スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
いろいろと衝撃・・・・・
ラルクさん、紅白に出場決定なんですね!
夕方に友からメールいただいて知りました。

明日から期末試験で早めに学校から帰ってきていた息子に言ったら、

「どっちで? 紅? 白?」

って、聞かれた。
どっちでもイケるよね。


先日、携帯の充電ができていないことにあとちょっとで電池切れってところで気づき、
どうやらアダプターが悪くなっていて結局携帯の電源が落ちました。
夕方から翌日DOCOMOさんへ駆け込むまでの手持ち無沙汰さといったら半端なかった。
そしてアラームもなかったから寝坊までした。
もはや携帯なしでは生活に支障をきたすことに気づきました。

幸い携帯のアダプターを交換したら充電できたのでホッとしました。
HYDE部屋がスマフォ対応になってから新しくしたかったのでね。



携帯の次は私のノートPCがお亡くなりになりました。
電源が入りません。
メーカーに問い合わせたら、たぶん内部の問題だと・・・・・
先日からちょくちょく調子が悪かったので、そろそろ来るかなとは思っていたんですけれどね。
そんなことでこの2日間ほどPCに手間取っていたら



VAMPADDICTの更新すっかり忘れていました!
去年もやった。
今年もか・・・・・

そ・そうだ、ラルクさんの継続も12月にあるんだった。

なんだかもういろんなことが一度にきた感じであたふたしてます。

そんなんで、これからベストアーティストは観ます。


拍手お返事遅れていてすみません。
後ほど。
スポンサーサイト
【2011/11/30 23:56 】 | 日々 | コメント(4) | トラックバック(0) |
UK webマガジン HYDEインタビュー
ROENTGEN NIGHT 皆様、素敵な夜を過ごされたようですね。

私は来月に予定している物件の内覧会の準備と娘の高校説明会でドタバタしていて、
なんだか気づいたら終わっていました。
そしてBGMはQUEENNだったりして。


雪が降ったとか、本のことだとかは教えていただいたんですけれど、
行かれた方の大切な想いを綴ったレポを、
少し落ち着いてから丁寧に読ませていただこうと思っています。

胸の中に閉まっておきたいような思い出を、せっかくレポしてくださっているんですから、
一気にまとめて読んでしまうのももったいないような気がして、
時間を掛けて読ませていただきまーす。






さて、そんなドタバタの間にラフィールさんのところで知ったHYDEさんのインタビュー

以前、VAMPSさんのフランス公演をレポしてくださったCHIKAKOさんが訳してくださいました。
CHIKAKOさん、ありがとうございます~~~。
助かります。


ということで、UK WEB HYDEインタビュー 訳:CHIKAKOさん
どうぞ読んでみてください。

なかなかおもしろいインタビューです。






4月にUK初のライブを行うL’Arc-en-Ciel。
バンドの過去、現在、そして彼らの未来に何が待っているのか、ヴォーカルのhydeに聞いた

あなたがたは20年を共にし、様々な方法で自身の音楽やコンセプトを発展させてきました。
それでもまだやっていないと感じる事はありますか?
この先、どんな影響力や変化を期待できますか?

もうすでに沢山の事をやってきたと思います。
日本の音楽市場に関してなら、やり尽くしたんじゃないかな。
これからは海外を巡りたいですね。





(4月のライブは)イングランドで初めてのライブとなりますが、これまでイングランドに来たことはありますか?
一番楽しみにしていることは何ですか?

ソロアルバムのレコーディングの時、ロンドンにいました。毎日中華街に通ってましたね。
その時はまだロンドン・アイ(ミレニアムを記念してテムズ河沿いに建てられた観覧車)がなかったので、
今度は乗りたいと思います。





まだ訪れていない国の中で、ツアーで行ってみたい国は?

イタリア!
イタリア料理大好き!






マディソンスクエアガーデンで、メインアクトライブを行う日本人初のバンドとなるわけですが、
数多くの有名なミュージシャンが立ったのと同じステージでライブをするのは、素晴らしい栄誉でしょうね。

間違いなく大きな賭けだと思っています。
でももし僕達が成功したら、もっと沢山の日本のアーティスト達が、
海外に出ていく道しるべになるんじゃないかと思うんです。
これは僕達だけじゃなく、全ての日本のミュージシャンやアーティスト達の夢なんです。






歌のインスピレーションはどこで得るんですか?

僕の曲作りは独特で、イメージというか、
むしろもっと漠然とした雰囲気を掴もうとするところから始めます。
例えば、すごく暗くて速い曲、そこから始めるとすると、
その曲の持つ雰囲気から歌を載せていくんです。それが納得いくものならね。
歌詞はかなり視覚的で、曲を聴いたときに見える画像を元にして歌詞を書いています。






(困難を)乗り越え、より多くの海外のオーディエンスを持つためには、
日本のバンドにとって主な障害となるものは何だと思いますか?

間違いなく言葉の問題はありますね。でもそれだけじゃなく、音楽的なこともあります。
日本のバンドは、世界のトップアーティスト達と張り合って行けるだけの音楽を作らないといけない。
例えば、イギリスの人達がもっと広い心を持つことも必要ですね。
イギリスやアメリカの音楽だけじゃなく、他の国の音楽も聴くようなね。






バンドが共にした20年を振り返ると、どんな感じですか?
以前にもまして強くなったと思いますか?
より密接な関係になったかもしれませんね。

お互いにどうやって接すればいいのかっていうのは、確実に若い頃に身に付きましたね。
わりとお互いにイライラしあったりもするんだけど、でもどうすればいいかわかってるから、
バンドとして働くのがやり易くなりました。






レアもの揃いのP’UNK-EN-CIELはもうやめてしまうんですか?それともアルバムを作りたいと思いますか?

ないでしょうね!・・・(キッパリ言った)





最近リリースされた「Twenity 2000-2010」の中で「I Love Rock and Roll」をカバーされました。
なぜこの曲をカバーしようと選んだのですか?
ただ単にRock’n Rollがお好きなだけ?

ん~、たぶんみんなで一緒に、英語で歌える歌を探していたんだと思います。
この曲は日本人でも歌える理想的な歌だからね。
だからたぶんそういう理由で、メンバーの一人が提案したんですね。





長年にわたり、自身のアイコニックな音楽スタイルを維持しているにもかかわらず、
最新のミュージックシーンに留まっています。
今日までバンドが進化し続けてきたことを、どのようにお考えですか?

実際のところ、バンドの中でバンドとしての進化を遂げていたかどうかを言うのは難しいですね。
昔はみんな、深く考える事もなく、かなり自由に曲を作っていたんですよ。
でも今は曲を書くときは、みんなもっと考えてますね。
だから最近は、変な曲を持ってくることもそんなにないです。





長年、メンバー全員が別のサイドプロジェクトを行っています。
各自のソロプロジェクト後にバンドに戻ってきた時に、
それぞれの経験がどのように活かされていると思いますか?

確実に影響してますね。それぞれが違うことをやってきたからだろうね、きっと。バンドが更に成長して、進化する助けにもなってます。バンドの中にずっといるよりもね。
そして自分達自身に立ち返って、新たな気持ちでバンドに戻ってくることができるんです。
そうしてバンドは、もっともっと進化していく。
例えば、僕は以前はそれほど歌うことが好きじゃなかったんだよね。
でもソロプロジェクト後は、歌うことが本当に好きなんだ。
それから、歌い手としても前進したし成長したと感じてます。
今、自分はすごく良いヴォーカリストだと思うよ。







ニューアルバムのリリースはいつ頃か、ヒントはありますか?

まだ決まったプランはないんですよ。でも来年のいつかだろうね。






シングル「xxx」がこの程Ganshin recordsのデジタルダウンロードによりヨーロッパでリリースされました。
今のところ素晴らしい反響ですよ。最高ですね!

すごく嬉しいです。
実はこれ、英語バージョンもあるんですよ。
もしかしたらいつか、みんなに聴いてもらうことができるかもね。






ツアー後の予定は?

まだ何も決まってません。






イギリスのファンにメッセージはありますか?

僕は沢山のUKミュージックを聴いて育ってきました。僕のルーツですね。
だから、尊敬してやまない彼らの国でライブができるのが、本当に嬉しいです。
最高にエキサイティングなライブにしたいと思うので、
ぜひみんな会場に足を運んで、楽しんでいってください!


以上です。






ツアー後はVAMPSじゃないのかな?
まだなにも決まってないって、またまた突然すぎるスケジュールはいやですよ~。

「XXX」やらアルバムのことやら小出しに出してきましたね。
CHIKAKOさん、どうもありがとうございました!!

【2011/11/27 23:56 】 | HYDE | コメント(10) | トラックバック(0) |
『CHASE』ジャケットはギリシャ神話?
「CHASE」のジャケット素敵ですね。
ラルクさんのロゴが昔っぽいのですけど、こちらのほうがこのジャケットには合ってます。
半狼とニンフ?
chase2.jpg

半狼も彼女を捕って喰らうという雰囲気ではなくて、
彼女を支える指や腕にはむしろ彼女への慈しみを感じるくらいに柔らかに描かれてます。
chase1.jpg
彼女は半狼に抗おうともせず、その身を完全に預けています。
その虹色の髪やドレスは半狼にまとわりつき、まるで一体になろうとしているようにも見えます。

私の見間違いでなければ、半狼の背中が腐食し背骨が見えかけているように見えるんですけど。
目の錯覚でしょうか。
そして半狼は何かを悟ったような、覚悟しているような表情をしています。





「CHASE」のPVが「天地創造」をテーマにしていると聞いたとき、
これはギリシャ神話のイメージが強かったのですが、
「CHASE」のPVで監督をされた東 弘明さんという方、
くーちゃんのPVや
http://twitter.com/#!/hiroakihigashi/status/103835300404539392
AKBのPJのCMの演出なんかしていらっしゃる方なんですね。
http://twitter.com/#!/hiroakihigashi/status/105605070778941441
全然知らなかった。


「CHASE」のPVについても少し触れていらしゃいます。
http://twitter.com/#!/hiroakihigashi/status/115511838359293954
http://twitter.com/#!/hiroakihigashi/status/134142594681798656
http://twitter.com/#!/hiroakihigashi/status/134143786199683072
なんか凄いんだということは分かるんですけれど、
何がどんだけどう凄いんだということがはっきりわかりませんよ、私は。



で、PVの「天地創造」というテーマなんですけれど、
旧約とギリシャ神話の天地創造って似てるようで似てないんですね。
もっともポピュラーなギリシャ神話の天地創造のお話だと、
はじまりはカオス(混沌)からで、神よりこのカオスのほうが先なんですけれど、
旧約だとカオスを創ったのも神なんです。
(じゃー神はどうやって生まれたんだっちゅー話になるんですけど)

そしてカオスは大地ガイア・冥府タイタロス・愛エロスを産み、
そこからどんどこ神が派生していくというわけです。
そしてどの神もものすごく人間臭かったりするので、
ギリシャ神話はまた旧約とはまた違ったおもしろさがあります。


さて、ジャケットの半狼なんですが、
ギリシャ神話で半狼というと思い出すのがアルカディアのリュカオン王。
彼には美しいカリオンという一人娘がいました。
面倒くさいので話しをはしょると、
リュカオンの娘カリオンはゼウスに見初められてカリストという子供を産んじゃって、
それに本妻が怒ってカリオンは醜い熊に変身させられてしまいます。
この熊になたカリオンの姿が後の大熊座です。

リュカオンには他に50人の息子がいたのですが、
これがまた父親のリュカオンにいずれ劣らぬ暴君揃い。
アルカディアの民を苦しめ続けていました。

その様子をうかがいにゼウスがその身を隠してアルカディアに訪れると、
神々しいゼウスの姿に「もしかしてゼウスかも?」と疑念を抱きながらも、
ゼウスを試すがごとく、彼への料理に殺したカリストの肉を混ぜて出してしまうんです。
カリストっていったら話の流れ的にはゼウスの子供ですよ。

なんという神をも恐れぬ大胆不敵な行為。
神に対する挑戦とも受け取れかねないですよね。

当然ゼウスさんにその肉が誰のものであるか見抜けぬはずはありません。
怒りますわな。

怒ってリュカオン・50人の子供・家来たちを天空から最大の武器雷電をぶっ放し、
アルカディアやリュカオン王の宮殿をめったくたにしたあげく、
子供たちは皆殺しにし、リュカオン王を狼にしてしまうんですよ。 
キリスト教でも狼は悪魔の化身とされていますが、
神を畏れぬ浅はかな人間のなれの果てといったところでしょうか。

