スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
もがいて手に入れたもの@L'Arc~en~Ciel国立競技場ライヴ
バタバタしてる日常に身を任せていたら、国立ライブから2日も経ってしまいました。
L'21 おめでとうございます!


もうハワイにみなさん行かれているんですねぇ~。
国立の興奮覚めやらぬ間、私だったらきっと、国立後で得た疲労も回復せぬままという状態で、
みなさんバイタリティーあります。 
で、アロハイディがどうしてもエロハイディに空目してしまうんですけれど、
なんですかあのキャラ? チョッパーですか? スコープ!!


国立のレポなんですが、
初日のものともう一緒くたになりつつあります。
そして、コメント・拍手お返事遅れていてすみません。
また改めてさせていただきますので、もうしばらくお待ちください。






さて、国立の二日間はなんというか、昨年の雨の味スタ20thからまるっと一年で、
20thの最後を飾るほんまにお祭りと括って、
いろいろ追求しない方向で受け取ったほうが納得しやすいと思います。

そうでなければあの顔Tとか、「Caress of Venus」や「the Fourth Avenue Cafe」でチアダンスとか、
「ネオユニ」の映像の中に顔Tとかあり得んでしょう。

全部お祭りの一言で済ますなとも思ったりするんですが、
ライブに行きたくても諸々の事情で来られなかった方々からすると、
なに贅沢なこと言ってんだよっ!
ってなりますね。
ライブに行けたから言えることなんですよ、全部。

いつもそう思ってというか、基本、
ラルクの演奏とhydeさんの歌声が満足いくものだったらよしというか、
悪いことはしばらくしたらすぐに忘れる楽観主義なB型なんですけれど、
すみません! 
ネオユニを歌うhydeさんの後ろのピラミッドに浮かぶ顔だけはどうにも気持ち悪かったです。
あんな美しい声のバックに、その声の持ち主を描いたとは思えぬ描写。
顔Tはいいんですよ。 あれは着たい人が着ればいいんですから。
祭り半纏みたいなもんですからね。

いっそのこと演奏するメンバー4人をそのまま投影してくれればいいのに。
なぜにスクリーンにわざわざアレを映すか。
クルクル回るメンバーの顔がピラミッドの端に掛かると醜くひしゃげてますます酷いことに。
ネオユニとどんな関係があるのか。
そう言ったら「Caress of Venus」とチアーも関係ないけれど。
すみません、我慢できませんでした。
虹の電飾も「あ~・・・・」と思うだけで特別どうだというわけでもない私ですが、
虹の演出に殺意を覚えるという方の気持ちがよっく分かりました。
それよりも、虹がだめでアレはいいという方がいたら私は自分のセンスを疑うことにします。
贅沢言ってすみません。


そんなこんなの二日間。
えっと、前の初日のレポはグッズのCMまでは書いたんでしたっけ?
ええ、二日目もオープニングから「REVELATION」までは一緒でした。
その後は「ヘヴドラ・ビビカラ」→「HONEY・flower」となっていました。

「HONEY」では、てったんとhydeさんが向き合ってギターをかき鳴らすという。
新鮮だったなぁ~。
「てったんがんがれ」と、なぜか手に汗握りました。

そしてhydeさんのMC、前日のこくりちゅ~からこくこく(hyde)、?りつりつ?(観客)という、
一見kenちゃんの21世紀MCをちょっとパクったような、そこで笑うkenちゃんがスクリーンに映ったりして。
たぶん本人もそんな風に言うつもりもなかったのに、
つい言っちゃったみたいな場当たり的なMCが聴けたわけです。

こんな青空の下でヤッてみたかった
「In the Air」では初日は少し曇っていた空だったのが、二日目では青空に。
スクリーン越しだとなお更青く映っていました。
まさに果たしなく澄みきった青をたたえ 底なしの空へと深く落ちてゆくかのような空。
そんな空の下で歌うことにテンションMAXになりつつhydeさんに、
アオカーンなんて無神経なことをゆったkenちゃん。
出鼻挫かれ、hydeさんもそら怒るわな。
私もできれば判りたくなかった。

ずっと空の青を見上げながら歌っていたhydeさん。
やはり「君は掴む」で空に向かって広げた手のひらを、ゆっくりと閉じていく。
底なしの青はhydeさんにとって憧憬なのか畏怖なのか?


