FC2ブログ
JACK IN THE RADIO(kenちゃんの好みはやっぱりアレだった) 4月15日
さてさて、今回もkenちゃん笑わせてくれました。
本日は前回よりますます饒舌で、kenトークがさえ渡っていました。
そしてアルバムからの一曲は、とうとう聴けた「In Physical」と「Speed」でした。


では、どうぞ。



ken:始まりました第三回目JACK IN THE RADIO、kenと。
逹瑯:はい、どうもAB型大好きムックヴォーカル逹瑯が4月と5月の二ヶ月間担当していきます。
先週の放送で軽く話しましたが、なんとですね、AB型とてもクリエイティブな方が多いらしいです、やっぱり。
ken:ほんと?
逹瑯:はい、作家さんでですね、太宰治さんとかですね、スポーツ界ではWBC。WBC観てました?
ken:えっとね、アレで観た。ワンセグで観た。
逹瑯:ずっとですか?
ken:うん。
逹瑯:WBCで大活躍した岩隈選手、楽天の。
ken:うんうん。
逹瑯:漫画界ではモンキーパンチさん。やなせたかしさん。あだち充さん。AB型の人がいっぱいいるということで。
ken:ほぉ~。
逹瑯:アインシュタインもAB型なんですよね。
ken:まじで?
逹瑯:はい。
ken:この間、同じ日に生まれた人を調べてたのよ。で、うわっ!すっげぇ偉い人多いなぁと思って、他の人も調べたのね。その他の編集の人とかいたから。
で、その人の誕生日調べても偉い人が多いわけよ。
逹瑯:
ken:で、よくよく考えたら、最近でこそいろんなジャンルの人の誕生日が書いてあるけど、何世紀とかさ、大昔の話は偉い人の誕生日ぐらいしか書いてないじゃん。
逹瑯:まぁ、残ってないですからね、名前が。
ken:そうそう。だから、偉い人と一緒だ~って喜んでたら、全員偉い人がこう書いてあるみたいな。
逹瑯:はははは!!!!
それアレですね。俺がいつも朝、テレビとかで今週の獅子座。俺獅子座なんで、獅子座の運勢が一番。やった!嬉しいと思って仕事に行くと、仕事場にメンバーみんな獅子座の人がいっぱいいるみたいな。なんかちょっと嬉しくないなみたいな。
ken:逹瑯アレ観る勇気ある?
逹瑯:占いですか?占い結構。
ken:うん。俺ね、朝にそのなんだろう。自分の占い観たいなぁっていう時に見るのはいいんだけど、朝にアレを見せられて一日さぁ。
逹瑯:気になっちゃいますもんね。
ken:そうそう。ラッキーアイテムがなんかこう、微妙なときってあるじゃん。
逹瑯:はいはい。
ken:どこでソレ手に入れるのみたいなときあるでしょ?
逹瑯:はい。
ken:だからそういうことにならにように、「今週の~座は」って始まったら消すもんね。
逹瑯:へぇ~。
ken:変えるか。
逹瑯:ラッキーアイテムってほんと意味あるんすかって思うときあるじゃないですか。
この間俺占い師さんに聞いたんですよ。仕事でちょっと占い師さんにみてもらうときがあって、ラッキーアイテムって意味あるんすかねってったら、「今日はこの運勢が悪かったひとはカレーを食べて運勢アップ」みたいなって意味なくないですかって言ったら、微妙にカラーとかで意味があるらしいですね。
ken:じゃ、カレーだったら茶色ってこと?
逹瑯:茶色なのか黄色なのかとか。
ken:ほぉ~。ま、カレーだったらすぐ手に入るからいいけどさ。
逹瑯の誕生日ってのは公表してんの?
逹瑯:はい。
ken:じゃ、誕生日調べようよ。
逹瑯:はい。
ken:で、あとで発表しようぜ。
逹瑯:えーと、8月21日です。
ken:に、生まれた有名人。たぶん相当な奴がその日生まれてる。
逹瑯:ははははは!!!
ken:まさかこいつまでっていう歴史上の人物の名前をみると思うよ。
逹瑯:ほんとですか?
ken:うん。これ重要だと思う。
逹瑯:じゃ、8月21日、後で追って。
ken:はい。

逹瑯:いろんな話が聴けたところで、リスナーの皆さんから質問や4月22日に発売するkenさんの1stアルバム『イン フィジカル』の中から聴きたい曲も大募集中です。
なぜその曲が聴きたいのか、簡単な理由も一緒にメールしてねぇということで。
メールはすべてJACK IN THE RADIOの携帯サイトから送ってきてください。

