スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
主居ぬ間によからぬことを企む後輩 ギルガメッシュ@JACK IN THE RADIO
JACK IN THE RADIO
JACK IN THE RADIO
JACK IN THE RADIO


JACK IN THE らじお

ギルガメーッシュ!! JACK IN THE RADIO!



というオープニングで始まりました、JACK IN THE RADIO ギルガメッシュ。
面白かったですよー。
そして、逹瑯君! 早く帰ってこないとこの子たちよからぬこと企んでます。
逹瑯君帰国後のギルガメに対する弄りに期待したいところです。

さて、誰が誰なのか声だけでは分かりません。
ということで結構適当ですけれど、よろしかったら。









左迅:はい、始まりました、JACK IN THE RADIO DORRS 水曜日担当、
MUCCヴォーカル逹瑯さんの代わりを急遽任されました、
後輩でもある俺たちギルガメッシュのヴォーカル左迅と。
愁:ギルガメッシュ、ベース、リーダーの愁です。
弐:ギルガメッシュ、ギターの弐でぇーす。
Яyo:ギルガメッシュ、太鼓のЯyoでーす。

左迅:はい、というわけでギルガメッシュ4人全員ですーす。

こんばんわー やーいやーい パチパチ(拍手) よろしくお願いしまーす
(4人で騒ぐとうるさいです)

左迅:えーとですね、今聴いてですね、「あれ? 逹瑯の声じゃねーんじゃねー?」

はっはっはっは、いきなり呼び捨てだよ。
呼び捨てだーーー。

左迅:と、思った皆さんはですね、ちょと簡単にざっくりと経緯を話たいと思うんですけれども。
先週の15日の土曜日からMUCCがユーロツアーの海外にライブしに行ってるということなんで、
まぁおよそ1ヶ月の間、俺たちギルガメッシュがこのJACK IN THE RADIOを担当することになったわけなんですが。

いぇーーい!

左迅:完全なる丸投げですね、これ。



左迅:みなさんどうですか? 以前ね、二ヶ月間逹瑯さんと一緒には担当したことあったんですけれども、
完全にギルガメッシュというのはお初ということなんですけれども、どうですか皆さん?

嬉しいですよ。
嬉しいこの上ねー。
いいチャンスですよ。

左迅:おぉ、いいチャンスですね、このまま乗っ取ろうかというねっ!

はっはっはっは

左迅:弐ぃさんどうですか?
弐:もうちょっとね、まぁ嬉しい半々なんですけど、ちょっと寂しい。
左迅:寂しい?
弐:ちょっと寂しいわ、あいつが・・・・
左迅:奴がいないから?
弐:奴がいないと寂しいわ。
左迅:あの、天の邪鬼がね。
弐:天の邪鬼さんがいないから寂しいわ。
(やっぱり「逹瑯=天の邪鬼」な認識なんだね 笑)
弐:ま、でも頑張っていきたいと思いますけど。

左迅:そうですね。 Яyoさん、勢い的なものは?
Яyo:まぁ、任された以上ね、笑いの嵐をまきこ・・・まぁね。
左迅:なんですか?(笑)
Яyo:ないたーい。 俺、噛んじまったよ。
左迅:噛んじまいましたね。 まぁ、とりあえず4回放送担当ということなんでですね、
どんなことをこのラジオでやっていきたいかということをみんなで話し合おうと思うんですけれども。
まぁ例えばゲストだったり、企画だったり、コアな音楽の話などいろいろあるとおもうんですけれども、
なんかやりたいことありますかね?

愁:俺はね、せっかくなんでMUCCとかの関係性とか、事務所内でのギルガメッシュと誰々のバンドの関係性とかを。
左迅:あ、それ面白い。それ、みんな気になる。
愁:語っていく感じ?
左迅:位置関係?
愁:上下関係。
弐:上下関係、しっかりしねーといけーねなそこらへんは。
左迅:とりあえずまぁ、ギルガメッシュが一番下にいることは確かね。

あー、間違いないけどね。

愁:それをね、うまーくこうね、脅かす存在として、このバンドとの関係性とかを話しつつ、企みを。 野望を話つつ。
弐:それ、面白いよ。
Яyo:気になるよ。

左迅:他に何かありますか?
Яyo:俺、普通にみんなが普段聴いてる音楽が分かんねーんで、こういう場を借りて音楽の話もしてみてーなと。
左迅:あ、なるほどね。 みんなの普段聴いてるね。
Яyo:そう、趣味を、ちょっと聴いてみたいですね。

