スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
9月15日 VAMPS LIVE @ZEPP 東京
行ってきました、ZEPP東京2日目。
当たるとは思わずに申し込んだ当日券が幸運にも当選しました。
週末のZEPPは、当日券で当たったファンの数も相当なものだった。
サラッとレポを。

会場に入れたのは666のほぼ10分前くらい。
アリーナには端にまで人が溢れ、
人の頭の間から辛うじて上手のK.A.Zさんマイクが見えそうなところで待機。



OP、モノクロの映像でした。
幕が上がったらK.A.Zさんがチラチラと見える程度。

お借りしてきたセトリ。


1.JESUS CHRIST
2.MADE IN HEAVEN
3.THE PAST
4.REDRUM
5.SECRET IN MY HEART
6.DOLLY
7.DEVIL SIDE


このあたりまでMC無しでぶっ通しだったと思います。
ほとんどK.A.Zさんしか見えなかったのですが、JESUSからHEAVENへ入る時の高揚感はいつも気持ちがいいです。
HYDEさんの声の調子があまりよくないと聞いていたせいか、そんな感じもしたし、
実際に声がうわずってしまう時もあったと思うんですが、
SECRETでHYDEさんが振り出す叫び声が、まったく喉をかばっていなくて、
こういう切迫したHYDEさんの状態を心地よく感じたりしていました。

DOLLYのスクリーンの映像、あんな幾何学模様でよく曲を表現できるなって感動してみてました。
並ぶブロックのひとつひとつが細胞のようで、それが螺旋状を繰り返しDNAのようで、
それが歪になったり紅くなったり崩れていったり・・・・・

姿はまったく観えなかったんだけれど、HYDEさんの声の迫力が凄くて、
でもなんとなく調子が悪いって感じは否めないのに、
もう喉が潰れてもいいってくらいな勢いで歌っているのを聴いて、
「うわ~~~、HYDEさん凄いなぁ。 普通喉かばってうたっちゃうのになぁ~」と。
HYDEさんのLIVEに対する思い入れというか、LIVEに掛けてるものを感じました。

うん、そしたら自分で言っちゃうんだもん。

5連チャンだからって手ぇ抜かねぇからなぁ! 生き様をみろー

かっけー!!と思ったんだけど、
そこは言わなくてもいい~~~~~~とも思ってしまった。

言葉で言わなくていいから、歌と演奏で見せてくれって。



8.LIVE WIRE
9.PIANO DUET
10.SEASON'S CALL
11.VAMPADDICTION


かねてから注目していたPIANO DUETの照明。
K.A.Zさんの菩薩ライトとと呼ばれている(身内で)ところなんですけれど、
これが私が今まで見ていたものよりもヴァージョンアップしていてびっくり。
私が知ってたのはK.A.Zさんの後ろから本当に淡い光が足元から後光のように出ていたんですが、
K.A.Zさんが左手を上げて天を指差した後に、ドッバーーーン!!って感じに天井から幾筋ものライト、
足元からはなんかキラキラしたライトで、強烈でした!

VAMPADDICTIONですかね? 会場内の四方の壁を光が凄い勢いで走ったのは。
あれも今回初めて観た気がするんですけれど、今までやっていたんでしょうか?
この日、少し後ろのほうからの参戦だったので気がついたってだけだったのかな?


12.HUNTING
13.ANGEL TRIP
14.TROUBLE
15.MIDNIGHT CELEBRATION



アンコール


アンコ明けの有松さんのMCがかなりほっこりでした。

新潟のOFFの時に川沿いへジョギングに行ったら、後ろをずっとK.A.Zさんがスケボーで付いてきたこと。
どこまでついてくるのかな?と思っていたら、5キロずっとついてきたって。
後をついてくる子犬みたいで激萌してました。
有松さんも嬉しそうに話してたなぁ。


あとは、ラグーナでHYDEさんが毎日ライブ後の夜の海を泳いでいたこと。
そしてkenちゃんをそれに誘ったこと。
kenちゃん、「VAMPS、愉しいね~~~~」って。

kenちゃん、ソロで生かしてください!


