スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
MSG雑感
今こそ「Bye Bye」をAKBに歌ってもらいたい。



前回、MSGのさわりで終わり、そして数日経ってしまいました。
この間に東北の現場へちょっと石ころ掘り起こしになど行っておりまして、
現場へ向かう途中に寄った海沿いが、
数か月前とほとんど変わっていないことに言葉もありませんでした。

MSGのビューイングが現実からかけ離れた夢のように感じました。
どこかに本当に野草花が咲いているのだろうかと、
見渡したところでこれが真実としか思えない風景でした。

しかし現場に行って、
確かな庭師の腕前と努力、お施主さんの協力で、
そこだけは緑が再生しつつあるのを見て、
少し希望を感じることができました。

でも今、花は決して野ざらしでは咲くことはできません。
咲くのには人の力が不可欠だと、塩に浸った土を深く掘り起こし
植栽し直されていく樹木を観て思いました。
私が試験的に植えた苔は総じてまだダメですが・・・・・





さて流れも関係なくMSGのことです。

ステージに浮かび上ったhydeが歌い始めたのは「いばらの涙」でした。
この時点でMSGも他の海外ライブと同じようなセトリなのだと予想が立ちましたが、
自分が海外アーティストのライブに行く時も、
やはりあちらが持ってくるセトリは新曲・ヒット曲、そしてライブの定番曲です。
その中でも「いばらの涙」を一曲目でアカペラで持ってくるというのは、
十分にナナメウエなことだと思うのですが、
「いばらの涙」って海外でも人気がある曲なのでしょうか?


金糸がカールしてゴージャスなヴィジュアルのhyde。
一曲目からして客席をその声で呑みこむことを目論んでいたのだと思います。
しかしそこはアメリカ。 初めてL'Arc~en~Cielを目の当たりにするファンも多いですし、
国民性の違いもあり、騒ぐ・喚く・歓声・悲鳴の場内。
hydeの歌声に集中するという雰囲気では少しありませんでした。
ビューイングでも歓声が大きくて、hydeの声が聞こえにくく感じたくらいです。

いばらの後には「CHASE」「GLMY」「HONEY」「ドリンキ」「レベレ」と激しい曲が続き、
会場の温度が徐々に上昇し、「レベレ」ではhydeとファンの乱れぬコール&レスポンスに、
ここがL'Arc~en~Cielのライブ会場で、そこに自分がいて、
そしてラルクの求めるものに自分も、ここにいる皆も、
誰もが応えられているという陶酔感のようなものが漂っていました。

その陶酔感が頂点に到達した後、
暗転したステージに再び浮かび上がったメンバーがステージの中央に小さく固まり、
その中に黒いつば広の帽子とグローブを女優のように身につけたhydeがいました。

「叙情詩」
アカペラです。

先ほどまで拳を振り上げ、荒々しく牙を剥いていた姿から見事な転身でした。
まさに羽根を広げた蝶のような優雅さと美しさ。
私の「叙情詩」初期のイメージは恋の苦しさだったのですが、
いつからかこれは愛することの幸せを歌う歌になりました。
そしてこの日、この歌を歌うhydeも幸せそうに歌っていました。

続く「CHASE」同様に英詞で歌いあげる「XXX」
久しぶりにこれぞラルクの・・・・・いや、hydeの真骨頂と感じられた曲です。
聴いていて気持ちのいいグルーブ。
この曲の心地よさはMSGでも多いに受け入れられていました。


私は会員限定のライブにも行っていませんし、
海外のライブレポもさほど詳しく読んでいなかったので、
「fate」でスクリーンに流れた映像は少し衝撃的でした。
なんらかの攻撃を受けて崩れ、廃墟と化していく街。
浮かぶ銃のシルエット。
絶望と怒りとともに叫ぶように歌うhyde。
日本の旗を背負って歌う意味が「fate」に込められているのか判りませんが、
銃社会のアメリカにこの映像はどう映ったのでしょうか。