「MY HEART DRAWS A DREAM」、二日目のkenちゃんのギターソロにはライヴ後の速報でも述べたとおり、少しうるりときました。
初日よりもkenちゃんの衣装が風になびいて、それがまた素敵で、
世界一格好いいギタリストだと思っちゃったりしてました。
こちらは両日とも会場を埋め尽くす「夢を描くよ」の大合唱。
必ずイヤモニを外して声を聴いてくれるメンバーの姿も嬉しい一場面。

しっとりとギターの旋律やhydeさんの歌声を堪能した後は、
再び祭り仕様のライヴ形態です。
上手・下手からチアースマイルで登場する踊り子さんたち。
初日で彼女たちが現れた時、どのファンも思ったはず。

踊るな・・・・・いやっ! 踊るね!!!
踊る21世紀型ギタリスト。 それがken。 
もはやギター演奏は半分放棄。 脚だって上げちゃうもんねっ!
長いだろ~、俺の脚。 といわんばかりに限界まで上げてました。

続く「SEVENTH HEAVEN」への流れ。
チアーさんたちのポンポンの輪の中へ小躍りして踊りこむkenちゃん。
マツkenか!
心の中で突っ込みました。 
嬉々としてMCへと突入するkenちゃん。 
このコーナー、まるでkenちゃんのために作ったようなものです。
満面の笑み。 そんなに嬉しいのか、よかった。
言ってあげるよ セブンスヘブーン!!

銀テープ、バーンッ!!
横風で大量にテープが上手頭上を通り過ぎて行きました。(取れたけど)
誰も座っていないステージ裏のシートに不時着したテープが、その後もキラキラと瞬いて綺麗でした。


二日目。
初日のあのkenちゃんの嬉しそうな顔とギター放置してのチアさんたちとの絡みっぷりからして、
だれもが思ったであろう。
今日も踊るな・・・・いやっ! 踊るねっ!!!
kenちゃんのkenちゃんのためのkenちゃんによるMCコーナーは、
ポンポン持ってチアーさんとラインダンスという幕開けでした。
妙に長い脚が揃っています。
kenちゃんでしかできないラインの美しさ。

銀テープ、バーンッ!!
二日目は下手スタンドにいましたが、こちらもテープは取れたものの、
アリーナの上空にキラキラと瞬きながら国立競技場から飛び去っていくテープたちを観る事ができました。
アリーナと違っていろんなものが観えたスタンド席でした。
ここを離れたらただのゴミとなってしまうのにと思ったら切なかった。


「いばらの涙」・「Shout at the Devil」
初日はこの2曲の間に「セラヴィ」が入ったんですよね。
なんかの間違いだろ?と思ったんですけれど。

あぁ、でもね。
「セラヴィ」の前にてったんのベースソロがはいり、だれもが「STAY AWAY」だと思っていたじゃないですか。
その間hydeさんはとことこと上手ステージぎりぎりのところまで移動していたんですけれど、
この歩き方が半端なく可愛かったんですよ。
真っ暗で上手に移動するhydeさんの姿に気づかなかった人(松井)もいたかもしれないんですけれど、
両手を後ろ手にして、ゆっくりゆっくり、一歩一歩、おにゃのこみたいな歩き方だったんです。
で、その姿に油断していたらいきなりスポットライトがhydeさんに当たり、
「レセラヴィ~」って歌いだし、ふぉおおおおおおおおお~~~~ってなりました。

