スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
てったんスペイン坂&テレ玉 HOT WAVEコメント
テレ玉『HOT WAVE』のてったんコメントです~。
よろしかったら。
後はスペイン坂のラジオ起こしです。
こちらもよろしかったらどぞ~。




hotてったん2
左右の人は同じ人です。

HOT WAVEをご覧の皆さん、こんばんは、TETSUYAです。
1月5日に『COME ON!』というセカンドアルバムが発売になりました。
皆さん、聴いていただいたでしょうか? 
これはですね、もう凄いことになっております。
日本の音楽界の歴史を変える、そんな世界を変えるアルバムに仕上がっております。
これ、聴かないとヤバイです。
えー、義務教育です。
聴いてください、はい。
そしてですね、去年12月15日、僕の初の映像作品、え~~~~~アレだ

hotてったん1
人生初の映像作品の名前を忘れました。


『FIRST TOUR2010 ルーレットを回せ』のほうもリリースになっております。
これも是非チェックしてみてください。
あの~、素の僕がそこに収められております。
そしてですね、ツアーをやります。アルバムを引っさげてですね、『COME ON! FEEL THE LIGHT』というツアーが1月の8日から2月13日まで、全国を回ります。
埼玉で言うと、埼玉の・・・・・・ないね。 埼玉ないですね。
近いところでいうと東京ですね。1月13日ZEPP TOKYO、2月13日渋谷c.c.Lemonホールでライブを行います。
あの、近いんで、是非埼玉のみなさん、来てください!
以上、TETSUYAでした~。



表情がコロコロ変わってでら可愛かったです。

お次、スペ坂。長いですよ~。
よろしかったら。











S:今週は早速ですが、私の目の前に今日のゲストL'Arc~en~Cielのリーダーであり、ベーシストのTETSUYAさんがいらっしゃっています。
こんにちは~。

T:こんにちは~、よろしくお願いしま~す。
S:初めまして。
T:初めましてですね。
S:私、今日初めてTETSUYAさんとご挨拶した時に、今日のお洋服を見て意外でした。
T:え? 地味ですかね?
S:いや、ポップですね。
T:ポップですね。
S:えぇ、もっと、ちょっとシックなイメージがあったんですけれども。
T:そうですか?
S:えぇ、あのそのお洋服、シマシマ・・・
T:シマシマって言いますね。
S:えぇ、赤と水色の縞模様の(えぇ!?)
T:可愛い色の組み合わせでしょ?(てったんにしか着れない)
S:そうですね~。 そこにその、それマフラーではないですね?
T:これストールですね。
S:ストールが。
T:ストールも可愛いですよね。 ハートとか
S:唇の、ねぇ~! いつも私服はこういう感じですか?
T:こんな感じです、はい。
S:ふ~ん(コメント不可)
T:ポップなものが好きなんで。
S:あ、そうなんですねぇ~
T:音楽もファッションも。
S:なるほど~。 それで私、今日納得でした。 発売されたばかりのアルバムのジャケットもですね、とってもポップだなという印象がありましたので。
T:そうですね。
S:えぇ、また後ほどそんな話もたっぷりとお聞きしたいんですが。今日は札幌帰りだと?
T:そうです。 今さっき。
さっき?
T:帰ってきました。
S:そうなんですね? ツアーで?
T:そうなんですね。 ツアーが始まって。
雪は大丈夫ですか?
T:雪、凄かったですよ。 もう凄い寒かったです。
S:そうですよねぇ。 お土産もいただいちゃったんですよ。 ラーメンを。
T:はい、ラーメン。
S:札幌ラーメン。
T:「ラーメン てつや」っていう。
S:ねぇ。 TETSUYAさんプロデュースなわけでは?
T:ではないんですけどね。
S:ないんですね(笑) たまたまの。
T:たまたま、えぇ。 そういうお店が、なんか札幌のお店みたいなんですけど。
ま、東京にもあるらしいんですけど。

S:あ、そうなんですね? ありがとうございます。 なんかちょっと朝からテンションが、私、上がったんですが。
T:おいしいらしいんで。
S:そうなんですね。 そしてTETSUYAさんと言えば、先日渋谷のTSUTAYAで。
T:はい。
S:TSUTAYAとTETSUYAの綴りが英語でちょっと似てるんですよ。
T:ややこしいなぁみたいな。 どっちやねん!
S:笑 TSUTAYAでTETSUYAさんが一日店長をされたんですよね?
T:はい、一日、子供店長で。
S:こどもっ(笑) 子供店長で? どうでした?
T:あ、楽しかったですよ。
S:どんなことをされていたんですか?
T:あの~、一応レジにも入って、初めてバーコードでピッてやつをやりました。
S:そっか、今打たなくてもいいんですもんね。 幾らって。 1000円とかって(笑)
T:そうなんですよね。 昔、バンドをやる前は大阪でレコード屋でアルバイトしてたことがあるんですけど、
その頃はバーコードがなかったんで、初めての経験で楽しかったです。

