スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
BREAKERZの若年寄り JACK IN THE RADIO 9月21日
って、言われたりしないのかなぁ?

AKIHIDE君ですが、彼のブログ LIFEの落ち着いた静かな文章がなんともいいです。
合わせてMOON SIDE THEATERも、まったりできる空間です。







さて、先日息子が空になったお弁当箱を不服そうに私に返してきました。

「栄ちゃん! たくさんウィンナー入れてって言ったじゃん!」

入れたはず。 ウィンナー5本を半分に切って10個にしたウィンナー全部入れた。
おかず入れが2段のお弁当箱の1段目の半分がウィンナーで埋まったはず。

「たくさんウィンナーいれたじゃん!」
「たくさんウィンナー入れてって言ったのに!」

まだ言うか、しつこい奴め。

「あれ以上たくさんウィンナー入れたら、おかずがウィンナーだれけになるわっ!」
「違うよ! タコさんウィンナー入れてって言ったんだよっ!!」


は?
タコさん
タコさんウィンナー? ゚(∀) ゚ エッ?

まさか中1男子の弁当にタコさんウィンナー入れなきゃならないとは思っていなかったからさぁ・・・・・

そんな空耳が慢性化している私が起こすラジオ起こし、
ちょっとSHINPEI君とAKIHIDE君の声の区別がついてません。
もしかしたら逆になってるかも。

そんなでよろしかったら。















逹瑯:はぁい、JACK IN THE RADIO DOORS。 水曜担当MUCC ヴォーカル逹瑯ですっ!
前回はjalkbからdunchさんとhidekiさんに来てもらいました。
芸人さんということでだいぶ面白かったんですけれど、
今回から2週間連続で登場するこの方も、もはやミュージシャンなんですが、
芸人に近いんじゃないのかな?と思いますんで、
だいぶ面白い放送になるんじゃないのかなと思います。

BREAKERZが登場です。 ご挨拶よろしくお願いします。

DAIGO(D):はい、BREAKERZのミュージシャンDAIGOです。 よろしくお願いします。
AKIHIDE(A):え~、BREAKERZ、ギターのAKIHIDEです。 よろしくお願いしまぁ~す。
SHINPEI(S):BREAKERZ、ギターのSHINPEIです。 よろしくお願いしまぁ~す。

逹瑯:BREAKERZ、初登場ですけれども。
D:はぁい!
A:はい。

逹瑯:DAIGO君とこうやってラジオで絡むのはですねぇ、
だいぶ昔のビューティフル フェズの・・・・・・
D:第1回のね(笑)
逹瑯:第1号で絡んだっきりなんですけど。
D:凄い絡んだ、あん時。
逹瑯:ほんとですけれども。 よろしくお願いします。 今日は3人で。
D:ねぇ、今日はちょっとお願いします。

逹瑯:今日はラジオに来る途中、あのBREAKERZ ヴァン観ましたから。
D:マジで?
逹瑯:宣伝カーみましたから。
D:あ、トラック?
逹瑯:これから会うな~、みたいな感じで。
D:あ、嬉しいなぁ~。
逹瑯:よろしくお願いします。
まずはこんなオープニングコーナーから行きたいと思います。

こちらっ!
JACK IN THE MUCCエスト~~~~~。
ワァオッ!

A:なにそれ?

逹瑯:はい、この新コーナーではゲストの方にMUCCのリクエストを堂々且つおもいっきり聞いちゃうコーナーです。
では、リクエストしていただいた曲を教えてください。

D:あのねぇ、コレ、俺ね。
逹瑯:うん?
D:行かしてもらいたいんですけど。
逹瑯:はいはい?

D:あのぉ~、MUCCがね、僕らある意味ライブハウスとか・・・・
逹瑯:やってましたねぇ!
D:ある意味同世代というか? ちょっと同期的なところがあるじゃないですか?
逹瑯:うん。
D:ロフトとかで対バンしたりね?