だけどその後の「シャウト」でずっこけました。初日はね。

二日目の「いばら」「シャウト」
スクリーンの炎、そして燃え上がる炎。
hydeさんの「声」が凄かった。 
感情がこもっている・・・・・うん、普通な表現。
スクリーンの演出は炎でしか表せないだろうという声。
冷たく冷静に燃える炎から爆発するような炎への移ろいを感じました。

yukihiroさんのドラムソロは両日ともすばらしかったですが、
二日目は特に飛ばしていましたね。
会場のあちこちから「yukihiroーーー!!」という雄たけびが聞こえていました。


アンコ待ち。
A1にいらっしゃった男性が下手スタンドにウェーブを促し、
それに素直に反応する下手スタンド。
すばらしい統率力でしたね~。
彼がいなかったらあれだけのウェーブは出せなかったと思います。
身体が冷えることなく、ライヴの余韻を引きづったまま、
いい状態で待っていられたのも彼のお陰だったんではないでしょうか。

アンコ明けはサブステージでの2曲でした。
初日は、「Pieces」・「HONEY」
二日目は「あなた」・「winter fall」
明けるちょっと前から会場に流れ出した「あなた」の演奏に合わせ、
自然と歌が始まった会場。
「あなたがいるから」・・・・・ 今までにもこの想いをかみ締めたファンは多いでしょう。
これはアーティストとそのファンでしか共有できない感情です。
そしてそれが今、最もわかりやすい形で伝えることができたことに喜びを感じました。
こんな経験、なかなかできるものじゃないですよね?

スクリーンに映ったサブステ。
サイリュウムの灯りの中に浮かんでいるように観えました。
あんたたちきれいよぉ~~~
ほんとに綺麗でした。


この後の「NEO UNIVERSE」については割愛いたします。


「CHASE」・「XXX」
「XXX」は言わずもがな、「CHASE」はライヴで聴くたびに「DRINK IT DOWN」並みに私の中で格好いい曲になっていきます。
てったんがガーンってベースを弾く姿も格好いい。
この曲、メンバーが全員格好いい!
そしてファンの「onigokko」に対する情熱が半端ないです。

「GLMW」・「XXX」・「CHASE」
2012年にリリースされた曲はどれも今までのラルクの曲にない重厚な音を感じるんですけれど。



この後は「Link」、そしてラスト「虹」と両日ともに続きますが、

Linkのジャンプと拍手を両方やるのが大変なんじゃない?というhydeさんのMCには、一瞬理不尽なものを感じましたね。
いや、大変ですよ。
こちとら年々大変になってきますよ。
拍手が先だったのか、ジャンプが先だったのか覚えていないですけれど、
確か初めの頃は両方じゃなかったですよ。
それもhydeさんが「ジャンプジャンプ!」っていうから飛び始めただけで、
それがなんかノリがいいから定番になっていったんだと思うんですね。
で、たぶんhydeさんが曲の始まりにいつだか拍手したんだと思うんですよ。
そっからこの形態になったんじゃないかなと思ったんですけれど、
まさかその張本人から「両方やって気持ちいいの?」と言われるとは、
ファンの誰もが思ってもいなかった展開でした。
「え? え~~~~~?」って感じ。


最後、「虹」前のMC。

難しいバンドですけど、ここまで来れたのはこれが正しかったから、
間違っていなかったからじゃないかと

初日のMCですが、「braverry」の「僕らが選んだ道が過ちならもういない」を思い出す言葉でしたね。


20年間、もう21年目に突入ですが、
その間に何度も岐路に立たされてきたL'Arc~en~Ciel。
その時選ぶ道が正しいのか、過ちなのかなんてわかるはずもなかったでしょう。

道は最初から正しかったのではなく、そして彼らが正しい道を選んだのではなく、
その道が正しい道であるよう際限のない努力を彼らがし続けてきたということ。
そしてもがいて手に入れた結果が今、
ラルクらしくてラルクにしかできないことへの道へと続いているんですね。


