スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
スッキリで時差ボケスッキリだったVAMPS!
いや~~、台風が各地で甚大な被害を与えてますね。
うちの近所の大きな桜の木も根元からバッキリと折れていて、道路が封鎖されてるところがありました。
びっくりです。

そして我が家のyukihiroさんはずっとひつじさんのぬんぐるみのまんま固まってました。

ということで、スッキリ観ました。
結構な尺でしたね~~。
そりゃスッキリ側もロンドンまで行ったんですからねぇ、使わないと。
よろしかったら。





sk1.jpg
ウェンツ:VAMPSロンドン公演の舞台裏に潜入でございます!
テリー:この間ね、スタジオに来てくれましたよね。
ウェ:そうなんです。スタジオでパーフェクトなパフォーマンスを見せてくれたVAMPSなんですけれども、
そのヨーロッパツアーのファイナル、イギリス・ロンドンでのライヴにウィニュースが潜入しました~~。
加藤:ロンドンまで行った?
ウェ:行きました~。独占を御覧ください。

sk2.jpg
先月、スッキリのスタジオで生パフォーマンスを披露してくださったロックユニットVAMPS。


sk3.jpg
スッキリの出演後、すぐにスペインへと渡りヨーロッパツアーがスタート。
(車から降りた途端に両サイドから手が差し伸べられる。
私はいつもこれをHYDE様のエスコート争奪戦と呼んでおります)


sk4.jpg
ウィニュースではツアーの最終地点であるロンドンでのライヴに独占密着。
その舞台裏に潜入しました。


2008年に結成されたVAMPSはL'Arc〜en〜CielのヴォーカルHYDEさんと
OBLIVION DUSTのギターK.A.Zさんによるロックユニットです。
「VAMPS」とは吸血鬼、ヴァンパイアの短縮形。ファンのハートを吸い尽くす
甘く激しいサウンドで日本のみならず、海外でも人気拡大中なんです。

これまでもVAMPSは北米、南米、ヨーロッパ、アジアなど世界中でライヴを敢行。
国内外250公演、およそ85万人の観客を動員しております。

先月発売されたニューアルバムは全ての楽曲の歌詞が英語。本格的に世界デヴューを果たしました。

VAMPSのヨーロッパツアーはスペインを皮切りに、フランス・パリ、ドイツ・ベルリン、
そしてイギリス・ロンドンを4カ国を巡るものです。


早速、ロンドンに到着したばかりのお二人に先日スッキリ生放送の感想を聞いてみました。

sk5.jpg
H:ちょうど良かったんですよ。時差ボケがね・・・・・
あのまま寝ないで飛行機乗る感じで。
飛行機に乗ってやっと寝たんです。 バッチリですよ乗ったら、時差ボケが。

テ:笑 そういうことか!
ウェ:VAMPSのお二人はスッキリの生出演後その脚で、飛行機で睡眠を取り、時差ボケも解消したんだとか。

sk6.jpg
そんなヨーロッパツアーのファイナルはロンドンです。
意気込みのほどはどうでしょうか?
(自分でお洋服整えてるK.A.Zさんの横でハイちゃんは当然のようにおぐしのセットをしてもらうのである)


sk7.jpg
まぁ、ロンドン自体がVAMPSは初めてなんで、いかにVAMPSのよさをね、
知ってもらえるかというのがライヴにかかってるかと思うので、
格好いいライヴにしたいなと思ってます



sk8.jpg
K:ロンドンから憧れてたバンドとかっていうのが、
昔から憧れていたバンドとかがこう~~、出てきた場所なので、
自分たちも素敵なショーを・・・やりたいと思います、はい。




sk9.jpg
ロンドンをいえばロックの本場。
目の肥えた観客の前で最高のパフォーマンスを見せようと気合十分なんですが、しかし!
実はHYDEさん、ここに来て喉の炎症が悪化。
2日間予定されていたロンドンでのライヴは一日だけとなりました。

予期せぬ体調不良により一日でロンドンっ子にアピールしなければならなくなったVAMPS。


徐々に体調も回復し始めた頃、ある雑誌の編集部を尋ねることに。
その雑誌とは! イギリスで最も権威のあるロック雑誌『ケラング!』

sk10.jpg
VAMPSはこのケラング!誌で特集されたんです。


sk11.jpg
辛口の評価で定評のある雑誌なんですが、VAMPSの評価はというと5点満点中4点!
と、なかなかの好評価。
編集者に話を聞いてみました。


sk12.jpg
イギリスのロックとは少し違うところが面白いと思う。
日本ならではのロックスタイルだから、イギリス国民もワクワクするはず。



ロンドンでのVAMPS人気をチェックするため、地元のCDショップに入ってみると・・・・・
店頭入ってすぐにVAMPSのCDを発見!かなり売れている様子です。
売上チャートではなんと4位にランクインされていました。

加藤:凄いねぇー!


ライブ当日、ロンドンの街ではVAMPSのライヴを伝えるポスターがあちらこちらに。
そして会場の外には開演6時間前にもかかわらず、既にファンが集まっていました。


sk13.jpg
期待が高まる中、VAMPSも会場入り。
(これがベルリンでアーリーと買ったネットのほうが安かったジャケットなんだろうか?)


ライヴに来た現地のファンにVAMPSの魅力を聞いてみました。

どのバンドよりも魅力的。
ヨーロッパスタイルの音楽だけど、日本らしい雰囲気もある。


中にはこんなファンも・・・・・

sk14.jpg
歌詞とかわかるようになるために日本語を勉強しています。
(二人共イギリス人)


地元ラジオ曲のDJの姿も。

sk15.jpg
VAMPSを番組で流したけど、反響が大きいからきっと売れるよ。
リスナーからのチケットの問い合わせが殺到してる。


ライヴが行われたのはO2アカデミー・イズリントン。
スッキリにも来てくれたMUSEやフランツ・フェルディナンドなど、
イギリスを代表するバンドが新人時代にライブを行った登竜門的ライブハウス。

実はこのヨーロッパツアーは大物アーティストのライヴを手がける
世界最大のコンサート会社とタッグを組んで行われました。
レディー・ガガやマドンナ、U2など大物アーティストのワールドツアーを手がける
世界最大のコンサート製作会社、ライブ・ネーション。

sk16.jpg
VAMPSは日本人アーティストとして初めてライブ・ネーションとタッグを組み、
世界ツアーのライヴ活動を強化しようと考えたんです。
(なんだか不思議なHYDEちゃんの立ち姿です)


VAMPSのスタイルというのが、やっぱりお客さんを身近に置いて
自分たちの音楽をやるっていうのがスタイルなんで。
そこが我々の考えと合致するんですね(ライヴ・ネーション・JAPAN代表 竹下 フランク氏)


そして夜8時。開演の時間です。
会場にはすでに超満員のお客さん。
ロックの本場ロンドンで、VAMPSのライヴがスタートします!
HYDEさんの体調も気になる中、ロックの本場イギリスでどのようなパフォーマンスをみせるのでしょうか?
ついにVAMPSがロンドンのステージへ!

sk17.jpg sk18.jpg
超満員の会場はVAMPSのパフォーマンスに熱気ムンムン!


観客たちは大熱狂しております。
sk19.jpg
(いい顔です)


sk20.jpg
およそ2時間、19曲を歌い終わったところでライヴは終了。
初めてのロンドン公演を終えた二人に感想を聞いてみました。


sk21.jpg
喉がね、100点じゃないから・・・・そこは凄く心残りなんですけど。
ライヴとしてはいいライヴができたんじゃないかなぁ~~。



ロンドンなんだけど、いろんな国からみんなが集まってくれてぇ、
で、そこでひとつになって・・・・・・・

sk22.jpg
盛り上げて、みんなでパーティーして・・・・・・・
こういうのは凄く・・・・・・いいですね。



sk23.jpg
テリーさん、加藤さん、おはようございます。
VAMPS、たった今ね、イギリスのライヴが終わって、ヨーロッパツアーが終わったんですけど、
どの国もすごく優しく迎え入れてくれて、すごいどの会場も盛り上がりました。



独占放送終了後、スタジオでは・・・・・・・


ウェ:スッキリに来てくれたまんまもうそのままツアーで。
加藤:ね、だからね、なんでVAMPSがスッキリに出てくれるのかな?って思ったら、
時差ボケ対策だったんですね。

ウェ:違いますよ!
テ:た・多少はある(笑)
加藤:時差ボケ対策に使われた形ということで。
ウェ:違います、違いますよ。ここで!ここで歌いたかったんです、VAMPSさんは!
加藤:あ~、そうなんですねぇ?

