スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
五月晴
というより一気に夏のような一日でしたね。
ここぞとばかりに大物の洗濯やら布団干しやらしました。

朝から筍なんぞ採りに行ったり。

なので本日の夕飯は筍御飯。
筍の若竹煮。
そして、あまりの暑さに参って「鰹のたたき」

うっとこは鰹の背のほうを3本ほど買ってきて、
金串刺して家で焼きます。
「たたき」になってるのを買ってくるより安いし、沢山食べれますからね。
少し多めに塩をすり込んで、ガスコンロで好みに焼いて氷水に晒し、切り上げたものを皿に並べてラップして冷蔵庫でキンキンに冷やかしときます。

「タレ」もですね~、ポン酢にタマネギとにんにくとショウガをすり下ろした物を混ぜて、これも冷蔵庫で冷たくしときます。

食べる直前に出して、冷た~いのをいただきます。
一人前かなりの量ですがね、アッという間ですね。

あとこれに、すった大和芋をかけて食べても美味しいです。
真夏で食欲も体力も落ちているときには重宝するメニューですよ。


で、先ほど録画しておいた『ウルルン』を観たのですが、また出てましたね。

PANDA研究所の韓広報部長
前の番組内ではPANDAの名前を聞かれて、知らないくせに知ったふりして勝手に名前つけてたのが見事にバレていましたが、
今回は、3歳半のPANDAの飼育係を1歳半のPANDAの飼育係だと勝手に紹介して、当の飼育係に叱られていました。
いいなー、あのゆるーい性格。

そして、PANDAの出産シーンに文字通り度肝抜きました。

ピョーンって飛び出るんですよ、赤ちゃんが。ママのアッコから。

ズルンって流れ落ちるようなあーゆーんじゃなくて、壁にもたれてリキんでた母PANDAから、上方に向かって放物線描いて飛び出してました。
エイリアンが飛んだみたいやった。
あんなに飛ばされて、落っこちて、生まれたてやのに大丈夫なん?と心配してしまうほど勢いありましたね。
スポンサーサイト
【2007/04/30 22:10 】 | 日々 | コメント(0) | トラックバック(0) |
・・・・・・・・・
8時福岡発の飛行機って、8:05発ANAですか?
もしそうだったなら、うちの設計屋も同じ飛行機乗ってたハズ。
いやたとえ違っていたとしても、福岡空港にいたんや・・・・・

くっそー、私も行けばよかった!

そして一言もの申す
控え室にはkenちゃんしかいなかったとでもゆーんかっ!

あ、hydeさんご衣装のほうかなりキバってはったそうですから、
これはあれですか?
花嫁さんのお着替えを控え室で待つ新郎ってとこですかね?

「sakura、今何処にいるの~? kenちゃん暇~」
「なんで? tetsuは?」
「なんや打ち合わせ~」
「yukihiroさんは?」
「練習~」
「hydeは?」
「ずっとお着替え~」
「ずっと?」
「誰かさんのせいでめっちゃキバってるよ」
「ふ~ん。 じゃhydeの着替え待ち、ギターの話でもしに行くよ」

ところでEinは最近本当に何しているのだろう・・・。


時間

控え室でヒラヒラ・クルクル回って一人ファッションショーのhydeさんを
hy馬鹿二人が鼻の下伸ばして拍手しながら観てましたとかならいいねvv


そして、PANDAはまた来週もあるのであった。
【2007/04/28 22:54 】 | sakuraさんとか | コメント(0) | トラックバック(0) |
えぐかった
今日は、設計屋が出張なのをいいことに映画を観に行ってました。
レディースデーだし。

で、何を観に行ってきたかというと、
20070425233651.jpg

コレです。

R-15です。
途中で中年のおっさんが二人リタイアしました。

そして、あちらさんには中国文化と日本の文化の違いがはっきりしてないのですね。

いえ、大変面白かったです。
私はこのシリーズ、映画も観、原作も読んでいます。

そう、ハンニバル・レクター大好きです。

『羊たちの沈黙』のレクター博士の不気味さに勝るものは、他の2作にはあまり感じられませんでしたが(ご本家が演じているのに)、こちらはレクター役のギャスパー・ウリエルがとても妖演しています。

