スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
叙情詩
ラルク再始動と聞いてまず聴きたいと思ったのが『叙情詩』でした。



季節が幾度巡ろうとも
枯れない花のように
君を想う



ラルク休止の間も時はとまることがなく、
そのあいだに私たちには、楽しかったこと苦しかったこと、
嬉しかったこと哀しかったことが起こり、

大切なものをなくし、
愛しいものが増えた。


そうやって過ぎ去る時のなかで
変わらない君への想いを綴る『叙情詩』を、
メンバーがどう表現し、
私たちがそれをどう受けとめる事ができるのか知りたい。


あと数分でラピニュですが、
残念ながら私は今回は見送り。
『叙情詩』が演奏されるかわからないけれど、2011年に行われるラニバでその機会に恵まれることを願います。




今年、当ブログを介しお世話になった皆様、ありがとうございました。
2011年もよろしくお願いいたします。


まだ家人の実家(@トイレにて)ですので、簡単ですが年末のご挨拶とさせていただきます。
お返事、また改めて



<追記>
AM1:28 帰宅しました~~~。
今、アンコ待ちですか?
なんの音もしません???????
アイムソとか叙情詩、やったのですね。

あ、始まった!
なんか盗撮みたいな映像ですけど、音源が聴けるだけでも幸せですよね。
そして会場の様子。
きっとこれでは私、人垣に埋もれてステージ観れなかったな(笑)

さて、2011年です!
明けましておめでとうございます。
今年も皆さま、よろしくお願いいたします。



お返事

>ねぇやんさん
カキカキ送ってくれていたのですね~、ありがとうございます。
しかしやはりなぜか、富良野の後のカキカキがありません。
どこにもありません。
すみません~~~~。

ねぇやんさんのコメントがいつも面白くて、
こちらも大変楽しませていただきました。
ありがとうございました。
今年もよろしくお願いいたします。


>SUZUNEさん
あ~~~、GIGS、まだチェックなう~してないなう~~。
ムックさんは私もラジオ起こししてる間に好きになりました。
今のアルバム、とても気に入ってます。

今年は本当にSUZUNEさんとは急接近。
それよりもいつも心温まるコメントをいただいて癒されてます。
本当にありがとう~。
私もお会いできてよかった!
これからもよろしくお願いします。
そして2月、是非とも再会いたしましょう!!!


>だいじんさん
コメントありがとうございます。
私、YUKKE君はとってもクールな人だと思っていたんですが、
ラジオ聴いてると逹瑯君とのやりとりでの受け答えが可愛くて。
あれ?っていう感じでした。
そして今回のゆけくん。
本当は天然さんだったんだということがわかりました~~~~(笑)
逹瑯君、このメンバーと一緒にいて毎日楽しいだろうなと思います。

リンク、ありがとうございます。
こちらこそよろしくお願いいたします。


>s・・・・さん
お~~~~の~~~~~
抒情詩やったんですかぁ~~~~
アイムソも~~~~~~~~~~

いやいや、代々木ではこちらこそ失礼いたしました。
今年こそお会いいたしましょう。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

スポンサーサイト
【2010/12/31 23:59 】 | ラルクあれこれ | コメント(12) | トラックバック(0) |
思い出がぽろぽろ(VAMPSコメントあり)JACK IN THE RADIO
年末ですね。
あと2日ですよ。
JACKも行けず、ラルクさんの年越しライブも行かない私は、
いつもの年末を過ごしております。

そういえば冬JACK、サイト観たら終わった直後でびっくりしました。
御大とかもうそろそろ出たのかな~なんて悠長に構えていたら・・・・・
仕事帰りに寄った方とか遠征してこられた方なんかは物足りなかっただろうなぁ~。
アフター5のチケット当てにして行ったってあれではね。
去年までのことを思うと、今年のJACKは予想外ですよね。
まぁ、なかなか参加メンバーやスケジュールが出なかったので薄々匂ってはいましたけれど。
それでも9時まではやるべきじゃないのかと思いました。

公式に上がっていたSakuraさんが随分痩せててびっくり。
Creature Creature、機材トラブルがあったんですね。
来年のライブ、行きたいなぁ。
JACKも来年は行こうと思っています。


なんて前置き長くてすみません。
それもJACK IN THE RADIOとはなんの関係もない。

というわけで、VAMPSさんのコメントがあった本日のJACK IN THE RADIO。
ムックさんメンバーのやりとりも可愛かった(笑)
特にラジオ終わってから配信されてくるメルマガ。
今回、YUKKEさんがおもろいことになってました。
メンバーからも「どうした?」とツッコまれてましたけど、
私も「どうしたゆけくん!!」となりました。

そんなんでよろしければ



read more...
【2010/12/30 01:50 】 | JACK IN THE RADIO VAMPS | コメント(4) | トラックバック(0) |
JACK IN THE RADIOにVAMPSコメント
今日のJACK IN THE RADIOにVAMPSさんからのコメントがありました~。
(まだ起こしてませんが)
今日はムックさんのメンバーと、

過去に「JACK IN THE RADIO」のメインを務めた、あの!?方々から
逹瑯さんへのコメントも届いてます!
誰なのか?
ヒントは二人組


とあったので、まぁそうだろうなと思ってはいたんですけど。
もちろんムックさんメンバーの時も外せませんけどね!(超オモロいから)

ということで、また後ほど起こします。
今お客さんが来てるので~~~~。

ラジオ起こし久しぶりだわ。
では、とりあえず!
【2010/12/29 21:52 】 | JACK IN THE RADIO VAMPS | コメント(0) | トラックバック(0) |
Mステ、やっと観れました~
クリスマス、あっという間に終わってしまいました。
お正月準備になんとなく町中がせわしい感じです。

今日、ガソリンスタンドに灯油を入れにいったんですけど(相変わらずチャリで)、
最近は自転車仲間が結構増えて、私の二人前も自転車の荷台に灯油タンクつけてきていました。
が、
その方、自転車を倒して灯油を盛大にこぼしてしまったんですよね。

店員さんが大慌てで薬剤撒いて掃除をして、
そこには車で来られた方でも車が入れない状態だったのでタンクだけ持ってきてもらって入れていたんですけど、
大方掃除の終わったそこに、今度はその人がタンクを持ったまま転んで、
またそこを灯油だらけにしちゃったんですねー。

で、次に控えていた私。
よく観たらチャリの前かごと荷台に灯油タンクのスタイル。

・・・・・・ふざけんなよ~

明らかに店員さんからそんなオーラが出てました。
いつもは私が灯油入れていても知らん顔のくせに、
その日に限って一人、私につきっきりでしたね(笑)




さてMステ、録画をやっと観ました。
オープニングは家族でケーキ食べていて観られず、
肝心の本番は年賀状書きながらまさかの寝落ち。

AKBのスカートの裾と太ももの境界線に娘と一緒にフォ~~~~となって、
あっちゃんがしゃがんだ瞬間にコケッとコケた時には二人して、
「観た? 今の観た? そんなあっちゃん君を許すーー」なんて、
親子で気持ち悪く盛り上がっていたはずなのになぁ。
いつ寝たんだろう?
タカミネちゃんが頑張れば頑張るほど空回りな感じになるのも不思議だな。


で、Mステのラルクさんですが、
ちらっと読んだ「ちったいケミ○トリー」という意味がやっと判明。
録画でさえ嫌な汗かいたんだから、
あれをリアルタイムで観ていたら泣いていたかもしれない。
おまけにインナースケスケでへそが丸見えだったよね?


しかし、私がコケたあっちゃんよりも何度も繰り返して観たのが、
お歌前のタモさんとのトークで「今年チャレンジしたこと何かあります?」と聞かれて、
「太ってしまってですね」
で、お話続けようとしたらタモさんに
えっ!?(太った?)って言われた瞬間

びくっ!!!

