FC2ブログ
PATIPATIのラルクさん
昨日、ご挨拶回りで京都に行ってきて、
まぁ、お世話になっているお寺さん巡ってきたんですね。

で、私はお歳暮で毎年コロッケを作り、それを冷凍して送るんですけれど、
お寺さんの一人に、

「栄・・・コロッケ足りひんから・・・・もっと送って」

77歳にマジ顔で言われました。
V.I.Pのやまちゃんじゃないけれど、
雰囲気! 雰囲気あるからね!
一応高僧のくくりに入ってるんだからね!
足りひんって、家族やら小僧さんの分も入れて40個くらいは送ってるんだけどなぁ。
「毎年だんだん少なくなってく」とか文句ゆうなや!



さて、PATIPATI、そんなんでほったらかしてあったんですが、やっと手にしました。
表紙だと聞いて本屋に行って、
他紙と異彩を放つほど真っ黒けでびっくりしました。
なんでみんな真っ黒な衣装着てるのに、バックも黒くすんのかな。
おかげでメンバーのお顔がバッチリ浮かび上がって、
遠くからでもすぐにわかったよ。

それにしても、kenちゃん、目つき悪いです。

ハイタンのお首に巻いてある黒くて長いスカーフが可愛ゆいですねぇ。
あんまり長いから後ろでリボン結びにしてあげたいですよ。
お膝丸出しで、髪の毛真っ黒で、おリボンつきの黒猫を妄想しながら手にしたら、
後ろに大型kenが睨みながら威嚇していたので、
書店でハイタン挟んで睨み合ったった。

表紙開いたら「黒いひな壇」のkenちゃんの股間に真っ先に目が行ってしまった。
別に意識したわけではないのに、
開いた瞬間に目に留まったのがそこだったんですよ!
もっと行くべきところがあっただろうに!
ハイタンのお膝とか!
てったんの「飛びます! 飛びます!」(若い人は知らんだろうな)みたいな手つきとか!
ゆきさんとピンクの蝶々とか、カメラ目線とかね!
それなのになんでなんでkenちゃんのそこだったんだろう、私。

いや~、一人一人の写真のハイタンの少年っぽさはなんでしょうかね?
隣のてったんの捨てられた子犬みたいな目は相変わらずですね。
そしてゆきさんがまたもやカメラ目線でちょっと「おぉ?」ってなりましたね。
で、やっぱりkenちゃん、目つき悪くって、
「生命ってなんだろう?」なんてこと思いながらライフルぶっ放してるスナイパーみたいだ。

そんな感じで今、PATIPATI観てます。
これからインタ読みます。(まだ読んでなかったんかい)



【2012/01/10 23:56 】 | 会報・書籍・雑誌 | コメント(16) | トラックバック(0) |
聖☆おにいさん
面白いですよね~。
今日、やっと7巻買ってきました。
読みながら元ネタを考えるのも楽しみのひとつ。

聖☆おにいさんではウリエルが御贔屓キャラ。
「テルマエ・ロマエ」が映画化されたのは驚きだったんですけれど、
「おにいさん」もクドカン辺りでドラマ化されないかなぁ。

イエスは又吉で。
ウリエルのイメージはどうしてもyukihiroさんなんです。
「ブザーを鳴らして5秒でyukihiro」だったら鳴らしっぱなしにする。

熾天使と智天使を兼任してる凄い天使で、
最後の審判では重要な任務を担っている。

けど、エデンの園の門番でありながら蛇の正体を見抜けずに通してしまうという。
そこらへんが人間(人間出身)くさい。
【2011/11/14 23:56 】 | 会報・書籍・雑誌 | コメント(2) | トラックバック(0) |
VAMPS会報やっと読めました
今朝ね、2階のトイレ掃除しようと思ったら家人が床をよく拭いておいてって言うんですよ。
なんでも夜中に息子が祖そうしたらしく、朝入ったらビショビショだったそうで、
適当に拭いておいてはくれたらしいんですが。

で、思い出したんですけれど、キンキさんがやってる番組でちょっと前に
「大人になったと思った時はどんなとき?」ということについてトークする場面がありまして、
「トイレの便器にまっすぐチッコが入るようになった時」って言ってました(誰だかは忘れた)

その時にいた女性ゲスト陣がみんな「?」な反応だったんですが、
なんでも男の人は子どもの時にはまっすぐに飛ばないらしいですね!
右・左、どちらか偏ったり、左右に分かれたり! 上下に分かれたり!
それほんとですか?

そしたら平成ノブシコブシの眼鏡じゃなくってビバリさんのほうが、
「凄い時は壁に当たって入る時がある!」
って言ってましたけど、本当にほんとですか!!!???

そういえば、息子はいつも右側がビショビショになりますが、
今朝は満遍なくビショビショだったそうです。
息子の息子は一体どういう状態だったのかなぁ?
これ、大人になったら治るんですか? 
へぇ~~~~~~。



それにしてもメロン旋風は凄まじかったですね。
息子のチッコネタの後に書くのもなんですが。
そう言えば私の夢の中のボスもメロンソーダ飲んでました。
そうか~、メロンがそんなに好きだったのか~。
もうメロンちゃんでいいやん!
kenちゃんも可愛いって言ってくれたことだし。

しかしkenちゃんはhydeさんに甘いね。
「はいでぃ」って言う時、声色違うもんね(笑)
幼馴染みには結構厳しいこと言うくせに。
ギターネックにメロンのヘタなんか貼りつけられて、
喜んで写真撮ってんじゃないですよ!
甘すぎるー!

hydeさんもアレはkenちゃんにだからできたのね、きっと。
K.A.Zさんにはあんなこと絶対できないね。


あれ?
VAMPS会報のこと書こうと思ったのに前置き長くなってしまった。
ちゃんと届きましたVAMPS会報。
ヤ●トのメール便担当者の不手際で事務局に返送されてしまった私の会報。
何度も事務局の方が丁寧なメールをくださいました~。
メールでの対応、迅速でしたね。

会報でHYDEさんが、
「自分は身内に厳しい。 事務所の社員に厳しいところがある」
って言ってましたけれど、
その結果がこういうところにも出てるのだとしたら必要なことじゃないですかね。


それでまぁ会報なんですが、こちらも噂の蕎麦屋のあの子が、
まぁ~~~、ほっぺがシュッとしちゃってて、いつのあの子だったんでしょうかコレ。
猫パンチはいつからHYDEのお得意になったんでしょうか?
いやいや、ここは是非いつか訪れて、主からあんなことこんなこと聞きまくりたいですね。
もういい加減話疲れているかもしれませんが。

JINちゃん、蕎麦つゆ作りに凝ってるんだ。
市販の麺つゆに梅こぶ茶の粉末ちょっとと、どんこ入れておくとおいしくなるよ~。



葛西臨海水族館のK.A.Zさん。
私、子ども連れていったことがあるんですよ~。
K.A.Zさんと一緒に映っているでっかいマグロさんは、
どれくらいの大きさがあるのか隣にメジャーが書かれていて、
自分の背丈と比べっこができるようになっているんですね~~~~。
子どもたちもここで写真を撮りました。
K.A.Zさん、とりあえずマグロさんよりちったいということですね。

K.A.Zさんの周りに子どもたちが集まってきたようですが、
K.A.Zさんがお魚のことに詳しいから自然と集まってきちゃったんでしょうね。
カメラにも撮られてるし。


インタビューも面白かったわ。
K.A.Zさんが小学校の時に走るのが一番早かったっていうのが意外だった!
運動神経いいみたいね?という今までのイメージが一気に確信になりました。
でも授業中に廊下でサッカーしたりと、ちょっと困ったちゃんだったんだね~。
幼稚園の時は一人で石を食べることに黙々とチャレンジしていたそうだし、
お母さんも大変だっただろうな(笑)

HYDEさんは草食系男子のほうがいいのか~。
私はむしろ根絶を願うね。
なんか観ていてシッコ臭い感じがするんだよね。
好みの問題なんですけど、VAMPSのライブに草食系男子は似合わないと思います。
VAMPS好きだったらもう草食系じゃないだろう、大体。



お返事

>通りすがりさん
そうですよね~、先行までには必要な情報は出すべきだと思いますよね。
通りすがりさんが心配された当日の会場内の仕様が、
公式でも発表されて安心しましたね~。

でも逆にハイモバだけしか入ってない人はアレでは分からないんじゃないかと思いますね~(笑)
モバイル先行もあるんでしょうかね?
その時にはまたきちんとした情報で伝えてほしいですね。

