スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
自分の萌えしか書かない冬JACK2009レポ その2
年末ですねぇ。
今日は明日の鏡餅等のお飾りを買ったり、お花買ったり。
お飾りは明日中に飾りましょう。
31日に飾るのは一夜飾りとゆうて縁起が悪いんですよ~。

私は毎年、パンチで歯が抜けていて黒いグラサン、上下白のブランドジャージのおっさんたちが、
テントを張りだして売っているところでお飾り買うんですけど、
そこのお飾りが手作り感バリバリでとても気に入っているんです。
テントとはいえ寒風吹きさらしの中でいい年のおっちゃんたちが小さなストーブ囲んで売っているので、
毎年缶コーヒーとカレーパンを差しいれし、ちゃっかりいろいろサービスしてもらっております(笑)
まぁ、それなりの数を買うので金額もそれなりいきますが。
「毎年ありがとうございますっ! 姉さん! いいお年をお迎えください!」
整列して90度礼をしてもらうのはなかなか気分がいいもんです(体育会系出身)

さて、JACKの萌えのみのレポの続きです。
よろしかったら~~~~


18:24 Session D
とか言いながら、私この時トイレ休憩行ってました。
いい加減パンパンだったもので、すみません。
近くのトイレが長蛇の列だったので、少し離れたところに行ったのですけど、
なんとそこでぴーさんと遭遇しました。
腹を空かした私が尋常なく元気をなくすのを知ってか知らずか、会って開口一番
「パイ持ってきたんだけど、パイ食べる?」
あんな大勢の人の中、偶然というか奇跡的に(場所はトイレでしたけど)出会ったのに・・・・・
いえ、年末最後にぴーさんに会えてよかったです。
来年もどうぞよろしく。


18:47 ギルガメッシュ
会場、凄かったです。
海外でも高い評価を得ていると紹介されていました。
多分、私が10代か20代くらいだったらどっぷりファンになっていただろうなと思いました。
JACKはいつも最初のほうの出演だったけれど、今年はこんな美味しい時間帯にさせてもらえたと
嬉しそうにMCしていましたね~。

JACK初参戦だったのにJACKの公式も見ず、全くタイムテーブルも知らずに行った私。
年末のくそ忙しい時期、会場にいくことだけでも精いっぱいだったんです。
kazueさんに次誰メールしたり、両隣のお嬢さんたちの会話で次の出演者情報を盗み聞きするということをしておったわけですが、
この時だけは次が誰なのかすぐに分かりました。
会場内にチラホラいやらしくピンクの棒が振られてましたからねぇ

19:18 TETSUYA
てったんのソロを生で聴くのも観るのも初めて。
パンクのてったんは知ってるけど、ソロのてったんは初めてです。
ものすごく期待してました。 
てったんサイトのあのてったんを観てからというもの、めったくた期待してましたよ。
そして、武道館の2階から転げ落ちそうな恐怖も我慢して立ちあがって参戦する気満々でした。
が、できませんでしたー。

出てきたてったんがあんまり可愛くって腰砕けでした。

自分でも気持ち悪いの分かってるんですけど、てったん観ながらニヤニヤが止まらないんです!
立ってワーワー言うより、まったり座ってじっくり愛でていたかったんです!
てったんの仕草にいちいち口元が反応して、ニヤついて仕方ない。
「ちょ~」とか、「うはぁ」とか、「まてよこら」とか小声ですがつい口からでてました。
「うわー、自分キモい」と思いながらもそんな自分を止められない。
おかしい、このニヤニヤははいどにだけのものだったのに。

黒いジャケット、ピンクのスカーフ、頭にもピンク。
ところどころなんかキラキラ光っとりました。
てったんに対する「キラキラアイドル」という言葉を、本当に実感しました。
そしてプリーツのスカート
こいつがとんでもなく曲者でした!
どこからともなく、どういう理由でか吹きあがる風。
そこにてったんが近づくたびにスカートがふわふわ舞い上がるんですわ。
「ちょー! ちょーって! ちょ~~~~!」という独り言?を聴かれるのが恥ずかしくて困りました。
あれ、なんで風吹くん?
吹いてもいいんやけどさ。 吹いてたほうがいいんやけどさ。

で、ステップがこれまた可愛いんですよ。
左足を膝から下、真横にぴょこぴょこあげるんですけど。
なんじゃそのアイドルステップ! 可愛い、可愛いぞTETSUYA!わかってんのか!?(心の叫び)
サビで上半身を左右にフリフリ
たっはぁー(もう言葉にならん)
さらに、屈んで声を出し切るときに必ずマイク持ってない左手でスカート押さえるんですよ!
足は逆さYです(すいませんなんと表現したらいいのか)
なんじゃそりゃーーーー!(心の叫び)
そしてそのままその場にぺたんこ座り
ぺたんこ座りじゃ、ぺんたこに座っとる(同上)
しかしそこに何かあるようで、なんかスイッチみたいなもん押してるんですよ。
ぺたんこ座りのままで! ぺたんこ座りのままでっ!
うぎゃ~~~、可愛いすぎて髪(自分の)かきむしりたいわっ!(同上)

私はその時初めて知ったのでした。
てったんはふつ~に仕草が可愛い人なんだ。
スキップが違和感ないふぉんふぉっさい。
後ろのほうに転がっていたなぎ倒したマイクスタンドを、
その後念入りに足で蹴っ飛ばす姿でさえ可愛かったよ。
別に意識してるわけでもなく可愛い仕草、あれが普通なんだ。
遅まきながらそれを悟った瞬間、もう灰になった気分でしたね。
燃え尽きたよわたしゃ。
私まっちろだよ、てったん。

「15 1/2」は、眉間に皺が寄ってだんだん表情が険しくなったり、時々上を仰いだり。
「見守ってね」と、天を見上げていました。

まぁ、そのあとピューピューバナナ鉄砲発砲してたんですけど。
そしてぴょんぴょん跳ねながらはけて行きました。
てったんのピンクの髪飾りが見えなくなるまで目で追う私。
この時の私は本当にキモかったと思います。


19:54 shinji
「僕とロン毛とカツアゲ」
金曜シンジショーっていうのは恒例なんですね?
若手お笑い芸人かよ。
やっと「太田胃酸」の意味が分かりました。
シドさんって面白い。

20:14 Session E
またてったんかーーー!と喜んだら、今度はピンクのジャケットに、
後ろ姿がパー子にしか見えんかった。
てったんのソロ曲、キャンストをご本人を前にして歌うマオ君。
そりゃ「足ガクガク」になるでしょう。
出だし、真矢さんのドラムの音が大きすぎて、マオ君の声が全く聴こえなかったですね。
てったんが一生懸命スタッフのほうに指示を出していました。

「久しぶりにベース弾いた」と、てったん。
そうなんだーと意外でした。

2曲目の「蜃気楼」、「youtubeで一緒に聴いたりして「懐かしいね」って、今日はそいつが好きだった曲」
てったん、そんなような事を言っていたと思います。
その時にね、「てっちゃん優しいね」と思いました。
マオ君だっていろーんな思いを抱いていると思うのね。
おおっぴらにはできないけれど、
そういう場を先輩として与えてあげたかったのかなと思いましたよ。

マオ君も途中、少し辛そうに歌っていました。

20:51 Ken
Kenちゃん、JINの曲とともに登場(笑)
なんだかあっさり帰って行ってしまった記憶しかない。
歌は新木場LIVEの時より怪しかったような気がする。

実はこの辺り、ちょっと嫌なことが前方で起こっていて集中できなかったんです。
周囲のみなさんはとてもいい方ばかりで、
特にお隣の勇気ある可愛いお嬢さんたちとは最後の最後でお話ができて盛り上がったんですけどね。

tomoちゃんの「八の字腰振り」と「ムチでおしおきよっ!」な姿しか覚えていない。
集中できなかったと言いながら、そんなところはしっかり観ていた。
だけど「Spin Along」ではノリを戻しましたよ。
拳フリフリ、楽しかったです。


21:31 MAVERICK ALL STARS 
さぁ、最後です。
なんとなーく、hydeさんは出ないか出てもコレだけだろうと思っていたんです。
でもマイクがずらりと並んだ時には、
お隣のお嬢さんたちと「低いマイクはないか?」なんて笑いながら待っていたんですけど。

ポールさんのレスリングの選手紹介みたいな呼び込みに、最後に「hyde」と聞いた時は、
「あー、やっぱり出るんだ」くらいなちょっとあっさりした感じでした。
というより、武道館が揺れるくらいな凄い歓声のほうにびっくりして、
自分はびっくりし損ねたんですよ。 乗り遅れたって感じでした(笑)

でまぁ、ちったいんだけど目立つヒョウ柄コートだったので、それを目の端でおいつつ、
ゆきさん、Sakuraさんを探す。
Sakuraさんはでっかいうちわをぶんぶん振っていました。

ボール投げがあるのかと思っていたら、そんなにボールが飛んでこなかったんですけど、
ひとつあらぬ方向から飛んでいくボールを観ました。
普通、投げられたら放物線を描くじゃないですか。
それがなんか下から直球でナナメ上に投げられたみたいな感じでそのボールは跳んでいったんです。
最初、アリーナのファンが後ろに向かって投げたのかと思ったんですけど、
ステージみたら丁度yukihiroさんがすたすた歩いていて。

想像なんですが・・・・・

yukihiroさん、アリーナに向けて力いっぱい投げつけたんじゃないですか?
私が観たのは床にバウンドして後方へ跳ねて行ったボールなんじゃないかと。

・・・・・・・笑

そのあとあっちにヒラヒラ、こっちにヒラヒラ動くヒョウ柄に気を取られ、
なぜだか大きなうちわで出てくるスモークを仰いでいる黒い人に目を奪われ、
(頭にグラサンのっけてデコ全開でした)
ゆきさんを見失いました。
で、ふと下手花道を観ると、黒い普段着の金髪のガリガリな人が亡霊のように柵にもたれかかっていました。
いたーー、yukihiroさん。
暇そーーーーーー。

下手にもhydeさんがやってきて、サングラス取って煽ってましたけど、
その後ろにまだひまそーにいましたよ(笑)
あ、hydeさんは白くて、細かったです!