因みに、ゼウスの最大の武器雷電を与えたのは、
おでこの真ん中にでっかい目の玉が一つだけつている巨神族キクロペです。


東 弘明監督、ツイッターでは原発のことについてもかなり心を痛めていらっしゃったので、
PVには神への啓示として、もしかしたらそういう意味も含まれているかもしれません。

【2011/11/24 23:59 】 | ラルクあれこれ | コメント(2) | トラックバック(0) |
MUCCメンバーがしたいコスプレ JACK IN THE RADIO 11月16日
すみません、私のヲタク活動用のPCの調子が悪くて、
なかなかラジオ起こしができませんでした。

もう明日はMUCCさんのニューシングルリリースーですねぇ。


そんなんでよろしかったら。
read more...
【2011/11/22 23:00 】 | JACK IN THE RADIO | コメント(0) | トラックバック(0) |
ごきげんようにう~たん 2日目・3日目
「ごきげんよう」2日目

トーク前に本日は『小さな願いごきげん絵馬』といって、
小さな願いをゲストの方たちに絵で書いてもらうというコーナー。

うーたんは「コート」の絵を描いてました。


う:狙っていたコートがまだお店に残ってますようにっていう意味です。
私、買い物をするのに優柔不断で、2週間くらい買うのに時間が掛かるんですよ。

小:それは「いいなぁ」と思ってても衝動買いとかはしないんだ。
う:はい、しないんです。
一回お家に帰って、この服とこのコートは合うのかって一瞬間以上考えるんです。
本当に必要なのかってず~~っと。

小:あぁ、偉いなぁ~。
う:いえいえいえいえ。
小:今ご自分が持っている、手持ちの服に合うかどうか?
う:はい。
小:買っても着ないかもしんないぞと?
う:そうなんです。
小:あ~、慎重ですねぇ。
う:で、朝起きて、本当に彼のことを、コートのことを・・・・・
小:彼のこと?
う:はははは~、覚えてたら買おう!ってしてると、お店から売れちゃうんです。
小:でも逆に売れちゃうと欲しくなったりしませんか?
う:そうなんですね。 「あぁあぁあぁ~~~~~!」ってなるんです。
小:今それじゃあ迷ってるのがあるんですね?
う:そうなんです。 今実際モヤモヤしてるんでうす。

小:旦那さんとかは、「買っちゃえばいいじゃないか」とかは言わないんですか?
う:あ~、でもあんまり言われないですねぇ。
「まぁ~た悩んでらぁ~」みたいな。

小:でも女性としては慎重だなぁと思うよね?
う:ほんどですかぁ?
小:欲しいと買っちゃうよね?
(うんうんと頷くギャラリー)


そんなんで今日のおやつコーナーは「ゆずカステラ」

う:うわぁ~~~、ゆずぅ~~~~。 おいしそうぉ~~~~~。ゆずがふわっとぉ。

昨日のブドウより断然いい反応してました。
カステラ、たぶん好物。 ちなみに男性陣の反応は静かなもんでした。



トーク内容

出たサイコロの目は「忘れられない話」


う:私もデビューした時11歳だったんです。
11歳で15年目になるんですけど、芸能界。
その時に地元が千葉だったんですけれども、ちょっと仕事に通い辛いということで、
事務所の寮に入った時の話なんですけれども。

小:結婚するまでその寮にいたっていうね?
う:そうなんです。 結婚前までいたんです。
で、その事務所の寮が、凄い規則が厳しくて有名なんです。

小:料理もしちゃいけないし。
う:そうなんです。 で、まず夜の11時し過ぎに部屋の窓を開けると、警報機がなるんです。
あの、脱走人がいるんです。



小:あ! 厳しいから?
う:はい。 ま、そういう人はいないと思うんですけれど、
まぁ、セキュリティの問題みたいなことで。

小:後で外に遊びに行くとか。
う:そうですね。
小:門限もあるんでしょ?
う:門限も10時です。
小:あ、10時だから11時はダメだよね?
う:そうです。

小:部屋は何畳くらい?
う:う~~~ん・・・・
小:二部屋とか?
う:いえ、一部屋です。 6畳? 5畳? 何畳なのか何センチなのか分からない。

(何センチ? どう返していいのか分からず、小堺さんも頭を抱える)

小:ベッドがあるだけですね、じゃぁ。 いわゆるワンルーム。
う:あ、ワンルームですけど、トイレと顔を洗うところはついているんですけど、お風呂は共同なんですよ。
小:寮の共同のおっきいお風呂があるんですか?
う:はい。 一人ひと部屋なんですけども。
小:個室ね。

う:で、お風呂はですね、一人30分なんですよ。
小:時間制?
う:はい。 で、一人で入らないといけないんです。
一緒に入ったりすると怒られるんです。 で、結構シャンプーとかも自分のシャンプーを使わないといけなくて。

小:マイシャンプー?
う:そうなんです。 だからなんでしょう。 洗面器に入れておくんですよ。 
洗面器にシャンプーを入れて、名札をつけて、「酒井」ってならんでるんですよ。

小:それは自分の部屋に置いておくんじゃないの? 誰か勝手に使うかもしれないって?
う:そうなんです。 階段のところを占領するんです。 順番取りみたいに。
で、30分であがらなきゃいけないんで、でもその30分で入るっていう癖がなかなか取れなくてですね。

小:あ、今度は逆にね!
う:はい、今でも30分であがっちゃうんですよ。
小:誰も急かしてなくても。
う:はい。
小:はぁ~~~~、可哀想ね、それ(笑)
う:そうなんです(笑) だから、寮の規則がまだまだ身体に染みついて。

小:門限は大丈夫でしょ?
う:門限は10時なんですけど、いまだにちょっと10時以降外に出るとドキドキするんですよ。



小:でも新鮮でいいね。 いつもドキドキして。
う:なんか、10時以降本当に出て怒られないかとか。
小:窓を開けちゃった・・・・
う:そうそう、11時以降あぁぁぁぁ~~~ってなったりするんです。
小:凄いね。 寮には何年いたんですか?
う:えっと、21歳までいたので、10年くらい。
小:あ、それは染みついちゃうなぁ。
う:はい。 で、寮長もやっていたので、古株になるんですよ。
小:怖かったんじゃないの? 結構寮長の時は。
う:いえいえ、全然ですよ~~~~。
小:31分ね、あなた。
う:いえいえいえ~(笑)


2日目はこんな感じでした。
部屋の大きさ何センチ?って、普通言わないようーたん(笑)
それ言うなら何平方メートルだね、間違っちゃったんだろうね。

私も実は女子寮に入っていたことがあったんだけれど、
そこは昭和20年代に建てられた個室に鍵もついていない(障子で仕切られていた)建物で、
2人が同時にドライヤー使うと電源落ちるようなところだった。
門限8時、消灯10時、起床5時。
起床は守ったけれど、門限なんかそんな建物だからどっからでも入れるし、出れるし、
消灯はまぁ、あってないようなものだったなぁ。
門限後には寮長によく懐中電灯で追っかけられました。
寮長、今どうしてるんだろう?






さて、「ごきげんよう」3日目に続きます。


トーク前の「号外! ごきげんスクープ」
ゲストに最近あったトップニュースを紹介してもらうコーナーだそうです。

うーたん・・・・・・・

「酒井彩名に別居疑惑!!」
というフリップ持って登場(ヲイ)

小:結婚して4年目?
う:はい、結婚して4年目なんですけど。
小:なんでこんなことになっちゃうの?
う:はい、私の実家で噂になってる話なんですけど。
小:実家で?

・・・・・・・・・・・・・

う:あ、実家の近所。
小:あ~、実家の近所でコレが噂になってる。
う:そうなんです。 私、パンを焼くお話をしたと・・・・・パンを自分でこねてケーキとかを焼くんですけれど。
それを実家によく持っていくんですね。

小:お土産で?
う:はい、お土産で。 
旦那さんが夕飯いらないよって言う時とか、すぐに実家に帰っちゃうんですよ。

小:なるほど、お仕事で今日はご飯いらないよっていう時は。
う:はい、いらないよっていうときは、じゃぁおばあちゃんの顔を観がてら行こうかなって。
小:あぁ、いいことですよね、でも。
う:でも行くと近所の人が、なんか毎日彩名ちゃん帰ってきてるわみたいな。
小:また来てるわ!
う:また実家来てるわよ。
小;なんかあったんじゃないの? 喧嘩してんじゃないの?
う:そうなんです。 
小:まわりのね。 チュンチュン雀が五月蠅いのね~~。
う:そうなんですぅ~~~~~。
小:心配してくれてるんでしょうね? でもお母さんなんかは「違うのよ」って。
う:そうなんです。
小:じゃ、ご近所にも配っちゃったら?
う:あっ! そうですね!!! そうすれば信じてもらえるんですね。
小:で、今度はもっと来てよっていうことになるんでしょ?
う:あはははは! 大変なことに・・・・・・
小:もうこっちに住んじゃえばいいのにって。
はい、皆さんそういうことなのでね。 じゃ、ご近所のパンもよろしく。
う:はい(笑)

(いや、うーたんがパン持ってきてくれるならウエルカムですよ)


本日のおやつは「みそピーナツ」
先日のような喰いつきはなかったうーたん(笑)
「おいしい」とは言ってたけれど。



トーク内容

彩名ちゃん、「当り目」出してました。
(サイコロの目に「当たり」というのがあって、これを出すとゲストと観覧車と視聴者にライオン商品が貰える)

で、今日の当たり目のトーク内容は、「COROZOクエスチョン」
(COROZOというのは「ごきげんよう」のライオンちゃんじゃなくロボットみたいなキャラクター)

KOROZO=C

C:一見様が聞けないことを次々聞きます。 質問ロボットCOROZOです。
小:このごろ毒舌が凄いって言われてるね。
C:結婚生活もうすぐ4年。 今でもらぶら~ぶな結婚生活をしている酒井 彩名ちゅわぁん。
う:はい。

C:彩名ちゃんのご主人はあの人気ロックバンド、ラルク アン シェルのTETSUYAさんですが、
「いってらっしゃいのちゅー」とか「おやすみのちゅー」とか「いってらっしゃいのちゅー」とかしてらっしゃるんですかちゅー。

(COROZOーーーーー)

う:なぁにを聞くんですかね?
小:たぶん興味があるんでしょうね。
う:そうですか。 う~~~ん、ご想像にお任せします。
ごきげん1
小:想像してます。
物凄い想像してます。 口開いたまんまじゃん。 仕事仕事、仕事して。

C:続いての質問です。
(小堺さんや本日のゲストが「もう終わりか」 「話の展開はないのか」 「自分だけ満足か」のツッコミあり)
C:人形相手にムキにならないでよ~~~。
結婚会見の時、「彼と一緒にいると安心。 ずっと一緒にいたい」なんてことを言っていましたが、
4年もいると流石に「うざ~い~ うざ~い~」って思うこともあるんじゃないんですか?
小:どうですか?
う:あ~~~、どうなんですかねぇ~? うざいって思う事はないですねぇ。
小:ないですか。
う:はい。 でも最初の頃にすごく戸惑ったんです。
あの~私、前もお話したんですけど、寮暮らしをずっとしていたので。

小:11時にドアを開けると警報がなる寮だったので。
う:そうなんです。 なので、家の中にもうひとり人間がいるっていう・・・
小:あぁ~~、個室だったしね、寮は。
う:はい。
小:誰かがいるってことが?
う:はい! 考えられないっていうか!どうしたらいいのかわからなかったんです。
で、一人でなんか作業をしていて、後ろ通ったりするとびっくりしちゃうんです、凄い。
はぁ! びっくりしたっ!って

小:え? 旦那さん、びっくりしたって言われてびっくりしてるでしょ?
う:はい。 「うわ~~~~~!」って逆に。
小:でも新鮮な感じでいいなぁ。

二人しかいない家にいてなんでびっくりするのか分からん(笑)
びっくりするうーたんにびっくりするてったん。

なにやっとんじゃ!

C:キョーミねーーーーーーーー!!