彼の演じるレクターでもう1作くらい観たいなと思っていたら、トマス・ハリスの構想では、ハンニバルが日本にやってくる次回作もあるとパンフにありました。

楽しみです。
【2007/04/26 00:04 】 | 音楽とか映画とか | コメント(0) | トラックバック(0) |
世の中は復活が流行っている
なんだかね、復活の文字がやたら目立つこの頃です。

POLICEもね、デランジェとかね。
そんで『北斗の拳』なんか驚いたことに、「ラオウ昇魂式」まであったんですからね。
『ゲゲゲの鬼太郎』とかね。公式サイト、凝っていてべっくりですよ。
『ドラゴンボール』や『タイムボカン』も。

タイムリーに楽しんでいたものばかりが復活なんですよ。
要するに、同世代のおっさん・おばちゃんが元気なわけです。
バブル世代が提供されていた側から、提供する側になったんですね。
自分が欲しいもんを同世代に提供してるだけなんです。

そして、金と暇が適当にあるから提供すれば買ってくれるんです。

おまけにこの世代華やかなことをするのが好きなんですよ。

「ラオウ昇魂式」なんてきっと、「力石の葬儀」に感動していた奴が思い立ったに違いない!!


んでさー、ペーパークラフトなんですが、
ペーパークラフトの出来がどれほどのものかにも依りますがね、
最初から4枚組んでおいたほうが売れるよね?
それか1枚売りの他に2枚組みにしとくとか。
「ケンハイ」「テツハイ」「ユキハイ」「ユキケン」「ユキテツ」
「ケンテツ」「サクハイ」

ハイ、今オチ見えてましたね。
【2007/04/24 23:10 】 | 音楽とか映画とか | コメント(0) | トラックバック(0) |
自分のケツを預けるもの
こう書くと、私のことだからまた下品な内容だと思われるでしょう。
違います! 失礼な!
いえ、悪いのは私です。

で、何かと言いますと椅子の話です。

そして、この本(本というより写真集のような)の紹介。

美しい椅子―北欧4人の名匠のデザイン 美しい椅子―北欧4人の名匠のデザイン
島崎 信、生活デザインミュージアム 他 (2003/11)
〓出版社



買い忘れて書店に問い合わせた時には既に売り切れ。
こちらでもなかなか在庫が出ず、先日やっと出たと思ったら定価¥680のところ¥1380もしました。
なのに、私が買ったすぐ後に¥800くらいで出てるじゃないか!
『美しい椅子』シリーズで1~5とありますが、そちらは常に在庫あり。でも、あまり興味を引く内容じゃありません。

椅子の名工は数多いらっしゃいますし、イタリアやフランスのデザイナーが設計した素晴らしい椅子もたくさんありますね。
しかし、私は北欧・デンマーク家具がしっとりとしていてとても好きです。
北欧家具デザイナーといえば、まさにこの本が取り上げている4人なのであります。

なかでも私はフィン・ユールのデザインが大好き。

これについてはまた後日、キモい日記を書きましょう。


で、先日、高山の職人さんが私がフィン・ユールが好きだというのを聞いて、『フィン・ユールの椅子、図録ポスター』を送ってくれました。
これはフィン・ユールの生誕100にあたる2012年に、ライセンス契約を交わした上でそのデザインの復刻をしているキタニが、その敷地内にフィン・ユール邸を復元するプロジェクト用に製作されたものです。

フィン・ユールの椅子はその殆どが博物館の中。
本物に座ることはおろか、触れることさえできません。
ましてやニールス・ポッター製作の物など論外。

しかし、株式会社キタニの復刻版ならなんとか・・・・・

何てったって自分のケツ預けるものなんやからなっ!

しかし、カタログ見て絶句。
自分のケツにこれだけの出資はまだできない。
かくして、ケツに負担をかけぬよう、普通の事務的作業をこなすのに適正な性能を発揮するだけに留まった椅子に座りながら、写真集やら図録を漁り、彼の椅子の座り心地を想像する日々なのである。
【2007/04/20 23:03 】 | 会報・書籍・雑誌 | コメント(0) | トラックバック(0) |
今度は三重
ちょっとマジに焦りました。
三重県といえばモロ現場なんです。
しかも瓦葺いたばっかり。

お昼ご飯食べ終わってニュース見ていたら『地震情報』
『三重県震度5弱』

もう設計屋と青くなって速攻に電話でしたね。
建築中の建物で絶対に遭いたくないのが、「台風」と「地震」です。
もちろん「火災」なども入りますが、こちらは人災のほうですからね。

「地震あったでしょ? 大丈夫だった?」
「はぁ、自分地下におりまして、あ~揺れとるなぁ思って上にあがったんですけど、大丈夫でしたわ」

後の情報で現場市内は震度3と判明。
昼休み中だったのもよかった。
揺れて職人さんが上から落ちたなんてことになったら大変ですからね。

しかし、亀山市のほうは大変な被害が出たようで。
本当に、最近大きな揺れが多いですね。心配です。


さて、なんだかんだ先週末は忙しくてこちらも更新できませんでしたが、なんかいろいろあり、取りあえず一言ずつ。


イチローやっぱすごいです。
負けても素敵なんて思えるのは、『彼がこのままですませるはずがない』と確信的に思える安心感から来るものなんでしょう。


PANDAです。REALPANDA
もうめっちゃ可愛い~~。やはりでかくならないPANDAを品種改良して欲しい。中国産業、ごっつ潤う思うんですけど。


パンクでハニー?
それ、単にてったんが歌いたかっただけなんちゃうの?


今度はブルーレイって?
その売れ行き見て今度のラニバ映像ブルレイも出すかどうか判断するんじゃ?


清水さん14日のミラクル
「kotaewa_pink_san」って、やること可愛いじゃん!


そして、はなちゃん、免許取得おめでとう!


>松井さん
真実の彼なんて分かるわけがないですよね。
だから楽しいんです。
本、頼んだんですね(笑)
【2007/04/16 23:42 】 | 日々 | コメント(0) | トラックバック(0) |
その真実とは?
麗しのコープランド様がドラムセット抱えて表紙だったので
思わず買ってしまった『Rhythm&Drums』

相変わらずの馬面ですけど、そこがまたいい。
そして非常にいい皺の入り具合。
断然今のほうがいい!

彼が取り溜めたフィルムを編集し、ドキュメンタリー・フィルムとして公開中(昨日まででしたね。観たかった)の『ポリス インサイド・アウト』についてのインタヴューで、大変面白かったです。

その中で一部抜粋
“ポリスの真実”という意味では、メンバーのどういう素顔を見せたかったですか?

そうだね、世の中にはフォトジェニックな人がいる。
実物よりも写真や映像の中の姿のほうがイキイキしているとか、ステージ上ではカリスマ性とオーラを発揮するけれど、普段はとても静かだとか。
スティングはそういうタイプの人間だ。
どんな写真も映像もインタヴューも彼の本当の姿をとらえることはできない。彼が心の奥底で考えていることを語ることはない。
人々が彼にどんなイメージを抱いているか知らないが、彼は社交的でなはいしオープンでもない。
すごくシャイでミステリアスな男だ。
彼の頭の中は、彼が書く美しい詩や音楽でしか知り得ないんだ。
スタジオでソファに座っている姿を僕が映像に納めても、それは彼の本当の姿ではないんだよ。
歌の中で知るしかないんだ。
  (『Rhythm&Drums 200704』P12より抜粋)

カメラのフィルターを通し、
少し温度の冷めた状態でスティングを見続けたコープランドのスティング像。
カメラの中の彼はただの映像でしかない。

LIVEの2時間だけがREAL、普段の日常生活はもやはアニメ。
確か以前、そんなことを言ってましたよね。
彼はその詩の中にこそ生きた存在として存在するというところか。

しかし、このコープランド様のスティング像。
私が持っているHYDE像にみごとに被っている。



あ、んなこと書いていたらLionさんのオフィが更新。
5月31日(木) 大阪MUSE
行けるかってーのっ!