彼らの20年に敬意と、祝福を。
そして感謝を。

これからもその道が、愛と信念に満ちたものとなりますように。

関連記事
スポンサーサイト
【2012/05/31 00:54 】 | LIVE | コメント(17) | トラックバック(0) |
<<サーバーの行方 | ホーム | めざまし独占 hydeインタで明かすワールドツアー秘話>>
コメント
信念あってこその祭りですね。
MCとbraverryの歌詞、栄さんの言葉によって繋げられ、それがブログファンの中でまた意味を持って力になる、そんな記事だと思いました。
ラルクの今があることに感謝してますが、それは尊敬にも近い気持ちです。
芸歴の長いタレントさんで、ただ俺は残っていただけで、何も派手なことはしてない。その間に周りはいなくなったけど、俺は居続ける選択をしただけ。と言っていた方がいましたが、それを聞いて、自分も時給を下げられようが、所詮パートの扱いを受けようが、この仕事を続けようと思ったものです。
周りの評価に踊らされず、本当に自分の仕事に対する評価(爺ちゃん婆ちゃんたちの反応)を信じて、続けることが大切なんだなって。
ラルクも、業界のやり方じゃなくて、ファンの反応を信じてくれてたんだなと、あらためて思いました。
そんな信念のあるバンドだから、祭りの諸々にも、きっと何か。。。
多分、何か。。。ある?
いや、分かりませんが(汗)
参加してないので、DVD化したら、その辺(不可解な演出)もしっかり見てみたいと思います。
ただ、セラヴィ前の暗い中のhydeさん、おにゃのこ歩きは映ってないでしょうね。栄さん情報で妄想します!
【2012/05/31 09:08】| URL | ちさとん #-[ 編集] |

発売当時,あの曲の歌詞がとても怖かったのを覚えています・今は怖くない,歌詞にうなずける...私も少し成長したでしょうか。おはようございます。


顔Tをそう使いましたか...チアをアノ曲に出したんですか?“虹は本当は円だ!”という話もききますが...やっぱりあの電飾...(その意図を一度教えてくださいラルクさん)...いや,祭りオプションだと思えば!

栄様,我慢しないで言っていいと思います。体によくありませんわ。
もし私がその場にいたら,音だけ残して後は忘れたふりをしているでしょう(場面限定の良い意味で私の特技...)。因みにOとBから生まれたO型です。

演奏そのものは素晴らしく,hydeさんの声も冴えて,神宮球場の試合をラルク花火が一旦止めた!とか...
(みてないのであまりいえませんが,サイリュームの中に浮かんだかのようなサブステージでハニーより“星空”きいて見たいです→単なる願望です)。

最後のMCを読んで(初めて知ったのはtrueでしたが,本格的に知ったのはheartです)...出たり入ったりのファンでしたが,出会って良かったと思いました。ラルクさんありがとう。これからもよろしくね。

国立参戦された皆様が,少しでも幸せならば嬉しいですわ。沈んで(???)いる方も早く浮き上がってきますよう...。

まとまりつかなくてすみません。うまく伝わればいいのですが....



※追加※
キセキが起きる可能性はない(笑)...ようなきがしますけど...ライブ云々は別として,とりあえず1年飛び込んでみようかな...“アナタはお断りします~”と言われない限り(ライブ行かない会員いてもいいですか?ルシエル様)。間違えてキセキが起きた時は...色々御指南ください。


――――――ちょっと遠出をすれば....活動範囲内にはサクラさんとマオ君が同じ月にくるという事を昨日知りました...行けませんが...あと少し,日常生活が落ち着かないと夜のお出かけは無理かな....頑張ります――――――(あ...関係ない話すみません)
【2012/05/31 10:21】| URL | りっちゃん #7Bnpprys[ 編集] |
感謝してるよー
誰にって?

