆になっていただいて、
素敵な思い出を作ってもらって。
しかも女性、男性ともにですね、ビーチウェア、水着もありますし、トランクスもね、凄い格好いい!
男の子なんてほとんど穿いてますよ、昨日、一昨日見ていて!

H:僕らも楽屋で穿いてんですよね、みんな。

黒:じゃ、お揃いになるじゃん! メンズ!お揃いですよ、みなさん! ヒュー!
やったね! 夜に帰って
「俺、あれだよ。 HYDEさんとK.A.Zさんと一緒だから。 ちょっとオソロだから」って言っちゃってください。
女性の方も・・・・K.A.Zさんたまに着てましたよね? ビキニ。

K:いや、それは、あの、アーリーとju-kenとJINちゃんが着てた。

黒:あ、じゃK.A.Zさん! この振りはもしかしてこの後着て登場するんでしょうかね?

K:あ? あららららら?(笑)

黒:どうなんでしょうかねぇ。 そうなると凄いなと思いますが。

(以下、黒ちゃんによるライブのCMにより省略)

週末の天気予報は今のところ晴れのようですーー!!
しっかり水分補給、熱中症対策をして遊びにきてください。


CM明け

黒:おっとぉー! 今、HYDEさんがなんとぉ! イチゴのカキ氷に練乳をかけて。

H:おーすげぇ~。

黒:K.A.Zさんのやつにもかけて。今、練乳を、練乳かけてっ!

H:かけちゃった。

黒:かけちゃった(笑)

H:のっかっちゃったw

黒:そしてですね、お待たせしました。 ここからは「VAMPSに一言物申す」
はい、とうことでこちらのコーナーは、この会場に足を運んでくれたファンの皆さんに前もって、
VAMPSに一言物申したい、何か言いたいことはありませんかというアンケートを実施しました。
今日、この番組でVAMPSのお二人にですね、皆さんに代わって僕が質問をさせていただきます。
HYDEさんK.A.Zさん。

H:はい。

黒:心の準備はいいでしょうか?

K:はい。

H:なんなりと。

黒:なんなりと、おっ! きましたねっ!
いきましょう! まずは最初の「物申す」はこちらです!

・この夏、やっておきたいことはなんですか?

H:もうやりました。

黒:え?なんでしょう?

H:なんか・・・泳いだし。 なんか、カキ氷も食べたし。
僕、一個だけやりたいとすれば、なんか、こういうとこに住みたいですよね。 田舎生活みたいな。


黒:あ~~~。

H:ああゆう。

黒:ああゆうね。 山の方とか。
じゃ、会場の中で土地を持ってる方いらっしゃいません? この辺に。
よかったら提供していただいて。
100坪くらいでいいですか? そんないらないですか?

H:あ、もう、あのね。 古い家の方がいいんですよ。
床というよりも、ちょっと今日、寝さしてもうていいですか?


黒:あぁ、遊びに行くみたいな。
遊びに来て欲しい人ーーーーー!!!!

(ハーーーーイイ!!)

黒:でも築50年以上ぐらいの古い家がいいそうですよ。

H:そうそうそう。

黒:だからマンションとかちょっと残念ですね。

H:残念。

黒:残念ですね。 はい、K.A.Zさんは?

K:そうですねぇ。 え? 夏?

黒:やっておきたいこと。

K:やっておきたいこと。 あれをやってるんですよね、海で。 なにぃ? 滑るやつ。
ウェイクボード? やりたいんですよねぇ~。


黒:あー、ウェイクボード、このラグーナビーチの前でもね、ボードに引っ張られてやっている人いっぱいいましたよね。

K:そう。 だからね、よくスケボーで遊んでるんだけど、ビール呑んだりとかして、
で、そのときにね、ウェイクボードがよく通るとね、なんか凄く競争したくなるんだよね。


黒:あ~、じゃ、ウェイクボードやってる方います? メンズとかで。
あ、いましたね。 あ、何人もいますね。
よかったらボードとウェイクをここに連れてきていただいたら、是非やりますんでね。

H:一緒にやろうぜ。

黒:いいですねぇ。 K.A.Zさんはいろんな趣味がありますもんね。

K:そうですねぇ。 釣りもやったし。 そう、釣竿も持ってきたんだよね。

黒:そうそう、釣ってるんですよ。 夜な夜な一人で。

K:ふっふっふっふ。

黒:釣られたい人。

(ハァーーーーーイイィィィーーー!!!)

