スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
スペイン坂公録ラジオ 秋は秋刀魚にこだわるVAMPS
スペ坂公録ラジオ文字起こしです。
よろしければ。
read more...
スポンサーサイト
【2009/09/29 22:05 】 | ラジオでHYDE | コメント(6) | トラックバック(0) |
久し振りにシムラルク家
久し振りにやってみました。
シムラルク家は日曜日で、4人とも揃って家にいましたので、
ほんとだったらなかなか叶わない

一緒にご飯

を食べさせてみましたよ。

その前に冷蔵庫が空っぽだったので、リーダーが食料をたくさん買ってきてくれました。
snapshot_3535975b_17ccccf4.jpg
買い出してったん


なんと! けんシムの作った料理は光るんです。
snapshot_3535975b_97ccd0aa.jpg
あまりにも美味しそうだったので、てっシムが皿突き破って喰ってます。
オカルトだよ。


和やか~~~。 夢のような光景ですな。 料理光りすぎ。
snapshot_3535975b_97ccd211.jpg


まぁね。 ゆきシムのお約束なんですけどね。
snapshot_3535975b_f7ccd248.jpg
H:なんでゆっきぃはご飯の時間になると寝るのぉ? おこちゃまやん(笑)
K:見なかったことにしといたげて


いやいや、あまりにも和やかな様子が展開されて、涙出そうになりました。
カレンダーでない4ショットが観たい!(カレンダーは買わないけどね)


さて、我が家にもVAMPS TIMESが来ましたー。
まだ封すら開けていません。
今晩は家人が遅く帰ってくるので(だから仕事の合間見てこんなことできるのさ)、
ちょっとゆっくりして読もう。




最後、はいシムのサービスショット
snapshot_3535975b_f7ccd6f5.jpg




>お返事

>恵さん
あくまでも私のイメージですからねー。
大切なものの歌であることは間違いないですよね。


>無記名さん
変な区切り方せずに今度はメールでどうぞ。


>ゆきえさん
初めまして。

>ヲタさんだったら笑い飛ばすだけ

いまいちファンとヲタの違いがよく分かりませんが(笑)、
大抵の方は「?!」と思って、確認して「な~んだ(笑)」という反応だったみたいですね。
まぁ、そうですよね。
【2009/09/28 15:02 】 | sim日記 | コメント(10) | トラックバック(0) |
手始めにウィンクだったMステ
Mステ、歌う前にあっちゃん越し(笑)に映っているHYDEさんがしたウィンク。
格好よかった・・・・・
ちょっと野蛮気なウィンクだったよねねね!!!

歌の出だしにハラドキしたけど、持ち直した。
いや、何と言っても歌っているHYDEさんの表情がとても良かった。

郷愁? う~ん、ちょっと違うかな。

こんな日々を過ごしてきたよ

「こんな日々」
これ、上手く表現してる。
誰しもがこの一言で歌と自分(が過ごしてきた日々)を重ね合わせることができるものね。
もちろんHYDEさん、K.A.Zさん率いるVAMPSの面々が駆け抜けてきたツアーや、
それに伴う日々をファンが思い描いくこともできる。
当の本人はそこまで考えてはないんだろうけど(って言ったら失礼ですか?)、
身に付いた作詞の勘、感性なんでしょうね。

この歌は、とても大切なものに対してのHYDEさんへの慈愛を感じる。
そこへもってきてあのHYDEさんの表情がさらに歌への効果倍増。

歌っている時はどんな俳優にも負けない表現力があるよね。
歌ってる時は・・・・・(笑)


同時に、私が歌を聴いていつもイメージとして浮かぶのが、
小さい頃の自分、または小さい頃のVAMPSのメンバー。

実際に子供の頃のメンバーなんて知るわけないんだけれど。

「こんな日々」を過ごしてきた・・・こんな日々というのは楽しいこともあれば、酷いこともある。
だけど、それで今の自分がこうしている。
もし小さな頃の自分に会って、何かを言えるのだとしたら・・・
今はそうやって守られて、何も知らずに幸せそうに丸くなって寝てるけど、
君にはこれからいろんなことが待ってるんだ。
でも安心して。
今の自分はとっても幸せだからね。

あの日の自分。
素敵な日を過ごしたんだろうか? 昨日は、明日は?
何か訳も分からず、不安な日を過ごしていたりしたんじゃなかったかな。
でも心配しなくていいよ大丈夫。
こうやって今はいるからね。

だからおやすみ。 いい夢を。

人生に乾杯。


てな感じでね、皆さんとはちょっと受けかたが違うかもしれませんが、
私は非常に励まされたりするんです。

小さい頃の自分に「大丈夫だよ」って言えるように今を生きようと思ったりするんですよ。



話をMステに戻しまして。
一緒に観ていた娘の一言。

「シルエットだけ観たら本当に女の子だよね」

そうね、特にあの脚の角度なんかね。

そして、チラッと映ったJINちゃんがまー格好よかったねっ!

