スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
K.A.Zの新たな才能 OBLIVION DUST @Inter FM 「BAM!」
遅くなりましたがオブリさん出演のInter FM 「BAM!」のラジオ起こしです。
夜中にupしようと思っていたらfc2に繋がらなくて、
データが消えるのが怖くてそのままにしてしまいました。
繋がりにくいことが最近多くないですか?


さて、「BAM!」ですが、K.A.Zさんの遅刻の言い訳が大人げないです(笑)
よろしかったら。


そして、引き続き19日、SHIBUYA AXのチケット1枚、お譲り先を募集中です!
コメント欄、メールフォームでお待ちしております~。













G(ジョージ):この後10:05、10分くらいからオブリビオンダスト登場してくれます!
で、メンバー全員・・・・・のはずですよ。
タ(タロヲ):あら?
G:ドキドキ。 ドキドキドキドキドキ。
オッケー、KENは来てる、RIKIJIも来てる、K.A.Zは・・・・・・・・・向かっている
タ:いいね、エキサイティングだね~。
G:エキサイティングッ!ですよ! 
どうなんでしょうか? 間に合うんでしょうか? でもK.A.Z、Take it easy!
でも息切れ状態でK.A.Zが入ってきたら分かるよね。
「ハァハァハァハァ・・・・・Hi! George!」

さぁ、オブリビオンダストが登場します! もし聞きたいことがあったら(メールを)送ってください。
オブリビオンダスト! このバンドです!


YOU


G:オブリビオンダストの「YOU」でした。 そして最新情報!
タ:うん!
G:あのオブリビオンダストのK.A.Z。
タ:はい?
G:まだ着いていない。
タ:ふふふふふ・・・・・・エキサイティングですねぇ~(笑)
G:まだですよぉ~~。 K.A.Zにはなんか罰ゲーム。 なんかどうしましょうか?
そういう話も楽しみ。 質問はまだ受け付けています。


G:さて10時になりました! オブリビオンダストのK.A.Z・・・・・まだいません。
Where is he? K.A.Zもう、入場・・・・入っちゃ駄目ってことにしましょうか?
タ:ハハハッ。
G:クビにしましょうか?  NO?
オブリビオンダスト、間もなく登場です。 もうちょっと待ってくださいね。


(この間オブリの曲ではない曲が2曲流れます 誰かさんのせいで時間稼ぎです笑)
GIRL IN MONO


G:はい、オブリビオンダストの「GIRL IN MONO」でした。
そしてスタジオにはオブリビオンダスト!!
じゃまず、皆さんに自己紹介してもらいましょうか。 
自己紹介して、K.A.Zが間に合ったかどうかってのが分かると思うんですよ。
タ:あ、なるほどね。
G:自己紹介お願いします。

KE(KEN):オブリビオンダスト、ヴォーカルのKENです。
R(RIKIJI):ベースのRIKIJIです。

・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・

笑!


G:イエースッ! 始まって・・・・イエスッ! で、なんと!


スタジオ爆笑中


KE:傘差してきた!?(は?)
G:K.A.Zは・・・・そう、K.A.Zはね、傘を差して今スタジオに入って来てるんですよ。
TAHT'S AMAZING!!!
R:おま・・・・凄いタイミングだね~。
KE:くやしぃなぁ~~~~。

(「雨だか雪だか降って云々」という言い訳がましい声(K.A.Zさん?)が聴こえます)

G:あの・・・・・K.A.Z、このタイミング。
K(K.A.Z):うん。
G:凄い・・・・まずこっちちょっと喋りますので、まずジャケットを脱いで。
K:はい。
KE:靴も何も脱いで(笑)
K:靴もぉ?
G:いや、いいです、大丈夫、大丈夫です。
でもこれね、たった10秒、20秒の世界で間に合った。
タ:そうねぇ。
G:でもねぇ、遅刻は遅刻ですよね? 
KE:遅刻は遅刻ですよ。
G:はい、じゃあ自己紹介お願いします。