テ:ほんとはね、VAMPSはもっとヨーロッパにいたかっただろうね。
ウェ:う~ん、そうですねぇ。でもね、これからもヨーロッパだけじゃなく、アメリカの方にもね12月に・・・・
加藤:更にもっと大きな箱でやってほしいですよねぇ。
ウェ:そうですね。実際チャートにも4位に入ったということで、これからも沢山の方に聴いてほしいですし、12月にアメリカ LAとNYでのライブということなんでね。
加藤:凄い。

ウェ:またその後にはまたスッキリでもね! いい日に!
加藤:時差ボケをなんとかしたい時には、一回歌ってから飛行機に乗ってもらう。
ウェ:逆に直しに来てそのまま歌ってもらう! 是非お願いします~。

天の声:世界で活躍するためにはスッキリは必要だと。
テ:踏み台にしてくださいよ!


こんな感じでした。
・・・・・HYDEちゃんの(心ない)時差ボケ発言がスッキリスタジオに波紋を広げる結果となりました。
スポンサーサイト
【2013/10/17 00:23 】 | VAMPS | コメント(0) | トラックバック(0) |
火曜ニコラジ バスローブいど!
火曜ニコラジやっと観れましたー。
この回、盛りだくさんだったんですね。
やまちゃん、ヨーロッパVAMPS追っかけツアー、本当にお疲れ様でしたね。でも、一番楽しんでたのやまちゃんだよね。


やまちゃんが白シャツにVAMPS二人のサインを貰いに行く時の映像がありましたけど、

niko3
この可愛いK.A.Zさんの隣にいたHYDEちゃんが一瞬可愛いおにゃのこに見えてイラっとしましたよ(笑)
ライブ前になに余裕ぶちかましてんだよって。
取り乱してごめんなさいね~。
そして二人の前にいるデッカイお兄さん、久しぶりのJさん。元気そうです。

niko4
ハイタンには何やられても嬉しそうなDJ☆YAMADA
ほっぺにしてくれたサインは「はいど」だったようだけど、暗くてわからなかった。


あと、スイドリの前にJu-kenさんが指を指してるのはやまちゃんにらしい。
ライブ映像があったら確認して欲しいと言っていた。
自慢だって(笑)


ということで、VAMPSインタビュー


niko2_201310131851567b1.jpg
Y:VAMPS、HYDE、K.A.Zさんです。 よろしくお願いします。
K:よろしくお願いしまぁ~す。
ちょっとこれね、事前にご説明しますけど、ニコラジでは夜の10時にOAされるので・・・・
H:えぇっ!?
あれぇ? 先ほど説明したはずなのに(笑)
明るいのにまだ。
あ、そうなんですよねぇ。ロンドンの空が明るくてというか青くて。
ねぇ。
HYDEさんからロンドンの話を聞くときはだいたい灰色で薄暗いイメージだと。
んなこたないですよ。
違ったんですね?
そうっすね。


歓迎をしてくれてるかのような。 で、時間的な説明をしますと、今日本でもライブビューイングがありまして、終わったところなんですよ。
え?
笑 そんなリアクション普通してないでしょ?
終わっちゃったのぉ?
終わっちゃったんです。

あちゃー、観たかったなぁ~。
観れないんです、これねぇ~~。 最前列で観れるのは僕達の特権なんです、これは。
あ、そっか~。
二人は常にステージにいるので観れないんです!
うむ。
お家帰って観てください。
うん。


皆さんのところも・・・・あ? 良かった?楽しかった? 感動してるメッセージが今・・・・そういう想像をしてください。コメントで「よかったよ~~~」って流れてる。
でも、ちょっとだけ時間をずらせば、いよいよこの後なるんですよね?ロンドンが。
難しいねぇ?
難しいです。
だから今その気持のこともあるんですけれども、なので一回統括をさせてもらいまして、ここまでのヨーロッパツアーの足取りだったり思い返してみると・・・・・
寒いところもありましたし。この間ちょっとラジアンリミテッドでも聞きましたけれども、パエリアが美味しかったって話ね。

niko7
あ、それは行ったってことにしていいんですか?
いやもちろん、「行ったってこと」っておかしいでしょ? もう次に行ってるんだから。
あ、もう次に行ったんだ(笑)
(ニコラジと現地での時差が理解できないHYDEちゃん)


そうですよ~、行きました行きました(笑)
あとはK.A.Zさんが美味しかったものは・・・・あれ僕達、スクープでしたよ。
なんだかよく分からないものっていう・・・・・なんでしたっけ?あのトルコ料理。
あ~~~~~。ナンみたいなね?パンみたいな。
パンみたいな。
ナンみたいな(笑)
で、メインだと思って食べちゃったみたいな。
そう。
お腹いっぱいになったらメインが来た。
そう(笑)
ナンってこったいって感じ。


でも海外でもね、いろんな食べ物がありますし、いろんな出会いもあったと思うんですが。
あの、今日僕、ココちょっと特殊な場所だなって思ったんですが。ココは?
はい、なに?
なんと! 
ビリヤード場じゃないの?ここ。
置いてますけどね。置いてますけど、見てくださいこれ、VAMPSの・・・・・


niko8
やべぇ! VAMPSって書いてある。
全部英語詞での。
うん。
これ海外盤ですよ、言ってみれば。
うんうん。
これが要は、世界に今発売されているこのアルバム、マスタリングしたのど~こだっ?
どこだっけぇ? NY?
やまちゃんちじゃなかったっけ?
そんな機材はありません(笑)
なかったっけ? おっかしいな?
マスタリングどこですか?
なんとですねぇ~、あら? ココって書いてあります。
マジですか?
そうなんです~~。 そんな今日素敵な空間にお邪魔させてもらいました。
で、聞きましたらここ、そうそうたる、今も写真でね、それこそデヴィッド・ボウイですとかマドンナだとかいろんな方たちが。
そうなんですねぇ~。凄い場所ですよ。
いろんな方たちがレコーディングしていて。


僕も来たことあるんですよ、ここは。
あ、そうだったんですねぇ?
『ROENTGEN』の時に。
あ、あのソロの『ROENTGEN』の時は・・・・・
の時も確かマスタリングが何かで・・・・1回だけ来たんですよ。
へ~~~~、こういう雰囲気のスタジオなんですねぇ。
窓も大きいし、明かりも差し込んできて。
ただあの、先ほどスタジオの方にお聞きしましたら、冬はクソ寒いですねって言ってましたけれども。



ガラスだもんね、断熱ができないですもんね。
そうですねぇ。ほんとに歴史的なものを感じさせられる。
スタジオで雰囲気って変わるもんですか?レコーディングする側としては。
変わりますね。
あら~。例えば僕らでもわかりやすいところってどんなところが?
K.A.Zさんのどんな気持ちが変わるから音に・・・・・何か変わっていくっていうのは?
やっぱでも・・・・・居心地がすごくなんか・・・・・・うん。
リラックスというか?
そうそうそうそう。


去年、こっちの人みんな夜になると蝋燭つけ出しますよね。
うんうん。
あまり強い灯りじゃなくて?
あのぉ~、夜を大事にしますよね、みなさんね。だから夜になるとみんな蝋燭に火を点けて。
日本だと明るいじゃないですか?雰囲気を味わうっていうか。

それを楽しむというか。 そういったやわらかい灯りの中でレコーディングってなれば、気持ちもなんとなく。
うん。
へぇ~~、大したもんなんですねぇ、こういう空間っていうのは。


あと、海外だとだいたい12時回ると裸のおねーさんが入ってくるんですよ。
niko9
う~~ん、ほんとなのかなぁ?
そっちの気持ちでも・・・・・気持よくなる。
信じていいのかな? いえいえ、そんなスタジオじゃないって。
だとしたらもう、あくまでお頼んでるんだと思いますよ。
K.A.Zくん、スタジオ終わったよっていうのにまだ。「もうちょっといようかな」って(笑)
そういう人が来るかもしれないから?(笑)
K.A.Zさん、ちょっと目的が変わってます。
うん。
だめ、信じちゃうから!