16.REVOLUTION
17.GLAMOROUS SKY
18.LOVE ADDICT
19.SEX BLOOD ROCK'N ROLL



「グラスカ」へ入る有松さんのMCも素敵でした。
ラグーナは目の前100メートルくらい先がもう海で、海を見ながら叩くのが気持ちよくて、
ずっと笑いながら叩いていた。
TUBUさんとか夏に海辺でライブをするけれど、いつもこんな感じなのかと羨ましかった。
またそんなライブがやりたい。
ZEPPとかであまりやっていないんだけれど、海を見ながら叩いていて気持ちよかった曲。
という流れでした。


ライブは楽しかったです。
でも、もう完成されていて飽和状態という感じを受けました。

この日は会場に入れたのが遅く、既にロッカーもいっぱいだったので荷物を持ったまま。
メンバーもほとんど見れずに少し苦しいライブでした。
周りはヘドバンしたりモッシュしたりでステージ観ずに楽しんでいるファンの方もいらっしゃいましたが、
私はやっぱりメンバーの様子やK.A.Zさんのギターさばきが観れたほうが楽しめるかなぁ。

今度は19日。
これが終わったらハロウィンまでしばらくライブはありません。
最終日、思いっきり体感してこようと思います。



お返事

>りっちゃんさん
私もそう思います! 表現も皆さんそれぞれ面白いし的確だし、楽しませていただいてます。
こちらこそ、失礼等あるかもしれませんがよろしくお願いします。


>う・・さん
福岡、終わってしまいましたね~。
次のツアーまで待ちましょう! 今度は福岡行ってみたいです。


>う・・さん
笑っていいともにVAMPSからお花だったんですね~。
見損ないました・・・・

妹さん、凄いですね。
VAMPSかHYDEソロかと比較することが間違っているのかもしれませんが、
身体に染み渡るのはHYDEソロですね。
VAMPSでのHYDEさんは本当に楽しそうで、それを観ているだけでこちらも幸せになりますが、
やっぱりスパイスはそこですね(笑)


>かすみさん
いえいえ~~、とんでもないです、お声掛けてくださってありがとうございます。
短い間ですけれど楽しいお話ができて嬉しかったです。
お友達みなさん、本当にHYDEさんが大好きで、かわいらしい方たちですよね。
ハロウィンは26日は一人参戦なので、ぜひぜひ寄らせてください。
またご連絡させていただきます~~。
スポンサーサイト
【2012/09/17 23:38 】 | VAMPS LIVE 2012 | コメント(9) | トラックバック(0) |
VAMPS福岡3日目 SUZUNEさんからのレポ~
福岡3日目、K.A.ZさんファンのSUZUNEさんがライブのレポを送ってくれました~。
本日の福岡は、平日のほぼ2倍のVチケだったようですが、
平日福岡、おいちいですね。

SUZUNEさんはK.A.Zさんの大ファンで、ライブに行くといつも素敵なK.A.Zさんの様子を教えてくれます。
ということで、どうぞ~。


VAMPS@ZEPP福岡 3日目


一段あがった位置、柵有り。酸素十分。視界をさえぎる物無し。
K.A.Zさま ど正面の2Fで観るよりかなり近かったです。
という 一等地に行くことができました。
V-300番台です。 土日のVチケ、900以降ある様ですが、栄さん!
予定さえ大丈夫なら、福岡の平日はオイシイかもです!!
もっと若い番号で終わっていた様です。
栄さんにとっては、馴染みのある所でもありますし!\(^▽^)/


でっ、本編中 子羊どこだ? でHYDEさん 2Fに行ったのですが、
見上げたらなんとオクサンっ、真上におられたんですよ HYDEさんが!
真下から見上げるかたちになる訳ですが、
眉間のシワや、綺麗な鼻の穴とか、つややかなお肌とか みえるんですよーーー
あんな近くでHYDEさんみたの初めてです。


で、おそるおそる身を乗り出して、真下も見てくれるんですよー
やだっ、目があったーーって思ってしまう訳ですよー(あんなおっきな目)
綺麗でしたー素敵でしたー
1人のジュリエットに何千人ものロミオ。
そんな感じでした。


ICAN FEELのK.A.Zさまが超絶カッコよく、それはそれは素敵です。

PIANO DUET ちょっと前屈みになって マイクに近づいて、
コーラスするところで右手をイヤモニに添えていて、その姿が色っぽかった~です
首から鎖骨が、美しかったです。
男の人なのにっ!
(ほんと、男の人なのにっ!!)