黒:どういう下着がいいですかね? この女性たちの場合は。

K:・・・・・はい(笑)

黒:笑 さぁ、続いての「物申す」

・水着美美女に癒されましたか?

H:あれって「癒される」って言うんですかね?

黒:お? どういうことでしょう?

H:癒される・・・・他のことだと何があるんでしょう?

黒:例えば、自然のそれこそ山の中の川を見たり、滝を見たり。

H:それっわかるんっすよ。 あ~、癒されるわぁ~~。でもそれを水着で同じ感覚と・・・・・

黒:ありますか?という。

H:え、ありますか?

黒:ありますか?という質問。

H:いえ、まったく無いですね!

黒:癒しはないですね。

H:あの・・・・・・でぇっへへへへぇ~・・・・・的な?

黒:それ、癒しの文字をちょっと変えていやらし系?

H:ぐぅふっふっふっふっふ~~~~・・・・・的な。

黒:あ~~~、そっち。

H:あれを癒しをゆんであれば癒しですけど。僕は癒しとは思ってないですね。
むしろ、なんかたかまりを覚えるという。


黒:おーー、K.A.Zさんはどうですか? 水着女性は?

K:・・・・・・・(たぶんカキ氷を食べていらっしゃると)

黒:笑 もうすっかりカキ氷じゃないですか。

K:はい。 カキ氷でしたっけ?

黒:いやいやいや。 水着美女に癒されるってありますか?

K:いやなんかね。 むしろね、目のやり場に困るんですよ。
で、もしさ、ちょっと水着のほう見ちゃったら、なんかね、こう、
「わっ! やらしいっ!」
っていう、自分で思っちゃうんだよね。


黒:あ~、確かにそうですね。 確かに。
見られてる皆さんは大丈夫なんですか?

H:あ、K.A.Zくん、わたしを見てるわぁ~~~~。 こまぁっちゃう~~~って感じに思われるのいややなぁ、なんか。

K:そうだねぇ。 また見てる~。

H:また見てるわぁ~。

黒:また見てるのぉ?

K:あのね、ちょっと恥ずかしいよねぇ?

H:そうそう。 恥ずかしい。

だったらなんでビーチライブで水着売るんやっこのおっさんら。

黒:水着は癒しではないということでね。

H:癒しじゃないよ。 

黒:高揚しますよ。高まりますからね。
続いての物申す。

・ダイナマイトバディとおデブさんの境界線はどこでしょう?

女性の悩み系物申すですね。

H:腹じゃないですか? 腹の揺れじゃないですか?

黒:はは、あらーーー!!

H:胸の揺れじゃなくて。

黒:腹の揺れ?

H:うん。

黒:あ、なるほど。 腹の揺れだそうですよ。
ちょとここ、声がなくなった女性が多くなりましたね。 どうしてでしょうねぇ?
そこそこみなさんナイスバディですよね?
ねぇ、K.A.Zさんねぇ。

K:そうですよ。

(やさいいぃーーー)

黒:え?優しい?

H:やさしいねぇ。

黒:じゃ次。

・白い肌と黒い肌。 どちらがお好み?

H:僕ですか?

黒:はい。

H:僕ね、基本的に白いのが好きなんですけど。

(ヒューーーーーーー!!!)

H:白が好きなんですけど、この季節はちょっとね、悪くはないですよね、小麦色もね、やっぱり。

黒:じゃ、一応聞いてみましょうか? 私は白いんだという人、はーい!

(はーーーーい)

黒:あ~~、どうだろう?

H:まぁまぁ。

黒:じゃ、こんがり焼けてる、黒いよーーー!!
あ、やっぱり白い方のほうが・・・・・

H:多いね。

黒:じゃ、間ー? 間が一番多い(笑)

H:うーん、ちょっとめんどくさいね。

黒:間入れるとめんどくさい(笑) すみません。 じゃ、K.A.Zさんどうですか?