そして「forbidden lover」
燃え上がる炎の映像と、そこに身を投じるように歌い奏でるメンバーが会場を席捲。
私は呑みこまれました、L'Arc~en~Cielに。
「fate」に続きこの「forbidden lover」の圧倒的な完成美。
恐ろしさを感じるほどの悲しみを、冴え冴えと美しいhydeが歌い、
そのhydeをラルクの音が創り上げていくのを目の当たりにすることに対する狂喜。
まだ知らないL'Arc~en~Cielがいるという可能性を感じて、
身体が震えるほど興奮しました。

MSGライブの成功を、私はこの時確信したのです。


その後の「マイハー」や「レディステ」、kenちゃんのMC、「あなた」で、
最初に感じた「冷え」がすっかりラルクのペースになったと感じました。

ライヴ始まりの頃より、この辺りで力強く拳を突きだすhydeのポーズが多く見られました。
彼も手ごたえを感じているのだと思いました。
その姿がとても頼もしいものにスクリーンには映っていました。

「Blurry Eyes」では、サビ終わりの手拍子が、
hydeのジワジワと両手を挙げていくポーズに「何を始めはるんやはいたん?」と気を取られ、
恒例の「パパンッ」をし損なったり、
投げようとしたホイッスルが腕に絡まる姿に「いつもらしさ」を感じたり、
てったんのアンプに全身預けて弾く姿がエロかったり・・・・・・

そうそう、kenちゃんのMCは、「ナイトミュージアム」観てない人には分らんMCだろと思いながら聞いていて、
裸の写真いっぱいい撮ってきたと彼が言った時には、
またスクリーン上にそういう写真の紹介を始めるんじゃないかと冷や冷やしてました。


そして、今回、一番MSGを攻めていたのはyukihiroさんじゃないかと思っています。
ステージの一番奥から、正確にリズムを刻みながら、
しっかり自分のやりたいことをライブで残こしていった彼。
メンバーが愉快そうに見守っていました。
その熱は私の中に余韻として残っています。



「ここまで来るのに20年かかっちゃったよ。 また来てもいいかな?」

20年。
願わくばこの先もその年月を重ねていって欲しい。
このライブが彼らの通過点の一つであって欲しい。

もっと感傷的になりたかったと、ライヴの出来が80点だと言ったhyde。

「イカニモ互ノ心にカナフガヨシ、シカレトモカナイタガルハアシゝ」(『南方録』より)

簡単に言うと
「お互いの心が自然とかなうのはよいが、意識してかなおうとするのはよくない」
という意味です。
意識すれば、お互いに目指そうとする道から外れるということです。

残り20%の可能性は、かなり高いハードルです。
たぶんL'Arc~en~Cielはこれから先、個々の技量がこれ以上かけなはれて上昇することはないでしょう。
あとは昇り甲斐のある意識レベル。
老練の域、いや「粋」

ラストに選んだ「虹」を丁寧に歌うhydeを観ながら、
そこにこそ誰にも追いつけない20年の証があるはずだと思いました。


関連記事
スポンサーサイト
【2012/04/03 09:13 】 | LIVE | コメント(8) | トラックバック(0) |
<<ダブルでいらっしゃった | ホーム | GJ「めざまし」でL'Arc~en~Ciel in MSG インタビュー>>
コメント

だんだん曇ってきましたので,夕方は確実に雨ザーザー風ビュービュー,夜は怖くて眠れない事が決まったようです。...同じ“隣組”の8才上の女性が先日の朝急逝してしまいました。先日の私の従姉妹といい↑の娘さんといい,親戚がいるとはいえ2人とも一人になってしまいましたわ...なんか身近で続いてしまうとため息です(そんな時 MyDear を思い浮かべた私は不謹慎かしら...) 前置き長くて申し訳ないですわ,こんにちは。  ※私はこの目で見れなかったので“こうだったのね”と妄想空想で,勝手に感激していましたわ。栄様の雑感も素敵です。  そして...私も今こそAKBに“Bye-bye”歌ってみてほしいです(テッちゃん曲は難しいけど...)※  暗いはなし→短いコメント....失礼しました。これにて。
【2012/04/03 12:14】| URL | りっちゃん #7Bnpprys[ 編集] |
ありがとう
栄さんの文章に、ただただ、うっとりしました。
真実と幻想とを兼ね備えた栄さんの
世界感。大好きです←告白。。。
ありがとうございます。
【2012/04/03 12:16】| URL | ちさとん #-[ 編集] |
りっちゃんさん
睡眠は如何でしたか?
家が地震の時にごとくに揺れましたね。
大丈夫でしたか?

哀しいことが続きますね。
不謹慎ではなく、支えとなっているのだと思います。

MSGも良かったです。
海外のファンもラルクの曲で幸せな表情をしているのを観ると、
肌や目の色は違っても気持ちは同じなんだなぁと思います。

AKBに歌ってほしいですね~(笑)
ぴったりだと思います。
【2012/04/04 09:44】| URL | 栄 #-[ 編集] |
ちさとんさん
思ったまま書いたのですが、
ありがとうございます。

告白、しっかりと受け止めさせていただきます~~~。
【2012/04/04 09:46】| URL | 栄 #-[ 編集] |

もれなく睡眠不足,早朝に1時間停電の憂き目に...1時間ですみましたけど。地震なのか風ビューなのかわかりません,また風が窓ガラスに衝突はじめました...こんばんは。  ...はい,実際に支えになってるんだと思います~今回ラルクさん以外に浮かんだ曲も,全部私の大好きな人達でした。  その従姉妹と先日話していたら,音楽の事になり(彼女は8歳下でMr.Bigのファンです)“ラルクがMSGのアリーナでライブやっちゃったんだよ~見てないのに緊張してさ”といったら...“え゛~!!MSGで!日本人が?初めてがラルク?え゛~??”...えらい驚きぶりでしたわ。あらためて“あの人達やっちゃったんだ...MSGアリーナで公演...”しみじみですわ。それでは...2度目にて失礼いたしました。(映像作品化してほしいですわ,本当に)
【2012/04/04 18:03】| URL | りっちゃん #7Bnpprys[ 編集] |
出会えた奇跡
ラルクのファンになってから何度も思いましたがあの日は
実際のライブ会場にいるでもないのにこの奇跡に胸がいっぱいになりました。
初めは映画館でも立って盛り上がっちゃお~くらいに思ってたのに
腰が立たなかったです。
ちゃんとノリノリにはなっているのですが、震えちゃって手は冷たいし
初めてラルクのライブに行った時の様でした。
また再び恋に落ちた様な感覚・・・・うわっ!寒っ!!
でも本当にこんな感じだったのです(汗)
あのMSGの熱狂を見て、活動拠点、同じ日本にいられる幸せを感じます。

私もあの女優帽には脱帽(シャレ?)しました。
女優帽似合ってしまうくらいに女性的なのに男らしくてカッコいい
大人の冷めた部分も持ちつつ純粋無邪気、なんでしょ、あの人・・・・。
まさに『唯一無二』ですね。
【2012/04/05 10:10】| URL | ナミ #p5viccLg[ 編集] |
りっちゃんさん
従姉妹さん、Mr.Bigとは渋いですね。
そしてやっぱりMSGで公演って驚きますよね~。
やっちゃったんですね~、あの人たち。
これから大変ですね。 
でも、再びMSGに立つという新たな目標ができたわけだし、
それにはなんかホッとしたような、安心を貰ったような・・・・・
MSGが始まるまであんなに心配だったのに。
【2012/04/11 20:59】| URL | 栄 #-[ 編集] |
ナミさん
>ちゃんとノリノリにはなっているのですが、震えちゃって手は冷たいし

ナミさん、そんな大変なことになっていたんですね。
私は感慨ひとしおで一人静かに震えている松井さんの横で、
娘と大騒ぎしていました。

しかしラルクと同じ時代、同じ国に生まれて本当によかったです。

>大人の冷めた部分も持ちつつ純粋無邪気
はいたん天使説ですね。
【2012/04/11 21:03】| URL | 栄 #-[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://faireal.blog96.fc2.com/tb.php/1457-5e804a48
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。