小:さぁ、結婚4年目でもまだウキウキの酒井 彩名ちゃん。 ありがとうございました。
う:あっという間で、楽しかったです。
小:ご実家へもパンを持って帰ったりとか、まだまだワクワク楽しいことが。
う:そうですね。 まだまだ料理もね、ちゃんと作れるようにならないといけないので。
小:でも、時間がずれちゃってあまり二人っきりになれなかったりもするんじゃないんですか?
う:そうですね。 でも無理矢理一緒にいる時間を作ったり・・・・・
(ここがLION提供の宣伝文句と被ってしまって聴き取れませんでした~)


以上です~。

【2011/11/20 15:16 】 | 日々 | コメント(4) | トラックバック(0) |
限定ライヴとライヴビューイング
いや~、昨晩は女子バレーに精根使い果たしました。
あまり期待せずに観ていたのに、大声張り上げたうえに肩凝った。
アメリカに3-0で勝つなんて、誰も思っていなかったですよね。
こうなると競って負けた中国戦が悔やまれる。


さて、限定ライヴとライヴビューイングのお知らせ。
大阪最終のライヴビューイングはなんとなく誰しも予想していたと思いますけど、
行けないのかなぁ~と思っていた人(私も含めて)は嬉しいですね。

チケットは意外にあっさり取れました。
東京は激戦?と思っていたら、え?ってくらい。
生よりお手頃価格なので、娘連れて行けれます。
受検勉強の息抜きです。


でも、ビューイングって無理して都合つけたりしてきた方は、
ちょっと微妙というのが正直なところじゃないでしょうか。
特に海外から来られる方なんか、この円高に大変な思いしていらっしゃるんですからねぇ。
地元の映画館で見れるならそれで十分って方、多いと思うんですけど。
もちろんアーティストとの一体感を得られる生が一番なんですが!

しかし、これはワールドツアーもビューイングはしてくれると期待していいんですよね。



そしてFC限定ライヴ。
とってつけた感ある両日平日。
FC限定なのに公式より先にナタリーで情報を知る。

なんでするのか意味が分からん。

あるとしたらニューアルバムのリリースですかね? (そしてご新規さん獲得)
最悪2月22日(水)、横アリ初日なんてことないよね?
それ引っさげてワールドツアー。
新曲がライブ映えするかとか、ファンの反応なんかも知りたいでしょうしね。
でもFC限定だからきっと超レアな曲もやってくれるのかなぁ。

平日で横アリ、多くのFC会員は切り捨てられるライブということは確実。
これこそライヴビューイングして欲しいけれど、
これこそしたら限定の意味がない。
もう一度言う。
FCライブならなるべく沢山のFC会員が楽しめるものにしてよ。
FCライブなのに!!

会員数だけあれば、その中身は本当のファンだろうがだふ屋だろうが関係ないっで感じだよね。
ライヴに来るのは間違いなくファンだけど。

身分証の確認なんかもあるのかな?
横アリ規模でそれは大変だと思うけれど、
限定ライヴでそれしなかったら諸々意味ないよね~。


※なおさんからコメントで注意事項に
【ご持参いただくもの】を必ずお持ちください。不足があった場合はご参加いただけない場合がございます。
・LE-CIEL会員証
・写真付身分証明証(運転免許証・パスポート・住民基本台帳カード・学生証など1点)
※住民基本台帳カード・学生証は写真と本人の住所が確認できるもの。
合計2点

とありましたと教えていただきました。

あ、読んでなかったです。 すみません。
ということはあるってことですね~。

そうでないといろいろ「?」なことになりますものね。
なおさんありがとうございました。




ごきげんようとかMUCCさんの文字起こしはこの週末にしますね。



お返事

>rさん
放送されてないんですね。
喜んでいただけて良かったです。
ご丁寧にコメントくださいましてありがとうございました。
【2011/11/19 10:54 】 | ラルクあれこれ | コメント(6) | トラックバック(0) |
ごきげんようにう~たん
ん? なんかルシエル界隈が騒がしいですね。


さて、「ごきげんよう」のう~たんネタですからね。
いやんな方は下がらないでくださいね。





















番組案内にあった
夫悶絶! アイドル妻が作る不可思議料理
というのにドキドキしながら観た『ごきげんよう』

一体どんな料理作って食べさせたん?

そしたら、想像していた以上に酷かった(笑)

ということで起こしてあります。
よろしかったら。










まずは初っ端からでした。
本日のゲストがそれぞれ自分の座右の銘を紹介するのですが、

麻木さん、「複眼的に考えろ!」
物事を多角的に見てそこに真実を探れと駆け出しの頃猪瀬直樹さんに言われた言葉。
「自分が思うようにしか思わない。 見たいようにしか見ない」
と、小堺さんが受けて言ってました。

中原文雄さん、「よい仕事をする為にキツイ仕事がある」

うん、そうだ。
と、まぁ世間と仕事のしがらみをそれなりに通り過ぎてきたお二人から、
含蓄ある言葉が出てきたわけです。
当然期待しますね、うーたんの座右の銘。
(番組では「座右の」となっている)
で、うーたん、「ワイプの表情が大事」 by和田アキ子

本当に迷だった!
笑い取ってました。
絶対そんなつもりはなかったと思うんだけど。

デビューしたての頃、ワイプでぬかれたいならワイプの中でも表情豊かにしておけと教えてもらったそうです。
そうでないとカメラマンさんがスイッチしてくれないよと。
アッコは事務所の先輩だそうです。



トーク内容


1番手がうーたんで、サイコロの目は「とんでもない話」

うーたん=う
小堺さん=小
麻木さん=麻


う:あの~、私自信がとんでも無いなと思った話なんですけれども。
小堺:ご自分のことですか?
う:はい。 あの私、結婚してもう4年になるんですけど。
小:もう4年になるんですか?
う:そうなんです。 結婚したんです。
小:はい、結婚しましたね(笑)
う:はい、結婚したんです・・・・はははははぁ~。
(うーたんってもしかして天然ちゃん?)

う:あの、結婚のが22歳で結婚したんです。
小:ちなみにご主人は?
う:えっと、ご主人はラルクアンシエルのtetsuyaさんっていう。ベースを弾いている。
小:おぉ!
う:ミュージシャンの方なんですけど。
小:ミュージシャンの方なんですよ。(ギャラリーに向かって)


小:もう4年ですか?
う:そうなんですよ。 で、結婚した当初、私その1年前まで事務所の寮に入っていたんですよ。
で、事務所の寮はいろいろ、家事もしてはいけなかったりして厳しい寮だったんですよ。

小:え? 家事しちゃいけないの?
う:そうなんですよ。 火を使うと危ないみたいな。
小:火事になるから? ダジャレじゃなくて。
う:はい(笑) あと、怪我してしまうからダメみたいな感じだったんです。
小:あ~、タレントさんだからね。
う:そうなんです。
小:指とか怪我したりとかね。

う:それで寮を出て1年後に結婚してしまったので、まったくと言っていいほど料理ができなかったんです。
でも料理をしない奥さんっていうのはどうかな?と思いまして、あの~~、料理に初挑戦したんです。
小:結婚してからね?
う:結婚してから。
小:はい。

う:そしたらですね、私、初っ端から焦がしまして、材料を。
小:何を作ったんですか?
う:あ~、なんかもやしを炒めたんですね。

麻:えーー!! もやしってなかなか焦げませんよ!

う:焦がした以外に材料がなかったので、
そのまま出したんです、焦がしたまま。

(麻木さんのツッコミになんか負けない!)

小:あのすみません。 もやし・・・・だけですか?
う:はいっ!
小:野菜炒めとしてもやし・・・・
う:はい・・・・もやしだけ。
小:もやしをあの・・・・あ・油で炒めたんですか?
う:はい、もやしを・・・・炒めたんです。なんか醤油とかで味を・・・・・
小:醤油とかで味をつけて?
う:う・・・・・はい。
小:で、もやしだけ、もやしだけのもやし炒めの焦げたのを出した?
(容赦ない小堺)
う:出したんです。 ご飯と共に。

(初めての夫婦の食卓・・・・・・・・焦げたもやし炒めとご飯だけ)

小:初めてのね、夫婦の食卓ですよ。
う:そうです。 凄い喜んでくれたんですよ。
小:いいなぁ。

麻:それ、観た上で喜んでくれたの?
(流石、複眼的に物事を観るが座右の銘の人)

う:あの、料理を作るっていうことで、私が一生懸命料理を作ってくれるって。
麻:あぁ、その後ろ姿が頑張ってるなぁ~。
う:そうなんです。 よく頑張ってくれてって。
麻:あ~、楽しみだなぁ~。
小:あ、だから、女性には「私やだぁ~、外食にしてぇ~」とかっていう人がいるのに、
健気に頑張っているから喜んでくれた?
う:はい!
小:凄いなぁ~、この焦げかたぁ~~とか?

う:違います! 違います、違います(笑)
小:美味しいって?
う:いやもうなんか、登場した瞬間から笑顔から曇ちゃって。
小:作ってる時はニコニコしてたんだ。
麻:何がでるかな? 何が出るかな?
小:何がでるんだろう? こんなに時間が掛かってるんだからなぁ? 出たら曇ちゃった?
う:曇ちゃったんです。
でも一生懸命笑おうとしてるんですけど、ひきつってるんです顔が。

小:あー、わかるなぁ。

う:で、食べてくれたんですけど、「うん・・・お・・・おいしいよ」くらいで、
もう全部がひきつっちゃってるんです。

で、それから凄く悔しくてですね、料理ができないのが。 もう必死に勉強しましてですね、
毎週出ている料理本を買って、仕事の最中も観て、やっとできるっていうか、
まぁまぁ上達できるようになったんです。
小:もう4年ですから。 じゃ、レパートリーもかなり。
う:そうですね・・・・・・・今でもちょっと微妙ですけれども。



う:味見を私今までしたことがなかったんですよ。(真面目な顔で)
(小堺:床に倒れ込む)
麻:味見をするものだっていうこと自体が、最初はわからないから。
う:そうなんですよ。 最初わからなくって。
麻:一発勝負! だー! どうだ!みたいな?
う:そうなんです。 で、どうだっ!って出してたんです。
小:ジャーー(炒めるジェスチャー) はいっ!ってことね?
う:でも、やっとこの2年くらいで味見もするようになって。
小:2年で!?

小:じゃ、自分が作った中でもこれは私美味くできてるっていうのは?
う:あ~~~~・・・・・そうですねぇ・・・・・・なぁいかもしれないですね。

(再びコケる小堺)

う:いや、でもでもでも聞いてください! 最後にフォローさせてくださいっ!
それから凄く勉強してですね、パンとかケーキも作るようになりまして、パンの講師の資格を二つ取り。

小:2こ取った?
う:はい。 あと野菜ソムリエの資格も取りまして。
小:野菜ソムリエっていうのは、この野菜はこういう食べ方が合いますよとか、栄養素とか・・・・
う:はい、この4年でちゃんとできるようになりまして、で、
感謝してます旦那さんには。


小:じゃ、あんまり外食するより自分ちで食べるほうがいいんだ、旦那さんは。
う:そうですね。 なので頑張って家でつくるようにしています。




一日目はこんな感じでした。
うーたん、指輪してなかったですね。 ファンに気を遣ってるんでしょうね。

話を聞いたときは歳が離れてるから甘ったれる、甘やかされるんだろうななんて、
ややナナメに構えて見てましたけれどね。
てったんがツアーやらで不在の時は知らないけれど、
ブログ見ていると普通の主婦よりちゃんとご飯作ってると思うわ。


「旦那さんには感謝してます」って、
きっとてったんの仕事に対する姿勢等をうーたんはちゃんと見てるんだろうね。
だから料理やパン作りの勉強もマイナスからの出発(笑)だったけれどしたのだと思う。


しかし、うーたんって天然だわ。


拍手・コメントのお返事遅れていてすみません。
また後ほど。
【2011/11/17 14:14 】 | 日々 | コメント(4) | トラックバック(1) |
ZIP! L'Anniversary DVD 
今日は結構暇なんですよ、私。
昨日までに出さなきゃいけないメーカーさんへの書類やら原稿やら出しちゃったから。
今日はのんびりしてます。