左迅:この計4回の中で少しでも多くのことをやってみたいと思うんですけれども、
ちなみに俺たちギルガメッシュなんですけれども、今日初めて聴いたという人にも分かってもらえるようにですね、
簡単にギルガメッシュを説明したいと思うんですけれども。

バンド結成は2004年になっておりまして、任天堂DSとかね、PSPが発売されまして、
ドラクエ8とか発売された年でありまして、
映画では「せかちゅー」やら「今、会いにいきます」、大ヒットした作品が多いんですけども、
まぁ、ギルガメッシュはいつ大ヒットするんだとね(自虐ネタでした)
Яyo:そうね。
弐:永遠の若手。
左迅:そんなわけなんですけども(笑)、バンド名の由来のようなものをЯyoさんがつけたという。
Яyo:俺が命名したね。
左迅:これ、どういう感じでつけましたっけ?
Яyo:インパクトオンリー。
左迅:なるほどね。 FFのキャラですよね? 敵キャラが(笑)
Яyo:そうそうそう。 俺、ゲームやってたら出てきたのよ。
左迅:そうね、出てきたね。
Яyo:ギルガメーシュッ!って。 出てきて・・・・
左迅:あ、こいつでいーんじゃねーか?
Яyo:コイツでいいんじゃね、コイツ。 強そうじゃん名前みたいな。
左迅:そうね、インパクト大事ね。
Яyo:そうそうそう、覚えやすいじゃん、しかも。

左迅:愁さん、バンドのコンセプトみたいなのは?
愁:コンセプトはね、まぁ結成から変わらず今でも通してることは、男らしいサウンドだったり、ライブ回し? ライブ回しって変だな。ライブ展開。
左迅:スタイル?
愁:そうそう、内容だったり、その辺は貫き通してるかなと思っております。

左迅:なるほどね、じゃぁ、最後弐さん。 ギルガメッシュ、一言で言うとどんなバンドですか?
弐:一言で言うとどんなバンド?
愁:一言で言っちゃいな、言っちゃいな、いつものあれで言っちゃいな。
弐:仲良くて楽しいバンドぉ(おばかっぽいよ)
左迅:和気あいあいとね。
弐:えぇ、大事ですから。
左迅:千葉の新星ですからね。暖かいバンドになっております。
弐:そうですよぉー。
左迅:はい、そんな感じなんですけれども、まぁよろしくお願いいたしますということで。
まぁね、どんな音楽をやっているのかは、やっぱり聴いてもらったほうが一番分かりやすいということなんで、聴いてもらいたいと思います。
来週水曜、1月26日にニューアルバム『GO』をリリースします。 
そのアルバムの中から聴いてください。


イノチノキ


左迅:はい、というわけでお届けしたのはですね、
来週水曜の1月26日にギルガメッシュのニューアルバム『GO』から「イノチノキ」でした。


早速ですね、ここでメールを1通読みたいと思います。
ラジオネーム ミサキさん18歳、女性の方からです。

ギルガメッシュの皆さん、こんばんわ。
私は2月5日のギルガメッシュライブに行くんですけれども、JACK IN THE BOXでは観た事があってもワンマンに行くのはこれが初めてです。
そこで質問なのですが、ギルガメッシュのワンマンに初めて行くにあたり、心構えは必要ですか?

というお便りなんですけれども、 どうですか? これなんか心構えは?
Яyo:うーん、意気込み?
左迅:意気込みじゃないですよ(笑) 心構え(笑)
まぁ、あれなんですよ、心構えをしないのが心構えだと思うんですよ、私は。別になんも考えずに。
Яyo:まぁね、別に戦いに行くんじゃないからね。
左迅:そうですよ。 とりあえず、アルバムいっぱい聴いておいてね。
Яyo:そうそうそう。
愁:普通に観て楽しんでもらえばいいと思うし。 そんなん身ぶり手ぶりしなくとも、観てるだけでも楽しいかなと。
Яyo:そうです。
愁:まぁ、なんか集大成的なライブをしようと思っているんで、いろんなアルバムを聴いて。
Яyo:うん、そうだね。 どの人が来てもたぶん楽しいよね。
左迅:そんな感じでございます。 アドバイスになったでしょうか? なってないかもしれないですけれども。
弐:宣伝ですからね。
左迅:宣伝ですね(笑)いやらしい宣伝でございます。
はい、というわけでですね、今日からおよそ一ヵ月の間、私たちが代わりにこのJACK IN THE RADIO担当します。 
是非ともみなさんからの質問・疑問など、メールからトークテーマ、さらには初めてなんでこういうの、ダメだしなんかも待ってます。

