スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
Alice Nineのありが虎
夜中に更新したつもりだったんですけど、
下書き保存のままだったのに今気がつきました。


4月から3ヶ月間、Alice Nineの虎さんが月曜日のDOORS担当するということで、
よろしかったら。













はい、みなさんこんばんは。そして初めまして。Alice Nineギターの虎でございます。
今日から毎週月曜日のDOORSを担当いたします。
番組のタイトルは『Alice Nineのありが虎』。というわけでね、
さっきたった5分前に考えたばっかりのタイトルなんですけどもね。
どうぞ。 よろしくね。 お願いしますと。

ということなんですけど、まず、東日本大震災で被災された皆さまには心からお見舞い申し上げますとともに、
一日も早い復旧をお祈り申し上げます。
計画停電ね、そういうものがいっぱいあったりして、
毎日予断を許されない日々が続いているんですけどもね、
僕は丁度東京にいて、自宅だったんですけども、まぁ、揺れましてね。
正直、怖かったです。

ほんとにね、あの、やっぱ、いろんなテレビでニュースを観て、
ほんとに被災された皆さま、本当に怖い思いをしていると思うんでね、
そこに向けて、そういう人たちがちょっとでも元気を取り戻してくれるように、
うちらも何かできることは頑張っていきたいと思うので、どうぞよろしくお願いいたします。

さて、ここで簡単に自己紹介をしたいななんて思うんですけども、
「アリスナイン」って聞いてね、なかなかピンッとこない人も
もしかしたらいるんじゃないかということなんですけども、
まぁ、あの、バンドです!

別に芸人とかじゃないんですよぉ。
Alice Nineっていう5人組のバンドのギターの虎ということなんですけども。

Alice Nineとはどんなバンドか。
そうですね、いわゆるまぁ、ヴィジュアル系・・・・・って知ってますよね?
ちょっとお兄さんたちが化粧をして、音楽を奏でる人たちのことを言うんですけども。
そんなバンドでございます。

まぁ、何はともあれ、Alice Nineはバンドなんで、曲を出しております。
まずはAlice Nineがどんな曲を奏でているのか、早速聴いてもらいましょう!

それでは一曲目。
記念すべきオープニングナンバー、Alice Nineで「I.」



I.




Alice Nineの虎が担当でお送りしております。
今夜から始まった「Alice Nineのありが虎」
まず聴いてもらった曲はAlice Nineのニューアルバム『GEMINI』の中から「I.」
そうですね、最近出したニューアルバム『GEMINI』の一曲目!なんですけども、
かなりポジティブな曲でございます。

こんな時だからこそ「希望」をテーマにした選曲にしてみたんですけども。
頑張って作ったアルバムの一曲目っていうのは凄く大事な曲で、
そのアルバムの名刺とも言える曲なんですね。
そんな『GEMINI』から「I.」をお送りいたしました。



今夜は初回なので「Alice Nine」がどんなバンドなのか、
初めて知ってもらった方に説明をしていこうかなと思うんですけども。
僕の説明をちょっとしますか!

僕は下手ギタリストなんですけども、バンドを詳しくない方はベースとギターの違いっていうのは、
やっぱあんまり分かりにくいかなと思うんですよね。
うちのおかーさんなんか、まだいまだに「ギター3人いる」って思ってますからね(笑)
あの、ベースなんですよね。

笑 なんて説明すればいいんでしょうかね?
ギターとベースの違いってのは、うちらは低音を奏でる人がベースで、
それよりも高音を奏でる人がギターなんですけども。
分かりやすく言うと、ヴァイオリンとチェロの差みたいな感じなんですかね?

・・・・・まぁ、凄く伝わりづらいかなとは思うんですけども。

そんなギターが二人いるバンドの一人なんですけども。
僕の割り振り・・・・まぁうちはそうですねぇ~、なぜギターが二人いるのかと言われると、
楽曲を制作している上で一人じゃ物足りないなと感じるところを、
お互いがお互いに埋め合っていくみたいな感じでギターが2本いるんですけども。

僕は割とベースよりは低音じゃないけども、上手ギターよりは低音を出しているパート。
という感じのポジションなんですけどもね。
いわゆるギターソロっていうのも担当しているほうだと思うんですけども。
最近ではバランス良く両サイドのギタリストで分け合うという形を取ってますね。

それにしてもね、なんで下手ギターの僕がね、こうやって一人でラジオをやってるんだと。
どうゆうことなんだよ。
お前誰だよ
みたいな感じなんですけども。

なぜか僕ね、Alice Nineの中でも司会進行役っていう役回りが多いんだよね。
なんでなんだろうね?と思って、実は昨日ずっと考えていたんですよ。
あの~、誰もね、メンバーが喋らなかったんですよね、2004年に結成して。

まさかの。

これなんなんすかね?