K:はいっ、えー、K.A.Zです。
KE:何、その爽やかなの。
R:はい、仕方ないみたいな。
G:K.A.Z、何があったんですか?
K:いや、雪で休みかと思ってさ!(爽やかかつ自信満々に答えてます)
G:そうですよねぇ、そうそう。
雪だとねぇたまにそういいう、交通手段とか学校閉鎖とか、いろいろあるじゃないですか。
K:そうそうそう。
G:ラジオももしかしたら・・・・
K:休みかなぁと思って(きゃぴっ)
K:あ~~・・・・
K:ごめんねぇ~。
G:ぜんぜん、ぜんぜん。
R:はは、休み?

タ:でも、恐ろしいことに2008年に3人が朝の番組に来てくれて、その時も雪が降っていたらしいんですよ。
KE:へぇーー、そうなの?
タ:だから、K.A.Zさんが遅刻する時には雪が降るんですねって。
KE:そん時もK.A.Zが遅刻したってこと?
タ:う~ん、そうじゃないのかな?
G:でもね、これね凄いと思うんですよ。
例えば朝の番組にミュージシャンが遅刻するのはなんとなく分かるんですよ。
タ:うん、そうねー。
G:ま、朝だし。 今K.A.Z、急ごうっても無理ぃ~って、分かるんですよ。

でも夜の10時ですよ?

K:だって俺、健康的な生活送ってるからさ。
G:そうですよね。
K:そうだよぉ~~~。

G:いやでも、3人一緒に来てくれて凄く嬉しいんですよ。
この3人でインタビュー受けるのってあんまりないですよね?
KE:今年初?
タ:今年は初でしょ、そりゃ(笑)
KE:今年初。
G:あ、じゃあ初で。
K:でも何年ぶり?
KE:結構2年振りとかじゃ? 2年振りくらい。
G:あ、2年振り?
R:2年振り、3年振りくらい。
G:そうなんですか。
R:うん。

G:あれ? じゃあ、そう言われると・・・・
KE:スペシャルですよ。
スペシャルだ!
G:凄いね、プレッシャー感じる。
でも、ライブが迫ってきてるじゃないですか。 2月18日、19日 SHIBUYA AX 2DAYSあるんですけど、
今日はそのライブのリハーサルがあった?
KE:あったの。 で、その帰りに来たの。でも、雪降ったでしょ?
だからそれが計算外だったんだよね。
K:そう!
KE:だからそれで、みんなバラバラで来る羽目になって、
そん中でK.A.Zがちょっと遅れちゃったという。
K:

G:雪に向かってK.A.Zさん何か言ってました?
K:そう、あのね。
G:「ばかやろぉ~」(K.A.Zさんの声色)とか。
KE:「この白い雪やろぉ~」
K:それイタいね。
G:「遅刻するよぉ~」
K:最初途中まで車で来てたの。 
で、これ以上は無理だと思って、で、車を停めに行って、タクシーで。

G:分かりました。 じゃ、リハーサルから直接こっちに来てくれたんですよね?
じゃ、リハーサルはどうですか?
K:うん?
G:どういう感じに進んでますか? じゃまず、KEN。
KE:あ、僕? いや、いい感じですよ。
いい感じですけど、あのぉ、かなり頑張ってやっているので・・・・もうクタクタ笑
・・・・・な感じなぐらいやってる。

G:K.A.Z、どう?
K:あ、凄いいいねぇ。 
あのぉ~、ほんと久しぶりに合わせたんだけどいい感じ。 凄い楽しみ、ライブが。

G:どのくらいリハーサルするんですか? RIKIJIさん。
R:リハーサル? 4日間くらい。
G:何時間くらいやるの?
R:何時間は・・・・・2時間くらい。

G:え?

