FC2ブログ
L'会報のメンバーあれこれとHYDEタオル
V新聞、今日も届きませんでした。
事務局さんへの問い合わせ期間が13日からだったので、
メールしました~~~。
そういえばチリDVDも来ないなぁ。
どうして届かないのかなぁ?



さて、先に届いた某デパートとコラボみたいなL'会報は半分読んで意識が無くなりました。
読んで分かったのは、ラニバはメンバーもスタッフもファンもみんなが幸せだったんだなということ。


kenちゃんは曲の空気というものを凄く大切にしてるんだね。
今は一つの曲にできることが当時よりも沢山あるけれど、
それでもその時と同じ空気を出すことを目指してる。
新しくてもあの時の曲が聴けたラニバ。
新旧両方のファンにとってこんなに素敵なことはないなって。
そしてそれを楽しい、楽しいと言ってくれるkenちゃんは、
ファンをとてもハッピーにさせてくれる。
kenちゃんありがとう。



でんぐり返しとLサインで最後全部持って行ったゆきさん。
靴が濡れたらペダルが滑ることが気がかりで、
自分だけオープニングのレッドカーペットを歩かなくてもいい?って、
あのシチュエーション(ラニバ)で思ってても普通言わないよね。
ナチュラルに演出よりもドラム。
ゆきさんのそういう処、あらぬ誤解や偏見を受けたこともあったかもしれないけれど、
歳月を経てL'Arc〜en〜Cielに消化されたのか、
それとも彼が消化してしまったのか、もうなんかね、
仮に本当に歩かなかったとしても、当日笑って見てたと思う。

今や何やっても許してもらえる不思議な人。




「ここを歩くのが僕でごめんなさいね」
てったんはまだそんなこと言ってるのか。
これ、てったんファンにとってはちょっと寂しい台詞じゃなーい?

他人に厳しいけれど、自分にも厳しくて、
完璧を目指す努力家を自負しながら、
誰よりも自分のことを認めてもらいたいと思っている甘えたさん。
だから時々捨てられた子犬みたいな顔をしちゃうんだね(笑)

てったんがいなかったらL'Arc〜en〜Cielは成り立たないというか、
他のメンバーがラルクやめますと言っても許せないけれど、
てったんが言ったら(絶対言わないけど)納得せざるを得ないじゃない?

そんな風に認められていることって凄いと思うよ。




アカペラの叙情詩の演出は演出家さんのアイデア。
自らのアピールは未だもって恥ずかしくてできないhydeさん。

でも恥ずかしいMCは意外と平気。





「震災は無視できなかった」
お祭り騒ぎの中にもメッセージを伝えるようにセトリは考えられていて、
ファンはちゃんとそれを受けとめていたライブだったよね。

でも、ハマーに『pray for JAPAN』と『HOPE』って書いてったということは、
会報見て初めて知りました。



「無愛想なバンド」と自らを言うけれど、言うほど無愛想でもないと思う。
メンバーみんな、無愛想と愛嬌のさじ加減が非常に上手いものね。
突き放されたと思ったら手を差し伸べてくるし、
リリースなくても持ち歌の数に任せて、
ほどよくブレンドした(ex.ラルクイズ)いろんなものを仕掛けてくるし(笑)
人気が20年続くにはそれなりの理由もあるわけなのです。

一番厄介なのは無愛想とか自分で言っておきながら、
愛でる要素を爆弾投下してくるところですかね。



昔の自分の歌が下手でショック!
ラニバでの歌がスタンダードと主張していましたね~。
ということで、25thには新たに演奏・歌入れしたベスト、期待してます。
もちろん、当時の空気感は残したままで。


これから残り半分読んで寝ま~す。






少し日常のお話。
一昨日から家人とちょっと細かい作業をしていて、
細かい作業が大嫌いな大雑把な私は、V新聞も届かないし益々気分が下降気味だったんですけれど、
今日は素敵な頂き物をしました。
ハイドタオル
分かります?
タオルにhyde・HYDEと羽根の刺繍がしてあるんですよー!!
同封されていたカードはスイカだった(笑)
タオルの肌触りがとっても優しくて気持ちいいんです。
ピンクとブルーだったので、息子と娘が自分達に1枚ずつ送ってくれたものだと思ったらしく、
勝手に袋から出してタオルにほっぺをすりすりしてましたけど、
私んだよっ!

ズルイー! ズルイー!!と連呼されましたが、
こればかりは譲れません。
息子に給食用のお箸としてラルクさんの会員継続特典の黄色いお箸は譲りましたが、
(愛用しているようです)
これは絶対に使わせないもんねっ!!
hyde・HYDEがクタクタになるまで使うもんね。
Sさん、ありがとうございました。

スポンサーサイト



【2011/07/14 01:46 】 | 会報・書籍・雑誌 | コメント(10) | トラックバック(0) |
| ホーム |