いやぁ~~、ごきげんようのうーたんが
想像していた以上にひどかった!(笑)
笑いっぱなしでした。
これはまた後ほど。





さて、ZIPPEI目当てで録画待機していたらいきなり流れたそうで・・・・・
娘が録ってくれました。
なので最初が少し切れてますけど。

ブルースハープをほっぺ膨らまして吹く小リスちゃんがいました。
よろしかったら。





L'Arc~en~Ciel、最新ライヴDVD。
DVDには今年5月、二日間で十万人を動員した20周年ライブの模様を収録しています。

らにd1

らにd10


らにd11



先月発売された「XXX」は、オリコン初登場で1位。
らにd2


来月には映画『WILD 7』の主題歌となった新曲「CHASE」も発売。
らにd12


さらに来年、アジア・ヨーロッパ・アメリカなどを巡る世界ツアーも決定するなど、
らにd3

今なお進化し続けるモンスターバンドです。
らにd4

らにd5
(カメラ目線でウィンクしとりました)




そこでZIPは100人インタビューを実施!
らにd6
(このブルースハープを吹くハイタンがめっさ可愛かったです。 頬袋ぷっくらの小リス)


結成20周年記念、 
らにd7

大好きなL'Arc~en~Cielソング ベスト3を発表です!
らにd8
(ワイプの山口君が苦笑い)



第3位 READY STEADY GO(2004年)

最初に知ったのはアニメがきっかけなんですけど、
カラオケとかでも歌って、凄い盛り上がるので凄く好きです。(ファン)

2004年に発売された22作目のシングル「READY STEASY GO」が第3位。
2001年の活動休止から2年5カ月ぶりに発売されたこの曲は、
ファンの想い入れも強く、ライブで盛り上がる定番曲になっているんです。



第2位 虹(1997年)

ラルクの名前からしてシンボルじゃないですか。
凄く思い入れの深い曲ですね。(ファン)

らにd9
バンド名L'Arc~en~Cielはフランス語で「虹」
そのバンド名がタイトルになった曲が第2位に。
この曲は7作目にリリースしたシングルで、虹の色の数「7」とリンクするようになっています。



第1位 HONEY(1998年)

L'Arc~en~Cielと言ったら一番に思い浮かぶかな。
盛り上がるし、カラオケで絶対誰かしら歌うんで。(ファン)


桝アナ大喜び(笑)

現在までの作品の中で最大の売り上げを記録し、
初のミリオンセラーとなった曲「HONEY」
このシングルは「花葬」、「浸食」の2作と同時発売され、
当時前例のない3作同時発売ということでも話題になりました。




こんな感じでした。
7時台しか録れませんでしたけれど、6時台でもやったんでしょうか。

しかし、今でもいい曲をリリースし続けているというのに、
いつまでもベスト3がこの3曲というのもなんかラルクのイメージが固定してますね。

今は何もしなくてもCDが売れる時代じゃないんだから、
もっと目線を変えていかないといけないような気がしますね。

一日の間に必ず目にする嵐や「会いに行けれるアイドル」AKBのように、
今ってスターというよりも、隣のアイドルみたいな感覚が主流ですからね~。
かといってL'Arc~en~Cielがそんなんなったら嫌だけど。
というかなるわけないけど。

この際思い切って深夜枠でいいから番組持ってみるとか(爆)
大人の音楽番組ってないですから、
ラルクでないと呼べないゲストなんて呼んじゃって、
アウトロー(WILD7)な大人たちがつるんでる音楽番組、
セッションもやっちゃうよみたいなの・・・・・・


・・・・・・・・・・・・・


無理ね。
ラルクさんはトークできなかったわ。



お返事

>happy7124さん
喜んでいただけて良かったです。
yasu君、可愛かったですね~。


【2011/11/16 14:06 】 | ラルクあれこれ | コメント(8) | トラックバック(0) |
OTOBOKE 「今夜は黒澤ナイトなBar」にてyasu君 その2
本日水曜日から3日間、「ごきげんよう」にうーたんが出演するんですが、
番組の紹介欄観て吹きました。

夫が悶絶! アイドル妻が作る不可思議料理

ちょっと!(笑)
うーたんにもそんな時があったのね。
一体どんなん作って食べさせたのか?
楽しみだわ~。

私、うーたんにお料理本出して貰いたいなぁと思ってるんだけれど。
料理の献立考えるの面倒だから、
うーたんがブログに上げてくれてる料理の献立、一汁三菜そのまんまでお願いします。






さて、前の記事の続きです。


オーナー黒澤年雄=黒
常連客AMEMIYA=A
店長小森 純=小
バーテン優美=優です。







A:AMEMIYAちょっとやっさんのですねぇ、「スペルマジック」ありますよねぇ?
y:はい。
A:そちらのPVを観た事があるんですけど、すんごいこれも面白いんですけど、
AKIBA系の5人くらいの奴が出て来るんですよね?
y:はい。
A:オーディション会場で、審査員たちも「なんだこいつ等?」って思うんですけど、
それが演奏しだしたらめちゃくちゃ格好いいの!
小:え?
A:それがまぁやっさんなんだけど。
小:え?



こちらがABCのデビュー曲「SPELL MAGIC」のミュージックビデオ。
otobokeyasu11.jpg
オーディション会場に現れたみるからにヲタクなメンバーたち。
しかし、演奏が始まると・・・・・




A:審査員の女性の方がね、やっさんに興奮していって、ちょっと脱ぎだしたりするんですよ。
otobokeyasu16.jpg
小:えーー?
A:そういうエロさがあるんですね。
小:はぁ~・・・・・ それも自分で?
y:そうですね。 それ丁度ソロプロジェクト一発目のデビューシングルだったんですけど、だからオーディションっぽくって。
小:インパクトのある。
y:そうですね。
小:で、謎にAKIBA系の格好されて。
y:ま、基本僕らはヲタクなんで。(ハイヲタ)
小:え~?
A:本当にヲタクなんですか?
y:僕らの時代の人ってみんな基本、アニメとか好きじゃないですか?
小:あ~、まぁ確かにぃ~。

A:じゃぁ、今日もうどうですか~、優美ちゃんの格好なんか。
y:もうさっきからねぇ、舐めるように観ていますね。
小:やぁー、キましたっ!
優:歌詞みたい。
y:すみません。
優:すぅごぉい!

A:純ちゃんはどうです?
小:どうです?
otobokeyasu12.jpg
(「どうです?」と聞かれて注目視されるyasu君。 完全に弄られキャラ)
y:純ちゃんはいい感じ。 まぁ、もうそろそろね。
小:別にか! もうそろそろもういいやみたいな! なんかねぇのか!? 脱がせねぇのか!?
y:人妻なんだよね?
小:そうですね。
y:そこはね。
小:あぁ・・・ありがとうございます。 気を遣っていただいて。

黒:気になって仕方がないんだけど、なんであんな綺麗な声が出るのかがね?
不思議でしょうがない。 
ちょっとさぁ、2小節くらい出してみてくんない?
otobokeyasu18.jpg
y:えっ!?
小:えー?


y:どれを?
黒:なんでもいいんです。 どっか自分の曲の中の気に入った部分を。
y:えー?
A:さっきのにします?
優:あ、「蝶」にしますか?
黒:痺れんだよ。
小:いいんですか?

y:目を閉じぃ~たま・・・
otobokeyasu13.jpg
(隣で目を閉じて聴き入る黒澤)

y:ちょっと恥ずかしいなぁ~(笑)(歌い続けられず)
小:可愛い! 可愛い! 可愛い!
otobokeyaasu14.jpg
黒:今のは今のでいいよねっ!!!
(今夜は黒澤ナイト)


y:ちょっと待ってくださいっ。 あのっ、えっ。
小:真っ赤っか!
otobokeyasu15.jpg
y:そういうの俺結構弱いかもしれないですよ。 俺、結構。


黒:このギャップ! 
小:スイッチオフがね。
黒:スイッチオフがファンにとってはたまらなぁ~い!
(「たまらなぁ~い!!」と身体を左右にゆすっておりますが酷いので画は自重します)
小:オーナー可愛い! 何なの今のぉ~?
y:尋常じゃないくらい緊張してきた。
A:でも凄い綺麗でした。



今夜のゲストはABCのyasuさん。
先月リリースされた「シャングリラ」のミュージックビデオでは、
実に60人ものオーケストラと共演。
その中には多くの女性がいたそうです。




黒:じゃ全部~~~~(聴き取れません)
y:まぁ、半分女性ですね。
黒:じゃ、声を掛けてもいいの?
y:そこはやっぱエチケットとしてね、流石に。
黒:掛けまくった?
y:そうですね。
otobokeyasu19.jpg
黒:あぁっはっはっは!(黒澤大受けです)

y:全員ナンパしましたよね、やっぱり。 はっは。
小:全員ナンパ?
y:なんかやっぱ、コミュニケーションがね。
小:あぁ、コミュニケーションがね、大事よね。
優:深いコミュニケーションですね。
小:ねぇ、ピストルだったりしてねぇ!
y:あっはっはっは。

小:やっさんはどんな女性がタイプなんですか?
A:あぁ、すっごい聴きたい。
黒:うん。
y:いいですか? 僕、結構ベタですよ。
小:ベタ?
otobokeyasu17.jpg
y:はい。 もうドエロの女の子がいいっていう。
小:ドエロ? え? エロければいいんですか?
y:で、なんかそれをね、楽しくね。
小:楽しいエロができる?
y:そうそう。
小:うっわぁ! うっわぁ! うっわーーーーーー!!!
A:純ちゃん、純ちゃん!
小:はい?
A:何、よっしゃチャンスキターーみたいな。
小:いやいや、チャンスだな!って思ったんだけど。
A:おかしい。

黒:あんまり若い子よりもちょっと上の?
y:そう、僕ねだから、若い子はね、あんまりちょっと苦手なんですよ。
A:え、何歳くらいの方から?
黒:年齢は関係ないよね?
y:あ、でも熟女はちょっと、僕もまだなかなか経験が未開の地なんですけど。
A:なるほど。 若すぎず。
y:そうですね。
A:ちょっと経験積んだ。
y:そうですね。
A:方にピストル突き付けて。
y:ま、だいぶ僕のピストルも柔らかくなってきましたけど。
(スタジオ&黒澤大爆笑!)
A:それ言っていいの?
小:ねぇ、いいわけ?
優:だめ。 だめですーーー!!!
y:こう見えて僕ももう結構歳なので。
A:カリスマなんですから。
y:結構歳なんですよ僕も、こう見えても!



yasuさんのアーティスト生命に関わりそうなので、この辺で別の話題に返させていただきます。



優:これまでのシングルに一貫して、歌謡曲のカヴァーが収録されているということなんですけれども。
それはなんか理由があってやられていることなんですか?
y:あの~~、そうですね。 ま、理由があるとするとですね、ま・・・・・
楽だってゆう。




A:楽?
黒:完成品があるもんね。
A:ちょっと待ってくださいよ。
小:凄い真顔で笑わせてくれる。

y:これね、あのね、凄くね、贅沢なカラオケなんですよ、だから。
A:なるほどぉ~。
y:僕、歌謡曲凄い好きなんで。 そうなんですよ、僕洋楽とかあんまり詳しくないんですよ。
本当に歌謡曲で育ってきたんで。
小:じゃ、オーナーの「時には娼婦のように」とか・・・・・
y:今度カヴァーさせていただいても?
黒:うわーーーーーーーー!!! やったーーーーー!!!
otobokeyasu20.jpg
(大喜びな黒澤)
小:オーナー、やったーーーーー!!
黒:あれがね、あれがどんな歌になるか?
A:ちょっと歌って貰おう! ちょっと歌って貰おう!
y:えっ!?
小:もう早速?
y:いやいや、ちゃんと練習して歌わせていただきます。

黒:一番影響を受けた曲っていうのはどういうの?
優:凄い数々ありますけれども。
y:僕、一番最初に歌謡曲を観て好きになったのが、
村下 孝蔵さんの「初恋」っていう曲。

黒:ん?
y:村下 孝蔵さんの。 
A:初恋?
y:さみだれはぁ~・・・・・・あれ?
黒:結構知らない歌を好きなんだね。
y:あれ、そうですか?
黒:知ってる?
(年代のせいか、小森さんと優美さんは知らなさそう。 私はもちろん知ってるよ)
A:結構渋いね。 AMEMIYAには「冷やし中華はじめました」っていう歌があるんですけど。
小:そうですね。
A:いかがですか?
y:いや、僕すごいいい曲やなぁと思って。
小:優しい。
y:ほんとに、ほんとに。
A:まさかのカヴァー考えてます?
otobokeyasu21.jpg
y:あ・・・・・・そこは大丈夫かもしれない。



A:お願いしますよ~、ほんとにぃ~。
小:そりゃ考えないでしょう~。 やっさんが「冷やし中華」とか、ヤだもんっ!