やっぱ雰囲気は大切ですよ。
あ、やっぱそうなんですね。
ちょっとさ、ポスター観るとさ、オカルト的なバンドとかいるでしょ?
あ、いますねぇ。
蛍光灯点けてさ、曲やってたら格好よくないじゃん。もう蝋燭で・・・・
やっぱそういう幻想的な雰囲気でやるほうが、音にちゃんとCDにね、録音する時には。はぁ~~。
あの、実はですね、まだ話してないと思うんですが、この後となるといよいよ今度はハロウィンパーティーがありまして、そしてアメリカツアーがあるわけですよ。
ちょっとそこについての意気込みもお伺いしたいんですが。


はろうぃん・・・・パーティー?
はい。
今年もありますねぇ。
ありますよ~。また物凄い面子が発表されました。
う~~ん・・・・・・・・・はい。
よく集まってくれました、ほんとに。

HYDEさんの呼びかけにいろんな方たちが、噂に噂を聞きつけ、あの、一日くらいほんとにパーティーって名前がついてますけど、LIVEというよりはもうみんなで楽しもうと?
ほんとに、コスプレもあるし仮装もあるし。
ほんとにもう、お昼からず~~っとなんて言うんですか、みんな来たら楽しめるような。
ですねぇ!
そう、屋台も出てるし。
コンテストもあったり。
一日楽しめますよ。
これ、是非皆さん遊びに来てもらいたいですね。
うん。
ありがとうございました。2年連続でMCにも選んでいただいて。
え?
あれ?違ったのかな?
あれ?そうだったんだ?
え?この間発表しちゃいましたけど、僕。
あ、言っちゃったかな~~。
これガセネタ?違う人頼んでる?
ちょっとどうなってるの?
あ、怖い怖い怖い!やめてやめてやめて!!
確認しないでそのまま行って。やりますから!やりますからね、わたくしね、やりますから。
神戸と幕張。5DAYSとなっておりますから是非みなさんもハロウィンパーティー遊びに来てください。
うん。


そしてこのパーティーが終わった後、いよいよアメリカツアーなんで、この話を是非お伺いしたい。
なにか違いますか?ヨーロッパツアーとアメリカツアーってことで。HYDEさんの考えでは。
あ~、やっぱりその、なんて言うんでしょう?
まぁ、イギリスもそうなんですけど英語圏のところはね、気合が入るっていうかね。
その・・・・・他の国とはやっぱちょっと違う印象が僕の中ではあるんで。

どう?
その、他の国は基本的に日本語に優しいというかね。日本もそうじゃないですか? 英語の曲も聴けば他の国の曲もウェルカムで聴くけど、やっぱり他の国の音楽をね、あんまり聴かない傾向があるから。そこがなんか気合が入るというかね。
確かにこれ英語詞ってわけですから、完全にそこで勝負ってことですもんね?
違うフィールドでっていう。
そうですねぇ。
じゃちょっとまた違う気持ちも新たにってことで?
あと、自分たちが聴いてきた音楽の本拠地でもあるから。
そこで、あのなんて言うか、その辺のバンドに負けたくないなっていう気持ちはあります。

やっぱり魅せたいっていうのはあるわけですよねぇ?
K.A.Zさんはどうですか、アメリカ?
そうですねぇ。やっぱUK音楽とアメリカ音楽っていうのは、凄く影響を受けてきた音楽。
ご自身がね。
であるし。やっぱそういう場所でライヴができるっていうのは、ネットでも素敵なことじゃないでしょうかね?


楽しみにしててくださいね、これ。
LOSとNYっていうことですよね? 4日と8日って伺ったんですけど。
はい。
場所での差異は? やっぱ気候的なものってものがまたありますかね?
NY寒いだろうね。
そうですよね。
でもクリスマスシーズンだから街は綺麗だと思う、かなり。
おぉ~~。例えばの話、セットリストみたいなものは違うものになっている可能性もあるんでしょうかね? ヨーロッパとアメリカっていうのは。
時期が違うんでね。その時に自分たちが一番興奮するセットリストにしたいとおもうけど。
基本的にはVAMPSのいいところが全部入るような形でできればいいなぁと思ったりなんかして。なかったりして。

いやいや(笑)
あったりして(笑)
アメリカも熱狂させてもらいたい。これでね。これで予習ですよ。
niko10


ニコニコは海外でも観れてますから。そういった点ではこちらを是非ゲットしてもらって、いよいよ、ハロウィンを待っての12月を待ってもらいたいと、はい。
では最後にですね、ニコニコを観ていただいている皆さん。またネットでも世界配信をしております。
一言いただいてもよろしいでしょうか?

・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・はい? あ、そっか。
あの~、いつも、応援してくれてありがとう。
これからも、あの~、皆さんがいるからね、僕達はこうやって海外に自信を持って行けるわけであって、今後も自分たちがVAMPSとしてなんて言うんだろう?羽ばたけるように、皆さんに応援よろしくお願いしたいなと思います。


はい、K.A.Zさん、お願いします。

はい、えーとね、そうですね。ロンドン、初ロンドンなんですけど、ライヴでね、街を暖めてきます。

おぉーー! 暖めた勢いでそのままアメリカへと。
そうです。

ありがとうございました。
そうなんです。ライブビューイングをご覧になったかもしれませんけれども、これ、実はロンドンのライヴのちょっと前、前日での収録ということでの、二人の熱いトークを伺いました。
ありがとうございました。 VAMPSのお二人でした。
実は時間軸的にはこの後ロンドンなので、是非ロンドンのステージ期待しておりますので、盛り上がってきてください!
ありがとうございました。
ありっとございましたっ。




で、あとはやまちゃんのスマホホルダーが火を吹いてました。
それはブロマガのほうで観れまーす。

あ、HYDE PARKにHYDEさんは一昨日行ってたというやまちゃん情報もありました。
そしていい気になってホルダー爆発させてると、バスローブ姿のハイタン登場。
やまちゃんびっくり!
バスローブ姿のハイタンを映しちゃいけないと大慌て。


ということで・・・・・・・


バスローブだしサングラスもしてないしっ!
人の部屋で何やってるの?

niko11
(この嬉しそうな顔ww)
いや、人の部屋って・・・・・違いますよ違いますよ。ちょっとマイクつけてもらって。
ちょっと映像やめて!


なに? マイクってなに?マイクって?
niko12
え?あのすみません。ちょっとこちらで同じホテルだって聞いてたので生放送してたんですけど。
(この顔(笑) やまちゃん、また騙されたパターンなのかな?)

ちょっとぉ。風呂入ってる間にぃなにやってるの?
笑! 完全にバスローブで、頭もタオルぐるぐるに巻いてるじゃないですか!
え?こっち来ちゃダメですよ!バスローブ映っちゃうから!!!
神降臨ですこれ。ほんとにレイトチェックアウトは嘘じゃなかったんですね?
なにが?
いや、みんながチェックアウトしてるんじゃないかって。
いや、お風呂入ってたのにびっくりですよ。
嬉しいです。じゃ、改めてお名前よろしくお願いします。

はいどです。

やったぁーーーー!! HYDEさん、来ましたよ~~~~。
あ、ほらほらコメントが来ましたよ。え?バスローブが観たい。神来た。HYDEさん映して。
日本時間で言うとさっきですって、遅れてみるライヴ・・・・・
H:あ~、ディレイね。
帰ってきたばっかりだって。
H:あらあら。
皆さん、ライヴビューイングの感想なんかも、是非HYDEさんに伝えてください。
このチャンスですよ。ロンドンにいるHYDEさんに伝えられるのは。
え?バスローズ姿のHYDEさんが観たい? これ僕は写真は撮りますから。写真は撮りますけど、UPはしませーん。
はい撮ってますよー。はい撮ってます。写真は見せまーん。写真は撮りましたー。
HYDEさんは今日本当にお帰りになる?


そう、今日帰るんだけど。お土産買ってきた。やまちゃんに。
え?見ていいですか?
仕事ばっかりでお土産も買えなかったでしょ?
うわー、嬉しいですよ。まさにロンドンでなきゃ買えないという。
うわ~~、めちゃくちゃプレミアムですよ。いきますよー。

niko13_20131013192251e9c.jpg
流石HYDEさん、センスいいですよねぇ~~。こちらでーす。いやぁ~~どうですかぁ~~?
あれ?コメントもどう突っ込んでいいのか分からない? HYDEさん?

ぜんぜん反応ないですよね?