【2011/08/07 23:56 】 | 会報・書籍・雑誌 | コメント(6) | トラックバック(0) |
VAMPS会報が来た
携帯からの投稿であります。

今、お神輿担いで近所回っているんですが、自宅の近くが休憩所なんですね。
なので、もよおしたちびっ子たちを我が家のトイレに連れていくのですが…


再送されたVAMPS会報が届いておったよ
気になる
観たい、おリボンハイタン
でもトイレ中のちびっ子たちが、いつポイント外すか分からん

うお~、そんな葛藤してる間に休憩終わった。
ワッショイに戻ります


今夜はWOWOWです。
リアタイでは観れません。
会報、WOWOW、あ~幸せ
肩に食い込む神輿の重さも感じませんよ~
ヽ(´▽`)/
【2011/07/31 16:18 】 | 会報・書籍・雑誌 | コメント(4) | トラックバック(0) |
L'会報後半感想
最強さんのブログで知ったんですけれど、
GLAYさんFB
http://ja-jp.facebook.com/pages/GLAY/128647183885459
まだ時々TERUさんと呑んだりするのね。
というか、この間は川崎麻世のブログでだったし、相変わらずマメだ。





さて、前回睡魔に負けて読めなかったL'会報の後ろ半分。
kenちゃんインタにL'Arcと縁のある方々、岡野さん・比留間さん・峰守さん・JINちゃんの話、
面白かったです。



kenちゃんは改めてその感性に驚かされました。
人に受ける感性というか、受け入れられる感性が、
正しく自分が心地いいもの楽しめるものであるという等式が成り立つって、
アーティストとして天から贈り物を貰ってるとしか思えないなぁ。

それについて「楽しい、楽しい」と言ってハッピーでいてくれるのだから、
天も与え甲斐があったでしょうね。

もしkenちゃんがこの感性でダムを建造していたら、
一体どんなダムが出来上がったんだろう?
もしかしたら流れ落ちる瀑布に音楽を感じれたかもしれないよね(爆)




L'Arc~en~Cielの20年に関わってきた方々のお話。
どの人の顔の表情にもラルクへの愛おしさが伝わってくる。
この一連のお話はとても興味深く面白かった。
外から見たL'Arc~en~Cielではなく、L'Arcの内側を垣間見た感じで、
できたら次号もやってほしい。


岡野さんが語る4人。

一期一会kenちゃん(以前これを聞いた時は本当に名台詞だと思った)
ポップスターてったん
頑固な大工ゆきさん
非常に美しい魂の人、hyde

hydeだけなんかめんちゃんこイメージがいい感じ。
私は「白がキツければ黒もキツい、光が激しければその分闇も強い」と思っていて、
それはhydeにも当然当てはまると思っているんだけど、
(でもニコ生で「Oバックってなんなの?」ってkenちゃんに聞いたのを観た時は確信が揺らいだ)
「魂の美しい人」という響きはとてもほぅ~~~とさせてくれるんだけれど、
私的には「闇を理解している魂の正しい人、hyde」

岡野さんの「何かが起こるであろうと信じること」という言葉。
GLMYで新たなスタートを切ったL'Arc~en~Cielは、
常にそうやって切り開いてきたんだね。



ギター&ベーステクニシャンの峰守さんの「Shout at the Devil」のお話も面白かったです。
この曲が一発録りというのは聞いたことがあったけれど、
クリックもなかったというのは初めて知りました。
ギターソロに入る時、ワウペダルの不調で一瞬音が切れてるっていうの、
私は知りませんでしたよ。
アルバムの中でこの曲の持つ臨場感に最初聴いた時に、
面白いことをするバンドだな程度の感想しか持たなかったのだけれど、
改めて聴き直してしまった。

マイハーの話のように、テクニカル部門が教えたいこの曲の聴きどころとか、
Devilの話とか、こういう裏話的なもの、もっともっと出してほしい。




JINちゃんの語る4人。

kenちゃんは天才肌
てったんは予測不能な七色の人
ゆきさん、打ち込みの師匠
最終的にいつも正しいhydeくん

前3人が語るゆきさんが、頑固な大工・ちょっと難しかった人・頑固(ストレート)だったのに、
JINちゃんは「打ち込みの師匠」
笑!

いや~、JINちゃんが純粋にL'Arc~en~Cielのファン(ラルクのっていうかhydeさんの)っていうの、
周知の事実なんだけれど、前3人もそうだよね。
L'Arc~en~Cielのスタッフってみんなそうだよね、きっと。
ちょっとスタッフズルイな。



でもそうやって考えると、L'Arc~en~Cielって本当にファンに支えられてきたのね。
いばらの道も座礁もそこにあなた(ファン)がいたから乗り越えて来れたのだろうけれど、
乗り越えてくれる、乗り越えた先にまた新しいL'Arc~en~Cielという夢を見させてくれる、
そう信じさせてくれたのはメンバーの力で、両方の一つ一つの積み重ねだよね。

L'Arc~en~Cielが20年続けてこられた魅力って、
岡野さんが言う「何かが起こるであろうと信じること」で、
ファンに自分が見たい夢を見させてくれるその過程を提示し、常に信じ続けさせてくれる。
ということなんだろうな。





そしてV新聞、来ないハズです。
ご心配くださった皆さん、ありがとうございました。

事務局に問い合わせたらなんと!住所不定で返送されてました。
住所変わってないというか、引っ越しなんてしてませんし、
表札も上がってるのに。
なにより今までちゃんと届いていたんだよ?
他の郵便物も同じように届いている。
他のメール便も来てる。
なぜに今回、そしてV新聞だけ?

これ、郵送業者側の不手際ですよね?
確かヤ●トのメール便だったな。
いつも御贔屓にしてるのになんちゅーことやねんっ!
情けは人の為ならず。 電話したる~~~~~~!!!!!

で、電話しました。
メール便の番号が分からないとその時の担当者が分からないということで、
郵便物を必ず届けるようにという注意勧告をしてくれるそう。
「郵便物を必ず届けるように」って、それが基本だろーが!

私が知りたいのは「なぜ届けられなかったのか」ということで、
その原因を知るのは業者のためにもなると思うんだけれど。

こういう問い合わせやクレームを私はよくします。
自分が利用する業者や店には特に!
それは自分が快適に利用したいからで、頼りにしてる故なんです。
何かあっても何も言わないところは二度と使わないところですね。
でもそういう処は大抵ダメだね。


事務局から返信メールも先ほど来ました。
再送手続き頼んだら、返送が確認でき次第の再送となるので、
2~3週間ほどお時間いただきますだって!!???
なに~~~~~~~!!
私早くてもこれから2週間後でしかV新聞読めないの?????

再びヤ●トへの怒りが~~~~~~~~~~・・・・・・コノヤロブッ●ロス
これから宅急便で来てもらう担当者に八つ当たりしそう。
コレ絶対に文句垂れるな私。

私の問い合わせやクレームは、愛情の裏返しだと思ってどうかひとつ。



お返事

>MOZZさん
本当に暑いですね。
お互い体調には気をつけましょうね~。

ラルクさん、確かにファンへの愛情はありますよね!
愛想が無いとは私は思えないけれど。

月曜日のOBLIさん、MOZZさん行かれるの?
私ちょっと怪しくなってきたんですよ~~~~~~~。
無事に行けれる様に今必死に調整中なんです、
とか言いながらブログ書いてますが(笑)


>mizzさん
初めまして。 初コメありがとうございます。
その件に関しては隠れてそう思っている方がたくさんいらっしゃるかと思います(笑)

20thのベストでは、「もう少し丁寧に作るべき」云々とてったんが言っていたので、
25thはこれしかないでしょう!!!

【2011/07/15 16:51 】 | 会報・書籍・雑誌 | コメント(10) | トラックバック(0) |
L'会報のメンバーあれこれとHYDEタオル
V新聞、今日も届きませんでした。
事務局さんへの問い合わせ期間が13日からだったので、
メールしました~~~。
そういえばチリDVDも来ないなぁ。
どうして届かないのかなぁ?



さて、先に届いた某デパートとコラボみたいなL'会報は半分読んで意識が無くなりました。
読んで分かったのは、ラニバはメンバーもスタッフもファンもみんなが幸せだったんだなということ。


kenちゃんは曲の空気というものを凄く大切にしてるんだね。
今は一つの曲にできることが当時よりも沢山あるけれど、
それでもその時と同じ空気を出すことを目指してる。
新しくてもあの時の曲が聴けたラニバ。
新旧両方のファンにとってこんなに素敵なことはないなって。
そしてそれを楽しい、楽しいと言ってくれるkenちゃんは、
ファンをとてもハッピーにさせてくれる。
kenちゃんありがとう。



でんぐり返しとLサインで最後全部持って行ったゆきさん。
靴が濡れたらペダルが滑ることが気がかりで、
自分だけオープニングのレッドカーペットを歩かなくてもいい?って、
あのシチュエーション(ラニバ)で思ってても普通言わないよね。
ナチュラルに演出よりもドラム。
ゆきさんのそういう処、あらぬ誤解や偏見を受けたこともあったかもしれないけれど、
歳月を経てL'Arc〜en〜Cielに消化されたのか、
それとも彼が消化してしまったのか、もうなんかね、
仮に本当に歩かなかったとしても、当日笑って見てたと思う。

今や何やっても許してもらえる不思議な人。




「ここを歩くのが僕でごめんなさいね」
てったんはまだそんなこと言ってるのか。
これ、てったんファンにとってはちょっと寂しい台詞じゃなーい?

他人に厳しいけれど、自分にも厳しくて、
完璧を目指す努力家を自負しながら、
誰よりも自分のことを認めてもらいたいと思っている甘えたさん。
だから時々捨てられた子犬みたいな顔をしちゃうんだね(笑)

てったんがいなかったらL'Arc〜en〜Cielは成り立たないというか、
他のメンバーがラルクやめますと言っても許せないけれど、
てったんが言ったら(絶対言わないけど)納得せざるを得ないじゃない?

そんな風に認められていることって凄いと思うよ。




アカペラの叙情詩の演出は演出家さんのアイデア。
自らのアピールは未だもって恥ずかしくてできないhydeさん。

でも恥ずかしいMCは意外と平気。





「震災は無視できなかった」
お祭り騒ぎの中にもメッセージを伝えるようにセトリは考えられていて、
ファンはちゃんとそれを受けとめていたライブだったよね。

でも、ハマーに『pray for JAPAN』と『HOPE』って書いてったということは、
会報見て初めて知りました。



「無愛想なバンド」と自らを言うけれど、言うほど無愛想でもないと思う。
メンバーみんな、無愛想と愛嬌のさじ加減が非常に上手いものね。
突き放されたと思ったら手を差し伸べてくるし、
リリースなくても持ち歌の数に任せて、
ほどよくブレンドした(ex.ラルクイズ)いろんなものを仕掛けてくるし(笑)
人気が20年続くにはそれなりの理由もあるわけなのです。

一番厄介なのは無愛想とか自分で言っておきながら、
愛でる要素を爆弾投下してくるところですかね。



昔の自分の歌が下手でショック!
ラニバでの歌がスタンダードと主張していましたね~。
ということで、25thには新たに演奏・歌入れしたベスト、期待してます。
もちろん、当時の空気感は残したままで。


これから残り半分読んで寝ま~す。






少し日常のお話。
一昨日から家人とちょっと細かい作業をしていて、
細かい作業が大嫌いな大雑把な私は、V新聞も届かないし益々気分が下降気味だったんですけれど、
今日は素敵な頂き物をしました。
ハイドタオル
分かります?
タオルにhyde・HYDEと羽根の刺繍がしてあるんですよー!!
同封されていたカードはスイカだった(笑)
タオルの肌触りがとっても優しくて気持ちいいんです。
ピンクとブルーだったので、息子と娘が自分達に1枚ずつ送ってくれたものだと思ったらしく、
勝手に袋から出してタオルにほっぺをすりすりしてましたけど、
私んだよっ!

ズルイー! ズルイー!!と連呼されましたが、
こればかりは譲れません。
息子に給食用のお箸としてラルクさんの会員継続特典の黄色いお箸は譲りましたが、
(愛用しているようです)
これは絶対に使わせないもんねっ!!
hyde・HYDEがクタクタになるまで使うもんね。
Sさん、ありがとうございました。

【2011/07/14 01:46 】 | 会報・書籍・雑誌 | コメント(10) | トラックバック(0) |
OBLI会報! 福岡お疲れ様です~
OBLIさんの会報、Vol.0っていうのは、FC会報の準備号とうことで“0”だったんですね~。
STAFF BさんによるOBLI再結成から2月18日・19日にSHIBUYA AXで行われた「ASHES TO DUST 2100」の楽屋裏からライブの様子までのレポが掲載されてました~。

あとはメンバーがそれぞれ会報の自分のページを持たされて、そこは自由に使ってもいいということになっているようです。

KENさんは「KEN LLOYDE Trios for Daisy」というコーナーで、
なんか不思議ちゃん炸裂させてますよ。
よくK.A.Zさんは宇宙人とかいう話は聞きますが、
KENさんも十分です。


K.A.Zさんは「Life Style of K.A.Z」
K.A.Zさんが撮ったお気に入りのものの写真と共に、K.A.Zさんのコメントが掲載されてます~。
K.A.Zさんの私物とかね。

K.A.Zさん、最近の目覚めの一杯はコーヒーでなくティーなんだね。

いやこのコーナー、K.A.Zファンには溜まりませんよ。


RIKIJIさんコーナーは基本K.A.Zさんと同じことしてくれてるんだけれど、
なんというか、あっさりで(笑)
でもさりげなくご家族の写真なんかあったりして、
なんかRIKIJIさんって全然飾らない人なんだなという気がしました。


準備号ということで今後のVol.1以降がどういう形になるのか楽しみです~。
STAFFさん、メンバーさん、期待してまーす。


そして、今日はOBLIさんの福岡ライブでしたね~。
SUZUNEさんが奇跡の整番で参戦してたんですけど、楽しかったようです。


KENさんのMC中で動物の着ぐるみの話になったら、K.A.Zさんを見ながら、

「K.A.Zはもう決まってるよね~ けろけろ・・・・かっわいいぃ~」

とか、言ってたそうで、なにそれ観たいけろ。
今年はOBLIでハロウィンやんないかな?
けろけろ着ろ!!


あと、曲だしを間違えるというレアなK.A.Zさんも出現したそうです!


K.A.Z様が曲の出だし間違えたんですよっ\(^O^)/
前の曲終わりで、な~んか表情が変わったので
「感情移入しておられる」って思っていたら

「なんだっけ?」

って考えていたらしいです!

KENさんにマイク渡されたK.A.Z様は
「ついったぁで、つぶやかないでよ~(にこにこ)」
と申されました。

(SUZUNEさんからのプチレポ)


ついったぁ
・・・・そうだね、平仮名で言ったに違いないね。



お返事

>s・・・・さん
ありそうでなさそうな私の夢。
私も観て得した~と思います(笑)
よくぞ観た私!

私、普段からhydeさんのこと隅々まで愛でてますかね?
いや~、よくハイヲタであることを疑われる私ですが、
ハイタンが飲んでいたのは確かにメロンソーダでした!!

ツアーチケット、お互いに行きたいところ、取れるといいですね~。



>・さん
ほっんとに繋がらなかったです。
シアキスのときもそうでしたけれど、これほどではなかったですよね?
怖ろしいですよもう。

で、日本い来られるんですね。
無事にチケット確保、おめでとうございます。
またライブの様子、お聞かせください。

【2011/06/19 23:54 】 | 会報・書籍・雑誌 | コメント(6) | トラックバック(0) |
VAMPS IS UNSTOPPABLE!(会報ネタバレ)
VAMPSの会報が来ました!!!
表紙が今までになくスタイリッシュでカッチョよかったです。

HYDEさんがまたもや若返りの術で若返っていた。
短髪を黒く染めてほっぺぷっくりさせたら私でも若返るのか?
試そうとは思わない。

掲載されている写真は可愛らしいものが多かったなぁ。
HYDEが楽屋で何かに集中しながらちんまり正座してる後ろ姿なんて、何度観てもいいもんです。


2010ツアーの写真の中からHYDEさんとK.A.Zさんのコメント付きで写真が紹介されているんですが、
HYDEさんのコメントは読んでいてリズム感があって、
かつ写真のタイトルと呼応してて、更に楽しいものになってまして、
おじょうず~~~、さすが~~~って感じです。

K.A.Zさんのコメントはもう、K.A.Zさんだなとしか言いようがない。
「同じポーズで賞」がそれにしか観えなくなってしまって爆笑。
「激レアスクープ大賞」(写真集にもあったソファで寝ころびながらバナナを食べているK.A.Zさん)は、
「激レア」と銘打ってあるところをみると、
写真を撮ったほうも思わぬ場面の遭遇だったんでしょうね。

どうしてあのK.A.Zさんはバナナを千切って食べてるのかな?
バナナ、わざわざ千切って食べます?

バナナとお話ししてるみたいに見えるんだけど。
・・・・・・いいだろ!夢みたって。


中表紙の全く対照的な環境で電話を通じて話し合う二人のスナップがドツボです。


二人の単独インタヴューといい、富良野のディナーショーレポといい、
今回も見応え読み応えありでした。
お絵かきバトルの各作品なんか、あのように並べられると凄まじいもんですな。
K.A.Z画伯が群を抜いて凄まじいですな(発想からして)
毎回会報のクオリティーには感謝です。


K.A.ZさんのこだわりSE集も嬉しい情報ですよね!
そして今度のLILITHは失くさないようにしようと思います。
ガーネットは次回なのかな?
いつかこのアクセサリーたちの雰囲気にピッタリなジュエリーBOXも作って欲しいな。



お返事

>須・・さん
私も直接助けになることは何もないなと実感しました。
義援金も今、この時に必要な人のところには届かないわけですし。
何もしないよりかはいいと思うしかないのですよ。
微力ながらでもし続けること。
私にできるのはこれぐらいです。


>無記名さん
ラルヲタだったらそんなことはあり得ないことを分かってますので、
あなたが思っているような楽しいことにはならないと思いますね~。
お疲れ様☆


>SUZUNEさん
今回初めて現地入りしたんですけど、絶句してました。
海水と下水が混ざって匂いも酷いらしいです。
幸いにも建物は周囲のものほどの被害はないようです。

直接物資を渡すことができないので、またああいう機会を作ってもらいたいです。
タオルの他、今は下着が必要らしいですね。
いまだ入浴も満足にできないということで、気の毒としか言いようがありません。


【2011/04/04 23:59 】 | 会報・書籍・雑誌 | コメント(2) | トラックバック(0) |
アリーナ37℃のBEAST
出掛けに今日は「PATiPATi」の日だと本屋に寄ったら、
明日発売の「アリーナ37℃」がありました!

普段は発売日前の雑誌なんて並ばない本屋なのに。
駅前にあるのに日曜は休日の本屋なのに。(駅前だからなの?)

で、「PATiPATi」と比べて、
いえ、比べるまでもなく「アリーナ37℃」に軍配が上がりました。

「PATiPATi」はアルバム「BEAST」のセルフライナーと新潟ライブのレポでしたよ。
さらっと観ただけなので見落としてるところがあるかもしれません。
ご自分で確認してくださいね。

セルフライナーノーツでは、相変わらずHYDEさんがK.A.Zさんに
みょうちくりんな絡み方をしてましたね。
ある曲のことをセ○○スと喩えながら

「うまいな。 だったら俺はこういっちゃうよ。 あ! そうきたか、K.A.Zくん!」
(一同爆笑)

みたいなね。 
K.A.Zさんまた口元に手をやりながら笑っていたんだろうな。


で、アリーナ37℃」

アリーナ37


加工された写真がマンスリーの最初の初期にあった写真のようです。
わかりにくいね。 実際に観たら分かると思います。
内容は、

・アルバム『BEAST』について二人へのインタビュー
・HYDEソロインタビュー
・K.A.Zソロインタビュー
・アルバムタイトルから2人のキャラクター徹底解剖(って書いてあった笑)
 「bite」とか「Spice」等提示された単語に対して二人が話すって感じです。


ちょっと眼についたところがあるんですけど、一言だけネタバレします。
楽しみな人は読まないでね。




















はいど、いぬのにくきゅうのにほいがたまんないらしい
あれ?
前もどこかでこんなこと言ってた?


それから、K.A.Zさんの頭が時々やってるでびる仕様だったよ。
これ悪魔の耳みたいに観える時があるんだよね。
devilkaz.jpg


出先から携帯なのでコメント返信後ほど。
打つの疲れる~。
「アリーナ37℃」(ほかにまだ会報も音人も読んでないわ)これから読みます@電車。
【2010/07/09 14:05 】 | 会報・書籍・雑誌 | コメント(6) | トラックバック(0) |
泡々yukihiro 会報yukihiro
東京4日目に行かれていた松井さんが、その日の金髪(銀髪?)HYDEを送ってくれました。
HYDE002.jpg
ハハハ、三白タレ眼
格好いいんだけど、可愛いわ。

初BEASTライブ。
松井さんは新曲にとっても感動したそうです。
「跳べー」よりも、「いちに・いちに」のペンギンが楽しかったって。
良かったね、松井。
忙しいのに描いてくれてありがとう。

で、先ほどGyaoでREVOLUTIONのPV観れるからって観てきました。
初めて聴いたんだけどREVOLUTION。
何これー!
楽しい!
世代的にこの感じ(笑!!)
私、ライブでこの曲聴くことができるんだろうか?




昨日は七夕。
七夕の日、私の頭上はいつも雨ですよ。
分かってるんだけどね、昼ごろちょっと日差しが出てたりしたから、
調子こいて「音人」と「GiGS」探しに遠出しました。
「GiGS」はなかったんだけれど、「音人」購入して帰ろうとしたら・・・・・豪雨だった。
yukihiroさんを身体で守って帰ったよ(語弊あり)


で、
会報のyukihroさん

読んでて「おおーーー!」って思ったのが、
ゆきさんのライブに対する考え方ね。

踊り狂っててもいいし、ぼーと立っててもいい。
好きなように楽しんでくれれば。
どう観てもらってもいい。


これ、その時ブログでも書いたんだけれど、
私が高崎のacidライブで
ゆきさんのライブに対する姿勢ってそうなんだろうなと思ったことだ。




音人のyukihroさん

松井さんが初BEASTライブの印象を、
「ボウイの曲にある計算された不安定感みたいなものが感じられて魂抜けた」
ってメールしてきてくれたけれど、
私は「音人」のyukihiroさんインタで語った「Reality」が、
ボウイが9.11を体感して作ったアルバム「Reality」と重なって感無量だったわ。


そういうものは受けとめる受けとめない、じゃないんだよ、どっちでもないっていうか。
受けとめないってkとがありえない。
抗えないんだから。
なかったことに出来ないんだから。
何をしても確実にそこには現実があって。
今のなし今のなし、って、そんなことありえないんだから。


・・・・・・後は、それをどうするかだけの話で。



目の前から何かが拡散して初めて強く実感するReality。
acidのアルバム「13:day:dream」
yukihiroの白昼夢の前に横たわるRealityがどういったものなのか、
楽しみで仕方ないです。


お返事

>みおさん
初めまして。 コメントありがとうございます。

>普通は前やセンターでモッシュが起きる事が多いけれどVAMPSの場合おかしな事に前やセンターで不動の人が多いのが事実です

普通ってなんですかね?
それに別におかしな事だとは思いませんけど。
不動ではなくてぎゅーぎゅーで動けないっていうほうが合ってると思いますよ。
そんな中でモッシュされたら嫌だと思われる方もいますよね。

それにモッシュやダイブしてる方だけがライブでノッてるわけじゃないですよ。
一人でも踊り狂ってる方だっていますしね。
モッシュダイブしてないからって静かに楽しんでる人ばかりじゃないですから。
ただそういうことにつるんで参加しない or したくないだけ。




>自分のペースで見たいんであれば文句ばっかではなく、そういう場所を自分でさがすのも大事ですさがせば簡単に見つかります

あのね、大抵の方は文句でなく我慢してるんじゃないですかね?
みおさんの言い方だと
モッシュダイブしない人は最初からセンターや前には来るなって言ってるのと一緒ですよ。

不動であろうが、一人踊りながらであろうがメンバーを近くで堪能したいと思う方がVAMPSのライブではいらっしゃるのが事実です。
「ステージで化粧したり、格好つけた衣装を着るのって、俺は格好いいと思う」
HYDEさんが新聞で言ってましたけど、そういうヴィジュアルに惹かれてライブを堪能している人もいらっしゃるわけです。
仮にHYDEさんがそういうファンが嫌で、モッシュダイブだらけの激しいファンばかりがいい、
うっとり自分を見上げて音に心酔してるファンが嫌だというなら、
禿げでデブの中年親父になるか、まったくステージを見せずにライブしたらいいんですよ。
でも、新聞の台詞のようなことを思っているということは、そういう部分も認めているということです。


>正直VAMPSは可愛いもんです
この台詞皆さんよく言いますよね。
私もそう思いますけど、それなんの理由にもなってませんよね。
何と比べてるのかしりませんけど、ファンの質が元々違いますし、
男性女性の比率も違いますから。
当然男性ファンが多ければ激しいライブにもなるでしょう。

可愛いもんだと思っているなら可愛いくしてればいいじゃないかと思うんですよ。
私も最初VAMPSでモッシュが起こったって聞いたときには驚いたんですけど、
実際起こったモッシュを観てさらに驚きました。
女の子が集まって、身体ぶつけあってキャッキャキャッキャやってましたからねぇ。
幼稚園のお遊戯会みたいでした。
可愛くって楽しそうだから、まぁいいかと思ったんですけどね。


モッシュダイブが嫌なら巻き込まれないようにすることが大切だとおっしゃてますけど、
そんなこと皆さん百も承知ですよ。
私はモッシュダイブを100%否定しているわけではないです。
ライブでそういう行為があったら盛り上がりますし、
パンクやメタル以外でも起こるくらい今のライブでは流行りのようですから。
ただね、モッシュダイブをしていて嫌がっている人が周りにいないか
困っている人がいないかくらい確かめるのも大事だと思います。


>mikaさん
衝撃プラス心が折れる。
そうだったんですね~。
特に不意打ちでやられた時は気をつけていてもショックでしょうね。
私は反対に火が付きましたけど(笑)


>k・・さん
そうなんですよ。
せっかく同じライブに参加してるんですから、皆一緒に楽しみたいですよね。
少しずつ譲ったらいいことだと思うんですけどね。


>eriさん
あ、先ほど届きました~~~。
ありがとうございます。
私信ですみません(笑)
【2010/07/08 15:39 】 | 会報・書籍・雑誌 | コメント(6) | トラックバック(0) |
前ページ | ホーム | 次ページ