掘れば出て来る愉快な一面。 まだまだ知りたい「やっさんのこと」
プライベートではどんなアーティストと交流があるのでしょうか?



y:DAIGO。
A:お~、DAIGOさん。
y:凄い仲良くて。 しょっちゅう遊んでるんですけど。
小:そうなんですか?
y:それとhydeさんですね。
小:あ、hydeさん。
A:hydeさん。
y:はい。

優:どんな遊び?
y:遊びっていうか、ほんと普通ですよ。 もうなんか普通に飯喰って、普通に呑んでみたいな。 カラオケ歌ってみたいな。
優:えーーーーー!!!!!
小:カラオケなんて行くんですか?
y:カラオケがある、なんて言うんですか? あるじゃないですか。
A:ありますね。
y:そういう所くらいですけど。

小:まず3人で、そんなカラオケしてたら・・・・・もう!
優:たまらんです。
小:ヤヴァイよ。
A:豪華ですよねぇ。
y:いやいやいや~。
A:それってなに。 お友達とかも呼ぶんですか?
y:呼びますよ、全然。
A:女の子とかでも?
y:たまに行きますけどもね。
A:うわっ! 羨ましいでしょ?(小森さんに向かって)
小:いや、行きたいよ~。 呼んでくださいよ、もう!
優:うわぁ、行きたぁ~~~い!!
小:なんで結婚しちゃったんだろうな、もう!
優:私行ける行ける!
A:そこまで後悔することないでしょう! そこまで!
あの二人なんかも行きたいんじゃない? どう?(奥の二人に向かって)
奥の二人:はぁ~い、行きたいです。 もう是非ぃ~。
小:ほんとになんか行きたそうなんだよねぇ~。
優:PRだよね。
小:行きたいよねぇ。
優:行きたいですもん!


優:あぁ、すみません。 そろそろ閉店の時間に・・・・
黒:うそぉー! なんでぇ!(黒澤さんオーナーだったよね?)
小:ごめんなさい。
優:楽しすぎてあっという間でした。
黒:なんだ楽しい話をしてたのに~。

小:やっさん、今日はどうでしたか?


otobokeyasu22.jpg
y:今日ねぇ・・・・・意外に黒澤さんがね、ROCKな人だったっていうのが分かってね、
凄くね楽しかったですね。

黒:僕最初、ロックシンガーになりたかったの。
y:え! そうなんですか?
黒:それでJAZZ喫茶に出てた。
y:おぉ! スゲェ! JAZZ「喫茶」って。
黒:あぁーーーっはっはっは!!!(大受け)
y:すっごいっすねぇ!
黒:いやいや、ごめんなさい、ごめんなさい。
y:いえ、凄いなと思って。

小:是非ね、また来ていただいて。
優:ねぇ、来ていただきたいです。
小:よろしくお願いします。
y:ありがとうございました。


小:どうでしたか、オーナー?
黒:いやぁ~あ、素敵だねぇー。 全然ビデオとは違うんだ。
ビデオはまたすっごい恰好いいんだ!
小:恰好いいですよねぇ~~~。
黒:彼は非常に人間っぽくって。
小:人間味がありますよねぇ、凄く。
黒:あるあるある。 だけどあれだね、もうちょっと外に出てもらいたいね。
小:そうですねぇ。
優:もっと観たいですよねぇ。
黒:勿体ないね。 もっともっと良くなるよね。 才能がまだ詰まっちゃってる感じ。
まだ爆発するね。
小:でも、これ以上爆発したら、もうどうなっちゃうんだろう?
優:失神ですよ。

黒:っ! ・・・・・・失神かぁ
A:失神ですねぇ~。



以上です。
始終黒澤さんに押されっぱなしなyasu君でした。
yasu君、次のカヴァーは「時には娼婦のように」か。
kenちゃんだったけ? ラル面もこれ何かの時に歌ってたよね?
あ、ちゃうわ。
ラル面が歌っていたのは「ピエールとカトリーヌ」だった(笑)


お返事

>のりこさん
意外にも良かったです。 尺も長かったし。
そして、黒澤さんにタジタジな可愛らしいyasu君が観れたのも良かったですね!

【2011/11/16 01:46 】 | 音楽とか映画とか | コメント(10) | トラックバック(0) |
OTOBOKE Bar にてyasu君 とスペシャで「CHASE」?
おっちゃんさんのところで知りました。
本日スペシャTV「BIG HITS!」27:00~28:00にて「CHASE」OA!
確かにOAリストにも「CHASE」L'Arc~en~Cielってあります。
http://www.spaceshowertv.com/timetable/index_oalist.html
「CHASE」がOAされる「BIG HITS!」の時間帯、間違えないように。
私午後と午前と間違えて予約してました。 



ラル友のeriちゃんから唐突に来たメール。
「テレ玉でyasu君」
ということでしっかり録画できたからね~。

そしてyasu君が可愛かった!
いつもハイタンを盛り上げようと頑張ってる健気なyasu君しか観たことがなかったので、
なんだか反応が新鮮だったわ。

DAIGO君やハイタンの話も少し出ました。
当たり障りのない内容でしたけれど。

ということで、イカ文字起こししてあります。
ネタバレな方は下がらないでね。










オーナー黒澤年雄=黒
常連客AMEMIYA=A
店長小森 純=小
バーテン優実=優



黒:今の若い人たちはさぁ、凄い歌が上手いからさぁ。 もうたくさんいるじゃん。
小:いますよねぇ~。 いろんなジャンルの方がいらっしゃいますよね、今は。
黒:今日はもうすんごい上手い人が来るの。
A:AMAMIYAよりもですか?
黒:問題じゃない。 10倍くらい!
(10倍かよ)
A:そこまで言います?
otobokeyasu1.jpg
(と、yasu君来店)


y:ちょっとこれ頂いたんすけど?
小:あらっ!?
黒:いらっしゃいませ!
y:ここ大丈夫すか?
小:あ、どうぞどうぞ。 座って。
黒:いやいやいやぁ~。
y:じゃ、失礼しまぁす。
otobokeyasu2.jpg


黒:もうね、初めて聴いた時、俺驚いたね! なんでこんな高い声が出るのか?
y:ははっ!
黒:それも綺麗な声。
y:いやいやいや。
黒:郷 ひろみさんを数倍よくしたような声。
小:あらまあらまっ!
優:まぁ~~、すごいっ!
小:いいますねぇ~。


今夜のお客様はAcid Black Cherry。
2007年、Janneのヴォーカリストyasuが、ABCとしてソロプロジェクトを開始。
以降、これまでリリースした12枚のシングル全てが、オリコンチャート5位以内を獲得。
メロディアスなサウンドと女性の内面を映し出すリアルな歌詞が、
多くの共感を集める大人気のアーティストなんです。



優:まず、お話を始める前にですね、なんとお呼びしたらいいかなと思って。
小:確かに。
黒:Blackは失礼だしねぇ?
y:ははは。
優:チェリーもちょっとねぇ。
y:チェリーさんで逆にいいですよ(笑)
小:チェリーも捉え方によってはいろんなチェリーがありますからねぇ。

A:チェリーですか?
y:チェリーでもいいんじゃないんですか、逆に。
小:チェリーじゃないと思いますよ。
A:あんまチェリーじゃなさそうだよね。

小:本名は?
y:本名、僕、林 保徳って言うんですけど。
小:林 保徳さん。
黒:あ、やっさんでいこうか?
y:「さん」づけされるなんて恐縮ですよ、そんな。
黒:やっさんでいきましょう。
小:やっさんで大丈夫ですか?
y:あぁ、もうなんでも大丈夫っすよ。ありがとうございます。
小:じゃ、「やっさん」で。
otobokeyasu3.jpg
右から、AMEMIYA・黒澤さん・やっさん

優:そんなやっさんはですね、9月から5カ月連続でシングルをリリースされているんです。
小:5か月連続?


otobokeyasu4.jpg
現在5カ月連続でシングルリリース中と、精力的な活動を展開するyasuさん。
9月に第一段「ピストル」、10月に第二弾「シャングリラ」をリリースし、
二作品ともオリコン5位以内を獲得。
その勢いは留まるところを知りません。



小:5か月連続っていったら相当しんどいんじゃないんですか?
y:意外に、アルバム作る時とかってもう一気に10曲くらい録ったりするんですけど、
だから5カ月やからもうちょっと長めにとれんのかなって、ちょっとナメてたんですけど、
意外に撮影とかPVとかね、やらなきゃいけないこと結構あるんだなって思って(笑)

小:ありますよね、それはねっ!
それ最初に気付かなくて5カ月されたんですか?
y:そうですね、そこまでちょっと計算に入れてなかったんですよね。



黒:PV見せてもらうと、やっさんが非常に大きく観えて、周りに小さい人を選んでるんじゃないかって?
y:違うんですよ。 それはね、たぶん監督さんの腕だと思うんですけど。
おっきく撮ってくれるんじゃないんですかね?

小:結構小柄な方なんですね?
優:そうですね。
黒:もっと大きいのかと思った。 183くらいあるのかと思ってた。
優:思ってました。
y:ほんとですか?
小:ちょっと183は言いすぎ。
A:3センチはなんだったんだろうと。

y:俺だから結構言われるんですよ、「ちっちゃ!」って。
小:ほんとうにびっくりした。
A:ちょっとやっさん立っていただいて。
y:64か5くらいですね。 結構チビなんです。
黒:僕のほうがたぶん大きいと思う。
otobokeyasu5.jpg
(黒澤さんの横だとやっさんもおにゃのこに見えるの図)

小:あ~、おっきぃ! ちょっとオーナー、高い靴・・・・
黒:いやいや、ぺたんこ靴。
y:俺ちょっとぎってますけど、大丈夫ですか?



A:やっさん、ぎってそれですかぁ~。
小:やっさんちょっと、かわいい~~~~。
優:違ったぁ~。
小:ちょっとイメージが・・・・
テレビでもあんまりお目にかかれないじゃないですか。
だから、ちょっとイメージがねぇ。

y:そんな、どんなイメージなんですか?
黒:色っぽい。
小:そう、色っぽくて、クールな感じがしてたんだけど。
黒:朝から晩まで何かをしてる感じがするもんね。


(朝から晩までハイタンのことを考えてる感じはするけど)


小:不思議な感じ。
優:ミステリアスな。
y:めっちゃ普通なねぇ、ナニワな奴なんですけど。

(ここら辺、ミステリアスと言われて戸惑うyasu君)

小:うん、そんな感じもね、ぷんぷんするんだけど。 ぷんぷんぷんぷんするよねっ!
黒:いや、朝から晩まで女性にさ、へばりついてさ、ず~~~~~~と。
y:あはは。 僕もね、デビューしたらそんなふうになんのかなと思ってたんですよ、
もう全然そんなことなくて。

小:ほんとですか?
y:ロックスターってなに?みたいな。
黒:うそでしょー。
y:なんでもないんですけど。
A:まさかのウィスキーとか呑んでそうですよ。
黒;ちぎってやって、ちぎってやって?
y:あははははっ!