K:いや、両方いいですけどね。むしろ、半々焼いてもらって。

黒:ということは半分、半分焼けばいい、これからはみんなも。
右と左、どっちが黒くてどっちが白いほうがいいですか?

K:あ・・・・・右が黒かなぁ?

H:笑

黒:じゃ、右が黒くて、左が白ってことで。
じゃ、ここでこの曲を聴いてください。
VAMPSで「MEMORIES」

MEMORIES


黒:BEAST ON THE BEACHメイン会場からHYDEさんとK.A.Zさんを向かえて公開生放送です。
今実はですね、CM中に海からju-kenさんが泳いで登場ということで、凄い演出ですよね。

H:なぞの。

黒:さて、ここでもうお一人、ゲストをお迎えしたいと思います。
Human beatboxのDaichiさんです。 Daichiさーーん! よろしくお願いしまーす!

D:はい、よろしくお願いしまーす!

黒:Daichiさん、自己紹介をお願いしたいんですが、Human Beat、こちらのほう、挨拶代わりにやってもらっていいでしょうか?

D:はい。

Human Beatで自己紹介。

黒:すっごいですね。 今、口でやってますよね?

H:一家に一台欲しいですよね。

D:是非。

黒:いくらで買えるんですか?

D:いくらでも。

黒:Daichiさんです。 サンキュー!
今も生でやってもらいましたけれど、HYDEさんK.A.Zさん、今のテクどうですか?

H:うぅう~ん、意味わからないですよね。
絶対、中なんか入ってると思うんですけどね。


黒:もう一人。 入ってませんか?

D:入ってないです。

黒:そしてDaichiさんは、福岡出身の22歳。 Human Beatboxはじめたきっかけはなんだったんですか?

D:10年以上前にハモネプっていう番組でやっていたのを見て、
そこで声でドラムの音とか奏でているのを見たのが凄い衝撃だったんで、
そっから自分のやるようになって・・・・・

黒:練習すればそこまでやれるようになるもんなんですか?

D:そうですねぇ、やってるうちにどんどんできるようになったりとか。
人それぞれ口の形とか違うんで、自分しかできない音とかがあるんですよ。
それを探すのが凄い面白くって。

黒:Daichiさんしかできない音って?

D:例えば・・・・・
(凄いシュピーーーーーー!!っていう機械的な音で、人が出してるとは思えませんでした)

黒:K.A.Zさん、なんか凄い音が出ましたね!

K:プスーーー!

黒:あぁぁ!! K.A.Zさんもやりますね!!

K:まずはね、ヴァン! プスーーー!

黒:あぁ、そうか、そこだったんだ! VAMPSのHuman beatだったんですね?
いやぁ~、今のヴァン プスーに合わせてDaichiさん、何かできますか?

D:じゃ、ちょっと。

(と、始まったDaichiさんのHuman beat@VAMPS。 普通に格好いい)

黒:Daichiさん、二人先にリードでやってもらっていいですか?

D:はい。 ヴァン・プスに合わせて。

黒:お願いします。

H:俺から?

D:はい。

ここから聞きものでしたよ!

H:ヴァン!

K:プスー!


H:ヴァン!

K:プスー!

Daichi

H:ヴァヴァヴァヴァンッ!

K:プスップスッスススス!

H:ドッドドドドドド

(会場、大爆笑)

黒:拍手ーー。 もうコラボレーションでいきましたー!

D:初コラボ、もうやっちゃいました(笑)

黒:Daichiさん、このお二人もちろんご存知だし、ライブも見ていらっしゃると思いますけれども、
Human beatをやっていて歌を歌おうとは思わなかったんですか?

D:歌はあんまりうまくないんで、自分ができることを探していたらこれだったんで。

黒:K.A.Zさん、こういう人ですけど楽器。 今後ツアーとかで使ってみたいとかありますか?

K:プスーーーー! 
だから、これを・・・・・でも面白いですよね。
なんだろう? こう、ダンスビート的なものを入れたりとか。
で、その上に楽器を乗せていったりとか。
クラブイベントとか面白そうですよね。


黒:いいですね。 HYDEさん、いかかですか、一言。

H:うん、そういうのと、あの打ち込み? 
打ち込みから切り替わった時の衝撃とかね。打ち込みじゃない!


