FC2ブログ
VAMPSのLIVE DVDの傾向
VAMPSさんたちは山籠りしてるんですね。
いよいよ始まったなという感じね。

娘に「ANGEL TRIP」のPVをみせたら、
「なに? 女装?」って聞かれました。
いや違う・・・・・と思う(自信なし)と答えたら、


「ふーん、そういう設定かと思った」
・・・・・・・どんな設定 (;・∀・)ハァ?



PVはヴァンとプスしか出演してないから、
後のメンバーは出来上がったものを観たって感じなんだよね、きっと。
PV観て、どー思ったんだろうねぇ?

今頃山に籠ってもっさくなってるおさーんを横目に見ながら、
ライブに向けて精進してるんだろうな(笑)
野獣さん辺りが果敢に絡んでたりしてね。

「あにぃ~、PVのおにゃのこ誰っすか? 妹さんっすか? おねーちゃんすか? 親戚っすか?
しょーかいしてもらっていいっすか?(笑)」

そんでまたポツリと言われるんだよ。

「あの子ぉ、Ju-Kenのことぜぇ~んぜんタイプじゃないってぇ」
「あにぃ、心が痛いっす」


そんなふうに弄られてる野獣さんを観ていたいよ、ずっと。




さて、やっとDVDの本編のほうを観ました。
ドキュメンタリーのほうはまだ観ていません。
本編の感想を一言で言うと、
HYDEが不細工で大満足です。
海外のロックアーティスト並みに不細工でした。
特に「IT'S SAD」で涎が垂れたところとか、
一点睨みの仁王立ちのところとか万々歳でした。

反面、メイク映えするK.A.Zさんは格好よくて綺麗でうっとりした。

あにぃに突き飛ばされて「あ~れ~」や、車に轢かれる野獣さんは、
ライブにいい味付けしてるよね。

もしかして顔でキーボを叩いてんじゃないかと思うくらい激しく上下してるJINちゃんも、
すっかり痩せて面変わりして、デスメイクが板につくロッカーになっちゃったね。

有松さんはただただストイックに太鼓をたたき続けていた。


最初から最後まで攻撃的なライブ(映像)で前作とは雲泥の差にして良かった!



観客のノリも凄かったね。
まぁ、これは人それぞれだから、どれがどういいかという正解なんてないんだけれど。
世間一般に言うノリがいいファンの姿が編集されて映ってた。
確かに楽しそうで、こんなふうにライブで楽しみたい!
すっごく楽しそう!!
ライブ行きたーーーーいいぃぃ!!!!ってなる。

でもさ、そうやって映ってるファンが若い子ばっかりでさ、
VAMPSのファンって10代、20代くらいしかいないの?ってみえた。
もちろん観ていて可愛いしね、ノリも凄いからこっちのテンションも上がる。
メンバーだってそういうの観ていてテンション上がると思うよ。

だけどさぁ、若い子がああやってできるのって当たり前っちゃー、当たり前なんだよね。
ノリの良さも若さ故っていうところもあるんだよ。

VAMPSは若い子が若いというだけでノッてるわけじゃないよ、
VAMPSの曲を理性の部分で理解して、野生の部分で体感してるんだと思うよ。


でもね、もうえーよ、客席映さんでもと思ったわ。
なんだよVAMPSって熟練メンバーなのに、
ガキンチョ(ごめんね、悪気はないのだよ)のファンしかおらんのかよって。
ちょっとうんざりしたわ。


Ju-Kenのまろやかに木目の美しさを引き立たせているベースが好きですよ。
K.A.Zの芸術的に装飾されたギターにも目を奪われる。
手入れが行き届いてピカピカで大事に扱われている二人の分身。
それに引けを取らない二人のテクニックにも心酔する。

でも、HYDEの何度も修理に出されて使い古された塗装禿げ禿げのムスタングも、
熟練のROCK魂みたいでいい感じだと思うんだ。
スティング(POLICE)のボロボロ加減には負けるけどね。

さぁ、ドキュメントのほうも細切れになっちゃうけど
数日かけてこれから観ていきまーす。



お返事

>VAMPSのPVの中でダントツ好きさん
私も好きですよ~、観ていて非常に楽しいですよね~。
早く大画面で観たいです。
私もかつてないほど繰り返してます。

だけどHYDEさんには何度この先、この手の驚きを与えられるんでしょうか?
もうないだろうと油断してましたよ(笑)


スポンサーサイト



【2010/05/28 23:42 】 | VAMPS | コメント(8) | トラックバック(0) |
| ホーム |