FC2ブログ
L'会報後半感想
最強さんのブログで知ったんですけれど、
GLAYさんFB
http://ja-jp.facebook.com/pages/GLAY/128647183885459
まだ時々TERUさんと呑んだりするのね。
というか、この間は川崎麻世のブログでだったし、相変わらずマメだ。





さて、前回睡魔に負けて読めなかったL'会報の後ろ半分。
kenちゃんインタにL'Arcと縁のある方々、岡野さん・比留間さん・峰守さん・JINちゃんの話、
面白かったです。



kenちゃんは改めてその感性に驚かされました。
人に受ける感性というか、受け入れられる感性が、
正しく自分が心地いいもの楽しめるものであるという等式が成り立つって、
アーティストとして天から贈り物を貰ってるとしか思えないなぁ。

それについて「楽しい、楽しい」と言ってハッピーでいてくれるのだから、
天も与え甲斐があったでしょうね。

もしkenちゃんがこの感性でダムを建造していたら、
一体どんなダムが出来上がったんだろう?
もしかしたら流れ落ちる瀑布に音楽を感じれたかもしれないよね(爆)




L'Arc~en~Cielの20年に関わってきた方々のお話。
どの人の顔の表情にもラルクへの愛おしさが伝わってくる。
この一連のお話はとても興味深く面白かった。
外から見たL'Arc~en~Cielではなく、L'Arcの内側を垣間見た感じで、
できたら次号もやってほしい。


岡野さんが語る4人。

一期一会kenちゃん(以前これを聞いた時は本当に名台詞だと思った)
ポップスターてったん
頑固な大工ゆきさん
非常に美しい魂の人、hyde

hydeだけなんかめんちゃんこイメージがいい感じ。
私は「白がキツければ黒もキツい、光が激しければその分闇も強い」と思っていて、
それはhydeにも当然当てはまると思っているんだけど、
(でもニコ生で「Oバックってなんなの?」ってkenちゃんに聞いたのを観た時は確信が揺らいだ)
「魂の美しい人」という響きはとてもほぅ~~~とさせてくれるんだけれど、
私的には「闇を理解している魂の正しい人、hyde」

岡野さんの「何かが起こるであろうと信じること」という言葉。
GLMYで新たなスタートを切ったL'Arc~en~Cielは、
常にそうやって切り開いてきたんだね。



ギター&ベーステクニシャンの峰守さんの「Shout at the Devil」のお話も面白かったです。
この曲が一発録りというのは聞いたことがあったけれど、
クリックもなかったというのは初めて知りました。
ギターソロに入る時、ワウペダルの不調で一瞬音が切れてるっていうの、
私は知りませんでしたよ。
アルバムの中でこの曲の持つ臨場感に最初聴いた時に、
面白いことをするバンドだな程度の感想しか持たなかったのだけれど、
改めて聴き直してしまった。

マイハーの話のように、テクニカル部門が教えたいこの曲の聴きどころとか、
Devilの話とか、こういう裏話的なもの、もっともっと出してほしい。




JINちゃんの語る4人。

kenちゃんは天才肌
てったんは予測不能な七色の人
ゆきさん、打ち込みの師匠
最終的にいつも正しいhydeくん

前3人が語るゆきさんが、頑固な大工・ちょっと難しかった人・頑固(ストレート)だったのに、
JINちゃんは「打ち込みの師匠」
笑!

いや~、JINちゃんが純粋にL'Arc~en~Cielのファン(ラルクのっていうかhydeさんの)っていうの、
周知の事実なんだけれど、前3人もそうだよね。
L'Arc~en~Cielのスタッフってみんなそうだよね、きっと。
ちょっとスタッフズルイな。



でもそうやって考えると、L'Arc~en~Cielって本当にファンに支えられてきたのね。
いばらの道も座礁もそこにあなた(ファン)がいたから乗り越えて来れたのだろうけれど、
乗り越えてくれる、乗り越えた先にまた新しいL'Arc~en~Cielという夢を見させてくれる、
そう信じさせてくれたのはメンバーの力で、両方の一つ一つの積み重ねだよね。

L'Arc~en~Cielが20年続けてこられた魅力って、
岡野さんが言う「何かが起こるであろうと信じること」で、
ファンに自分が見たい夢を見させてくれるその過程を提示し、常に信じ続けさせてくれる。
ということなんだろうな。





そしてV新聞、来ないハズです。
ご心配くださった皆さん、ありがとうございました。

事務局に問い合わせたらなんと!住所不定で返送されてました。
住所変わってないというか、引っ越しなんてしてませんし、
表札も上がってるのに。
なにより今までちゃんと届いていたんだよ?
他の郵便物も同じように届いている。
他のメール便も来てる。
なぜに今回、そしてV新聞だけ?

これ、郵送業者側の不手際ですよね?
確かヤ●トのメール便だったな。
いつも御贔屓にしてるのになんちゅーことやねんっ!
情けは人の為ならず。 電話したる~~~~~~!!!!!

で、電話しました。
メール便の番号が分からないとその時の担当者が分からないということで、
郵便物を必ず届けるようにという注意勧告をしてくれるそう。
「郵便物を必ず届けるように」って、それが基本だろーが!

私が知りたいのは「なぜ届けられなかったのか」ということで、
その原因を知るのは業者のためにもなると思うんだけれど。

こういう問い合わせやクレームを私はよくします。
自分が利用する業者や店には特に!
それは自分が快適に利用したいからで、頼りにしてる故なんです。
何かあっても何も言わないところは二度と使わないところですね。
でもそういう処は大抵ダメだね。


事務局から返信メールも先ほど来ました。
再送手続き頼んだら、返送が確認でき次第の再送となるので、
2~3週間ほどお時間いただきますだって!!???
なに~~~~~~~!!
私早くてもこれから2週間後でしかV新聞読めないの?????

再びヤ●トへの怒りが~~~~~~~~~~・・・・・・コノヤロブッ●ロス
これから宅急便で来てもらう担当者に八つ当たりしそう。
コレ絶対に文句垂れるな私。

私の問い合わせやクレームは、愛情の裏返しだと思ってどうかひとつ。



お返事

>MOZZさん
本当に暑いですね。
お互い体調には気をつけましょうね~。

ラルクさん、確かにファンへの愛情はありますよね!
愛想が無いとは私は思えないけれど。

月曜日のOBLIさん、MOZZさん行かれるの?
私ちょっと怪しくなってきたんですよ~~~~~~~。
無事に行けれる様に今必死に調整中なんです、
とか言いながらブログ書いてますが(笑)


>mizzさん
初めまして。 初コメありがとうございます。
その件に関しては隠れてそう思っている方がたくさんいらっしゃるかと思います(笑)

20thのベストでは、「もう少し丁寧に作るべき」云々とてったんが言っていたので、
25thはこれしかないでしょう!!!

スポンサーサイト



【2011/07/15 16:51 】 | 会報・書籍・雑誌 | コメント(10) | トラックバック(0) |
| ホーム |