R:2時間くらい。
G:2時間?
KE:もっとやってるよね?
K:もっとやってるよ。
R:じゃ、もっとやってます(笑)

KE:今日は何時入り? 3時スタートで8時くらいまで?
R:あぁ、そういうことか。
K:8時くらいまで。
G:ライブ自体じゃなくて、スタジオにはどれくらい入っているのかっていう、そういう話ですね。

R:スタジオ自体は長いけど、喋ったりする時間が。
KE:OK、実質ね。
R:実質? 指を動かしてるのは2時間くらい。
KE:そんな、そんなことないよねぇ?
K:いやぁ~、このバンドは私語が多い。

G:皆さんが一緒にスタジオに入るのは凄い久しぶりっていうのは分かるんですけど、
例えば、弁当って誰が選ぶとか、そういう役割分担ってあるんですか?
KE:あ~、ご飯? ご飯、みんな別々に食べてるよ。
K:うん。
G:あ、そうなんですか?
じゃ、誰かが先頭に手を上げて、「よしっ、今日は中華にしようぜっ」って?
KE:いや、別々にするんだけど、RIKIJIはみんなの弁当に一言コメントするよね?
俺もさっき食べてたら、「KENの肉野菜炒め定食、うまそうだなぁ」とかって、
絶対そういうこと言うから凄い食べにくいのね。
なんか、うぅ~~~あぁぁ~~~~みたいに。
そういうコメントはよくしてるけど。

G:K.A.Zさんどうですか? そういうRIKIJIのそういう食べ物のコメント。
K:なんかね、RIKIJIはガッツリというより、コンビニ行って間食してることが多いかな?
KE:カンショクってなに?
K:間食っていうのはね。
KE:全部食べてるってこと?(それは完食ですね)
K:あの、あの。
G:ちょっと見て、これがあーだこーだって、そういうことですよね?
KE:あ~。うん、ちょっとずつ食べる。
R:なんかその時全部食べないで・・・・・
G:コンビニでちょっとずつ全部食べるって、それ結構問題じゃないですか?
R:いやいや(笑) コンビニで例えばサンドウィッチを買ってきて。
KE:おー、なるほど。 オッケオッケー。
R:ちょっと食べて、また1時間後におにぎり1個食べてって。
KE:アレだね。 モデル風な生活だね?
R:あ~、なんかすみません。 格好つけちゃってるみたいで、なんかすみません。

G:実はリスナーからいろんな質問が送られてきてますので、1曲ここで聴きましょう。
オブリビオンダストで「Haze」


Haze


G:オブリビオンダストの「Haze」 そしてスタジオにはオブリビオンダスト、メンバー・・・・・全員来ております。
タ:うむ。

G:ギリギリセーフでK.A.Zは入ってきましたね。
K:ね! 
G:ちゃんと言ったほうがいいと思うんです。
僕、番組で9時台の終わりに、K.A.Zがたぶん間に合わないんじゃないか。 
罰ゲームとして、クビだなって叫んだりしちゃいました。 ほんとに申しわけございませんでした。
でも、罰ゲームっていうのはまだありだと思う。 わかんない、どうですか、KEN?、RIKIJI?
KE:あ~、アリだと思うよ。 だってやっぱ、ちょっと遅刻はしてるもんね。
G:そうですね。
KE:やっぱ罰ゲーム、なんか考えましょうか?
G:10秒、20秒ぐらいの。どうゆうものがいいと思いますか?
KE:どういうのがいい?
R:なんでもいいよ。
K:なんで? 間に合ったじゃんっ!
KE:10秒ごとに刺青1個取るとかは?
R:(刺青を)取る? 笑
KE:どう? 2,30秒遅れたってことはね、3つくらい取ってもらおうか。
K:うっははは・・・・?
KE:そういう感じで。 
G:そうね。だってソレ、すぐにできますよね?
タ:(取ったのを)KENにくっつけちゃえばいいじゃん!
KE:そうそうそう。 え? だってシールなんじゃないのアレ。 水で溶かす。