小:無邪気ーーー!! やっさん、めっちゃ無邪気っ!
otobokeyasu6.jpg
(無邪気と言われたやっさんの笑顔)

y:え? いや全然俺もう普通の・・・・・
なんかね、結構怖がられるんですよ、いつも。

小:ちょっとね、関西の方?
y:僕大阪です。
小:ちょっと訛りも出てて、親近感湧きますよね。
y:全然俺、普通ですよ。 なんか結構言われるんですよね。
予想以上に周りが気を遣っていただいたりするんで。
俺、基本ね、3の線なんで。 あのね、汚れなんですけど。

小:そうなのぉ?
y:いかんせん、なんかちょっといつも恰好つけてたりするんで、なんか、ね。
小:イメージがね? そういうイメージになってますよねぇ。
黒:全然もう、カリスマだよねぇ~。
y:いやいやいや、ほんとに。



プライベートは大阪の普通なにぃちゃんのyasuさんが、明後日リリースするニューシングル「蝶」
聞くところによるとこの曲どうにも引っ掛かる点があるようです。



優:あの、凄く、エロい内容になっておりまして、歌詞が。
小:マジで? なんかないの?
黒:ちょっと読んで。
優:早速ご紹介してもいいですか?
「蝶  目を閉じたままそっと 唇近付けて 
    触れそうな距離のまま 君を食べてしまいたい
    綺麗な声をもっと聴かせてくれないか
    毒針は糸を引き どこに刺して欲しいか言って」

小:あ″-----! もうエロっ! うそぉ!
y:そういうふうに読むと、俺めっちゃアホなことゆってるみたいにみえますよ。
小:もうめっちゃ興奮しちゃった!
黒:いや、普通ですよ、それは。
小:はいぃ?
優:オーナー!!
A:普通? 普通じゃないでしょう?
小:結構~・・・・・
A:普通ベッドこんなこと言わないでしょう? 「毒針刺してやろうか」なんて。 いいます?
黒:え?
A:言うの?
黒:普通でしょ、これ?
小:え~~~、結構ねぇ?
A:感性が似てるんだねぇ(yaru君と黒澤さんが)
小:ハードルが高い。
黒:僕、聴いたときに全然やらしく感じなかった。
小:え~~~~~
y:そうなんですよ。
黒:それをいいふうに自分で考えればいいの。
小:そっか、うちら餓えてるのかな? 最近。
優:あ~~~~~・・・・・・
A:新婚なのに餓え過ぎ。 オーナーは「時には娼婦のように」を歌ってるからね。

※「時には娼婦のように」
1978年にリリースされた黒沢年雄の代表作
第11回日本有線大賞。 有線音楽賞を受賞


優:もうひとつの歌詞のほうも。
小:お願いいたします。
優:「ピストル」のほうです。

「ピストル  ねぇちょっとシラケさせないで 愛の蜜をこぼさないで
       自慢のピストルをここに突き付けて」

小:わぁ------! ちょうだいっ!
otobokeyasu7.jpg
(小森、捨て身の「ちょうだいポーズ」)

A:小森ちゃん、人妻なんだからっ!
小:ごめんなさいっ!
A:「ちょうだいっ」はないでしょ!
小:ごめんなさい。 欲しくなっちゃった。 いろんなものが欲しくて。
いやすっごいっ! 凄い想像しちゃった、いろんなこと。
黒:だから、想像力のある詩っていうのはいいのよ。
A:なるほどねぇ~。
黒:それ、各自が違うから。 この人はこの人の想像。 この人はこの人の想像って。
優:店長は「こう」(天に向かってちょうだいポーズ)ですからね。
小:だって、なんない?
A:凄いですね、今の。
小:びっくりしちゃったぁ~~~~。

黒;普通ですよ。

小:オーナー!!!!!!
A:普通じゃないでしょう? エロいでしょう?
小:ちょっとちょっとその奥の子たち。 どう思う今の「ピストル」

奥の子たち:撃たれたいですぅ~~~~

小:やだよも~~~~。
A:AMEMIYAのピストルでも撃とうか?
小:いらねぇよっ!!!! いらねぇよ。
A:ほんとにぃ。


女子をメロメロにするセクシーな歌詞。
yasuさんが歌うとこんなに格好よくなっちゃうんです。

(「ピストル」のPV)
しかし、一体どのようにしてこんなセクシーな歌詞は生まれるのでしょうか?



小:どこで書くんですか?
y:めっちゃ普通に家で書きますよ。
小:部屋で?
y:なんだったらたまにもうファミレスですよ。
小:芸人さんと一緒じゃないですか!
A:やっさん、ネタづくり感覚じゃないですか?
優:それでこんな言葉が次々と。
小:出てくるんですねぇ~。
y:いやいやいや~。

小:経験したことももちろん中には入ってたりするんですか?
黒:それは内緒ですよね?
y:・・・・・・・それはねぇ~(笑)
黒:ははは。
otobokeyasu8.jpg
(黒澤さん、いい顔してます)

小:なんか似てるよねぇ~。
A:なんかやっさんとオーナーが並んでますとですね、「やっさんときぃ坊」に見えてくるんです。
やすきよじゃないですよね?



※やすきよ:横山やすし 西川きよしによる漫才コンビ。
     80年代漫才ブーム到来とともに絶大な人気を博した。


小:違いますよ。
優:で、その最新曲の「蝶」が、ミュージックビデオも凄くエロい仕上がりに。
小:エロティック?
黒:ものすごい素敵だよ。 ものすっごい素敵! 全然地と違うもん。
もうね、雲の上の人。
y:いやいやいや!
黒:僕なんか抱きしめたいって感じなんですよね。
小:抱きしめたい? きれ~~~~いな?
黒:きれい。
A:オーナーが抱きしめたくなった?
黒:うん。
優:凄いですね。 どんな仕上がりになってるんですか?
黒:いやぁ~~、それは買って観ることですね!
y:あっはは!
優:ちょっと!



otobokeyasu9.jpg
では視聴者の皆さんには少しだけご覧いただきましょう


黒:ファンタジーですね。
小:ファンタジー?
y:そうなんですかね?
黒:うーん、いや綺麗だ。

小:そのPVとかっていうのは、その監督さんとやっさんが一緒になって考えたりもするんですか?
y:とりあえずそのネタっていうか、それは僕が考えて、こんなふうにしたいんでそういうふうに撮れますかね?って。
小:こういうイメージでって?
A:なるほどね。
小:へぇ~。
黒:綺麗だよぉ~、すっごくっ!! 痺れたっ!
小:痺れる?
otobokeyasu10.jpg
(黒澤さんの押しっぷりに困惑気味)


ちょっと時間切れなのでまた後ほど起こします。
兎に角黒澤さんがyasu君の事を大変なお気に入りようで、
ちょっと大丈夫か?と思うくらいですよ。

今のyasu君のヘアスタイルがとっても似合っていて、yasu君が可愛いく見えました。
いや、いつも性格は可愛いなと思っているんですよ。


【2011/11/15 09:07 】 | 音楽とか映画とか | コメント(14) | トラックバック(0) |
聖☆おにいさん
面白いですよね~。
今日、やっと7巻買ってきました。
読みながら元ネタを考えるのも楽しみのひとつ。

聖☆おにいさんではウリエルが御贔屓キャラ。
「テルマエ・ロマエ」が映画化されたのは驚きだったんですけれど、
「おにいさん」もクドカン辺りでドラマ化されないかなぁ。

イエスは又吉で。
ウリエルのイメージはどうしてもyukihiroさんなんです。
「ブザーを鳴らして5秒でyukihiro」だったら鳴らしっぱなしにする。

熾天使と智天使を兼任してる凄い天使で、
最後の審判では重要な任務を担っている。

けど、エデンの園の門番でありながら蛇の正体を見抜けずに通してしまうという。
そこらへんが人間(人間出身)くさい。
【2011/11/14 23:56 】 | 会報・書籍・雑誌 | コメント(2) | トラックバック(0) |
ウィンターズ・ナイト スティングの冬、HYDEの冬
ハロウィンが終わると一気にクリスマスの気配。
いつもいくスーパーに長靴に入ったお菓子コーナーが現れ、
クリスマスケーキのサンプルが並んだショーウインドーが出現する。


Creature Creatureが鹿鳴館で昨日から3DAYSでライブをやっていて、
そしてOBLIさんもツアーが大阪皮切りに始まった。

ここのところ仕事の雑用に追われていて、
鹿鳴館の3日間のうち一日くらいは行けるかなと思っていたけれど、
淡い夢となって消えて、
K.A.ZさんのVOICEでバラードの歌とりでバラがupされているセンスに癒される。



WOWOWでスティングの『ウィンターズ・ナイト』が放映されていた。
確か、何度かWOWOWでは放映されていると思う。
DVDを持っているんだけれど、これを観ちゃうと長いので、
コンパクトにまとまっているWOWOW(レコーダーに入れっぱなし)をよくBGMにする。

ウィンターズ・ナイト~ライヴ・フロム・ダラム大聖堂 [DVD]ウィンターズ・ナイト~ライヴ・フロム・ダラム大聖堂 [DVD]
(2010/02/24)
スティング

商品詳細を見る


会場になったダラム大聖堂は「ハリ・ポタ」シリーズの魔法学校ホグワーツとして撮影された聖堂としても知られているところ。
ここで宗教関係以外のコンサートを行ったのはスティングが初めてです。
荘厳な雰囲気な聖堂とライティングが効果的に「ウィンターズ・ナイト」の世界を創り上げる。
sd1.jpg  ssd2.jpg

家族・友人・ファンなど400人限定のライブ。
聖歌や古謡の子守唄などを彼なりにアレンジして、
BGMにしていてもなんだか厳かなクリスマスの雰囲気になってくる。


スティングの「冬」は寒さが苦手な私にとって憧憬に値する。
彼はパーセル作曲の『コールド・ソング』を

冬のスピリットが死からひきずり戻される
そんなスローな曲


なんて紹介したりする。
素敵すぎて頭が痺れるわ!




スティングが語る「冬」が私は好き。
冬は苦手だけど(笑)





冬は帰郷の季節
冬は人をルーツへと引きもどす力を持っている
帰郷本能とでも言うべきか

人は暖かく心地よい場所へ戻りゆく

暖炉の火 ゆりかご
家族 そして 教会

冷たく凍てつき
長く暗い夜だが

物語と魂にあふれ
幽霊も現れるこの季節

僕にとって冬は創造の季節
そして熟考の季節

過去の幽霊たちと向き合い
落ち着きはらった態度で接する

雪が積もり
季節が巡ってくるその前に
冬を祝福しよう





そして私の中の「ROENTGEN」のHYDEは、
このスティングの冬のイメージと被るのであったー。

季節が巡ってくるその前に、
冬を祝福しよう。

【2011/11/13 01:29 】 | 音楽とか映画とか | コメント(10) | トラックバック(0) |
「CHASE」PV 観れました!
ダチョウ倶楽部「ダァー」のhydeさんからやっと抜けれました。
昨日は「SONYさん、もっと早くこういうことすればよかったのに」と、
ラルクさんのワールドツアーへ向けてのyoutube効果を願ったんですけど、
アレ海外の方は観られないんですってね? 驚き。

音楽は世界を繋げるんじゃなかったのか。
意味ないー。
SONY、やな感じー。


さて、「CHASE」のPVなんですけれど、
最初の電子音でなぜかインベーダーゲームを思い出した残念な昭和生まれ。
そして謎の球体。
chp6.jpg
GANTZ球?かと・・・・・・

そして、ぶんぶん頭を振るハイタン見る度に、
バチバチ顔に当たっているエクステが痛くないのか心を痛めております。


ZIPでPVは「天地創造」をイメージって紹介されてましたねぇ。
で、6翼の天使の前にデロンって出て来る奴、
PVを何度見ても暗くて判らないんですけど。

でも天地創造、6翼の天使となるとミカエルだから、
これはルシエルで蛇または竜がデロンって出てきてるってことになるのかな?