栄ちゃんにだよ

いつも隣に座って、同じ距離、同じ角度でライブを見ているというのに
終わってみると何も残っていない私の頭
栄ちゃんのレポ読んで
そうだった、そうだったと思い出したり
そうだったのかーと新発見したり

…あのー、私、確かにあそこにいたよね、って思います

どんなにちったくても(遠い所から眺めるからね)hydeさんを見ると
舞い上がってしまうんだなあ
A型らしい普段の冷静な自分(でしょ)が嘘みたいに消失してしまう
消失しすぎて肝心のhydeさんまで見失う(笑)

そんな私の隣で
メンバーのとっておきのシーンを教えてくれる(例えそれがIN THE AIR直前のアオカーンだとしても)栄ちゃんがいなかったら
私のライブ観戦はしごく薄ーいものになってしまうに違いない
栄ちゃんのおかげで、ホントたくさんの思い出を得てます
ありがとう

こんなすごいレポ書く人の隣で
私はライブ観戦してんだぜーって
自慢したくなっちゃうよ

松井のhydeさんしか追っかけられない病はもう不治の病
なので
今後ともラルクの全てを堪能するよう面倒見てやってくださいませ


a-nation、、メーテル参戦ですごい魅惑的になったよね
しっかしおボーン
確かに何が起こるか(やってくるか)わからない時期だよ

【2012/05/31 12:03】| URL | 松井 #NL852uQM[ 編集] |
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2012/05/31 17:22】| | #[ 編集] |
はじめまして。
はじめてコメントさせて頂きます。
いつも楽しくブログ拝見させて頂いています。
栄さんの感性のファンです。

私は国立初日のみ参戦しました。
最後のhydeさんのMC、私も聞いていて栄さんと同じようなこと思いました。
彼らは自分達の選んだ道を彼らの努力によって正しい道にしてきたんだと。
そして、braverryが思い浮かびました。
なので栄さんの文章読んでいて「そうそう~そうなんです~!」と頷きっぱなしでした。

2日目は旦那サービスのため、国立競技場の前を思いっきり後ろ髪を引かれながらのろのろと通り過ぎ、神宮球場で野球観戦してました。時折漏れて見える照明の光を眺めてました。最後の虹色の花火はバッチリ見えましたよ~(一塁側に座ってよかった!)流石に試合は止まってなかったですが、一塁側の観客は試合そっちのけで花火に釘付けでした。終わった後ちょっとした歓声が上がったくらい。きれいでした。

長々と失礼しました。
これからもブログ楽しみにしてます!
【2012/05/31 19:48】| URL | とんこ #5SZ05c2k[ 編集] |
ありがとうございます
何時も楽しみに読んでます
【2012/05/31 22:12】| URL | トヨミツ #-[ 編集] |

国立の演出は追求してしまうとたま~に直視出来ないのもありましたねぇ(苦笑)特にネオユニの顔クルクルとか四番街のチアさんとかは、演出家はこの曲達をちゃんと聴いたのか!?歌詞知らないだろ!?とか思っちゃいました。四番街は正直手拍子もいらないと思う…てかあれはハイドさんの煽りのせいか(笑)
オープニングの顔飛行体とか風船の演出は好きでしたけどね~。お祭り感があって。あとkenちゃんのポンポンwithチアさんも楽しかったぁ~(⌒▽⌒)
でもまぁ、ライブ新参者の私は、結局ラルクさんがそこにいて私もそこにいられるってことでまだまだ満足できちゃう幸せ者です。この先数多くのライブを観られるようになったとしたら、また感想も変わっていくんでしょうが…

最終的に思った事は…
ラルヲタ達に演出やらせろ!!!(笑)
【2012/05/31 22:23】| URL | CHIKAKO #C4nL51EQ[ 編集] |
No title
国立の演出には色々思うところありましたね。
私はカレスがすごく好きで、あんなに定番曲なのに聴けてない…と涙しそうになりましたが、withチアというのをkazueさんところで拝見して「ま、今回はいっか」って思いました。ネオユニはあの発売当時ラルクさんの曲の中で一番好きだった曲なんですが、with顔Tならば、やはり今回はまいっかと思えたクチです。初生聴きはもうちょっとしっかり作り込んだ感じで聴きたいと…。