清水さんの日記
行ったんですね? 観たんですね? いいなぁ。
でもLady's Dayだったんですね。
・・・・・・・毎回この人のオチは「サイコーダー。。」

そしてはなちゃんの日記
『普通自動車運転免許』取得までの道のりが
何やらひとつの歌でもできるような調子で綴られています(笑)
【2007/04/14 00:10 】 | 会報・書籍・雑誌 | コメント(1) | トラックバック(0) |
このままじゃ終わらない
酔いましたよ。
「怪物対イチロー」

大リーグの個人対決でここまでスポット当たるのって珍しいというか、なかったんじゃないですか?
もちろんrealでは観戦できませんので、夜のスポーツニュース番組のダイジェスト版にかじりついていたわけですけど。

結果4打数無安打。
かつて「王ジャパン」を優勝に導いたMVPとチームリーダー。

「俺が大輔の何かを覚醒させる存在にならなくてはと思っていた」
なので、そういう意味ではストレスを感じていたらしいですね。

「僕自身はその場(メディア合戦)にいた自分の事が好き。 でもそこで結果が出せない自分のことが大嫌い」
あくまでもナルシス&ストイックです。

そしてイチローファンの私が更に参った彼の一言はコレ。

「俺がこのざまじゃね! ハハッ!」

潔い。
本物は負けても素敵である。


レス~

>Tちゃん
粋なコメントはTちゃんでしたね! すみませんでした。
で、雨が降らなかった効果はどうでした?

>real松井さん
とんでもない経験しちゃいましたね。
いや~、私もそういうのじゃ結構引けを取りませんよ。

そんな貴女にお勧めの一冊
裁判長!ここは懲役4年でどうすか 裁判長!ここは懲役4年でどうすか
北尾 トロ (2006/07)
文藝春秋


何も考えずにナナメ読みでいっても充分楽しめます。
多分3時間くらいで読めちゃいますよ。
ナマの裁判ほどrealで面白いものはありません。
もちろん面白いものばかりではないですけどね。
「人間の馬鹿さ加減」をご堪能あれ。
世の中こんな阿呆なことに満ちあふれ、しかもそれが裁判で真面目(?)に取りざたされているのかと思うと、真剣に悩んで落ち込んでいるのが馬鹿馬鹿しくなります。

あ、そーいえば「怪物対ゴジラ」ローテンションどおりでいくと今月27日になるそうです。
【2007/04/13 10:02 】 | 日々 | コメント(1) | トラックバック(0) |
かぼちゃクイズの答え
DEISTさんの反応がすんごいですね。
よけーなお世話じゃって感じですがね。

私はとある雑誌でお相手さんのピアスだらけの半裸身を見ちゃって、
思わず「イテテテテー」と雑誌投げた挙げ句、
多分そこで免疫がついたのでそーでもないです。

タトゥーだって彫ったのはあ~んな可愛い代物だったわけだし、hyさんのことだから何やっても可愛く納まるよ。

イタタタタ。

それよりも今後LIVEで

見て見て俺の乳首ピアス

って、脱いでくれることに期待!
ちゅーかね、彼はきっと「これでひとつネタができた」と思っているに違いない。
あぁ、さっき↓で「期待することがそもそも間違い」だなんて言っておいてね。
【2007/04/11 22:31 】 | HYDE | コメント(0) | トラックバック(0) |
地球よ早くまわらないでくれ
5枚組が全然ご開帳できませんね。
箱からは出しましたけど、透明の袋からは出てません。
どれから観ようかとか迷ってる間に観ろって感じですが、
気分的には『REALIVE』から観たいと思っています。