バックも6翼天使とデロンな奴に対して、神殿と万魔殿が交互に映ってるって感じですね。

でも、最大の謎は歌詞と天地創造が結びつかないんですけど。
歌詞からミカエル・ルシエルが想像できないんですが。
私の考えが浅いんでしょうか。

というか、私歌詞がまだあまりよく聴き取れなくて。
「手の鳴るほうへ」なんて思ってもいなかったですよ!
そこ完璧英語だと思ってたーー。

歌詞を上げてくださっているブログさんもいらっしゃるので、
ちょっとお邪魔しに行ってきます。

いろいろ驚きの「CHASE」です。

【2011/11/10 23:57 】 | ラルクあれこれ | コメント(8) | トラックバック(0) |
SONYyoutube公式の「CHASE」
SONY、変な意地張ってないでもっと早くからこういうのやればよかったのに。

それにしても、世のラルヲタさんが集中してるからなのか、
重すぎて3:35、
ハイタンがダチョウ倶楽部の「ダァー」の恰好のまま動いてくれぬ。
あともう少しなのに、「ダァー」に吹いちゃってそれまでの映像忘れちゃったよ。

もう一度見かえしたいんだけど、
天使?神?の前に球体から最初にデロンと出てくるものって何なんですか?
先日TVで解禁されたのを見てもよくわからないんですよね。

一週間流してくれるそうなので、また後日にしよう。

昨日はブログ更新した後、午後から東北へ出張。 今日戻ってきました。
いろいろ思うこともありつつ、また、PVがフルで観られないのも心残り。
が、流石に疲れました~。
もう寝まーす。

【2011/11/09 23:36 】 | 日々 | コメント(4) | トラックバック(0) |
めざまし、ZIPで「CHASE」プロモ ネタバレ画像あり
めざましとZIP!で早々にPVチョイ出しでしたね。
ネタバレですので、大阪で堪能したい方は下がらないでね。















めざまし

ch1.jpg
史上初! 臨場感のあるプロモーションビデオ


ch2.jpg
L'Arc~en~Ciel20周年シングルの第3弾となる新曲「CHASE」は

ch17.jpg
来月公開の映画『WILD 7』の主題歌となっています

ch3.jpg
20周年シングル第3弾シングルのこの「CHASE」


ch4.jpg
ラルクが演奏している背景の映像、合成に見えるかもしれないんですが!
実はこれプロジェクターに投影している映像なんです



ch5.jpg
つまり、後ろ、左右の壁、そして真ん中の球体、さらに裏面も全部プロジェクターになっている


ch6.jpg
相当凝った凄いセットなんですよねぇ~
凄い迫力がありますよねぇ


地面がバッカルコーンッて割れて子どもら大騒ぎですよ。
「逃げてー、いや、kenちゃんそこから動いちゃだめー!」









ZIP!

ch16.jpg
ラルク 20周年シングル第3弾完成!


ch7.jpg  

ch9.jpg
ミュージックビデオのテーマは神々の世界を描いた


ch13.jpg
『天地創造』

マジっすか? 


ch10.jpg
天使と悪魔が登場する幻想的な内容です


ch14.jpg

ch15.jpg
プロジェクターを使って物体に映像を映し出す最新のライトアップ技術を使い
CGとは一味違う迫力ある映像になっています



ワイプの中のマキダイがビックラしてました。


ch8.jpg
今回てったんがやったら恰好よくってトキメイタ!
黒いてったん最高!


とうとう天地創造まで行ったハイタンが次に目指すのはどこなのか?
映像は本当に凝ってました。

そして、どんなニコファーレ?

と、こんな感じでした。


【2011/11/08 10:00 】 | ラルクあれこれ | コメント(12) | トラックバック(0) |
新曲「CHASE」とオリスタのランキングと夢のHYDE
新曲は「CHASE」っていうんですね。
真っ先にこの曲を思い出してしまった。「GET IT ON」
http://youtu.be/x6FDxD0ha9A
当時『8時だよ全員集合!』で曲やフレーズが使われていたりして、
とても好きで、レコードでよく聴いたりしていた。


さて新曲。
「XXX」がリリースされた時、「今までにない新しいラルク」というのをよく聞いたけれど、
実は「え? そう?」とピンとこなかった。
むしろ、これがラルクと言わずして何と言うと思ったくらい。

却ってこの新曲「CHASE」のほうが新しいと思ってしまった。
ファンに媚ない独自性で突っ走ってくれてるところは相変わらずだけれど。
きっと「XXX」とのギャップがあり過ぎるからだろう。

土日構わずテニスに明け暮れている息子と、受験生の娘を持つ身として、
山ちゃんのドSな遊びに付き合って、5時間の睡眠時間(時々15分のお昼寝)は削れない。
「CHASE」は某所で聴きました。

もしかしたら一般受けはしないかもしれない。
映画に使われるべき鮮やかな瞬発力と華やかさ、重厚であって洒脱、

そして時々「変」

ここ最近のいい子ちゃん的音楽に慣れ親しんでしまった身に、
ハッとする衝撃を与えられた人には受けるかも。


Mステで披露の時は、あの「XXX」の豪華絢爛シャンデリアのイメージが根強くあるから、
画的にここは180°転換してレイザーkenちゃんみたいにハードに攻めて欲しい。
なんなら愛車でステージに乗りこんで欲しい。





VAMPSのハロウィンが掲載されている『オリスタ』に、
「2万人が選ぶ好きなアーティストランキング 2011」が特集されている。
2万人総合ランキングのTOP30位と、
10代、20代、30代、40代が選ぶTOP20位が掲載されている。

L'Arc~en~Cielは2万人総合ランキングでは27位。
あとは20代(総合)が選んだランキングの17位に入っていた。

この解説をライターの菊地さん(他に根岸さんと長谷川さん)が書いている。
これがすごく面白い。 面白いというかよく分かる。
嵐・AKB・サザン・ミスチル・・・・・ふ~んなるほどと。
ここに書くと長くなってしまうので、
機会があったら是非読んでみてください。

根岸さんと長谷川さんは総合で2位になったいきものがかりと、
3位のミスチルのテキストを担当してるのだけれど、
ミスチル担当の長谷川さんがミスチルの曲の魅力についてこう書いていた。

彼らの曲がいつ聴いても新鮮に響いてくるのは、
深みのある世界が展開されているから。
聴き手の気分や状況に応じて、
そしてまた歳を重ねたり、経験を積んだりすることで、
歌の違う表情や景色が見えてきたりする。


これ、私が以前L'Arc~en~Cielの曲についてここで書いたことと同じことを言っていて、
一瞬パクられたかと思った(違います)
まぁ、L'Arc~en~Cielは親しみやすいメロディとは程遠いけれど。




最後に夢のお話。
いや~~~~、また見ちゃった、ハイタンの夢。

出張先で打ち合わせ終わって宿泊ホテルのフロントに行く途中、
なぜかそのホテルの中庭を横切って移動していたら、
芝生を敷き詰めた中庭でハイタンが寝っ転がって何かの資料を見てたよ。

髪が真っ白で服も全身真っ白で、ハイタン自身も色白だから、
まぁ太陽降り注ぐ芝生の上で発光するする。

そこで同じホテルで宿泊しているどこぞの子どもたちに取り囲まれてじゃれつかれていた。

私は「うわーーーー、HYDEがおるーーーー」と思いながら、
ハイタンのお手手はマシュマロという噂を確認しようと決心。
HYDEがそこに居るということはあまり問題ではないような感じだったよ、勿体ない。

すれ違いさまに「ファンです! 握手お願いできますか!」
(妙にハキハキしていた私)

差し出されたお手手、本当にマシュマロの感覚だった!
夢なのに! 夢なのに本当にマシュマロの感覚がした!

夢のハイタンは無表情~~~~でしたね。
子どもたちとじゃれてる時も無表情。
真っ白でほや~~~~~~~としていた。
どうした、感情どこに置いてきた?って心配になった。

その後、私は部屋に戻り、窓から中庭を見ると、
スタッフに嫌々連行されていくハイタンを発見。
これが本当に嫌がってるのを両脇抱えられて連れていかれていた(笑)

あ~~、可哀想に自由じゃないんだね。

そこで目が覚めました。
・・・・・・・ROENTGENと今日という日がかなり影響してる。




お返事

>eriちゃん
もうちょっと広げてくれてもいいのにね。
でもね、なんか今聴いてしまうのも勿体ない気がしてきたよ。
なんか慌ただしいじゃない?
L'Arc~en~Cielがあって、VAMPSもあって。
もっとじっくり熟成されたライブがいいなって。

それに自分も聴く準備が整ってないからね~。
【2011/11/07 16:16 】 | ラルクあれこれ | コメント(2) | トラックバック(0) |
イースターには早すぎる
常に羽化する変態温度が適温な人が北の国の彼是に物申してる(笑)

実は前夜にメールした。
いつも忙しくしていて、何かの時には「は?今頃なに言ってんの?」という感じなので、
もうそろそろ彼女のシナプスがシグナルを発信して、
脳細胞に刺激を与えているはずだとメールしたところ、
自分がした反応と同じものが返ってきたので、
変な話ちょっと安心していたところ。


別に10周年の記念ライブをどこでやってくれようが問題ない。
でも、こんな慌ただし感じでやるライブに『ROENTGEN』を引っ張りだして欲しくなかったという、
超個人的な思いだ。
しかもなんかホテルの客寄せパンダみたいだし。

私は納得できないけれど、
HYDEは納得してるからライブするのだろう。
私には分からない彼の想いがあるんだろう。

スノボもしたいんだろう

彼のことだから、このたびのライブも素晴らしものであるに違いない。
そこは信頼している。




私は「ROENTGEN」リリース時には俗世間からかなり離れた生活を強いられていたので、
プロモーションの諸々を全く知らず、
ユニクロのCMなんかも全然観た事がなかった。

はっきり言うとそれまでHYDEというアーティスト自体知らんかったもんね。
L'Arc~en~Cielの名前とヴォーカルの顔と「HONEY」くらいの知識。

それなのに友達を介して「ROENTGEN」を聴いた時の衝撃たるや物凄いものだった。


これ、日本人の感覚じゃないよね?
その時の第一印象だった。


後に彼が日本人の機微を備えた感覚の持ち主であるが故に、
東洋的なものと西洋的なものをミックスして、
ぬるりとしていながらも肌触りが滑らかで居心地の良く、
それでいて独特な世界を構築していることを知り、
セカンドインパクトを喰らった私。


『ROENTGEN』が完成した時、HYDE IS DEADは既になされていたのだと、
HYDEがその言葉を用いた時に思った。

その後から今に至るまでの彼の音楽活動は、
HYDE IS ALIVEへの序章だとさえ思っている。

先に生まれてしまった老熟な身体に見合うスープを調理し直し、
全ての機が熟した時、
その一口を口にした瞬間に解き放たれる
閉じ込めておいたHYDEを堪能するという贅沢な時間を心待ちにしている。

できればそれはあと10年後くらいがいい。
その頃にはお互いに「いい成り」をしているだろう。


【2011/11/05 14:55 】 | HYDE | コメント(12) | トラックバック(0) |
ラニバ名古屋ガイシホール 11月2日 追記あり
ネタバレです、

















名古屋からただいま。
帰りの電車の関係でhydeさんのMCの途中で抜け出さなければならなかったんですけど、
チケット見て気付いたんです、名古屋初日だけ開演時間おっせーーーーよ!

そして途中で抜けたにもかかわらず、
新幹線は豊橋駅で不審者の線路内立ち入りで緊急停車。

私が乗る電車ね、よく停まるんです。
娘の高校説明会を2回行ったんですけど、2回とも停まったんです。
で、帰宅したら2時過ぎてました。

コレだったら最後までいれたやんか!




そんな名古屋初日レポです。





新幹線の中からせいらさんに「行きます」メールしたら、
笠寺に行くぎゅーぎゅー詰めの在来線に乗ってる時にせいらさんが電話掛けてきた。
出られへんっちゅーの。

グッズを買いまくった様子のせいらさんになんとか出会え、
席をみたら意外と近かったんだけど、
チケットの席番が見えない(なぜかは敢えて書かない)せいらさんを、
係員のように誘導するとゆう、いい思い出ができました。
年上なんだけど、なんというか、可愛くなってくるね。


そしてガイシホール。
なんかちっさかった。 え? ガイシってこんなちったかったっけ? 
2階席のステージから一番遠い(一番見やすい)真正面ブロックなのに、近い!
一体感ハンパなし!
ガイシ、いいところ。







メンバー衣装

hydeさん
さいたま初日のスイカ衣装。

kenちゃん
キラキラしたバイソン柄?のスーツに幾何学模様の茶色のシャツ。
とお目で観た私の印象はコレ
サメ

ゆきさん
上はシースルーの黒。 なんか全部黒。
他がキラキラしてたのでドラムセットにブラックホールが座ってるようだった。 

てったん
鬼のようにドット柄。 背中の一部が黒いだけ。
てったんの後ろにあるてったん用のトリコロールカラーのアンプ。
青・白・赤ってなってて、白いところにてったんがいた時、
背後に溶け込み過ぎていてしばらくてったんがそこにいるのが分からず、
ステージ中探した。




本編

OP、初めてまともに見る事ができた。
こんな映像になってたのね。 さいたまではケーキもなにも分からんかったし、
メンバーのお目目のドアップも観えなかったから。
スクリーン映像がなかったら本当にシンプルなステージセット。
これL'Arc~en~Cielなの?って感じ。



真っ暗なステージのセンターのスポット照明にhydeさん。
正直、音は外れていたと思うけど、そのままアレンジ風に歌いあげた。
曲に入ってかなり経ってから歌に入った印象。

the Forth Avenue Cafe

GOOD LUCK MY WAY

ゲラマッウェー!

goood luck my way♪のところでてったんがくるんっ!
信じる道へ~ ではhydeさんがいつものように手を掲げる。
kenちゃんは今日も大股開き。
hydeさんは高音かなり抑えてたというか、出てなかった。
ハイタン、あちゃーって感じで舌出してた。



ハイタンMC

ハタチになりました。 栄のいろんな所で遊ぼうかと思います。
ここは・・・・前はレンボーホールだったんだよねぇ~。
ニホンガイシホール、長いから・・・・・しーちゃんでいいかな?

しーちゃん、せまっ!
ここってこんなに小さかった?
だから前との距離が・・・・・普通は10M開けないといけないんですよ。消防法で決まってて。
でもコレってどう見ても・・・・・・3センチ?
近い。
だからなんかここら辺、取って喰われそうで

(なのでガイシではステージ前方からテープは飛びません、後方ブロックでもテープが取れますよ)

しーちゃんゆる~~~~ぃ。
でもいっぱい愛してあげるからーーーーーー


「喰われそう」って、本気に怯えてそうだった。


flower
下手の花道、参加席の真下まであるんです。
そのギリギリのところまでhydeさん行ってくれて、ファンの子とタッチしてましたよ~~~。
しばらくそこの柵に腰かけて歌ってた。

2度目のブルーハーブは間に合わなくて、「せめて枯れたい!」がまるまる歌えず。
ワタワタしてた(笑)


ドリンキ
フラワーからコレ。
一瞬にして会場の雰囲気も変わっちゃうのは流石。
真正面から観た燃え盛る炎の映像は気持ちいいくらいに大迫力!
格好いい! けど、おにゃのこの映像、アレいらないよね?


DUNE
3人のバックに黒い影のパターン。
この曲は本当に砂漠のように乾いた音だね。


レベレ
掛け声長かった。


ガラス玉
時計の秒針音で始まって何か分からなかった。
前奏始まってほぁーーーーー!ってなるしーちゃん。
ギターソロでトリップするkenちゃん。


forbidden lover
ガラス玉からのforbiddenって最高なセトリだと思った。
味スタではfateだったんだよね。
コレもよかった。

青いスクリーンに紅く浮かび上がるhyde。
素晴らしい映像美。 これもハイタンだからこそできること。
おもいっきり歌詞まちがったけどな!


マイハー
スクリーンに「太陽を雲の先に感じる」っていう歌詞と同じような映像が流れてたんだねぇ~。
さいたまの時は全然分からなかったですよ。

しーちゃん、程よい大きさから成る一体感で、
「夢を描くよ~」も大合唱。
御大はおもいっきり歌詞間違ったけどなっ!!



kenちゃんMC(ひどいもんです)
ニュアンスでお願いします。



一月ぶりですね。
こぅ~~、周期が同じ人っているよね?
一ヵ月ぶりなのに~~、なんかイライラするわ~~~って。

みんな一ヵ月なにしてたーん?
俺はみんなに会えないのが寂しくて。
みんなに会えないのもだけど、メンバーに会えないのも寂しくて。
(湧く会場、kenちゃんのこの言葉に皆やられた)

でね、ポスター貼ったの(寂しいから?)トイレに。 
恥ずかしいんだけどみんな視線外してる。
だけどhydeだけ、こっち見てる
(腕組して仁王立ちのポーズをするkenちゃん)

ウンコする時は(自分がポスターに後ろ向くから)観えないんだけど、
シッコする時は俺はみんなにち○こ見られながらしてます。

で、ポスターは視線外してるからいいんだけど、人形あるやん?

(それもトイレに飾ってあるのか。 なぜトイレ?)
それがなんか、みんな素朴な顔して見てくるから~~~~(笑)


あと、四国にも行きました。
四国に行く時、なぜか神戸を通って、ペットショップに行ってへばりついて見てました。
かわいいのがいて、ポメラニアンっていうの?
くまちゃんみたいで、「くま」て名前を付けました
(注:買ってないです)

飼いたいな~と思ったんだけど、ツアーの時はどうすんねん。
部屋がう○こだらけになるやん?
国内ツアーならまだ連れて行けるけれど、海外ツアーの時はコレどうしたらいいの?

で、誰かに飼わない?ってずっと言ってたんだけど、誰も飼ってくれませんでした。

誰か・・・・・・誰か飼うて~~~~~


本当に飼いたくて仕方なさそうだった。


では、俺のち○こ観てるhydeさん(迷惑)どうぞ。
あ、もう一ついいですか?
メイプルシロップってはちみつなの?


アレは、メイプルの木ですね。
メイプルの木の汁です。


このギターもメイプルなんだけど! 
じゃぁ、これからも出るのかな?


笑(しらねー)

いや、次の曲がハニーだから(笑)


HONEY
スクリーンにははちみつ色のメンバーでした。


SEVENTH HEAVEN
Blurry Eyes



てったんMC

おげんきぃ~~~? おげんきぃ~~~~?
上手花道でハイタンが水撒いたりしてファンとじゃれてます。

しーちゃんやっけ?

しーちゃん!(ペットボトル投げながら)

ねぇ? 今回なんでくるんやろなぁ?って思って。
ガイシやからガイちゃん?
大阪はどうなるん? ドームやから・・・・・・コン○ーム?
じゃ、kenちゃんに久しぶりにあの歌、歌ってもらおうか? マイ○ーラー!


!?
あの、人生最高傑作?
(←kenちゃん無茶ぶりだった)

オチまでが長いんやけどな(笑)


あんなこといいな できたらいいな
あんな夢 こんな夢 いっぱいあるけど~
みんなみんなみんな 叶えてくれる 不思議なポッケで叶えてくれる~
中に自由に出したいな はいマイ○ーラー
あんあんあん とっても大好きドラえもん



歌い終わった後のkenちゃんの顔ったらね!(笑)
しょ~もないことしちゃったって感じで、愛しかったわ。


こんなMCするつもりやなかったんだけど。
みんなマイ○ーラーってごぞんじぃ~~~?

歳ばれんで(笑)

みんな曲の途中だってごぞんじぃ~~~。
続き聴きたいぃ~?
聴きたいのぉ~~~~~~?



hydeさんがてったんの肩に腕を回して歌い、
why do you stare~を一つのマイクで二人が歌う~~~。
眼福。


笛はグルグル回して、
「そっち投げるでぇ~ そっちにしよっかな~」な目線。
最後「えいっ!」って投げて、その行方を最後までおっきな目で
ワクワクしながら追う顔がスクリーンに大写し。
可愛かった。

ハイタンはまた下手花道の柵に腰かけて歌っていた。
止まり木?


レディステ
速すぎだろ。


ユッキードラムソロ
いや~~、これでもかってくらい凄かったです!
スクリーンに稲光バシバシでした。



すみません、時間切れ。
また追記します。




以下追記



今日の名古屋2日目も凄かったようですね~。
アネモネとかうわ~~~~~~。
新曲にPVとかどあ~~~~~~~~。

ナタリーなんだ速いよ。
ライブで新曲解禁待ちだったのかー?


12月21日新曲リリース。
12月28日味スタDVD。
年末すぎだぎゃ。
新年は味スタライブ観ながら年越しするだぎゃ(名古屋弁?)








さて、名古屋初日の続きです。

私思ったんですけど、kenちゃんがあんなに惚れたポメのくまちゃん。
「誰か飼うて~~~」って言ってたけど、
くまちゃん本当に飼ったらkenちゃん遊びに来てくれんじゃないの?
いや、くまちゃん餌にkenちゃん釣れるとか(笑)
kenちゃんホイホイ。

あと書き忘れていましたが、kenちゃんMCで名古屋弁で~~~だがや~連発して、
せたがや~と言い間違えてしまって、自分で爆笑してた。


それからforbidden loveの時、スクリーンにhydeさんがアップになるんですが、
距離があるとは言え2階席でステージ真正面で遮るものがないもんですから、
まるでハイタンと見つめ合ってる感覚(笑)




さてアンコールから

アンコール明けの映像はスタッフのお遊び感満載。
サタデーナイトフィーバーなhydeさんとkenちゃんの間から顔を出すゆきさんとか。
その合間に恰好いいhydeさんをちょいちょい挟んだり。
面白かった。
さいたまでは何一つ観えなかったから~~~~~。


花葬
スクリーンに紅い花びらが舞って、曲にもL'Arc~en~Cielにもぴったり。
ただただ聴き惚れる。
映像と曲と照明のイメージが本当に合っていて、
贅沢な時間だった。


XXX
これは生で聴くほうが重厚な感じがする。


DIVE TO BLUE
意外な選曲で嬉しかったんですけれど、
なんか「XXX」の後にはピンと来なかったな。
この時のhydeさんの調子が最悪な感じだった。
今日名古屋に行っていたぴーさんからのメールだと、
hydeさん風邪を引いてるそうだけれど、昨日もそうだったのかな?


LINK
残念ながら途中で席を抜け、hydeさんのMCは歩きながら聞きました。


みんながニコニコしてるからつられるとか、
友達に「お前ホモ?」って聞かれたあたりでさようなら~~~~。



さいたま以来のL'Arc~en~Ciel。
純粋に楽しかった。

hydeは可愛いのぅ、hydeは。



お返事

>e・・ちゃん
え?関西スルー?
なにをおっしゃいますやら、生で聴いてきたんでしょ~。
でも某所でうpされてるみたいよ。


>ら・・・さん
お返事おそくなりましてすみません。
いえいえ、なんの問題もありません。
リンクしてくださってありがとうございます。


>もうええて改め・・さん
そうですね。
私はがっかりというか、なぜ?なんですけれど。
もっと多くのファンへという形でできなかったのかと思います。


>m・・・・・さん
アレ計画性なんてあったんでしょうかね?
ホテルから「今年もひとつよろしく」って急に振られたような感じ。
すでに向こう側ではお膳立てされていたみたいな。


>P・・さん
これに特別な思いを持っているファンは多いと思うんですよ。
そういうの分かってこういうことしてるんでしょうか?
それにしても発表のタイミングが悪いですよね。


>通りすがりさん
そうですね、私もです。


>t・・・・さん
ありがとうございます。
行ってきました。
tさんは2日目行ってらしたんですか?
レポ、楽しみにしてます。


>P・・さん
はい、行ってまいりました。
結果的には惚れたが負けなんです。

私は今でも納得はできませんが、
いつまでも引っ張ることは非生産的だと思いなおしました。
一つのことに囚われて、楽しいことに目を向けないのは馬鹿らしいですからね。
共に天国から地獄まで参りましょう~。


>う・・さん
ただいまです!
しーちゃん、楽しかったです。
ありがとうごじあます。
大阪行かれるのですね~。
私も迷い中です。 行けれたら行きますが。

ほんと、嫌いにさせてくれないなんてずるいですよね~。


【2011/11/03 22:31 】 | LIVE | コメント(0) | トラックバック(0) |
名古屋初日 本日のセトリと諸々
ネタバレですからね














本日のセトリは
「とっても大好きマイ○ーラー」
by kenちゃん



そして、名古屋は「しーちゃん」です


本編セトリは
虹始まり

ガラス玉に続きフォビドゥン
(身体震えた)


アンコあけのアコースティックは

花葬
息をのむ美しさ



kenちゃんMC

「ひと月何してたん?
みんなに会えんで、メンバーに会えんで寂しかった~」

に、ホロリ

まぁ、あとはいつもの通り下ネタなんですけど…


てったんMC

大阪ドームはなんになるんやろ?
ドームやから?
コン○ーム?


モロにゆうた(笑)

先のマイ○ルーラーはその流れです
まるごと1番歌ってくれました

【2011/11/02 21:21 】 | LIVE | コメント(4) | トラックバック(0) |
落ちたら
はい上がる女
それが私

腐っていても仕方がないので名古屋に行くことにした
流石に久しぶりに家族が揃う祝日の明日は申し訳ないので、今新幹線

蹴落とされた男と上げる男が同じっていうのが、ガッツリ腹立たしい


多分最後までは居られないかな
日帰りです


お返事は後程させていただきます
すみません
【2011/11/02 17:13 】 | 日々 | コメント(2) | トラックバック(0) |
茫然
去年のアレは気分的に平気だったんだけれど、
コレでファンになったのに、
そして10周年なのに、これをこんな形でってあんまりだと思う。
12月のクリスマス以外に期待する~。

久しぶりにものすごく落ちた。
【2011/11/01 21:02 】 | HYDE | コメント(2) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。