FC2ブログ
伝説を目撃し損ねた今年のHALLOWEEN PARTY
HALLOWEEN PARTY 幕張3日目最終日に行ってまいりました。
お久しぶりです。
今年は例年に増してなんだかバタバタしております。
ここのところハロウィンの女装で伝説を更新していく男にはきっちり遭遇していたのに、
今年はまったく掠りませんでした。

まぁ、まずは26日。 
チケットを娘の分も併せて持っていたにもかかわらず、娘のお稽古事のやまれぬ事情により断念。
終わって幕張に行っても9:20頃に駅到着予定だったので、
そこから会場に向かってもあのバタリアンHYDEに会えたかどうか。
そして最後のセッションが始まったと思ったら会場出なくては終電に間に合わない予感だったので、
娘と泣く泣く諦めました。
幕張、幕張自体も遠いけど、駅からもまた遠い。 
東京着いてからも次の電車乗るまで500Mほど歩くんですよ~。
新幹線乗り場までも遠いしねぇ。 遠征する方も大変だと思う。
もうちょっとアクセスいいとことろでやってほしい。

で、その日がバタリアンHYDEで、しかもリターンズのものだったと知り、
正直、私はかなり落ちました。
りたーん
だって、コレでしょ?
『バタリアン』はゾンビ好きには外せません。
アホくさくてコメディタッチで個性豊かなゾンビキャラがうじゃうじゃ出てくるこのシリーズ。
その中でも一応シリアス路線を目指した3作目に出てくる彼女。
アホな彼氏のせいでアホな事故を起こし命を落とした挙句、
アホな彼氏にバタリアンにさせられてしまったのに、アホな彼氏が好きすぎて彼氏だけは食べられない。
人間とバタリアンの狭間で葛藤し、彼氏の前でバタリアンにならないよう、
正気を保つために自らの身体に釘を刺したりするドMシーン等々がなんかエロかったりするんだけど、
何があっても彼氏が一番という健気なキャラ設定のために人気を博したバタリアンちゃんです。
美人だったし。

HYDEさんのというよりも、私にとってB級ホラーの神JINちゃんの入れ知恵なんじゃないかと思ったりしてるんですが。
要するに、私にもお気に入りなキャラクターだったのですよ。
帰宅の電車の中で妄想が膨らむっていったらもう!
りたーんはいど ハロ26日HYDE
で、実際上がってきたバタリアンHYDEちゃんみたら「あれ?」だったんですけど、
やっぱり男にくびれを求めたらアカンですね。
が、特殊メイクは凄い~~~~。 お腹が素肌でないのがちと残念。
でもこの仮装でバックダンサーにゾンビがゾロゾロって、物凄い演出ですよね。
一日のためにゾンビ数名をメイクアップ。これは観たかったです。

K.A.Zさんはゾンビだったんですね。
ハロ26日カズ
やっぱり銀髪、似合う。



そして明けて27日。
まさかの連投女装。
というか、本来例年の最終日メニューでしょという感じだった27日。
水銀燈とかいうものが出現。
ハロ27日HYDE

神戸でこれの赤髪おかっぱが出たというのを聞いた時、
なんのことやらさっぱりわかりませんでしたよ。
もちろん頭に浮かんだのは「水銀灯」です。 水銀灯の仮装ってどんな?
その時の私の脳内の水銀灯HYDEをお見せできないのが残念です。
いやー、残念だなぁ。 これ凄かったんだけどなぁ。

その後も「水銀燈」については面倒くさくて検索もせずでしたが、
最近なんとなく実態がわかってきました。 なんか人形のコミック?アニメ?らしいですね。
正直に言いますと、それを知った時に「水銀燈」について知っていたHYDEさんに、娘と一緒にドン引きしました。

しかし、2次元を違和感なく3次元で再現できるのは、HYDEさんの特性ですね。
おまけに最近は、水銀党という団体から崇められてるそうで。
また伝説を一つ作ったのですね、御大。 毎年楽しませていただいております。
今度のHYDE48では、この水銀党員の票も入って、彼女(?)がかなり上位に食い込むことが予想されますね。


まぁ、そんなんで、私と相方松井さんが行った28日、HALLOWEEN PARTY最終日は、
HJOの口避けヴァンパイアハイタンだったわけです。
ハロ20121
こんなメイクでも可愛かった。

この日はスタンディングのEです。しかも2000番台。
なにも見えなかったですね。 モニターに頼るしかない。
モニターに映っていること以外は全くなにが起っているのかわかりません。
今までは最後尾ブロックや後方でも(そんな所でしか見た事ないんですけど)
ステージをなんとか観ることができたんですけれど、
今年はもう本当に、見事なまでに、な~~~~んにも見えませんよ。
セットの時計と月しか見えない。 
ちょっとコレでチケット代が同じって・・・・・と、初めて思いました。

そしてぶっちゃけBREAKERZのDAIGO君がミイラ男で登場するのをモニターで観た時には、
「はぁ~~、やっぱりかぁ~」感がハンパなかったですね。
それでもなんとかテンション保ち、
時々映るモニターの上にアンヨ揃えてお座りしてギター弾くAKI様にニヘニヘし、
タオル回して・・・・・あっという間にBREAKERZ終了でした。 はやっ!