黒:人なんだ。

H:瞬間とかね、ぜんぜん利用できますよね。

黒:もしかしたら声がかかるかもしれませんよ。

D:そしたらどこでも呼んでくだされば。マイクだけ用意してくれれば。

H:格好いいよね。 マイクだけあれば俺はできるんだっていうのね。

黒:あー、いいですよね。

H:あ、ある意味黒ちゃんもそう。

黒:そうですよ。もうマイクだけあれば。ま、なくてもしゃべりますけど。


城田優とのコラボ FTL feat.Daichi


黒:さて、ラグーナビーチから公開生放送でOAしております。
ステージにはVAMPSのHYDEさん、K.A.Zさんがいまーす。
今、手を振ってくれています。
じゃ、会場の皆さんにこれから明日、明後日まだライブがありますけれど、
この会場になにがあればいいかなという質問とか聞いてみましょう。

「塩あめがほしい」と。

H:そうなの? それがいいの? あ、塩がいいの?

黒:塩あめがツアーのグッズにあったらいいなと。

H:けど、持ってこればいいってことでしょう?

黒:あ、持ってこればいい。 VANPSのが欲しい?

H:VAMPSのが欲しい? 塩あめちょっと間に合ってるなぁ~。

K:浅田飴じゃだめなの?(キター!)

黒:咳・声の。 

H:こらこら。

黒:OAの人、わかんないじゃないですか。

K:あぁ、そっか。

黒:じゃ、次。 屋台にたこ焼きが欲しいそうですよ。

H:たこ焼きないの? あ~~~~~・・・・

黒:あるの? あるところもある。 今日だけないんだ。

H・今日ないの? あかんやぁ~~ん。

黒:ほかなんかありますか? え? ラーメン?

H:ラーメンないの? ラーメン~~~~・・・・・
だって僕、炭水化物ダイエットしてるから食べれへんもん。


黒:あ~、そうなんですよね。

H:どのみちね。

黒:一緒にいろんな話で盛り上がってますよ。 蕎麦は何割がよかったんでしたっけ?

H:十割ですよね。

黒:そうですよね。 十割ですよね。 そんな話で盛り上がりました(笑)
他? 日陰をください。

H:あ、あっちに日陰がないの? あ~、そっかそっか。

黒:じゃ、日陰を作りましょう。

H:死んじゃうよね。

黒:笑 凄い一言ですね。 あと? 日焼け止め? オリジナルの?

H:日焼け止め?

黒:VAMPSの日焼け止め?

H:もう~、ちょっと遅いかな?

黒:もう焼けきっちゃってますもんね。

H:来年かなぁ?

黒:来年もやってほしいですよねぇ? 毎年やってほしいですよね?
え? 団扇も欲しいそうです。

H:団扇? VAMPS団扇?
団扇さぁ~、でも置いてしまうとみんな手ぇ振るでしょ?
で、それ、こうなって、なんかそこに写真いれないかんくなってくるでしょ?


黒:そ、キラキラしたりとか?

H:それちょっと心配でね。

黒:あ~、団扇だと。 やっぱそういうの・・・・・きらいですか?

H:あんまり好きじゃないですね。

黒:あ、だそうですよ。 でも今ツアーで旗がありますもんね。フラッグが。 
これ凄く格好いいですからねぇ。じゃ、団扇は無しということで。 ごめんなさい。

H:いや、顔付のやつね。

黒:だめですよ。 顔とかね、ちょっと大きな団扇でね、蛍光のイエローとかね、ピンクとかね。
HYDEとかK.A.Zのキラキラ。 ああいうのは?

H:あ、なんでもいいです。(面倒くさくなった模様)

黒:あ、聞いてない?

H:うん。

黒:いろんな意見がありますけど、今回は更衣室もありますし、クロークもありますし、
普段会場来るときに、まさかみなさんそのまま電車に乗ってきたりするんじゃないですよね?
ちゃんとお洋服で来て、着替えてるんですよね?

H:ふぅ~~ん? え?!! 乗ってんの?!!

黒:そのまま乗ってんの?