弐:これですね、あとね。
左迅:どうしました? 弐さんどうしました?
弐:毎回なんですけども。
左迅:はいはいはいはい。
弐:今、愁さん、Яyoさんが言ったコメントの後に、「ギルガメーシュッ!」って叫んだようなコメントを。
左迅:じゃぁ、叫んでいいですよ。 もうだから、Яyoさんが言った後に、すぐに、喰い気味で入んないと。

喰い気味で「ギルガメッシュ!」って。
じゃじゃ、もう一回。
もう一回。
○△◆×△~~~~~~~(兎に角「ギルガメッシュ」と言うだけで4人でうるさい)

弐:じゃ、Яyoさんもう一回言って。
Яyo:ちなみにツイッターでも番組情報を発信してますんで。 ハッシュタグは、#大文字でJITR_Tです。
弐:ギルガメーーッシュッ!!!
左迅:はいということで、JACK IN THE RADIO引き続き聴いてください。
この後は俺たちのニューアルバムについていろいろと話ていきます。

(なんやかんや4人ワイワイやっていた割には、弐さんの「ギルガメッシュ!」左迅くんスルーでした)




左迅:改めましてギルガメッシュ、ヴォーカル左迅と。
愁:ギルガメッシュ、ベースでリーダーの愁と。
弐:はい、ギルガメッシュギターの弐でーす。
Яyo:ギルガメッシュ、ドラムのЯyoでぇーす。

左迅:はぁーい、ということでですねぇ、ここからは来週水曜の1月26日にニューアルバム『GO』をリリースするということで、
みんなでニューアルバムについていろいろ話ていきたいと思います。
とりあえず、レコーディングこれいつ頃だったっけ?
Яyo:ん? 去年。
左迅:去年だね。
愁:去年の11月くらいから12月にかけて。
左迅:結構前だよねぇ。そんときに面白い話とか、あったっけね?
Яyo:あんじゃない?
弐:なにかあった?
愁:弐さんがね、縄跳びしてた。
左迅:あ、縄跳びしてたねー。
愁:そんぐらだね。

はははははは

左迅:特になかったっけ? なんか個別で。
そう、今回は(個別で)レコーディングしてたからね、なんかあんまりコミュニケーションがとれなかったよね。
左迅:そうなんですよね。
愁:というか、ギルガメッシュがね、ON OFFの切り替えがちゃんとしてるから、いい意味で。真面目にやったという。
Яyo:ずっとONだったってことだね?
左迅:まぁ、あんま面白くなかったっていうことだ。
まぁ、次なんですけでおも、アルバムタイトル『GO』の意味なんですけども、
これは愁さんが考えたということなんですけれども。
愁:はい、まぁ、『GO』の他に幾つか案がありまして、『GO』っていうのと、大文字『G』ひとつ、あと『ギルガメッシュ2』
弐:過去に『Girugamesh』っていうアルバム出してますんでね。
左迅:2枚目に出しましたからね。
愁:というのがありまして、ま、そんなんでメンバー含め、スタッフ全員で考えた結果、
歌詞の内容的にも楽曲の勢い的にも、僕らの2011年の意気込み的にも『GO』。
左迅:『GO』ね、してますよ。
愁:「いくぞ」という意味でこれにしたのと、あとなんと、インディーズバンドには珍しい、インディーズで5枚目のアルバム

左迅:5枚目ですよ!
弐:出し過ぎだ! 出し過ぎだよ! お前それ!

ぎゃははははー

弐:出し過ぎだよ、俺らお前。 なんだそれ、5枚目ってお前!

ははははははは!!!!