逹瑯:俺ね、ずっとね、タメだと思ってたらね~、
1こ上だった。
D:そう(笑) 俺、何気にね



逹瑯:そうそう。 早生まれか?
D:で、やったじゃない?
逹瑯:やってましたね。
D:俺、ロフトで観た時に、あのほら。 MUCCが、曲中にさ、しゃがむやつあるじゃないですか?
逹瑯:ありますね。

D:一斉に、ストロボとかで!
逹瑯:あ!! そっちか?
D:え? そっちじゃないの?
逹瑯:メンバーがでしょ?
D:そう、メンバーがしゃがむやつ。
逹瑯:そっちか!!
D:そっちそっち!
逹瑯:うん、古っ!

D:そう、メンバーがしゃがむヤツ、ストロボで。
逹瑯:めちゃめちゃ古い(でも嬉しそう)
D:あれがもうすっごい未だにね、新宿ロフトで・・・・・
やったヤツが・・・すっごいね、焼き付いている!

逹瑯:なぁるほど! ソレがクる!?
D:そう!
逹瑯:それね、ラジオで掛けたことないわっ!
D:ふふふ~、マジで?
A:へぇ~~~~、凄い!
D:そう、やっぱ歴史があるからね。

A:音源化はされてるんですか?
逹瑯:されてるんですけどね。
昔のアルバムのボーナストラックに入ってた気がする。
A:お~、スゲェ。 超レア。
逹瑯:ちゃんとした曲じゃないって?っていう曲。
たまにはいいかなっていう。
D:笑 マジィ? あり?
逹瑯:こういう機会でもないと語ることないね。
D:アリ? あのしゃがむやつ?
逹瑯:ちょっとラジオ的には、最近のMUCCを知ってこうやって聴いてる人はびっくりしちゃう感じの曲かもしれませんね。
SA:へぇ~~~~。
D:やったぁこれ!
S:いいねぇ。
逹瑯:サプライズもありかな?っていうことで、
じゃぁ聴いてもらいますかね?
MUCCで「狂った果実」


狂った果実


逹瑯:はい、お送りしたのはBREAKERZ、DAIGOさんがリクエストしてくれたMUCCで「狂った果実」でしたと。
こんなのね、ラジオでやったってなんのプロモーションにもならないような曲ですよっ!

笑!

D:いや、俺ね、思い出すね、やっぱり。あん時のね、センセーショナル!
逹瑯:若気だけが至ってますからね、ほんとに。
D:すごいっすよ。
逹瑯:そういう曲ですから。
D:あん時からもう凄かった。 スターだったもん!
逹瑯:いやいや・・・・ あのころ~~、ジェイルでしょ?
D:ジェイル(笑) ジェイル、今知ってる人50億人くらいしかいない。 ほんとに。
逹瑯:いやいやいや、そのころの曲ですから。

ということで改めまして、ここからはBREAKERZと一緒に音楽について話を聞いていこうかなと思います。
なんと本日、9月21日、BREAKERZ5枚目のニューアルバム『GO』がリリースされましたぁ~。

全:ありがとうございまぁ~~~~す。
D:ありがとぉ~う。

逹瑯:まず一言で言うと、どんな曲が詰まったアルバムになっていますか?
D:これはね、ほんと『GO』っていうタイトルがね・・・・ま、なんで『GO』かというと、
BREAKERZ、5年目に突入して、その俺たちの5枚目のアルバム。 で、『GO』っていうね。

逹瑯:で、一曲目の「GO」は15種類以上のヴァージョンを作り・・・・・
作り過ぎじゃない?
S:あっはははは
D:そうなんだよね。 構成をね、あーじゃないこうじゃないとか、
大サビをねちょっとメロ変えようとか、いろんなパターン作って。


逹瑯:でも一曲目って大事だもんな、アルバムのね。
D:そうなんだよね。
逹瑯:で、5周年の一曲目じゃん?
D:そう! なんか一曲目にさMUCCとかそうでしょ?
アルバムのオープニングナンバーって作りたいタイプでしょ?

逹瑯:あの~~~~~・・・・・ インストってこと?
うちらは大体一曲目がインストで、インストからの流れのちゃんとした一曲目が・・・・
D:オリジナルでしょ?
逹瑯:うん、オリジナル。 アルバムで作る曲。
D:そうそ! それよ! それ!
逹瑯:
D:それしたいの、それ!

逹瑯:今までなんだったの? シングル出始まりだったの?
D:いや、いっつもそういうふうにしてきたから
S:したいよね。
D:だから! あ・あるじゃん、俺らの世代。
オリジナルに行きたいじゃん、初っ端。

逹瑯:でも逆に、シングルの、なんて言うのかな?
SEから始まってっての、シングルのアルバムヴァージョン。 
ちょっとニュアンスが違うけれども、最近好きっちゃ、好き。
D:あ~、それもね。 それもいいよね。
そういうアルバムならではの始まり方を、やっぱしたいんで、どっちにしろ。 
だから・・・・・分かるんですよね、そういうのが。 それがしたいんですよ。


逹瑯:俺さぁ、因みにね、10曲目の「BUNNY LOVE」
これのね、歌い方っていうのか、一番キャラっていうか、イメージに合ってると思ったのね。
D:マジで?
SA:ほぉ~~~~~。
D:逹瑯君的に?
逹瑯:おぅ、俺的に。
D:あ、そう?

逹瑯:このなんか、セクシーな感じ?がね、一番なんかしっくりハマってんなぁと思って。
D:あ、ほんとぉ? それうれピーだね。
逹瑯:なんかさ、ポップなイメージも今だいぶ付いてるけど、
大人に向けてのギャップ感がスゲェ好きだった。
D:あ、そう~。 嬉しいなそれやっぱ。
逹瑯:これ良かったっすねぇと思いました。
D:33になってから出せる~~~~~~~(聴き取れず)
逹瑯:ま、あるよねぇ? でもそういう色気みたいなのって。
D:ある、絶対あるよ! 20代とか19とかさ、無理じゃん? やっぱ。
逹瑯:なんかこう、頑張って背伸びしてる感じが。
D:そうそうそうそう。
逹瑯:それがね、凄い等身大な感じで良かった。
リアルで良かったかなと思いました。
D:嬉しい!

逹瑯:曲順は結構すんなり決まんの?
D:曲順ね、マスタリングのね、日の朝、決まった。



D:で、どう? MUCCどう、MUCC。
逹瑯:大体ね、うちはギターが決めたりするんだけど(ギター笑)
前回のアルバムは結構まぁ、すったもんだしたけど、今でも、iTunesがあるから楽チンだよね。
D:あ~・・・・・
A:あ~。
逹瑯:すぐに入れ替えれるから。
D:分かるわかる。iTunes楽だね。
逹瑯:楽チンだね。 昔は大変だったけど。

あ、これはもう完全にライブを意識している曲だなと思いました。
8曲目の「スマイル 100%」
D:あ~、これね。 これ、テーマはね、
アラサーバンドが織りなすアイドルロックバンド。

逹瑯:でもね、それはね、凄く出てるね!
なんかね、ちょっと時代の風を感じるというか、なんとも言えない空気感が漂ってるなっていう、コレ。
D:そう、コレをね、やっちゃえるのもまぁ、俺たちのキャパじゃないかなと思います。
逹瑯:いやコレは・・・・・・コレできるロックバンドはなかなかいません。
S:やってよかったです。
逹瑯:ほんとに、うちらには到底真似ができないや。
D:MUCCはね(笑) 絶対にやらないでください。
逹瑯:これはねぇ~、いいアクセントですよ。
ライブのね、キラーチューンになるんじゃないのかなと(笑)思いますけれども。
D:ねぇ、嬉しい。

逹瑯:SHINPEIさんはニューシングルを出すたびに髪の色をその曲に合わせて変えるってことで、
その曲のイメージを自分で決めるっていうことですか?
S:大体そうですね。 ジャケットとか話し合いをしてる時に、
なんかテーマカラーみたいなのが決まって、割とそれに合った色にしたりとか。
7,8色くらいいろいろチャレンジしていますね

逹瑯:あらあら、レインボーじゃないですか。
S:ほんとですよ。 あとやってないのっていったら、緑とかオレンジとか。
逹瑯:あら? 結構あるじゃないですか。
S:ま、あとちょっとあるんですけど。
逹瑯:今はアッシュですか? それは。
S:今はグレーみたいな感じですね、どっちかというと。
逹瑯:一番気に入っていた色っていうのはなんだったんですか?
S:意外と青とか、やる前までは、「これやったら大丈夫かな? 街、歩けるかな?」とか思ったんですけど。
逹瑯:大丈夫ですよ。
S:やってみると大丈夫でしたね。
逹瑯:ロン毛の真っ青だったらちょっとみんなねぇ~振り返っちゃいまですけど。 
いつの時代だみたいな感じで。 エナメル着てくれみたいな感じになりますけど。
S:ははははっ!
逹瑯:短髪ですからね。
S:そうなんですよ。短髪だからかもしれないんですけど、やりやすくて、結構。

逹瑯:いいですよねぇ。
・・・・・・で? DAIGO君、「14曲目にヤられた」って、なんか凄いアバウトなことが書いてありますけど?
D:そう、14曲目の「ディストラクション」って曲は、正直ね、13曲で結構成立してたんすよ、アルバムが。
逹瑯:あぁあぁ、あるよね、でもそういうこと。
D:ある。 あるんだけど、「限界をぶっ壊して新しいものを作る」っていうバンド名で「BREAKERZ」って付けたから、
〆切りギリギリまでね、もう一曲ブチ込もうってことになって、
それで「ディストラクション」っていう曲をみんなでレコーディングして、
で、結構激しくなったんすよ、みんなの勢いが。

逹瑯:おぉおぉ。
D:凄い凄まじくて。
逹瑯:でも、自分じゃん、作曲。
D:そう。 それで結構俺が普段あんま歌わないようなね、それこそちょっとジェイル時代みたいな。
逹瑯:あぁっ! あーー!! 分かった分かった!!
D:ちょっと激しめに歌ったの。
逹瑯:あのさぁっ! この曲聴いてさ、「こんなぁメタルみたいな高音のファルセットのシャウトってできんだ!」って思った、俺。
D:マジで?
逹瑯:わ、こっちもこんな綺麗にメタル・・・・モロめちゃメタルの曲をやっても面白いんじゃないの?って思っちゃったもん。
D:ほんとぉ~? それで、そのシャウトやった後に、喉がぶっ壊れた。
逹瑯:あっはははは!!!! やっぱ慣れてないから?
D:それだぁっ! 
逹瑯:ちょっと無理しちゃって。
D:ちょっと激しかったねぇ。
A:2テイクしか歌えなかったね、その曲は。

逹瑯:そうなんだぁ。 でもね、5周年って一つの区切りですけども、区切りに収まらず、これから先もぶっ壊してね、
10周年、20周年に行くっていう意味ではいいんじゃないんですか? 最後の曲っていうことで。
D:ねぇ~~、嬉しいよね。 MUCC、だって何年、今?
逹瑯:来年15周年ですね。

全:うわぁ~~すごぉ~~い!!

D:MUCC、凄いよぉ~!
逹瑯:そんなに経っちゃいましたよ、もう。
D:マジでぇ?
逹瑯:うん、今14年目なんで。
D:凄いねぇ。
逹瑯:いつの間にかですね。
D:アルバムはもう何枚?
逹瑯:アルバム、何枚出してんだろう? なんか割と出してるよ。
D:凄いよ、MUCC! リスペクトだよ、ほんとに。
逹瑯:リスペクトしてください、ほんとに。
ほんと、よろしくお願いします。

ということでですねぇ、本日9月21日にリリースしたBREAKERZ 5枚目のニューアルバム『GO』から一曲お届けしたいかなと思います。
曲紹介、よろしくお願いします。

D:はい、それじゃあ聴いてください。 今日リリースのアルバム『GO』から、タイトル曲です。
BREAKERZで、「GO」



GO


逹瑯:はい、お送りしたのは本日リリース、BREAKERZのニューアルバムから「GO」でした、と。
これ、ほんとは一曲目のさぁ、このピアノ始まり、鍵盤始まり、この旋律いいよね。
D:あ、ほんとぉ!!
逹瑯:うん、なんか和のさぁ、感じがしてさぁ。
D:うんうんうん。 ちょっと、いつも激しく「ガンッ」って行ってたんだけど、
今回ちょっとね、ピアノからもアリだなと

逹瑯:静かに、叙情的に始まって、開けていくサウンド。
D:そうそうそう。
逹瑯:一曲目にいいですよね。 他の14パターンも聴いてみたかったですけどね。
ということでですね、この曲が聴けるのはBREAKERZのアルバム『GO』だけですので、
是非チェックしてもらいたいと思います!
ということで、DOORS 水曜のJACK IN THE RADIO ここまでお届けしてきましたが、
あっという間にエンディングです。 如何でしたか?

D:いやぁ~、今日はね、俺正直ね、やっぱ逹瑯君とね、こうやってね、
トイメンでね喋れて、嬉しかったね。

逹瑯:久しぶりですからね。
D:嬉しいっすよ。 ちょっとMUCCさん、ほんとどっかでね、やりましょうよ。
逹瑯:なかなかねぇ~。
D:やりましょう。
逹瑯:ないよねぇ~?
D:なんかやりましょう、MUCCさん。
逹瑯:でも、BREAKERZのほうがギャラが高いからさぁ。
D:いやいやいや、なんも知らないだろ?
逹瑯:きっとね!(笑)
D:なんも知らないよね、ほんとね(笑)
逹瑯:ほぉ~んとに、なんも知りませんけども・・・・(笑)
D:完全にね・・・・・
逹瑯:ギャラ、高そうだから。
D:何言ってんですか。

逹瑯:笑 ということでですね、今回も音楽トークしていきましたけれど、
来週はちょっと深めの趣味についていろいろお話を伺っていこうかなと思います。
来週も引き続きよろしくお願いします。

全:お願いしまぁ~す。

逹瑯:ということで、JACK IN THE 告知、よろしくお願いします。
D:はい、まずですね、今日リリース、BREAKERZのニューアルバム『GO』をね、
まずは皆さんチェックしてください。
でですね、インストアイベントがあるんですけど、9月24日にラゾーナ川崎、これ15時からですね。
ここでですね、握手会とちょこっとライブもやったりするんでね、
是非みなさん、遊びに来てください。


A:はい、そして全国ホールツアーをやります。
10月22日土曜日、千葉県南総文化ホール、大ホールを皮切りに、
12月8日、9日の東京渋谷公会堂の2DAYSまで、全14公演、BREAKERZ ライブツアー2011 GOをやります。
是非遊びに来てください。


S:うん。 その他詳しくは、オフィシャルサイトをチェックしてください。
試聴とかもできるんで、是非、よろしくお願いします。


逹瑯:AKIHIDEさんはライブ前に必ず?
A:はい?
逹瑯:神様とご先祖様に感謝の手を合わせてからステージに」
って、ほんとですか? 書いてありますけど。
A:僕、結構神社とか巡るのが好きで、お正月とか初詣5カ所くらい行くんですよ。
逹瑯:あら? 詣ですぎじゃないんですか、それ?
A:もう、詣でまくるんです。
逹瑯:へぇ~、凄いですね。
逹瑯:みんなはやらないんですか?
S:横目でチラッとみてるだけ。
D:う~ん、まぁでもね、俺たちもね、いろんなことに感謝してるから。
S:そうですね(笑)

逹瑯:はい、MUCCに関しては10月23日、日曜日、さいたまスーパーアリーナにてV-ROCKフェスティバルに出演します。
そして、年末恒例のマーべリックDCグループプレゼンツ、JACK IN THE BOX 2011にもMUCC出演します。
その他詳しくはMUCCオフィシャルサイトとツイッターをチェックしてください。

JACK IN THE BLOGはアルバム『GO』に引っかけて、「GO GO」なポーズですと。
D:うん、行きましょう。
逹瑯:気になった人もいるかもしれませんけど、
きっとGOGOなポーズっていうのは、想像どおりのポーズになるんじゃないのかな?と思います。
D:ね、コレしかないでしょう。
S:うん、コレしかない。
逹瑯:気になった人はチェックしてください。

パーソナリティの沙羅・マリーさんは、「最近テンションが「GO」する時ってありますか?」と。
テンション上がると基本的に一定以上にテンション高いでしょ?
D:そうね。
逹瑯:ね?
D:基本設定がね。
A:あはは。

逹瑯:逆に低い時とかってあるの?
D:えぇ、眠い時だね。

笑!

逹瑯:それはね、観た事ある。
D:多分ソレだね。
逹瑯:ですよね。 ということで、JACK IN THE RADIO MUCCヴォーカル逹瑯と。
D:BREAKERZ ヴォーカルDAIGOと。
A:ギターのAKIHIDEと。
S:ギターのSHINPEIでしたぁ。

ばいばーい。



お返事

>messyさん
おぉ! messyさんも初ラルクライブだったんですね!
おめでとうございます!
初めてのライブでyukihiroさんのキッスに遭遇とは、はぁ~~~~、なんと羨ましい!
ラッキーですね。幸先いいですよぉ~~。

屋外用ロールスクリーン、カビのことは頭にありませんでした。
湿度の高い日本ならではの問題ですね。
ありがとうございます。
もう少し検討してみます。


>P・・さん
シアキスの時のハイタンなんですが、遠目でみると頭がキンキンで、
どうなっとるんじゃい?って感じでした。
帽子が大きくて(ハイタンの頭がちったすぎて)、どんどん下がってきちゃうんですよ。
ステッキ型のスタンドマイクを振りまわして、可愛かったですね~。
なんとそちら在住でしたか!
いつの日か行ってみたいです。
方言好きなhydeさんですが、自らが使っても可愛いって、どーにもなりませんよねぇ。


>m・・・・・さん
え? ペラペラだったんですか?
しばらく現場がそっちにありまして、でも職人さんの多くが東北の方だったんですよ。
現場に飛び交う博多弁と東北弁。
意思の疎通が図れているのかが最大の不安材料でした。
ちなみに私はどちらの言葉も判りませんでした。

私も京都からこちらに来た時にはいろいろと戸惑いましたよ~。
子どもに「やくざの言葉」と言われた時には衝撃でした(笑)
あと、今はそうでもないんですが、当時来た時、
エスカレーターの止まって利用する側と歩きながら利用する側の列が逆だったんですよ~。
これにはびっくりしましたね。
京都は北に向かうことを上がると言いますけれど、
こちらは東京に向かうことを上がると言うんですよね?
そのせいで迷子になったこともあります。



>無記名さん
あら? 私、お笑いタレントさんがRoenを着るなとは言った覚えはありませんよ~(笑)
Roenの今田さんご覧になりましたか?
「似合わない、頑張りすぎ」と思ってしまいました。
もっと彼に似合うものがあると思うんですけど。

でも、むしろそうやってツッこまれて彼としては正解だったんじゃないかと。
そんなつもりもあって書きました。

関連記事
スポンサーサイト
【2011/09/23 15:12 】 | ラジオ | コメント(8) | トラックバック(0) |
<<スペシャ特番 ラニバ アンソロジー ネタバレ その1 | ホーム | スペシャ番組『L'Arc~en~Ciel 20th L'Anniversary LIVE Anthology』>>
コメント

文字起こしありがとー♪あんましアキさん喋ってない(笑)でも次回の深い趣味がすんごい聞きたい!(^w^)
【2011/09/23 17:14】| URL | eri #-[ 編集] |
可愛過ぎます!!
オチに思わず吹き出し『可愛い~っ!』声に出てしまいました(萌)
hydeさんにも劣らないもの凄い破壊力ですね。

夢の様なライブ・栄さんとのご対面(舞い上がり尋常じゃない汗をかきました)、
そのまま翌週は沖縄・石垣島へ旅行と華麗なターンを展開!!
・・・の予定だったのが台風15号をくらい、やっとこさ戻ったらそのまま本州上陸。
船会社の為、シケで船の運航ができず、仕事的にもくらいました。。
その間もコソコソこちらにお邪魔し(こら)
hydeさん界隈の動きを知る事ができ、癒されておりました。
コメントしたい事いっぱいあるのですが長くなっちゃうので(汗)