歌の最初にウィンクで攻めたHYDEさん。
〆はマイクに「んちゅ」でした。



それから、あっちゃんおめでとう。
10年越しの愛が実ったね(笑)
カラオケに行ったら自分歌わずに、歌う生HYDEをずっと見つめ続けていたらいいよ。
そしてその後、エヴァ話で盛り上がったらいいよっ!
きっとHYDEさんに受けるよ、あっちゃんが語るエヴァ。
あっちゃんが演じる使徒(笑)
あれ最高だから!!
チクショー、混ざりてぇ~~~エヴァヲタ話。
そしてソファに笑い転げて涙目のHYDEさんを観てみたい~~~(しら~としてたりするんだよ)




お返事

>Mさん
おぉ、ということはお初にお目もじできるかもしれませんね!
いえ、是非会ってください。
うわー、Mさんの仮装が楽しみです。

イベントは・・・・来年もありますよ。きっと。(楽観的に生きてます)


>ハ○○さん
メアド交換も無事にすんだところで、当日はよろしくお願いします。
楽しみにしております。
お互いの仮装で驚かないようにしましょうね。


>無記名さん
>友人から聞いた話
それだって週刊誌のネタの延長みたいなものですよ。
誤解してるようですが、私は週刊誌のネタなんて鵜呑みにしません。
それより週刊誌ネタを鵜呑みにしてるHYヲタなんていませんよ。
脱力したのは、こんな小さな記事にまで目がいってしまった自分になんですが、
それが違う受けとめ方をされたのなら申し訳なかったです。
それに、合コンしようが鉢合わせしただけだろうが別にどうでもいいことじゃありません?
本人も何とも思ってないと思いますよ。
そんなレベルだから週刊誌に上がったんじゃないのかなー(笑)


>Rさん
爆!
私も見出しのこの気の使いようは何?と思いましたが、
セブン側の意向を汲んで、あえて突っ込みませんでした。
あれは良心というべき配慮なんでしょうか?
だとしたら、そんな気遣いを週刊誌側にさせるHYDEって何?ですよ。
【2009/09/26 01:01 】 | 歌詞とか | コメント(3) | トラックバック(0) |
HYDE、何やってんの(笑)?
20090924094826
新聞読んでたら、朝からやられた…
『女性セブン』

もー、今日仕事する気失せたような気がする(笑)

午後から本屋で確認してこよかっなー(脱力感)
【2009/09/24 09:50 】 | HYDE | コメント(14) | トラックバック(0) |
阿鼻叫喚な10月
当落日、実は昼過ぎまですっかり忘れていたりして。
まぁ、今日の日中はPCに触れなかったんですけど。



結果は・・・・ヘルウィン初日でしたー。
イベントよりもヘルウィンのほうに行きたいと思っていました。
しかし、外れるとなーんかイベントも行きたいなと思ったり。
オフ会には縁がありません。

目の前で展開されるだろうヴァンとプスのいちゃこらぶり・・・
いやいや、ヴァンさんの一方的すぎるいちゃこらぶりを、観たいような観たないような。
あ、それで迷惑そうにしているプスは観たいです。



ヘルウィン初日ともう一日くらいどちらかに行きたいですね。 そして・・・・・

私信じてる!
K.A.Zさんがかぼちゃをやってくれることを!!!! 

I'M GONNA GO WITH PUMPKIN

くそ可愛いよ、きっと。
K.A.Z伝説の始まりだよ。
【2009/09/22 23:41 】 | VAMPS LIVE 2009 | コメント(8) | トラックバック(0) |
やっぱりダメだったかと思うことの腹立たしさ
ちょっと前に記事にしたグッドデザインのことなんですが、
やはり落選でしたー。
少し前に分かっていたんですけど。

作品の画像は、すでにお施主さんに同じデザインで納品してあるものなのでここには載せません。
出品したのは照明器具でした。
スチールプレートを焼き付け加工した枠に、デザイン加工した金網を張り、
その裏から和紙(これもこのためにすいてもらったもの)を貼ったものです。


落選したことは想定内のことなので素直に受け止めれますが、
やっぱりそうかと思うモノを出品したことに腹が立ちました。

心当たりがあるからそれ以上の試行錯誤をしないもんね、私なんか(笑)

今度出品するときは(できたらですけど)、ちゃんと現物を確認して自分で展示しに行くわ。
そんな当たり前のこともしなかったわけなんですけどね。


今日はせいらさんが、私が大ファンのイチロー選手のことをupしていたので、いろいろと彼の言葉を思い出していました。

手抜きをして存在できるものが成立することがおかしい

はぁ、ごもっともでございます。

【2009/09/21 23:59 】 | 日々 | コメント(4) | トラックバック(0) |
すでにやっていた
思い出しました。
前回の記事で、
今秋トレンドのアニマル柄・チェック・スタッドをHYDEはミックスするという離れ技を持つ
って書きましたが・・・・

すでにやってましたね(笑)

DEISTの制服ってまさにそうですよね。
見せパンはヒョウ柄出してたし。

あの時は「チェックになぜヒョウ柄?」という意見が多かったんですけど、
HYDEさん、もう一年以上前にサキドリしていたんですねぇ。
サキドリしすぎていたっつーことですかね?

恐るべし、HYDEさんのサキドリトレンド感覚!!
【2009/09/20 08:30 】 | HYDE | コメント(2) | トラックバック(0) |
今秋のトレンド、アニマル柄  そして、ANNAちゃんおめでとう!
アンナちゃんがダブルのおめでたですね~。
ANNA BLOG
お相手はスタイリストの大和さん。
ブログでもちょくちょく一緒に写っていたりして、仲がいいんだと思っていたんですけど。
というか、アンナちゃんのブログにはいつもスタッフやらマネやらスカイ君まで、
いろーんな人がいつも一緒に写ってるわ(笑)

大和さん・・・こんな方です。
この番組、観てたよ私。
なんのスケジュール計画もなしにジャマイカに24時間滞在するっていうプログラムだったかな?
アンナちゃんがかなりフリーダムに楽しんでいました。
帰国の飛行機時間が迫っているのに、最後はビーチで本格的に眠りこんでいたなぁ。
「この人自由だなぁ~」と羨ましく思った。

しかし、大和氏、男前です。
来年のLIVEもまだまだ頑張るらしいけど、大丈夫かいな。
ちょっとくらい太ってもいいけど、無理はしないようにね(特に産後)
歳とってから必ずクルからねー。

おめでとうございます!!!