って、びっくらしていたはいたんですよ。
目もまん丸に見開いてましたね。
はいたんのその驚きようにこっちがびっくらしました。
そんな驚かんでもえぇやろ~~。
こんなところ、ちっとも変わらないね。

お歌もメドレーって聞いていたのに、2曲でもメドレーって言うんだ。
メドレーのイメージ間違ってました私。


衣装はハネハネでセヴヘブ思い出したりしてたんだけど、
相変わらず不思議衣装で、どこがどーなってんだかよくわかんなくて。
Mステ3
くるんと回転してくれたときになんとなくその不思議具合が明らかに(笑)
いや、ますますわからん。


完全にラルクのhydeでシフトチェンジしてくるのかと思っていたけど、
金髪とかネックレスとかVAMPSの名残が残ってたね。
歌にも。


hydeもHYDEも元は一つなんだし、
あえてhydeとHYDEを分けなきゃいけないってことはないのだけれど、
ハイドさんはVAMPS(ソロ)をやることで、ますますラルクのhydeを客観的に観ることができてるんじゃないかと思う。

まぁ、4人が揃えばラルクでhydeなんだけどね。


新聞も届いてました。
まだ全部読んでませんが、LILITH、来春ニューカラーで再販なんですね!
私、実を言うと料理してる間にどっか行っちゃったんですよね。

・・・・・たぶん生ごみと一緒に・・・・・・

こんなことしてる人、きっと私くらいだろうな。
はいたんごめんよ~って思っていたので、これは嬉しい。


お返事等遅れていてすみません。
【2010/12/26 23:56 】 | ラルクあれこれ | コメント(8) | トラックバック(0) |
年末に
本日、朝からとんでもなく凹むことがありまして~、

この半年、打ち合わせに打ち合わせを重ねて、
確認申請も取れて、
来年から工事という段階でお施主さんから
「思っていたものじゃない」というクレーム。

それまでとっても喜んでくれていて、
描いていったパースを何枚もコピーされて、
毎回自分で色塗って見せてくれたりしていたのに。

何が起こったのか全くわからず、
その連絡を受けた時(施工業者から)家人と茫然としてしまいました。

各方面からいろいろ情報を集めてみると、
どうやら地元業者から横やりが入ったようで・・・・・
よくあることなんですけどね。

とっても素敵な普請になると思っていたので、
私も家人もがっかり。

仕事面でこちらの落ち度は絶対ないと言い切れる。
だけど、第三者がそんな形で介入したくらいでこういうことになったのなら、
いままで培ってきたお施主さんとの信頼関係が甘かったということ。
それはこちらの落ち度です。


そんなんで今日は朝からどんより。
何がいけなかったのか、あーでもないこーでもないと、
一人悶々としてました。

果ては、「デビサイッ!」なんて中指おっ立てて舌なんて出していたからなの?
神様ごめんなさいとか思ったり(笑)


それでも年末にやることは沢山。
年賀状も500枚弱。
我が家は宛名とちょっとしたご挨拶文は毎年手書きなんです。
これも鬱々とした気持ちでなかなか進まず~。

でも今日はクリスマス。
ケーキもね、子供たちと一緒に作って。
cake.jpg

そしたら「黒ちゃんねる」のDVDが届きました。
タイミングいいなぁ。
おやつ付きでした。
クリスマスのケーキも少し前にいただいたり。
これもにびっくりしました。
遠い異国から素敵なクリスマスの風景や雪景色の写真がメールで届いたり。


みなさん、年末の忙しい時にありがとう。
喜んでもらいたいという気持ちがとても嬉しいです。


あ、今日はMステだー!

今年もいろんなことに助けられました。

皆さまもよいクリスマスを。

【2010/12/24 17:26 】 | 日々 | コメント(8) | トラックバック(0) |
夢は夢のままでと貴方は言ったのに
Jメロ、忘れそうになりましたよ。
また小鳥のようにちんまくスツールの上にウ○コ座りしたHYDEさんでしたね。
『MEMORIES』のCDもやっと買ってきました。
これの感想の先にちょっと遅くなりましたけどJメロを。



そういえば、なんのコメント映像だったか忘れちゃったけど、
サラダ食べながらセーヌ河等の風景も気にしてくださいとか言ってましたが、
私はお袖でぶらぶらしてる「白い紐」がいつかサラダボールに入って、
ドレッシングにまみれたソレをはいたんが間違って喰うんじゃないか
ということのほうが気になりました。





Jメロ、写真と一緒にVAMPSへファンからのメッセージも紹介されてました。

「チリNIVAMPSのライブを観に行きました。 私の人生において最高の日でした」
jmero1.jpg

なんかJメロ、クリスマス特集とかでVAMPSからのクリスマス・メッセージというナレーションでしたよ。
以下、VAMPSコメント。
相変わらずゆる~~いもんでした。



H:Jメロをご覧のみなさん。
めろい~~~ん、くりすますっ。 え~とね、VAMPSのHYDEと・・・

K:K.A.Zですっ

H:かずです。 え~とね、今年はワールドツアーを行いましてね、いろんな国に行かしていただきましてね・・・

K:うん。

H:すごいいろんな国で僕たちを待っててくれるファンが沢山いてね、とても嬉しかったね。

K:うん。 ありがとう。

H:ありがとうございます。
またね、VAMPSとして、もっとたくさんの国に行きたいと思ってるんで、
それまで皆さん楽しみに待っていてください。

それじゃぁ、そのワールドツアー中に撮ったPVがあるんですけどね、
それを是非皆さんにクリスマスプレゼント代わりに観てもらおうかなと思います。
観てください。 「MEMORIES」

jmero2.jpg


みたいな感じでしたけど、クリスマスプレゼント貰う前に買っちまったよ、はいたん。
プレゼント、別口でください。







さて、お次は「MEMORIES」と「PIANO DUET」です。
名古屋のヴァンパークで一度観ましたけど。
変な空間だなとずっと思っていたんですが、
あれはセーヌ河に浮かぶ住居用の船の中での撮影だったんですね。
画面がユラユラしていて、名古屋で観た時は私酔いそうだった。


「PIANO DUET」は最初に聴いた時から宙ぶらりんな歌詞だなぁと思っていました。
アルバムの他の楽曲から浮いてるというかね。
かといってシングルで出しても売れないだろうなという感じで。

歌詞も対象が誰なのか、私はよく分からなかった。
K.A.Zさんのイメージは「おじいちゃんと孫」らしかったんだけれど。

思い出とか記憶というのは、
皆と分かち合いたいものもあれば、
そっと一人でしまっておきたいようなものもある。
どちらも大切なものなのだけれど、対照的な。
「PIANO」と「MEMORIES」はそんな感じのPVでした。

「PIANO DUET」はわざわざK.A.Zさんを船から追い出して(笑)、
たどたどしくHYDEさんがピアノを弾いてて、
歌詞なんかとっても意味深。

一昨年、ママ友が亡くなった時、通夜に彼女のメモリーボードが飾られていて、
そこに彼女の生前を感じさせてくれるものがたくさん飾られていたんです。
彼女はドリカムの大ファンで、ボードには彼女がよく聴いていたCDのジャケットもあった。

こんなにドリカムのことが好きでも、当の本人たちは彼女のことは一ファンという存在で、
今彼女がこうしていることなんか全然知らない事なんだよな。

そんなこと思ってジャケット眺めてたりしてたんだけど、
この曲を聴いた時は「そういう意味も含んでいるの?」と思ったりね。
ある特定の人へのことなのかどうかも分からないけれど、
ちょっと聴いて複雑でしたね。

