FC2ブログ
自分の萌えしか書かない冬JACK2009レポ その2
年末ですねぇ。
今日は明日の鏡餅等のお飾りを買ったり、お花買ったり。
お飾りは明日中に飾りましょう。
31日に飾るのは一夜飾りとゆうて縁起が悪いんですよ~。

私は毎年、パンチで歯が抜けていて黒いグラサン、上下白のブランドジャージのおっさんたちが、
テントを張りだして売っているところでお飾り買うんですけど、
そこのお飾りが手作り感バリバリでとても気に入っているんです。
テントとはいえ寒風吹きさらしの中でいい年のおっちゃんたちが小さなストーブ囲んで売っているので、
毎年缶コーヒーとカレーパンを差しいれし、ちゃっかりいろいろサービスしてもらっております(笑)
まぁ、それなりの数を買うので金額もそれなりいきますが。
「毎年ありがとうございますっ! 姉さん! いいお年をお迎えください!」
整列して90度礼をしてもらうのはなかなか気分がいいもんです(体育会系出身)

さて、JACKの萌えのみのレポの続きです。
よろしかったら~~~~


18:24 Session D
とか言いながら、私この時トイレ休憩行ってました。
いい加減パンパンだったもので、すみません。
近くのトイレが長蛇の列だったので、少し離れたところに行ったのですけど、
なんとそこでぴーさんと遭遇しました。
腹を空かした私が尋常なく元気をなくすのを知ってか知らずか、会って開口一番
「パイ持ってきたんだけど、パイ食べる?」
あんな大勢の人の中、偶然というか奇跡的に(場所はトイレでしたけど)出会ったのに・・・・・
いえ、年末最後にぴーさんに会えてよかったです。
来年もどうぞよろしく。


18:47 ギルガメッシュ
会場、凄かったです。
海外でも高い評価を得ていると紹介されていました。
多分、私が10代か20代くらいだったらどっぷりファンになっていただろうなと思いました。
JACKはいつも最初のほうの出演だったけれど、今年はこんな美味しい時間帯にさせてもらえたと
嬉しそうにMCしていましたね~。

JACK初参戦だったのにJACKの公式も見ず、全くタイムテーブルも知らずに行った私。
年末のくそ忙しい時期、会場にいくことだけでも精いっぱいだったんです。
kazueさんに次誰メールしたり、両隣のお嬢さんたちの会話で次の出演者情報を盗み聞きするということをしておったわけですが、
この時だけは次が誰なのかすぐに分かりました。
会場内にチラホラいやらしくピンクの棒が振られてましたからねぇ

19:18 TETSUYA
てったんのソロを生で聴くのも観るのも初めて。
パンクのてったんは知ってるけど、ソロのてったんは初めてです。
ものすごく期待してました。 
てったんサイトのあのてったんを観てからというもの、めったくた期待してましたよ。
そして、武道館の2階から転げ落ちそうな恐怖も我慢して立ちあがって参戦する気満々でした。
が、できませんでしたー。

出てきたてったんがあんまり可愛くって腰砕けでした。

自分でも気持ち悪いの分かってるんですけど、てったん観ながらニヤニヤが止まらないんです!
立ってワーワー言うより、まったり座ってじっくり愛でていたかったんです!
てったんの仕草にいちいち口元が反応して、ニヤついて仕方ない。
「ちょ~」とか、「うはぁ」とか、「まてよこら」とか小声ですがつい口からでてました。
「うわー、自分キモい」と思いながらもそんな自分を止められない。
おかしい、このニヤニヤははいどにだけのものだったのに。

黒いジャケット、ピンクのスカーフ、頭にもピンク。
ところどころなんかキラキラ光っとりました。
てったんに対する「キラキラアイドル」という言葉を、本当に実感しました。
そしてプリーツのスカート
こいつがとんでもなく曲者でした!
どこからともなく、どういう理由でか吹きあがる風。
そこにてったんが近づくたびにスカートがふわふわ舞い上がるんですわ。
「ちょー! ちょーって! ちょ~~~~!」という独り言?を聴かれるのが恥ずかしくて困りました。
あれ、なんで風吹くん?
吹いてもいいんやけどさ。 吹いてたほうがいいんやけどさ。