あ、タイムラグできました。
あ、よかった。
いや、よかったじゃない! HYDEさん、これどこでも食べれる。世界どこにでもある。


からのですよもう! そうですよね? ごめんなさい。間違えました。それボクのご飯でした。
これちょっと放送禁止かなぁ~~~?

これちょっとヤバイですよ。明らかに太めの棒状のような・・・・・ちょっと固いですよぉ~。
硬くて夜中の10時に見ていいもかどうか。・・・・・・・おぅふ。
おぅふ。
これ、ほんとにHYDEさんが選んで買ったんですか? ねぇ?
選びました(笑)
よくこれ買うの恥ずかしくなかったですね?昨日ライヴやってたことバレてたらちょっと不思議がられますよ。
やまちゃんのためにね、それぐらいしないとなぁと思って。
僕は買いに行けないですけど、やっぱりHYDEさんクラスになると、「一個くれよ」みたいな?


ロンドン来たって感じがするでしょ?
だって、ロン・ドンって書いてありますもん。
右にロン、左にドンですもん。
ヤッバイですよもう。・・・・・抱かれたい!
抱かれたい?
え?みんな見る? 観ると危険だよ。もしかしたらみんなHYDEさんのこと嫌いになっちゃうかもしれないよ。


niko14_20131013192251403.jpg
埋もれたい。
お値段は見せません。
そうですよ。人にプレゼントを贈る時はお値段は剥がしておくもんなんですよ、ね~。
あははは。 だめです、そんなに映しちゃ。
それだけじゃ留まらない。

お、まだある?


ちょっと普通のも。これね、結構各国の集めてるんです。一目惚れしたんです。
niko15_201310131922502dc.jpg
あー、これは嬉しいです。
あ、これ、ロンドン・ブリッジとか。
そうそうそう、ロンドン・アイだとかね。
もうこれで観光しなくていいですね。
うんうんうん。
ありがとうございます~。


とっておきのが。 コレが僕、一番のオススメなんですけど。
(VAMPSのアルバム SBRRのイギリス盤)
告知か!
ちゃんと輸入版でポンドの値札がついていて。それを本人が買ってきた。
そうなんですよ(笑)
うわーーー。
これちょっとないぞ。今回ロンドンで自分のお金で買ってきたの初じゃないですか?
あ、そうかも。2枚買いました。
きっちり値札がついてますよ~~。
2枚しかなかったんですよ。 他のお店に買いにいっても。
じゃもうSOLD OUTしてます。
たぶんみんな買ってるんだと思います。こっちに来た人が。お土産になるからね。
イギリス盤だけ、JPNっていう表記をしないとだめなんですよ。

アーティス名のとこに?
こっちにVAMPSってバンドがあるんですよ。だからイギリス盤がそのJPNがついてる。
だからある意味それ、レアというか。

知らなかった。だからJPNってついてるんですね。
うわ~~、良かったねみんな。そんな話も聴けましたよ本人から。
でもほんとに生放送に来てくれるとは思わなかった~。一緒のホテルだとこんな特典があるというね。
ほんとですよ。


みんな真似しないでくださいよ。
バスローブでラジオに出たことないですよね?
そう、今お風呂に入っていたのに慌てて。
風邪ひきますよ、このままだとね。
あ、でもちょっと暑いくらいですよ。
もう少し時間があるのならお聞きしたいのは、いよいよこの後はハロウィンパーティー。
もういまかなり中身だとかは頭の中はシフトし始めていますか?
もう大変ですよ。やることやらな。なかなかこれもう前に進まへんですわ、これが。
面子も多いですからぁ~。
そうなんですよぉ~。
ねぇ。で、毎回同じものをやるわけでもないし。
そうなんですよもう、大変ですよ。
確かに大変。でもお客さんの皆さんが喜んでくれるならってことで。
まぁ、そういうことですかねぇ~~、これ。


神戸2DAYS、幕張3DAYS。
私はどんなことするかって、今のところ聞かされてないんですけど?
マジですか?
大丈夫ですよね?キャンセルってことないですよね?
まだゆってないのぉ? すたっふ~~
あら、おかしい?
すたっふ~?
なんでスタッフがギリギリにキャンセルするんですか。
じゃ、HYDEさんが来ないことを想定して打ち上げの写真で話をしようと思っていたんで。
HYDEさんからOK出された写真を見ながら。


hiko16.jpg
腕の写真。これだけでもうみなさんアクセサリーのブランドを当ててましたよ。
マジですかぁ~? こわい! アンタ達こわいっ!
さっき言ってたんですけど、ハロウィンの楽屋はこういうやまちゃんねるの放送はしていいんですか?
ん? こわい!
フルメイクもしてるじゃないですか、仮装も。
そうね。・・・・あ、面白いかもしれないね。
観れない人とか、チケット買えなかった人とかも多いんで。
なるほどぉ。
今ちょっとそれを思いつきました。これはもうHYDEさん次第です。
流石ですねぇ~。どこででもできるという。
なんてったって今日も部屋からやってますから。これで日本と繋がってるんですから。
ほんと、ほんと僕の部屋でやるのだけは勘弁してほしい。
すみません(笑)ここは空いてると思ったんですけど、HYDEさんの部屋だったんですねぇ。
じゃ、ピンポンっていうのはそもそも誰が?
ほんとですよねぇ~(笑)



あとね、ハロウィンパーティーが終わるとアメリカツアー。
その前にジャカルタっていうのもありました。
ジャカルタ48!
はい・・え?違うでしょ? そこに会いにいくわけじゃないですよね?
違います、はい。
あの、フェスに出ると。これアレですよ、HYDEさん昨日、お酒の席で、憶えてますか?
憶えてないです。
やまちゃんは来ないのか?と。
え~、ゆってないですよ。
あ、分かりましたぁ~。空耳なんですねぇ、じゃあこれ(笑)
みんなに言われてますでも、コメント的にも。
マジですか?
ここまでずっとヨーロッパ追っかけてたんだから行くよね?と。
じゃ、行かないと~~。みんなで48、観に行きましょ!!
違う違う。目的違ってる。違うフェス。
あれぇ~~?
あれ~じゃないですよ。HYDEさん、二日目って書いてありました。
あとあれでしょ? LOSとNY。
その話も是非話してください。今どういうことを考えているのか。


もうえらいこと考えて。
一人くらい一緒に行ける枠はないんですか?
いや~、もちろんもちろん!
!!?? アメリカ? 行ってもいいのかな?
もちろんですよ、そんな。
あれ? みんな、行ってもいいんだって! これアメリカとかジャカルタとか行ったら僕、また必ずここで放送しちゃいますよ。
ジャカルタ行かないと。
ジャカルタ、回線はいいんでしょうかね?
どうでしょ~(笑)
昨日、えらい目に遭いましたから回線は。
らしいですねぇ。
もし生放送できるんだったらしたいですねぇ、これは。
生でしたいっ!
生でしたい!そうです!その通りでございます。
あともう一個。これ、次の映像をまだどこにも出してない。ツイッターにも出してない。
あれ? また誰かピンポン来た?
これでピンポン来たらHYDEさんの部屋でも僕の部屋でのないってことになりますよ。


・・・・・・・・ルームサービスでした!
HYDEさん、ダメですよ~~、いろいろ頼んじゃぁ~~。
笑 すみません。
今からご飯?
びっくりしちゃった。
いや、出てもらえばよかったですね、ゲストでね。
はは、いらっさい(笑)



niko17_20131013193247555.jpg
昨日は結構3時、4時くらいまで呑んでましたよね?
そうですよ。今までちょっと控えてたんでね。調子悪かったんでね。
最終日だから。ちょっと昨日はってことで。
そうなんですよ。
美味しいお酒もいっぱいごちそうになりました。
これ、ワイングラス片手なんですよ~~。
ほんとら~。これ昨日の3時くらいですかね?
もうもうベロベロん時ですよこれ~。向かいにはju-kenさんも有松さんもみんな居ましたよ~。
あ~、そうなんだぁ~。


でも安心したでしょ? HYDEさんもう全然元気ですから。
この後のハロウィンパーティーに向けて今もう準備してて。もう頭の中、そっちにシフトしてますからね。
帰ったらすぐってなりますけども。見応えや見どころみたいなところもちょっと言える範囲で。
チケットは完売してしまっているんでアレなんですけど。
なんの?
ハロウィンパーティーなんですけど。
あぁ、ハロウィンね。ハロウィンはやっぱりね、なんて言うんでしょうかねぇ~。
みんなでワイワイする感じがいいんじゃないんですかね?