G:でも、3人に久しぶりに会えて凄い嬉しいですよ。
リスナーからもいろんな質問が送られてきてまして。
タ:いっぱい来てますよ。
まずこれ、カズエさんね。

「K.A.Zさんは約束の時間に遅れちゃったんですねぇ? ライブで1曲、歌ってもらわなきゃですね?」

(この時私、カズエさんをKazueさんだと思って速攻メールしました。
カズエさん違いでした。 こっちのKazueさん、仕事終えて雪に埋もれた車に悲しんでる最中でした笑)

G:罰ゲームみんな考えてるんだ。
KE:みんな求めてるんだね?
タ:求めてんだねぇ。
K:遅れてないって。 見えなかっただけだって。
(大人相手に見えなっただけって・・・・K.A.Zさんワールド炸裂)
ここにずっといたじゃん。

G:まぁ、スタジオ、Inter FMっていう「階」にはいたんですよね?
K:そうっ!(るん!)うん。
G:7階に。
KE:あのね、いやらしいね。 自分が目立つように入ってきたっていう。
K:そうかなぁ? 扉から覗いていたの見えなかった?
KE:あ~、なるほどぉ~?
G:あっ! それがK.A.Zだったんだ!!
K:そうそうそうそう。
G:オッケーオッケー。 じゃ次行きますよ。

タ:いっぱい来てますよ。 キリカさん。

「今日は久々の全員でのラジオ出演、楽しみにしています。RIKIJIに質問です。 
ツイッターはまだ始めないんですか? RIKIJIさんのつぶやきを早く見たいです。 よろしくお願いします」

R:なになにこれ? まわし者?
タ:これも結構多いの。 RIKIJIツイッターをお願いします。
R:俺はね、ツイッターはやんないの。
G:OMG!
R:その代り、「ズイッター」ってのを作ろうかなと思ってる。
G:ズイッター?
R:ズイッター。 人の悪口しか書かないやつ。

KE:でもツイッターってそんなもんじゃない?
R:まぁそうだけど。俺よく分かんないんだよね。
あのね、ツイッターとかMIXとか全く分かんなくて、んで、まぁ正直そんな暇ねーよみたいな。
KE:いや、結構大丈夫だぜ。 俺の肉野菜炒め定食を「美味しそう」って後ろに回って言うくらいだからね。
G:コンビニでいろんな種類のいろんなものを間食してるんですよ。
そのくらいの時間ある人はツイッターできるよ。
R:そう言われちゃうと・・・・・

KE:しかも昨日だっけ? 「なう、なう」ってずーっと言ってんの、RIKIJIが。
なんとかwill、なんとかwill、なんとかnowってずーっと言ってるんだけど、
「ツイッターやれば?」っていうと「ぜってーヤダ!」
R:面倒くさいんだよね。 あのね、俺メールも好きじゃないんだよね。 携帯のメールとかも面倒くさいから。
だから、指を動かすのが嫌いで、ベース弾いてるのが不思議なくらいなんだけど(笑)
なんかね、嫌いなんだよね、指を動かすのが。
G:じゃあさRIKIJI、俺のためにやってよ、ツイッター。
KEカモーン! カモーン!
R:そういうの言わないの。
K:それはいいね。
R:ちょっとそこは・・・・もうちょっと考えさしてよ。
タ:でもジョージのこのお願いで何人も巻き込まれてきたもんね。 結構ね。
俺やんないよっていう人が何人も巻き込まれてきたもんね。
G:そう、何人もやってるんですよね。

R:俺もKENには言われたのね。 KENに「やってよ、やってよ」って。
これでジョージに言われてやったら、なんか俺、ジョージのほうを大事にしてるみたい。
(RIKIJI君、律義ですね)
KE:大丈夫。 それでも俺大丈夫、俺気にしないから。
R:ほんと? 

タ:他にもいっぱい来てるので紹介しましょうね。 339さん。

「ライブのタイトルってどのタイミングでどんなふうに決めてるのか知りたいです」

真面目なこと書いて来てくれてるよね。 どういうタイミングで?
K:なんだろう? なんかこう・・・・
G:まずそのツアータイトルいいですか?