私は新規ファンなんで、ほぼ今のラルクさんしか知らず、その上、結構何でも受け入れられる体質だと思うんですが、今回に関してはさすがに昔から好きだった(or昔が好きだった)ファンの方にちょっと同情を…でも、あれはあれでお祭りと言い放ってしまって、それはよかったとも思うんですが…。やっぱり世界観を作り上げるには活動期間が短すぎるんじゃないかなぁって思ったりします。かといって、時間が十分にあったからと言って、今の彼らが統一感ある世界でまとめるかといったら難しそうなんですが…。
【2012/05/31 23:50】| URL | mariko #g7r.6ZAU[ 編集] |
そーいえば
空が見えるライヴに
行った事ない..んですよ~

読んでいて、国立に実際行ったかの様な
気分になっています。

くらっ とくる様な
広ーい会場の雰囲気と
誰もいないステージ裏の席の
ちょっと寂しげな雰囲気も
想像する事ができました。

会場の外へ
とびたっていったテープを
「おっ ラルク!ラッキー(^o^)v」
って誰か拾ってくれてたら良いなー

保存(温存?)メール?(゜ロ゜)
ああぁ!残念。
返信 打ってくださって
ありがとぅございます!
(もし、消していなかったら
送ってくださ~い)



【2012/06/01 20:27】| URL | SUZUNE #-[ 編集] |
ちさとんさん
派手なことはしていない。 居続ける選択をしただけ。
華やかな世界でも続けるということはそんなことの連続なんですね。
ちさとんさんも大事なお仕事をされているようですが、
要は自分に嘘はつけないということですよね。

祭りのアレは・・・・な・何かあったんでしょうか?
ただファンとお祭り騒ぎをして楽しんでもらいたかったんじゃないかと・・・・・

DVDになるんでしょうかねぇ~~~。
kenちゃんのおふざけは是非DVD化してほしいとは思いますが、
本編は強烈ですよ~~~(笑)

hydeさん、暗い中を一歩一歩、ぴょこん・ぴょこんと歩いていました。
松井さんと思わず、「ななななななに?あの歩き方~~~」と萌えました。


【2012/06/01 23:03】| URL | 栄 #-[ 編集] |
りっちゃんさん
発売当時にアレを聴いていたら私も怖くなっったというか、ゲンナリしたと思います。

顔T、そうなんです。
Tシャツだけじゃなかったんです。
そこまで押さなくてもいいんじゃないかと思いました。
でも祭り半纏だと思えば。
国立ライブのシンボルだと思えば・・・・・・思えんわいっ!!
DVDには漏れなく顔T映像が付いてきます。

お歌も演奏も良かったです。
音だけ聴けばいいんだと・・・・あぁ、でも今はいどちゃんはどんな表情で・・・・ちらっ
クルクルまわっているメンバーのお顔を目で追っているうちに眩暈がしてきました。

サブステージでのサイリュームの映像は本当にステージが浮かんでいるようでした。
ファンも交えての合唱がいろんな境界線を消していました。
本当に綺麗でした。

ルシエル、今年はラルクさんのライブがあるのかわかりませんから、
入ってもどうなんでしょうか?
ただし、会報はどこのFCのものよりも凄いです。
オールカラーでテキストもいっぱい。
お腹満腹になります~。

ライブに行かれそうな時は遠慮なくお声をおかけくださいね。
活動範囲内にSakuraさんとマオ君。
いいではないですか~~~~~~。
今は無理でもいつかは!
【2012/06/01 23:15】| URL | 栄 #-[ 編集] |
松井さん
ちょ・なになに、改まってそんなこと言われるとびっくりするから。
私も松井さんと一緒にライブに行けて楽しいです。
面倒くさい私にいつも付き合ってくれてありがとうね。