ライヴが始まる前から楽しめる。
そう。お昼からずっと屋台も出てますしね。
みんなの仮装自体も面白いし。カラオケとかもやってるし、今回はダンスもね。CDについてまして。みんなにやってもらおうかなと。

コンテストとかも時間がある時は観てましたもんね、楽屋から。
そうですよ、結構仕事が多いんですよ。そんなかでね、一番いい子を選んだりするんですよ。
そうなんですよね~。次のライヴの本番のスタンバイもあるけど・・・・
そう(笑)
審査のほうもやってるっていう(笑)
一人何役もやってるハロウィンパーティーのHYDEさんですから、是非みなさんも見に来てもらいたいと思います。
で、その日が終わってジャカルタ、アメリカってなりますけど、今日でも実はね、帰れるのか?って話にもなってるんですよ。
マジで?
日本は今台風がこれから直撃する勢いで。
まじかよ~。
しかもその台風の影響で、30度あるそうです。
ん? どゆこと?
JAPANがクソ暑いらしいです。
おかしくない、それ?
明日も28度っていう天気予報らしく。
へぇ~~~。


あ、ダンスはCDを購入してもらえるとそこに載ってるらしいですよ。
あ?台風がたぶん消えそう? 流石HYDEさん。
僕めちゃくちゃねぇ、いいんですよ。天気男。晴れ男なんですよねぇ。
じゃもう、帰れますね。
そうなんですよ。僕を避けていくんですよ、台風が。
(へぇ~~いいなぁ)
避けてどこに行ってるんでしょうね? それがちょっと気になります(笑)
いやぁ~、ここまでほんとにまさか突然出てくれるとは思ってなかったんで、ツイッターで呟いて半信半疑で観てくれたり、ニコニコで観てくれたりしてくれてる人は今日は本当にラッキーです。
ふ~~ん。
そうです、あのパソコンでやってたりあのミキサーでやったり・・・・HYDEさん興味津々じゃないですか。どうですか、お家に1台。
いや、僕鏡を観ただけですよ。
なんだ! どんだけ自分の顔、好きなのも~~~~。普段でも観てるでしょ~~。
笑 そうなんざます(笑)



今日はでもお洒落な眼鏡でね、ほんとにこれ。ちょっと、眼鏡だけでもね外していただいて、ここにちょっと軽くね。
あら? いいの?
すみませんね、今日は特別ですよ~~。こんな眼鏡を掛けてきてくれてたんですよ~。
(例のクルンクルン眼鏡です)
あ、そこにもカメラがあるのね?
はーい、戻しまぁ~~す。ということで、またね、HYDEさんの素敵なお姿はハロウィンパーティーで会うことができますから。
ではそろそろチェックアウトの時間も近づいてきて、今度は飛行機のチェックインも・・・・
マジですか!
えぇ、なんてったってまだバスローブですから。着替えてもいないので。このままエアポートは流石に(笑)
いくらなんでもと思いますから。
びっくりしちゃったわ。



では最後に皆さんにメッセージをいただければ。ライヴビューイングを見終わった皆さんもいらっしゃいますので、お願いします。

はい。え~~っと、そうなんすよ、僕ね、今回ちょっと調子悪かったりしてね、あの、みんなにご心配を掛けたかと思うんですけど。
あの~~、なんとかね、昨日、いいライヴが出来て、よかったなと思います。
あの、これもね、皆さんのお陰でございますぅ~~~~。

niko18_20131013193247d33.jpg
皆さんがね、日本で応援してくれるから、VAMPSさんはね、羽ばたけるのですよ~~~。
おっほっほっほっほっほ~。


今吹き替えでお送りいたしました(笑) HYDEさんにも付き合っていただきました。
たぶんHYDEさん寝てないんで、若干テンションが変だと思いますけれど、生放送の醍醐味ということで。
こんなにほんとに緩い形でトークに出てもらったのは凄く貴重でした。
ほんとにありがとうございました。

ありがとうございます。

それでは気をつけて帰っていただいて、また日本で素敵な勇姿を見せてください。
本当にヨーロパツアーお疲れ様でした。
失礼しま~す。

HYDEさんでした。ありがと~。
どぉもぉ~。
ほんとにバスローブで帰ってく。あ、白いスリッパも履いてる。
あぁ、危ない危ない、映像映っちゃう!
ありがとうございました~~。



ということで、その後いきなり見きれたバスローブいど。
niko19_201310131932463db.jpg

niko20_20131013193246137.jpg

niko21_20131013193245b28.jpg


えぇぇぇー!危ない危ない! 今後ろちょっと映った?今?
背中映ったって背中! 背中映ったてHYDEさん!
お茶目すぎるわもう~~。びっくりした。
そりゃそう、HYDEさんの部屋だからしょうがないよね。

ということで皆さん、またいつの日かこういうサプライズがあるかもしれませんから、そのためにもニコラジ、やまちゃんねるもチェックするんですよ~。
今完全に映ったね。間違いなく背中OAされてたね(笑)


ということでした~。
ジャカルタ・LOS・NYもニコラジ、やまちゃんねるから目が離せませんね!
やまちゃん期待してます!
【2013/10/13 19:47 】 | ラジオでHYDE | コメント(4) | トラックバック(0) |
K.A.Zさん、お誕生日だ!
人なんて生まれた瞬間から汚れていくものでしょう?
どんな聖人君子でも、この世で生きていく以上汚れていく。

でも魂は枯れさせないように。
花は枯れるけど。

K.A.Zさん、お誕生日おめでとうございます。
いつまでも瑞々しい魂でいてください。
【2013/10/11 07:01 】 | K.A.Zくん | コメント(0) | トラックバック(0) |
CDTVのツボ
そういえばCDTV忘れてましたよ。
セットが豪華でしたね~~。 「DEVIL SIDE」にピッタリでした。
そして、曲紹介するHYDEちゃんが女優ライト当たってる女優さんみたいだったな。

ということで、いまさらですけどよろしかったら。



cd1.jpg
CDTVをご覧の皆さん、こんばんは、VAMPSです。
9月の25日にデジタルシングル「DEVIL SIDE」が発売になりました。

cd2.jpg
この曲はVAMPSのあんなとこやこんなとこのね、イイところがね、詰まってるような曲なんでね。
是非聴いてもらいたいなと思います。
それでは聴いてください! どうぞっ!

(高速瞬きが2回くらい続いて、その流れでどうしてもウインクしちゃうHYDEちゃんが可愛い)

cd3.jpg
フンガフフ
(仲良く笑う二人。コメント省略中に何があったのか知りたいですね)


ということで、お歌スタート。


cd4.jpg
思いがけずセットが豪華でびっくりです。


cd5.jpg
カメラの切り替えが細かすぎて目が回りそうでしたけど、
その分他面もよく映ってました。 JINちゃんがJIN様だった・・・・・・
誰?この澁いおぢさま。


cd6.jpg
まぁ、こういう流し目が色っぽいのがハイタンです。
お歌、可も無く不可も無くツッコミどころもなく安定~~~。


cd7.jpg
でもK.A.Zさんのギター弾いてる姿はCDTVがクールでしたね~。
感情丸出しなJuーさんと比べて、K.A.Zさんのこの平然と無表情に弾く姿に私は惹かれるんだなと。
そして時々白目になってるの観ると腰にきますよ、まったく。
けど、kenちゃんのトランス状態も大好物です。
Juーさんの吠えて噛み付くようなプレイも好きですけど。ギター小僧っぽくって気持ちいい、可愛い。

cd8.jpg
で、HYDEちゃん。
マンマ、アレ買って買ってーにしか観えないんですけど、
しっかりマイクくるりんしてて、HYDEちゃんのマイクくるりんが好きな私はどうしたらいいんだろう。
(床ごろりんします)


cd9.jpg
終了! お疲れさまです!
じゃーJu-ken、綺麗な花びら集めて俺のバスタブ入れといてみたいな。
この花弁も作りものなんでしょうか? 本物踏んじゃったら滑ったりしますもんね?

そしてK.A.Zさんのサルエル姿が時々、オムツ臨界点のロンパース姿に観える。
無念。

【2013/10/06 14:10 】 | VAMPS | コメント(0) | トラックバック(0) |
VAMPSコメント@やまちゃんのベルリンリミッテッド F
え~~、途中で寝落ちしてVAMPSのコメントまでです。
よろしかったら。



2時の虹はHYDEさんでした。

H:VAMPSのHYDEがベルリンから2時をお知らせします
虹→XXX(ライヴバージョン)→CHASE(ライヴバージョン)


山:しかし電波が途切れたらあんなに嬉しそうにうちのAD高野がしゃべるわけか。
(ベルリン中継の電波状況が悪くて音声が途切れた場合は、東京FMからAD高野さんがやまちゃんに変わってお届けすることになっていて、途中やまちゃんの声がブツブツに途切れ始めたと思ったら、「ベルリンのやまちゃんに変わって私高野がお届けします。曲はVAMPSで「DEVIL SIDE」って超弾んだ声で喋ってました)

なんだこの番組は! 俺だってあれだぞ、VAMPSと食事に行きたかったんだぞっほんとうは!
そうでしょ?だけどね、ツイッターにはね、

「やまちゃんすごい」と。
「VAMPSとの食事を断ってまでこうやって生放送してまで今のこういう様子をお伝えしてくれるなんて・・・・・」って、
ほらぁーーー!
DJの鏡だよ!みんな言ってくれないから自分で言ってるけど!
今日はドイツベルリンからの生放送でできるかぎり、今ちょっと電波状況は悪いけど、これ正直不思議な話でね、最初はそんなに悪くなかったんだけど、ベルリンあんまりいい状況じゃないんだよね。

実はこの一週間の間にニコラジという僕のレギュラー番組も毎日放送しなくちゃいけなかったから、全世界いろんな箇所で放送してきたんだけど、ベルリンが一番大変でネットカフェ、ネカフェをちょっと貸し切りにして回線をね、まぁ言ってみりゃ・・・・金で買ってやったんだよね、回線を。
今悪い顔してるよ~。大和田乗務みたいな顔してるよ、俺。

そう、金で買ってやってね、それで昨日放送したんだけど。
今日もホテルからっていうことだからできるかぎり頑張ってね、生放送はしてみるけれど。

ヨーロッパのVAMPSツアーは何が凄いって、ツイッターとかで知ってる人はわかるかもしれませんが、写真撮影・ビデオ撮影がオッケーなの!
僕の場合はスタッフパスを頂いちゃったもんだから、なるべく最前線でいかに撮りまくって皆さんにお届けしようかっていうことで、それと同時にニコラジ、ニコニコ動画では今、ブログとマガジンでブロマガっていうのを不定期で発行するような、そういったブログをやっているんですよ。
それも実は僕、チャンネルを持ちまして。名前が「やまちゃんねる」っていうんですけど。
もちろん登録は無料なんですよ。有料会員になったりする場合もあったりするんですが、今回ここにVAMPSのライブレポート、こういったものの写真、その写真は全て無料で観れます。ブマガに今登録してくれますとそういったものも観れまして、ライブレポートもわかるようになっております。
更に月525円出してもいいなっていう人は、山田のコアなディープな、シモネタの相談がしたいとか、シモネタどころかシモの相談もしたいなとか、いろんな人の相談を受け付けるコーナーがあったりだとか、やまちゃんのファンクラブみたいな、会報誌みたいな感覚の「やまちゃんねる」動画も配信できたりする、これも同時に立ち上げたので、これと連動しながら毎日世界から生放送し、ユーザーとも触れ合い、出会い、今日も実はベルリン。
やっぱりね、行かなきゃっていうことで行ってきたんですよ。
どこ?って・・・・ベルリンったらそう、壁!
HYDEさんもK.A.Zさんも行ったっていうから、同じ場所に行きたいなっていうことで行ってきました。
凄かったよやっぱり。みんなに言うと格好悪いかもしれないけど、泣いちゃった、ベルリンの壁見たら。
こみ上げてくるものがあってさ。
同じ人間で線なんか引くにもおかしいなって思ったって、未だに戦争も終わんないしさ。紛争やそういったものも絶えないじゃない。
そういう歴史を垣間見れた気がして、もちろんその現場には居合わせていないんだけども、爪あとが生々しく残っててそれが凄く印象深くて、「俺達ちゃんと壁を越えられてるのかなぁ?」って。
もう一回頑張んなきゃいけないって世界でラジオで生放送で話してるけど、そういう力を貰ったから。

だからやまちゃん、帰ってこないからねっ!
そ、もうラジオの壁を越えたから。そりゃそうだよ。みんな壁をぶっ壊してってよ!
明日はどこでやってほしい? もう行くから。
そういう思いでやってきました。

昨日は東ドイツ・西ドイツの統合の日ということで、国民の祝日だったんですね。
昨日は本当に穏やかな一日で、誰も働かないの。タクシーも少ないの。
でも実はそこに、一番熱狂の渦として何が起きたかっていうと、VAMPSのベルリンの初ライブだという。
鎮まり買っている街中であのイベントっていうか、ライブハウスだけが大熱狂という。
もしかしたらHYDEさんもK.A.Zさんもね、わざとこの日を選んだの?っていうぐらい、凄く印象深い日になりました。

僕も、「統合の日」にライブが観れるっていう貴重な体験をしてもらって。
ベルリンのライブレポートはラジアンが終わってから上げるんで、ブロマガのほうでまたゆっくり見てもらいたいんですけど。

で、ライブの興奮冷めやらぬ中今日を迎えて、今日のお昼くらいにお二人には会いました。
昨日は夜一緒に打ち上げも行ってます。
呼んでもらって、「やまちゃんおいでよ~」っていうことで、一緒に食事もさせてもらって、今までのヨーロッパの話なんか聞きながら。
食べ物の写真とか僕昨日ツイッターで上げてたでしょ?結構ボリューミーで美味しいんだよね。
ドイツ料理、流石にビールで乾杯し、美味しかった。

ちょっと省略
・やまちゃんたちのホテルの暖房は効かなかった
・フロントに「暖房が効かない」と言ったら、ホテルの人達に「俺達は寒くない」と言われた
・修理してくれと頼んだら、本日ベルリンはドイツ統合の日だから休みだと言われた
・修理屋は朝来ると言ったが、昼になっても夜になっても来ないの出てきた
・今大至急でヒートテックを探している。ベルリンのどこかに売ってるのだろうか?
・ドイツはジャーマンイングリッシュで結構英語が通じる

・まさかたーちゃんのラジオが日本からドイツに届くとは思ってなかった

VAMPSの新情報についてツイッターでざわついてますけど、心配してる皆さんに言っておきますけど、僕は今日もメンバーには会ってます。昨日も一緒に食事もしております。
なのでそういった心配は本当に無用です。
正直言って海外なんて本当にいろんなことが起きるんです。フランスの時だって機材トラブルとかいろんなことがあって、リハーサルの時間だとかも押したりだとか、そのまま本番迎えたりだとか。
日本人が海外に行って公演するっていろんなことが起きますよ。
とういったものもチームワークだとか、いろんな関係性のある縁だとか、そういう力を持ってスタッフワークで乗り切るっていうのが世界への欠かせないパワー。


あ!今、な~~んと! 食事中のHYDEさんから連絡がありましたね!
さっき僕メールしたんですよ。食事誘ってもらったんだけど、今日はダメだって、行けないからせめて食事の写真だけでも頂戴って言ったら、今返事が来ました。

やまちゃん たべちゃった(笑)

笑 はいどさぁ~ん、写真、写真~~~~~。
ま、ラジオだからしょうがないけど。えぇっとね、「なんの料理を食べてんの?」って聞きました。
じゃ、問題にしましょうか。

今日は○○○料理です

でも、こういったメッセージが来てるところからでもわかりますけど、本当にメンバー間にそういった心配だとか、健康上だとかそういったものは本当に一切、なんともないので安心してもらって。

あれ?なんかまたメッセージ、HYDEさんから来た。

僕は食べちゃったけど、K.A.Zさんはちゃんと食べる前に写真を撮ってたみたいなんで、K.A.Zさんからメールが行くから待ってて。

じゃ、これは今日の3時過ぎにね(寝てました)

ここベルリンの場合は、フランスは凄くノリがいい感じだったんだけども、ベルリンは凄くゆったりとしたスピードから入っていくようなライブ構成みたいになってて、スローな感じがよかった、幻想的でね。
じわ~、じわ~っと温めていってオーディエンスと一体化するような感じって、すっごく大人なライブを観ているようで格好よくってね。もちろんお酒とかも呑めるからそういうステージでもあったんだけど。
ちょっと印象深かった曲をね、いこうかな。
みんな海外なのに英語の歌詞を覚えてきて歌って、みんなで気持よく揺れてるわけよ。それが凄く素敵で。
もちろんベルリンの時もそうだけど、ドイツ語でMCをしてるHYDEさんがさぁ、滑らない話並にさぁ、何かいう旅に「わぁーーー!!」ってなってさ。
その後夜一緒にご飯なったから「HYDEさん、何を言ったんだすか?」って聞いたらさ、

ひみつ♡

教えてくんないんだよ、またこれがぁ。みんなドイツ語頑張ろう!勉強して行こう!
凄いよね、世界各国の言語を覚えていってしゃべってMCで♡を掴むって素敵だよなぁ~。
じゃ、凄く印象的だったこの曲を掛けますから。
ベルリンでもベルリンっ子たちが熱狂してましたよぉ~。

MEMORIES



VAMPSインタビュー


メンバー今食事中なんですが、その前に録ったとれたてほやほやのお二人の声。
聴いてください。どうぞっ!