S:気持ちよかったですか? 私、アレ一回やってみたいんですよね。 ピッピッっていう。 スーパーのレジとか。
T:マジですか?
S:はい、やってみたいなっていう、ちょっと夢なんですけども。
お客さんも結構行かれたのかな、TSUTAYAに。 あっ、みなさん手を上げて、ありがとうございます~。
T:お! ありがとうございま~す。
S:後ほどね、またたっぷりとお話も伺っていきたいと思いますので、一時間お付き合いよろしくお願いいたします。
T:よろしくお願いします。


S:今週10位はマイケル・ジャクソン「Hold My Hand」
アルバのジャケ写のデザインを手がけたのが、アメリカで有名なカディア・ネルソンという画家の方なんですが、
TETSUYAさんは現代美術などに造詣が深いということで、この方もご存じですか?
T:あ~、ネルソンね(知り合いです笑)
S:あれ? ちょっと今なんか怪しい感じですが。
T:えぇ、知りませんね。
S:でも、アートワークとか。
あの、コンテンポラリーアートは好きで、コレクションしてるんですけど。
ウォーホールとかリヒテンシュT:タインとか。

S:そういったものを集めていらっしゃるんですか?
T:はい、コレクターですね。
S:ご自身ではそういったアートワークは?
T:僕ね、全然絵心がなくて、絵は描けないんですけど、デザインとかは好きですね。
簡単なデザインしかできないんですけど。 自分でデザインしたりするのは好きです。

S:では、コレクターということで、お家にはいろんな美術品が。
T:はい、意外に。
S:アンティークものとかも?
T:アンティークとかね、ヴィンテージ家具とか。
S:へぇ~。
T:もうあの、美術館みたいですね。
S:だって、高いんですよね? 結構。 ヴィンテージものって?
T:う~ん、価値が分かんない人からすると、「え? なんでこんなボロボロの椅子、そんなするの?」みたいな。
全然理解されない感じです。

S:よく東京の目黒通りとか、いろんなお店がありますよね? ヴィンテージのもののお店のような。
T:そうですね。 目黒通りは家具屋さんが多いですね。
S:えぇ、あの辺で観て?
T:あの辺にも無いですね、僕が集めてるようなものは。
S:そうですか。 どういった所で?
T:もう、フランスか東京だと広尾にあるお店、「サイン」っていうお店とか。
ココ?
S:なるほど~。いつかそういうお家の中も公開してください。
T:あ、あのね、近いうちにしますよ
S:あ、ほんとですか?
T:あ、まだ言えないのか。 言えませんね。(電波乗っちゃったよ?)
S:まだ秘密ですか? そのうち?
T:はい。(なぜだか、なんとなくひそひそ声です笑)


9位 ジャスティン・ビーバー(可愛いよね~)「Baby feat」
8位 土岐麻子 「Gift~あなたはマドンナ~」
7位 Maroon 5 「Misery」
6位 EXILE 「I Wish For You」

S:今週はスペイン坂にTETSUYAさんをお迎えしております。
TETSUYAさんへのメッセージ、そしてクイズ、ビビッとランキングへのエントリーもお待ちしております。
今週は2万円が当たるチャンスなんですが、TETSUYAさん、もし2万円がこう言った形でプレゼントということになったら何に使いますか?

T:美味しいものを食べたいですね。 しゃぶしゃぶとか。
S:しゃぶしゃぶ。
T:お寿司とか。
S:いいですねぇ。
T:分かりやす(笑)
S:分かりやすい! なんか学生さんみたい。
T:子供店長なんで。
S:そうですね(笑) 子供店長、今売りにしてるんですか?
T:昨日ライブをやって、「てんちょー、てんちょー」って呼ばれたんです。
S:なるほど。 店長と言えば今はね、子供店長ですから。 わかりました。