(兎に角4人で大騒ぎです)

愁:なんで60曲ありますね、最低。
Яyo:ありすぎだよ。
弐:えぇーー?
愁:初回版というのもありまして、まぁ、普通初回版なんですけども、僕ら激熱版という名前で、
初のライブ音源というのを収録したCDも入っていて、通常の新曲が入ってるCDもあって、
プラスDVDがですね、なんと120分入りで豪華てんこ盛りの
弐:なんとーー?
愁:激熱サイズが、
 
はい!?

愁:今回!

はい!?

愁:5555円で。

やすーーーい!!
やすいなぁ!
やすーーーーーーー!!!!

(うるさい)

愁:今安いです。
左迅:なるほどね。
愁:『GO』で5枚目で「5555」って、なかなか。
弐:なかなか、GOー、GOーでぇーす。
愁:はぁーい、ありがとうございましたー。
左迅:弐さん?
弐:はい?
左迅:そんなニューアルバム、一言で言うと、どうすか?
弐:結晶ぉ。結晶ですよ。
左迅:まぁね、汗水ね(笑)
弐:そうですよ。
Яyo:俺、そこで喰い気味で「GOーーー!」ってくると思ったのにな。
左迅:残念。 はい、ということでですね、そのニューアルバムから一曲お届けしたいと思います。弐さーん。
弐:はい?
左迅:もう一回、一言ネタですけど。 
ニューアルバム『GO』っぽく、勢いある感じで、曲紹介よろしく。
弐:なるほどね、分かりました。
来週水曜日、1月26日リリース、ギルガメッシュで「destiny」
GOー。


destiny
(願い込めて歌うこの唄は、必然だけを手繰り寄せていく・・・・いい歌詞ですね)


左迅:はい、お送りしているのは来週水曜日、1月26日リリース、ギルガメッシュのニューアルバムから「destiny」でした。
はい、というわけでDOORS 水曜日のJACK IN THE RADIO、ここまでお届けしてきましたけれども、あっという間にエンディングでございます。
どうだった? 一回目ですけども?
弐:あー、楽しかったね!
左迅:だいぶ勢いでやった感じですけども、とりあえず持ち味ということでね。
これからもうちょっと頭のいい感じでね
愁:そうですね。
Яyo:できっかね?
弐:それはあえて逹瑯さんに任せて、俺らは勢いで。
左迅:まぁ、いっか。 ちょと頑張っていきたいと思うんですけれども、ではJACK IN THE 告知です。 告知よろしくお願いいたします。
愁:はい、1月26日、ギルガメッシュのニューアルバム『GO』リリースいたします。 是非チェックしてください。
汗水流した結晶~。

けっしょほぉ~
けっしょー

愁:いっぱい詰まってますんで、よろしくお願いいたします。 そして、ギルガメッシュ凱旋公演、千葉が決定いたしました。
2月5日土曜日、千葉県で開催されます。 市原市文化会館大ホールでのワンマンライブ、
一般発売のチケットはもう発売されておりますんで、是非みなさん、遊びにいらしてください。

Яyo:さらに、「ギルガメッシュ ワールドツアー 2011 HERE WE GO」3月5日のモスクワから始まるんですよ。
で、フィンランド・ドイツ・ハンガリー・フランス・ロンドンなどでhere we go!しまくってきます。
その他詳しくはオフィシャルサイトとツイッターを要CHECK NOW!

弐:ギルガメーシュッ! シュシュ!

笑!!(というか失笑)

左迅:笑 この後JACK IN THE BLOG用に撮影をしますが、そんな今日はギルガメッシュ初担当ということで、「めっちゃキンチョーした(汗)」というポーズです。

Яyo:難しいねぇ。むずいなぁ。
愁:ま、勢いで行くわね。
左迅:そうですね。 ということでこの後は引き続きREDIL DORAGONなんですけれども、パーソナリティのサラ・マリーさん、僕たちがギルガメッシュです。
MUCC逹瑯さんの代わりを務めさせていただくんですけれども、是非ともよろしくお願いします。

おねがいしまーす。

左迅:ちなみにサラ・マリーさんはめっちゃ緊張したときはどうやって緊張をほぐして行くんでしょうね?
ということでJACK IN THE RADIO ギルガメッシュ、ヴォーカル左迅と。
愁:ベースの愁と。
弐:ギターの弐と。
Яyo:ドラムЯyoでしたぁー。