H:あ、上にね。 ちゃんと着てね。

黒:そうですよね。水着のままで乗ったら、サラリーマンの人みんな喜んじゃいますよね。
なんだろこの電車車両。 最高じゃないーって。

H:ねぇ~、僕も乗りたいですよね。

黒:あら。K.A.Zさんはどうです? 乗りたい?

K:はい。 のり・・・乗りたいですよ、んふふふ~。

黒:乗りたいですよね。 周りが水着だとどうしてもね、僕たちも恥ずかしくなっちゃいますよね。
一緒にいるとね。

H:ちょっとね、照れますよね。

黒:僕たちも脱いだほうがいいのかなとか考えながらね。
初日脱いだでしょ! あんまり痩せてない身体、ここで。 裸になりましたから。

H:う~~ん、すてきっ。

黒:ありがとうございます。


交通情報


黒:さて、いろんな話を聞いてきたんですが、そろそろ終盤に向かってきたんですが、
BEAST ON THE BEACHの後は再びツアーということで、ZEPPツアー、10月までツアーがあります。
気になるのは、長いZEPPツアーが終わったあとは、どんな予定なんですかね?
お二人いかがですか?

H:予定ですか? ほんとうは・・・・誕生日?

(ギャーギャー)

H:あ、ハロウィン?ね。 あ、そういうのもやらないといけないですかね?

K:そうですね。

黒:ハロウィンもありますよね。 あとは、そろそろファンのみなさん、新しい作品なんかもね。

H:それねぇ、僕、作ろう思って・・・・ぜんぜん作ってないですわ。

黒:気持ちはあるわけですね?

H:気持ちはあるんですわ。

黒:でも楽しみですね、みなさんね。 じゃ、予定は未定なんですね?

H:予定は未定というか、まだ言えないというか。

K:笑

黒:おっ! ということは、いろんなことが、K.A.Zさん、あるわけですね。

K:・・・・・・はい。

H:聞いてる? 話。

K:聞いてます。

黒:聞いてますね。 じゃ、今後もVAMPSから目が離せません、みなさんー。

H:はぁ~い。

黒:あとはこれからね、この土曜日、日曜日に会場にもいらっしゃいますファンのみなさんにね、
メッセージを送ってもらいたいんですが。 一言お願いします。

H:メッセージ? いや、もうほんとにね、気持ちのいい夏休みって感じで。
・・・・・仕事なんですけど。
なんかいい夏休みを迎えてる感じですね。 あんま仕事と思ってないんでね。
はい、みんなと一緒にこうやって過ごせて嬉しいですっ!


黒:いや、いいですねぇ~~。 K.A.Zさんどうですか?

K:はい、えっとねぇ。
凄くロケーションもよかったりなんかするし、ね、みんなでね、こう、パーティ感覚な感じで騒げるのが、
凄い楽しいです。


黒:やぁ、いいですねぇ。
と、先ほどもあったんですけど、このビーチライブ、毎年開催していただけませんかね?
もしよかったら。

H:いや、それはいい話ですね。

黒:この同じね、夏休みの時期ならみなさんも全国や海外から来やすいですもんね。

H:あ~、なるほどねぇ。

黒:ねぇ、来てくれますよね。

H:はいはいはい。

黒:どうですか? よかったらやってもらいたいなと思うんですけどね。

H:その辺ちょっとマネージメント通してもらって・・・・

黒:事務的なお話になりましたがね。

H:すみません。

黒:息抜きといったらあれですが、いろいろライブをやってきて、
ここにこれたことでこれから始まるツアーでリフレッシュってできましたか?

H:いや、もうほんまにいい夏休みって感じでね、もうほんま、毎年やりたいくらいですよね。

黒:K.A.Zさん如何ですか?

K:はい。なんかね、凄い夏を味わってるっていう感覚があるかなぁ。

黒:今、いろんなご意見がありましたけれど、来年ここでやっていただいた場合に、
K.A.Zさんの「釣りのコーナー」みたいな、K.A.Zさん仕様の釣りをここでやったら釣れるんじゃないかっていう、
そういうブースをしたりとか。

K:地味じゃないですか、それ?

黒:地味じゃないですよ。釣り、ほんとに非常にお上手ですからねぇ。
なんか、ツアーグッズでもそういうのがあったらいいんじゃないんですかね?