5位 桑田圭祐 「本当は怖い愛とロマンス」

TETSUYAさんはツアーなどで全国を周られると思うんですが、山口にはいかがですか?
T:山口には一度行ったことがありますね。 10年以上前ですね。
S:なかなか山口の方へは行かれないですかね?
T:そうですね。
S:ふぐは食べますか?
T:ふぐ、大好きです。 ふぐって、「ふく」ですね。
S:そうですね、山口では特に言われるんですが。
T:大好きです。
S:食べます?
T:あの、ちょいちょいいただきますね。
S:なかなかね、じゃぁ今日はお家でふぐを食べようっていうふうにはならないですけどね。
T:家ではなかなかね(笑)
S:どういったところで? お店に行かれるんですか?(家でもなかったらどこで?)
T:お店ですね。
S:東京で?
T:東京ですね。 からあげ、ふぐの唐揚げとか。
S:あー、いいですねぇ。 唐揚げ大好きです。
T:美味しいですね。
S:札幌ではこの間は何か美味しいものは食べられました?
T:えっとね、ホッケ。
S:ホッケ、大きいですよね。
T:おっきいですね。 なんであんな大きいんですかね?
S:ねー? ビッグに育ってますよね。 その時にはやっぱり日本酒とか焼酎とか飲まれるんですか?
T:はい、焼酎をいただきますね。 芋が好きなんですけど。芋のお湯割り。
S:この時期にはたまらない芋のお湯割りを飲みながら、ホッケを食べる、わー、最高。 飲みたくなってきますね。
T:呑まれるんですか?
S:呑みますねぇ。 お正月はぼちぼちだったんですが。
T:そうなんですか。



S:TOKYO FMをキーステーションにお送りしていますauオンエアーミュージックチャート、
今週は渋谷スペイン坂スタジオにL'Arc〜en〜Cielのリーダーであり、ベーシストであるTETSUYAさんをお迎えしております。
よろしくお願いいたします。
T:よろしくお願いしま~す。

S:さ、早速ですが今月5日、およそ9年ぶりにリリースされたTETSUYAさんのセカンドアルバム『COME ON!』から一曲お届けしたいと思います。
それでは曲紹介、お願いします。
T:はい、聴いてください。 TETSUYAで「Fantastic Wonders」


Fantastic Wonders


S:お送りしたのは今月5日にリリースされたセカンドアルバム『COME ON!』から「Antastic Wonders」でした。
さぁ、2011年のスタートが9年振りのソロアルバムのリリースということになりましたが、どのような御心境ですか?
T:そうですねぇ、何してたんや9年間みたいなね。
S:もちろんね、L'Arc〜en〜Cielの速報もありますが。
T:そうですね。 なんやかんや9年も経っちゃいましたけれども。 やっと出せて嬉しいです。
S:この9年にリリースされた4枚のシングルを含む全11曲が収録されているんですね。
私も全部聴かせていただいたんですが、とってもシンプルな言葉で歌われているので、
心に凄く入って来やすいなぁと思いました。
T:ありがとうございます。 そうですね、あえて直球でストレートに書いた曲もありますね、はい。
S:L'Arc〜en〜Cielの時とソロの時では、やはりやりたいことやろうとしてることは違いますか?
T:そうですね、バンドの時もリードボーカルとりたいんですけど、流石にそれは無理ですね。
S:笑
T:笑
S:L'Arc〜en〜Cielの時はhydeさんでということで。
T:そうですね、えぇ。 でも基本僕はあんまり変わんないというか、やりたいことはあんまり変わんないんで、もうそんなに区別せずやってます。
S:作詞作曲をする時は、そんなに意識はせずに自分を表現している?
T:そこまで意識してないですね。
S:先ほどジャケットの話なども出たんですけれども、私本当にソロでは遊び心を持って制作をされているんじゃないかなと思ったんですが、
ジャッケット写真がダンベルを持ち上げている写真とか、ガウンを着ている写真とか、
トレーディングカードがね、また、これコスプレですよね?
T:コスプレですね。
S:えぇ、魚釣りの釣り人の格好をした写真だとか。
T:えぇ、いろんなことをやってますね。
S:こういうのお好きなんですか?
T:好きですね。 なんか、いろんなことにチャレンジできるっていうか、
こういう仕事をやらせていただけると、同じような格好よりもいろんなことせっかくできるんだから、
どんどんチャレンジしたいなって。 ブックレットの中でゴルフとかしてる写真もあるんですけど、
普段プライベートで一切ゴルフやんないんで