ボンテージで目の下真っ黒で巷で賛否両論のREALhydeさんですが、
私にはアレがとっても可愛く見えて仕方ありません。

だって、あの白いモコモコ着て真っ黒なのがまるでパンダみたいで。
そんで、ちょっとモチっとしてるところがとても美味しそうです。

柵にデローンってよっかっかってる姿なんか

REALPANDAですよ。

そんなんで、14日の「アイーン」のおっさんがやってる番組が大変楽しみなのである。


>松井さん
そもそもラルさんに何かを期待することがそもそも間違ってると思いましょう。
与えられたものをありがたく頂戴する気持ちで常にいればヘタれません。

>Tちゃん
近くて遠い。この言葉がこんなに実感できるなんて、生まれて初めてかもしれない。
【2007/04/11 22:10 】 | HYDE | コメント(0) | トラックバック(0) |
S.Hのhyさん
やっとMステを見直す時間が取れたので、本日は先ほどまで5回ほど観ていたんですが、
以前、某所で言ってとっても不評を買った発言をもう一度言わせていただきます。

やっぱりhyさんのあの動きはビートだよ!

今回に至っては、「Running up to heaven, Yeah!」の部分。
そして最後の「wo~ wo~」って吠えてるとことか。

なんかビートが歌ってるみたいやないですか?

あの「あ、よいよいよいよい」ってかんじの手振りとい、腰振りといいね!

でも、大口開けてシャウトしてる横顔の口元(細かいよ)
は暴威様。ここは譲れません。


だけど、hyさんは
最上階の天国に登りつめるまでa minute thirty oneでOK!

なんですか?
あ、そーゆー意味じゃない?
いやいや、ヒントは無いんですね(笑)


>Tちゃん
はっきり言ったね。「似合わない」って。
男は眼鏡をかけると三度(男前が)上がるっていうのにねー(笑)
【2007/04/08 22:52 】 | ラルクあれこれ | コメント(1) | トラックバック(0) |
会報誌
『POP JAM』ステージ衣装 

てったんとhyさんはやっぱり『重ね着大賞』だ。
そして、てったんの私服姿に驚く。 これ、町中歩いていたらすんごいうさんくさい。

『Can't stop believingインタヴュー』

そうですね、実際「なぜこの時期にソロなの? てったんらしくないやん?」と思っていましたが・・・・・無駄玉は打ちたくない・タイアップが決まったから→GOっての、らしいね。うん。

でも、この曲はストック中一押しでなく5、6番目云々というくだり、SHIKANOさんがノらせようとしてもなかなかノってくれない辺り、hyさんの「teっちゃんは飼い慣らせない感じだからオオカミ」っていうのに納得。
しかし、このてったんは上瞼もすっきりとして、とっても可愛いですね。

極寒の中、スタッフを気遣いながらのPV撮影。確かにPVでてったんの吐く息が白いのを見て「わー、寒そう」と思いましたが、その上に風を受けながらの撮影とは! お疲れさまでした。
“ちゃんとストップビールビン”は、ワイン派の私にはとっても惹かれる一品ですよ。

『クエスチョンズ・フロム・ルゥシエル』
昨日書いたように、チューには参りました。ネズミにはご不満だと。もっとカッコいいのがいいというところにも参りました。
そして、使用してるシャンプーやらコンデショナーがとってもいいものだからなんでしょうかね? 髪の毛伸びるのがギネスものなほど早いというのは。ギネスにそんな記録ってあるのか?載せてみたらどーだろうか?その場合、何を基準に誰が計るのだろうか?