H:K.A.Zくんが釣ったさかなv

K:はははははぁ。

黒:魚を(笑) 入る日と入らない日があるわけですね。

H:うん。 この間そこで釣ったんですよね。

K:釣れるまで、でもみんな待たなきゃいけなくなっちゃうよね?

黒:ずっと並んでるわけですよね?

K:ずっと並んでるね(笑)

黒:結構プレッシャーですか?

K:なるなるぅ。

黒:あ、なりますか。
ライブでギターを弾いてる時と、釣りをやってるときとなんか似たようなものがあるんですか?

K:ないですねぇ。

黒:ぜんぜん違いますか? 真剣さみたいなものは。

K:あ、でもね。 スイッチが入るのはありますね。

H:めっちゃセクシーですよ。 手つきが・・・こう。

(ヒューーーーー!!!)

H:と、魚が・・・・・もう、魚がたまらぁ~~~んって。

黒:ごめんなさぁい、FM愛知を聞いてるみなさん。会場のみなさんように、お魚がたまらん手つきを今、
K.A.Zさんにやっていただきますので。

K:え?

黒:竿さばきの。

K:普通だよ。 こうやって。

H:違いますね。 こんなね、しなるんですよ。

黒:お~~。それで魚を寄せるんですね。

K:そうなんですよ。

H:魚が・・・・・・・

黒:今、ラジオを聴いてるみなさん。 あまりにも凄い画だったので。
ごめんなさいね、会場のみなさん、おいしかったでしょ、今の!
なかなかないでしょ。HYDEさんが魚になりましたからねっ!
どんなふうに魚が来るんでしたっけ?

H:K.A.Zくんがこうやるから・・・・・こう魚が・・・っ! っ! っ!(←簡単にのせられるな 笑)
もうたまらないんですわあれ、魚は。

黒:魚はたまらない。

H:ほんとに。

黒:K.A.Zさん、来年ラグーナビーチでライブをやった場合、これはブースを出したほうがいいですよ。

K:そう・・・ですかねぇ?

H:まぁ、やらないほうがいいんじゃないですか?

黒:釣った魚の魚拓みたいなK.A.ZさんTシャツを作るとか。

H:う・・・・ん。

K:地味(笑) こんなちっちゃいのばっかだったらどうします?

黒:いやいや、みなさん期待してますし、僕からも今日来てる会場の皆さんからも、
また来年この会場で会えたら嬉しいですよね?
事務方の方も今聴いていたら是非前向きに考えていただいて、
スケジュールをブッキングしていただけたらなと思います。

じゃ、最後に、リスナーのみなさん、会場のみなさんにラストメッセージを送ってください。
K.A.Zさんからお願いします。

K:はい、え~っとね。 VAMPSのライブに来て、もっと体感してもらって、
え~~っと、みんなで騒いで、呑んで、歌いましょう・・・なんだそれ(笑)


黒:K.A.Zさん、ありがとうございます。 そのまま雰囲気が伝わります。
HYDEさん、お願いします。

H:はいはい、これからもまだね、ツアーは続くんで。
どっかでお会いできると嬉しいです。 ありがとうございました。


黒:はーい、ということで、VAMPSのHYDEさん、K.A.Zさんでしたー。


SEX BLOOD ROCK N' ROLL


以上です~。

関連記事
スポンサーサイト
【2012/08/18 01:39 】 | ラジオでHYDE | コメント(12) | トラックバック(0) |
<<VAMPS LIVE蒲郡4日目 時間よ止まれ 君は美しい | ホーム | いろんなもんが揺れたa-nation>>
コメント
No title
栄ちゃん、お疲れ様~~。ありがと~~。
地元なのに聴けてないのよ~~。
ってか、クロちゃん相手だとHYDEさんっていつもフレンドリーにいじりまくるから面白い~~。
【2012/08/18 03:00】| URL | せいら #-[ 編集] |
釣り
の時もスイッチ入るんですね。
さぞかし、カッコいいんでしょうね。
HYDEさん、どんな魚になったんでしょ?!

海。夏の海。VAMPS。ライヴ。
あー!楽しそう!!!