って、書いてたら野獣さんもブログでアンナちゃんへの祝辞をupしてました。


実は今回アンナちゃんのブログで取りあげようと思っていたのはこのことじゃなかったんだけど。

今年の秋のトレンドは
「アニマル柄」 「チェック柄」 「スタッズ」
というのを目覚ましテレビの「早耳トレンド」でやっていたらしく。

HYDEはこの3要素をもれなくミックスするという技を持つ

ということに何度も痛い目見てるファンに震撼が走ったわけです。
が、流石モデルのあんさんはそこらへんさらっとやってのけてました。

あんさん、3要素のミックス

まぁ、ボトムがチェック柄じゃなくてゼブラ柄なんですけど。
ここ、チェックにしたら一層可愛いなーと思いましたよ。

ヒョウ柄にヒョウ柄を重ねるという思いつきもしないセンスを発揮するHYDEさんが、
今秋どうこのトレンドを料理するかとても楽しみです。

・・・・・とかいいつつ、私kenちゃんのLIVEにヒョウ柄on蛇柄で行ったんだよね。



さてね、昨日のK.A.Zさんのブログの衝撃が一向に収まりませんね。
「サーフィン好きなムービーカメラマンと沖まで行ってはしゃいでました」

問題発言ですよね。 問題ですよこれは!
これじゃまるで、

「パーティー二人で抜け出して沖まで行こうよ」
「え~、みんな心配するよ」
「大丈夫。 僕たち二人がいなくっても誰も気づかないよ(ウィンクv)」

って、行っちゃったカップルみたいじゃないですか。
沖でビーチマット揺らされて、海に落とされたりしてはしゃいでいたんだよ、きっと。
むか~~~~。

映画だとここでジョーズみたいなのや、なんか得体の知れないものにカメラマンのほうが先に餌食になったりするんだよね。
消えたカメラマンが海から顔を出さないのにだんだん不安になってきた女の子が(あれ?)、
次第に半狂乱になってカメラマンの名前を呼ぶじゃん。
そしたらその背後からガバーってなんか現れて、女の子絶叫!
でも、それは女の子を驚かそうとしてカメラマンがふざけていただけで、女の子がちょっとすねて怒ったりするんだよ。

そしたらさ、今度は本当に男の脚を海の中から何かが引っ張って、男が溺れ始めるのね。
女の子は同じ手には引っ掛からないわよと、男が海中に消えても少し不安そうにしながら、
さっきのようにどこかからまた飛び出てくると思ってるんだよね。

すると、目の前の海中からブクブクと泡が上がってきて、
「ほらねアンディー(←誰?)、バレバレなのよ。 おバカさんね(笑)」
なんて余裕ぶっこいていたら、ガバーって出て来たのはCreatureだったって、
パニック映画の常套ですね(笑)

おまけに彼女はでっかい口に呑みこまれる瞬間、
喉奥に引っかかってる恐怖に歪んだ血まみれの男の顔と目が合ってしまうという。

静けさを取り戻した海面には、主を失ったビーチマットがユラユラしてるだけ。

いやー、そんなことにならなくて本当によかったねK.A.Zさん(なりません!)


お返事

>MOZZさん
モテますね。 確かにモテますね。
やっぱり「放っておけない」みたいなところをくすぐられるんでしょうねぇ。
無自覚ってのが一番タチ悪いですよ~。
MOZZさんもすっかり振り回されてるんですか。
ご愁傷様です。


>ゆいろさん
結局申し込んでしまうんですね(笑)
今度、馴染めるように自分で設定してみてください。
学園ものとか、なぞの弁護士集団(笑)とか。
そうすれば大丈夫ですっ! (注:私は)


【2009/09/20 00:22 】 | 日々 | コメント(2) | トラックバック(0) |
ごめんちゃい・・・ですよ
今回のVOICE。
相変わらず凄くゆるいK.A.Zさん~~。

「ごめんちゃい」とか「よろピくね」とか、もう昭和の香りがぷんぷんです。
波で姿が見えないほどの沖って・・・かなり浜辺から離れてますよ。
そりゃーみなさん心配したでしょうに。
それなのに本人はビーチマットに揺られて男と「きゃいきゃい」してたんですねー。
なんでしょうねー。

ご満悦でご帰還のK.A.Zくんに、浜辺でヤキモキしながら待っていたHYDEさんはきっと、

「またK.A.Zにやられた」

と、思ったでしょうね(笑)



今日は「SWEET DREAMS」のPVが解禁なんですか?
私はCDまで待ちます。 
音源もまだ聴いていないので、その日に聴覚と視覚で堪能します!
武道館でも観られなかったんだし。
その前に、どのみち我が家では観れなかったんだー!


パパラッチも更新。
でっかいピザや、極彩色のスシがとってもアメリカという雰囲気。
ケーブルカーの前での記念写真なんか、7月なのに全員長袖。
そういえば「寒い!」って言ってたなーとか、思い出しました。




それから、ラルクさんのカレンダーがね、何回観ても笑えてくるんですよ。

ホストクラブ ラルク
hydeさんは目立って人気もあるんだけどいつもNo.3止まりな中堅ホスト。でも自分もそれに満足して好き勝手してる。
ゆきさんは「ボトルいれないんなら俺指名しないでよ」みたいな鬼畜口調が絶大な人気でクラブ№1だったりする。
kenちゃん、実は厨房専属。 ごくたまにふら~っとフロアに顔を出すんだけど、そのごくたまにフロアにいることが激レア感覚で、熱心な客がついている。
てったんはオーナーの息子。 密かにクラブの運営監視をしている。 ホスト連中は誰一人そのことを知らないと本人は思っているんだけど、hydeだけなぜかちゃっかり知ってたりする(笑)


なんて話を娘としながら大爆笑してました。
アホな親子です。




お返事


>○チ○さん
アハハハハー!
今回の件で再認識したって、前からそう思っていたってこと?
いやいや、そんな子ほど可愛いっていうものね。

確かにソロのフリーダムさは危なっかしいんだけど、
「何したって自分に返ってくるから気が楽」ということなんだろう。
って、今ソロじゃないじゃん!
ユニットじゃん!

でもK.A.Zさんは、あのゆるさが身を助けてるよね。
【2009/09/19 00:29 】 | VAMPS | コメント(6) | トラックバック(0) |
VAMPS HAWAII LIVE レポ
ハワイのLIVEレポを詳細にしてくださっている方がいらっしゃいました。
ご本人様からLINKを快諾していただきましたので、ご紹介させていただきます。

Plumerry様

MCもほぼ完璧です。
とっても詳細にレポしてくださっていて感動しました。
LIVEの様子が目に浮かんできます。


レポだけでなく、こちらの方がされているブリザーブドフラワーのお教室の作品も、
お花大好きな私(ガラじゃないが)には目を見張るセンス!
私も華道を少々かじり、一時は華道の先生を目指したこともあったので、お花の仕事に携わる生活をされていらっしゃる彼女のことが羨ましく思えます。

Plumerry様、LINKをお許しくださってありがとうございます。
【2009/09/17 15:33 】 | VAMPS LIVE 2009 | コメント(2) | トラックバック(0) |
音楽の可能性と限界
9.11
その時NYにいた坂本龍一は、そこで一切の音が消えるという恐ろしい経験をしたらしい。
音楽も聴こえない。
そして78時間後、彼が最初に聴いた音楽が「Yesterday」
それは追悼の曲だった。

なんのために音楽をやるのかという一つの答えをそこで教授はみたそうです。

本当に辛い時とか恐怖を味わっている時は人は音楽はできない

教授自身が、音を鳴らそうとか作曲をしようという気が全く起こらなかったらしい。

そんな状況で3,4週間ほど過ごしたのだけれど、作曲の期限が迫って来たので、
仕方なく作曲の作業に向いた途端、
今度はこわばった身体が音で溶かされていく思いをしたという。
泣けないほど身体がこわばった状態だったのに、音を聴いた途端に身体から力が抜け、
教授はそこで初めて泣くことができたと言っていました。(爆笑問題の日本の教養より)


そしてその時もう一つ教授が思ったのは、
音楽で世界を変えようなんてことを言われたりするけれど、果たして音楽がそんな力を持っていいのかということ。
例えばヒトラーはワグナーの熱烈なファンで、ワグナーの音楽をプロパガンダとして利用していましたね。
先述のカラヤンも一時期ナチスに擁護されていました。


しかし、音楽は本当に世界を変えるほどの力を持つことができるんでしょうか。
音楽で平和をうったえる時、その肝心なところに音楽は届いているのか。
平和の中で平和を唱えることにどれだけの説得力があるのか。
私は、「この音楽が今の世界を変える」と思って聴いた曲などないです。
例えそういうことを歌っていても、それは私にとって「気持ちのいい音楽」だから聴くというだけのこと。



最後は壮大なところでLIVEしようと考えてた
戦艦で世界初LIVE
ハワイはアメリカと日本の中間地点ということで
こうやって(歴史博物館等としてかつての)兵器が平和(への担い手として)に利用されるのはいいことだ
()内は私が勝手につけました(笑)


HYDEさんの中に常に平和に対しての意識はあるのだろうけれど、
それとミズーリでLIVEをしたことはやはり私の中では結びつかなかった(トホホな人だ私は)

つーか、それがVAMPSと結びつかなかったんだよねー。
結びついたら気持ちが悪いとさえ思ってしまったよ。 すみません。
むしろ上記三つのほうがHYDEさんらしい(あっけらかーん)とも思った。
らしいというのは私の勝手な思い込みなので、本当はどうか知りませんが。


何をもって平和というのか。
目の前の一丁の拳銃が自分の平和を確証する瞬間を過ごしている人も世の中にはいる。


音楽で世の中は変わらないなんてことをHYDEさん、言っていなかったっけ?
でも、きっかけにはしたいと。
先の教授の言葉といい、音楽に携わる人だからこその言葉なんだと思う。
音楽にできることは願うことだけなのかもしれない。


「世界中のいろんなところに行って音楽をやりたい」
K.A.Zさんのような単純で純粋な考え方のほうが、その近道のような気がするなー。



さて、話変わりまして。
blurry eyesのeriさんがFM802のポップンナゲッツの文字起こしをしてくださってます。
eriさん、ありがとうございましたー。

MORRIEさんがいちいちSakuraさんに何かを確認したり、
「シモーヌと逆鱗」のシモーヌについての説明に投げやりでSakuraさんに任せたりしてます。
神としもべの関係というより、神のお守役という感じで必聴です!!!