そして、ポールさんに抱きついたhydeさんを、隣のお嬢さんたちと
「電車ごっこ! 電車ごっこ!」と喜んでいる間に、ゆきさんはどっかに消えていました。
もしかしたらその場で消えてしまったのかもしれないと思うくらい、存在感じませんでした。

電車ごっこは、前日携帯から更新したとおり、
hydeさんの後にてったんがひっつき、うおーーーーとなっている間に、黒い人が近づき。
嘘だろ? マジ? え、そんなことある?とパニックっている間に、
ドッキング!

もうその時の私の声にならない声、というより声が出なかった。
Sakuraさんの後ろに誰か裸の男がひっついている(シドの明季君)のも正直観えませんでした。

えぇ! 電車ごっこは3人しか見えてませんでしたっ! 

以上、気持ち悪いものを読んでくださいましてありがとうございました。

初のJACKは、とても楽しかった。
来年も絶対に行きたい!と思いました。
そして、出演者の皆さんのさりげない思いにあふれた、いい忘年会だったと思いました。


お返事

>noahさん
てっちゃん、サンタの登場に笑っているように私には観えました。
久しぶりのラルク、それだけでもう十分なクリスマスプレゼントでしたよね。



>ゆうゆさん
ほーんとに、あの耳を傾ける仕草は、「思わずやっちゃった」って感じでしたけど、
最強でした!

「メリクリ」以上に恥ずかしい言葉、確かに言ってるはずなんですけど。
それは恥ずかしくないのかっ!
私もソコ、ツッコミました。


>無記名さん
そうですかー、ゆうや君もニコニコだったんですね。
ありがとうございます。

>なんとかyukihiroのペースを崩そうとするゆうや、それに反目するyukihiro

本当に面白いもの観させてもらいましたよね。
私、このセッションだけでも8000円の価値があったと思いました。
スポンサーサイト
【2009/12/30 02:12 】 | LIVE | コメント(3) | トラックバック(0) |
自分の萌えしか書かない冬JACK 2009レポ 
行ってきました!
実はJACKは初めてなんですよ!!! 初JACKです。
yukihiroさんとSakuraさんと、最近ちょっと気になっているムックさんを目標にして・・・・・
できたらたつひ君の生ミニスカもという邪心も含ませつつ・・・・・
なのに、じーさんの障子貼り講習でacid ゾロさん シドさん逃すという!!
yukihiroさんが多分最初のほうで出るんだろうと思っていたんですけど、まさかトップバッターとは。
というわけで、前3組は知りませんよ、わたしゃ。 ふん。
曲目とか順番とか便利なMAVERICKさんのHPから引っ張ってきました。

14:05 acid android
コレ観ても読んでもくそおもしろくもないですね。
後で聞いたらyukihiroさん自身も御簾ごしだったとか。
どんだけ深窓の御方なんやねん!

14:34 ゾロ
危うい日本男児の将来。

15:08 シド
最後、マオ君が何か叫んでいるところで会場に入りました。
初めて間近で“咲いてる”人を観ましたよ。
メンバーの名前を叫びながら手が前後に咲いてました。

15:40 Session A
みんな黒いスーツで出てきて「ビートルズ」でも演るのかと思った。ら・・・EXILE。
マオ君とゆうや君がヴォーカルで、あの縦1列に並んでグルグル反時計回りもやってました。
途中で一番前のマオ君がスピード上げてグルグルがグダグダになっとった(笑)
みんながマオ君を取り囲んでクルクル周囲を回りながら歌ってたら、
マオ君、何かにツボって笑い、歌が途切れたときもありましたよ。
最後は縦1列で重なって千手観音。

「久しぶりに踊ったから息切れしちゃって(ハアハア) 
僕たち今はそれぞれ好きなことやってるけど、昔は一緒にダンスやってました」

マオ君、勝手にシナリオ作ってしゃべってました。暫く話し続け・・・・・
「もうやめてもいい?」 
いいよー。
「最後の千手観音、前から見てちゃんとなってた?」
君だけ角度反対だったよ。(←やり直してた)

「抱きしめたい」は普通に上手いなぁと思いました。
マオ君の生歌は初めてでした。


16:12 ムック
逹瑯君がカジュアル過ぎてちょっと肩すかしだったんですけど、
状態のムッカー率高めでしたねー。
私、南西の2階にいたんですがアリーナとか壮観な眺めでした。
ヘドバンの女の子、髪の毛が、もうすっごいことになってましたよ。
あれおもしろいですね。
み~んな揃ってるかと思っていたら、ところどころ逆にヘドバンしてたり。
ヘドバンし終わるたびに一生懸命髪の毛直していたり(だったらしなきゃいいのに思うんですけど)

ジオラマ。
スクリーンに歌詞が映り初めて「なぜ?」と思いましたが、
ちょっとしんみりしてしまいました。
みなさんそれぞれ思うところがあるんですね、やっぱり。
逹瑯君~~~~~~~。

16:46 Session B
ちっ。 またくそ面白くもない愛想のない画面です。
が、会場入って早々にkazueさんから「乙、acidとシド終わったよ」というメール貰って打ちひしがれていた私は絶叫もんでした。
ドラムセットが3台横並びの時点でテンション急上昇だったんですけど。
(yukihiroさんとSakuraさんとかだったら死ぬ、完全に死ぬ、とか思ってたんですが、死ねなかった)
でもこれは~~~~、もう~~~~、yukihiroさんが素敵で~~~~~~・・・・・・
なんとなくね、ゆうや君が味付け、yukihiroさんが主旋、SATOち君がベースって感じのドラム共演でした。
yukihiroさんが下向き加減で黙々とドラムを叩く姿がスクリーンに映る度に、会場悲鳴ですよ。
私もドキドキしました。
それでまた、SATOち君がなんとも嬉しそうな顔してyukihiroさんの方を観ながら叩いてるんです。
ずっとです。
ゆうや君は叩くの一生懸命、余裕なしって感じでした。

ゆうや君、ドラムに集中、脇見する余裕なし → yukihiroさん、黙々とストイックに叩き続ける → SATOち君、yukihiroさんの方を観ながら嬉しそうに口半開きで笑っている。

この三者三様なドラム対決(?)が感動もんなんですけど、おかしかった。

途中、yukihiroさんが、「ハッ!」みたいな感じで叩きながら気合い入れてるところがスクリーンに丁度映って、か・・かかかか・・・・・かっこえぇ~~~
でも、頭がコロンとちったくて(今のヘアスタイルもよくお似合いです)
フードがでかく見えて可愛いのです。
このSessionだけDVDで欲しい。 多分すり切れるまで観ると思いました(そしたら他にもそんなんたくさんあったんだけど)

17:09 Creature Creature
さてね、Creature Creature ですよ。
MORRIEさんが薪能のシテ登場みたいな雰囲気ですり足で歩いてきました。
初っぱなから「BLACK Hole」。 
始まる前から「MORRIEーーーーー!!!」の叫び声なんか上がっていたんですけど、
この曲始まった途端、周囲はポカン状態でした(笑)
あまりの反応の薄さにか、曲が終わったあとにMORRIEさん、
「みんなCreature Creature って知ってる?」
知ってるー
「あ、知ってんの?」
そんなやり取りが(^^;)

Sakuraさんは、初めサングラスしてるのかと思っていたらメイクだった。
濃い! 濃すぎるよ!
でも今年一番のイケでした!
ちょっと顔がシャープになってた。 上海に向けて過酷だったんでしょうか?
また手をクロスして叩いてましたねー。ちっちゃいシンバルもありました。

来年5月27日にアルバムが出ますねー。
その辺り、またいろんなLIVEと被りそうで怖い。


17:40 Session C
Creature Creature のあとでまたSakuraさんのドラムが聴けるとは思ってもいなかった!
しかもkyoちゃんのヴォーカルでガンズ。 ハマり過ぎ。
welcome to the jungle! テンション上がりましたー。
都さんのアクションは相変わらず熱かったですよ。でも今日はアニマル柄じゃなかったです。
このSessionも見応え、聴き応えありました。

18:04 カラス
綺麗ねお姉さんは好きですか? 好きです。
逹瑯君がゴスでデカイ女に変身してました。
さっきの気の抜けた姿はこのための下地だったのか?

夏JACKのカラス特集でヒロト君に絡まれた逹瑯君が恥ずかしらしかった件でワクワクしておりましたが、
ヒロト君、その時の「さらに深いところまで入り込んで行ってやろうかな」のコメント通り、
グイグイ入り込んでいました。
逹瑯君はちゃんと受けてましたけど、しつこくヒロト君にさらにやられてましたね。
逹瑯君、どーだったんだろう?(何がだよ)

他面が縦横無尽に動き回るのに対しdunch君、ほとんど定位置でしたねー(笑)
がんばれ。


さて、一旦家事に戻りますー。
このあとTETSUYAで私はまさかの人格崩壊を起こします。
今日は鏡餅を作る日ですね。 餅っ子フル回転。 
そろそろ出来上がるので餅丸めてきます。
また夜にでも。
コメント等の返信が遅れていてすみません。
【2009/12/28 11:30 】 | LIVE | コメント(1) | トラックバック(0) |
電車ごっこhydeちゃん
hydeさん、最後のセッションに出てきましたが、結構長くポールさんに付き従ってました(笑)

最後はポールさんを後ろからハグして電車ごっこ状態。
するとその後ろからてったんがhydeちゃんをハグ

そしてその後ろを…アレ…サクラさんでしたよね?
見間違いじゃないですよね?

なんか凄いもん見た

セッションの間、ゆきさんはやる気なさそうに花道の端っこで柵に座ってました。

今日はドラマーを堪能しましたよー
楽しかったです。
ありがとう~
【2009/12/27 23:28 】 | LIVE | コメント(1) | トラックバック(0) |
豪華セッションC
ボーカルkyoちゃん、ミヤ君にここで都さん出てきました
研二郎さんにドラムがサクラさん
サクラさん、凄くイケてました
【2009/12/27 18:34 】 | LIVE | コメント(0) | トラックバック(0) |
感動セッションB
SATOち君、ゆうや君、そしてゆきさんのドラム競演でした~(T_T)

アシッド逃したのでショック受けていたんですが、
次はクリクリです
楽しすぎる
【2009/12/27 17:09 】 | LIVE | コメント(0) | トラックバック(0) |
JACKの前に
一仕事。
今日はジジババと我家の障子の張り替え日です。
大小合わせて48枚ありますよ。
じいちゃんは武道館の天井も手掛けた生粋の建具職人。
手順から何から五月蝿いよ(T_T)
もはや今年が何年だかも分からない状態の私ですが、終わり次第向かいます。
皆様、よろしく~@トイレよりm(__)m
【2009/12/27 08:34 】 | 日々 | コメント(1) | トラックバック(0) |
ツルピカhyde
HYDEでもhydeでもどちでもいいんですけど、
久しぶりなラルクのhydeがどんなだかドキドキわくわくでしたねー。
私は娘と二人で観ましたよ。

オープニングで階段の向こう側に一つだけ頭が出ていたりすると、
「kenちゃんか?(あとの3人は隠れている)」
なんて言いながら今か今かと待ってました。

4人そろって黒かった衣装に娘が「格好いいね、ラルク!」って。
hydeさん、デコがやけにピカピカしてたんだけど。
しかし、出演者がズラリと並ぶと、あまりの女子サイズに一瞬見失ってしまったよ。


待って待って、ラストから三番目でした。
息子は半分寝ながら待っていたんだけど、残念ながらリタイアしました。
「ラルクまだー」と言いながら寝ころんでいて、寝てしまった。あーあ。

hydeさんはいつまで「メリークリスマス」が恥ずかしくて言えないんだろうか?
あと10年くらい駄目とかゆうてましたが、何がそんなに恥ずかしいの?

そしてkenちゃんの「ただタモリさんと絡みたかったの」的な話も、
相変わらず意味がよく分からないところがkenちゃんらしくて可笑しい。
話しそうで話せないてったんも、一人でゆらゆらしてるゆきさんも変わってないねー。
でもhydeさんは黒髪短髪お父さんから、茶髪つんつんツルピカリンのおにいさんに大変身していた。
クリスマスありがとう。


さて、お歌。
今回、歌って「?」な方が多かったような気がする中(桑田さんでさえ「声出てないんじゃない?」と思った)、
ダントツに歌唱力ありましたよね? 
貫禄な歌いっぷりでした。

「Hu~rry x'mas!」って歌う度にカメラがhydeさんに寄ってアップになるんですけど、
メイクなのか照明の加減なのか、アイホールがほんのり紫?だし、いちいち可愛いしぃ~。
「ぎゃー、可愛い。 なんじゃこら? 写ってる人ん中で一番可愛い(失礼)。 女子女子!」
「うわー、やっぱり可愛い。 なんだよこの可愛いのは!」
娘と大騒ぎでした。

途中の「Chiristmas time has come to town」で、
そのあとにkenちゃんのコーラスが入るじゃないですか。
その時、耳に左手をあてて右足がぴょこんって上がってコーラス聴いてるような素振りしてませんでした?
もう、娘と一瞬顔を見合わせてしまいましたよ。
なんですかあのふぉんふぉっさいは。
まさしくクリスマスの奇跡ですね(笑)

せいらさんが散々忌み嫌っていたサンタコスダンサーが再び登場して、
サンタ写すならメンバー写せってたぶん皆さん思ったよね。
私も思ったよー。


VAMPSめくり、シャワーシーンのHYDEさんが、偶然が織りなす芸術でした。


あ、音楽戦士の蕎麦に恋する乙女は、目新しい映像はありませんでしたよ。
【2009/12/26 04:51 】 | ラルクあれこれ | コメント(3) | トラックバック(0) |
JACK IN THE BOXに都さん?
都さん27日、武道館急遽参加決定って?
誰と一緒かは守秘義務のためあかせないそうですよ。

えー? まさかSOP●IAではないですよね?
じゃ、スペフィル?
ジル君のところは放置状態だし。
うわ~~~~~~~、気になる~~~~。

というか私、コレ↓全然知らなかったんですけど。

Sakura参加イベント情報
スペースフィルターズライブサポート
2009年1月16日(金)
大阪BIG CAT
OPEN18:30 / START 19:00

2009年1月17日(土)
名古屋Electric Lady Land
OPEN18:30 / START 19:00

2009年1月21日(水)
Shibuya O-EAST
OPEN18:30 / START 19:00

全会場とも前売\3,500 当日\ 4,000(ドリンク別)
チケット発売日:12/6(土)
お問合せ:Shibuya O-EAST TEL:03-5458-4681


チケット発売12月6日って・・・・・アレ?
櫻生誕祭の時ってなんかこんなこと言ってました?
記憶に全然ないんですけど。


そしてK.A.Zさんはクリスマスに釣りですか?
なぜ伏せ字なんだろう?

VAMPSめくりも来ました!
カレンダーの他にメッセージカードも入れられるんですね。
Mステ聴きながら入れちゃったよ。
まだかなラルク。


お返事

>m・・・さん
初めまして~、ようこそ。
お靴の中で踵が浮いてるの?って私もちょっとwwwだったんですけど~~~。
なんかお尻がどっしり後ろに落ちてるんですよ(笑)
でも、身体が硬かったらあんな格好は絶対できませんものね。
ふぉんふぉっさいにしては本当に柔軟なんなんですねぇ、hydeさんって。
コメントありがとうございました。
またお待ちしてまーす。



【2009/12/25 22:26 】 | LIVE | コメント(0) | トラックバック(0) |
イヴにいっぱい
イヴってどうして年末にあるんだろう。
毎年我が家は重点をイヴに置くか大掃除に置くかあやふやなまま、
両方を力任せにやってます。
ケーキをジジババの分と我が家の分二つつくらないといけないので、
夕方は子供たちまでもが息切れしながらケーキにイチゴ飾ってます(笑)

そんな殺気立った中に届いたVAMPSさんからのクリスマスカード。
娘はとっても気に入ったようです。
特にK.A.Zさん。
「K.A.Zさんた、目も垂れてるのに髭も垂れてる」(きゃーきゃー)
13歳に髭で萌えられていました。

そうか! これ髭だったんだー。
私はHYDEさんを観て、

HYDEさんた、凄い鼻息荒いよ(笑)

と息子と大爆笑していたのに。
娘の言葉で初めて髭だと気が付きましたよ、ありえねー。


それからVAMPADDICTのコメントムービーですが、
あのHYDEさんの格好。
皆さん!
お尻を踵まで落としてかつ踵を床にぴったりつけ、膝を開いてずっと座っていられますか?
私はかろうじてできますが、子供たちはふたりともできませんでした。
あのスタイル、最近の子供はできないんですよ。

HYDEさん、平気な顔して話してましたねー。
アレは下半身鍛えてないとできないそうです。
変なソーゾーしないように(アンタや)


そしてはいどさんたからのメール。
いや、騙されはしないけど、
「手袋をしてアレをアレするってどういう意味?」って子供たちに聞かれたら、
どう答えたらいいんですか、さんたさん教えて。

全開、絶対、限界YEAR!
なんか久しぶりに変な感動、「あぁ、はいたんだ」みたいな感動しました。
【2009/12/24 23:59 】 | HYDE | コメント(4) | トラックバック(0) |
我が家にも来ました
ラルクさんからのクリスマスカード。
真顔のhydeオーナメントがシュール過ぎて笑いました。
てったんは一人だけお手てがパーだしね。
kenちゃんはまた韓流スターにアレンジされていた。
ゆきさんは・・・・・・・・うお~~~~~~、めんこい!
ブーツのモフモフとお袖のモフモフがめんこい!

来年のハリクリのオーナメントはバンビちゃんとコレにしたらいいよ。
あ、+hyde七変化DVDもセットで。


昨日の『ベース・マガジン』で書き忘れたんですけど、
野獣さんはとっても素敵に写真に写っていましたよ。
まだご覧になっていないかたは是非。

でも、私的には野獣ブログで紹介されていた写真のほうが格好いいと思ったんだけど。

それからK.A.Zさんの「ごめんちゃい」に次ぐ昭和語録もありました。

もう10年の付き合いになるけど、死ぬまで四六死苦!

四六死苦って少数派ですよね?
夜露死苦のほうがよく見る気がするんですけど。


野獣さんご自慢のコレクションもズラッと紹介されてました。
野獣さんのブログにもあった私も大好きなSUGIの「The Bat Night」もドーンと写っていました。
このベースは本当に木目が美しいですよね。
ボディの模様がペイントではなく、地色の違う木材を貼り合わせてあるというのが・・・・・
何度見ても信じられませんよ。
感嘆。
他にも野獣さんの愛器が厳選して紹介されてますが、厳選って書いてあるけどかなりの数です。
どんだけ持ってるんや?と、驚きました。
しつこいですが、まだ読んでいない方、必見の価値ありですよ~。
【2009/12/22 23:59 】 | VAMPS | コメント(2) | トラックバック(0) |
名脇役ベーシスト Ju-ken ベース・マガジン感想
野獣さんのブログ、
ここのところ二日と空けずに更新していたので
「アレ?」と思っていたら事故っていたのね。

全身打撲とムチウチでもブログを更新できる程度に身体は動くようでよかった。
信号無視の強引に右折してきた車と衝突。
だとしたらかなりのスピードでその相手は交差点に入ってきていたはず。
信号が青だったからといって、それを予測できなかった野獣さんにも
一分の隙はあったのでしょう。
野獣さんのほうにスピードがさほど出ていなかったことが、
不幸中の幸いだったのだと思います。

いいことばかり続いたり、トントン拍子に調子がよかったりすると、
とても不安になりませんか?
適度な災いがあったほうが安心します。
災いといっても人命にかかわるようなものはまた別の次元ですよ。