S:あ、そうなんですね~。 じゃこれは、本当にコスプレを兎に角楽しんだと。
T:そうですね。 撮影のために
S:なるほど。 でも本当に9年振りのソロアルバムということで感慨深いものがあると思うんですけれども、
全体的にはどんな一枚に仕上がったと思われますか?
T:えっと、ベストアルバムと言えるくらい、もう全部シングルでもいいんじゅないかなっていうような、
もう捨て曲が一曲もないようなアルバムにしたいなと思って作ったんですけど、
自分ではそういうものができたんじゃないかなって自信は凄くあるんですけど。

S:このアルバムを引っさげてのツアー中だということですけれども、
その前に今年L'Arc〜en〜Cielが結成20周年だということで、やはりリーダーのTETSUYAさんにとってはまた感慨深いものがあるんじゃないかと思いますが。
T:そうですねぇ~、もう人生の半分L'Arc〜en〜Cielやってるっていう。 
怖~みたいな。恐ろしいですよね、ちょっと。

S:20年、どうですか? これから先の20年というか、これから先はどうやっていこうと?
T:そうですね、やっぱりいい音楽を作っていくっていうことだけなんですけど。
支えてくれるファンやスタッフがいてくれたからこそ20年続けられたんで、
これからも30年、40年、続けていけるように頑張っていきたいなと。

S:頑張ってくださいね、30年、40年。
T:はい。
S:まだまだ観られますよね、ずっと。
T:腰が曲がるまでやります。
S:私もおばぁちゃんになってるな、30年、40年となると笑。
さぁ、そしてメッセージをご紹介しましょう。
ラジオネーム ナマハゲミサキさんです。 宮城県にお住まいの20歳、ハタチの女性の方です。

TETSUYAさん、『COME ON!』リリース、そしてソロ10周年おめでとうございます。

T:はい、ありがとうございます!

S:ツアーの初日お疲れ様でした。 私は明日の仙台公演、参戦します。
ほんとに楽しみです。 去年はタイタニック号が飛び出た仙台公演なので、
今回も期待しています。

ということで、タイタニック号が飛び出たんですか?
T:はい、タイタニック号が出たんですよ。
S:どういうこと?
T:去年のツアーの仙台で、ゴムボートをですね用意してもらって、
お客さんの上をゴムボートに上に乗っかってこう~、お客さんの海の上を、
僕のタイタニック号(ゴムボート)で渡るっていう。

S:すごーいっ! ゴンドラみたいな感じで行ったっていう?
T:ゴンドラよりももっと危険でしたね。
S:凄いですね。
T:いや、僕はでも僕のファンはマナーがいいんで、絶対大丈夫だと思って
スタッフからは「いや、危険だからやめたほうがいいんじゃないですか」って言われたんですけど、絶対大丈夫だからって。
ファンを信じてやったんですけど、成功しました!

S:そうなんですね!
T:沈むことなく。
S:沈むことなく(笑) 今年も何か飛び出すんですかね?
T:そうですね~、明日ねぇ~、なんかちょっと考えたいと思います。
S:そうですね(笑) ツアーは始まったばかりということにんなりますからね。
身体に気をつけて頑張ってください。
T:はい、ありがとうございます。
S:渋谷もの月13日がツアーファイナルということですから。
T:はい。
S:是非このスペイン坂にも遊びにきてくださいね。
T:はい、是非よろしくお願いします。
S:今日はどうもありがとうございました。
T:ありがとうございました。

S:L'Arc〜en〜Cielのリーダーであり、ベーシストのTETSUYAさんをお迎えしました。 ありがとうございました~。
T:ありがとうございました~。


以上です。
ちなみに4位 Bruno Mars 「Marry You 二人の未来」
3位 高橋優 「福笑い」
2位 NIKKIE 「春夏秋冬」
1位 いきのもがかり 「ありがとう」でした。

というか、ラルクの時もリードヴォーカルとりたいって、てったん。
それだけは許せません(ごめん)






関連記事
スポンサーサイト
【2011/01/10 23:57 】 | てったん | コメント(2) | トラックバック(0) |
<<てったんのJ-POPで | ホーム | てったんONGAXコメント、ハピM、TOKYO FMコメント~>>
コメント
リードボーカル!
あぶない、あぶない。歴史が変わるトコでしたね! ラジオおこし、読んでいる私にとっては〈あっ!〉という間です。栄さん、いつもありがとうございます。   そうでしたっ!大先生も大変な事(?!)になっているんですよね\(T∀T)/
【2011/01/11 22:08】| URL | SUZUNE #-[ 編集] |
SUZUNEさん
歴史が変わる(笑)
本当に危ないところでした~。

【2011/01/13 01:57】| URL | 栄 #-[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://faireal.blog96.fc2.com/tb.php/1050-4eece809
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。