栄さん、文字おこし
ありがとうございます!
聴いていたら、あっ
という間だったと
思いますが、文字にしたら相当ですね。
ところどころ入る
栄さんの解説も
いつも、楽しみです。


【2012/08/18 20:51】| URL | SUZUNE #-[ 編集] |

毎度のことながら、文字お越しありやぁす!

もうね、ビーチ楽しすぎてヤバイです!

明日、楽しんで来て下さいね~(^O^)/
ホント夏のいい思い出になります。

ハロウィンやABCがなければ、明日も行きたいところです(>_<)
今日は雨でしたし。

VAMPSのライヴパフォーマンスも圧巻です。
初めて?レポ無理!って思いました。笑
と言いつつ、地道に上げるけど。のはず。笑
【2012/08/18 22:43】| URL | あんちょママ #-[ 編集] |

『起こし』が『お越し』になってしまいました。
すみませんm(__)m
【2012/08/18 22:48】| URL | あんちょママ #-[ 編集] |
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2012/08/21 19:49】| | #[ 編集] |
はじめまして!
文字おこしありがとうございます><
話の中に出てくるカエルかぶってました。
当日、会場でラジオ録音してたんですけど
家で聞いたら雑音だらけで全然聞こえなくて泣
文字おこし検索したらヒットしたので
ありがたく読ませていただきました!
ありがとうございますヽ(^o^)丿
【2012/08/22 10:03】| URL | らっちゅ #-[ 編集] |
せいらさん
お疲れ様~。
私はauスマホで聴けましたよ~。
せいらさん地元なのに。
ラグーナ近いのに・・・・・・
そんなもんよね。

クロちゃんもあんまりHYDEさんに遠慮しないもんね。
聴いていて楽しかったー。
【2012/08/22 17:41】| URL | 栄 #-[ 編集] |
SUZUNEさん
いつものあの調子だったら釣れるもんも釣れないでしょうね、きっと。
HYDEさんはきっと、エロ気味だったのだと思われます。

メンバーのみんな、丁度いい夏休みだったのでしょうね。
遊泳禁止らしのだけれど、ぼちぼち泳いでいる人はいらっしゃいました。
でもライフセーバーのお兄さんはいないので、
そこら辺が自己責任ということなんでしょう。

人もまばらな海なので、おもいっきり楽しめたと思います。

ラジオ、起こしたら確かに結構ありました~~~。
【2012/08/22 17:45】| URL | 栄 #-[ 編集] |
あんちょママさん
私も楽しかったですー!!

そういえば、ハロウィンってまだなんの情報も上がってきてませんよね?
ABCもBRZも何もないですよね?
でもその両者がいまだその頃になにもないということは「ある」ということなんでしょうか?

【2012/08/22 17:49】| URL | 栄 #-[ 編集] |
あんちょママさん
あ、大丈夫です。
私もよくやりますから(誤字脱字)
【2012/08/22 17:50】| URL | 栄 #-[ 編集] |
ル・さん
ル・さん、ありがとうございます(笑)

kenちゃん、「彼女の趣味に合わせようとする彼氏の必死さみたいな」
はいたんに気に入られようと・・・・涙ぐましいです。
ぜんぜん似合ってませんでしたが(笑)

kenちゃんは、だんだん「イイ男」になっていきます。
風のように現れて、風のように去っていきました。

あ~~、LIFE忘れてました。
どうしようかなぁ?
【2012/08/22 18:00】| URL | 栄 #-[ 編集] |
らっちゅさん
はじめまして!

K.A.Zさんが言っていた「カエル」さんの被り物ですね?
わ~~、良かったですね!
26日にもFM愛知で放送されるってありましたけれど、
同じものなんでしょうか?
19:30分からだそうですよ。

先ほどブログのもうにもお邪魔させていただきました。
夢のような5日間を過ごされたんですね。
いい夏の思い出ができましたね。

ラグーナ、私は1日だけでしたけれど、
またあそこでやってほしいです。
その時にはらっちゅさんにもお会いしたいですね~。
コメント、ありがとうございました。
【2012/08/22 21:02】| URL | 栄 #-[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://faireal.blog96.fc2.com/tb.php/1556-c5644641
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。