DAIGO君、鼻の上の包帯は苦しくなったら取ってもいいと神からお許しが出ていると、
神戸と同じMCしながらも、それにウケてくれるお客さんを優しいと言ってました。


その後、思いのほか早い登場だったMAN WITH A MISSION登場です!
この日はMWAMを観ることが目的の大半を占めていました。
楽しかったです。 ここで汗だくです。
音楽に集中できます! なぜか!!
モニター観てもみんな同じ顔だからです!
しかも鼻から下を映すことは彼らにとってはNGなので、モニターには手元とか狼の耳とか、
どこ見てるかわからない目しかありません。
全体像を映すときはボヤ~~~とぼやけています。
集中でけるわこりは~~~~~。
NIRVANAのカバー曲、「 Smells Like Teen Spirit」もやってくれて大満足でした。


Acid Black Cherry
あの高いお帽子押さえながらドタドタ歩いてステージに出てきたAKI様が可愛かったです。
yasu君の半身骸骨男のメイクがハロウィンの世界にとてもマッチしてました。
yasu君の動きのキレが凄くて、あんなに精一杯歌って踊って汗だくになって・・・・そして画になる。
流石、はいたんの舎弟さん。

途中、AKIちゃんのほっぺにしつこいくらいちゅっちゅ・ちゅっちゅしてました。
大きなお口を開けて大喜びのAKIちゃんがこれまた可愛い。
そしてYUKIさんのギターを爪弾く細くて綺麗な手にも跪きながらちゅっちゅちゅっちゅ~~~~・・・
YUKIさんが屈み込み、見詰め合う二人からの危ない距離間にも盛り上がる場内。
終わった後に「かっこえぇ~なぁ、yasu君!!」と松井さんに叫んだんですけど、
松井さん、HYDEさん以外には興味を感じません(笑)


青木さんのステージ
これがカラオケコーナーの流れから始まり、とっても得した気分。
ラルクの曲を歌ってくれて、徳永さんや松山千春がラルクを歌ったらなんてこともやってくれて、
ひばりちゃんの「愛燦々」まで歌ってくれました。
なんて贅沢な時間!
最後にはyasu君の物まねを最近し始めたからと初披露。
これがまたソックリでどよめく場内!!
と思ったら、口パクでした~~~~というオチ。


そしてVAMPS
馬車で登場だったそうですが・・・・・えぇ、これもまた何も見えませんでした。
かろうじてモニターに映るHYDEさんと、K.A.Zさん。
そこからどうやって歌が始まったのかもわかりません。

ボサノバ調の「HALLOWEEN PARTY」。 あんな仮装したHYDEが歌うと不思議な感じ。
ハロ20122
こんなメイクでも美しいってどういうことなんでしょう?


「TROUBLE」の演出では、赤く目を光らせたHYDEさんが逆さ言葉のような変な呪文を唱えだすと
ステージ上の墓からゾクゾクとモンスターたちが這い上がってきてました。
ハロ20123

01.KYUKETSU
02.DEVIL SIDE
03.HALLOWEEN PARTY
04.HUNTINGU
05.ANGEL TRIP
06.TROBULE
07.SEX BLOOD ROCK N`ROLL


最後にHJO
うわさのアフリカゲーム。
ルール説明をする前にいきなりやりはじめ、いきなり間違えるハイタン。
上手にルールを説明できない(めんどくさがって)HYDEさんに代わり、
テキパキとルール説明をしてくれるyasu君でした。

そんな始まりだったので、ハイタンが間違えることを大いに期待していたのに、
初っ端間違えたのはAliで、KARAの「Mr.」を腰フリダンス付で歌わされるという罰ゲーム。
これを観たハイタンは「いやだ! 絶対いやだ!」と拒否してましたけれど、
みんなそれを期待してやって来てるのよ。
おまけに自分が打つリズム、簡単で単調で絶対に間違えなさそうなもの持ってくるし(せこい)
女装の願いが潰えた今、それくらいのサービスしろよ!と誰もが思っていたと思う。
が!次に間違えたのはAKIちゃんでした。AKIちゃん、空気嫁ー。可愛いからいいけど。
ハロ28日アフリカゲーム
(「AKI様罰ゲームー」の総ツッコミに、一人ついていけてないHYDEの画)
ちゃんとK.A.Zさんもバチ向けてるww

AKIちゃん、スカート翻しながら全速力でランウェイの先端まで走り(男丸出しだった)
カメラ前で座り込むと激しく土下バン!
そしてドスの効いた声で「X」熱唱。
「意外にうまい」とびっくりするyasu君でしたが、こちらもびっくりですよ。