PIANO DUET でK.A.Zさまに後光が射してる様でした。
あの瞬間に、魂が光になって天国へ旅立っていった?様で....
そのあとの「ありがとう」の詞が泣けました。

アーリーMCでした。
昨日のオフ日、シドの誰かも一緒だったんですって!
シドくん達は福岡サンパレスでライヴだそうです。
マオくん?あきくん?どちらか、だったと....m(__)m

白糸の滝( 前原(マエバル)という所にあるヤツかしら)へ行って、流しそうめん食べたそうです。
景色をみながら、美味しかったそうです。
ヤマメ釣りもしたそうです(於 釣り堀)
釣り番長は6匹。はぃでぃーとじんちゃんは釣れず。
(釣れず ではなく、なんかおもしろい言葉で言ってました)

アーリーのMCき聴きやすいですよネ。JINさんもシブい声ですし、Ju-kenさんもはっきりしゃべる。
.....K.A.ZさまとHYDEさんがアレなのですね。




MEMORIES 2日目はちょっと苦しそうで、 「みんなに 会いたい」の 会いたい を下げて唄っていましたが、
今日はいつもの音で唄っていました(唄えていました)
えんもー も、飴ちゃん噛み砕く音も、聞けました。


アンコでのHYDEさんが、ふぅ だの はぁん だの言っている時、
K.A.Zさまはギター調節をなされ、終えられ、準備万端。
延々続く、ふぅ だの はぁんを見ながら、なんかもう「アキラメタ」の様に、
腰に手をあて、すぐ腕組みして待機してました(*^^*)


せっぶらっろっけんろー の大ジャンプ!
お立ち台に上がって、じゅーけんさんにしがみつき、体制を整えてもらって、
十字をきってからの、大ジャンプでした!

決まりました!


以上です~。


先日、SBRRのジャンプ前にコケてしばらく立ち上がれなかったそうですからね~(笑)
今日は綺麗に決まったようで、よかったです。
SUZUNEさん、レポありがとうございました。

福岡、本当にライブで是非行ってみたいです。(仕事では何度も行ったのにね)
【2012/09/09 00:46 】 | VAMPS LIVE 2012 | コメント(10) | トラックバック(0) |
VAMPS LIVE蒲郡4日目 時間よ止まれ 君は美しい
行ってきましたよーー!! ラグーナ蒲郡! 海です海!
紫外線に弱い私にとって鬼門の海! 今、網膜やられて眼痛がハンパないです!!
でも、行って良かった。かなり無理して行ったんですけど。行って良かった。2回言ったよー。

そして、毎年やらなくていいからいつかもう一回やってほしい!
海辺のLIVE、日中だったら嫌だけど、夕刻から日没そして星降る海。
このシチュエーションでHYDEが美味しくないわけがない!
そうでしょ?そうでしょ?わかるでしょ?
うまうまごっくん。
今回躊躇した方、迷った方、無理したら行けたかもしれない方、そこのあなた!
次回あったら絶対に行って欲しい!


青い空・海(人がいない)・頬を撫でる潮風。
刻々と移り行く時とともに変化していくそれら。
日常の憂さを忘れ、気の合う友たちと最高の夏の思い出を迎えることへの期待。
夢の宴は本当に夢のようだと思うに違いない。

時間よ止まれ。

きっとそう願うだろう。
でも自分は知っている。時間は止まらないのだ。
明日になれば日常がそこにある。
時々思う。 あの日に帰りたい、この時が永遠に続けばいいのに。
今宵もそんな締め付けられるような想いを胸に刻み付けられるのだろう。



