FC2ブログ
L’Arc~en~Cielの可能性
WOWOW観ました!
なので3週間遅れで来た会報はまだ封印してあります。
噂のおリボンHYDEちゃんとペンギンK.A.ZくんはWOWOW堪能してからにしました。




WOWOWは映像的に一番楽しみにしていたのは、
ステージを真上から撮っていた映像。

ライブの巨大スクリーンに時々真上からの映像が映っていて、
そこにも趣向をこらしたLEDヴィジョンがあったのだけれど、
いつも一瞬の映像だったし、あの雨だったからよく観ることができなかった。

WOWOWで改めて観て、いろんなパターンがあったんだなと楽しませてもらいました。
ギターを弾くkenちゃんの下にでっかいkenちゃんが映っていたりなんてのもあったよね?

床に映ってる映像でしょ?
アリーナからはライブ中には絶対見えない。
なのにどうしてそんなところにも拘ったのかなぁと思っていたんだけれど、
後のDVD化を意識してのものでもあったのだろうね。
ライブの時に新鮮だ~、おもしろ~いって感じた。

思ったら、ライブはファンが楽しむだけのものではないものね。
当人たちが楽しくないライブは、ファンにだって伝染するものね。



ライブ中にもスクリーンに映ってた(と思う)し、
WOWOWの映像にもあった「lose control」で、

“Good morning Mr.Fear”

の直後に天を仰ぐhydeの映像を観た時に血がざわ~~としたのを覚えてる。
紅くとぐろを巻く炎の上に立って歌うhydeだった。
紅い照明のhydeが好きな私は映像に魅せられた。



このライブで歌われたことに痺れたShout at the Devil
WOWOWでもやはり圧巻だった。
カットされた「アイムソー」にも実は同じような想いを持った。


震災を意識せざるを得なかったライブだったと言っていた以上、
L’Arc~en~Cielが歩んできた20年という歴史と、
このたびの震災を繋げる意味でも一曲でもカットされて放映というのは、
ファンとしては承服できかねるところなのだけれども、
こればかりはいろいろな事情があるので仕方のないこと。

でも、あの悪条件で演出も納得できなかったライブだということで、
もしかしてDVDにはならないんじゃないかと思ったのだけれど、危惧で終わりそうですね。


20thライブに行き、WOWOWで改めてL’Arc~en~Cielの歌の世界観が、
時代と共に変化し、寄り添っていける可能性があることを感じた。
ハイタンには悪いが、歌は世に放たれた瞬間から主の元から独り歩きすると思う。
聴く人によってその曲への感じ方も解釈もそれぞれで私はいいと思う。

もちろん曲の意図するところが明確に分かる歌は多くの共感・感動を呼ぶけれど、
そんなのは童謡や演歌で十分まかなえる。

自らの全身全霊を鮮烈に写し取ったような曲や歌詞に、
私は多く惹かれますね~。



お返事

>う・・さん

初めまして。
WOWOWに加入していなかれば観られないというのが残念ですよね。
多くの人に少しでも聴いて・観てほしいライブでした。

ハピMで使われた映像は以前にもどこかで出ていたもので、
その時にも確かギズモHYDEが映っていたので分かったのです~。
よく観ると「K.A.Zさんかな?」というギズモも歩いてます。

DVDはきっと発売されると思います。
いや、してほしいですね。

今日もお仕事でしょうか?
頑張ってくださいね。

お越しいただきありがとうございます。
また遠慮なくいらしてください。
スポンサーサイト



【2011/08/01 14:13 】 | ラルクあれこれ | コメント(6) | トラックバック(0) |
| ホーム |