また来週聴いてください。
ばいばーい。


以上です。
声が誰がだれだかわかりません!(ファンの方には大変申し訳ありません)
そして、うるさい、いや元気なのね(笑)

「やっぱり逹瑯さんの後輩は話が上手い!」とサラさんに言われていましたよ。
めっちゃ緊張したときは、(ライブが)始まる寸前にメイクさんとか、DJの人とマシンガントークをして、笑って緊張をほぐすようにしているそうです。

左迅くんの声、逹瑯君と似てる(ビブラートがかかるところとか)感じがしました。
二人でハモったら綺麗かもと思ったり。

『GO』のてんこ盛り加減は素晴らしいですね。
ちょっと聴いてみようかなという気になってますよ。
「イノチノキ」(逹瑯君曰く「イノキ」は結構好きな曲ですし、
ギルガメッシュ、歌も演奏も上手いですよね。


しかし、逹瑯君がいない間に是非とも、各バンドとの上下関係やら、関係性やらを暴露していただきたいものです!
その後、逹瑯君がゲストとして先輩、後輩呼ぶのに支障が出るくらい衝撃を残し、後を濁し切って飛び立ってほしいですね(笑)




関連記事
スポンサーサイト
【2011/01/21 21:45 】 | JACK IN THE RADIO | コメント(6) | トラックバック(0) |
<<MEMORIES PV ロケ地 と、夢のはなし | ホーム | 生ぬるい日々>>
コメント

ありがとございます。栄さんの題名そのもの!です!! 3年生が修学旅行で留守してる間の2年生みたい…な?! 〈頭のいい感じ〉でやりたいの?カナ。   そして!!!呟きました呟きました呟きましたよぉ♪♯(^▽^)y-~~~
【2011/01/22 23:38】| URL | ひゃはははは #-[ 編集] |
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2011/01/22 23:43】| | #[ 編集] |
ギルガメス、命危うし・・・
栄さん、こんばんは。
さすが仕事がお早い\(^o^)/&ありがとうございます♪

読みどおり、ギルガメスがいい方向へ行ってくれましたね~♪
こんなにはっちゃけちゃっていいのかいなって言うぐらいに。

でも逹瑯さんはギルガメスのJACK IN・・・もうある程度ご存じのようなんですよね。ツイッターでファンのお子たちから「左迅くんが「たつろー」って呼び捨てしてました( ̄▽ ̄)」とか報告あったみたいで、逹瑯さんは一言、「ほほぅ」と・・・。
キャーΣ(°ロ°メ)
血が流れますね・・・

【2011/01/22 23:55】| URL | 清水ジョン #-[ 編集] |
SUZUNEさん
あぁ、そんな2年生でしたよ、私も(笑)
頭いい感じでできるのでしょうか?
それよりも元気に突っ走ってもらって、
後から逹瑯君にコテンパにしてもらいたいものです。
頑張れ後輩。

そして、呟きましたね~~~~。
結構長くて、彼も頑張りましたね~。
今度はいつになることやら
2月のライブまでひと月切ってますよ、ドキドキです。
【2011/01/23 11:24】| URL | 栄 #-[ 編集] |
大丈夫ですよ~。
分かってますから~(笑)
【2011/01/23 11:25】| URL | 栄 #-[ 編集] |
清水ジョンさん
いい方向すぎてワクワクです!
ほら、もっと羽ばたいて~~~。
鬼の居ぬ間にやりたいことやっちゃうんですけど、
そういう時ってなぜか後のことが考えられないんですよね。

勢いってそういうことですよね、怖い。

そしてそして、
「ほほぅ」
いや、これ結構いい反応ですね。
もう手を叩いて喜んでしまいました。
教えてくださってありがとうございますー!

ギルガメさん、あと3回でどう展開させていくんでしょうか。
このまま突っ走るってドボンするのか、
どこかで巻き返すのか。

どうやっても逹瑯君から洗礼は受けるでしょうけれど(爆)
【2011/01/23 11:29】| URL | 栄 #-[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://faireal.blog96.fc2.com/tb.php/1056-0c3bcfcb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。