OBLIVION DUST 「ASHES TO DUST 2011」(← めっちゃ格好よく言ってます)

KE:やめてよ、そういうの(笑)
R:なんか馬鹿にされてるみたいだなぁ。
G:なに? 俺、ナレーターさんでもありますよ?
R:そっか。
G:じゃもうちょっと軽く? バカっぽく?
R:そうそうそう。 いつものジョージな感じで。
K:元気よく。

G:OBLIVION DUST 「ASHES TO DUST 2011」 イェーーーイ!
すみません、で、タイトルはどういうタイミングで?
KE:いや、もう普通にメンバーで揃って、「何がいい?」みたいな感じになって。
基本的には俺に任せられるんだけど、それで送って。
で、ccメールってあるじゃん? ccでメールを全員に送って、K.A.Zからはまぁまぁ長い返答がくる。
「これはどうかな?」「もうちょっと長いほうがいいんじゃないかな?」って。
で、RIKIJIはさっきも言ったようにメール打つのが嫌いだから、
「それでいいと思います」とか、「僕はなんでもいいです」とか、そういうので終わっちゃう。
「RIKIJI」とも書いてないんだよね。
なんかすっごーい冷たい感じなんだけど、まぁRIKIJIはそういういメールなの慣れたから・・・
そういう感じ。

(以下、絵文字に浮かれる男たちの他愛ない会話)
G:じゃ、RIKIJIは絵文字は使わないの?
R:あー、全く使わない。
G:俺ね、最近すごく絵文字を・・・・
タ:使うんだよっ!
G:抵抗があったけど、結構楽しいぜ。
R:あ、ほんとに?
タ:ジョージからこういうのがくるの! ヒョーイーみたいなのが! こういうのが!
R:そんなのやってんだ?
G:いや、結構楽しいよ。
KE:なんでも試してみるもんだよね?
G:そうそうそう。
タ:じゃ、KENも近々「ヒョーイー」って。
KE:じゃぁ、俺今日帰る時に「ヒョーイー」ってやるよ。
R:そういう「ヒョーイー」はさ、聴いてる人には分かんないよ。
俺らは見えるからアレだけど。
KE:あのね、手を挙げて。
G:そう、手を挙げて、なんかね、エアロビクスポーズだよね?
タ:そうそうそう、「ヒョーイー」っていう、俺の中ではそういう感じ。 「ヒョーイー」(\(^o^)/ ←コレでした)
G:そうそうそう、両手を空に掲げてるみたい。
KE:じゃ、今日終わったら俺、それをツイートしますよ。 「ヒョーイー」を。
タ:ありがとうございます。


G:あ、ツイッターの話で、今日番組の中でUSTREAMとかどうですか?っていうのがありまして、
で、今日番組終わってからもし時間があるんであれば、
11時くらいからちょっとやりましょうよ。それは後ほど話したいと思います。
タ:なんか今(笑)
G:うん、ここで敢えて言わなくてもよかったかな(笑)
タ:やりながら話すっていうね。
G:そうそう、そういうこと。
タ:まだ読みます? それとも曲掛けてから紹介する?
G:そうだね。 じゃ、曲を掛けてCM挟んでからまだまだ話を続けたいと思います。
オブリビオンダストで「Never Ending」

Never Ending

G:オブリビオンダストで「Never Ending」聴いてもらってます。
3人の話はCMの後で続けたいと思います。
いろんな線で電車が遅れているようなので、皆さん帰る時は気をつけてください。


G:はい、スタジオにはオブリビオンダスト、KEN、K.A.Z、RIKIJI、来ております。
タ:うむ。

K:こんばんは~ぁ。
G:今日はありがとうございます。 こんな大雪の日に。
K:はい。
G:このまま、そうですね、みんなで朝まで雑談っていうのは、できたらやりたいなと思っていますが。
タ:いいねぇ。
G:なかなか他の番組がありますので難しいけど。 リスナーからの質問。
タ:来てます。 
G:今日は多いです質問。
K:紹介しましょう。 マナミーさんからいただきました。