天嘉
「hydeもうちょっと待機ね」
「うん」
こんとこだけ何度も何度も何度も読み返しましたよ!
自分キモいです。
こんだけのことで妄想スパークです!
「待機ね」のこの「ね」が「ね」が(*´∀`*)

それに素直に「うん」ってーのがまた(*´∀`*)

本当に毎回、最後にかっさらっていくなぁ。


ご意見箱

やはりね、てったんはリーダーだなと思うわけですよ。
いえ、お答えしたのがてったんだっただけで、他のメンバーでもきっと同じ解答だったとおもいますけどね。
プレミアムシートの件についは、つまりぶっちゃけ『3万出しても高くないと思ってくれるファン』が座ってくれればいいということですかね?そして、制作側としてはそれに見合ったライヴを提供していくと。
正論だと思います。が、チケット取れなくて3万払う人もいるよね、多分。まぁ、その場合も、『3万払ってでもライヴに行きたい』ということになるのだと思いますが。
そして、観やすくステージに近いからというのは納得できるけど、音響的に聴きやすい席だから3万払うわって人はいないだろうな。


開運見聞録

宿命的に奥様の相は出てますけど、無理にする必要はないって、なんだ? 微妙だな。 宿命なのに無理するなって。安心どころか逆に心配ですよ。


kenハマ

鼻の穴にフレームをつっこむkenちゃん。
さっきまで鼻毛をヘアフォーライフにしたんだと思っていた。
ボーボボの鼻毛真拳みたいだとか、くだらないこと考えてました。
で、kenちゃんはあんまりフレームが強調されるのは似合わないなぁと思いましたが、どーでしょう?


3分ユッキング

ゆきさんの慎重で譲らない性格が如実に出てます。
生もの扱いだから余計ですけど。
私も「コキンメフクロウ」なら飼ってみたいと思ったんですけど、「冷凍ネズミ」で萎えました。
っつっとフェレットかなぁ?
初めて泊まった家で翌朝、ベッドの端から毛布の下をくぐって何かが近づいてくる。
「な・何? コレ? 何?」
その動きがとてもね、ほら、エイリアンの幼態みたいだったんですよ、大人サイズだったから細長くて。
悲鳴を上げそうになったときに、ひょっこり顔を出したのがまさしくフェレットでした。
まだ日本にペットとして定着していなかった20年ほど前の話で、「何、この動物? イタチ?」とか思っていた。


日記

毛皮のhyさん見るといつも思う。
寒がりなのか? 雪国好きなくせに致命傷じゃん?

サクラさんは毎年、その時期になると泣きそうな声で電話するんや。
hyさんもやっぱきたか~って心積もりは毎年あるんすね?
しかも、hydeは絶対断れないとサクラさんが踏んで電話してくること承知!

この二人の関係に萌えない人がいるんだろーかっ!!!


>松井さん
Mステのhyさん。
私はどーにも暴威様と被ってしかたなかったです。
ジャックにもかぶったけどね。





【2007/04/08 00:01 】 | ラルクあれこれ | コメント(1) | トラックバック(0) |
サクラ・・櫻・・サクラ
って、あんたはもーーーー!
ですよ。

えっとですね、また新聞が読めなくなりました。
さっぱり原因が分かりません。
だって昨日は読めたんですよ?
エクスプローラーでも。

素直に6にするべき?
もう面倒なんです。ウイルスバスター入ってるし。
ざっと昨日は読んだので・・・・・

で、目玉クリクリのブリッコショットもどんぐりもデッサンする真剣な顔もハグもそれなりに顔の筋肉が溶けて、

腰振りもお手手万歳も眼帯も剥いた目ん玉もガツンとやられて、

あちらこちらで見られるサクラの文字にも悶えて、

くぅちゃんのバックで髪の毛サッラサラな黒い男前には、画面にへばりついて食い入るように見て大騒ぎだったんですけど、

それら全ての萌を一瞬にかっさらったのは

「俺はねずみか~、
もうちょっとカッコいいのにしほしいでチュー

ですた。
鼻血吹くかと思いました。
もう勘弁してほしいこのおっさん・・・・
【2007/04/07 00:46 】 | HYDE | コメント(1) | トラックバック(0) |
新聞閲覧できました
事務局からのメールで『ブラウザのキャッシュ』とかゆーのをまずやってみました。
変化なし。

「これで変化がなかったら原因が多岐に渡る場合もありますので、専
用ビューワ開発元のFAQページをご案内いたします」

そこに案内されている対策を1個っつやっていくわけですよ。
全部やってみたんですけど、変化なし。

真っ青です。
私はこれで一生新聞読めないの~(そんなこたぁない)

最後に「ビューワが正しくインストールされているか確認する」
というのが残ってたんですけど、今まで閲覧できていたんだから
まさかそれはないだろうとやらなかったんです。

でも、もしかして・・・・・・
確認する。
・・・・・・あれ? ないよ?

正しくインストールされているか確認するどころかインストールされてませんでした

というわけで無事に閲覧可能状態になったわけです。
なんだったんだろう?
なんかきっとまた見落としたにちがいない。

そんなことやっていたらもうじっくり読む時間なんてなくなったので、
パラパラめくって、「おわぁ!」とか「なんじゃこのブリアングル!」とか「だぁ~あ~・・・」とか不思議な擬音を出し続け、ピタリと手が止まる。

お絵かきするhyde
勝った!

そりゃね、人物画とか油絵とか全然知識皆無ですよ。
でもね、建造物です。しかも神社仏閣。
周りにゴロゴロ建っていたわけですよ。
もちろんよく描いたりもしていたわけですよ。

写真みながら同じもの描いてみました。
訂正します。
勝てるだろうと思っただけでした!

あ~、やっぱり設計屋のラフ画に線入れて完成させてるだけじゃダメですね。
ラフ画だってかなりラフなのに。
昔はよく描いたんですけど。描いてないとだめですね。
自分で納得いくもの描けれないんですよ。


それで、その設計屋の設計した建物が、この度某市の『都市景観大賞』
を受賞しました。
や~、よかった、よかった。

この間の、ネズミ王国への入国許可&宿泊許可はそのお手伝いの報酬だったりする。
私がネズミ王国で遊んでいた時、設計屋は授賞式だったわけで、
実は授賞式に出席する気満々だった私(着物も新調するつもりだった)は、裏を返せば体よく追っ払われていたわけです。
ヲタ友まで呼ばれて。
うーん、微妙。

というわけで、新聞の感想なんかは明日にでも。


>M井さん
『裏技使い作品リスト』って何ですかー?
あ、ダイジョブだと思います。
新聞はそんなわけで、エクスプローラーのヴァージョンとか以前の問題でした。
【2007/04/06 00:29 】 | HYDE | コメント(0) | トラックバック(0) |
桜と櫻
はなちゃんは「桜」で
清水さんは「櫻」なんですね。

しかも清水さん、「夜櫻・・・・・なぜこんなにも魅せられるんでしょう。」
だって。
いえ、別に深読みしてるわけじゃないですから。

それから30日の「大好きなバンド」って「POLICE」のことだったんですねぇ。
写真に何が写っているのか全然分からずに、
先ほど何だろう?と見ていて「パトカー」の写真だと気づきました。
パトカーにPOLICEって描いてあった(笑)

2月に来日決定なんやっ!

そういえば、私がネズミ王国をウロついていた4月1日は、
PANKSPRING@幕張メッセが行われていたんだ。
スチュアートがDJしてたんだっけ?

「ワシ、京都くんだりからここまで来るんなら幕張行きたい」

そんなこと呟いて、奥さんに睨まれていたな(哀)


>松井さん
確かに☆さん美形の部類です。
そんでもってかなりのナルちゃんですよね?
私その暴威様特集買い忘れてたんですけど、まだあるのかなぁ?
【2007/04/03 01:08 】 | sakuraさんとか | コメント(2) | トラックバック(0) |
さすが師匠と思った瞬間
ネズミ王国で白雪姫を発見し、
「白塗り姫さん! 白塗り姫さーーん!!」(←無意識)
と、叫びながら追いかけた時。

ちなみに、他のプリンセスは区別がつかなかったようで、全員
「お姫さーーん!!!」
であった。


ビッグサンダーマウンテンに乗り、徐々に高位を増していく間中、
「もうやめて、もうやめて、たんま、たんま」と言い続け(←高所恐怖症)
急降下で、「わーー、あかんーー!!」と叫び、
カーブになると「死ぬー! うそやー! もうやめてー!」と、なんかヤバイビデオの台詞みたいなのを発し続け、
走行中にもかかわらず前に座っている奥さんと子供に、

「あんた、五月蠅い! みんなに迷惑やっ! 恥ずかしいわっ! エー加減にしてっ!」
と振り向きながら叱られてた時。(子供は写真撮っていた)


分かる人にしか分からないネタで申し訳ないのですが、
東京駅にお見送りに行き、プラットホームでなぜか身構えるヲタ
そして、700系が滑り込んできた瞬間、

「来いっ! デンライナー!」
「俺は最初っから最後までクライマックスだぜっ!」
「俺、参上!」
(今回のライダーネタです)

奥さんはビビル私を後目にいつもの調子で話しかけ、
子供が人目もはばからずポーズを決めてる新幹線バックの父親の姿を写真に撮っていた時。


20070402174320.jpg

ただいま~です。
デザートで食べたケーキ。ストロベリームース。美味しかったです。
【2007/04/03 00:57 】 | ヲタ | コメント(2) | トラックバック(0) |
ヲタ友来る
京都の友人が家族で来てます。
そしてこちらのパパさんは、戦隊ヲタであり、ウルトラヲタであり、ヘヴィメタヲタであり、私の師匠です。
彼はそのフォルムから、中に入っているスーツアクターが誰かを見分けることができます。
ウルトラの歴史を夜通し語ることができます。
携帯ストラップは「ライダーベルト」です。

そして、再会した開口一番の台詞は

なんでラルクやねん?

答えに詰まった私は取りあえず、かつて彼と行ったライブなんぞに話を咲かせてみました。

アル中(ヤク中?)だったマイケル・シェンカーがいかに素晴らしかったかとか(でも中野ではただのアル中だったとか)
最近のLOUDNESS(ラウドネス)は・・・・・・もうええと思ったとか。
メタリカはクリフの死とともにその音も封印したのだとか。

だんだん独壇場状態になってくる。おー、いいぞいいぞ。

「あ、お茶入れ替えましょう(彼は酒は呑まない)」
「あー、悪いね。で、なんでラルクやねん?
「チッ」

「・・・・・・・ラルクのリーダーなんかね、あのデッドエンドのモーリーとコラボったりしたんですよ」
「え? デッドエンドってあのDEAD END? ふ~~~~ん」

納得したんだか分からないが、その後この質問は彼の口から出なかったです。
しかし、私は非常にお茶を濁した感じです。

それからは、ポリスの再結成に話が飛び、本当に日本に来るのか? アメリカではチケットが瞬殺だったらしいで、3~5万で売られてるらしいけどな、こっちじゃもっといくやろな、チケ取りどないすんねん? 参加すんにゃろ?どーせ、東京と大阪しかけーへんやろ? などなど。 
チケ争奪戦の時は会社のパソを総動員するらしいです。
一応、頼んでおきましたが、取れないでしょうねぇ。

そんなパパさん一家と本日、ネズミーランドに行ってきます。
「こんな歳になってなんでワシがミッキーさんに会わんとあかのや!」
「同感同感」
とか言いながら、実際ミッキーさんを発見し、

「オー、ミッキーさーん! ちょっと待ってぇーなー!!!
 子供と写真撮ったってぇーなぁーーーーー!!!!!!」


と、大騒ぎするのは毎回我々です。

そして、そんな彼はどっかの誰かと同じ呉服屋の次男坊だったりする。
行って参ります。
【2007/04/01 01:15 】 | ヲタ | コメント(1) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。