来月のハロウィンでBREAKERZ初体験なので楽しみです!
相変わらず相方は見つかってませんけど(笑)
AKIHDEさんの口の半開きはわざと開けてる訳ではなく
気づくと開いてる系ですよね。
そこにキュンとします←細かくてキモい
【2011/09/23 23:01】| URL | ナミ #p5viccLg[ 編集] |
空耳アワー
たくさんウィンナーとたこさんウィンナー。
確かに似てる・・・(笑)

うちの息子も、運動会の時に、たこさんウィンナー入れたら喜んでました。しかも、普通のウィンナーより赤ウィンナーの方が好きって、初めて知った。今までは、普通のやつを入れてたんですよ。
今回は、赤ウィンナーでもいいかって、初めてお弁当に入れたんですよ。
そしたら、「俺、赤ウィンナーの方が好き・・・」って。
もっと早くに言え~!!と思いました。
赤だったら、やっぱたこさんでしょ?って事で、たこさんウィンナーも初めてお弁当箱に・・・
たこさんウィンナー初めて入ってたって、喜んでました。

で、もう1つお勉強になりました。
たこさんウィンナーってかさばる!!
足が開いてる分、少しの量で弁当箱を占領する・・・
これは、新たなる課題だ・・・
って、ウィンナーで語ってしまいました(笑)

と、あと1つ。息子?
そうなんです。いつも娘ネタが多いので、一人だと思われがちですが、実は息子もいるんですよ~。(思いっきり私事で、すみません。)
【2011/09/24 12:09】| URL | あんちょママ #-[ 編集] |
ぱかっ
と、期待を胸に開けたおべんとばこ。目にとびこんできたのは、沢山入った、まっすぐなウィンナー…( ̄□ ̄;)!!かわいい!かわいいです!息子くん。 せっせと切り込み入れて、たこさんウィンナ焼く、栄さんも、これまたかわいぃ! 是非、どっちゃり焼いてあげてください。。   文字おこし、ありがとうございます。DAIGO君のトークの声のトーンって、(TVで聞いただけですが)ぼわんっと眠くなります~。
【2011/09/24 12:33】| URL | SUZUNE #-[ 編集] |
eriちゃん
アキさん喋ってなかったね~。
というか、DAIGO君しか喋ってなかった。

でも、ライブ前に神様とご先祖様に感謝って、いい子だね。
おじいちゃん、おばあちゃんっ子なのかしら。
【2011/09/24 22:31】| URL | 栄 #-[ 編集] |
ナミさん
家族じゅう大爆笑でした。

ライブでは少しの時間しかお会いできませんでしたけれど、
お会いできて良かったです。

しかしライブ後、沖縄へのご旅行はちょっと辛かったですね~。
あの台風、ずっと居座っていましたものね。
まさか、ナミさんがそこにいたとは・・・・・・

ハロウィンでのBREAKERZ、私も行きたいと思っているんですけど、
ちょっと予定が未定なんです。
相方さん、私も探してみますね。
【2011/09/24 22:40】| URL | 栄 #-[ 編集] |
あんちょママさん
もう、タコさんウィンナーにはびっくりでしたよ。

お弁当に入れなかったからって、翌朝に作らされました。
タコって足が8本じゃないですか、
正直に足8本つくったらボロボロになりました(笑)

そんでまた叱られました。

お弁当、子どもたちは大好きで、
我が家はオーダーが本当に五月蠅いんですよね。


あんちょママさんの所も娘と息子ですか。
我が家もですが、男の子と女の子の違いが結構面白いですよね~。
【2011/09/24 22:45】| URL | 栄 #-[ 編集] |
SUZUNEさん
お弁当の蓋を開けた瞬間、かなりテンション下がったと思いますよ。
その日の試合は絶不調だったらしいです(笑)
練習試合だったからよかったですけど。

ウィンナーへの切りこみ、将j機に8本入れたら大変なことになりました。
ボロボロでちぎれちゃったり。

DAIGO君、話すトーンは結構低くて、
でも笑い声は意外と甲高いんです。
【2011/09/24 22:48】| URL | 栄 #-[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://faireal.blog96.fc2.com/tb.php/1281-d4648796
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。