でもPVを観て、「ありがとう」と言ったHYDEが最後に、
ユラユラ揺れる柔らかい光に包まれて穏やかな表情でいるのを観たら、
HYDEはきっとそういう気持ちの存在もきちんと分かっていて、
常に感謝してるんだなと思った。
HYDEを包んでいる光は、
彼の深遠な部分でいつも支えになっている。
そんな撮られ方だと感じました。


で、「MEMORIES」
自分の深いところから飛び出て俗世に対面しているHYDEの「記憶」って感じ。
PIANOのように、心の奥底にあるその人にとって少し神聖な部分というわけではないけれど、
でもこれも大切な記憶。
自分が自分であるという証明のようなもの。

「MEMORIES」の歌詞を書いてるときは「自分の青春がメイン」だったらしいけど、
そして確かにそういう歌詞なんだけれど、
私は聴いたときから今のVAMPSのイメージだった。
なので名古屋で観た時に時計の針や砂時計が遡り、
時間が戻るようなイメージと共にライブの映像に切り替わった時、
あぁ、確かに私ここにいたんだみたいな、
VAMPSと過ごしてきた時間の共有を見せられたようで、
まぁ、ちょっと感動してました。




海外に認めさせて、成功すること
それがVAMPSとしてじゃないとできない責任みたいなもの



MEMORIESのような修学旅行はもう終わったのかな、ハイタン。
修学旅行終わったら大人の階段登んなきゃだもんね。
野獣さんや有松さんのような後輩の筋道も作って行かなきゃだしね。
いつまでも子供じゃいられんよ。


夢は遅すぎることはないって私も思う。
思うけど、それはその夢に向かい続けて言えること。
昨日、おとついにみた夢を叶えるなんてことはできないよね。
夢みた夢を叶えるために、今日も明日へ向かいましょう。



お返事

>ね・・・さん

ちょ!!!!!!
なんですかー、ただでは転ばない主義ですかーーー!!!
ちょっと耳ダンボなんですけど。
何か美味しい話ありました?
えぇ、えぇ、そういうのは拉致とは言いませんよね。
丁寧なお迎え&おもてなしです。
ちょっと、はい、500字を10くらい分散して投げ込んでください。
お願いします!!!



>あ・さん

初めましてー。
あ・さんも遭遇したことがあったんですね~。
あれは~、ライブ前に萎えますよね。
挙句、盛り上がってるのでカメラマンさんとかが写真撮りにきちゃったり。
今後はそういうことが少しでもなくなってくれたらなと思います。
コメントありがとうございました。



>無記名さん

私も今回初めて気がついたことだったんですけど、
たぶん以前からあったのだと思います。
まさかそんなせこいことする人がファンにいるとは思ってませんでしたよ。

しかし、スタッフには完全に面が割れてました。
なのに何も言えないスタッフ。
不甲斐なかったです。
相手もそれをいいことに図に乗ってるという感じでした。



>SUZUNEさん

そうですね~。
気持ちは現地に行ってますよね。
K.A.Zさんもそう思ってくれてるってVOICEで書いてくれてましたしね~。

確かにレポ読ませてもらって、自分なりに妄想するのもいと楽し(笑)
それで集まってわいのわいのあることないこと言うのもまた面白いですしね!
2月、そんな時間があったらいいんですけど~~~。
頑張りますね。






【2010/12/21 15:18 】 | VAMPS | コメント(0) | トラックバック(0) |
チケット悲喜こもごも
少しお久しぶりでした。
ここのところ立て続けに来年の仕事が決まり始めてバタバタしてました。

なんていいながら、昨日は一時帰国されてるゆいさんとデートなんぞもしてたんですけどね。
ゆいさん、とても素敵な女性でした。
ゆいさんを丁寧にお育てになったご両親さまのお人柄が伺えました。

K.A.Zさん話に華が咲きました~。
楽しいひと時、ありがとうございました。


それから、ディナーショーのレポ、大作でしたね~。
ツィッターで荒れたらしいんですが、私はツィッターしてないんでそんな喧騒も知らず、
レポしてくれた方のものを読んでさらなる衝撃を受けましたよ。

K.A.Zさんんの女装!?
ちょ、なんつーことさせるんじゃ!
なにそれ観たい(どっち?)
しかも『PIANO DUET』以上の演技力だったらしいじゃないですか!!!!
演技あったんだ。
HYDEのおさげでセーラー服は変態とか思っちゃったんだけど。
それはそれで可愛かったんだろうな(あくまでファン目線)



さて、一夜明けてL'APPYチケット来ましたーというタイトルがずらりと並んでいてびっくり。
こんなに多くの方がチケット取れているのに、Lモバで外れた自分(発覚、申し込んでいた!)なんだ?
多くの方が当たってるって・・・・・1ブロックでZEPP並みに入るんだから当たり前なんだけど。

ブロックごとに色も違うっての、ブロックへの不正侵入防止のためなの?
ただのデザインなの?

不正防止のためならなんの意味もないですよ。
提示されたチケットをただ見るだけでいれるなら、誰でも好きなブロック入れますからね。
某ソロで私、そんな手口で20人くらいAブロックに人が入っていくの見てましたから。

柵外にいる人がすでに柵に入っている仲間からチケット受け取ってそれで入ったり、
それにスタッフが気付いて対策講じると、
今度は中から幾枚かのチケット持った人が一人出て、
違う場所で持って出たチケットを仲間に手渡して堂々と入ってきたり。

まぁ、何度も同じ名前のチケットが出たり入ったりしてるわけですよ。
それに気付かない(いや、気付いて何も言えない)スタッフ、どーかしてると思いましたよ。

またそんな人たちがそのブロック大いに盛り上げたりしてて、
感動するより萎えてました。
同じブロックにこんなにお仲間が、しかもA2に集えるわけないだろ。
気付け馬鹿とか思ったり。
一応事務所には報告しました。
「馬鹿」とは書かなかったですけどね。


ブロック入る時にチケットと同時に手の甲とかによく分かる印でも付けないと、
同じことが起きる可能性もあるよ。
開演前にそんなの偶然見せられるだけでも気分悪いでしょ。

本当に行きたくても行くことができないファンが沢山いるこのライブで、
当たらなかったのは仕方ないとしても、
開催者側のちょっとした工夫でいくらでも阻止できるこういうこと、
オークションに流れるチケットでもそうなんだけどね。
そういうことが少しでもなくなって、皆が気持ちよく楽しめるライブになったらいいなと思ってます。


お返事

>e・・ちゃん
たぶん同感するの同世代(笑)
素敵なもの送ってもらっちゃってありがと~~~~。
もう待受けよ。


>k・・・・ちゃん
そーなの、行ってたの。
M台なんだけどね。
また時々行くことになると思うわ。
でも仕事中の私、凄い格好だから。 ほぼジャージみたいな。
犬のウ○コ踏んでもいいくらいの姿だから~~~。

あ、HPお越しくださってありがとうございます。
是非当てて!
美男と噂のご子息様たちの承ります。



>やまちゃんさん
行ける条件、自然と決まってしまいますよね~。
その前に私は年齢制限で引っ掛かりますが。
やまちゃんさん、大変なお仕事されてらっしゃるんですね。
私もかつて主計課にいたので監査に入られる苦しみは分かりますよ~~~~。
寝不足に胃痛ですよね。
無事に終わられて今頃は虚脱感?
お疲れ様でした。
できたらVやL関係でそんな感覚味わいたい!