そういえば16日、17日はCreature CreatureのLIVEだったんだなー。
今回行けなかったな。
でもアルバム出たらまたツアーとかやってくれるよね!


そして、ワツインですが・・・・・・
ムッチムチのパッツパツですね!
前からみると可愛い子ちゃん・・・・??? なんだけれど、
後姿はもうなんかたくまヒーで、おパンツ見えてんじゃん!!!
K.A.Zさんはもんもんの柄なのかタンクの柄なのか分かんないし。

ラルクさんのカレンダー(はいつも買わない)のhydeさんも観ましたよ。
先日またまた真夜中にカメリア婦人から、「この修正&化粧のhydeをどう受け止めたらいいのか」みたいなメールがきました。
正直、「知るかーーーーーー!!!!」と思ったんですがね。
「別人? ちょっと苦手かも」と、第一印象でテケトーに送って、本日改めて観てみたんですが・・・・

やっぱりちょっと苦手かも(笑)

なんかね、たち悪いホスト集団に見えるよラルク。
【2009/09/17 01:20 】 | HYDE | コメント(4) | トラックバック(0) |
HAWAIIのVAMPSさん(めざまし画像)
すぐに某所で上がるかと思いますが、とりあえず。


一応録画予約をセットしておいたのですが、
6:14、キター!!!
hawaii.jpg

ステージ側から観るとなんか凄い光景ですね。
HYDEさんの頭がモフモフです(笑)



hawaii1.jpg

VAMPS、戦艦LIVE。
HYDEさんがヴォーカルをつとめるVAMPSが、戦艦ミズーリの甲板でLIVEを行いました。



hawaii2.jpg

LIVEの舞台となった戦艦ミズーリは、第二次世界大戦で活躍し、
日本の降伏文書調印式の舞台となった歴史的な戦艦で、
現在は戦艦歴史博物館として一般公開されています。


HYDEさんの衣装が・・・・ツッコミどころ満載です。


vh.jpg

その上でLIVEを行うのは世界初!


hawaii3.jpg

甲板には日米のファン600人が集結し、VAMPSも30日に発売される新曲「SWEET DREAMS」など20曲を熱唱。
世界ツアーのをファイナルを飾りました。


蝙蝠の浴衣ですね。
JINちゃんのヘアスタイルが超進化してます。


vampshawaii4.jpg


HYDEさんが
「こうやって兵器が平和に利用されるのはいいことだと思う」
というコメントをLIVE中にしたらしいですが、
「戦艦LIVE世界初!」というところに焦点を重視せずに、
そういうコメントも流して欲しかったなと思いますね。

世界平和に利用されるなら、もはや兵器とは言わないと思うのだけど・・・・・

にしても、こんなHYDEさんを近くで観たら・・・そりゃ号泣でしょう。
ということで、HAWAII組の方のレポをお待ちしております。
【2009/09/15 09:09 】 | VAMPS LIVE 2009 | コメント(8) | トラックバック(0) |
続・野生と冷静のバランス
すっかり秋です。
運動会です。 祭りです。 
体力の消耗が夏より激しいってどういうことだろう?



さて、先日HYDEさんがDEISTにて、LIVEは「野生と冷静のバランスが取れているのが一番」
ということを言っていました。


私はこれにちょっと目から鱗状態で、今までLIVEについてモヤモヤとしていたものに、
スパーンと明快な答えをもらったような気がしたわけです。
それでブログに

「冷静さとは野生さの対極である理性と置き換えることができるかもしれないが、必要な時に冷静さを呼び覚ますのも、これまた本能だろう。」

なんてことを書きました。
そうしたら、本屋でパラパラっと立ち読みした脳科学者の茂木さんの著書『カラヤン ー音楽が脳を育てるー』で同じようなことが書かれてたんですよ!

大きな文字で読みやすそうだったので立ち読みで済ませてしまいましたが(笑)、
要約すると最近の脳科学の研究では、

脳内で行われている現象は、細胞の役割分担や脳の領域を明確に分けられるものではない

ということが分かってきたらしいのです。
数学の方程式を解いたりすることは感性ではなく、理論的な行為とされてきました。
が、数学の問題を解くのには感性も関係してくるのではないかということなのです。

「数学のセンスがない」なんて言いますよね。
あの「センス」というのは「数学に対する感性」ということなのでしょうね。

茂木さんは言っています。

数学を解く「感性」があり、音楽を奏でる「理性」がある。


この本はカラヤンのことについて語られているので、最後は彼についての一文なのですが、
芸術というものに対して非常に脳科学者的な名答で締めくくっています。


彼(カラヤン)の意識の生成には、バランスに満ちた結晶を感じずにはいられない。
日々、「調和」について考え続けた人物が、最後には純粋なるもの(芸術の恩寵)に辿り着く。


芸術を語る美しい文章だと思いました。
バランスに満ちた結晶。
ダイヤモンドのように硬質で研ぎ澄まされた美しい輝きを放っているようなイメージです。


HYDEさんの役割はコンダクターに似たものもあるとは言え、
ロックとクラッシックという方向性の違う音楽が、
同じような言葉で語られたこと、
そして、「野生と冷静のバランス」という言葉がすんなりと出てきたHYDEさんに、
私は改めて感動したのでしたー。


お返事

>ぴーさん
なぜかMORRIEさんの第一印象ってみんなおんなじようなものだね。
私もそんな感じだったよ。
でも話すとなんだか天然ちゃん。
K.A.Zさんといい、いい味出しててもう弄りたくって仕方ないですよ(笑)

Sakuraさんに関しては私も「ひさびさキター」と思いました。






【2009/09/14 10:05 】 | HYDE | コメント(2) | トラックバック(0) |
終戦の象徴 戦艦ミズーリ・・・と、ハロウィンにFC限定イベント!!??
え? もうハワイだったんだ。
VAMPSさんのミズーリ艦で打ち上げLIVEの話を知って以来、
この話題にはここでは触れなかった。
ちょっと自分の中で整理がつかなくて。

私の祖父は海軍将校でこのミズーリのことを小さい頃によく聞かされた。
ミズーリは「大和」に対抗して造られたアメリカの戦艦だと祖父は言っていた。
実は祖父はこの「大和」を全く戦艦として認めていなかった。
理由は、造ってすぐに沈んだかららしい。
国の命運をかけ、国民の期待一身に寺の鐘まで溶かして造った船が大した活躍もせず海の藻屑となったことが、当時自国の情勢をよく知っていた祖父には耐えられなかったことだったのだろう。

反面、戦艦ミズーリのことは戦艦の中の戦艦であったと言っていた。
今から思うと変な軍人だった。 実は私の初恋の人だ(祖父の若い頃の写真にね)
多くの戦友仲間がよく家に遊びに来ていた。
海軍仲間だけでなく、陸空海、その交友は広かった。
私はなぜかこのじーちゃん仲間に受けがよく、
小さい頃に保津川の上流まで連れて行かれてキャンプをした。
これも昨今の「キャンプ場でバーベキュー」なんていうキャンプのことを思うと、ちょっとしたネタになる。
戦地の民間人の歌や踊りを教えてもらったり。
実家には戦闘機に正装で乗せられている白黒写真なんかあったりする(笑)
今はもう祖父を含め皆さんお亡くなりになったが、私のいい遊び中間でもあった。
そういう意味で、戦争を知らない私ではあるが、戦争は身近にあった。



戦艦ミズーリ。
そこには並んで真珠湾攻撃で撃沈した戦艦アリゾナのメモリアルがある。
アリゾナとミズーリ、戦争の始まりと終わりの象徴だ。

どういう趣旨でミズーリなのか深くは考えない。
たぶん特別な意味などないと思う。

戦艦で日本人初めてのLIVE

ただそれだけのことだろう。


ミズーリには船体に特攻機が体当たりをした際につけたへこみが残されている。
自分の命を散らすことで、誰かの幸せを願った想いである。

あの頃とは時代が違う。
ミズーリの役割も戦艦から象徴へと変わった。


時を経てVAMPSがミズーリへLIVEという形で特攻をかける。
しかし、その想いはどこかに持っていてほしいと思う。


なんつってたら、ハワイLIVEの前にやっぱり投下していったわね。



HELLWEEN LIVE 2009
10月29・30・31日
開場17:00 開演18:00
ステラボール(品川)
\8,610  当日\9,110

一般発売 10月11日
FC先行は今日からやん!

いや、その前にVAMPS FC初の会員限定イベントってーーーー!!!

※詳細FC限定記事でしたね。
削除しました。 すみませんでした。


両方とも先行期間同じなんだけど。

投下しすぎー。
これ、どちらか当たった人はどちらか外れるとかないのかな?
考えすぎ?




あ、ステラボール、1階スタンディングで1884名(それ以上に詰め込むだろうけど)で、2階席が126席だって。
・・・・・今年も激戦ですな。



お返事

>ゆいろsん
ちゃんと建ちますから~~~。
もちろん土台や基礎もしっかりしたうえでの話ですよ。

それから、ありがとうございましたー。
ちょっと楽しみにしてとってあります。
近々いきます。


>無記名さん
ご丁寧にありがとうございます。


>eriさん
惑わせてしまってすみませんでした(笑)
亀ヴァージョンのトラボー、聴きたかったな。
DVDを楽しみに待ちます。
【2009/09/11 14:07 】 | VAMPS | コメント(16) | トラックバック(0) |
神と僕とイトミミズなJACK IN THE RADIO Creature Creature  
久しぶりなJACK IN THE RADIOです。
といいながら、先週のゾロは聴いていたりと、実はチョコチョコ聴いてます。
が、今週はCreature Creature のMORRIE氏にSakuraさんなので、聴かずにおれようかっ!
リアタイじゃなかったんですけどね。

ということで、ラジオ起こし、よろしかったら。
結構MORRIE様、破壊力ありました。
read more...
【2009/09/10 02:45 】 | sakuraさんとか | コメント(6) | トラックバック(0) |
野生と冷静のバランス
HYDEさんからほっこりするメッセージが届いていた。
eriさん、光ってるのを教えてくれてありがとう。

血文字にはファンへの感謝の気持ちとともに、
HYDEさんが良しとするLIVE観が語られていた。

野生と冷静のバランスが取れているのが一番

最終日はそのバランスの取れた良いLIVEだったらしい。

私は最終日に行くことができなかった。
だから、その日のLIVEがどうだったはわからない。
けれど、行くことのできた武道館3日目は、Cブロックで、かつセットの意義を理解できる環境にいたことも幸いし、HYDEさんの野生味と冷静さのバランスが取れたいいLIVEだと感じれた。
3日目のレポの始めに、「どう言えばいいのかわからないが、一言で言ったらいいLIVEだった」と綴ったのだけれど、
答えはHYDEさんが教えてくれた。
「野生と冷静のバランス」