「AX 2AYS チョー楽しみにしています。 早速質問なんですが、
オブリのメンバー、お互いがお互いの好きな所を一つ以上挙げてみてください」

G:いいねぇ。
KE:あははは、わざと選んだ、コレ?
タ:いや、順番に紹介してんのよ。 順番に。

G:じゃぁ、みんなRIKIJIの好きなところ。
R:俺はまず、欠点がないからね。
G:だから、RIKIJIは見本として最初に言ったんです。
だから、RIKIJIの素敵なところ。
KE:素敵なところ? まぁでも、自信満々なところじゃない?
男らしい感じじゃない。

タ:お気に入りの仕草とか?
K:あ、そういうこと? そういうこと?
タ:そういうのもあったら教えてください。
KE:仕草ねぇ?
K:仕草って(笑)
R:こう、鼻をこすったりとか。 やんちゃ坊主みたいに。
KE:あっ! 曲を間違える時に、
「ん? ん? なんか俺のベースなんかおかしいな?」っていう顔をするんだよ。
それは好き。 その仕草は。
全然自分のせいじゃないの。 なんかベースを見ながら「あ? ん?」みたいな。
R:違う違う。 ベースのせいじゃなくてスタッフのせいにすんだよ。
KE:まぁ、それをこの間見た時に、「かわいぃぃ~い」って。

G:RIKIJIはこれでいいですから、次、K.A.Z。
K.A.Zさんのどういうこところが。
KE:俺、さっき言ったからRIKIJI。
R:なんだろう? なんかある?
KE:え? なんか? えーーー? 爆弾発言だよ。
G:俺ね、ひとつ凄いなと思うのは。 
例えば、傘を差してスタジオに入ってきたっていうのは、あれ才能ですよ。
K:ほんとぉ~?(注:K.A.Zさんは喜んでます。 後ろは笑ってます)
G:いやいや、凄いことじゃないですか。
グランドエントランスですよ? 凄い!
K:ありがとうございます。
G:いえいえ。

K:なんか楽しそうな声が聴こえてきたからさ、
こっちもちょっとテンション上げていかなきゃなって(思って傘差してスタジオに入ってみました)
G:いや、テンション上がりますよ。 傘のまま入ってくるの見ちゃうと。
どうですか? KEN。
KE:K.A.Zのいいところ? 
K.A.Zはね、自分の生き方があるから自分を曲げないわけですよ。
え? 仕草のほう?
タ:いや、何でもいいですよ。
KE:うん、そういう感じかな。
あとね、K.A.Zも間違えるとですね、あの~~、ベロを出すというね(笑)
なに、可愛子ぶってんの?っていう仕草をするから。
それはまぁ、好き?って言ったら好きだけど、かなりムカつく、うん(笑) アチャーみたいなの。
G:K.A.Z、どうですか?
K:癖になっちゃってるね。そうなんだよね。
R:アレじゃない? AX、楽しみなんじゃない? 間違えるのが。
俺は鼻の下を擦るでしょ。
KE:俺、来る人みんなに言いたいのが、
K.A.Zがもし「あちゃー」ってやってベロ出しても騙されないようにしてください。
もうそれを許しちゃ駄目だと。
逆にもうブーイングサインで行ってもらえると、うん。

G:分かりました。 じゃ、最後にKENのどういうことろが?
K:KENはね、人見知りをしないね。
誰にでも話掛けて行って、「最近どうよ?」
KE:なんか(大阪)商人みたい(笑)
K:楽しそうな雑談がね、スタジオに5時間いたら、4時間はそんな感じ。
R:うん、そうだね(笑)
Ke:で、最後の1時間はもうグッダグダ。