今日はkenさんのアルバムリリース直前ということで、見事番組で読まれた方にはですね、ムックポイント。ムックポイントまだ生きております。ムックポイント3プレゼントします。

ken:お~。
逹瑯:はい、3ムックポイントですね。
ken:これが多いのか少ないのかわかんない(笑)
逹瑯:多いです! 
ken:多いの? OK!
逹瑯:ちなみにポイントはためていくととってもいーことがありますっていうね。
ken:おー、いいね。
逹瑯:いいですね。
ken:さて、この番組は東京FMの携帯サイトミュージックヴィレッジと連動し引き続きラジオを通してどんどん配信していきます。
例えば、番組終了後に配信されるメルマガでは、このラジオで話しきれなかったことや、リスナーからの疑問・質問にも答えていきます。さらにこの番組のスタジオ風景などを更新しているJACK IN THE BLOGもあるのでチェックしてください。
逹瑯:さて、で、ここで早速届いているメール1通ありますので読んでみたいと思います。
ラジオネームまよさん、16歳、女の子ですね。
ken:はい、こんばんわ。
逹瑯:kenさん、達郎さんこんばんわ。
私が聴きたい曲は「In Physical」です。
ken:はいはい。
逹瑯:やっぱりアルバムの題名と一緒の曲なのでとっても気になってます。
関係ないですが達郎さん、実は私も白子がダメです。
ken:・・・どういう意味の白子だろうね? この場合。
逹瑯:どぉ・・(笑)いう意味の白子?(笑)
ken:その、女子だったらリアルもあるわけじゃん?(なに言ってんのkenちゃん)
逹瑯:それは白子って言わないと思います!(焦るたつろー君)
kenさん、それは白子っていう食品ではないです! 
スーパー行っても売ってないですし、回転寿司とかお寿司屋さんでも出てきませんから、その白子は。
ken:出ちゃマズイよ。出ちゃマズイ。
もう曲紹介しちゃおうか!(自分で言い出しておきながら)
逹瑯:はい!
ken:4月22日リリースのソロ1stアルバム『IN PHUSICAL』から「In Physical」聴いてください。
逹瑯:はい、どうぞ(笑いながら)


In Physical


ken:お届けしているのは4月22日リリースのソロ1stアルバムいんふぃじゅる・・・・
逹瑯:ははっ
ken:いんふぃじゅ・・いん、ふぃじかるからの「In Physical」という曲ですね。
逹瑯:はい、なんとですね!
ken:うん?
逹瑯:実ですねはこの曲がですね、聴けるのはですね。
ken:うん?
逹瑯:kenさんのアルバムだけです!
ken:まあなっ!
逹瑯:はははははっ!
だって、書いてあるんですもん。
ken:まぁ、分かってる、分かってる。
逹瑯:「In Physical」ができるまでの話をってお願いしますってありますけれども。
ken:えっとね、この曲はがんばって作りましたと。
逹瑯:曲先(きょくせん)ですか?
ken:曲が先で、ピアノを弾いたり。割とね、打ち込みを主体でやってますね。
逹瑯:詞先(しせん)ってあるんですか?
ken:ないですね。詞を書くときは曲を聴いて、一筆書きで書くのね。
逹瑯:え?
ken:もう、頭からつぅ~って書くじゃん?
逹瑯:あ、びっくりしたそういうことか。俺、もうなんか速記みたいな、速記みたいなこう。
ken:ははは、読めねーよっ!
逹瑯:だから一筆書きって言うから。
ken:はははは・・・いや、三行書いて次の三行書いて、で、サビ書いてみたいな。
ほいで、曲聴きながらなんとなく書いていくから、曲なしで詞を書くとするとかなりね、ラブレターを書くような恥ずかしさが。
逹瑯:気がつくと五・七・五・七・七みたいな。
ken:爆笑! 日本人だからね。分かるわかる。
逹瑯:凄く語呂がいい感じに終わってたりしますからね。詞先で先やってると。
ken:やったことあるんだ。
逹瑯:はい。
ken:聴かしてよ今度。
まぁ、そんな感じですけど、さっきのね達郎君の誕生日同じ日の人分かりましたよ。
逹瑯:出ましたよ。
まずですね、ビッグネームがですね、フィリップⅡ。
ken:あはははは! 王様だね。
逹瑯:はい、フランスの王様です。
アラン・カブロー、芸術家。(アメリカの現代芸術家だそうです)
ken:すっごいねー。
逹瑯:芸術家ですからねー。あ、関根勤さんもいるし。
ken:あと、ボルト選手。
逹瑯:あ、ボルト選手ね。
ken:北京オリンピックですごい速かった人ね。
なんにせよやっぱり、王様とかがいるんだよ(確信!)
逹瑯:絶対いますねっ(同じく確信!)
芸術家、王様・・はい。
ken:だからみんな安心していいんですよ。
逹瑯:あんしん?
ken:この日だけが芸術家が多いとか、この日だけが偉い人が多いとかそういうのはあんまりないと思うんですよね。(凄く真面目な声で語っています)
逹瑯:はい(心なしか笑いを堪えているように聞こえる)
さて、いろいろ話が聴けたところで、リスナーの皆さんからの質問等のメール待ってまーす。
さらにkenさんの1stアルバム『IN PHYSICAL』の中から聴きたい曲も大募集中です。
なぜその曲が聴きたいのか、簡単な理由も一緒にメールしてねっ!
ken:はい。
逹瑯:メールはすべてJACK IN THE RADIOの番組携帯サイトから送ってきてください。お待ちしておりまーす。



ken:改めましてkenです。JACK IN THE RADIO4月と5月の二ヶ月間担当していきます。
そしてもう一人、JACK IN THE RADIOと言えばこの方です。
逹瑯:はいどーも、改めましてこんばんわ。ムックヴォーカル逹瑯です。
ken:こんばんわ。
逹瑯:さて、ここからはJACK IN THE コメント。
ken:おー。
逹瑯:知ってます? JACK IN THE コメント。
ken:知らない、初めて聴いた。
逹瑯:知りません?
ken:うん。
逹瑯:kenさんが担当になってすでになんと速くも三週目ですが。
ken:はい。
逹瑯:なんと、ここで今更、お祝いコメントが届きました。
ken:おっせーなー。
逹瑯:遅いですよほんともう。海外から送ってんじゃないのかなぁ、コレ。
ken:そだね。
逹瑯:一体どんな方たちからなのでしょうか? kenさんに聴いてもらいましょう。 どうぞ。


JACK IN THE コメント

はいどーもムックでぇーす。
どーもヴォーカル逹瑯でーす。
はい、ギターのミヤです。
はい、ベースユッケです。
ドラムSATOちです。
(以下、誰が話しているのか分かりません)

逹瑯:はいどーも、kenさーん、お久しぶりです。始まったらしいですよ、JACK IN THE KENさん。
ACK IN THE KENさん?
たまんないねぇ~。
逹瑯:さて、今回はですね、kenさんがJACK IN THE RADIOを担当ということで、JACK IN THE RADIOに関してはムックのほうが先輩ですよっ!
メンバー:笑
まあね。
ビックマウスだ。
逹瑯:ほんとに僕らのほうが先輩なのでね、kenさんにアドバイスみたいな。
しちゃう?
逹瑯:アドバイスってわけでもないんですけども、恒例のJACK IN THE フリートーク。
なんだ?
逹瑯:っていうのが、kenさんなんか初耳なのかな?ちょっと今驚いてますけども。JACK IN THE フリートークっていうね、コーナーがあるんですよkenさん。
ということで、ここでJACK IN THE フリートークとはなんぞやと。タイトルからしてだいたい無茶ぶりなんですけども、このお題でトークしてもらいたいなということがこれから行われるわけですけども。
なんかあります?リーダー。
ありますね。
逹瑯:お、ある? じゃ、kenさんにお題をよろしくお願いします。

ミヤ:はい、では発表します。 kenさんのお題は、好みのタイプ。

逹瑯:kenさんオフィシャルでこの話するのすごくなんかね、にが~い顔するよね。
そうそう。
ミヤ:好みのタイプっていったら好みの食べ物になっちゃうかもしれない。
逃げ道は残しませんよ。
ミヤ:女性の好みのタイプのお話をしていただきたいなと。

逹瑯:kenさんほんとに無茶ぶりすみません。
ということで、ムックヴォーカル逹瑯と。
ギターのミヤと。
ベースユッケと。
ドラムSATOちでした~~~。

はい、じゃ、よろしくお願いしま~す。


逹瑯:はい、録りましたねぇ、こんなの。
ken:なんかミヤ君、テンション低いまま凄いこと言ってるよね?
逹瑯:はい。好みの女性のタイプ。
ken:えっとね。デートをして、例えばデートしてまだつきあう手前なんだけど、お互いいいなと思っていると。その時に、
めっちゃこっちはおっぱいさわりてぇーなぁと。
逹瑯:はははは!!
ken:め~っちゃこっちおっぱいさわりてぇーんだけどっいうのを察して、腕を組んでちょっとぷいって当てる(胸を)の。
ken・逹瑯:はははははっ!!!
ken:それぐらい気の利く奴がいいなぁ~。
逹瑯:すごいっすね!気づける奴ってもうエスパーだと思いますね。
ken:
じゃ、俺の好みはエスパーってことじゃねーかな。
遭ったことねーけど(笑)
逹瑯:凄い(たつろー君なにが?)
ken:逹瑯の好みゆってよー。
逹瑯:俺の好みは結構いろんなとこで言ってますもん、雑誌とかで。
ken:どんなん、どんなん?
逹瑯:あのー、分かりやすくいうと、俺、普通の感じな子が好きだっつってんですけど、あんまりケバくないような子がっつってんですけど。
タレントの子とかいるじゃないですか、雑誌とか出てたり、テレビ出てると、綺麗な格好して可愛い服着てとかって。で、その子がたまにブログに載ってる私服がちょっとダサかったりとかすると、可愛いなと思うんですよね。
うわっ! この子なんかスゲェー普通みたいな。
ken:その心が・・・いまいち分からんのだけど。
ちょっとダセーな可愛いってこと?
逹瑯:なんか、背伸びしちゃってちょっと頑張りすぎちゃったねみたいな。
ken:あ、それがダメなの?
逹瑯:それがいい!
ken:それがいいの!?
逹瑯:そう。
ken:むずかしぃーな、それ。
逹瑯:ほのぼのするじゃないですか。
ken:まじで?
じゃ、もしそういう人がいたら次教えてよ。「あーゆータイプですよ」って。
逹瑯:はははは!
ken:俺、分かんねーんだわ。その、肥えてる肥えてないとか・・・うん。
逹瑯:凄いですね。
ということで、4月22日リリースのですね、そろ1stアルバム『IN PHYSICAL』jからもう一曲聴いてもらいたいと思うんですけども。
ken:じゃ、kenで『S』聴いてください。


『S』


ken:お届けしているのは4月22日リリースのソロ1stアルバム『IN PHYSICAL』から「S」でした。
逹瑯:はい、ここでも届いているメールを紹介したいと思います。
ラジオネームたかしさんです。19歳、男性の方です。
kenさん、逹瑯さん、こんばんわ。
ken:こんばんわ。
逹瑯:僕はなんと、自称「S」なので、聴きたい曲は「S」なんですが、アルバムを一言Sっぽく表現するならどんな言葉になりますか?
だいぶたかし君も無茶ぶりしてきますけども。
ken:そうだね、Sっぽくって?
だから、言ってみたら俺もSだから、こんなSな無茶ぶりをされて答えたくないっていうのがSだね。
逹瑯:おーっと、確かにね!
ken:そう。放置プレイだ!
これがSの返事だぁ~
ken・逹瑯:あははははは!!!
逹瑯:そんな可愛く言われてもぉ~。
というこで、アルバムの話が出たところで、そのアルバムの話を中心にしていきましょう。
ken:うん。この『IN PHYSICAL』っていうのは、全部で11曲入ってます。
全体的なコンセプトってなくてね、最初はアルバム作る気がなかったんですよ。
逹瑯:あら。
ken:一人で作るの大変そうじゃん。
逹瑯:はい。
ken:曲作って、歌って、詞つくって。コラ無理だな俺の性格上って思って、ミニアルバムでどうですかって言ったら、「いやいやアルバムで」って言われて。じゃ、とりあえずちょこっと録ってみて、調子に乗ってきたらアルバムってことでっていう話にしたの。
逹瑯:ラルクの時って、レクってずっといるんですか?
ken:ほぼいるね。
逹瑯:yukihiroさんドラム録ってる時とかも。
ken:いるいる。
逹瑯:kenさんの時じゃなくても?
ken:じゃなくてもいるね。
逹瑯:へぇ~、歌録り、ミックスまで?
ken:も、ほぼいるね。あ、歌録りんときは自分の曲以外は行かないかな。
歌録り以外は楽だった。せーので録っちゃうから、一、二回演奏して終わりなのねレコーディングが、だからそこまではいいんだけど、歌録りがさっ!・・大変なわけよっ!
逹瑯:自分の歌を・・・、よくkenさんに一緒にやってもらった時って、俺の歌をディレクションしてもらったじゃないですか。
ken:うん。
逹瑯:kenさんが自分で歌うときって、誰がディレクションするんですか?
ken:俺ん時は、エンジニアさんに共同プロデュースしてもらったのね。だからエンジニアさんにすべてお任せ。
逹瑯:はい。
ken:で、自分は一生懸命歌うだけで歌うことに集中して。だから逹瑯とレコーディングしたから、あれでいろいろと学んだことはあるから。
その・・、まず吸入器をやるってこと。
逹瑯ってめちゃめちゃ真面目に歌うじゃん。
逹瑯:
ken:何回もゆうけど、リスナーの皆さんにゆっときたいんですけど、俺、逹瑯は絶対ふざけてレコーディングしてると思ってたら、滅茶苦茶真剣に歌ってて、俺はカルチャーショックだったのよ。
ムックの中で逹瑯だけは適当にやってんだろうなって思ってて。
だから、あの逹瑯でさえこんなに真剣に歌って。
逹瑯:あの逹瑯でさえ(笑)
ken:レコーディングしてるんだって思って、だから俺は真剣に集中してディレクションを聴いて、それを試そうとするような録り方をした。
逹瑯:アルバムでkenさんが自分のレコーディングに行っちゃってから録った歌録りの時にやって、凄いよかったのがあったんですよ。
ken:なになに?
逹瑯:加湿器とかよくかけるじゃないですか。あれはやっぱり限界があるし、スタジオ広いからあんまり意味ないじゃないですか。
ken:うんうん。
逹瑯:スタジオのが冬だったんで乾燥
ken:するよね。
逹瑯:どうしたもんかなと思って、バスタオルを3,4枚、濡らして絞ってかけといたんですよ。歌うブースの周りに。
ken:おうおう。
逹瑯:めっちゃくちゃよかったですよ。
ken:歌いやすかった?
逹瑯:空気が湿ってて。
ken:ま~じぃ~!
逹瑯:すげぇ~よくって。うわ、これいいかもと思って。
ken:今頃ゆうかよぉ~。もうちょっと早くこのラジオ出てたら聴けたのにぃ。その手があったか。
逹瑯:あれは凄くよかったですよ。
ken:やります。次からやります。
逹瑯:そんなkenさんのアルバムの全貌が見えてきたところで、アルバムからもう一曲。
ken:分かりました。kenで「Speed」聴いてください。
逹瑯:どうぞ。


「Speed」


ken:ということで、あっという間にエンディングです。JACK IN THE 告知です。
来週ついにリリース、kenの1stアルバム『IN PHYSICAL』、聴いてほしいですね。
2009年LIVE IN PHYSICAL 6月からスタートします。詳しくはオフィシャルサイトチェックしてください。
逹瑯:これ、どうすか? ツアー。
ken:ツアー? 
えっと、ゆわないでほしいまだ。
逹瑯:うはははは!
ken:まだちょっと逃避中です。(言い方が可愛いです)
逹瑯:はい(笑) ムックに関してはですね、ムックJAPANツアー2009球体 5月から全国各地へ行きます。いろいろ発表がありますけれども、そちらもオフィシャルサイトをチェックしてもらえると助かります。
ken:この番組終了後からは、我々二人の放送後記としてリスナーからのメールにメルマガで答えていきます。
そして来週は俺のアルバムから、俺と逹瑯が選んだ曲もお届けします。
逹瑯:はい、この後番組終了後ですね、これ書いてあるんですけども、JACK IN THE BLOG用に撮影しますが、今日はアルバムの中の楽曲「S」に因んで、「ドSなポーズ」でいきますって書いてあるんですよ。
ken:ドSな写真ってどんなだよ?
逹瑯:どんな写真になったかは番組携帯サイトをチェックしてくださいっていう、こんな感じなんですけど、最近思うんですけど、この番組全体を通して無茶ぶりっていう裏テーマがあるような気がしてしょうがないんですよねぇ?
ken:無茶ぶりなのか、制作側がSなのか。
逹瑯:笑 なんかね、そういう匂いがしますよね。
ken:S人口が多いってことですね。
ということでJACK IN THE RADIO kenと。
逹瑯:ムックヴォーカル逹瑯がお届けしました。
ken:ばいばい。
逹瑯:また来週、ばいばーい。

はい、以上です。
誤字脱字あったらすみません。



ちょっとSakuraさん情報

先日のシドさんの野音に行ってらっしゃった方が関係者席にいらっしゃるSakuraさんを見かけたそうです。
相変わらず黒ずくめの黒いニット帽だったそうで(笑)
少し痩せたようだったと(よしよしどうぞそのままでね)

●さん、素敵なお裾分けありがとうございました。


お返事
>●●さん
そんなに気になさらないでくださいねー。
また気楽に遊びにきてください。
スポンサーサイト



【2009/04/16 01:16 】 | JACK IN THE RADIO Ken | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |