スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
K.A.Zさんの好きなアレ@GOOD DESIGN 2009
29日に東京ビッグサイトに行ってきました。 実はGOOD DESIGN EXPOにちょっとした小物を出展しておりました。
2次選考まで通るとこのデザイン博に出展できるんですね。

そんなことは予備知識がなくて全然知らんかったんですけど。
おまけにエントリーした時点で作品がすでにお施主さんに納品済みだったため、
出展のために同じものを自腹で作ったんですよ、あはははー。

で、観に行ったんですけど・・・・・展示方法に失敗しましたね。
観てもらいたい作品のフォルムを上手く見せ切れていませんでした。
納品業者に任せたのがいけなかったんですけど。

それに急いで職人に作らせたので一般の方には分からないのでしょうけれど、私には粗が目立ちました。
家人はその場で職人に手配させた知り合いに「やり直させよ」と電話をしていました。

この知り合いの方はいろんな職種に精通していらっしゃいまして、そこから職人衆のネットワークもかなりのものを持っていらっしゃるんですが、どうにも職人さんに甘いんです。

家人の言なんですけどね。
で、家人が言うには、彼は職人衆をよう叱れないらしいんです。
なぜって、そのあとの仕事や職人さんとの関係を考えてしまうから。
分かる気もしますよね。
私がそう言うと。

だからあそこの職人は一歩抜け出せれないんだ。
彼はそんな関係を越えた関係を作らないといけないんだ。



一歩抜け出させるために時には職人のプライドを容赦なくへし折っている家人なんですけど、
凄く真剣で一生懸命に職人さんたちとつき合っているんだなと思いましたね~。
まぁ、だからといって自分が怒鳴りつけられるのを許せるってわけでもないんですが。
そして、その職人さんの関係修復のために店から入禁になるほど呑んで騒いだ後始末を許せるってわけでもないです。


しかしいろいろと勉強になりました。
受賞は・・・・・無理だろう(きっぱり)



GOOD DESIGN EXPOは初めて観に行ったんですが、実にいろんなモノが出展されていました。
本当に何も知らずに行ったのでびっくりしましたよ。
掃除機とか包丁とかあるかと思えば、バイクや自動車まであるんですね。
もちろん建築物も。 当然これは現物展示ではありませんが。
そういえばGOODデザイン賞、受賞っていうの●●ハウスとかの広告にありますね。


そこでこんなものも見つけました。

rua1.jpg


rua2.jpg

綺麗でしたよ~。
このコーナーは釣り道具が並んでいて、釣りキチファンが目をキラキラさせて観てましたね。
K.A.Zさんもこんな感じで観てるんかなと思うと、目の前の釣りキチたちの姿も微笑ましく感じました。
以前だったらそんなこと絶対感じないのにゲンキンなもんですな。


さて、あそこまで行くんなら当然寄らないわけにはいきません。
ビッグサイトに行くまでにゆりかもめからはこんな景色が拝めます。

g2.jpg

テンション上がりました。
ビッグサイトから出るとき、ピンクや黄色のTシャツ着た人がたくさんいらっしゃったんですけど、
「24時間テレビ」をやっていたんですねー。
それには全く興味を示さず(我が息子)、そして降り立ったヲタの聖地。

gundam.jpg

親子で興奮しましたー。
ヲタウオッチングも楽しかったですがね。
ここの人たちも目がキラキラしてましたね。

15時からガンダムが動くってんで7分ほど待ちましたが、首が左右上下に動いて蒸気が出るというそれだけのものに、いちいち

うおぉーーーーーーーーーー

って、なってました。 いや、周囲がみんなですよ。 私だけじゃないですよ。

この日、親子で夏休みが終わったという感じでした。
スポンサーサイト
【2009/08/31 00:06 】 | 日々 | コメント(4) | トラックバック(0) |
行かなかった祭りの余韻
USJでVAMPSがやったカヴァー曲。
私はそれを聴いた時「本当にお祭り気分なんだなぁ~」と思ったくらいでそうそう深くは考えなかった。
しかし、結構ショックを受けた方もいらっしゃったようですね。


「自分がどう感じるかということだけを考えればいい、それが音楽じゃないか」
そんなことをkenちゃんのLIVEで感じた私としては、聴きたくなかった、聴けてよかったの結論的な感情を考えずに言うなら聴けた人が羨ましかったです。

HYDEさんやK.A.Zさんがお祭り気分で演奏したにせよ、両者の持ち歌をVAMPSのメンバーとして披露するのはやぱりプレッシャーがあったでしょう。
そこをUSJの開放されたステージでやったということは、お互いがユニットを組んだ結果への自信、VAMPSというバンドとしての自信がなければできないこと。
やれば必ず両方を比較されるしねぇ。
ラルクの曲にはまだ自分の持ち歌というのがあるのだけれども、オブリの曲を歌うというのはそれなりのリスクも絶対に考えてしたことだと思うんですよ(いや、考えていたと思いたいんですけど)

それでもやれたのは、お祭りだからちょっとしたことも愛嬌で許してねの範囲でなはくて、オブリ以上のクオリティをVAMPSとして提供(オブリとVAMMPSを比べてどうのと言ってるのではないですよ)できる自信があるからだと思うんです。
それはTROUBLEにせよ、Life On Mars?にせよ同じことだと思う。

プロとして誰かの曲をカヴァーする以上、高い完成度でするのはオリジナルへの礼儀だと思うんでよね。
私はLife On Mars?をあんな素敵にアレンジしてもらってとても嬉しかったですし。
あれがくそなアレンジでされたら、VAMPSのもオリジナルでさえも腹が立って聴きたいとは思わなくなったと思う。

だから、たとえお祭りだ~とHYDEさんが言ったとしても、やはりそれなりの自信があってのことだったのだろうし、その点でVAMPSがカヴァーして提供してくれた曲を聴け、その変化を感じとれた(結果の賛否はおいといて)ことに対して羨ましいと思いました。


つまり・・・・・・










アリーナでもやれよ!っちゅーことです、はい。



お返事
>ゆさん

ただのハイヲタ・・・・いや、そこまで譲れないのでなければハイヲタではないのか~~~。
じゃー、私ハイヲタじゃないや。
まだハイヲタを名乗るには早すぎました(笑)
【2009/08/28 00:26 】 | VAMPS | コメント(6) | トラックバック(0) |
謝りますHYDEさん・・と、MJPのVAMPSインタヴュー
ムキムキ白タンクでジーンズをブーツインってだけでフレディのイメージなんて言ってすみませんでした!

でもkazueさんも賛同したんだよ。
コスモスせいらさんはしなかったけど。


USJ最終日、ハイモバの限定Photo。
なんておめかしハイタンなんだ。
こんなHYDE、今までどこにおったんやー。 

今日のHYDEさんの化けッぷりにはさぞかしメンバーも戸惑ったことだろう。
あんなHYDEに「今日もSEXしようぜ」なんて言われたものなら、
魅惑の妄想ワールドに突入ですよ。 大気圏突入以上にヤバイですよ。 なんか出ますよ。
ということで、このHYDEさんの完成度からして最終日はDVDに入るんですよね?

いやー、人生半分ほど生きてきたと思うんですけど、まだまだ油断できませんね。
3日目のハイタンと最終日のハイタンのどちらを取るか(勝手に)でカメリアマダムとメールしたりしてたんですけど、私は遅まきながら今回で悟りましたよ。
ハイヲタの皆様はとっくにその境地に辿り着いていると思いますけどね。

人生は概ねあれかこれかであるが、HYDEについてはあれもこれも譲れない。

譲れないあれもこれもなHYDEさんのためにどう生きていくかということですな。


それから、ju-kenさんが早々にブログを更新してくれていました。
野獣の目に涙。
USJもメンバーにとっていいLIVEだったようですね。
皆様お疲れ様でした。

ju-kenさんのブログのUSJの遠くで揺らめく松明の表記を読みながら、
彼の新兵器のベースは松明の灯りで観たらさぞ美しいだろうなと思いました。
あの木目を活かした炎の構図は本当に素晴らしいです。
炎のデザインもバランスが絶妙ですよねー。
ユラユラと揺らめく松明の灯りだと、木目の美しさがとても引き立つでしょうねぇ。
そこに象嵌の蝙蝠君たちがキラッと瞬いて幻想的な雰囲気になると思いますよ。
あれは照明バッシバシの中でみるよりも、ちょっと暗めで仄暗いオレンジ系の照明で観たほうがきっといいです。
陰翳礼讃ですね。



さて、MJPにVAMPSさんのインタヴューが上がっていたんですけど、
画面を下にスクロールして点滅するnextをしつこくクリックしていくと全部のインタヴューが読めます。
2011: A World Odysseyのライネさんが和訳をしてくださってます。
こちら
ライネさん、ありがとうございます。 助かりました。

だけど、K.A.Zさんってほんとうに三半規管が弱いんだ。 可哀想だな~。
海外のファンへのメッセージに対するHYDEさんの答えが、「だからどーせいっちゅーねん」的なんですけど(笑)
というか、それがファンへのメッセージなのかよ。



お返事

>ぴーさん
ヲタクってコレクター趣味も併せ持ってますよね。
でも、格好いいんだけどちょっと~~~ってところに大いに魅かれるところなんかは、
こちら系統の血ですな。
人は完璧を求めるがゆえにその一歩手前に大いに魅かれるんでしょう。
ノウハウを伝授してあげてね(笑)
【2009/08/24 01:41 】 | HYDE | コメント(2) | トラックバック(0) |
3輪バイクってこんな感じ?
今日の来場者Photo。
一日目、二日目の楽しそうにしていて可愛らしいHYDEさんと変わり、
えらく別嬪さんの写真ですねー。

白目の比率が間違ってませんか?
改めて目全体の大きさに驚愕しました。
目自体が大きくなければ白目のスペース、あれほどできませんもんねぇ・・・・・


そして、USJではHYDEさんがK.A.Zさんを後ろに載せてバイクでご登場らしいですね。
バイクとHYDEさんの比率も非常に気になるところです。
限られたスペースのステージ上でバイク運転なんてちょっと怖いよなーと思っていたんですけど、
聞くところによるとそのバイクは3輪だとか。

???
3輪車みたいなの?
想像できない。
でも、あのHYDEさんが納得して乗りたがるんだからそれなりに見てくれもいいんだろうな。
と、思って調べてみたらありました。
しかもハーレーで。

HARLEYの3輪

こんな感じなんでしょうか?
こちらなんか色味もフォルムも素敵とか思っちゃったんですけど。
イメージ覆されました。
確かにこれなら乗って登場したら格好いいかも。
3輪バイクじゃなくて、「トライク」って言うんですねー。






さて、話変わって、ちょっとおバカでヲタクな息子の話なんですけど。
先日、夕食の後片付けをしていたら洗面所で息子が騒いでるんですよ。
なんやうるさいわと思って聴き耳立てると

「大気圏に突入します! 機体がこれ以上もちません!」

って、叫んでるんですよね。 何度も何度も。
「このガノタが! ご近所様に恥ずかしいわ!」と思いながら洗面所に行くと、
トイレの扉にしがみついているんです。

「あんた、なにしてんの?」
「○ちゃん(娘)がトイレからなかなか出てきてくれないの!僕、う●こしたいんだよ~~~」

半泣き状態(笑)
あ~、だから「機体(自分)がこれ以上もちません」なんだ。
大気圏に突入って、出ちゃうってことなんだろうなぁ。

自分の非常事態をガンダムシリーズでは必ず放映されるシーンと置き換えて訴えるところに、我が子ながらガノタセンスありと感心してしまいました。
その間本人は必死だったんですけどね。
娘は娘で、面白いからトイレの中で笑いを堪えていたらしいです。

いやー、う●こネタですみません。
私的には大爆笑だったんで・・・・・・



【2009/08/23 01:37 】 | VAMPS | コメント(4) | トラックバック(0) |
USJに思いを馳せながらシムの整理
もうさー、なんだかエンターテイメントすぎるのは会場が会場だから仕方ないですよね。
USJでやるって聞いたときは、「だったらネズミーランドでもやってみろよ」と思ったんだけど、
やったら世界一テンション高いあのカップルが絶対乱入してくるよねっ!
それって、超似合わないよね、VAMPSに・・・・・

それでさ、フック船長みたいな悪そうなキャラも乱入してきて世界一テンション高いカップルの女の子のほうをさらったりするの。
VAMPSはカップルの男とかその友達とかに協力を求められていやいや戦うんだよ(笑)
ギター(超音波)攻撃。
みごとに悪キャラをやっつけて女の子を助け出して、みんなに感謝されながらネズミーキャラクターをバックに1曲。
あそこでやったら場所代とともに、そんな演出を無理じいされそう。
なんてったってドリームランドだからね。
やっぱり似あわないわ(笑)
と言いつつ、凄く観たい気もするけど。 子ども連れて泊りで行っちゃうよねー。
LIVE中は遊ばせてればいいから子供も連れて行きやすいしね。

それで翌日軽部さんに「VAMPS、とうとう世界一有名なあのカップルとコラボ」とかって紹介されるんだ。





なんてバカなことを考えながら、USJ一日目の「えっとー???」なHYDEさんのMCを読みつつ、またシムの写真を漁ってました。
よろしかったら追記よりどうぞ。




read more...
【2009/08/21 02:02 】 | sim日記 | コメント(6) | トラックバック(0) |
有松さんがブランコぶらぶら
今回のPaParazzi、前回のちょっと使い回し感のあったものと違ってとってもいい写真ばかりですね。
私の一押しはブランコで遊ぶHYDEさんと有松さん。
有松さんは思いのほか表情が豊かなんですよね。
それがまぁ、HYDEさんにブランコ押してもらって子供のように笑ってますよ。
押してるHYDEさんも子供みたいだけど。
右下にスイッチみたいなのをクリックするとさらに大喜びな有松氏が拝めて、
こっちが大喜びしちゃいましたね。

あとはトラクターに格好つけて乗ってるHYDEさんが、乗ってるのがトラクターなのに格好よくて笑えるという。

はぁ~~~~、JACKで素敵すぎるゆっきーと可愛いすぎるゆっきぃをkazueさんのレポで読ませてもらって、JACK公式のゆきさん(手だけ)に涙を飲んでいたんだけれど、ちょっと浮上したわ。

だけど、私もう●こ座りでゴムボールの入ったビニール袋を一人弄る姿をスクリーンで大写しにされた神を観たかったよ~~~~~~~。


最近シムで遊ぶ時間が全くないんですけど、前に撮った写真なんか観ていて、シムなんですけど4人で喋っていたりする写真を観てはほっこりしてました(痛)

snapshot_3535975b_567d5379.jpg

これはキャンプに連れていった時のなんですけど、仲良くおしゃべりしてましたよ、確か。
はいシムは何やってんのかっていうと、
独りだけゆきシムの話も聞かず、マシュマロ焼いてます。

また暇見つけて遊ぼう。



【2009/08/18 01:34 】 | VAMPS | コメント(8) | トラックバック(0) |
暑くて食欲のない日に「そうめんのサラダ仕立て」
暑い日の我が家の定番メニューです。
昔、『サライ』という雑誌に掲載されていたものです。

nikumiso1.jpg

これ、そうめんに肉味噌をのせていただくんですけど、この肉味噌が美味しいんですよ。
肉味噌は他に冷奴にのせてもいいですし、チャーハンの具にしても美味しいと、いろいろと使い回しが効く上に、作り置きできるというすぐれものです。

そうめんにもひと工夫してあって、このそうめん、茹でた後に酢油に絡ませてあるんですよ。
これがまたgoodです!

そしてなんと! 余ったそうめんで翌日もう一品できちゃうんです!

ということで、作り方(簡単ですよー) 4人分

材料
そうめん2把  なす2本  合挽肉200g  ごまペースト50g  
味噌(ご家庭で使っているもので十分です)100g
酒・醤油大匙2  みりん大匙4 砂糖20g  サラダ油・酢大匙1
レモン みょうが 青ネギ ショウガ サニーレタス適宜

なんて書きましたが、自分のお好みの味付けで大丈夫です。

1. ナスを5mmくらいの輪切りにする
2. 挽肉に醤油・みりん・酒をなじませてこれを強火にかけ、肉を炒め煮する
3. 2にナスを入れ炒め煮し、ナスをしんなりさせる
4. 別な鍋に(私は同じ鍋でやっちゃいます)味噌・ネギ・ショウガ・ごまペースト・みりん・砂糖を火にかけて煉り、3と絡ませる
5. 味が整ったら最後小口切りにしておいた青ネギを入れサッと入れ、おしまい!

これで肉味噌完成です。 少し甘めの味付けのほうが美味しいですね。
それから味は、「ちょっと薄いかな?」と思えるくらいの味付けにしておくほうがいいです。


さて、そうめんですが。
そうめんは茹でたら、酢・サラダ油・レモン汁で作っておいた酢油に入れて洗うようにして絡ませておきます。

あとはサニーレタス(レタスでもいいです)にそうめん・肉味噌をのせ、お好みでミョウガやネギなどと一緒にパクついてください。
さっぱりしたそうめんとコクのあるゴマ風味の肉味噌が食欲を呼び戻してくれますよー。


で、余ったそうめんですが、これはサラダ油に通してあるので固まらないんですよね。
そのままできるならラップせずに冷蔵庫で一晩置いて、なるべく水分飛ばします。
で、これを180度くらいの油で揚げます。
カタヤキソバみたいにするわけです。

そこに、冷蔵庫で余っている根野菜等(ごぼうとか人参とかしいたけなんか)に出汁・醤油・塩で味を整え、片栗粉でトロミをつけた汁で煮て、さきほど揚げたそうめんにかけ、わさびをつけていただきます。
酢でちょっとすっぱいそうめんの味とこれがまたベストマッチするんですよ。

夏JACKに向けしっかり腹ごしらえして臨みたい方。
よろしかったらお試しください。

JACK参戦の皆様、無理せず、楽しんできてくださいね。
【2009/08/14 16:39 】 | 今日の一品 | コメント(2) | トラックバック(0) |
台湾のVAMPSさんなど
VAMPSさん御一行は帰国したんでしょうかね?
せいらさんが台湾でのLIVEニュースの動画を貼ってくれてましたので観てきました。
せいらさん、ありがとう。

あ、HYDEさん、逞しい・・・・
フロアの左右にVAMPSって描かれている立て看板みたいなものがありましたねー。
「VAMPS」と染め抜かれているでっかいステージバックは、川崎で私が大受けしたアレですね。
野獣さんは新兵器なのかな?
台湾もすごい盛り上がりようだったみたいですね!

野獣さんの新兵器のこと、ブログで書いてくれてましたね。
「とてもナイーブで少し扱いの難しい女の子」だそうで(笑)
なんか野獣さんの口からそういう表現が出るとは思っていなかったよ。
強引に突っ走ってそうだもんね(女の子に対して)
と見えて、ナイーブなのは野獣のほうだったりするんだよね。
しかし、この人の「人とすぐお友達になる」才能は凄いですね。


台湾でのK.A.Zさんのブログでは、「模型の部屋を作ってます」って書いてあるのを、
「ふーん、そんな趣味があったのー、K.A.Zさん。 ていうか、そんなことしてる暇がよくあるよね」
なんて真に受けていたんですが・・・・(たぶんそんな人私だけだと思う)
アレってよく観たら、ホテルの部屋ですよね?
遠近法でそうやって見せてるだけですよね?

と、気づいて

K.A.Z、なんてかわえぇぇーんだぁーーーーーー!!!!!!!

もう参った。 ほんとに参りました。

うん、あとねマイスペにあったIggy Musicね。


コラボするなら誰とコラボしたい?
HYDEさんがMisfitsっつてるところを、わりと真面目に・・・・マドンナ
いや、これはまぁね、分かるよね。

今度のハロウィンのコスチュームは?
HYDEさんのVampireに対して・・・・・かぼちゃでって。

かぼちゃで? 
やってもらいたいねー。 胴体がかぼちゃのやつ。 すんごい膨らんでるの。
タイツはカボチャのツルの緑でお願いします。
どうやってギター弾くの、K.A.Zさん。



で、アメリカ来る前にiphone無くしたんだね・・・・・そんなもの無くすなーーーー。
どこまで保護欲を駆り立てるんだこの人は。

と思ったら、ナタリーのHYDEさんの脚がまた『二次元の嘘』(by Yさん)でフィギュア立ちになっとるーー
うわー、もう、なんだこのコンビーーーー(泣)


お返事

>mさん
いつもありがとうございます。
ほんと、野獣さんの新兵器、格好いいですよねぇ~~~~~~。
ああいうオーダーができるって凄いと思います。
またそのオーダーに応えることができるというのも素晴らしいことですよね。
アリーナツアーでもきっと魅せてくれると思います。

・・・・・重くなければ(笑)




>yさん
改めてこちらで。

まさかこんな丁寧にコメントを返していただけるとは思っていませんでした。
ありがとうございます。
yさんのおっしゃることは全くその通りです。
私も野獣さんがベーシストであるという上で、ギターと書いたことに対することだと理解していました。
ギターがお好きな方なら特にこの書き方は違和感を感じられたのだろうと思っています。

>あのような構造の楽器を称してギターと呼び、その見た目の素晴らしさやそれを生み出す職人、そしてそれを扱う者に対する文章でしたね。

yさんからいただいたこのコメントがとても嬉しかったです。
それでも私がベースと直さずにGearとしたのは、上記のyさんがおっしゃってくれた通りを思って書いた記事だったからです。
まぁ、そんなに頑なに拘るほどの文章でもありませんが。
そんなことで謝っていただいて申し訳ありませんでした。 恐縮してしまいました。
しかし、そこを読み取っていただけたことをとても嬉しく思いました。
ありがとうございました。
またお気軽にコメントしてくださいませ。
【2009/08/13 23:54 】 | VAMPS | コメント(0) | トラックバック(0) |
野獣の新兵器
野獣さんがブログで新しいギターGearを紹介してくれてるんですが、
これがまたなんとも美しい。 そして素晴らしい!!!
野獣さんの新兵器

私、ギターのこと全く分かりません。
ピッチが安定するとか、材質と音の関係とか全く知りません。
が、ボディーが塗装じゃないって?

寄木細工のように異なる木材をうまくはめ込んでいる・・・・って?

しかも、ピックアップのウッドカヴァーもファイヤーフレームが1ミリもずれる事無く奇麗に繋がってる・・・って!!!???

「ピックアップのウッドカヴァーはプラスティックか無垢材を使うと思うじゃない?」
と野獣さんがことわっているということはこれ、同材を使って繋がってるってことですよね?

おおおおおおお~~~~
野獣さんも職人技だと評価しているけど、ほんとコレ凄いですよっ! 
素晴らしいですよ。

夜の闇と炎を再現してると説明してくれてますけれど、本当にボディーの木目が炎でユラユラと揺らめく闇のようですよね!
いや、ギターって凄いのね。
どちらかというと、ギターなんて音が出てなんぼやろという感じで、今までそういう目で観てなかったんです。
でも、K.A.Zさんのギターの美しさに魅かれて割とちょくちょくあっちこっち覗いていたんですけれど、
この野獣さんの新兵器は本当に芸術品です。
象嵌の蝙蝠がこれまたさりげなく入っていて、ギターがとても上品な仕上がりになっていますよねー。

そして何が凄いかって、芸術品でありながらその用を成しているところ
用美の一致。 感動です。

それを実現させた野獣さんの美意識(素晴らしいものをお持ちだったんですね)と、Sugiの職人さんの技術に乾杯です!!!!!
もちろん、この新兵器に見合う野獣さんの実力も兼ね合ってこそ、ギターの美しさが昇華するというもの。
台湾LIVEで初披露だそうで・・・・・今日じゃん!
新兵器は台湾でのVAMPS旋風の起爆剤となったのかな?

野獣さん、報告お待ちしております。

「ギターじゃないですベースですぅ~~」ってコメントいただいたので野獣さんが書いているように訂正しておきます。
Gearというのも特にベースのことを強調して言っているわけではないんと思うんですが。
私、そこら辺がわからないんですけど・・・・まぁ、楽器でいうギターとベースの違いは分かりますけど(聞き分けるのは時々分からなくなりますが)、ひっくるめてギターと言ってはいけないんでしょうか?
というより、野獣さんのだからベースだと、そうやって書き違えるべきべきものだということなんですね、きっと。
ありがとうございました。
【2009/08/11 23:55 】 | VAMPS | コメント(10) | トラックバック(0) |
うわー、気づかなかったよ~~
前回PATi PATiの可愛いHYDEさんとK.A.Zさんのこと書いておきながら、
ドキュメントフォトブックのこと気づかなかったよーーー。
クオリティ高そうな写真集じゃありませんかって。

同じ角度で指さして上向いてるVAMPSさんが
新婚旅行で初めて海外に来たカップルみたい
だよよよよよよっと・・・・・
HYDEさん、K.A.Zさんの肩に手なんか置いて寄りかかってるしね。
海外まで行ってイチャコラすんなコノヤロー。

あとはお値段がいかほどか心配なり。
【2009/08/10 10:18 】 | VAMPS | コメント(4) | トラックバック(0) |
PATi PATiのVAMPSさん
一般誌で久しぶりに観ていてホッとするHYDEさんの登場でした。
旅行から帰宅して、家中掃除して、ご近所に帰宅のご挨拶まわりして疲れた身体には嬉しかった。
心からホッとした。

K.A.Zさんは相変わらず、二重だか三重だか焦点が合ってるんだか合ってないんだかわからない左目が癒し系を醸し出してたー。

HYDEさんもK.A.Zさんも少し顎の線がシャープになったのかな?
K.A.Zさんはそうでもないけれど、HYDEさんは明らかに輪郭が変わったよね(笑)
また違うHYDE出てきた!
出てきたのが可愛い子ちゃんでよかったーーー!

あのさ、扉の前で一人で立っているHYDEさんの右足の曲がり具合が、なんか信じられない萌え角度なんですけど。
もう生脚出しとけっ!って具合(どんな具合)です。

次ページの、塗り込めた窓の桟にハマって立ってる(隣でK.A.Zさんは坐っている)のなんか、娘に「ちったい」と愛情持って言われてましたよ。

大好きな坂では無邪気に(大好きな)K.A.Zさんにじゃれてましたねー。
K.A.Zさんは仕方なしにつき合ってあげてましたねー。 ほんまめんどい人ですよねー、HYDEさんって。

あー、かわええと目尻下げながら観ていたら、USAレポの写真はなんとも人相悪いHYDでした。
けど、私はこのHYDEが一番好きかな。
脇毛HYDEも悪そうで好物。 あー、これが一番かな、私。
なんかいたる所でお祭りだったブラHYDE。
私も目を疑った一人ですが、迫力満点なおばちゃんみたい~~~。

路地であんな表情で一人座り込んでいたら、絶対に声掛けられるからねと心配した横顔。
心配もなにも、ええ歳したおっさんなのになぁ。

それから、K.A.Zさんのギターが凄いことになってた。
曼陀羅にされこうべ。
あんなギターもあったんだ。
中央の梵字は大日如来?
大日如来は宇宙を神格化したものなんだよね? COSMOSにはもってこいなギター。
まぁ、髑髏はデザイン的なもので描かれているのだし、八葉蓮華の梵字が合ってるのかわかんないけど。
こういうギターもK.A.Zさんの雰囲気に似合うのねー。

そしてインタビューでは、HYDEさんもK.A.ZさんもLIVEを待ってくれている人のところにちゃんと行きたいと言っている。
K.A.Zさんはもうひとつ上に行ってて、お国柄によってウケる曲や、いろんな環境で自分の音がどう出たり響いたりするのか世界中で確認したいという音ヲタぶりをまた発揮。


少し気になったのが、Warped Tourでの過酷な状況下では、音云々というよりも場所に適応することのほうが大切で、ファンと自分たちがまずは楽しめることが最優先とHYDEさんが言っていたところ。
Warpedは特殊な環境だったのでそれはアリだし、あの状況ではVAMPSの世界観がどうのとかというレベルではないのもわかる。 最善の音が出なくても、その状況下で最高の演奏とそれを楽しむことさえできればいいというのも、あの環境だったから言えることだよね。

でも、環境が整っているライブハウスではある程度の音のレベルを保てないとやっぱり楽しめないよ。
WILTERN  THEATER でのimpressionsの中には、
「3年と20数時間待ちに待ったのに、音が全然聞こえなくて楽しめなかった」
という感想もあったから。
ちょっと気の毒。
日本の滞在型だったら、「何日かのうちの音の悪かった日」で開き直れるけれど、
なかなか来てもらえない海外じゃそんな問題じゃないものね。
DVDに期待するって前向きな方でしたけれど。 

そういえば、久しぶりにimpressionsを覗いたらWILTERN  THEATER でのLIVEレポをとても細かく書いてくれている人がいらっしゃいました。 →こちら
最初の方、版権まったく無視した壁紙のオンパレードでビビリましたが(笑)

それと、オタコンでのインタビューのもファンの人がlinkさせていて、これも結構おもしろかったので。 →こちら
私のことなので取りこぼした情報だとは思うけれど、自分用に貼っておきます。


お返事

>歯磨き粉が好きさん
いえ、謝る必要もないかと(笑) 嗜好の問題ですからねぇ・・・・
私は歯磨き粉というより、「なんか薬みたい」と思いました。
K.A.Zさんはあれにアイス入れるんだ!? と、さらに驚きました。
【2009/08/10 02:43 】 | VAMPS | コメント(0) | トラックバック(0) |
みんな夏休み
VAMPSさんご一行も無事に帰国されたようですね。
K.A.ZさんのブログにあったROOT BEERですが、私も飲まされた経験があります。
ROOT BEERとオートミールはホームステイ経験者は必ず試されているのではないでしょうか?

オートミールは私は思っていた以上にイケたんですよ。
というのもオートミールとはなんぞやということをよく友人に聞かされていて、ものすごく不味いもの、この世の終わりのような食べ物というイメージが植えつけられていたからだと思います。
そんなでもないじゃんって。

反対にROOT BEERは全く予備知識がなく、「コーラみたいだよ」とかだまくらされて飲まされたのでびっくりしましたね。
ホストファミリーたちに注目されながら飲んだんですが、「これは美味しいと言うべきなのか?」というところでずいぶんと悩んだ記憶が甦りました。

K.A.Zさん、え? あれが大好きなの?
えーーーーーーー!!!!!
いや、アレは歯磨き粉ですよ。


さて、京都の新しい企画の下見に行ってから、実はちょっと京都に滞在してました。
懇意にしてもらっているお寺さんにお世話になっていました。
その間PCに触ることができず、前回のブログは携帯からの更新でした。
久しぶりに般若心経唱えさせられましたが、覚えているもんですね。
唱えないと和尚さんにご飯食べさせてもらえないんですよ(笑)
私、もういい加減大人なんですけど、和尚さん・・・・・

そして、京都から帰ったその足で、今度は子供たちを連れて旅行に来ています。
牛伏山
標高1990メートルの牛伏山というところを登ったり。
なんか賽の河原みたいなところでしたが、写真を撮ったらゴルゴタの丘みたいでした。
ゴルゴタの丘、行ったことないですけど(笑) 私のイメージはこんな感じ。

matumushisou.jpg
草原でマツムシソウが咲いているのを見つけたり。

ryokuin.jpg
のんびり森林浴したり。

さっきまで晴れていたのに急に霧が深くなって視界が真っ白になったり、目の前を雲が凄い勢いで通り過ぎたりするのを観て、子供たちは非常に怖がっていました。
天と地の接点である山には、神秘的で神聖なものを感じますよね。
湿気のある肌にまとわりつくような重苦しい空気は、却って気持ちを落ち着かせてくれます。

久しぶりに深い緑に触れてかなり肩に張った力が抜けました。

VAMPSさんたちも帰国してそれぞれのひと時を過ごしているんでしょうかねぇ?
心身ともにリフレッシュしたら次は台湾?でしたっけ?
そして日本でもうひと暴れもふた暴れもして楽しませてください。


お返事

>ぴーさん
結構こまごまと情報収集得意よね。
時間を最大限に有効に使いきりたいタイプなんでしょうねぇ。

鬼太郎ロードって、私、HYDEさんが行くまで知らなかったよ。
そんな前からあったんだ。


>豹柄モンペファン
そんなカテゴリーに分類されるファンがいらっしゃったとは・・・・
いえ、私、決してアレのファンではないと思うんですけど。
こうなったらどこまでやってくれるかちょっと楽しみにしてるってことで、ひとつよろしく。です(笑)


【2009/08/07 00:35 】 | 日々 | コメント(2) | トラックバック(0) |
FAーー?!
ヒョウ柄HYDEばかりアップするのは嫌がらせかー?!

それとも、あの姿(可愛さとファッションセンスのアンバランスさ)にFA自身がキュンキュンしてんのか?

しかしおかしい…私も最近アレが可愛く思えてきた。
FAめ、あなどれないマネージャーだ。いや、マネージャーの鏡と言うべき?
あれだけ立て続けにアップされると感覚麻痺するよね(笑)
【2009/08/04 17:28 】 | VAMPS | コメント(8) | トラックバック(0) |
HYDE in SD “WE CAME HERE CUZ OF YOU”
「おまえらがいるからここに来たんだ」
SDでのLIVEレポを読んでいて、そう言ったHYDEさんにファンの人が喜んでいたねー。

「 They played in what was basically a garage considering 」っていう部分があるんだけど、
この「a garage」ってガレージロックのことなのかな?
私は最初「車庫」とか「倉庫」って読んでいて「???」だったんだけれど。

まぁ、それがとっても格好いいって。
ガレージロックのことを言ってるんだとしたら、HYDEさんがアルバム『VAMPS』でしたかったことだから、それがアメリカのファンにも伝わってるんだなぁと思ったの。

「VAMPSはツアーの最期は武道館で演るんだけど、でもHYDEは「おまえらがいるからおれらはここにやってきたんだ」みたいなことをいってくれた。 ほっんとありがと、VAMPS!」

ファンがいるところに来てくれる。
当然なんだけれど、実際にそう言ってくれるのを聞くと嬉しいよね。
おおむねSDはヴェガスよりも会場の雰囲気はよかったのね。
ヴェガスはなんか客同士の小競り合いがひどかったらしく、それはどこでも一緒なんだなぁと思った。

in SDのレポで、「HYDEが後ろ向きになってダイブした」みたいなことが書いてあるんだけど?
最前の背の高い(big girl)女性に支えられてたって。
アメリカだったら大抵の女性がHYDEさんよりbigだよね(笑)

面白かったのが、SDの動物園にはパンダが6匹いることをネットで調べたことをMCで言っていたこと。
「めっちゃかわいい」とおっしゃっていたらしい・・・アメリカまで来てパンダか。
SD動物園、私も行ったけど、そのときはパンダなんていなかったと思う。
広すぎてどこ観ていいのか分からなかった。
確かインコとか肩に乗せて写真撮ったなぁ。

「beach」の意味がわからなかったり、「Bicth」とでも勘違いしていたんだろう、あの人(爆)

以前、SWEET DREAMSを歌って泣いたとかいうレポもあったけれど、この歌詞は子供のことを歌ってるんじゃないかともあったね。私はいまひとつそれにはピンと来ないんだよね。

あと、アメリカでもK.A.Zさん人気が凄くて、K.A.Zさんの指が綺麗だったとか、あ、腕だったかな? だったら腕のモンモンのことだね、きっと。ピック投げてもらったーとか、K.A.ZさんがLIVEの途中で水をかけてくれた(それも相当)らしいんだけど、「K.A.Zの水で溺れるなら本望だ」みたいなことが書いてあってね、もう、ファンってどこ行っても本当に一緒だね、かわいいーと思いながら読ませていただきました。

ラスト、LAはどうだったのかな?
これからだっけ?

楽しみです!!!
【2009/08/01 07:07 】 | VAMPS LIVE 2009 | コメント(2) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。