スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
天×背行ってきました
天背に行ってきました。28日に。
いつもお世話になっているkazueさん、eikoちゃん、そして遠路はるばるにゃごや近郊からのせいらさんとご一緒してきました。
幕開け前日にせいらさんが、ワンコ抱えたまますっ転んで左足首捻挫というオプション付き。
kazueさんは前回訪れた際にメガネを会場に忘れて、
100均の眼鏡を掛けてるのに100均眼鏡に見えないというセレブぶり。
eikoちゃんは天背後のランチを一緒にしたんだけど、相変わらずいろんな情報やら会話が豊富で楽しかったです。



天背2
当日のカードはこちらでした。
これはどういう状況ですか?

私にとって天野さんはFFよりもやっぱりタツノコ。タツノコ世代ですから。
でもガッチャマンやハッチ・キャシャーンetc.の絵柄からはかけ離れていて、ポカーン。
なので漫研畑だったせいらさんや、絵師のkazueちゃんたちとはかなり視点がズレていたんじゃないかと。
せいらさんが「この絵をみると○○さんの絵を思い出すわ~~」とか言ってくれても、○○さん、誰それ?だったし、
kazueちゃんが7頭竜に感動していても「ドラゴンボール?」とか、
「このハイド、フリーザ柄だ」なんてことを思っていたり。

天背のコンセプト、世界観が入り口で紹介されていたのですけど(Switchにも掲載されてるそうですが)、そこでもうなんかちょっと天野さんの脳内がアレすぎてアレでした。
初っ端で身構えてしまいました。
そしてハイタンと同じ匂いを天野さんに感じました。

もちろん原画はどれも素晴らしかったです。
なんでダンボールに描いたの?とか分からないところも多々ありましたけど。

水墨画のようなブース。
生まれてから7人の僧侶?にその生が天使か悪魔かに審判されるというような話が並んでるコーナー。
勝手に生んでおいて勝手にそんなことまで決めるなよな~と思いながら観ていくうちに、
あまりの厨っぷりに腕にさぶいぼ出ちゃいました。
最初の説明の他なんの解説もなく水墨画が続いていく中で、そんな話を組み立てる自分がこれは厨なのか?
いろんな感情が渦巻いてちょっと息切れしました。
ヤヴァイ、アカンと思いながら、脳裏に浮かぶのはあのぷっくりくまたんみたいな、
ハイタンの横にならんでちょと鼻の下伸びてる天野さんの笑顔。
あの人(くまたん)がコレを描いたの?
魂が抜けそうでした。


アクリル板に描かれた作品はカラフルなものが多く、アニメチックで受け入れ安い感じがしました。
1点、おパンツ丸見えな女子が描かれてましたけど・・・・・・
kazueちゃんが、「天野さんの頭の中で本当はハイドってこう見えてるというのに一番近いものなんじゃない?」と。
えーーーーー!! 天野さんって偉大だ、やっぱり天才だ(わっかんねーわ!)と思いました。
アクリル板は透明なので照明が当たって作品の影が後ろに落ちるんですが、影も作品のような雰囲気が出てました。

金属板を削って描かれた作品が2点ほどあり、こちらはHYDEさんの顔の半分が髑髏のものがありましたけど、
骸骨じゃないほうの半顔の髪の生え際が写真みたいで、結構見飽きずに見てましたね。


・・・・・・・棺桶HYDEとかお人形のHYDEは・・・・・なんでだろう?
リアルにしようとすればするほど本人とかけ離れていくのだけど、なぜ?
私の目がおかしいのか? 本当はHYDEってこう見えているのか?
それとも人形に彼を写し取ろとすることが間違いだという、
何故か二次元だと再現可能な彼独自の黄金比率でもあるのか?

棺桶HYDEの周囲にはライブ中のHYDEさんを描いた作品があって、「あぁ、こんな表情するね~」、「こんなイメージあるある」といったものが沢山ありました。

あと、宙ぶらりんの黒HYDEとまっちろ羽HYDE。
天背4 天背5

これはHYDEじゃないけど、こういう顔した人はいっぱいいるよね。
黒いほうの髑髏の甲冑みたいなものしていたんですね。プリントだと思ってました。
白い方はkazueちゃんが教えてくれたんですけど、お帽子のレースとか可愛すぎて、HYDEさんだから許せるけどこれを実際同年代の男性に着せたら良俗違反の域。
つくづく、HYDEって希少生物なのね。

本日最終日、31日の撮影可能な大作
https://twitter.com/amanoxhyde/status/373388319096193024/photo/1
戦場に龍と共に降り立っているHYDEですが、その右上にドット柄の腰布巻いた骸骨が飛んでいて、
「こんなところにてったんが!」とか、
頭に「神」と書かれた布巻いて飛んでる髑髏は「ゆっきーもいたね」と、アホな事言って盛り上がったりもしました。
隠れキャラは、FFのモーグリとハッチは見つけることができました。他にもあったんですかね?
楽しかったな。周囲には迷惑だったかも・・・・・すみません。