>ね・・・さん
またすさまじいエピソード、ありがとうございました(笑)
ヘアアクセのようにぶらさがるウ○コ
爆笑!!
いや、笑いごとじゃなかったですね。
そんなことも今では楽しい思い出なんですね。

はい、ファイトいただきました。



>SUZUNEさん
富良野レポ、読まれました?
さらなる衝撃を受けたんですけど。
K.A.Zさんの割烹着姿?
え、女装?
え?
え?
え~~~~~~~?
どーします、ホストどころじゃなかったです(泣)
【2010/12/19 23:30 】 | ラルクあれこれ | コメント(4) | トラックバック(0) |
ディナー衝撃
ここ数日現場の実施調査に行ってました~。
でも、役所ってどうしてあっちこっちに分散して建ってるんだろう?(F中市)
F中市のけやき通りってとっても素敵なところね。


あっちこっちといえば私、あっちに鞄、こっちに上着という感じで
あちこちに荷物広げないと仕事できない人なんです。
(仕事中、机の上はてんこ盛り、ずっと仕事だからずっとてんこ盛り)

で、家で待ってる家人に結果報告しようと携帯で話しながら、
あちこちに散らばった荷物を片付け、
道路に投げ捨てるように置いてあったスケジュール帳取りあげたら・・・・・

スケジュール帳、犬のウ○コの上に置いてたーーーーー!!!!
どこの飼い主だよばかー!!(乾いてコロコロになっていたのが救い)

栄ちゃん、屋根裏はいずり回ってて手の平でゴキの死体踏んづけた以来の衝撃(泣)


ウ○コといえば、なぜチャンネルのHYDEさんはウ○コ座りしてんのかな?
ちゃんと座るとK.A.Zさんに比べてちんまくなっちゃうからかしら。
あんな座り方してるからキバッた喋り方になっちゃうのね。
両手でお顔隠して笑うK.A.Zさんのお上品さが際立つわ~。



『CDDLでーた』で赤チェック&ダウン、ピンクブーツにヒョウ柄ストールという
目の覚めるようなコーディネートのてったんが、
「(ソロもラルクも)同じ責任感をもってやっていかないといけない」
なんてファン受けする嬉しいこと言ってくれてて、
きっとそれはてったんだけでなくて、
きっと他のメンバーも同じこと思ってくれてるのよね!
きっとね!


なんて思いながら次ページめくったら、
二人して床に座り込んでるVAMPSのコンパクトさに(特に左側)娘と
「ちんまい! ちんまいでしょこれ! おかしいでしょ!」
って騒いですっかりてったんのいい台詞を忘れそうになったよ。

おまけに会場入りするまでもお祭り気分で、
ほんとは神輿で会場入りしたい
とか言ってる人の言葉読んだら、さっきの確信なんて吹き飛んだわ~~~~。
楽しんだね・・・・うんうん。


なんて、私がウ○コに腹立てたり、
植木の枝刺さった髪の毛で役所行って指摘されたり、
浄水場の帰りけやき通りを駅まで『FAITH』聴きながら歩いてたら、
不意に教会があらわれて胸にチクっときたり、
帰宅後速攻で餃子包んでいる間に、
富良野では夢のようなイベントが行われていたんですね~。

スーツ?
タキシード?

ディナーショーって聞いた時点で御大ならノリで絶対コレで来るよと予想はしていたけど、
実際やられるとそのレア具合に涙出てくるよね。
なんとなくHYDEさんは想像つくんだけど、
K.A.Zさんは~~~~~~。
悶絶してるK.A.Zファンは多いと思う。


野獣さんもタッパがあるからとっても似合うと思うな。
有松さんなんか南米マフィアだよね、きっと、白いストール掛けて欲しい(笑)
JINちゃんも素敵なんだろうけど、
JINちゃん、背中にエイリアンの幼虫背負った衣装以上に似合うものあるのかな?

マンプス増刊号に載せてください。


ハワイとか海外ライブツアーとか、こういうイベントって行く人というか、
行けれる人、申し込みの出来る人っていつも決まってる人よね。
条件が。
申し込みさえできない多くのファンは、この先こういう企画何度持って来られても
いつまでたっても蚊帳の外って感じ。

富良野ディナーショー、
今回は長いツアーをやり遂げたメンバーや、
同行したスタッフさんへの打ち上げパーティーみたいなもので、
そこにファンもいたらいいよね~、って感じのノリじゃないかと思った。

行かれた方の幸せそうな様子に直接触れることができるのも、
スタッフさんたちにしたら今までの労力が報われる嬉しいことだろうし、
さらに意欲も出ることだろうね。

来年は白鳥のバタ足並みな水面下の動きらしいので、
これはこれできっと大変なことなのだろうけれど、
富良野でリフレッシュして、再来年? また楽しませて欲しいですねー。

富良野ディナーショーレポ、楽しみだ~。



お返事

>ね・・・・・
目と鼻の先にいながら~~~、ですね。
馬の鼻面に人参状態ですか?
想像を絶する寒さなんでしょうね、冷蔵庫のほうがあったかいって信じられません。

B級ホラー、私はツッコミながら観れるのがB級という括りですけど、
そうするとほとんどのホラーがツッコミどころ有りじゃないですか?(笑)

>観た後安眠できる
これ共感できますね~。
ホラーって観た後に結構ストレス解消できますよね?
私はイライラしたり気分が落ち込んだりしてる時に猛烈に観たくなります~。


>SUZUNEさん
私は2日目だけとりました~。

職場もご両親も気持ち良く送り出してくれるのは、
SUZUNEさんが日ごろからそういう(感謝の)態度でいるからだと思います。
私は+顔色伺いながら(笑)

2月、無事にご一緒できるのことを願ってます(顔色伺いながら)



【2010/12/16 11:30 】 | VAMPS | コメント(6) | トラックバック(0) |
PATi-PATiてったん
すっかり世間のことに疎くなってしまって、
『PATi-PATi』の表紙がてったんだと知らなくて、本屋でびっくりしました。

表紙開いて『COME ON!』のジャケ写ドアップで更にびっくり。
雑誌落としそうになったよ。

アルバム『COME ON!』についててったんの想うところが丁寧に書かれていて、
いいインタだと思いました。

笑っちゃったところが、
自分の作る曲と、ヴォーカリストとしての自分の力量との差について、
ベーシストなのにこれだけ歌えるんだ!と考えるのか、
hydeと比べたら下手くそと考えるのかっていう考え方の違い
と言ってるんだけど。
この喩えにhydeさんを出すところがリアルすぎて・・・・・(笑)

てったん、頑張れと思ってしまった。


そして、ちょっとね、グッとキタところがありましたよ。

「たぶん心の弱い人だと、ぼろくそに言われた時点で心が折れていたと思う。
でも僕はそれでも前に進んでいる。

そうだよね。
それでもそこにいたくなかったら前に進むしかないんだよね。
いや~、これでもぼろくそに言われて凹む時くらい私にだってあるんですけど、
まさかてったんの言葉で「グッとくる」とは思わなかった。

そうやって前に進みながらできたアルバムなのか、『COME ON!』は。
楽しみです。



あ、hydeさんの詞にもあったね。
「今日も明日へ向かおう」

そんなHYDEさんはヤス君と博多デートしておったみたいで、
プリ観た時、マジで「HYDEの隣誰?」って、わからんかったんやけど。
ヤス君、可愛らしくHYDEを引き立たせておりました。
まさか富良野にまで現れはしないだろうな!


JINちゃんは富良野入りしてるみたいだけど、
ということはK.A.Zさんも入ってるのかな?(音弄りの二人組)
メンバーみんなもういるのかしら?

ディナーショー、VAMPSメンバータキシードで登場したらいいのに(笑)



お返事

>やまちゃんさん
お久しぶりです。
7日、いらしゃっていたのですね。
私は横断幕の通路挟んで真後ろでした。開演前から横断幕を持っているのが観えたので、
いつ張るんだ~、頼む~前方ふさがないで~なんて心配していたんですけど、
見事に被りまくりでした(笑)
スクリーンがなければあの場所にいながらあのHYDEさんが観れなかったところです。
まぁ、野獣さんは横断幕の上から顔が出ていたんですけどね・・・・・

いいライブでしたね。
いや、アリーナ、全部いいライブでした。

年末、そうであってほしくはないんですけどね~~~~



>e・・ちゃん
ラッキーでした。
あれでもブロックがもっと後ろだったら分からなかったんだと思うよ。
DVDに入るんじゃないかな?