山:さ、ついにお待たせいたしました。VAMPS、HYDEさん、K.A.Zさんです。お願いしま~す。

失礼しまぁ~~~~~~す。

あら、ついに来てしまいました。山田ひさし、K.A.Zさんにあそこまで「来ちゃダメだよ」って言われても、K.A.Zさん、来ちゃった。
K.A.Zさん?

うん?

来ちゃった。

なんで来たの?

うん?やっぱ観たくて。 あの、K.A.Zさん? ラジオだからって原稿に絵を描くのやめてもらって・・・・・

うん、似顔絵描いてたの(笑)

・・・誰ですか?僕ですか?

そうです。(←即答)

笑 あれ?かたやこっちも? あれ?似顔絵だれですか?

H:やまちゃんです。

あれ? VAMPSはヨーロッパに絵を描きに来たわけじゃないですよね?

そうです。やっぱね、アートの場所だからね。

さすがぁ~。

うん。

あのぉ~、こうやってリラックスした雰囲気で今回のツアーを回っていると。

ま、K.A.Zくんの現代アートです。

かなりなんだかもう、抽象的で、かつ誰だからない。 やめてやめて、ラジオで説明がしづらいことしないで。
(何かやったな)

はい。

えっとこれ僕は後で写メを撮らせてもらいますから、いいですね?
サインも書いておきてください。 公開しますよ、これは。
HYDEさんもこれにサインを書いておいてくださいね。

ヤヴァイですね、それは。

実はそんな話をお伺いしにきたんじゃありません!
ここまで、スペイン・バルセロナ・フランス、パリ。そしてベルリン。ドイツの公演も終わり、いよいよロンドンだけとなりました。
この番組を聴いてる皆さんには、こうやってヨーロッパツアーの参加が出来ない人も多いので、まずはちょっとここまでの今までの一番印象深い思い出だったりとかを含めてまず聞いていきたいと。
思い出してみてください。まずはスペイン、バルセロナで美味しかったものは何?

おいしかったの?

うん。

ぱえりあ!

そしてK.A.Zさんは?

なんかこう・・・一口で食べれるやつ(笑)

ピンチョスみたいなやつね?(笑)
さ、それではライヴでの思い出としては一番印象深かったのは何?

スペイン?

はい。

スペインはどうだったけなぁ~~?

だって暖かかったでしょ、場所的には?

暖かかったですね。

暖かかったねぇ~。

20何度もあってねもう。

うん、情熱の国ってだけあってね、情熱的だったな。

やっぱお客さんにもそういう熱気が感じられた?

うん。

オーレィ!

お? びっくりしましたよ、今。いきなりレベルが・・・・

上げないでください? オーレィッ!

ほんとに言ってましたぁ?

言ってました。

当然ながら僕、バルセロナは行けなかったんですけど、MCはスペイン語?

オラ~。

わぉ! オラ!

パーン(テーブルを叩いて)
オラ! 

なんで今テーブルを叩いたんですか? イメージ?(笑)で、やっぱりあっちもオラと?

そう。

K.A.Zさんはどうだったんですか? オーディエンスの景色っていうのは?

毎回ね、凄い熱いんだよね。

やっぱりそうなの?

そう。みぃ~んなねぇ、こう、一緒に歌ったりとか、なんか反応がダイレクトですね。

やっぱりあんまりシャイな感じでもないんですね? すぐノってくれるというか。
一緒に応えてくれるという感じの。

うん。

で、まぁこれが終わりました。 次に行った場所が。おパリでございます。
はい、思い出してください。

おふらんす(フランス語っぽく無理して言っております)

え?それパリじゃないじゃないですか?

おふらんす

え?それもフランス語?

ぱはぁり(〃)

パ・パリですね? な・何かが喉に詰まってるわけじゃないですよね?

違いますよ。

またフランス語でMCして。

そう。 大変ですよ、も~。

パリっ子のイメージはどうでしたか?

おしゃれですね。

へ~、じゃもう、ライブに来るときから既に。

おしゃれ。

いろんな髪の色の子がこれまた。ね、僕も違和感ない感じで凄く嬉しかったです。

うん? ジャージ着て、来てなかった?

ん? うん、ジャージだった(笑)

ジャージだったね(笑)

なんでちゃんと見てくれてるんですか! そんなにおしゃれな服は持って行きませんから。
でも男の方も多かったですね、フランス? 結構男の子が多かった。

はい。

盛り上がってましたねぇ~。 曲で言えば、今回は言ってみれば海外盤ですから、詞が英語詞じゃないですか。
それでもヨーロッパの人たちは聴いてくれて、ああやって歌うんですね?

そうなんすよ。怖いなぁ~と思って。

いや、よくわかりますよ。日本で英語版で歌ってもそんなにね?そんなわかんねーんだろどうせって(笑)

そうそう、わかんねーだろ間違ってもって思ったら(笑)
・・・・・ここだとわかるとおもってぇ・・・・・・・・・わぁ~、こわぁ~と思ってぇ。

(はいどちゃん困惑)

今頃どうすんですか。もう世界版が出てんでるからぁ(笑)
でも確かにそうですよね。

そう。

そういった点ではちょっと違ったところにも神経が行きながら歌ってたってことですね?

はいはい。

歌詞間違うや何も。逆に、ヨーロッパに来ている日本のファンはあの・・・あんまり分からないっていう(笑)違いが。

そこは安心してます。

そうでしょ?

はい。

何かあったんですか? 例えば、僕聞きましたけど、パリとかではリハーサルが一瞬押すような。
やっぱり海外に行くとああいったアクシデントとかにも対応してライヴをやるしかない。

うん、そうですねぇ。やっぱりね、機材が、機材っていうかねぇ、環境が違うからトラブルもね。

やっぱりそれを逆にバネに変えてみたいなところでやらないと、そんなところで戸惑ってると。

うん、金には代えれません。

なんでそこ? 代えてそこは。

じゃ、代えます。

K.A.Zさん、軽く(笑) 僕が無理やり言ったみたいになるから(笑)
でもハラハラしなかったですか?3,40分くらい、ヘタしたら1時間くらいもしかしたらどうなるかっていうのは?

結構あんなこと初めてかなぁ~~。

やっぱそうですかぁ?

2時間以上押したかなぁ?

それでもちゃんとそこはねぇ、グッとリハを短くしてあとは本番を迎えようって感じで?

その分、あの、普段僕達1秒も遅れてやらないですから。東京でやってるのは。 

あ、VAMPSは。

その憩いでもう押すことはないです。

そうか、たとえそういったアクシデントがあっても本番はもう待ってくれてるお客さんがいるから。

そうです。

たしかに、ドンッでスタートしましたもんねぇ。

それは凄いなと僕も思いました。

いや、HYDEさんも凄いですよそこ。合わせて行かなきゃ大変なわけですからねぇ。

まぁまぁまぁ、それはなんとかなるんですけど、押すとね、帰れない人が出てくるし、途中で出ないといけなくなってしまう。押すこと自体はよく外タレとかもやってて。

ありますよね。

そうそうそう、僕、マイケル・ジャクソンに行った時2時間押しでしたからねぇ。
(私、マイケルが風邪引いて中止だった)

2時間ったらもう普通にひとつショーが終わってますからねぇ。

そう。でもそれによって観れない人がいるとねぇ・・・・・ロック的には格好いいかもしれないけど。

はい。

ファン的にはちょっとね、残念。

その優しさが嬉しいですよ、やっぱり。ギリギリで来てくれてる人もいっぱいいて。

そう。

僕もいろんなファンの方にインタビューをさせてもらいましたけど、やっぱりお客さん全部がフランスだからってパリっ子ってわけじゃないんですよね。いろんなところから来てるから、さっきHYDEさんが言うように、もう帰んなくちゃいけないとか、ギリギリのスケジュールでみんな集まってくれてるっていうのは聞きましたね。

そしてココです、ベルリン!
ベルリンっ子はどうでしたか? まさに昨日終わったばっかりの感想を聞きたいんですけど。

あんがいね、恥ずかしがり屋な人が多いんだなって思った。

これだからさっき言ってたスペインとはちょっと違って。

違うねぇ。

何が一番パッと思い浮かんだか?