地震のエネルギーは小さな揺れを起こすことで、
ある程度蓄積されたエネルギーを解消してもらったほうがいい。

そんな感覚です。

野獣さん、事故ってカメラもマシーンもメットも破損したらしいけれど、
吹っ飛ばされても助かった自分の身代りだったと思ったらいいんじゃない?
高価なカメラも、真新しいマシーンも、もらったばかりだったピカピカのメットも、
野獣さんの身代わりになるためだったのかもしれないよね。
日中で、仲間もいた条件での事故。
これが夜中で一人の場合の事故だったりしたら、もっと分が悪かったと思う。
事故ったけどラッキーだったんだよ!
と、開きなおろう。

でも、ムチウチなら当分ヘドバンは無理ですね。


この数日、現場にすっと張り付いていました。
都内某所の一軒家。
200912201042000.jpg
南向き・日当たりさんさんなこの25畳のリビングダイニングは羨ましい限り。
なぜこれが他人の家なのだ。


さて、そんなんでなかなか本屋にも行くことができずにいましたが、
今日の帰りに寄って買ってきましたよ~~~~。
Ju-kenさんのロングインタヴューがある『ベース・マガジン』
とても面白かったです。

ミュージシャンが集まるバーでバーテンやって、
客に「仕事ください」って声を掛けまくっていたという話から、
hideさん繋がりでK.A.Zさんと知り合って、
初対面でK.A.Zさんに「人と話す時はサングラス取って」の話しは、マンプスで読んだのだっけ?
その後何事もなく話し続けたK.A.Zさんの人間性を、野獣さんは魅力的に感じたんだね。

布袋さんのことは、「布袋寅泰はこうだ!」と客観視できる人だと。
だからこそ、「(俺が)こう見せたいんだからこう弾け」とは決して言われなかったが故に、
布袋さんのギターに合わせてベースをどう弾き、
そして期待に応えるためにはどうするべきなのかを模索するということを、
きっと身体で覚えることができた時期なんだろう。

これ、職人さんの世界でも本当に大切な時期なんだよね。
師となる人の意志や志向を身体で感じ取る、
それができるかできないかで職人人生大きく左右されるんです。
それが出来ない人のことを、俗に「トロい奴」と言います。

「共演者が語る、Ju-kenの魅力」っていうので布袋さんがコメントしてるんだけど、
布袋さんとJu-kenさんの最初の出会いは、どこかのスーパーマーケットの前だったらしい。
あんな二人がスーパーの前にいたら絶対入りづらい。
その日、スーパーの売り上げに多少ひびいたこと間違いなし。

しかし、この布袋さんのコメントもおっとこ前なんですよ。読んでいて惚れますよ。
メンバーがひとり変われば、音も変わるし、行き先が変わる云々・・・・・
行き先が変わるか、なるほどねぇ~。
フロントマンが喰われるほどJu-kenのパフォーマンスは激しいですけど?
俺は喰われるなんて思ったことはないけどね(笑)
いよっ! ロック部長!

野獣さんはベーシストとして、やっとスタート地点(by ロック部長)だそうですよ。


そうそう、HYDEさんの男前発言も紹介されていましたよ。
K.A.Zさんが怪我をしたときに、「ここはK.A.Z君の様子を見ながらやったほうがいいよね?」
と、HYDEさんに聞いたら、

「何言ってるの? 周りのこととか気にしなくていい。 自分のスタイルを貫け」

と、言われたと書いてありました。
これ、HYDEさん結構野獣さんに厳しくガツンと言ってると私は思うんですけど。
そんなのはお前が心配するようなことじゃないって。
野獣さんはそう言われて、自分は恵まれていると思ったって・・・・確かに。
HYDEさんも男前だよね。





野獣さんのインタヴューを読んでいて思ったのは、
この人にとってサポメンというスタンスはやっぱり天性なんだなということ。
アーティストによってベースの色を変えるのはプロとして当たり前のことなんだろうけれど、
彼はそれをやりながら同時に自分の音像もガンガン主張することができるものね。
映画で主役を引き立てながらも自らの存在と映画自体を光らせる名脇役のようです。

「プレイしながら“俺はここだよ、ここにいるよ!”って思ってる」

そうやって見付けてくれた人の期待に応えるためには何でもする。

LIVEでいつも野獣さんの存在をビシバシ感じる(そっち見てるわけでもないのに笑)のは、
そんなところに理由があるのかと思いました。


どんなジャンルであろうと、人が出す音に間違いというかカテゴリーはない。
合わないなと思ったら、文句を言わずに自分が動いて合う音楽を探せばいい。


さすらいの名脇役ベーシストJu-kenさんだからこその言葉です。




さてね、さっき布袋さんのところで紹介した「共演者が語る、Ju-kenの魅力」
VAMPSのお二人筆頭に、布袋さん、アンナちゃん、淳士さん、松田“FIRE”卓己さんがコメントをしてます。
ここ、VAMPS、特にHYDEさんのコメントが爆笑なんですよ。
みんな野獣さんのこと褒めちぎっているのに、
常に少年のような感じで大変だとか、Ju-kenはボディーガード代わりだとかサザエさんでいうカツオだとか。
まぁ、HYDEさんなりの誉め言葉なんでしょう・・・・・なのかな?

でも、野獣さんだってHYDEさんのこと尊敬はしてるけど、どっこいどっこいに思ってるよ、きっと。


>お返事

>松井さん
すみません、メール返信しなくて。
メール届いていたんだけれど、慌ただしくて返信するのすっかり忘れていました。
本当にごめん。
年末はしっかり家族サービスしてください。
LIVEはまた来年行きましょう。


>ミニさん


>DEAD ENDのアルバムは本当にかっこいいんですけど、それ聴いてそう思えるHYDEがまた頼もしいと思う

本当にそうですよねぇ。
HYDEさんはまだまだ上に行ってくれるんだと思わせてくれますよね。
頼もしいし、また大きくなったHYDEさんを見れるのかと思うと楽しみです。
コメントありがとうございました。
またお待ちしてます。
【2009/12/21 20:18 】 | VAMPS | コメント(4) | トラックバック(0) |
MUSICA 1月号のHYDEさんの言葉
やっとJACKの詳細が分かりはじめたようです。
誰かがまとめてダーーーっとブログにしてくれるまで待ってる面倒くさがり屋です。
待ってます。


さて、MUSICAにHYDEさんがコメントしていました。
知りませんでしたが、これ公式で発表はされてませんよね。
blurry eyesさんで詳細が分かりますので、どうぞー。



以下、私もネタバレな内容になってしまうので、続きより。



read more...
【2009/12/18 17:33 】 | HYDE | コメント(2) | トラックバック(0) |
真実は薄めて呑まなきゃわからない
『BLESS』の詳細が解禁されましたねー。

BLESS(初回限定盤)(DVD付)BLESS(初回限定盤)(DVD付)
(2010/01/27)
L’Arc~en~Ciel

商品詳細を見る


道路が『BLESS』ってタイトルを作ってます。
爽やか~~~~。

そういえば『BLESS』の歌詞で「花々しい季節」とありますけど、
「華々しい」が本当で、「花々しい」は当て字になりますよね。
でも、花が咲く季節とはほとんど縁がない冬にそれまでの自分を全て昇華させる選手たちには、
時には迷わされ、憎しみの対象にもなったかもしれない雪が、
その日は祝福の花のように選手たちに舞い降りるという流れで、
雪=花というイメージがとてもすんなり繋がって、
これは聴くだけじゃ分からない、歌詞を見ないと分からない、
hydeさんの選手に対するとっても優しい気持ちだなと思いました。



さ、VAMPS TIMESですが、
念願の赤いボウタイBJのK.A.Zさんをやっと拝めました。
もうこれ、BJじゃん?
カメラ目線でポージングしてるヤッターマンK.A.Z号もなりきってるし(なりきれてないのは歳だけ)、
K.A.Z画伯に次いでK.A.Zさんの新たな才能の開花。

踊って歌ってるhydeさんの写真になぜかマンプス13号の空箱が逆さまに放置されていたりする
そんな細かいところがいちいち気になるHELLWEEN記事でした。


HAWAIIのVAMPSさん
LIVE映像の真正面から観ていたのでは分からなかった砲台の大きさが、
横を歩くHYDEさんとの比較で改めてその巨大さを認識しました。
武器って感じだよね。

ミズーリでのライヴについてはファンにもいろいろ言われた(私も言ったけど)けど、
動機が軽かった分仕方のないことだったと思った。
いろいろと調べたのね。
「把握したうえでやらないと、何言い出すかわかんないんで」
・・・・・ファンの気持ちをよく分かっていらっしゃる(笑)
そして、上下白、サンダル履きで盆踊りみたいなことしてる小さいHYDEさんの切り抜きショットが、
どうしてもステテコ姿のおじさんにしか見えないんですけど。

最初観たとき、あまりにも鮮やかな色合いでびっくりしたK.A.Zさんお気に入りの帽子、
ハワイにも持っていって被ってるんだけどハワイに似合うねー。
そして日焼けした有松さんはどうみてもテカったアンパンマン。


オフ会でのK.A.Z画伯のスティッチは椿さんのブログで観たりしていたんだけど、
やっぱり凄いや。
イコちゃんっていうキャラも私も知らないので検索してみたんだけど・・・・違いすぎる。
まず、カモノハシっていうキャラが根底から覆されてるよね。
カモノハシに観えない。 どーみても河童ですよ。
でも、K.A.Zさんが気になっていた「カッパのかぁたん」とも程遠い。
絵とは関係ないけど、オフ会で着ていた白いソフトジャケット、K.A.Zさんにとてもお似合いー。
そして大阪一日目は酔っ払ったステテコHYDEだったのね。 最強だわ。 


あ、「呑みすぎ注意!」の刷り込み広告。
スタッフからHYDEさんへのメッセージ(笑)?


K.A.Zのこだわりカタログの写真。
相変わらず、K.A.Zさんが撮る写真って可愛いなー。
ポストカードだってお花と一緒に撮ったり、ぶさいくカエルとか恐怖のりラックマとか、
ちょっと視点が違うのよね。

そんな中、タトゥーへの思い入れもK.A.Zさんらしい視点。
普通の人じゃないことを主張したいからじゃなくて、
「これがあるともう普通の人にはなれない」
という決意で入れたっていうところがね。

「龍というよりも蛇な気がして」
流石、テクニックが「とんこつ的にこってり」なK.A.Zさんです。
なぜかは自分で調べてください。


で、タイトルなんですけど、「1年を振り返って」と聞かれたHYDEさんが
「薄めないと真実の味がわからない。 真実が見えてこないような、濃い1年」
と、カルピスの原液にたとえて言ってます。
おもしろーい。 HYDEさんらしい喩え、HYDEテイスト。

それくらい充実していたっていうことなんだよね。
薄めて初めて真実が際立つほど、他のことも濃かったのねー。
いや、何よりです。

ざっと感想でしたけど、同じように私たちにとっても濃い1年でしたよね。
VAMPSさん、ありがとうでしたー。



お返事

>メ・・・・さん
初めまして。
yukihiroさん、怖かったですけど1枚の絵のようですよね。
絵とは対照的な雰囲気ですけど、それがまた何か宗教的なメッセージを与えているようで素敵でした。


>kazueさん
ありがとーっ!!(笑)


>恵さん
いいでしょ。
クリスマス限定とかあったらいいよね。

「めりーくりすまぁぁすぅ~ 何してるのぉ? 俺? 酔ってる んふ、ひとりよぉ~ また電話してね」

何回でもするっちゅーねんっ!


>無記名さん
ところどころね、無駄に細かいですよね(笑)


>ピラさん
かけましたよ~(笑)
ツッコミどころは徹底的にです。

>某声優さんの1分近況報告
そんなのあったら楽しいですよね~。 電話パンクすると思うけど。

ビニールの彼女は最後までアリーナにいたのね(爆)
Kenちゃん、お持ち帰りしたんでしょうかねぇ~~?


>ゆうゆさん
電話しましたよ~、でもきっと私以外でもした人はいらっしゃると思いますね。
こんなサービスあったら楽しいでしょうねぇ。
HYDEさんよりK.A.Zさんのほうが面白いことになりそうですけど。

「K.A.Zでぇ~す 元気ですかー ・・・・・・元気ですよ」
終了! みたいなね(笑)
【2009/12/17 04:29 】 | VAMPS | コメント(2) | トラックバック(0) |
VAMPS TIMES いやacidとCOBRAの話しになっちゃった
DLできなかったacidモバイルの「お宿りyukihiro」、いままでDLできなかったんですけど、
できましたー。
何がどういけなくてDLできなかったのかさっぱり分かりませんが、
結果的にできたからよかったよよよよ~~~。

なんだか他にもいろいろacidさんにあったようですけど、
うおー、acidのLIVEに行ってきたぜーーっていうほどacidさんのLIVEを体験してないし、
メンバーのこともよく知らないので、それもどういうことなんだかさっぱり。
だけど、tomoさんの件について触れてらっしゃるブログを見ると、
acidにとってとても要人だったのね。
とはいえ、ご本人たちが決めたことなんだから仕方がない。
acidにとっても、tomoさんにとってもいい決断であり、
それが「なぜ?」というファンの疑問を払拭できる結果になることを願うしかありません。




さて、VAMPS TIMESです。
余談ですが、kazueさんがデリヘルだとイメージしていたピートのCALL ME NOW!広告は、それで正解です。
6966の「rock」も「roll」も黒人の隠語で性交を意味してるんですよ~~~~(笑)
いくいく はいど ロックンロール(爆)


ツッコミどころ違うだろって気もするけど。
表紙からしてツッコミどころ満載でしたね。
インディアンのK.A.Zさんと、フランケンの野獣さんはとてもハマっていました。
今にも消えそうなJINちゃんも、亡霊っぽくってgoodです。
ジグスパのHYDEさんは、やっぱりどっかの部族の酋長でしょ。
そして肩から垂れ下がるこの1本に足を捕られてヨロけたんだね(笑)

表紙と裏表紙のイラストのねーちゃんが、COBRAに出てくるみたいなHさで素敵だと思いました。
なにげにCOBRAを宣伝してみる。
別になんの関係もありませんが、大好きなんです。
出てくるねーちゃんがみんないろっぺいし、声優さんの声もたまらんです。
特にコブラの相棒、アーマロイドのレディの声はぞくぞくするほど知的さと色っぽさが混在してます。
ストーリーも面白いし、音楽もアニソンなんてカテゴリーにはあてはまりませんね。
アニメもいいけど、今のハリウッドならこれを実写化できるだろうと思うのですよ。
独特な世界観、個性的なキャラ、洒落た台詞のオンパレード、なんでハリウッドが飛びつかないのか?
と思っていたら、やっぱりオファーはあったようですね。
作者の寺沢氏が乗り気でないだけで・・・・確かに全編に渡るあの色っぽさは日本人では表現できないだろうけれど、
微妙な台詞まわしやコブラとレディの掛け合いを英語で表現するのは難しい。
サムライじゃなくて、武士魂を理解してる監督さんじゃないと、コブラとレディの関係がありゃりゃな解釈になりそうだし。
CGばりばり無制限映画もちょっとな。
ただ、コブラはヒュー・ジャックマンにやってもらいたい!(個人的見解)
コブラのくわえ煙草を演れるのは彼しかいない!
そしてK.A.Zさんにアッパーな曲を作ってもらいたい(超個人的見解)
・・・・・・止めないと夜が明けるのでこれくらいにして。

表紙と裏表紙のメンバー。
こうやってみると今年のメンバーの仮装もそれなりに凄かったのねぇ~・・・・
特に野獣さんのミイラとウロコはSFXです。
でも、有松さんのアレは仮装じゃないよね!
よく考えたら仮装じゃないじゃん。
裏表紙にギズモで一人すっごいご満悦な笑顔で写ってるんだけどね(笑)
パジャマの着ぐるみんじゃん、アレ(爆笑)
って、・・・・・仕事前にVAMPS TIMESの話をと思っていたのに、ほとんど別の話になっちゃった。


今回のTIMESではとっても気に入ったHYDEさんの面白い言い回しがあったんだけど、
また帰宅後に、行ってきます。
拍手お返事もその時に。
【2009/12/16 08:53 】 | VAMPS | コメント(4) | トラックバック(0) |
HYDEが行っちゃうよ!
ちょっと都内まで出かける仕事があって、
帰りの電車の中でVAMPS TIMESを読んでいたんですけど・・・・・

え? 勇気あるって?
ふふふ・・・在来線のグリーン車だから人がいなかったのよ。



TIMES(P13)に載っている電話番号
え~、会員じゃない方には分かりにくいかと思いますが、
ピートの仮装したHYDEさんが色っぽく舌を出しながらギターを抱えていて、
ちょっと雑誌の刷り込み広告みたいな仕様になっている部分があるんですね。

でね、

LET'S PLAY TOGETHER!!
I'LL PLAY WHILE YOU LISTEN!!


という夢のような宣伝文句が入っていて、

CALL ME NOW!

の後に電話番号が書いてあるんですよ。


1919 810 6966

なんですけど、これって・・・・・


いくいく  はいど  ロックンロール
 
っていう意味ですか?
。゚(゚^∀^゚)゚。ギャーハッハッハッハッハッハハッハッハッハッハッハ !!

あ、ちなみにここに電話かけても掛かりません。
掛けたらHYDEさんんの声で、

「んふv お電話ありがとぉ~ 今日の営業はおしまいよぉ~ またのお電話 お待ちしてるわぁ~v」

なんて流れてたら面白いなと思って、掛けてみました(笑)
迷惑だからみなさんはやめましょうね。
【2009/12/14 15:29 】 | HYDE | コメント(6) | トラックバック(0) |
yukihiroさんの(無)原罪
yukihiroさんのモバイル・・・・入ってます(笑)
Kenモバには入らないくせに(でもKenちゃんのLIVEは好きよ)、ゆきさんのは入るという。
だってソロのyukihiroさんはゴシックで、なんかやってくれそうなんだもん。
LIVEも『人造人間』がとても楽しかったので行ってみたかったんですよ。
残念ながら今回2月13日は、娘のバレエの小発表会のゲネになってしまい、
それもエントリーしてから予定が分かったので、変更でキャンセルという悲しい結果だったんですが。

でも、まだこれからLIVEはどんどんやってくれるよね。


そんなことでモバイルで配信されたphotoのyukihiroさんなんですが、
ゴスメイクで怖いです。

バックの絵画は、ムリーリョの『無原罪のお宿り』
上野の西洋美術館で開催された「プラド美術館展」でこれを観たことがあります。
見上げるほど大きな絵で驚きました。
が、yukihiroさんのバックのものは、その『無原罪のお宿り』とは違うヴァージョンだと思います。
これは、何作かあるムリーリョの『無原罪のお宿り』の中でも最高傑作と言われているものです。


キリスト教は、人は生まれながらにして罪びとだという教えなんですが、
『無原罪のお宿り』はマリア様がイエスをお腹に宿した時、
彼女は一切の穢れ(性交)がなかったという意味ではないんですよね。

「お宿り」はマリア様自身のことで、彼女の母親アンナが性交なしで、
神の恩寵でマリア様を胎内に宿ったが故に、彼女には一切の原罪がないという。
通常の人間は、アダム以来の罪、原罪を背負って生まれてくるのですが、
マリア様はそれすらも免れこの世に生を受けたという意味なんですね。

これ、よく間違って解釈されると学生時代に講義を受けたのを思い出しました。


「原罪」とは、神への逆らい(禁断の木の実)に対する罪。
しかしそれは、ただ神の禁断への無条件の受容ではなく、
「何が悪く、何が正しいのか」ということを、己自身が判断した結果でもあります。

生きているといろんなことが起こります。
嫌なこともいいことも。

それをいかに受容していくのかと考えることも生きていくことだろうし、
それに逆らい、新たな活路を開いていくことも生きていくということでしょう。


「無原罪」の前に不敵に頬笑みながら佇むyukihiroさんを観ていたら、
そのどちらで生きていくんですかぁ?
なーんてことを思ったりしました。



さて、無事に姪っ子たちのマーチング大会も終わりました。
何と実は、姪っ子たちが出るのは昨日じゃなくて今日だったんですよ!
会場近くまで行って、両親に電話して知った事実。
姪っ子の父親が間違えて私たちに日にちを伝えていたんですよねー。
びっくりです。 サプライズでした(笑)
でも、今日の姪っ子たちの一生懸命ぶりを観てちょっと腹立てていたのも治まりましたね。
金賞(順位は決めません、金賞・銀賞・銅賞・・・・という評価)でしたし、
よかった、よかった。 
お正月、目いっぱい甘えさせてあげるよ、待ってるからね。



お返事


>ピラさん

Kenちゃんの「ビニールの彼女」は無事に手元に戻ってきたんでしょうか?
ファンの手によりヘドバンって(笑)
Mステの25日はお仕事、お疲れ様です。
早くお仕事が切りあげられて、TVの前でスタンバイできることを祈っています。

活きは刺身でなかったらほとんど変わらないと思いますねー。
活きてる伊勢海老の何が嫌かって、捕まえそこなってバンバン跳ねられる時です。
手出しできません。


>ゆうゆさん

ハリクリDVD、本当に重宝ですよー。
ちょっとした合間にハリクリできますからね。
しかも観終わった後の充実感。

>ポケットに入れてるんだか入れてないんだか?のhyさんの手

あ~~~~~、それあまり観てないんですけど、分かります!
なんかちょっと引っかかってる?って感じのですよね?