>s・・・・さん
てっきりせいらさんとご一緒かと勝手に思っておりまして、
事前にご連絡せずに本当に失礼なことでした。
すみません。
もしかして近くだったんですか?
今度の機会には是非お会いさせてください。



>ねぇやんさん
そんなふうに言っていただけて嬉しいです。
ありがとうございます。
フィリピンにも泣き女という職業があるんですね。
韓国にもそういう方々がいらっしゃると聞いたことがあります。
映像でも観た事ありますけれど、凄かったですよ。
ねぇやんさん、そんな感情あらわに泣けるなんて羨ましいです。

B級ホラー、何処までがB級なんでしょうか?



>SUZUNEさん
そうですよ~、確かにいたんですよ~。

K.A.Zさん、動きのセンスですよね。
HYDEさんにも感じますけれど、ギターを持ったK.A.Zさんは最強です。
マイクの角度、きっとソレですよ!(笑)

ラジオ公開行かれたのですねー。
お疲れ様です。
「はいど?」と言っていらっしゃったのはファンでなく一般の方だったんでしょうかね?
ファンだったら知っていますものね。
みんなに観て欲しい!っていうSUZUNEさんの心理、分かります~。



>k・・・・さん
そういうことでしたー。
なんか凄い勢いだったよ(笑)
あら? 何? 好きなんじゃん!って思ったんだけど。
そうね、二人いたらなかなか入ってこないわね。
私は入ってくるけどね(爆)
【2010/12/13 23:55 】 | てったん | コメント(2) | トラックバック(0) |
まだゴールは見えない それぞれの道 VAMPS LIVE 代々木ファイナル
VAMPS LIVE@代々木、幸運なことにB&B以外の日程に行くことができました。
初日は南スタンド2階であったにもかかわらず、
初っ端からHYDEの気迫がビリビリと伝わって鳥肌が立ったライブだった。

B&B空けて、3日目。
松井さんのチケ運にあやかってB2最前バー。
視界良好。楽しかった。
この日はHYDEの美学の集大成だったらしい。
なぜか私にはHYDEが感情を今ひとつ抑えているように感じた。
それであるからこそ最後にそれが崩れた瞬間が際立った。

そして4日目。
長かったVAMPSのツアー最終日。
北スタンドA2階という最果て・最高峰のチケットも、
きっとスクリーンやステージがほぼ正面からでみやすいから
という配慮なんだろうなと納得していたのに。
私の席を聞いたせいらさんが、
「Vチケなのになんでーーー(大爆笑!!!!!)」
理由はこっちが聞きたい。

客電が落ちた。
前日のオープニングは棺桶ヴァージョン。
これを初めて観たという松井さんもやはり感激していた。
あれはカッチョイーよ。
4日目ファイナルは「アルカディア号」ヴァージョン(命名松井)
観て納得、キャプテンハーロックの船、
「アルカディア号」の中枢コンピューター(トチロー)みたいだった。
気付いたらお立ち台に野獣さんとVAMPSの二人。

この瞬間、会場中のエネルギーがとてつもなくて・・・なんていうのか、
ひと固まりになってVAMPSが呑みこまれそうだった。

HYDEが必死にそれに向かっているという感じだった。
会場中の全エネルギーが渦巻いてHYDEに向かって流れ込んでいってるように見えた。
それを一手に引きうけるHYDE。
うわぉ! ステージにちったいBEASTがいるよ!!(ちったいはいらん)
実はここでその光景に感動のあまりジンとなる。

「THE PAST」、「GET UP」のK.A.Zさんソロ。
両日堪能。 
身体でリズムとってギターネックが上下してるのを見ると、
口元が自然にへら~~としてきますよ。
同じようなことハイタンがしててもなんとも思わないのに。
はぁ~~、右肩萌え。


「MY FIRST LAST」
有松さんとJINちゃんが蝋燭の灯りで祭壇の中の人みたいになって、
曼荼羅の構図とは程遠いのだけど、曼荼羅絵のイメージが浮かぶ。
前日はこの流れできた「JESUS CHRIST」だった。
あまりのハマリ具合にクラッとした。
HYDEの美学を感じた。



JINちゃんのMC

ゴーストホストのような喋り方がいつもだと思われているみたいだけど違う。
今日はいつものように話してみようと思うと言った後に、
「どーも、斎藤 仁でーす」

VAMPS起動してから180本以上のライブをし、
そのほかにリハなど合わせると、
本当に長い時間を一緒に過ごしてきたんだなと実感
いつも恥ずかしくて言えないけれどありがとう

その後またゴーストホストに戻るも、
「さて、ライブも中盤、ここから一気にたたかみかた○△×★~~~~」
噛んだ 最後の最後に。

そんなJINちゃんにホッとしたりする。
そして、恥ずかしくって言えなかったJINちゃんの「ありがとう」を聴いて、
隣にいた松井さんの肩をバシバシ叩く。

JINちゃんのツイッター、面白いよ。
B級ホラーについては、私JINちゃんと感覚が合う。
「死霊のはらわた」と「バタリアン」はマスト。
B級を無表情で観るK.A.Zさんは理解に苦しむんだけど、
ホラー映画におけるA級とB級って何がどう違うんだろう?


「HUNTING」でK.A.Zさんの後ろをトコトコどこまでもついて行くHYDE。
気付いたK.A.Zさんが振り向いて笑ったりとか。
いや、気付いてよかった、何かされる前に・・・・・
野獣さんと一つのマイクで「ハイホー」。
K.A.Zさんのマイクでコーラスする、マイクに対する顔の角度が好きだ。
誰にも分かってもらえなくていいよ。


ん? ハイタン、今自分のこと「おぢさん」って言ったよね?


この辺りで膝を前の椅子の背もたれにガンガンぶつけて、今真っ黒。
ATのタオル回しも見晴らし台から観ると壮観だった!




12月8日はレノンの命日。
だけど「Lucy in the sky with Diamonds」を持ってきたのはアーリーのため。
カモーーン Lucyと叫ばずに、
「かもーーん、アーリー」


アーリードラムソロ

有松さんが叩きだすと間髪入れずに
3枚の巨大スクリーンに満面の笑み(いい顔していた)の有松さんの写真と、
「HAPPY BIRTHDAY TO ARIMATSU」の文字。
湧く会場。
ちょっと違う意味で湧いてる会場に、その理由もわからず太鼓を叩くARIMASTU。

いやいや、このドラムソロがとってもよくて。
もう身体が自然と踊りだせてしまって。
有松さんのドラムを聴き入る周囲の方とは私のテンションちょっと違ったんじゃないかと思います。

有松さんのドラムは仙台で聴いた(有松さんがまだチョンマゲしていた頃)時に肌に合うと思っていた。
私の好きな土臭い太鼓だった。
それがある日、なんか面白くないドラムになっていた。
最初の頃のまだ「ドタバタ」していた時のほうが好きだった。
確かに上手くなってはいたんだけれど、
「つまんない太鼓叩くなよ」って、思ったりした。

それが海外周ってきて久しぶりに聞いた有松さんのドラムはまた変化していた。
有松さんの熱いところが熱いくらいに感じられた。
以前のバンドに引っ張られてるという不安定な感じがなくなって、
有松さんの太鼓が曲を引っ張っていた。
身体が自然に踊りだしてしまう。
感激だった。
興奮して叫んだよ、「ありまつー!」