元々ね、僕らもヴィジュアル系というジャンルをやり始めて、自分達でもイメージするじゃないですか。
あんま喋らなそうとか、そういう人たちがやっぱり多かったんで、
みんなそういうイメージで来てるんで、誰も喋らなかったんですよね、最初。

でもその割には喋る仕事っていうんですかね?
例えばインストイベントがありました、MCに話題を振られます、
で、みんな格好つけちゃってなんも喋んなかったりして。
もう全く先いに進まないんですよね。

やっぱMCしていらっしゃる方々もヴィジュアル系っていうのに凄い壁を作っちゃう人たちが多くてですね、
なかなか質問もブッコンだ質問っていうんですかね? 
そういうのができないんでいるんですよね。
ま、そこでもうなんか僕が我慢できなくなっちゃったんですよね!
正直このままじゃなんか、ダメになっちゃうかなと思いまして、
僕がそういうインストアのMCとかをとりあえず全部自分でやるようにしたのが、
僕の喋るきっかけの始まりなんですよね。
(つまり自分のせいだった)

僕がMCすることによって、メンバーとかも普段の自分をどんどん見せるようになっちゃうところがあるんですよね。
やっぱり普段喋ってる感じで喋ってくれるんで、
そういった素の姿をお客さんに見せられるという形で、
なかなかいい形になったんじゃないかなと思うんですけども。
最近ではそれが定着して、こうやってラジオの場でも喋らせてもらったりとか、
いろんなイベントで僕がメンバーに対する司会の役回りをして、いろんな所に出てるんですけども、
それでもなかなか最近ではAlice Nineのメンバーもかなり喋れるようになってきたんですね。
というか、逆に僕からしてみたら「素が出過ぎててもうヤバいんじゃないのか」と。

そろそろもう格好よかったあの頃に戻ってくれよメンバー

みたいなね、ところもあるんですよね。
特にね、ベースの沙我っていう奴がいるんですけど、これが酷い。
うちの事務所では当たり前のことになってきてるんですけど、とりあえず生放送には出すなと。
このラジオは一応収録なんで彼がでることはあるかと思うんですけどね、
そんなことを言っても実は彼が一番面白い、そのベースの沙我って奴が一番面白い。
まぁ、みんな面白いんですけどね。
そんなんで来てくれることもあると思うんで、そちらにも期待していただきたいなと思っております。

はい、そんな感じでまた一曲聴いてください。
Alice Nineで「TSUBASA」



TSUBASA
夢の欠片拾い集め 僕が君のためにできること
いつの日にか消えかけてた 心のあかりを灯すから





はい、お送りしている曲はAlice Nineで「TSUBASA」なんですけども、
Alice Nineの曲で聴いてて元気になれる曲ということで、
みんなほんと、翼を広げてね、羽ばたいていこうじゃないかという感じなんですけども。

この曲は原曲が僕なんですけども、うちのバンドは原曲者っていうのが3人いるんです。
僕とベースの沙我とヒロトが3人で、それぞれカラーの違った曲を作るんですけども、
僕の担当って言うんですかね?
割と激しい曲からこういった「TSUBASA」みたいな明るい曲まで、ちょっと幅広く作ってる感じで、
結構ベースの沙我っていう奴が切ない感じの曲を作ってきたりもするんですけども。
そんな中で、今回僕が作った明るい曲、元気になれるかなと思って。
ほんとにね、作曲してるときもこの「TSUBASA」は、
みんなが聴いてて元気になって欲しいなと思いながら作った曲です。

自分が作った曲で一人でも元気になってくれる方がいれば、
本当に嬉しいなという思いながら毎回曲を作っています。
聴いてくれた方が、「元気になりました」っていうメッセージがいっぱい届いて、
それで僕も元気になれるんで、ほんとに曲を作っていてよかったなと思います。




Alice Nineのギター、虎がお送りしてきました「Alice Nineのありが虎」
最後にAlice Nineで「4U」
この曲を聴いてお別れしたいと思います。
いかがだったでしょうか。

このラジオを通してどんなことをしていくのか、これから。
いろいろと企画も考えていきますので、お楽しみにしていてくださいというわけなんですけども、
みなさんからも「こんなことをやってほしい」なんていうコーナーがありましたら是非。

多少乱暴なリクエストも身体を張って応えていきたいと思うんですけども、
ラジオなんで身体張ったって見えないと思うんで、
なるべくこういうのだったら意外と面白いっていう、やってほしいこと、
提案があったら是非メッセージも添えてドシドシお送りください。

たくさんのメッセージ、お待ちしております。

それではまた来週。
お相手はAlice Nineの虎でした。




4U
悲しいなら泣いて 嬉しいなら笑って 
一人じゃない
同じ道でずっと奏でていこう




以上です。
MC担当というだけあって立て板に水のごとくでしたね~。
メンバーが来るのが今から楽しみです。

関連記事
スポンサーサイト
【2011/04/05 15:10 】 | ラジオ | コメント(2) | トラックバック(0) |
<<新生活 | ホーム | VAMPS IS UNSTOPPABLE!(会報ネタバレ)>>
コメント
虎ちゃん
かっこよかったあの頃に戻って・・
それって振袖来てた頃なのかしら・・かっこよかったのかしら・・
あの頃・・って突っ込みたくなりました(笑)
あの頃は確かにみんな無口だった。
特に沙我様は・・・

この記事に反応しちゃったのはね~
VAMPADDICTの会報のK.A.Z君見ながら
さっき思ってたんだよね。。
このK.A.Z君、アリスナインに入っても見劣りしないわって。
【2011/04/05 16:44】| URL | kazue #7DX8b6u2[ 編集] |
kazueちゃん
私も「あの頃」っていつ!?って思ったわ(笑)

K.A.Zさん、アリスナイン入っても見劣りしないかしら?
あ、「このK.A.Zくん」ね。
でもライブ中にUFO呼んじゃうからねー。

【2011/04/07 08:14】| URL | 栄 #-[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://faireal.blog96.fc2.com/tb.php/1111-7acd8ad1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。