天背1
あの数の原画をあんな間近で自由に観られるなんてことは(しかもそれほどのセキュリティーもなく)
あり得ないと思いました。
天野先生ありがとうございます。



天背3
最後にみんなでランチタイム。
せいらさんが来てくれたからこうしてみんなと会うこともできました。
また会いましょうね~。
スポンサーサイト
【2013/08/31 10:05 】 | HYDE | コメント(10) | トラックバック(0) |
見えないないものに触れるhyde
『HEART』以前のアルバムや『ark』・『ray』を聴くと、同じイメージが浮かぶ曲があります。

真っ暗な部屋に一人でいるhydeの目の前にシャボン玉が浮かんでいて、
シャボン玉には僅かに虹色の油膜が見え、そのほかはhydeさんも含め全てがモノクロ。
hydeさんはそのシャボン玉を恐る恐る掴もうとして、
でも触れた瞬間にシャボン玉はパチンと消えてしまいます。
開いた掌には何も残っていません。
そして気づくと、また新しいシャボン玉が目の前には浮かんでいる。
掴んでは壊し、壊しては掴む。
そんなイメージ。


ところがこれが『REAL』や『SMILE』になると、
自ら駆け寄って拳を振り上げ、叩き割っているイメージを持つ曲が多くなります。
何かに当たるまでぶち壊して回っている感じです。
でも掴んだ拳の中は空。


そしてそれからの『AWAKE』、『KISS』、『BUTTERFLY』では、
シャボン玉を壊して握りしめていた拳の中がほどよくあたたまって、
その拳を開いて中身を見せてくれているようなイメージです。
そこに私たちは、自らもが培ったモノを同時に見ているように思うのです。
実は掌の中はずっと空ではなかったのです。



見えるものは見えないものにさわっている。
  聞こえるものは聞こえないものにさわっている。
それならば、考えられるものは考えられないものにさわっているはずだ。


200年近く前に20代で早世したドイツの詩人、ノヴァーリスという人の言葉です。
ノヴァーリスの言葉を引用した大岡 信が分かりやすい解説をしてくれています。

われわれが考えることのできるものの世界は、限られていてささやかである。
しかしその考えられるものが考えられないものに、じかにさわっているということは、
有限なるもの、ささやかなるものが、じかに無限なものにさわっているということである。



ささやかなもの、そこにあるのに儚くて壊れやすいモノに沢山触れてきたhyde。
けれどその掌の中には無限な世界が広がりつつあります。
日本人は余韻や余白という音楽以外の音を聴ける民族だそうです。
特にhydeさんやラルクの曲には、日本人が古来より愛でる花鳥風月の音楽版のような曲が多く、
それに伴った詞もまた、その行間に見えない想いを感じるものがたくさんあります。
何年経ってもハッとさせられる発見があって退屈しません。
そしてその時の感動は宝物です。


この一年も私たちに見えないものを見させてください。
お誕生日、おめでとうございます。
(間に合ってよかった)


【2013/01/29 23:52 】 | HYDE | コメント(4) | トラックバック(0) |
yasu君×DAIGO君×神(降臨)

昨晩はABCとBREAKERZの5周年記念ライヴに神が降臨してTL大騒ぎでした。
今朝もめざまし・ZIP!とあっちこっち忙しかった。
お陰でお弁当できるのがギリギリでした。

69の様子がどうだったのかなぁ?と思ってツイッター覗いたら、神降臨のTLで溢れかえってました。

その中であんちょママさんが
「新しい形のライヴだったね。斬新。交互に来るとは思わなかった。
構成的には良かったと思う。あっきーがABCにも加わっての三弦ゆーのかな?贅沢だったし、
10人での演奏やyasuとDAIGOのハモりも普通のライヴでは見られないしね。」

なんてツイートしてくれていて、これでなんかこのライヴの特別感がグワ~~~っと迫ってきました。
それからeriさんが、「69を身体で説明しようとするAKI様」を流してくれたり・・・・・・
いやいや、1日だけだなんて勿体なさすぎる~。
いや、一日だけだったから尚更特別なライヴだったのですね。
行かれた方、お疲れ様でした。

朝に流された内容を観た時には、hydeさんがゲストでステージに上がるのは台本どおり
というイメージを受けたんですけれど、
DAIGO君ブログ
DAIGO君のブログを読んだ限りでは本当に無茶振りだったのかな?
いや、DAIGO君が賢さ発揮したのかな?
そしてyasu君の言葉が男前すぎて惚れます!
エエ男やyasu君!



ということで、昨日のめざましやらZIP!を既に職人さんたちが上げてくれているのですけれど、
ほとんどはいたんが持ってったよね。
まぁ、自分用の記録も兼ねてめざましもZIP!も一緒くたにしてありますが、
よろしかったら。


691.jpg
ABCとBREAKERZが5周年で夢のコラボ!

692.jpg

696.jpg
デヴュー5周年を迎えたAcid Black Cherryと
BREAKERZのスペシャルライブが武道館で行われました

2つ合わせて Acid BREAKERZ Cherry~~!!