R:あ、KENのいいところはね、あった。
あのね、今日一緒にこっちに来る時にちょっと話したんだけど、
「ねぇ、ジョギングしようと思うんだけど、雪だからできないや~」
「え? 今までずっとやってたの?」
「ううん、やろうと思ったの」
やってねーんじゃん。 いかにも今までずーっと何日も続けてましたライブのためにみたいな言っておいて、
やってねぇっていう。 それが可愛いなって。
KE:そういうの多いよね。

G:ま、発想ですね。 
タ:でも、KENは失敗するとなんか仕草はしないの?
R:仕草はね、下を向く。 まずね、帽子のツバなんかで目を見えないように下を向く。
K:やってるやってる。 床見てる。
KE:え? そんなのするんだ?
R:そう、床見てる。 人と目を合わせないようにしてる。
可愛いぃ~~~って、思うよね(笑)
KE:なんかちょっと気持ち悪いね、オブリビオンダストね。

タ:じゃもう一つ、これはタイムリーな質問が来てるんで、これはノイさん。

「今日はヴァレンタインデーですが、皆さんはチョコを貰いましたか? 3人の中で誰が一番モテますか?
そして、学生時代のヴァレンタインエピソードを教えてください」

G:今日ヴァレンタインじゃないですか。
皆さん、ヴァレンタインどういう想いでがありますか? 学生の頃。
K:学生の頃? 学生の頃ね、俺ねチョコレート貰ったことがない。
タ:おぉ~~ぅ。
G:マジですか?
K:うん。

おぉ。
・・・・・・うん。うん。
(皆さんの反応が微妙です)

K:ごめんね、なんか寂しい話で(笑)
ごめんね、思い出させないでよ!
G:そうだね、マズい話をしたなって。
タ:なんかごめんなさい。 K.A.Zさん、なんかごめんなさい。(← 声がマジです笑)
K:・・・いや、う・うん。
G:じゃ、この話やめようか?

G:チョコレートはいろいろ貰ってるとは思いますよ。
KE:ね、今日はうちら貰ってないよね?
K:貰ってない。
R:あの、スタッフに。 スタッフに昨日貰ったけど。
G:おー、でもそれだけ?
KE:うち、リハは男ばっかだから、逆に貰った方が怖いよね?
タ:そうだねぇ~。 俺らもスタッフが男しかいない中でね。
KE:貰った?(笑)
G:いや、リスナーから送られてきた。
KE:あ、リスナーからはね、あるね。

タ:あの、せんべいとビールが送られてきました。
G:サイコー。
R:せんべいとビール? 最高じゃん。
R:そう、もうセンスも分かってるよね?
タ:分かってるよね。 
R:言っとくけどね、男がね、チョコなんか貰ったって嬉しくないからねっ!
KE:あ、そうなの?
R:やっぱビールだよ、そこは。

G:うん、ありがとうございました。
ほんと沢山の質問ありがとうございまいした。
で、2月の18、19、SHIBUYA AX 2DAYS オブリビオンダスト。
これ本当に久しぶりにオブリビオンダストのライブになりますけれど、どれくらいですか?
KE:3年?
K:うん、そうだねぇ。
G:リハーサルはさっきちょっと話しましたけれど、上手くいってるんですね?
K:うん、凄いいい感じ。
G:例えば、曲順ってどういう曲をやるとかって、どうやって決めるんですか?
K:それは結構みんなで話をして、意外とやりたい曲っていうのが一致するんだよね。
で、ちょっとやってみようって。
KE:あとやり方変えたりする。
例えば、俺から曲、セットリストを作ってみんなに揉んでもらうか、
K.A.Zから出して俺とRIKIJIで揉むか。
ま、RIKIJIは基本的には「任せる」みたいな感じだけど(笑)
だけど一応いろいろ、RIKIJIはRIKIJIでココはこうしたほうがいいんじゃないっていうのはみんなね。
うん、だからいろいろ、やり方は。
G:それを丁度今やっている最中?
KE:もうできた、もう。
K:うん。
KE:あとはライブを待つのみ。
G:あ、そうですか!
じゃ、2月の18日と19日、これ金曜日と土曜日ですね? 
KE:うん。
G:じゃ、ライブのほう頑張ってください!
R:もちろん! ありがとうございます。