叩き終わってスティックを回転させながら有松さんが放りあげると、
「ハッピヴァースディー~」と歌い出すHYDE。
笑いだす有松さん。

ツアーの日程表もらったときからファイナルと自分の誕生日をかなり意識していたらしい。

ファイナルに誕生日もってくるなよなー
いいなー ずるいよなー


有松さんがこの日に持ってきたんじゃないじゃない。
持ってきたの自分じゃん(笑)
羨ましいなら誕生日ライブやりゃいいじゃん、ハイタン。

登場したケーキにもいい笑顔のARIMATSU!
自分と会場にいる同じ日に誕生日のファンにも「おめでとう」を。
素敵だよありまつー。


「MIDNIGHT」「吸血」
HYDEさんの喉に惚れ惚れしたね~。
でも「ゲホォ!」って、どこかで言ってたんだけど。
そして上手く誤魔化していたけど(笑)
それからちょっとセンターでフラフラしていた。
私もフラフラだった(腹減って)



アンコール

私のエネルギー補給タイム。
腹減って目がまわりそう。 おにぎりを食べる。
一人しずか~にBGMに「PLUG IN」を思い浮かべながらいつも食べる。

スクリーンにはK.A.Zさん以外のチームVAMPS。
K.A.Zさんの代わりに昨日に引き続きピンクのカエルさんが座っていた。

ハイタンが二度見して(笑)
「かずくん? え? かず? かずどうしたの?」ソファーの前方(カメラ側)を見て、
「あ、かず。 (そんなとこにいたの) こっちこいよ」

みたいな小芝居が繰り広げられた。
毎回コレ、ハイタンが考えるんだろうか?
いつもニコニコして付き合ってあげてるK.A.Zくんですよ。

7日はそこから、K.A.Zくんまさかのカエルさん逆さづりで、
ハイタンがそれを自分のカエルさんつかってボコボコにするという、
バイオレンスな景色が眺められたんですけど。
K.A.Zさん、「カエルさん、カエルさん」ゆってる割には、
カエルさんに無体なことしはる。
さらにハイタンのバイオレンスにニコニコしながら付き合っていた。

8日は、ソファーに座ったK.A.Zさんの右頬に「ちゅー」の仕草。
目をまんまるに見開いてびっくり顔の真似のK.A.Zさんだった。



「REVOLUTION」やってJu-KenのMC

尊敬する二人のあにぃ、HYDEさん、K.A.Zさん。
おない歳の兄弟みたいなアーリー。
JINちゃんは・・・・・酒癖の悪いおねえちゃん。

チームVAMPSの家族構成を紹介した後、
チームVAMPSはメンバーだけでなく、
スタッフ、ファン(世界各国のファンも含めて)がチームVAMPSだと思っていると、
少し赤い目で話す。

神様から素敵なプレゼントを貰った。
またどこかで会いましょう!


「どこかで」っていうのに引っ掛かった私。
野獣さんは頭のいい子だから今後のことでいろいろ考えるところがあるのじゃないかと思う。
今のメンバーでもうVAMPSっていうイメージが固定してるところがある。
そこにはメリットもデメリットも潜んでる。

「VAMPSの顔色うかがわず、やりたいようにやれ、自分がカッケェーというもの持って来い。
お前の次のステップはそういう自分探しだ」

酔っ払いながらHYDEさんが以前野獣に言ったこの言葉、
そこを踏まえてのことだったんだろう。


「MEMORIES」 「SWEET DREAMS」
ちょっと歌に詰まったHYDE。 苦笑いしている顔がスクリーンに写った。
分かっていたけど、隣の松井さんはすでに号泣。
涙も拭かずに泣きっぱなし。
見かねてタオルを差し出しました。

私は、泣かなかった。
涙が出なかったです。
でも胸は暖かかったです。



歌が終わって、真っ暗な中からビヨンビヨンな声が突然聴こえる。

K.A.ZさんMC

「きょ~でおわりだねぇ~」

ちょっ! 照明なにしとんっ!
スクリーン、K.A.Zくんを映さんかいぃぃーー!!!

か・K.A.Zくん、まてまて、待ちなさい。
てか私、ちょっと落ち着け!!!

そんな私のアタフタを知らず、隣で静かに涙を拭う松井。


ここまでこれたのはみんなのおかげ
スタッフもメンバーもみんないい人
はいどなんか、寝る間も惜しんでね・・・・企画とかして、
ほんと感謝してます

ね・・・・終わっちゃうけど
楽しんでいってください。

またあいましょう



おっきな目がうるるるる~だったね。
「終わっちゃうけど」っていうのが、本当に寂しそうだったなぁ。



HYDE MC

ちょっと明るくして!

しめっぽいから嫌らしい。
すぐに泣く癖に(笑)

子供みたいにヤリたいことヤリまくったと言っていた。
2年半でこんなとこまで行ったバンドはないだろうとも。

しかし、前日のMCでは登りきったら次のステップが見えてきて、
ないと思っていた可能性がまだまだあると実感していると言っていた。

そういう可能性を一緒に作っていこうとも言ってくれた。
だからいろいろ溜めておけと。

ためておけ
・・・・・・金かーーーーー笑
感動的なMCなのに、変に裏をかくダメな大人二人。


ラヴアディ、SBRR、アリーナぐっちゃぐちゃな感じだった。
会場中を見渡していたVAMPS。
「ゴン」とHYDEがマイクを投げ置く音がして、
メンバーと握手をするHYDE。
最後にK.A.Zさんとハグ。

HYDEの耳元で何か言うK.A.Zさん。
「ありがとう」かな、「お疲れ様」か?
ニコニコしていた。

ステージをはけきるまで掲げてくれていたK.A.ZさんのVAMピースが、
スクリーンに写っていた。

最後、スクリーンに「THANK YOU ADDICTS」の文字。
あ、終わったんだと感じた。



ゴールの見えないそれぞれの道を向い続ける
人生にゴールなんてないと私は思っている。
どんなことがあってもひたすら生き切ることを続ける。
それがその人の生。

2年半、思わず行くことのできたライブもあった半面。
用意していたチケットを無駄にしたことも多々あった。

でも、仕事に穴をあけた事はない。
家族の協力なしではできないことは承知しているが、
家事も手抜きはしなかった。
それはVAMPSの二人に対しての礼儀だと思っている。
それについて大変だなどと思うことは、
身の程知らずも甚だしい(と、家人の言。 はい、ごもっとも)

次逢える時にはお互いどんな変化でもって再会できるのか。
つまらないことにはなりたくない。
VAMPSの休止期間もゴールの見えない道は続いていく。
それはきっと生きがいのあることなのだろうと思う。

再びVAMPSの二人として逢えることを楽しみにしてる。
ありがとう、HYDEさん、K.A.Zさん。



余談

終了後、SUZUNEさんと待ち合わせしていた私たち。
「MEMORIESから栄さんなんか号泣するんだもん」
SUZUNEさんに訳わからん嘘をつく松井がいた。



【2010/12/10 21:47 】 | VAMPS LIVE 2010 | コメント(12) | トラックバック(0) |
本日ラスト

今日の私のラッキーポイント

『見晴らしのいい場所』

本日、スタンドAの2階
ラッキー(≧▼≦)


なのか?