697.jpg


698.jpg


699.jpg
このライブはyasuさんとDAIGOさんが週5で
ご飯を食べに行くほどの仲良しということで実現!



6910.jpg
後半ではお互いの楽曲をコラボで披露する場面もありました
(カチューシャつけたDAIGO君が異様に嬉しそうであります)


6911.jpg
またアンコールでは記念写真を撮ったんですが・・・・


6912.jpg
あれyasuさん! まさかの神が写りこんじゃってますよ!
おいっ!

6913.jpg
写りこんじゃってるhyde。
この位置ではどうやっても写りこんじゃいます

6914.jpg
やばいっすよ!
hydeさんじゃないですか!

6915.jpg
ということでhydeさんがスペシャルゲストとして登場

6916.jpg
(確かに、ちょっともちっ子です)

6917.jpg
5周年ね、おめでとうございます!
あ、ありがとうございます。

6918.jpg
ありがとうございます!

6919.jpg
3組がステージで夢の共演
一夜限りの超スペシャルコラボライブで
集まった13000人の観客を大いに沸かせました


6920_20130111003834.jpg
(気になりました・・・・・)

6921.jpg
(で、マイクでDAIGO君のちくPに悪戯する情けない姿を・・・・)


6922.jpg
(しっかりくっきりしつこく撮されておまけに流されてましたが!)


6923.jpg
(最後はしっかり「black cherry」を流石の熱唱で〆でありました!
ヨカッタヨカッタ)

こんな感じでした~。


お返事

>kazueちゃん

新年のご挨拶、ありがとうございます。
遅くなりましたがこちらこそよろしくお願いいたします。
ポッポ事件!! 新幹線であの広場を見るたびに思い出すよ(笑)
何事もなく笑い話で済んでよかったわ!
kazueちゃんも新年からお孫さんがもう一人で賑やかになりそうだね。
お互いにハロウィンまでには自分のリズム取り戻したい~。
今年も思いっきり楽しもうね!


>う・・さん

新年のご挨拶が遅れまして申し訳ありません。

MSG、この終末には見たいと思っています。
女優と可愛子ちゃんが一度に両方見られるとは!
心して観ます。

私もじっくりと自分のことを見直したいと思っていますが・・・・・
誰かさんが動きだしたらそんな余裕も消し去るでしょうねぇ。
でも去年よりは一つ上に上がりたいです!
そして今年も人生楽しみます!
どうぞよろしくお願いいたします。

【2013/01/11 23:44 】 | HYDE | コメント(6) | トラックバック(0) |
MSG DVDのメデューサCMと六本木バナナボーイズの裏話
福島からただいま~。
納品は無事に済みました。で、先ほどまでじーちゃんちで打ち上げしてました。
なので録画してあったJCD・『六本木バナナボーイズ』今観たんですが、
MCGのライブDVDのCM、油断してぼ~~っとしてたらいきなりメデューサが現れてびっくりしました!
子供達の動きも止まってました(笑)

まぁ、こんな感じです。







DSC01570.jpg
伏し目がちから徐々に・・・・・



DSC01551.jpg
ジャキーンッ!


DSC01553.jpg
炎ドーンッ!


DSC01555.jpg
kenちゃんカメラ目線



DSC01556.jpg
テツハイ(違)



DSC01558.jpg

火花バチバチバチー
にゅーよーーく! 
にゅーよぉーーーく! 
にゅーよーーーく!
(ハイタン連呼)

花輪の虹が出てこなくて良かったです。
CNとっても格好良かった!!




DSC01566.jpg


DSC01569.jpg
番組内のDVD紹介では敬礼ハイタンとウィンクハイタンもありました(´∀`)



それと15日に早朝に放映された
『綾小路翔の六本木バナナボーイズ地上波進出SP ~氣志團万博2012 一気に見せます!』
という番組。
VAMPSさんも少し映ってました。


DSC01559.jpg
以前NEXT(でしたっけ?)で放映されたものとは、また少し違った映像でした。

DSC01560_20121216233954.jpg


DSC01561.jpg
有松さん、HYDEさん、K.A.Zさんが縦に並ぶ映像


DSC01562_20121216233955.jpg
HYDEさん、可愛かったです。


ここで翔さんが、氣志團万博の裏話を話してくれました。

翔さん:打ち上げでHYDEさんがね、最後まで残ってくれてて。
みんなで打ち上げ、中打の最後までいてくれたりとか、
そこでそれこそ金爆とGazettEが、HYDEさんの周りに寄り添うっていう。
日本のね、なんて言うんですか?
ああいう麗しい方たちが一気に大集結する瞬間を見たり・・・・・


まぁ、これだけだったんですけどね。
後輩に慕われてるHYDEさんの姿が伺えて嬉しいですよね、こういう話。


ということでした~。
あ、あとCDTVにはL'Arc〜en〜Cielの国立のライブ映像が流れてました(WOWOWさん提供)



【2012/12/17 00:07 】 | HYDE | コメント(4) | トラックバック(0) |
MUCCのニコ動でハイド兄さんがコメント
MUCCのニコ動でHYDEさんがコメントを贈っていました。
ほんとにコメントだけでしたが・・・・・

まだ全部観てないんですけれど、面白かった。
そしてMUCC ニューアルバム『シャングリラ』、いい感じですね!

m2_20121128092433.jpg
「MARRY YOU」は意外というか、びっくりというか、逹瑯君どうした?と始め思ったんですけど、
MUCCさんも皆さんそういうお年頃ですものねぇ。

YUKKE君はみんなが悪口を言っていないかずっとニコ生を監視していたらしいです。
逹瑯君が、「悪口なんて言わないよ!」というと、

「僕の「ピュアブラック」って曲が掛かったらみんなが「ひげ曲、ひげ曲」って!!!」
ご立腹してました。 おまけに、

ひげが見えないようにコンシーラー2本も使ってるんですよ!!

なんてことを言ったもんですから、その後のコメントには、
「ひげブラック」だの「コンシーラー」だの書かれて、
挙句にそれを書けばゆけたんがまたニコ動に現れるぞ!みたいなことになって・・・・・・・

爆笑だったんですけどね、ごめんね。


そんなんで、HYDEさんのコメントのところだけですけど起こしておきます。
よろしかったら。







逹瑯:もう~、なになになに、この曲が始まるとロクなことがないでしょ!

YUKKE:おっ! びっくりした~。 びっくりしないって決めたのにぃ~。

逹:「コメント」っていう・・・・・なんですかこれは? CD? DVD?
CDだかDVDだかわかりませんが、これ掛けろってこと?

Y:掛けろってことでしょ?

m6.jpg
逹:ナガシマー!! おーい、これ掛けといでぇ~。
これ掛けるとなにかコメントかなんか流れんの?

Y:どうなんでしょう?

逹:生じゃないコメントっていうパターンもあんの?

Y:わかんないですぜんぜん。 なんも聞いてないです。
SATOちもアレだよ。 ウンコメとかしていいんですからね。

m7.jpg
S:うん、ウンコメするよ! ウンコメ、ウンコメ。

逹:なんか投げやりだなぁ。流れんのかなコメント? 誰からのコメントだと思いますか、みなさん?
せーの!(dunchさん) dunchさんはまたないだろ!(この前がdunch君の生コメントでした)
サトシ?

Y:サトシ? あ、ギルガメッシュの左迅ですか。

逹:あんな奴からのコメント、こんなところで流しても・・・・・

Y:こんな尺を取ってねぇ。

逹:しょうがないだろ! ただでさえちょっと押してるんだから、そんなとこはカットだよ!
準備できた? じゃ、コメントよろしくお願いしま~す。 スイッチオン!

H:MUCCのみんな! そしてニコ動をご覧の皆さん、はいどですっ!
m5.jpg
逹瑯君、今日の合コンなくなってごめんね!


逹:はははは!

H:残念だけど。 あ~、ところで、MUCC体操ってなんなのかな?

逹:MUCC体操って・・・・

m8.jpg
H:今やれたりするのかな?


m9.jpg
逹:これは大変な奴です、おらの畑がよ~~・・・・・ みんな大変だよね?


H:ふ~~~ん ・・・・・・いいねっ!(棒読み) ミヤ君!

ミ:はいっ!

H:カニ歩きは今後も続けるのかな?

m10.jpg
ミ:カニ歩きって? アンガールズ的な・・・・・・

H:ちょっとどうかなぁ・・・・・・ YUKKE君!

逹:ちょっとどうかなぁ~って・・・・・

Y:はいっ!

H:前髪はぁ~・・・・・自分で切ってるのかな?


m11.jpg
Y:笑 前髪はぁ~、たまに伸びてくると自分できっ・・・・


H:じゃ、最後に、SATOち君!

S:はいっ! はい、はい?

H:う~~ん、特にないかな。


m12.jpg
S:・・・・・なんかあるでしょう~~?


H:さて、ついに明日、MUCCの2年ぶりのニューアルバム『シャングリラ』が発売ということで、
良かったね! おめでとう!


ありがとうございま~~~す!!

H:MUCCのいいところはそうだなぁ・・・・・
うちと違って仲良さそうなところがいいんじゃないかな?
そういうとこ大事だと思うよ!


逹:ブラック、ブラック。

H:ところで~、えっと、僕にとっての「シャングリラ」はですねぇ。
そうだなぁ、みんなが笑顔でいてくれればいいかなと。
ほんとそれだけだなっ!

m8.jpg
・・・・・・・・嘘!


逹:はっはははははは・・・・・・

H:酒池肉林かな? それだね!
そして、今回のMUCCのニューアルバムをいろんな方法で売る販売番組らしいんだけど、
是非、YUKKEの実演販売が観たいな!!
せっかくだから楽しく実演してね!


Y:・・・・・・実演。

H:それでは、最後まで頑張ってね!

・・・・・・・あっそうだ! ラルクは来月、NYのDVDが出るから、
そっちの方も是非買ってください。
そんな感じで、じゃ!はいどでした! さよなら!



・・・・・・・誰だよ、このコメント考えたの!ってくらい見事にはいどちゃん棒読みでした。

m13.jpg
逹:しっかり自分の宣伝入れてきましたけど。
はいど兄さんが・・・・・もう~~、もう・・・・・、こんだけ無茶振り。
だいぶ引っ掻き回していきましたから。
あのね、はいどさんもいろいろ本とか出して公表してきましたから、
これ、寶井兄さんが! はぁい、なんか引っ掻き回していきましたけども。




と、まぁ、HYDEさんのコメント絡みはこんな感じでした~。

【2012/11/28 09:50 】 | HYDE | コメント(4) | トラックバック(0) |
HIDEWAY
昨日からの高円寺の話題にことごとく乗り遅れました。
べべちゃんがゆるきゃら祭りでプロレスするってことより、
櫻さんがショーボートでプログレしたのを聴きたかったよ。
https://twitter.com/bakimos/status/244980948133875712/photo/1
https://twitter.com/sakurazawa/status/245093009220304896
しかもbakiさんって、これ・・・・・え?

そして今日は新宿。
すっごくよかったみたいですねぇ。
行きたかった。


最近の櫻さんには「縛り」というものを感じません。
あぁ、昔からあんまりそれは感じませんでしたけれど、
以前はそこから逃れるために精力的に活動していたような印象がありましたけれど、
今はそれを振り払う強さというか、安定感を感じます。
音楽をやっている人にとって理想的な環境にいらっしゃるようにも見えますね。
とても楽しそう。


「自由に縛られてる」と歌った人も今は楽しそうにやってますけど、
こちらに関しては私はなんとなくズレを感じています。

本当に今、やりたいことをやれているのかなと、ふと思ったり。
はいはい、余計なお世話。


「HIDEWAY」を歌うHYDEさんは、いつも自分のことを戒めてるようですね。

自分じゃなくてもうひとりの誰かが俯瞰で見てるという詞なんだけど、その人物も僕で
だから僕自身が僕を見て、僕に話しかけてるような感じになってる
僕はこうありたいなっていう、こうしなきゃいけないんじゃないかなとか、そういう感じの曲



楽しそうに歌っているHYDEさんを観るのは嬉しいですよね。
はしゃいで歌うことに全身使って、やりたいように表現していて、
歌うことの原点を追求しているようななVAMPSは野性的で感情的なんだけれど、
そこに思想があまり見えなくて、時々物足りなくなったりします。
VAMPSが目指しているのはそういう類のものではないと言われたらそれまでですけど。


私には悩んで苦しむHYDEが適度なスパイスで、美味しく感じるようです。

【2012/09/12 00:00 】 | HYDE | コメント(10) | トラックバック(0) |
ネタバレ 『BREAK OUT』 HYDEコメント(続き)
毎朝4:30起きなので、とある場所から0時になるとす~~~っと消える私です。

BREAK OUT、思っていたよりもはいたんコメント多くて面白かったです!
そしてなんと言ってもギルガメさんのヘタレ具合が最高!
あの特訓、野音となんか関係あるのかな?


ということで、ネタバレですからね~。


























やれんのか!? ギルガメッシュ!!
野音への道



br1.jpg
ギルガメッシュが日比谷野音でのライヴを成功させるために、
これまでに野音ライヴを成功させていた先輩アーティストから
野音成功の秘訣を伝授してもらおうというもの
・・・・・・・ということだそうです。


そして、世界的に活躍する大物アーティストからの応援コメントが始まりで、
ギルガメさんは過酷な試練に挑むことになったそうです。

7月某日に番組にその大物アーティストがギルガメを応援しているという情報が入り、
スタッフがその人物と接触し、メッセージビデオを預かるという始まりです。


br2.jpg
そして、ビデオを預かったスタッフがギルガメさんのところへ早速向かうのですが・・・・・
果たしてその大物アーティストとは?


まぁ、メッセージをもらいにスタジオで撮影中の大物アーティストを訪ねたスタッフが、
そのスタジオの扉を開けた瞬間の大物アーティストの猫のような警戒具合をご覧ください。



br3.jpg
下げていた両脚がぴょこんっ!と上がってこの表情ww
いつでも逃げれる状態ですね。
カメラマジガン見ですよ(笑)


br4.jpg
スタッフ陣の様子を伺うぬこ。
この後、誰だ?と口がつぶやきます



br5.jpg
HYDEさんからのコメントにギルガメさんも想定外です



今回野音LIVEの成功の秘訣を伝授してくれるのはHYDE!



br6.jpg
2008年にVAMPSを結成
HYDEは2回、日比谷野音のステージに立ち、


br8.jpg
VAMPSとしてもこれまでにUSJや富士急ハイランドで野外ステージを開催



br9.jpg
可愛いです・・・・・



また、アメリカ・アジア・ヨーロッパなど海外を含め、
現在まで200本以上のLIVEを行ってきた、まさにLIVEのエキスパートなのだ

そして、今年8月、愛知県蒲郡でVAMPS LIVE 2012 BEAST ON THE BEACH 4DAYSを開催
そんなHYDEからのメッセージをご覧ください



と、すみません。
ちょっと明日の旅行のレンタカー借りに行ってきます。
帰ったら続きupします。



帰宅しましたー。
ということで続きです。




br13.jpg
そんなHYDEからのメッセージをご覧ください


br10.jpg
ギルガメッシュのみんなお久しぶり。 HYDEです
10月に日比谷野音でのLIVEが決定したらいいですね
おめでとうございます
これまでで一番大きな会場ということで・・・・・





br14.jpg
まぁ、無理だと思うけど頑張ってね!



br11.jpg
え? 無理だと思ってる・・・・・


br12.jpg
SOLDにならないでしょ?
注:これは応援コメントです


br15.jpg
僕、番組観たんで(笑)
爽やかに笑ってるけど、番組観た上での結論語ってますからねこの人・・・・・



br16.jpg
なにぃ~~! HYDEが番組を観てるだって~!
これは緊張するぜぇ~!

因みに、左上はHYDEの似顔絵です




8月に野外LIVEを開催するHYDEから、野音での成功の秘訣を聞いてみると・・・・・


br24.jpg
やっぱ野外なんで・・・天気とかが、自然が照明になるとか、
演出に大きく関わってくるので、いろんなものを計算して
この時間帯やとどういう曲が合うやろ?


br17.jpg
そういう演出を自分なりにやっていくと、あの・・・・効果的




村上ジョージさんと言うことが違うな?
(問題発生 ギルガメさん混乱中)


br18.jpg
ステージがデカくなるからその分今までと・・・・・ね・・・・
同じことやってると、ちっちゃぁ~くまとまってしまうので、


br19.jpg
勢いが必要じゃないかと思いまぁ~す!


コメントは以上でした。
そしてギルガメさんは・・・・・・・


br20.jpg
ありがとうございます!
HYDEさんがせっかくメッセージをくれてるから、これでSOLDしなかったら



br21.jpg
HYDEさんの顔にドロを塗ることになるから
(HYDEを巻き込むなとも思ったり)

マジ頑張んぞオメーラ!!
なんてったって野外だし、ステージも広いから、
大きく動いた方がいいんじゃないかって言ってたけれども、
身体鍛えて野音に挑めばいいんじゃないか?


このはいたんのアドバイスを受け、体力づくりをすることになったようです。
しかし、体力づくりは一朝一夕ではなり得ませんからね~~~。

ということで、ギルガメさんは元WBA世界ミドル級王者の竹原慎二氏から、
直接ボクササイズやらフィットネスをサウナスーツを着ながらさせられるということになりました


br22.jpg
なんだコイツら化粧なんかしやがってという感じの竹原氏

50mを50本ダッシュ・ジムトレーニング等行い。
一番体力のない弐さんが足を引っ張り(全体責任でトレーニング最初からの罰)
弐さんはメンバーから、
お前いい加減にしろよ!
根性みせろボケナス
バカたれが
 
の、バンド解散の危機じゃないかと思われるような野次を飛ばされてました。

限界超えてるのに竹原氏からは
アイツらナメてる。 笑ったりニヤニヤ話したり
といわれる始末。

でも、


愁:マジしんどいですけど、メンバーみんないい顔してきたんで・・・・
弐:野音にとってすごく為になるね
RYOこんなにキツイものだと思わなかったね。 身体鍛えて野音頑張りたいな!

と一生懸命頑張ってました。
左迅君は途中で脱水症状起こしながらトレーニングを最後までやり遂げてました。



そして、竹原氏からも
「初めはヘラヘラしていて駄目かなと思ったけど、よく頑張ったと思う。
自分に負けずに頑張ってください」とのお言葉もいただいてました。


br23.jpg
ギルガメさん、いい子たちだよね~~。


こんな感じでした。
ギルガメさんの映像、端折ってしまったけどすみません。
【2012/08/03 11:24 】 | HYDE | コメント(4) | トラックバック(0) |
総選挙後
HYDE48、面白かったですね~。
こういうバカバカしいお祭り騒ぎを本気でやったりするところが、
超駄目な大人っぽくって可笑しかったです。
と、いいつつ、どれに入れようか迷っている間に入れずに終わってしまいました。

結果はこれまたハイヲタらしい結果でした。
この結果、ワツインさんは知っているんでしょうか?
知ったら・・・・・どうなんでしょう?
嬉しいかな?


そして教皇様はエントリーもされなかったですね~、残念(笑)
でもこの人(JUDAS hyde)もいなかったですね?
jackhyde.jpg
この人は軍服さんと同じ括りなんでしょうか?

総選挙の開票結果が徐々に分かってくるとともに、
私の脳内の軍服とボンテージが、
「花咲のに、センター獲得の祝辞を・・・・」とか言い出すもんだから、
脳内の教皇さまも二人を諭すのに苦労されていました。

とりあえず、ボンテージが持っていた木刀と、
軍服が所持しているMP40は無事に押収させました。
MP40はモデルガンでも許しませんよ。

かと思ったら、教皇近衛隊隊長(JUDAS hyde)が、
突然見事な鞭捌きを披露し始めたので何事かと尋ねると、
「最近の新人は身の程をわきまえるということを知らなそうなので、調教が必要かと」

いえいえ、「調教」という言葉は人に対して使用するものではありません。
私たちは神さまから「言葉」という美しい贈り物をいただいているのです。
鞭は必要ありません。 没収。


そんな教皇さまごっこをしていたら上位の二人が揃って、
「「エントリーもされなかった奴が何言っても説得力ねーよなー」」
などということを言いました。


教皇さまは静かにその二人に言われました。
法王3
「お前たちの頭上でガブリエルにラッパを吹かせようか、
それともお前たちの寝しなに子守唄としてファティマの予言を朗読しようか?」



震え上がる二人のその傍らで、女優ちゃんやらエクステちゃんやらおかっぱちゃんたちが、
花くんを弄りたくて、弄りたくてうずうずしてました。
ライブに向けてヘアカラーを何色にするか、どんなライブ衣装にするかでもめていました。

あぁ、楽しい(妄想が)


来年、もし3回目があったら、今度こそ教皇さまをエントリーしようと思います。
でも推しメンではありません。



お返事

>りっちゃんさん
私の母や2週間布団に寝付きました。
小学生の頃ですが、今から思ったらどうやってトイレとか行っていたんでしょう?

Sakuraさんのもありましたね!
りっちゃんさんに言われて探してみたら、本当にあって驚きました!
Sakuraさんも一時期「小力」時代がありましたが、
今は昔のシャープさが戻ってきてますよね~~~~。
なぜか「小力」時代の時のほうが多く会っている私。
今の旬なSakuraさんにもっと会いたいです!


>名無しさん
そうなんです~。 私も迷っている間に今年もまたエントリーし忘れました。
kenちゃんやてっちゃんはなぜかしたのに。
yukihiroさんもしたのに。


>s・・・・さん
ご心配いただきましてありがとうございます。
そして相方ともどもに本当にありがとうございました~。
家人はずいぶんとよくなりました。
私の介護も楽になりました~。


>さ・さん
初めまして。
ご丁寧にありがとうございます。
またお越しくださいませ。

【2012/06/12 00:38 】 | HYDE | コメント(14) | トラックバック(1) |
別に推してるわけではありませんがHYDE48
俗界で盛り上がっている『HYDE48』なるものを観てまいった。
昨年に続き2回目の開催じゃ。
昨年はツイッターのシステムがよく理解できず、
あれはツイッターをしている者しか投票できぬと勝手に思い、
始めるかどうか迷っている間に投票期間も終わってしまったのだ。
今年は是非とも参加してみたいと思っている。
そして、エントリーされている者はいずれも劣らぬ強者揃い。
これはよい。 非常に楽しみだ。



しかし、楽しむ前にみなのもの、余を忘れてはおらぬか?
ん? 余が誰だとな?
余は


法王3
・・・・・・教皇である。(清春どのではないぞ)
まぁ、よい。
教皇たるもの下々の者にそう易々と姿を晒すべき存在ではない。
それに余は、教皇となりし日よりこの穢れた大地に自らの足で降り立ったことはない。
いつも御輿つきである。

なぜかと?
それは余が・・・・・

法王1
教皇だからだ。
ん? しつこいか?(笑)


さて、少しこの騒ぎの元凶となる者どもの言い分を聞いてみよう。
まずはこの者。
ワキハイド
『今年も見せます HYDE総選挙』
キャッチコピーは、
「歌で世界は変えられないでも、俺の腋は何かを変えるかもしれない」
はははは・・・・小僧よの。
そんなもので何かが変えられるなら、余がとっくに変えておるわ。


そしてこの者の悲劇は天界を揺るがす大事件であった。
輝かくその身を人の子へ傅く事を拒んだが故に堕とされた大天使。
ラスボスハイド
『物語は最終章へ・・・』
この期に及んでまだ戦いを挑むというのか、哀れなことよ。
しかし堕ちて尚その姿輝かしきこと、まこと罪深き存在である。
キャッチコピーは、「我に続け」


禍々しさをその容姿のみで判断することは最も愚かしいことである。
しかるに、その逆も言えよう。
フリムキハイド
『僕は、まだ何も知らない。』
「真実と幻想と 光と闇と この目に映る全て」
人はこの世に生を受けた瞬間から原罪を担っている。
そして「知る」とは、人が原罪に無知であることを学ぶためのものである。
知は光である。 
が、光あるところに影あり。
その光が強ければ強いほど、また影も色濃く我身に堕ちる。
知は誘惑でもある。
余にはこの者の目は、「何もしらない」という類のものではないと思える。
可愛い顔をして行く末の恐ろしい子である。


他にも、
「パンがなければケーキを、萌がなければハイドをお食べなさい」
などと言っているパリからの候補者もいるそうだが、
あらぶるラルヲタ界に余の胸は張り裂けんばかりに痛んでおる。


が、余と同じ、悩める子羊たちのそのような苦悩から解き放つために、
20年という歳月を越え、この世に再び光臨した方が現れた。
マリアハイド
『あなたの一票 HYDE様が見ている』
余よりかなりの御歳でおられるはずなのに、尚も美しいこの美貌。
素晴らしい。 これぞ奇跡。
キャッチコピーは「信じるものは お逝きなさい」
イカにも、信じることこそが宗教が宗教たる根本原理。
さすが、主なる方の母君の遠縁に当たるお方だけのことはある。


ん? このような方までエントリーされているのに、
おまえがしなくてもいいのかとな?
おまえとは?
法王2
余、教皇のことか?

いいのだ、いいのだ。 かの君と肩を並べるなど恐れ多い。
それよりも我が分身となるこの者がその名を挙げておるのでよい。
軍服ハイド
『愛を示せ 我に』
副題は「できぬなら、我が屍を越えて逝け」
余はこの者の内なる者。
俗界では「中の人」というらしいが、なるほど言いえて妙である。


どのような終末が訪れるのか全く計り知れないこのたびの争いを象徴するかのように、
最後の最後にまたとんでもない者が現れたようである。
hydewhatsin_20120609155438.jpg
『HYDEの体に花が咲く』
花が咲いているのは神が我々に約束されたPromised Landなのであろうか?
そこには花は咲き乱れているのか?
それとも荒野に一輪きりで咲いているのだろうか?

蓋を開けてみなければ判らぬこの結末を、
余は暖かく見守ろうと思う・・・・・
(誰かエントリーしてくれ)





14日・・・・出張です。 移動中に買えるか?
家人のぎっくり腰を、さらには私の身までも心配してくださって
ありがとうございます。
いや~~、汗だくです。
でもかなり家人は動けるようになりました。
お返事、また改めて。


【2012/06/09 16:17 】 | HYDE | コメント(10) | トラックバック(0) |
パンいちHYDE
ラルクさんたちはもう香港なんですかね?
ハイタン、せっかく雪が降ったのにね。

さて、いきなり雪国になりました。
皆様お元気ですか~。
昨日のうちに灯油を確保しておいてよかったとつくづく思いました。
私は相変わらず、まだチャリでガソリンスタンドに灯油を入れに行っています。
今日だったら行けなかった。
そして家族中で凍死するところだった。

雪かき用のおっきなスコップ買ってきました。
じーちゃんちの分もやらないといけないので、
去年までは鉄製のチリトリでガーガーやっていたんですけれど、
今年は今それやると腰にきそうなのでね。

雪が積もるといつも思うんですよ。
ウルトラマンがきて雪を溶かしてくれないかなって。
子供の頃観たウルトラマンは、
町中の火事を10本の指から出す水であっという間に鎮火させて、
ジュワッって宇宙に帰っていくんですよ。
あんな調子で雪も溶かしてくれたら、
じーちゃんやばーちゃんが雪に埋もれて・・・・・なんてことにならずにすむのになぁとか。
ハイタンは仮面ライダー派だったようですけれど、
私はしっかりウルトラマン派でしたね。
怪獣にもそれぞれ理由があって、子どもながらに観て切なくなっていました。


さて、先日の堂本さんからオンリーパンツのハイタンの姿が瞼に浮かんでしかたないですね。
ほらほら、私妄想力凄いですから。

オンリーパンツだったら、もうこれは誘ってるとしか思えないところを(相手も相手だし)、
その下に靴下ってところで完全にスライディングですよね。
芸人だったらそれにネクイチです。
そこまでしたら完全に笑いを狙ってるだけなんですけれど、
ジョークのなんたるかをよく心得てらっさるなぁハイタンと思いました。

だって、相手がパンツとその下に靴下履いてたら、一気に冷めませんか?
私は冷めますよ。
そして笑うしかないですよ。
そうか、そうなんだ・・・・・って。


私、男性が普段着で靴下履いてるのもちょっと下がりますね。
部屋にいるときは裸足でペタペタ歩いていてもらいたいほうです。
作業着に地下足袋とかなら全然オッケーなんですが。

反対にスーツの時は履いているほうが断然いいですね。
履いてなかったら「ラルクは文化」の人になっちゃうし。
むしろ履いててください。
吞み会なんかで座敷に上がって、正座した後ろ姿で重ねた足の片一方の靴下が、
ちょこっと脱げかけて伸びていたりしたら、完全にテンション上がります。


そして、仮に自分が男だとしても、相手の女性がパンツで靴下履いてたら、
そのセンスのなさに怒りを感じますね。
ストッキングなんてもってのほかですよ!!

何を力説してんだか。

みなさんは如何でしょう?

【2012/02/29 16:31 】 | HYDE | コメント(8) | トラックバック(0) |
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。