なぜかAliのの腰フリも、AKI様の時のヘドバンも、ステージの端っこでDAIGO君も一緒にやってました。
その姿が映るたびに爆笑の場内。盛り上げ上手。
でも私はK.A.Zさんが観たいのよ。 太鼓叩いてる彼が観たいのよ。
ステージ観えないのよ。

結局間違えなさそうなハイタンだったので、気を利かせた山ちゃんが、
最後は全員でKARAの「Mr.」やりましょう!ということになり、全員でランウェイ出てきてくれたんですがね、
どうも後ろの方でモジモジしてる人が一人いましたよ。

DAIGO君にだったと思うんだけれど、前のほうへ押しやられ、
ランウェイの先端で腰フリダンス(笑) 顔、笑ってなかった、ぷぷぷ・・・・・!
yasu君にお洋服をたくし上げられ、DAIGO君には尻と尻を合わせながらKARAの腰フリ。
ここぞとばかりに二人からセクハラ受けるHYDE。

ステージへ引き上げるDAIGO君はなぜだかガッツポーズで、山ちゃんに、
「DAIGOはど~してガッツポーズしてんのかな? なんかやり遂げた男の背中だ」と言われていた。

しかしね、ここ、K.A.Zさんはどーしていたのかちっともわからない。
出演者が多すぎて、モニターに映りきらないんですよ。
ステージ観えないもんだからほんとに何が起っているのか分からない!
カメラの視点にイライラしましたね!!


その後HOJのメンバーとMWAMの紹介が始まったんですけど、
Sleep-fogged Blogさんがその辺りのやり取りから全て、とても詳しく上げてくださっています。

青木さんの、yasu君と小田(和正)さんの声は高くて出ないというのは意外でしたねぇ。
ひばりちゃんの声は出るのに?と思ったんだけど、
HYDEさんがyasu君の声について、
「でも貴方の声は癖のない素直な綺麗な声じゃないですか」
そう言った時に納得しました。 yasu君、照れてましたが。
そう言ったにもかかわらず、yasu君の声色の練習をしていたHYDEちゃん。
担ぎ上げられ、ひっこみがつかず、歌真似を披露せざるを得なくなったHYDEちゃん。
歌ったはいいが、yasu本人に止められる・・・・・・
私、いいもの聴いたのかな?
「あいっしてぇっるぅー あいっしってぇるよー」
歌う度にかけ離れていくっていうのもまた。


最後に全員で「HALLOWEEN PARTY」を歌う前に、
HYDEさんがBREKERZの「オーバーライト」を歌うということを、DAIGO君だけが知らないドッキリ企画。
前日はABCの「シャングリラ」の替え歌「ジャングルダー」だったそうで。
同じようにモニターにはDAIGO君のアップにテロップで「DAIGOだけ知らない。表情にご注目」が映ります。
案の定、本日の流れを一生懸命思い出している顔のDAIGO君が映ってました。
眉間に皺が寄っちゃって、唇がちょっとむ~~?と突き出ちゃってました。

イントロが始まって、HYDEさんが歌い出すと、その表情から破顔一笑。
マイクには入ってませんでしたけれど、モニターに映るDAIGO君の口元は、
「やべぇ~~。 俺、マジやべぇ~~~~」
そう言ってましたよ~~。
目も少し潤んでいました。

よかったねぇ、DAIGO君。 
憧れの人に自分の歌を目の前で歌ってもらえて。


そして全員で「HALLOWEEN PARTY」
ハロ20126
めっちゃ楽しそうですね(特に左の人)
こんな楽しそうだったんだ。


ハロ20127
恒例のキャンディー投げで終了のようでした。
いや、なにも見えてなかったから。 


それなりに楽しかったんですけれど、やっぱり最終日に女装で
「うぉ? うぉおおおおおおーーーーーーー!!!!!!!」
っていう盛り上がりが無かったのが寂しかったなぁ。
最終日にHJOっていう気持ち、分かるんですけどね。

せっかく会場行ったのに、モニターでしか様子が観えないっていうのも。
一度でいいから投げられるキャンディーの姿が分かるくらいのところでは観てみたいー。

周りにいた子が、「疎外感ハンパない」って呟いてましたね。
その時にはそれほど思わなかったんですが、
帰りの電車で前に座っていた子たちも同じようなこと言ってるのを聞いてしまって、
なんか自分的に気分が盛り上がらなかったのはそれかと思ってしまった。
遠くてもせめてステージが観えるくらいにはしてほしかったな。

いや、来年は仮装も早くから準備して(今年は使いまわしだった)、
ジジババと家人に嫌味言われてもめげずにもうちょっと早く来て、みんなと早くから楽しもう。
今年、そんな時間が取れなかったことも自分が盛り上がらなかった原因の一つだと思う。
来年、もっと楽しむぞー!!

スポンサーサイト



【2012/11/01 12:42 】 | HALLOWEEN LIVE 2012 | コメント(18) | トラックバック(1) |
| ホーム |