LIVEは生だ。
だから尚更、提供する側と享受する側が共感できなければおもしろくない。
提供者側が一人で突っ走って白目ひんむいてイかれても、その感情についていけれなければ引いてしまう。
反対にここはしっとりとまとめたいという場面でギャーギャー騒がれれば、折角の演出も台無しになる。

「野生と冷静のバランス」は受ける側にも必要だということだと思う。

HYDEさんの放出するエネルギーは大変なものだ。
本能に赴く野生さと沸騰した頭をすっと冷まして演出の意図を汲み取る少しばかりの冷静さがあれば、それを上手く受けとめてさらにLIVEを楽しむことができる。
冷静さとは野生さの対極である理性と置き換えることができるかもしれないが、必要な時に冷静さを呼び覚ますのも、これまた本能だろう。

最近LIVE会場でよく見かける周囲の人たちへの配慮を欠く、全く冷静さの欠片もないノリを良しとしている観客がいるけれども、先のHYDEさんの言葉を借りれば、観客としていいLIVEをしたとは言えないと思う。
その点、3日目に私の後ろでモッシュをしていた子たち、追い払いはしたものの、その後体当たりもされず、変な奇声やぎゃんぎゃんとしたかけ声もなく、なんら迷惑も掛けられなかった。
しかし後ろから楽しそうにしている雰囲気は常に感じていられたので、私としてはその雰囲気を感じれたことも楽しさの一因となっていたのだと思う。

何はともあれ、心底楽しめたLIVEを経験できたことはこの上ない幸せであった。



ちょっと話題を変えて。

DSC019832.jpg

昨日行っていた現場。
伝統工法による木組みの家である。
100本以上ある材が継ぎ手を墨つけ(カットする部分に墨で印をつけていく)され、刻まれ、棟梁や職人衆の手で組まれていく。
釘は使わない。
組まれる場所により、棟梁の経験と技術で場所に見合った継ぎ手に材を刻みそれを組めば、釘など一切必要がない。
組み上げていく際、材を木槌で叩き少しずつ継ぎ手を繋いでいくのだが、一ヶ所の叩きに家全体がミシミシと鳴く。
金属で繋がれない木の家は、材と材を継ぎ手で繋ぐことにより、100の材を一本の木にすることができる。
材をひとつにし家をいい具合に鳴かせるには、経験に基づいた職人の技術と技量が不可欠である。

LIVEでも似たようなことは言えるのではと思った。
感情を喚起されるLIVEのバックには、技術と技量のバランスの取れた職人がついている。



そして、DEISTの号外もK.A.Zさんやju-kenさんのブログもハイモバさせもここ数日見ていなかったのだけれど、号外ではFAさんがまたハイド玉を作ってHYヲタを発揮していたり(笑)、カーペットを一人で占拠しているJu-kenさんのでかさを感じたり、メイクされているJINちゃんのHYDEさんを見つめる目が痛かったり。

K.A.Zさんのブログは相変わらずユルユルだったのだけれど、フライングVの水色っぽいほうは武道館で観て、「あんなの持っていたっけ?」と思っていたギターだった。新人のNEW GUITARちゃん(by K.A.Zさん)であったのか。
K.A.Zさんの顔文字って女の子っぽいよね。

Ju-kenさんは打ち上がって酔った勢いで書いたのかと思われるほど「どちら様?」度が出ていて、有松さんが「ひろしちゃん」と呼ばれていることに軽く衝撃を受けた。


次のアルバムではVAMPSメンバーに移動はあるのかな?
それにしても来年の心づもりができる・・・・これもまた幸せなことである。



>お返事
>kazueさん

万歳でした。
打ち合わせは~~~、ご存じの通り残念な結果に。
今度は是非打ち上がりましょう。
よろしくお願いしま~す。






【2009/09/07 23:59 】 | HYDE | コメント(7) | トラックバック(0) |
それは素敵な高ぶり  VAMPS LIVE武道館3日目 その2
武道館、終わっちゃいましたね。
丁度LIVE終わった頃に私も施主宅を出ました。

そう! 
打ち合わせから抜け出せなかったんですよ(泣)

仕事ですからね、当然と言えば当然。
VAMPSさんたちもお仕事してんですからね・・・・・

明日もあるんだな打ち合わせが・・・・・・

基本的にお施主さんって土日休みの方が多いので、
お施主さんとのお話合いは土日になっちゃうんですね。

まぁ、仕方がない。
今日も明日へ向かおう。


そんなんで書きかけだった武道館3日目。
今さら感もありますが。
このLIVEは本当にHYDEさんの気持の高揚をとても感じたLIVEで、
私はそこにとても感動した。

ということでよろしかったら。




read more...
【2009/09/06 01:07 】 | VAMPS LIVE 2009 | コメント(20) | トラックバック(0) |
吸血鬼「VAMPS」であった武道館3日目
武道館3日目。
とても楽しかった。 
どう言えばいいのかわからないけれど、一言で言ったら「いいLIVE」でした。
非常に。
私の中のVAMPS LIVEでは過去一番です。


追記より よろしかったら
read more...
【2009/09/05 09:23 】 | VAMPS LIVE 2009 | コメント(8) | トラックバック(0) |
とりあえず、亀の喘ぎはどうだったのか他
今日のHYDEさんはとってもご機嫌さんでした。
MCの長さ最長だったんじゃないかな?