で、ステップがこれまた可愛いんですよ。
左足を膝から下、真横にぴょこぴょこあげるんですけど。
なんじゃそのアイドルステップ! 可愛い、可愛いぞTETSUYA!わかってんのか!?(心の叫び)
サビで上半身を左右にフリフリ
たっはぁー(もう言葉にならん)
さらに、屈んで声を出し切るときに必ずマイク持ってない左手でスカート押さえるんですよ!
足は逆さYです(すいませんなんと表現したらいいのか)
なんじゃそりゃーーーー!(心の叫び)
そしてそのままその場にぺたんこ座り
ぺたんこ座りじゃ、ぺんたこに座っとる(同上)
しかしそこに何かあるようで、なんかスイッチみたいなもん押してるんですよ。
ぺたんこ座りのままで! ぺたんこ座りのままでっ!
うぎゃ~~~、可愛いすぎて髪(自分の)かきむしりたいわっ!(同上)

私はその時初めて知ったのでした。
てったんはふつ~に仕草が可愛い人なんだ。
スキップが違和感ないふぉんふぉっさい。
後ろのほうに転がっていたなぎ倒したマイクスタンドを、
その後念入りに足で蹴っ飛ばす姿でさえ可愛かったよ。
別に意識してるわけでもなく可愛い仕草、あれが普通なんだ。
遅まきながらそれを悟った瞬間、もう灰になった気分でしたね。
燃え尽きたよわたしゃ。
私まっちろだよ、てったん。

「15 1/2」は、眉間に皺が寄ってだんだん表情が険しくなったり、時々上を仰いだり。
「見守ってね」と、天を見上げていました。

まぁ、そのあとピューピューバナナ鉄砲発砲してたんですけど。
そしてぴょんぴょん跳ねながらはけて行きました。
てったんのピンクの髪飾りが見えなくなるまで目で追う私。
この時の私は本当にキモかったと思います。


19:54 shinji
「僕とロン毛とカツアゲ」
金曜シンジショーっていうのは恒例なんですね?
若手お笑い芸人かよ。
やっと「太田胃酸」の意味が分かりました。
シドさんって面白い。

20:14 Session E
またてったんかーーー!と喜んだら、今度はピンクのジャケットに、
後ろ姿がパー子にしか見えんかった。
てったんのソロ曲、キャンストをご本人を前にして歌うマオ君。
そりゃ「足ガクガク」になるでしょう。
出だし、真矢さんのドラムの音が大きすぎて、マオ君の声が全く聴こえなかったですね。
てったんが一生懸命スタッフのほうに指示を出していました。

「久しぶりにベース弾いた」と、てったん。
そうなんだーと意外でした。

2曲目の「蜃気楼」、「youtubeで一緒に聴いたりして「懐かしいね」って、今日はそいつが好きだった曲」
てったん、そんなような事を言っていたと思います。
その時にね、「てっちゃん優しいね」と思いました。
マオ君だっていろーんな思いを抱いていると思うのね。
おおっぴらにはできないけれど、
そういう場を先輩として与えてあげたかったのかなと思いましたよ。

マオ君も途中、少し辛そうに歌っていました。

20:51 Ken
Kenちゃん、JINの曲とともに登場(笑)
なんだかあっさり帰って行ってしまった記憶しかない。
歌は新木場LIVEの時より怪しかったような気がする。

実はこの辺り、ちょっと嫌なことが前方で起こっていて集中できなかったんです。
周囲のみなさんはとてもいい方ばかりで、
特にお隣の勇気ある可愛いお嬢さんたちとは最後の最後でお話ができて盛り上がったんですけどね。

tomoちゃんの「八の字腰振り」と「ムチでおしおきよっ!」な姿しか覚えていない。
集中できなかったと言いながら、そんなところはしっかり観ていた。
だけど「Spin Along」ではノリを戻しましたよ。
拳フリフリ、楽しかったです。