いやいや、してみせるさ
行ってきま~す

【2010/12/08 16:03 】 | VAMPS LIVE 2010 | コメント(4) | トラックバック(0) |
HYDEが崩れた一瞬 代々木3日目
代々木3日目。
HYDEにとって集大成のライブ。
もちろん私たちにとっても。

そして今朝がたの血文字によれば、
今年格好いいと思った流れに沿った、
HYDEの美学の集大成のライブ。

5日は参戦してないのでわからないけれど、
4日と比べるとHYDE自身はストイックだったと思う。
(途中いつもの喘ぎMCはあったけれど)
私は精神的なストイックさを感じられた。


そしてアンコールで「LOVE ADDICT」
A2にいたグループの4人くらいの女性が肩車をして横断幕を掲げた。

後ろからだからはっきりと分からなかったけれど、

「VAMPS ありがとう」と書かれ、周囲には寄せ書き。

あー、これHYDE泣くんじゃない?と思って見てた。


そして、一瞬だけど歌に詰まったHYDE。
少し目線を下に流す。

野獣も神妙な顔してたなぁ。
K.A.Zさんも・・・・・無表情だったけど。


HYDEの美学、ほんのちょっと崩れたよ。
ありがとうVAMPS。
今日も最高でした。








まぁ、B2にいた我々、横断幕掲げられてる間、
ラヴアディの間、ステージなんにも見えませんでしたけどね!!!
スタッフが慌てて降ろしにきてくれたけれど、
スクリーンがなければHYDEの表情まったく見えなかったよ。

横断幕、あんなHYDEを見せてくれてよかったけど、
これからは一瞬でお願いします。




追記
夜中、寝シナのVAMPS_BEAST
布団の中だったから面倒で載せなかったんだけど。

今日 前のブロックの垂れ幕にやられた [VAMPS…]
後半がくしゃくしゃだったから、何だろっておもってたら(ありがとう)だった。
不覚にも一瞬歌えなくなった… それはこちらのセリフだよ。
ありがとう☆ 今日は最高だった。 また明日!



・・・・はいどぉ~~~~






【2010/12/07 23:58 】 | VAMPS LIVE 2010 | コメント(4) | トラックバック(0) |
「でも・・・・・お前らサイコー」 12月4日 VAMPS LIVE 代々木初日
4日のVAMPSライブ代々木初日にご招待チケットで行ってまいりました。
あ、その前に、
本日の「BEAUTY & BEAST LIVE」のSUZUNEさんによるハイシカ速報の こちらもお楽しみください。












さて4日のライブですが、ペアチケットだったのでkazueちゃんをお誘いして、
二人で南スタンド2階の最高峰にて「かみなりおこし(by JINちゃん)」になってきました。
いや~、代々木の天井、こんな風になってたんだ~。


日が過ぎてしまい記憶も定かでないので印象に残ったことを。



セットというよりも照明や映像が凄くて!!

まず棺桶のオープニングにびっくりというか、大喜びでした。
PLUG INをBGMに映像で浮かび上がった「棺桶」にチューブが伸び、
赤い液体(きっと血液のつもり)が棺桶に流れ込みチャージ完了!
と同時に棺桶の蓋を弾き飛ばしてVAMPSの二人が登場!

誰や、こんな映像考え付いたの、素敵!
格好いい!


しかしスタンドDはステージから遠い、しかも2階席からは二人の姿は豆粒ほどにしか見えませんでした。
が、
それでもHYDEさんの気迫がビシバシ伝わってきました。
HYDEさんの表情なんて見えないのに、
1曲目のDEVIL SIDEから飛ばしてるという感じが肌で感じるんです。

鳥肌立ちました。

COUNT DOWN、DOLLYと続きスクリーンに映ったHYDEさんはすでに滝のような汗。
HYDEの表情が分かると更に気合が入りまくっているのがわかりました。

なんか凄いな~。
ZEPPのほうが近くて表情だってよく分かって、
まとわりつく空気もなにも、もっと生々しいはずなのに・・・・・

サイバーな映像の効果もあって、
ZEPPの生々しさとは違って、エンターテイメント性が際立ったステージなんだけれど、
きっちりロックを感じさせてくれる。

どーだVAMPS、スゲーだろ?

歌うHYDEさんの全身からそんな気迫がずっとダダ漏れでした。

正直VAMPSは箱向きのバンドで、箱でその真価を問われるものだと思っていたんだけど、
とんだ思い違いでした。

アリーナならアリーナでのヤリ方を心得た長年の経験とノウハウによる緻密な計算に、
情熱とロック魂と遊び心が加味された今回のステージ。
そのステージ映像が、そのままBEASTの真の姿を現しているようでした。
「野生と冷静のバランスが保たれているのが一番」
HYDEさんの言葉を思い出したりしてました。

COSMOS、GET UPの映像はブルーが基調の爽やか且つ疾走感溢れる映像で、
HYDEさんの声も天に抜けて行くような感覚。
ただ、天井が近かったのでビリビリと天井に響く音が残念でした。

エヴァネッセント、「ここまで来たから心配しないで」と言われても、
いつまでも心配してしまうのだよ(笑)


曲についてあれこれ述べたいのだけれど、
今回HYDEさんのMCでの言葉のほうが心に残ってます。

レボリューションの後のMCで、
インタヴューでどのライブが一番だったかとよく聞かれるのだけど、
一番なんて決められない。 どのライブも良かった。
いい夏だった。 ありがとう。 


今までのライブを振り返るかのようにしばらく考えて、
(その間目がキョロキョロして、本当にいろいろ思い出している感じだった)
どのライブも良かったと、
それまでの激しいライブとは変わり、静かな口調で答えていたのが印象的でした。


それからアンコール明けのアリーナのストンプ → 地下鉄?のくだり
前々回のストンプネタバレの時のことなんですが、
ストンプ → 地下鉄?を何度もやった後、

わかった、わかった(笑)
こんな風にいつも(ファンに)からかわれているんですけど・・・・・


そんな風にね言いながら、とっても優しそうに笑っていたんですよ。
ファンのことが本当に可愛いって感じで。
そしてその後に、少し恥ずかしそうに笑いながら、

・・・・・でも・・・・お前ら最高

他の方のブログをめぐってみたんですけど、このHYDEさんの言葉書いてらっしゃる方がいらっしゃらないんですよね。
私の思い違いか、聴き間違いか。
いや、そんなことはないと思いますけど。

この言葉、当日そこにいたファンだけに向けられた言葉でなく、
全てのファンへのHYDEさんの気持だと感じました。


VAMPSのライブも残り2日。
今回のステージ、実は前年よりも楽しみな気持ちが大きいです。
「集大成」と「打ち上げライブ」
しっかり楽しませてもらうつもりで行ってきます!


お返事

>ゆ・さん
初めまして。
私もe+でしたが、当選された方、沢山いらっしゃいましたよね~。
こんなに招待しちゃって採算合うのかしらと、いらぬ心配してしまいました。
4日、楽しかったですね。
本当にHYDEさんには感謝です。
コメント、ありがとうございました。




【2010/12/06 01:35 】 | VAMPS LIVE 2010 | コメント(6) | トラックバック(0) |
ハイシカの行方、SUZUNEさん速報より(追記あり)
ネタバレですよ~













しますからね~



SUZUNESさんがハイシカの様子をレポしてくれました。
以下、SUZUNEさんのメールより。




立った 歩いた 止まった……… 進んだ

あぅっ?

HYDEさん?何処? (崩れた)

たった 
すすん…だ


おっとっとー
あるいた


…すすんでるすすんでる


あぶないっ!

立ってる!
あるいてるー!


…をくりかえし
 
転がってステージへ帰りました





最後転がって~(笑)
でも、VAMPSツイッターにもあがっていたように、伝説が今宵無事に生まれたようですね~


BEASTの皆さん、お疲れ様でした

BEAUTYの皆さんも、盛り上げお疲れ様~

HYDEさん、おめでとうございます

KAZさんの膝枕羨ましい~
(kazueちゃん、メールありがとう)

只今電車で移動中なので、お返事は帰宅してからさせていただきます~



追記
本日の代々木ストンプ拝聴の様子も送ってくれました




レボリューション今日も外だったです
で、


K.A.Z様(族ヘッド)
HYDEさん(その女←彼女)
野獣さん・アーリーさん・JINさん(その仲間達)

注:( )内はSUZUNEさんの設定と思われます(笑)

の様にかたまって会場目線送ってくるのですが

?!
HYDEさん、K.A.Z様に膝枕してもらってる?

