スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
新生活
新しい生活が始まる季節ですね。
我が家のぼっちゃんも明日が入学式です。
ダッボダボの制服と、一番低いサドルでもつま先チョンチョンな真新しい自転車です。



家人が東北から帰ってきました。
現場が動き始めました。
お施主さんからの強い希望です。
伝統工法に則った建物は、驚くほど被害を吸収してくれていました。

更に驚いたのは茶匠から賜った茶室の扁額もお軸もなんの被害もなかったことです。
関係者の方々に吉報をお知らせすることができました。

しかしその反面、知り合いの先生のご自宅が津波にさらわれ、
ご本人は当日関東に出張で被災は免れたものの、
今まで集めてきたお道具もなにもかも失くされ、避難所生活をされていらっしゃいました。

この現場の建物はお茶室も併設されていました。
今年の秋にはこの先生も含め多くの先生がお釜を掛け、大体的に茶会を開く準備をしていました。

お施主さんはお茶の関係では全くないのですが、
今はこの現場を完成させることが自分の使命だと思っていらっしゃるようです。
茶人もなにも関係なく、完成の暁にはご近所さんをはじめ、
沢山の人を招いてお茶を楽しんでもらいたいと仰っていました。

この言葉に家人も現場の職人たちも奮起。
津波で首まで水につかり、それから風呂には一度も入れていない電気屋さんもいらっしゃいましたが、
皆が今は創り上げることに必死になっています。
それが職人さんたちの生活の支えになれるようにサポートできたらと思っています。


その現場の繋がりである学校の先生から「鞄を送ってください」と頼まれました。

子供たちが学校に行くのに兎に角なんでもいいから学用品を入れられる鞄を

そう言われてびっくりしました。
送るなら新しいランドセルや鞄をと思っていたのですが、
「なんでもいい、兎に角欲しい」と言われるのです。
本当に何もないのだとショックでした。

早急にということだったので、ご近所の方に急いで声を掛け、
ランドセルや手提げ鞄を集め、
都内の現場を掛け持ちでしてもらっている庭師さんに持っていってもらいました。
我が家も幸い二人ともランドセルを綺麗に保存してあったので集めることができました。
子供たちはランドセルにつけるストラップまで、自分達のものをあれこれと付け替えて渡していました。
なるほど、子供らしい観点だなと思いました。

ランドセルの中を綺麗にしておこうと蓋を開けたら、
それぞれそのランドセルの持ち主になるだろうお子さんにむけた手紙が入っていました。
子供は子供なりに何かをしようと一生懸命なのだなと思いました。


要望に入ってはいなかったのですが、私は新しいネクタイを2本持っていってもらいました。
新しい生活に希望を託す誰かが手にしてくれることを願っています。






さて、我が家にもFLA2が届きましたよ!!
FOOL'S MATEも買ってきました。
fools.jpg
なかなかてんこ盛りです。
次はこの感想などを!

関連記事
スポンサーサイト
【2011/04/07 17:31 】 | 日々 | コメント(2) | トラックバック(0) |
<<モノマネ界はhydeブーム、FOOL'S MATEにOBLIさん | ホーム | Alice Nineのありが虎>>
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2011/04/08 12:02】| | #[ 編集] |
ナ・さん
ご心配おかけしました。 大丈夫です。

翌日はまた朝から現場へ電話です。
やはりかなり揺れはしたようですけれど、「あの時」ほどではないと、
変に冷静でいられたとだれもが仰っていました。

震災はたくさんのものを奪いましたが、
そこからたくさんのものを得られた時こそが復興なのでしょう。
失くしたものは帰ってきませんし、
心の傷が癒えることもないと思いますが、
それを忘れず受け入れることができた時、乗り越えたと言えるのかもしれません。

その道は遠く険しいのですが、作って行かなければ進めません。

お仕事お疲れ様です。
建材、今はどこも不足です。
復旧はなにより嬉しく励みになります!
ありがとうございました!!!


【2011/04/10 01:10】| URL | 栄 #-[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://faireal.blog96.fc2.com/tb.php/1112-9cb6b6aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。