G:そしてこの放送が終わってUSTREAMのほうもやろうと思っておりますので、
USTREAMのアカウントをInterfmのブログのほうにアップしましょう。
3人、今日はありがとうございました。



K:ありがと~~~。

G:オブリビオンダスト、KEN LLOYD、RIKIJI、そしてK.A.Zさんでした。
この曲でお別れです。 「When You Say」


When You Say


以上です~。



お返事


>SUZUNEさん
だってしょーがないじゃない、この人ソロやっちゃったんだもん。
ソロやったはいたんとソロをやってないはいたんが同じなわけないですもんね。
それがどちらにもマイナス効果だったというなら話は別ですけどってことですね。


>messyさん
お久しぶりです。
私もK.A.Zさんの饒舌ぶりに驚きました。
VAMPSでは喋る間もなくHYDEさんに仕掛けられてるってことなんでしょうか?
それにしても遅刻の言い訳がめっさ大人げないです(笑)

関連記事
スポンサーサイト
【2011/02/16 16:56 】 | K.A.Zくん | コメント(4) | トラックバック(0) |
<<20thラニバチケット と OBLIVION DUST OFFCIAL FAN CLUB | ホーム | 昨日のオブリさんのUSTREAMと19日のオブリチケット!>>
コメント
No title
お~。
早速ありがとう~。
良く聞きわけられるよね!。栄ちゃんすごいわ。
重ねてお疲れ様でした。

オブリで楽しげに和気藹々するK.A.Zさんを知ったらジェラシー感じちゃうんだろうな~って思いながら読ませて貰ったんだけどそれほどでもなかった。
でも、何かの雑誌で「すぐに迎えに行くから」ってHYDEさんが言ってたのはこういう感じだからなんだろうな~と思うくらいにはやきもきするって言うね!。
雪が降ったらお休み。そういえば働き始めた頃私もそれを先輩に言って超バカにされたっけな。←遙か昔の記憶。
【2011/02/16 19:17】| URL | せいら #-[ 編集] |
わーーいっ
栄さん、ラジオおこし!!私には出来ない事ですし、時間もかかる事と思います。だけど、楽しそうにカタカタカタカタとリズミカルに打ってる栄さんが想像できます!ホントニいつも、ありがとうございます!  おもしろいっ、オブリおもしろいです。観ているDVDから受ける印象も、変わりました(良い意味で) K.A.Z様、次は何をやらかしてくれるのか、やはり目がはなせませんね。
【2011/02/16 22:35】| URL | SUZUNE #-[ 編集] |
せいらさん
聞き分けは正確ではないよ~。
あれ? どっち? 誰? という時はもはや適当です。

VAMPSの時はなんとな~くHYDEさんの様子を伺いながら控えめに~、
という感じだったんだなぁと、
オブリで3人でいるところを観て思っちゃった。
あ、K.A.Zさん、やっぱりオブリがホームなんだってね。
 
雪が降ったらお休み・・・・K.A.Zさん、冗談で言ったんだよね?
冗談だよね?
同じ場所から来るのに後の2人は間に合って、
どうしてK.A.Zさんは間に合わなかったんだろう?

また楽屋で探し物でもしていたんだろうか?

【2011/02/17 09:29】| URL | 栄 #-[ 編集] |
SUZUNEさん
オブリさん、面白いかったです。
DVDの様子からは想像できませんよね。
素なのか、計画的なのかわからないけど、
ボケてやらかしてくれるK.A.Zさん。
あ、才能でしたね。

才能多き方です(笑)
【2011/02/17 09:39】| URL | 栄 #-[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://faireal.blog96.fc2.com/tb.php/1080-facf746b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。