おズボンパツパツで手が入らないのか、手がごつくて入らないのか(笑)
どちらでも可愛いって・・・・・結局なんでも可愛いんだ。
【2009/12/14 00:58 】 | ラルクあれこれ | コメント(4) | トラックバック(0) |
hyde・・・・・スッゲェ綺麗
相変わらず子供たちと『Hurry Xmas』を観ているんですけど、
短時間でこれだけのhydeを堪能できるDVDっていうのは、本当に素晴らしいですね!
ずっとコマ送りで観てるヲタな親子なんですが。

でまた、相変わらずうちの息子が、「hydeって女じゃないよね?」って観ながら聴くのですよ。
あんたそれ何度目というくらい何度も同じこと聴かれます。
原因は、彼が小さいときに「hydeって昔、女の人やったんよ(笑)」といいながら
私が長髪の頃のhydeさんを見せたからなんだと思うんだけれど。

三つ子の魂百まで。

そんな息子が、昨夜子供会の行事で出かける間際にハリクリDVDを観ながら、

「hyde、きれー。 hydeって女じゃないよね? hyde・・・・スッゲェ綺麗」

素でつぶやいてましたね。
さすがに私もちょっと鳥肌立ったんだけど、
娘は「お前キモイッ! 早く子供会行けっ!」と怒鳴ってました。



もう月半ばになってしまった。
JACKの出演者の発表はまだなのかな?
VAMPSは今年でこれが最後ってHELLの時に言っていたから、御大は単体なんでしょうかね?
それともK.A.Zさんと仲良く年越すんでしょうかね、スタジオで(笑)


今日は姪っ子たちのマーチング全国大会の応援に行ってきます。
絶対音感の姪っ子率いるマーチング隊は、今年も順当に地方大会を勝ち進んできました。
今日も彼女たちの実力が存分に出せるように、ハンカチ握りしめ(マーチング観ながら号泣するから)応援してきまーす。
【2009/12/12 10:17 】 | ラルクあれこれ | コメント(2) | トラックバック(0) |
DEAD END 「kill Me Baby」と「Blind Boy Project」
まさかのMステでしたねーーー!!
羽根を生やした方もいろいろと小まめに忙しそうですが、私もクリスマスはさっさと用を済ませてTVに噛り付くわ。
それと、10日発売の『アリーナ37℃』はハロウィン特集だったんだけど、
どれもどこかで観た写真で(DAIGO君のスカートが翻っておパンツ丸見えな後ろ姿は初めて観たのかな?)、
レポも既読感バリバリだったので眺めて帰ってきました。


さて、DEAD ENDの『METAMORPHOSIS』について以前に書きましたが、こちら→
その時、「Kill Me Baby」にDEAD ENDの曲の中で聴いたことあるフレーズがあるって書いたんですけど、

あれから聴き直してみて分かりました。
『Shambara』に収録されている「Blind Boy Project」


このようつべのは素人さんがソロのフレーズを弾いているのですけど、この頭から30秒ほどの部分と、
「Kill Me Baby」のギターソロ(3分28秒辺りから)って同じですよね?

うーん、YOUちゃんったら、やること可愛いよね(笑)




そしてとうとう昨日、年末にやってくるアイツが我が家にきました。
年末に来るアイツ↓
iseebi.jpg

伊勢海老です。 生きてます(泣)
しかし、今年はぴーさんに教えてもらった「冷蔵で仮死作戦」(その時のコメント抜粋)

昔、車海老(活)頂いて冷蔵庫入れといたの。
で、支度するのに出したら『あれ?死んじゃった??』て思って~塩ふって~グリルに入れて~点火!
『ババァバッババァバババ』ってグリルの中からエビが一斉に跳ねまくり(仮死状態だったのね)
余りの衝撃音に、自室に逃げ込み…『ごめんよ~ごめんよ』と5分(笑)


これを教訓に、冷蔵庫に入れ仮死状態にしておいて大鍋で一気に茹で上げようと思いました。
1匹目、2匹目が上手くいき、写真のは3匹目だったんですけど、
入れようと思ったら先に入れた2匹の伊勢海老で鍋が一杯になっていて、

入りきらずに3匹目の伊勢海老のしっぽが鍋の端に引っかかってしまったんです!
頭だけ熱湯に突っ込まれた海老は、鍋の端に尾を引っかけよじ登ろうと大暴れ。
バッシャンバッシャン!
ぎゃーーーーーーーーー!!!!
踏み台に登って観ていた息子はびっくりして転げ落ちました。

ごめんよ~、予定外の苦しみを与えてしまって・・・・・



お返事

>ピラさん
KenちゃんLIVEお疲れ様でしたー。
楽しかったようですね! 
ガラス玉とか羨ましいです。 
てつや君も始終ご機嫌さんだったんですねー。
そら、可愛かったでしょーなー。
二人して方言丸出しっていいなー。

ダッチをあげるほうも貰うほうも、らしいと言えばらしいです(笑)

KenちゃんのFC情報やら、単行本情報やらもなんだかすごいですね。
なんだか、ソロモードになっていいのか、ラルクモードになっていいのか、
こちらは振りまわされっぱなしなんですけどねぇ。

詳細、ありがとうございました!!

【2009/12/11 04:52 】 | 音楽とか映画とか | コメント(8) | トラックバック(0) |
MORRIEさんとhydeさん てったん単行本にハリクリも観ました!
カリスマなのにゆる~いところが似てる。

と、思ったFM802 レッドニクス。

昔LIVE中に酸素不足で意識飛んでステージから転げ落ちたとか、
チョコについて熱く語ったりとか、
「ね~、YOUちゃん、ね~?」だったりとか。

MORRIEさんのイメージいがどんどん覆されていく。
すっごく天然ちゃんじゃないの、この人ぉ。
そして来年の動向も気になるところです。

そんなDEAD ENDがゲストで出演したFM802 レッドニクス、eriさんが起こしてくれていました。
FM802 レッドニクス『DEAD END』
読んでるとMORRIEさんとhydeさんのまったり具合がとてもかぶります。
そして、ますますDEAD ENDが好きになりますよー。
YOUちゃんなんかも可愛いんだよ、これが。


それからてったんの単行本
これはとっても気になります。
哲学は買ってないんだけど、「TSUTAYAじゃないよTETSUYAだよ」が語る真実のバンド・ストーリーってどんなん?
ベーシスト、tetsuyaの手って?(笑) 例の手相とかも載っちゃうの?
tetsuyaの推薦アルバムっていうのも面白そうだし、
何といってもヴィンテージ・チェア・セレクションに興味津々ですよ。
このセレブめ。



そして、ハリクリも無事にお買い上げ。
先ほど子供たちと一緒に観賞しました。

マダムhydeのオンパレード、買ってよかったー。
てったんもそれなりに(?)可愛かったし、
ギターを持つゆきさんには、娘も「格好いい」の連発だったし、
そしてなぜか一人だけおぼこいkenちゃんは、やっぱり笑えたしねー。

hydeの七変化を観ていたら、アンナちゃんのPVが観たくなって続いて観賞。

やっぱりとうもろこしhydeとジルベールhydeは、
コレと↓



コレ↓


の真似だろうーー(笑)

あぁ、カックカワイイーーーー、アンナちゃん。



お返事

>無記名さん
「官憲」はって・・・・アハハハハハーーーーーー!!!!
いや、心配してくださってありがとうございます。
最初なんのことを言ってらっしゃるのか分かりませんでしたよ。
私の20数年前のオイタの事ですよね?
これにチェック入れられてどうにかなるような、
そんな税金泥棒みたいな仕事、「官憲」はしませんからご心配いりませんよ。

当の件は知人(検察と弁護士)にも話したことがありますしね。
それに、書いても大丈夫なオイタしか書きません(あ、コレ問題?)
ありがとうございます。
【2009/12/10 00:40 】 | ラルクあれこれ | コメント(10) | トラックバック(0) |
歪んだ足跡
『BLESS』の「歪んでても真直ぐ」が脳内にこびり付いて離れません。
私の「hydeの足跡コレクション」に加えなければ(笑)

振り向けば長い足跡
歪んでても真直ぐ


この部分を読んだときに、いままでの人生の中で起こったいろーんなことを思いだしました。

「歪む」と「真直ぐ」は全く正反対の意味じゃないですか。
しかも「歪む」という言葉は、先の「氷山の一角」じゃありませんけれども、
それこそ非の意味ですよね。
それなのにちっとも非のイメージを残さない。
こういうところがhydeさんの歌詞の凄いところなんですよねぇ。
曲のメロディラインの美しさも手伝っているのだと思いますが。
あぁ、もちろん。 
hydeさんの透き通るような声もですね。


後ろに長く続いている足跡は、決して真っ直ぐに続いてきたものじゃない。
オリンピック選手のイメージは清廉で不屈な精神、強靱な肉体というものがまとわりつきますが、
現実にはそんな綺麗事だけですまされはしないと思います。

「歪む」という中に、アスリートたちの苦しむ表情や悩み、
綺麗なだけじゃない感情を感じたりもしました。


あ、そこから言ったら「氷山の一角」も暗に妥当な表現だったのかもね(しつこくてすみません)
深いなhydeさん。


それでも、夢への想いは真直ぐ。
自分の後ろに続く足跡は歪んで何度か消えそうになったり、横道に逸れたりしているけれど、
前に広がる歩むべき道は真直ぐに向かっている。
足跡はいくら歪ませようとも、進む道だけは歪ませたり途切れさせたりはしない。

アスリート達への想いと共に、
きっとhydeさんもそうやって来たんだろうなと思いました。





さてね、今の私の待受けはコレ↓です。
yukihoro1.jpg

初めてですよ、後ろ姿の待受けなんて。
うなじーーーーーーーーーー!!!!!
ちょっと髪の毛が左右に分かれてるじゃないですか。
そこから覗く細い首がぁぁああああああ・・・・・・
首根っこ捕まえたい。


そして野獣さんのブログ
車の運転はしない私ですが、いえ、免許は持ってるんですよ。
そしてこれでも学生時代、東名でダンプの兄ちゃんをからかってデッドヒートという迷惑行為を繰り返していました。
抜き際に兄ちゃん食べかけの弁当投げつけられたりなんてね、アッハッハッハー!
若気の至りというやつですね。
認めたくない若さゆえの過ちです。

というわけで、美術品と並ぶ車は大好きです。理由になっとりませんが。
この色艶・フォルム。
あぁ、うっとり。


そして一番の驚きというか、年代モノ発見。
ZZ TOP Billy F Gibbons
愛車と共に来日って、まだまだイケます! お元気です!
もう何というか、感動でした!

明日はハリクリこうてこよーっと。
【2009/12/08 18:26 】 | 歌詞とか | コメント(4) | トラックバック(0) |
BLESS  歪んでても真直ぐ
hydeさん、想像以上に短髪になって、ちょっと丸こくなって、
やんちゃ坊主からいきなりお父さんっぽくなってましたねぇ。

まさか某所にはまだあがってないだろうと思っていたら、le vertさんのところに貼ってありました。
早い!
凄い職人技だ。


ということで、久しぶりに4人揃った姿を観れたので並べてみました(笑)
mjh.jpg mjt.jpg
mjy.jpg mjk.jpg

11月某スタジオ収録日にはスタジオ入りでhydeさんと一緒に社長の姿もありましたな。
hydeさんはオールバックで顔の輪郭がちょっとゆる~くなってたよ。
なんだかお疲れモードな感じだったね。
てったん、ピンクは絶対に外さないんだ。
チェックのストールがとっても可愛いし似合ってた。
kenちゃんもちょっとシュッとしたのかなぁ?
そして、ゆきさん。
ちゃんと食べてるー?
もう、誰でもいいから口の中に何か入れてやってよ、お願い。

初聴きの「BLESS」
どこがサビなのか難しい曲。 で、出だしからサビなんだね。
流石hydeさん曲、とっかかりにくいけれで、きっと聴いている間にハマるんだろうなという感じ。
冬季オリンピック開催中は、アスリートの映像とともに何度も流れるし、
曲に合わせて盛り上がる映像を流してくれるのだろうから、お茶の間への浸透は期待できそうですよね。
で、カラオケで歌おうとして撃沈するタイプの曲だよ、コレきっと。

力強くドーンと盛り上がるような曲調ではないけれど、
本当に花弁のように雪が舞い降りているようなゆるやかで包み込むような曲です。

振り向けば長い足跡
歪んでても真直ぐ
全てはこの日のために

「歪んでても真直ぐ」 私はこの言葉に結構キました。
オリンピック選手のような経験はないけれど、
強化合宿が心身ともにハードで血尿(なんとも格好悪い)出したなんて経験があるので、
ちょっとその頃のこと思い出したりしました。

歪んでいても真直ぐ・・・この一言に全て凝縮されてます。



それから前回の「氷山の一角」について貴重な私見をいただきました。
鍵付きでありませんでしたので、こちらで改めて紹介させていただきます。

50年程前、前述の表現は、むしろ肯定的な意味合いで使われる場合が多かったように記憶しております。学校教育で、「白鳥は水面を優雅に泳いでいるが、その下では弛まず水かきをしている」と同様の意で、「よく学べ、励め」と訓示を受けた際、耳に致しました。しかしながら、現在の意味合いは、はたして如何なるものかと、日本文学専攻の方に確認をとりましたところ、肯定的にも否定的にも両方で使えるとの意見でした。言葉は、時の移ろいにつれ、変遷するものなのかもしれません。

名無しさんありがとうございました。
私は小学生の時、先生から「君たちが今感じる苦労なんて、これからの人生の中では氷山の一角でしかないよ」
というような使い方をされて聞いたのが初めてです。
その時は、なんて分かりやすい喩えなんだと思いましたが、これなどは肯定とも否定とも取れない使い方ですよね。
いろいろな使い方があるんですね。
しかし、名無しさんのおっしゃるように、確かに言葉は時代の変遷とともにその意味合いも変化していったり、
もともとの意味を勘違いしたものががすり替わってしまったりということがありますものね。
面白いです。


>無記名さん

私も水を差すようなことになるなーと思ったんですけど、
もやもやした気持ちのままでいられない性格なもので、すみません。
余計なことでないですよ、ありがとうございました。
【2009/12/07 02:34 】 | ラルクあれこれ | コメント(8) | トラックバック(0) |
歌詞には向かない言葉
今のアー写を観るたびにkenちゃんと他面の比率バランスに違和感です。
kenちゃん、縮小コピーされて貼ってあるみたいだよね、いつもだけど(笑)
おまけに今回もなんとなくK立ちにみえるし、
hydeさんの左手はお袖が長いの~だし。
てったんとゆきさんがお手てをニギニギしてるみたいにみえるし。
何度観てもゆきさんは骨と皮だしねー。

あぁ、ラルクだわって、そんなとこみて感慨深くなる。

今晩は「BLESS」初OAで、なんかいつにもまして期待でワクワクしてます。
去年のパリLIVEなどの放送でNHKさんはラルク好きなのかと思っていたんだけれど、
「BLESS」が冬季オリンピックのNHK放送テーマソングに決まっていたということを思うと、
あれも業界的な流れだったのだなと思いましたよ。


ところで違和感と言いますと、hydeさんがコメントで言っていた「氷山の一角」という言葉。
それについて日参してるブログのブロガーさんが、「こういう使い方するんだっけ?」とコメントしてましたけど、
それを読んだ時に今度の歌詞の一部かと早合点してものすごくドキドキというか、眩暈がしました。 
それでNHKからOKがほんとに出たのか?って。

どんな使われ方をしてるんだと歌詞を読むのがとっても怖かったですよ。
だいたい「一角」っていう言葉が歌詞として入れられること自体、
感覚的にあり得ないと思ったので、コメントの引用と分かってほっとしました。

「氷山の一角」って・・・・あまりいい意味では使われませんよね。
今回検挙された悪徳バイヤーはその氷山の一角でしかないとか、
「氷山の一角」という言葉だけだと悪い意味ではないんですけど、
「~~~は氷山の一角でしかない」というのは十中八九悪い意味で使われるので、
大かたの日本人がこの言葉で捉える事象は悪いイメージなんですよね。
なので私もアレを読んだ時には違和感を覚えましたが、
そういう意味ばかりで使われるわけではないので、まぁ、ありはありなんでしょう。
天下のNHKさん監修の下なんだし(笑)



普通は使わないけどね。





お返事

>ピラさん

そうそう、てったんは時々どっかーんとツボに入る時があるんですよねー。
今回がまさにそうでした。
可愛すぎるよ、あれ。
信じられない。
私、完全に負けてるよ。
彼に比べたら私、おっさんだよ。

ところで、ピラさんの夢。
ラルクで完全おままごと状態ですね。
私もシムでおんなじようなことさせてますから人の事言えませんけど、
ピラさん、重症ですよ(笑)





【2009/12/06 15:13 】 | 歌詞とか | コメント(2) | トラックバック(0) |
都のかほりSPで「紅蝙蝠」 
てったんサイトのてったんがめっちゃ可愛いと聞いて観に行って、開いた瞬間

たっはぁ~

あまりの可愛さに変な声が出ました。
何あれ。 久しぶりにてったんにほにゃ~~~ってなりました。
TETSUYAって感じです ←?


え~、関西ではやらなかったらしいんですが(当たり前か)、
お昼過ぎにテレビ朝日で『都のかほりSP』という番組がやりまして、
そこであの紅蝙蝠さんが紹介されていました。

kahori1.jpg

これ、blurry eyesのeriさんが紅蝙蝠行っていたときにまんま取材にかちあったらく、
放映日を教えてもらいました。


店内にある例のブツも画面の端っこに何度も映ってましたよ(笑)
kahori2.jpg
分かりますか? 舞妓ちゃんの右後方の団扇です。


K.A.Zさん絶賛の太秦プリンも紹介されていました。
kahori3.jpg


舞妓ちゃんのお着物が上品で、京都に買い物に行きたくなりました~。



ところで、先日のMUCCさんのラジオでメンバーの声に少しでも慣れようと思い、
以前購入した『アゲハ』についていた特典DVDを観てみたんです。
買った当初少し観てやめてしまったんですよ。
で、それ以来そのDVDは、
メンバーが『憧れのロックスター』について語るDVDなんだと思っていたんですよね。

MUCCファンの方なら内容はご存知かと思いますが、大爆笑でした。
今更な話題ですみません。



お返事

>Dさん
教えていただきましてありがとうございました。
逹瑯君が何を言ってるのか全然聞き取れなくて、助かりました。
ムックさんのラジオ、メンバーのことを知らなくても面白かったです。
JACK IN THE RADIOで紹介されるムックさんの曲、
私も好きなものが何曲かあるので、これを機にアルバムを聴いてみようかなと思っています。