今回のツアー中の出来事を話始め、
「僕の夏休み」というタイトルの夏休みの作文を聞かされているような・・・・・

そして喘ぎ声は亀じゃなかったよ!
たぶんkazueさんがレポしてくれたアンアン系でもなかったんだと思う。
とーーーーっても野郎な咆吼でした。
格好よかったです。
みんなー、亀の喘ぎかどうか変な心配してくれてありがとうー。

来場者PhotoをDLした途端、「HYDEさん髪切ったーー???」と、一斉に同じような内容でメールしてきてくれたみなさん。

髪の毛は切ったのだと思う。
でも限定Photoは黒髪のように見えてましたが、金髪で相変わらずパッツンでした。
なんだか往年のアメリカンロックスターみたいな髪型ですよね?
なのに可愛さ倍増してました。

そして、

このツアー終わったらまた禿げそうなアルバム制作に入ろうと思います

って言ってましたよ!!!!

来年は凄いよ~。
来年は噛みついて離れないからなっ!!!


とも言ってましたよ!!!
今年以上に何をするというのだ。 嬉しいですけど。 わくわくですね。
しかし、来年VAMPSで貢いだら次は2011年ですよ。
こんなに金回してんのに、なんで景気は回復せんのじゃ。

ひとまず。


お返事

>ぴーさん
メールいろいろありがとう~。
モッシュに遭遇しました(笑)
でも無事でした。
またレポするね。

衝撃の写真、観るばかりでなく撮りたいもんです。
【2009/09/05 01:36 】 | VAMPS LIVE 2009 | コメント(0) | トラックバック(0) |
HYDEと亀の喘ぎ
昼間っから馬鹿馬鹿しいタイトルですみません。
私これでも今仕事中です。

昨晩のことですが、武道館二日目に行ってらっしゃったぴーさんからメールが来まして、
彼女は先日観た『嵐の宿題くん』でガレッジセールのゴリさんが持ってきた映像の亀とHYDEさんが重なって非常に苦しい思いをしたらしいです。

ゴリさんがもってきた映像というのは、「亀の交尾」
亀は最中に喘ぐらしいですね。(昼間っから本当にすみません)
それも可愛らしい喘ぎ声だそうで。

ぴーさんはその亀の姿とTROUBLEで喘ぐHYDEさんが被ったらしく、
もう大変だったとか。

そんなん言われたら気になるやんか。
私は子供の頃亀が大好きで、かなり大きなのを田んぼからとっつかまえてきて飼っていたんですが、
これが夜中に「コツコツ」とガラスに頭をぶつけて涙を流すんですよ。
親に「可愛そうだから逃がしてやんな」と言われ逃がしたことがありました。
なので涙を流すのは知っていましたけど、声を出すのは知りませんでしたね~~。

でね、やっぱり気になるので某所で探してみたら・・・・あった(笑)
亀の喘ぎ 3分30秒くらいから

こんなんか! こんななのかハイタン!!


それから同じく昨晩メールでeriさんに、某所で上がっていたUSJのHYDEさんの生写真を教えてもらいました。
eriさんは
「可愛いんだけど、USJで観たHYDEさんは数倍可愛かった。 あのHYDEは何処行った?」
みたいなことを言ってましたね。
ちらほら同意見を散見しますが、とうとうその真実がわかりましたよ。

吸血鬼だから本人の真の姿は写真には写らないんですよ!
アレはね、ちょっと出来具合のいい本人その2の姿を吸血鬼パワーで写してるんです。

いやー、すっきりしましたねー。
いやー、アラフォーの大人の考え方じゃないですね。
私は何から逃げているんでしょうか?


そんなことで微妙に期待しつつ本日届いた本当に改札通るのか心配なパスケースと、いつか引きちぎるだろうことが予想される携帯クリーナーをぶら下げて、武道館に行って参ります。
もうちょっと仕事片づけてからね。



お返事

>Hよ○さん
共感してくださってありがとうございます。
ほんとうにね、高校生のスカートがマイクロミニなのを「けしからん」といいながら凝視する親父と同じ心境です。
コメントありがとうございました。
またお越し下さい。
【2009/09/04 13:39 】 | HYDE | コメント(8) | トラックバック(0) |
衣装とかいやはやなんとも・・・・・
今日のHYDEさんの衣装。
早速upしてくださった方のところで詳細(というか後姿)が判明したんですが、

ほんとにけしからんですな!

その方も「けしからん」とおっしゃってましたが。
不惑の男が着て似合うような代物じゃありませんよ。
女性だってちょっとあのように着るには躊躇するだろうに。
あ、女性だから特にそうなのか。

いや兎に角、DEISTのUSJ号外に載っていたはっぴにヒョウ柄モンペの情けない後ろ姿とか、白いステテコ姿の楽屋スタイルとは雲泥の差のバックシャンHYDEを、

FA、見せなさい!

撮ってるハズ。
絶対撮ってるハズ。




さて、DEIST号外も更新されてましたね。
K.A.Zさんがカエル色の帽子で西瓜のビーチボールを膨らます姿に異常に反応しました。
そのあとのアクティブにボール遊びをするVAMPSメンバー・・・・
アクティブ?
ほぼ、たちんぼうにしか見えません。

はっぴ着て、的屋の親父みたいな有松さんとか(遠いけど)、
ちったいモノを写真で撮るためにちったくなってるちったい人とか。

そんなあなたのヲタ視線が好きですよ。




でね、今年もやっぱりやるんですね。
10月29・30・31はハロウィーン!
てっきり5日の武道館で発表でもするんじゃないかと思っていたのに。
オフィで盛大な釣り文句とともに発表されてました。
早く詳細が知りたいですね。
今年はどこでやるんでしょうか?
またとんでもないチケット争奪戦になりそうですが・・・・
【2009/09/02 00:58 】 | VAMPS | コメント(8) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。