そしてはいたんにロックオン(たまに外れてる)松井さんに、
横からチャチャ入れてすまんね。

無茶ブリにも文句も言わずにどうにかしてくれてしまう松井さんにいつも感謝してます。
松井さんのおかげで私もたくさん思い出作れてます。


松井さん、A型だったよね、そう言えば。
几帳面なA型だな~~~と思うこともあるある!
それだからこそとっても助かってること多い!
全くB型では思いつかないこときちんとしてくれるもんね。
計算苦手な私を今後ともよろしくお願いします。


a-nation、メーテルも気になるけれど、
VAMPS、sadsと並ぶアーティストって絶対行きたくなりそうなんだけど!
ダメ元でチケットだけ確保しておくかなぁ~?
【2012/06/01 23:27】| URL | 栄 #-[ 編集] |
あ・・・さん
私も行けれなかったライヴのレポを読んで沈む想いはしたくないんです。
でも、クルクル顔Tのことは我慢できませんでした。
すみませーん。

チアさんは、「踊るkenちゃん」という付加価値が付きましたからね!
顔Tは・・・・・苦しいです!


ラルクさんとはもはや、ファンとアーティストだけの関係ではなくて、
ファン同士の繋がりも宝ものになっていますので、
同じく、いろいろあるかと思いますけれど、ずっとついていきたいです。
ファンの方も楽しい方ばかりですしね!!

ハワイライブが終わったら、kenちゃんはやっぱりゴルフ三昧となるんでしょうか?
とりあえず、ハワイのアクティビティまでゴルフですもの。

それでkenちゃんがリフレッシュされて、また素敵な曲がたくさん生まれたらいいんですけどね!
ファンはそれを信じて待つしかありませんね。

【2012/06/01 23:35】| URL | 栄 #-[ 編集] |
とんこさん
初めまして。 

あのMC、hydeさんの20年歩き続けてここまで来たんだという、
とても強い自信というか、信念を感じました。
続けることの困難の向こうにあるものをL'Arc~en~Cielは体現してくれています。
もっと若い時に出会いたかったです(笑)

二日目の花火、神宮球場から見たラルクファンさんは、とんこさんくらいじゃないですか!
それはそれで貴重な体験をされたと思います。
観客の反応もよかったんですね~。
楽しいお話、そしてコメント、ありがとうございます。
これからもよろしくお願いします。
【2012/06/01 23:42】| URL | 栄 #-[ 編集] |
トヨミツさん
ありがとうございます。
誤字脱字多いですけれど(気をつけます)、
これからもよろしくお願いします。
【2012/06/01 23:43】| URL | 栄 #-[ 編集] |
CHIKAKOさん
もういいんです。 本当に国立はお祭りだったんです。
オープニングの謎の飛行物体の映像なんかは、L'Arc~en~Cielらしかったですね。
まさかあそこまで顔と引っ張るとは思いませんでしたけれど(笑)

風船! スタンドから見ていたので綺麗でしたよ~。
kenちゃんのぽんぽんは「え~もん観たな」って感じです。
あの嬉しそうな顔、きっと忘れないと思います。


ラルヲタたちの演出。
またそれも映像化できない予感。
だって、聴きたい歌はきっとはいたん歌詞がとびとびになる~~~。
【2012/06/01 23:51】| URL | 栄 #-[ 編集] |
marikoさん
withチア、踊るkenちゃんはまさにお祭り仕様でした。
あんなギタリストいないですよね(笑)

私、今度のラニバは本当に10年後くらいでもいいかもと思ってしまいました。
もっとじっくり、吟味して開催してほしい。

国立はお祭りだと括ってしまったほうが、
ラルクにとってもファンにとっても得策だと思います。
はははは。
【2012/06/01 23:56】| URL | 栄 #-[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://faireal.blog96.fc2.com/tb.php/1503-ea965204
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。