21:31 MAVERICK ALL STARS 
さぁ、最後です。
なんとなーく、hydeさんは出ないか出てもコレだけだろうと思っていたんです。
でもマイクがずらりと並んだ時には、
お隣のお嬢さんたちと「低いマイクはないか?」なんて笑いながら待っていたんですけど。

ポールさんのレスリングの選手紹介みたいな呼び込みに、最後に「hyde」と聞いた時は、
「あー、やっぱり出るんだ」くらいなちょっとあっさりした感じでした。
というより、武道館が揺れるくらいな凄い歓声のほうにびっくりして、
自分はびっくりし損ねたんですよ。 乗り遅れたって感じでした(笑)

でまぁ、ちったいんだけど目立つヒョウ柄コートだったので、それを目の端でおいつつ、
ゆきさん、Sakuraさんを探す。
Sakuraさんはでっかいうちわをぶんぶん振っていました。

ボール投げがあるのかと思っていたら、そんなにボールが飛んでこなかったんですけど、
ひとつあらぬ方向から飛んでいくボールを観ました。
普通、投げられたら放物線を描くじゃないですか。
それがなんか下から直球でナナメ上に投げられたみたいな感じでそのボールは跳んでいったんです。
最初、アリーナのファンが後ろに向かって投げたのかと思ったんですけど、
ステージみたら丁度yukihiroさんがすたすた歩いていて。

想像なんですが・・・・・

yukihiroさん、アリーナに向けて力いっぱい投げつけたんじゃないですか?
私が観たのは床にバウンドして後方へ跳ねて行ったボールなんじゃないかと。

・・・・・・・笑

そのあとあっちにヒラヒラ、こっちにヒラヒラ動くヒョウ柄に気を取られ、
なぜだか大きなうちわで出てくるスモークを仰いでいる黒い人に目を奪われ、
(頭にグラサンのっけてデコ全開でした)
ゆきさんを見失いました。
で、ふと下手花道を観ると、黒い普段着の金髪のガリガリな人が亡霊のように柵にもたれかかっていました。
いたーー、yukihiroさん。
暇そーーーーーー。

下手にもhydeさんがやってきて、サングラス取って煽ってましたけど、
その後ろにまだひまそーにいましたよ(笑)
あ、hydeさんは白くて、細かったです!

そして、ポールさんに抱きついたhydeさんを、隣のお嬢さんたちと
「電車ごっこ! 電車ごっこ!」と喜んでいる間に、ゆきさんはどっかに消えていました。
もしかしたらその場で消えてしまったのかもしれないと思うくらい、存在感じませんでした。

電車ごっこは、前日携帯から更新したとおり、
hydeさんの後にてったんがひっつき、うおーーーーとなっている間に、黒い人が近づき。
嘘だろ? マジ? え、そんなことある?とパニックっている間に、
ドッキング!

もうその時の私の声にならない声、というより声が出なかった。
Sakuraさんの後ろに誰か裸の男がひっついている(シドの明季君)のも正直観えませんでした。

えぇ! 電車ごっこは3人しか見えてませんでしたっ! 

以上、気持ち悪いものを読んでくださいましてありがとうございました。

初のJACKは、とても楽しかった。
来年も絶対に行きたい!と思いました。
そして、出演者の皆さんのさりげない思いにあふれた、いい忘年会だったと思いました。


お返事

>noahさん
てっちゃん、サンタの登場に笑っているように私には観えました。
久しぶりのラルク、それだけでもう十分なクリスマスプレゼントでしたよね。



>ゆうゆさん
ほーんとに、あの耳を傾ける仕草は、「思わずやっちゃった」って感じでしたけど、
最強でした!

「メリクリ」以上に恥ずかしい言葉、確かに言ってるはずなんですけど。
それは恥ずかしくないのかっ!
私もソコ、ツッコミました。


>無記名さん
そうですかー、ゆうや君もニコニコだったんですね。
ありがとうございます。

>なんとかyukihiroのペースを崩そうとするゆうや、それに反目するyukihiro

本当に面白いもの観させてもらいましたよね。
私、このセッションだけでも8000円の価値があったと思いました。
スポンサーサイト



【2009/12/30 02:12 】 | LIVE | コメント(3) | トラックバック(0) |
| ホーム |