様に見えたんです
(-_-メ)


(kazueちゃんもそうメールしてきてくれたので、見間違いではないと思われます)


HYDEさんが最後に
ストンプ満足?うふっ
みたいに上目使いでK.A.Z様を見たのですが

K.A.Z様  …… ←クールにうなづくだけ。

カッコイイ ジツニ カッコイイ(゜_゜)

栄さ~ん、もぅ、対処の仕方がわかりません~(T∧T)/






もう、ムカつきながら萌えましょう。


【2010/12/05 21:01 】 | VAMPS LIVE 2010 | コメント(4) | トラックバック(0) |
代々木初日 ストンプネタバレ
ネタバレですからね
















しますからね




HYDEさん、気合い入りまくりでした

VAMPS、代々木イケるじゃんと思いました


アンコ明けがレボリューションでしたが
休憩中に場内にレボがかかりはじめ、皆自然とストンプ状態

するとスクリーンにまったりしてるチームVAMPSが映りました

なんとチームVAMPS、会場外に設置されたテントの中で会場に鳴り響くストンプを聴いていたもよう


スクリーンのHYDEさん、マイクを取り上げ
『もっと』の催促

外にいる吸血鬼達に聞こえるように、アリーナ一生懸命ストンプです


そのままHYDEさんたちは会場入りしてステージへ


外で聴いていると地下鉄が走っているように聞こえると

それを聴いてアリーナまたストンプ


『ん? 地下鉄走ってる?』
と、オトボケHYDE

HYDEさんが何かいうたびにストンプするアリーナ(笑)→『地下鉄走っている?』をしばらくやってました


仕舞には『大人をからかうな』と言っていましたが、明らかに嬉しそう

これから代々木に参加の皆さん、特にアリーナの皆さん

存分にストンプして、ハイタンを喜ばせましょう
子供みたいに喜びます(笑)

取り急ぎ

また後程~
【2010/12/04 20:54 】 | VAMPS LIVE 2010 | コメント(6) | トラックバック(0) |
VAMPSからのクリスマスプレゼント
申し込んでいたのすっかり忘れていたんです。
ご招待ペアチケットのメールが来てびっくり!
こういう類の運には巡り合ったことがないので、
明日はハイモバの当日券に応募してみようとか思っていましたよ~。
私がこの手のものに当たるとは・・・・・チケット余ってんだな。

急だったにもかかわらず、一緒に行っていただける方も見つかりました(kazueちゃんと行きまーす)
予想だにしていなかったので、本当にプレゼント貰った気分~。
嬉しいなっと。
本当はチケ代払って楽しむべきなのにな(大人なんだから)

9月以来のVAMPS-。
箱最終の名古屋では19日行けなくなって涙したので楽しんできまーす。


美女と野獣のグッズは、私が行く頃にはないと思うけど、
あれをハイタンとK.A.Zさんがペアで着てきたら、
とんでもなく可愛らしいことになると思うな!!
もちろん、ハイタンが羊さんさ。



話変わって、VSライブに行って以来sadsのK-A-Zさんの(太もも)ことも気になっていた私ですが、
『B-PASS』のTHE 取材ページにあったK-A-Zさんに関する一文に釘付け。

ケータリングのサンドイッチをK-A-Zさんが食べようとしたら、
レタスかなにかの野菜が入っていたようで。
「野菜嫌ーい」と子供のような発言をし、
隣にいたクボタさんに野菜を食べて貰っていました。
とってもかわいらしかったK-A-Zさんでした。


・・・・・・ヤバイ。
「野菜嫌ーい」だって。
あんなごっつい成りの人が、サンドイッチの野菜取って貰ってる姿。
野菜サンドの差し入れしてやりたい。



お返事

>SUZUNEさん

バレエに限らず、一つのことを続けていくことって大事ですよね。
自分の糧にもなるし。
それを知ってもらいたい。

K.A.Zさんの写真、どんだけおされな自動販売機なんでしょー(笑)
K.A.Zさんの写真、青い色の写真が多いですね。
バーのようです。
バーに置いてある自動販売機のようです。

2月も楽しみですよね。
私も今から行ける方向で根回ししていきます。






【2010/12/03 23:59 】 | VAMPS | コメント(6) | トラックバック(0) |
人の上を歩ける魔法
『B-PASS』のアーティストなんでもベスト5で、「魔法が使えそうなアーティスト」の結果が、

1位 藤原基央(BUMP OF CHICKEN)
2位 GACKT 
3位 YAMATO(ORANGE RANGE)
4位 HYDE
5位 升 秀夫(BUMP OF CHICKEN)

って、結果になってましたね。
2位のGACKTさんは「破壊力が半端ない魔法までマスターしてそう」とかあったと。
1位の藤原さんには、「動物と会話ができる魔法が使えそう」、「星を降らせる魔法が使えそう」なんてのがあったらしい。
4位のHYDEさんも、もし魔法が使えるならそんなことできそう(痛)

うちのはいシムも魔法が使えるようになりましたけどね。
snapshot_3535975b_388ebd2f.jpg
この子の魔法はママ(私)仕込みでエゲツないです。
元気にしてるかしら? おいたしてないかしら?


魔法が使えたら、人の上をスイスイと歩けることができるのにね。
美女と野獣はチケットのはけが悪いの?
ハイモバDiaryでHYDEさんがそんなこと書いていたけれど。

「人の上を歩ける術」は、魔法でもなんでもないからね。
ファン(今回は男性ファンのみだけど)とHYDEさんの信頼関係を量るような映像になるんだろうなぁ。
BEAUTYたち如何によっては、BEASTの士気も上がるというもの。
観てるだけ以上のことはできるはず。


「成功したい!」って。
HYDEに「人の上を歩くことができる魔法」を、是非かけてあげて欲しい。


ちなみに、9位には我らがリーダーてったんもおりましたよ。
このアンケート、
すでに音楽に魔法がかかってる
というのが共通して見られた意見だったそうです。

そんな魔法がかったラルクの音楽が生で聴けるのも、もう間もなくな師走に突入です。




さてさて、K.A.ZさんVOICEも昨日更新されていたんですね~。

残りのライブを観れない人も気持ちは参戦してくれている
とおもってるから☆~(ゝ。∂)


あ~、ほんわかする。
ライブに行きたくても行かれないファンの気持ち、
ちゃんと汲んでくれてる言葉よね。

また ☆~(ゝ。∂) 付いてるけど。


オブリのライブもね、予定が分からないですけど、
一応行く方向で動いて行こうと思ってます。




あ、余談ですが我が息子、私がオブリのDVD観てたら「HYDEのにしてよ」って言うんですよ。
なんか複雑~。
でもせっかく息子がそういうのならと、2009のDVD入れたら、
「LOVE ADDICT」で「あ! これこれ!」って言って、
クラップしてました。

おしい!!
もう少し大きかったら(現在小6 身長143㎝、前から3番目)BEASTとして送り込めたのに~~~~。



お返事

>SUZUNEさん
娘のバレエ、日曜日でした。
ステージにだんだん人数が増えて行って、最終的に全員が踊るという内容だったのですが、
その中で娘のソロが少しありまして、
舞台袖でしか母は観ることができないんですけど、感動しましたよ~。
未就学児の生徒さんも一緒に踊るんですが、
まぁ、なんというか、その時は先生と生徒みたいでしたけど。
本格的にやっていくつもりは本人にはないようですけど、
趣味でいいからずっと続けていってほしいと思っています。

そして夢は、孫の発表会を観に行くこと~。



>な・さん
そうらしいですね~。
ブログ巡りして知りました。
茶、いまだ遭遇したことありません~~~~。
ありがとうございます。


【2010/12/01 21:46 】 | HYDE | コメント(8) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。