>無記名さん
ご丁寧にありがとうございます。
私が好きで勝手にしていることなので気にしないでください。
それよりもラジオを聴いて楽しかったです。
それよりもメンバーの聴き分けが上手くできずに
ムックさんファンの方には申しわけないと思っています。

逹瑯君はLIVEの時、そんななんですか。
JACK IN THE RADIOではしっかりパーソナリティーを務めているのに、
メンバーと話しているのを聴いていると、結構お子ちゃまだったんだと思いました(笑)
【2009/12/05 16:23 】 | 日々 | コメント(4) | トラックバック(0) |
ミヤ君の隠し子さんは早く出てきたほうがいいJACK IN THE RADIO MUCC編
あー、途中で寝ちゃってました。

いや~、やっぱりSATOち君なんだかYUKKE君なんだか逹瑯君なんだか分からなくなったり・・・・
誰が何言ってるのかわからなくなったり・・・・
なんか低い声の人は取り敢えずミヤ君にしちゃったり・・・・

そんな今回のJACK IN THE RADIOですが、よろしかったら。
誤字・脱字ごめんなさい。
そして、メンバー表記はT・M・Y・Sですけど、すみません。
read more...
【2009/12/03 04:12 】 | JACK IN THE RADIO | コメント(2) | トラックバック(0) |
GOD BLESS YOU
久しぶりに「てったん」のカテゴリーでブログ書くなぁ。



「God Bless You」・・・「あなたに神の祝福を」は、MJの口癖でしたよね。
good byeも「God by」神はあなたと共にいるから派生した言葉なので意味は同じようなものですけど、
「God bless you」のほうがお別れの言葉としても私は女性的な優しさを感じます。


思えば私たちは生まれたときから神の祝福を受けているようなものです。
1回の射精で出る精子の数は約1億~3億。
ということは、私達は最低でも1億倍の競争に打ち勝ってこの世に生を受けたことになります。
人によっては3億ものライバルを蹴落として誕生したことになる。
私たちが今ここにいるということ、これが神からの祝福を受けたような奇跡な出来事と言わずしてなんとする。

まさに私たちはエリート中のエリートなはずなのですよ。

しかし悲しいかな。
世の中はそんなエリートの集まりです。
そのエリート連中からさらに傑出したければ、エリート相手にやはり努力しなければならない。

ラルクさんの新曲「BLESS」、バンクーバーオリンピックの放送テーマソングは、
そんなアスリートたちに向けられた歌だそうで。

NHKさんによるとラルクさん選考のポイントが「スポーツの魅力や感動を独特の表現力で伝えられることなど」
と、ありますけれど、歌詞を読んだ限りでは独特というよりも直球ストレートで分かりやす~~い、そのまま~って感じでした。
NHKで流れたという曲を聴いていないので、あとは曲とhydeさんの最大の武器「声」がこれにどう付加され、
感動を呼び込んでくれるのか楽しみです。
12月6日は、TVの前で久しぶりな4人に正座です。

オフィのアー写、yukihiroさん以外の3人の頬が同じコケ方していて笑ってしまいました。
アレはいつのKenちゃんなんだ?
あんな頬コケたKenちゃんしばらく観てないよ、最近はそうなの?
修正?(笑)
そしてyukihiroさん、お願い誰か無理矢理にでもご飯食べさせて。



それから、てったんの改名
TETSU→TETSUYAでやっぱりTSUTAYAに見えてしまうんだけれど(笑)
最初に聞いたときは別にてったんだからという訳ではなく、いいんじゃない変えたいならと思っただけ。

私の周囲で改名はそんな大したことじゃないので。
友人の一人は戸籍まで名前を変えてしまった人もいるし、
坊さん友達は何回も名前が変わるから。
「あれ? あんた今なんて名前だったっけ?」とか、
名前呼んだら、「それ前の名前、今は●●だよ」なんてしょっちゅうなんです。
知り合いの京都のにいさんは幼名と今の名前が違うし、源氏名のままで通っている姐さんもいるし。
私自身も実母からは本名では呼ばれてないので(笑)

だから名前は私にとってその個体を呼び分ける表記でしかないんです。

まぁ、てったんがYAをつけたことについては情報が流れたときから様々な憶測が同時に流れてますけど、
いろんな要素とともにその憶測の一つも理由としててったんがそう決めてくれたのなら、
私は「よかった」と思いました。

この度のことで改めてそれがメンバーやファンにとって大きなことなのだとしたら、
これからLIVEに参加したり彼らの姿をメディアで観て、
必ず思ってしまうその想いをどう表していいのか、どこに持っていけばいいのか。

そう考えたとき、てったんの名前を呼んで少しは気持ちが治まるのではと思ったんです。
誠に勝手な言い分ですが

そして勝手な言い分を続けますと、tetsuからtesuyaに変えたところで実際には以前と同様に「てつ」と呼んだって、「teっちゃん」と呼んだっておかしくないわけです。
が、その意味合いだけは違うという。
それを良しとするかどうかは別として、そこまで考えての改名だとしたら配慮のあることだと思います。
そして、てったんはやっぱりリーダーだよ。

というか、もうそうでなくてはならないような雰囲気ですよてったん。
ラルクとしてどこかにその気持ちを表したいんだけど、KenyaとかyukiyaとかYAをつけて一番違和感なかったのがリーダーだったっていうオチだったら身も蓋もないね。
もう、hydeyaとかhyyaだったら訳分かんないもんね。

そしてもう改名はできないよてったん笑)


お返事

>恵さん
癒せることができてよかったわ~。
動きは結構スムーズよ。 たまに固まったりして
おしっこ漏れそうなときなんかもんのすごいスピードでトイレに走ったりするんだから。

あ、はいシムったら黒い人にはプレゼントあげてないわ。


>ピラさん

凄いですね~~、何度も夢に出てきてくれるんですか!
私はここのところ夢自体観てません。 
観ているんでしょうけど、全く覚えていません。
そして寝た!と思ったら朝です。

Kenちゃんは本当に楽しそうに歌って、踊って幸せそうですよ。
こちらもハッピー!って感じになります。
ノリは確かにどうにかなりますって!
kenちゃん観てるだけで楽しいですから。

厳しい時もあるけれど、ゆきシムははいシムに、実は一番甘いんです(笑)
【2009/12/02 19:00 】 | てったん | コメント(2) | トラックバック(0) |
シムたちのはぴはぴはぴでー
うわー、お昼ゆっくりできると思っていたら、業者からのFAX攻撃でしたー。
そしてTETSUYAがTSUTAYAに見えちゃうよー。
それでもってラルクでシングル?
!!!!!
楽しみです。



さてさて、ゆきシムとけんシムのお誕生日を忘れてしまっていたはいシム。
その後思い出したものの、どう切り出したらいいのか分からず、
一人ウジウジしてましたよ(笑)

長いので追記よりどうぞ



read more...
【2009/12/01 15:35 】 | sim日記 | コメント(2) | トラックバック(0) |
はぴはぴはぴでー
前回の記事でせいらさんがの「疲れてるの?」ってコメント・・・・そうだったかも(笑)

いや前日、225枚の宛名書きを終わらせなくちゃあかんのに、
PCで住所録を打ち出している間に
突然ブレーカーが落ちて停電したんです!

PCが復旧するまであっちこっち電話して4時間ほど。
もう、せいらさんのご主人さん転送してーって思った。
でも、恐怖のリカバリ一歩手前で全データ失わずに復旧しました。
このPCは何度もこういう危機に瀕しながらもいつも最後は生き返ってくれるというタフな奴なんですが、さずがに今回はもうダメ(ずっと画面が真っ黒だった)と思いました。

FUJITSUコンシェルジュのお兄さん、ありがとう。
3000円の価値あったよ。


さてね、そんなんで宛名書き再開しようかと思っていたら、今度は東京の現場から家人が電話してきました。

「鞄がないんだけどさ」
「?」
「鞄・・・盗まれたみたいー」
「どこに置いてあったの」
「現場のそとー(一般道路)」
「ば・・・そんなの盗んでくださいゆうてるようなもんでしょう」
「・・・・・・あ~、○(以前私の掌に寝ゲロ吐いた人)のもないっ!」

大の大人が二人並べて道路に鞄置きっぱだったのかよっ!

久しぶりに血管ブチーーって切れる感覚でしたね。
二人とも免許証、財布はもちろん入っていて、その前に大切な図面なんかも入っていて、
特に家人には財布には入れてはいないんだけれど、
職人さんにいつでも飲ませれる様に常に数十万は小分けにして鞄に入れてあるんですよ!

「んなもん財布盗ったら重いだけの鞄やさかい、そこらにうっちゃってるかもしれへんのやから
みんなでヘラヘラ笑っとらんとちゃっちゃと探しにいかんかいっ!」

(このボケーーーーー!!!!!)

ただでさえ日曜日にビジネスバック二つも持って歩いてたら怪しいんだからさ。

で、数十分後、職人さんたち総動員で探した結果、家人のはやはり外ポケットに入れてあった財布だけ盗って鞄は捨ててありました。
そして、職人さんたち駅から現場の道しか知らないから、ウロウロしてみんな迷子になってるっていうね(爆)
家人の鞄は出張帰りだったので、開けると下着や寝間着が丸見えなんですよね、
その横や下のほうに袋に入れてあった現金は手つかず(笑)

ただしブランドバックだった○君の鞄は見つかりませんでした。
金額からいったら家人のほうが入ってたんだけど、見た目もうクタクタな鞄だったものだから。
○君には悪いけれど不幸中の幸い。

しかし、この後がさらに血管ブチギレなんですよっ!
結局、厄払いだーとかでそのまま家人がみんなひきつれて飲みに行ったんですけどね、
まぁ、それはいいでしょう。 仕方ない。

でも電車がないからって池袋からタクシーで帰ってくるな(実は2回目)、そんな時に。
電車がないっていうけど、その時間でもちゃんと終電には間に合うってこと私は知ってるんだからね(笑)

あら? その後のはいシムのことをと思っていたのに長くなってしまった。
ちょっと今日はのんびりできるので、はいシムさんのはお昼にでも更新します。
すみません。
【2009/12/01 08:54 】 | 日々 | コメント(6) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。