そんなLIVEでした。
ということで、よろしければ。










さて蒲郡、読み方は知っていた「がまごおり」
でもライヴがなければこの先も訪れることはなかったでしょう。
蒲郡駅から会場へ向かうバスの途中、馴染みのある大学のヨット部のハウスが立ち並ぶ一角がありました。
その中で壁一面に大学名をでかでかと書き、一際目立っていた「名工大」
知らなかった、こんなところにクラブハウス持っていたんだ。
というか、ヨット部あるのも知らんかった。
と、バスでご一緒できたちさとんさんとザワザワ。
名工大か、kenちゃん今頃何してはるんやろ?
もしかして来てはったりして。
これが後々まさかの展開になるとは思いもせずにラグーナ到着。

その節、ちさとんさんご一行様には大変お世話になりました。
皆様遠征繋がりの楽しい方たちで、ありがとうございました。
ちさとんさん、お花とフリルの似合うリカちゃん人形のような方でした。
せいらさんは潮干狩り女というよりも登山客でした。 そして一族でご来場。
マンゴーカキ氷のセレブ感が似合うカナンさんにもお会いでき、美貌に見惚れてました。
こうやんさん・・・・・いろいろ面倒くさい。通りの真ん中で荷物ガサらんといてください。

なんだかんだでライヴをご一緒する夏女パッション椿さんとお会いでき、会場へ。


会場入っての第一印象は近いっ!
前柵や花道あたりは既に人で溢れてましたけれど、それでも近い。
花道なんてはいたんが来たら噂の毛穴まで見えてしまうよ。
え? なにやらバギーでABエリアの間の通路を滑走するんですって?
そんなことも知らなかった私。 花道でアコースティックなんて当然知りませんよ。
バギーの話を聞いた時は、嬉しそうに走り回るはいどちゃんの姿が浮かびましたけれど、
ご期待通り、バギーの運転席からケツをずっと浮かしたまま無邪気に走り回るHYDEでした。
チャリンコでゆったらずっと立ち漕ぎの状態ですね。 ぷっ。

こっちでブゥンブゥンぐるぐる~、通路を猛スピードでかっ飛ばして(ヒラヒラしたのが目の前を一瞬)
あっちでヴゥンヴゥンぐるぐる~~~。
スクリーンで観たらドヤ顔です。 呆れるほどに。 
どやぁー! バギーの俺様も格好エエやろ、どやーー!! ヴォンヴォンやでーー!
K.A.Zさんも楽しそうでした。
このまま2時間半この画でもいいよというくらい楽しそうな二人が可愛くもイトオシイです。
まだライヴも始まっとらんとゆうにどうしましょう。
シチュエーションの開放感に感情も大解放です。



ぎゃーぎゃーの中、花道にぴょっこり現れたHYDEさんとK.A.Zさん。
げー、花道きたらほんまに近いやん。目の前やん。
ナタリーの記事みたら、ランウェイと柵まで結構あったのね。
そんなこと思わせない近さでしたよ。
だからみんなおいでよラグーナに!


LOVE ADDICT
HELLO

もうね、一曲一曲がどうだったかなんて忘れてしまったよ。
ラヴアディはね、今回は先にK.A.Zさんのほうがステージに上がっていたので、
後からHYDEさんがギター弾きながら花道歩いてました。
ステージではK.A.Zさんが待ってますよ。
おばたんテンション上がっちゃってピョコピョコ跳んじゃいましたよ。
VAMPSの二人が向かい合って弾くところが好きさ~。



HUNTING
え~? もうハンティング?と正直思ったんですけどね。
あの、HI!HO! LET'S HUNT!でみなさんピョンって飛ぶじゃないですか、
あの時ってはいたんも飛んでるんだね?
でもギター抱えてるからちっちゃいの、ジャンプが。
LET'S HUNT! ピョコ。 上手の花道でちったく飛んでました。

そして放水。
わーいと水を受けにいくおばたん二人。
HYDEさんはかなり念入りに水を撒き散らしておりました。
再びのドヤ顔で。 
近くで見ていたら随分と勢いのよい放水だったのですね。
直撃されたら水着がズレてポロリとなりそうです。

 
ANGEL TRIP
この曲。タオル回すしかないでしょ! それが楽しいんでしょ!!??
なのに隣のマダムはまたタオル持ってきてないんだよ!
「タオル持ってへんの?」 
「にっこり」
自分が回って飛ぶ(ブログより)つもりだったらしい。

ちゅぅらくてもぉ~ わらぁってぇ~~~~

とりゃーって投げたK.A.Zタオル(定番)が横風に煽られて、
あ、この位置だと・・・・・と思ったら案の定、隣のマダムの頭にバサッと着地。
漫画みたいにバサッと。
K.A.Zタオル被って笑ってるマダム。悪いけど吹き出しちゃった。



Ju-Kenさんのベースソロ
花道歩いて出てきてくれた。 デカいので観やすいですよ~。
Ju-Kenさんね、格好いいんです。 でもスクリーンに映っているはいたんがしょーもないんです。
合掌してインド舞踊みたいに、目をまん丸に開けて首を左右にコキコキしてるんです。
お人形さんのようで、ちょっとキモイ。
Ju-Kenさん、曲名が分からないんだけど、みんながよく知っている曲のフレーズを弾いてます。
はいたん、それに合わせて白目向いて小刻みに身体を揺らしてます。
痙攣してます(笑) マダムは全身で拒否してました。
しばらく観てるとホラーです。
Ju-さんが格好よくやってるのに、どうしても笑いが渦巻く会場。
Ju-さんがステージ向くとしらーん顔して違うことするはいど。 酷い奴や。
結局気づいて、「あ~~もうあにぃ~~」って感じで笑いながら指差してましたけど、
人がキメてんのにエー加減にせぇよと思わないのか、諦めてるのか、自分の立ち位置理解してるのか。

ここでSAMSARAみたいな音が聴こえてきて、マダムと顔を見合わせる。
さっきの変なインド人HYDEはここに繋がるの!?
嫌な繋ぎだな。 冗談やないですよ、これは。
私はいいけど、SAMSARAに傾倒しているマダムはええんやろか?
そんなん心配してたんですけどね、ちゃうかったですわ。



I GOTTA KICK START NOW
花道のJu-KenさんのところへK.A.Zさんも出てきてKICK。
まぁ、これが格好よかった!
この曲、テンポが悪いのかライヴではいまいちノれない曲ですよね?
HYDEさんもどうやら掴めてないそうですけど。
でも私はギターもベースも格好よくって大好きなんです。
「ギャーーーー!! K.A.Z格好いいーーーーー」
叫びました。
その後、上手で弾くK.A.Zさん目指して前に突進しました。 走ったよ。ぴゅーっと。
「ちょっと行ってくるわっ!」
マダムに自分の荷物番させて。
だって、すっごく近いんだもん。 なのにスペース余裕であるんだもん(ZEPPに比べたら)
だからみんなラグーナおいでよっ!
 
でも元の場所に戻る時、ちょっと恥ずかしいね。


MEMORIES
GLAMOROUS SKY


海に向かってメモリーズを歌うHYDEさん、気持ちよさそうでしたね。
I GO BACK IN TIME 海が近かったあの風景へ
今日、海、めっちゃ近いやん!と思った。 そこだけやけど。
はいどはまだ駆け抜けてる途中です。 止まったら死んじゃうマグロですからね。
はいたんと一緒に駆け抜けた今日も大事な記憶だよ~~。
いつかボケて忘れてしまうかもしれへんけど。

グラスカはね、私、歌詞がう~んなのでこれは歌うHYDE、弾くK.A.Zさんの姿に集中。
あぁ、でもHYDEさんに結構釘付けでした。
そしてK.A.Zさんへのボディタッチが遠慮がちに見えたはいたん。
背中にそっと手を添える感じ(笑) 
いい加減邪魔したら睨まれることをお勉強したのだろうか。

どこかでHYDEさん、海がすごいよ~とロケーションの素晴らしさを語っていましたね。
ファンの方の「一緒にはいろうー!」というお誘いに、
そんなんしたら俺犯されるやん! 考えられへんわ。 こあいこあい~~~。
ゆうてましたけど、あり得るなと。
そんなシチュエーション想像したら胸が高まりましたわ、正直にゆうけど。
理性はいらなーい! 本能のままにー! っつったらこおゆうことやねんではいたん!!
誉めてくれ。
え? 自分はそんなことない? うそぉ?


REVOLUTION
HIDEAWAY

はぁはