スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
追記あり ロンドン indigO2 ライブ状況(拍手コメントより)
コメントいただいた方から追記をいただきました。
追記として後述してあります。




ラルクさんのロンドンライブも終わり、明日はとうとうフランスですね。
はいたん、ハリーポッタースタジオには行ったのかな?
ライブ開催が2回目となるフランスではオーディエンスの反応が気になるところです。
yukihiroさんが「2回目が勝負」とおっしゃってましたが、
数年前のような盛り上がりを期待したいところです。

さて、ロンドン在住で時々コメントをくださる方がindigO2での様子を教えてくださいました。
ナタリーさんのレポとはまた違い、熱狂的なラルクファンでありながら冷静にロンドンでのライブ状況を教えてくださっています。


以下、●さん(お名前伏せておきますね)indigO2ライブレポ


行ってきました、Indigo O2! 
ここは六本木ヒルズのような再開発地区にある、ロンドンで一番新しいライブハウスで、とにかく綺麗。
まずそれにびっくりしました。
ラルクのライブにはピッタリだったけれど、
バックに映像を流そうと思ったらここしかなかったのかもしれません。
何しろ他のライブハウスはみーんな年代物で、設備も古いので。


ナタリーの写真とレポで様子は十分伝わっていると思うので、極私的感想を少しだけ。
「なんて贅沢なライブなんだ!!」収容人数2410人ということは、Zeppでラルクを見ているようなもの。(zeppに行ったことはありませんが)

なわけで、とにかく近い。
わずか6,7メートルの距離からhydeを、kenちゃんを、tetsuyaを拝顔できちゃったわけです。
hydeはどこをどう切り取ってもパーフェクトな「絵」で、改めて「この人って凄い!」と惚れ惚れしました。
実はラルクを見たくて10月に里帰りし某所で参戦したのですが、
そのゴージャスで美しい、完成されたコンサートと昨日のライブは全く別物。

あの箱のサイズであの距離感だとああなるってことなんでしょうか。
ステージの上で、ラルクは生きのいいノリノリのライブバンドと化していて、それがなんとも不思議で面白かった私です。

興味津々だった客層は、5~6割がアジア人で、男女比は4:6ほど。
もう少しチケが安かったらイギリス人率も上がるのでしょうが・・・。
それと3年前のパリライブで見たようなコスプレ&オシャレ系のグループがあまりいなかった気がします。

ちょっと残念だったのは、観客の熱。
なんかクールなんですよね。コールや拍手がまとまらないし、hydeコールもほとんどなかったし。
グッズ売り場もびっくりするほどガラガラでした。
ものによっては日本で買うより安かったりするぐらいなのにね。
私は今回パリには行けませんがパリはもっと熱くあってほしい!!



●さん、ありがとうございまーす!
また何か思い出したりしたらお願いします。

(以下追記)

レポなどというほどのものではない、極私的な感想を載せていただいて、恥ずかしいやら申し訳ないやら。
ですが、栄さんが心配されているようなのでもうひとこと。

多分パリライブの温かさ+熱さの印象が強いからだと思いますが、
そのパリやXJapanのライブと比べて客の熱が低いと感じただけで、
決して盛り上がらないライブだったわけではありません。

ノリノリのいいライブで、友人(元々Yoshikiファン)はどうやらラルクに墜ちた気配です。
しかし、DIRはすごいですね。固定ファンをつかんでいるようで、
毎年来英しているのに箱は満杯とか(by息子)。
今回はVampsの箱でラルクをやったHYDEですが、一体どういう印象を持ったんでしょう。
終始冷静に観客を観察していたhydeの述懐を聞いてみたい気がします。

前回のパリ公演は確か35ポンドぐらいだったと思うのですが、今回は50ポンド。
(手数料を入れると55ポンドになりました)
日本では当たり前の金額ですが、こちらではかなり高めです。
欧米への進出が可能か、つまり海外公演がビジネスとして成り立つか、
ラルクは見極めようとしているのかも、と思います。 

Hyper Japanを知っているなんてさすが栄さん!確かにアニメファンはイギリスでもすごく増えているし、
それにつれてJpopファンも増えています。が、みんな若くてお金がないのです。

イギリスではアルバイトも簡単に見つからないので、若者は貧乏です。
ラルクのライブに行きたくても、55ポンドの大金をはたくのにはかなり勇気が要るんじゃないかなあ。
CDもDVDも日本は世界で一番高い国。そのあたりが今後の課題かもしれません。


(以上追記終わり)

再び●さん、ありがとうございます。
私もhydeさんがどう感じたのか、いえ、メンバーそれぞれのお話を聞いてみたいですねぇ~。

イギリスでラルク価格だったチケットがSOLD OUTしたということがどれだけ凄いことなのか、
そしてその価格のチケットが購入できる客層をこれからターゲットとしていくべきなのか等々、
市場状況が各国で違い、これからはそういうところも細かく対応していかないと、
結局何度行っても同じなんじゃないかと感じました。


(以下は先にupした内容と同じです)
 

しかし、やはりロンドンは一筋縄では行かなかった感じなんでしょうか?
indigO2って新しいのですね。
私は何か勘違いしていて、かつて暴威がライブした所だとずっと思っていました。


ライブの体感は人それぞれ違うので行っていない私には分かりませんが、
NYのあの雰囲気とは違うというのはなんとなく理解できます。

かといって、全体的に盛り上がらなかったというわけでは決してないと思います。
国民性の違いというのか、いやそれよりもラルクのCOOLなイメージがそうさせてる気も。
少なくともアリーナは盛り上がっていたように見えました。
それに絶句するてったん、可愛かった~~~~(どこで観たんだお前)


例えばDIRさんみたいに
「演奏中のステージには客席から、ビールや水の入ったボトルやコップ、下着やTシャツなど、ありとあらゆるものが投げ込まれていたという話もある。が、かならずしもこれは非難や拒絶を意味するわけではなく、いわば英国流のライヴの楽しみ方のひとつ」
なんてのは、ライブとしては盛り上がるだろうけれど、
L'Arc~en~Cielのライブでそれはあり得ないですもんね?

どこかおめかしして行っても可笑しくないような雰囲気がL'Arc~en~Cielにはあるし。
まぁ、音楽性と同じく客層も違うのですからDIRさんと違うのは当然ですけれど。

だからはいたんはVAMPSに・・・・・・・(以下省略)

イギリスはアメリカやフランスに比べて日本のアニメや漫画が浸透していない感じもあるし、
実際5,6年前はまだJ-POPもほとんど知られていなかったですよね。
日本のアニメ、漫画、音楽、ファッション等に注目した本格的なイベントで知られる「HYPER JAPAN LONDON」だって、やっと2010年からの開催でした。
今年は2月下旬にあったようですけれど、J-POPの紹介でZIP!のQQクエスチョン! QQ!」のおねーさんが来たくらいで(ZIP!でやってた)
コスプレやアニメのほうがずっと盛り上がってたし、
J-POP界全体の今後の課題ですね。

それでも最近はロンドンオリンピックのOPアクトに初音ミクが、
某所で投票獲得数1位を取るなんて怪事件が起きたりするほどJ-POPというか、
オタク文化は受け入れられてるみたいでなんすが。

メンバーさんは今回のロンドン公演、どう感じているんでしょうか?
実際にライブをしてみて、新たに乗り越えるべき課題も見つかったと思うので、
これからもL'Arc~en~Cielはそれに向かって邁進して行ってほしいです。

これで終わりじゃない、これじゃ終われないっていうほうが、ファン的には嬉しかったりします(笑)



さて、たぶんネタがなくなるまで続くだろうお弁当シリーズ。
ここに載らなくなったら「尽きたな」と思ってください。
0413.jpg
今日はサツマイモのレモン煮・牛肉生姜焼き・出汁巻き卵・トマト、
合挽肉のキャベツの挟み蒸しにとろけるチーズを載せてあります。
デザートはオレンジ。

挽肉のキャベツの挟み蒸し、簡単でボリュームあっていいですよ~。
タネは前日の夕飯のハンバーグのを少し取り分けておけばOK。
ここんとこの我が家の晩御飯バレバレですね。
でもお弁当って、前日の残りものですよね?



お返事

>s・・・・さん
ありがとうございます。 ちょっとこそばゆい。
DNAに刻まれてる何かがとラルクの音楽の音楽に惹かれるている。
これはもう抗えませんね(笑)
ラルクさんに惹かれるのは本能なんですね!!

Sさんのお嬢ちゃんも入学式でしたね~。
おめでとうございます。 あの子が・・・・・
そしてSさん、お疲れ様でした。
たくさん縫うものがあって大変だったんじゃないですか?
VAMPSライブはご褒美ということで(笑)
当選率が高かったのでしょうか? Sさんの運も良かったのですね~。
どこかでお会いできたらいいですね。


>ジ・・・・さん
う、それはまだ宿題で残ってる「THE はいたん」の感想で・・・・・


>●さん
ありがとうございました。
行かれるとお聞きして、レポしてくださるかなと期待していました。
●さんのレポ、ラルク、頑張ってるよね? 結構イケてるよね?
という独善的な安心感に甘んじることなく、
まだまだ世界の壁は高いのだという現実をみさせていただけて良かったと思います。

その壁を取り払うべく、一つの試みとしてオーディエンス側の意見を拝見しよう
という目的で設置されたと考えられるご意見箱にも勇気を持って投稿してみようかと思います・・・・・
関連記事
スポンサーサイト
【2012/04/13 21:48 】 | ラルクあれこれ | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<粋なパリっ子 | ホーム | ZIGZO小学生の会話@JACK IN THE RADIO>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://faireal.blog96.fc2.com/tb.php/1465-8879f817
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。