こ~~、なんだろ? 目の前に行くと目を逸しちゃう子が居たりとか。

最前列で楽しんでるからよっぽど盛り上がってるのかと思ってK.A.Zさんがギターを弾きながら目をやると?

意外とね、こう、目、逸したりとかねぇ(笑)

でも言ってましたね。K.A.Zさんが見なくなると見てんですよね?

う、うん。

で、凄い視線を感じるから目線を・・・・・

行って見ると・・・・・・

ちょっとこうって・・・・・・

ツンデレってやつだ!
(なぜかすっごく嬉しそうな声で言ってます。「ツンデレ」って使ってみたかったんだろう)

余計K.A.Zさん、気になっちゃう(笑) あの子なんだよと(笑)
可愛い子もいっぱい居て、だからK.A.Zさんもちょいちょい気になってみるんだけど、目を逸らす。
でもそのシャイな感じから、スロースタートじゃないですけど、いい感じにじんわり温まってきてからは・・・・

脱がしていく感じですかね。

な・なんで?

んふ、ふ。 イメージ。

イメージ、あ! 確かに。

あ、でも俺言ったのおじさんだよ?

おじさんが目を逸らしたんなら、合わす必要ないじゃないですか!!!

はははははは~~~~~

でも、ほんとそうでした。HYDEさんが徐々に徐々にそういったシャイな子たちを音楽で開放してあげて。

そうそう。

後半は全然違いましたよね?

そうだねぇ~。

ステージで僕が楽しいなと思ったのは、やっぱり東京だとね、東京というか全国のZEPPだとすぐにSOLD OUTだし、ギュウギュウな状況だから、モッシュが嫌な人は後ろにっていっても移動できないじゃないですか。
これ、できるんですよねぇ!

うん。

少しそういう空間があって、後ろで呑めたりだとか、座って呑みながらゆっくり聴いてる子も居たり。

逆に言うとそういったオールスタンディングに慣れてるっぽいですよね。
日本はどうしても前にギュウギュウに行ってしまうけど、あ、みんなちゃんと隙間があるなぁと思って。


で、行きたい人にはすぐに譲ってくれて、どうぞってなるし。

あれ日本だとそれでもすぐにギュってなりますよね。

はい、なります。 ちょっとよけたら二度とそこには入れないしってなるんですよ。

うん、まぁねぇ。

これちょっと凄くいいなと思いました。
あとはやっぱりステージとお客さんとの距離が近い。むちゃくちゃ近い。
こんなもんなんですか、ヨーロッパツアーっていうのは?

う~ん、そうっすかねぇ?

だってもうほんとにそれこそ、すぐ、K.A.ZさんとかHYDEさんが手を差し伸べられるところだもんね!

10センチくらいのところにねぇ。

10センチっていったらもうほぼKISSですよ! ほぼほぼ、鼻が当たってます。

笑 ねぇ。

そんなに近くない!

じゃ、15センチくらい。
(変わらん! どーでもええわ!)

もっとですよ(笑) でも近いです。 ここでメーターいいます? 2M50くらい?

2Mくらい?

ほんと近くて。でもそれを喜んでる人が本当に多かったです。
さぁ、いよいよなんです、ここでロンドン! これが今回のヨーロッパツアーの一応最終地ということになりますけど。
今どんなイメージをお持ちになってますか?

そうですねぇ~、なんでしょう? ベッカムとかいますかねぇ?

お? 呼んじゃいますか?

呼んじゃおっかなぁ~~。

ベッカムが最前列にいたら目を逸らすんじゃないんですか?

こっちが目、逸しちゃう。

K.A.Zさん、ずっと前を向かないヴォーカルっておかしいですよね? 呼んでおいて。
デヴィッド・ベッカム確かにロンドンですね。 あとは? イメーでいうと? 
まぁ、UKロックなんて言葉があるくらいですから。

バス。 2階建てバスね。(唐突 たぶん話の流れ聞いてない)

え?乗りたいんですか? あれで登場じゃないですよね?
ちょっと恥ずかしいからやめてください。 今イメージしたでしょ?
後はなんでしょ?
時間があったら観たいなぁとか行きたい。 まぁHYDEさんは結構ロンドンっていったらちょいちょい行ってますから。
僕が兎に角実現したいのは、HYDEさんとHYDE PARKに行きたいです。

HYDE PARKね。

過去に一人で行ったことがあるらしいですが。

そうなんですよ。

今度は僕は一緒に行きたいです!

い~っぱい人がいそうだなぁと思ってね。

あ~、そっか。

逆にね。

もう張ってますよね? 絶対ね。

絶対張ってますよね。

だってHYDEさんのHYDE PARKでしょ?

はぁい。

HYDEさんの公園だもんね、あれ。

でもそう考えてみるとね、あの当時はレコーディングだけで来てたけど、こうやってライヴで来るとはねぇ。なかなかねぇ。来たいなとは思ってましたけど。

じゃそのね、淡く思っていたイメージ、目標じゃないですけど、そういうものが今回叶うっていう日でもあるんですねぇ。

そうですねぇ。

ロンドンっ子もいっぱい待ってるでしょうし、あと待ちきれず、ロンドンっ子も結構昨日ベルリンにも居たり。
じゃ、HYDEさんも一言頂いていいですか? 行けないリスナーの皆さんにメッセージを是非伝えてもらいたいんですけど。
今日もラジオを聴いてくれてて、ロンドンをイメージしてくれてると思います。

これはやっぱりねぇ、日本の人がいつも応援してくれてるから僕達がこういう所に来れるんであってね、それがなかったら何処にも行けませんからね。

確かに。

そうなんですよ。だから実はこの期間にもやっぱり僕達はみんなのね、お世話になってるっていうか。

う~ん、その想いを受け止めて今回ステージで。

だからやっぱりね、格好いいステージをやらないとみんなに顔向けできないんでね、ビシっとVAMPSの格好いいとこを魅せて、凱旋したなと思います。

あと同時に今回は、全国主要箇所でライヴビューイングもということなので、そういった点ではほんとにステージのお客さんだけじゃなく、宴席の向こうの沢山のVAMPSファンの前に向けてのパフォーマンス、素敵なショーを僕らも期待しておりますので、本日はどうもありがとうございました。
ではロンドン、気をつけて行ってらっしゃい!

行ってきま~~~す。

SBRR


録れたてほやほやというか、なんかお疲れ~~って感じのお二人でポヤポヤしてましたね。

というわけで、実はこの後寝落ちしてしまって無意識にラジオ切ってしまってました。
なので、ハロウィンジャンキーのHYDEヴァージョンとかやまちゃんがまたハロウィンパーティーの司会になったとか、事故ったたこ焼きカーがリスナーパワーでなんとかなりそうとかいうところは聴いてませーん。
録音も・・・・・・なぜか切ってたり(笑)

そして夢にVAMPSでなく、体育館並にデッカイ綾野剛と松坂桃李のシェアハウスに遊びに行って、最新インテリアをチェックした後、室内バスケコートで3人で遊びまくるという変な夢を観ました。
まぁ、いい夢っちゃいい夢ですよね。ロマンスの欠片もありませんでしたけど。
そしてバスケで私が二人をこてんぱにやっつけるという恐れ多いオチで、ファンの皆様ごめんなさいです。

6日のロンドンが中止になったんですねぇ。
まぁ、そしたら今度ロンドンで3日間くらいやれるようになったらええんや。
頑張れはいちゃん。


お返事

>無記名さん
やっぱり気になりましたか(笑)
はた迷惑な主張はやめていただきたいですね(爆)


【2013/10/05 20:49 】 | ラジオでHYDE | コメント(1) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。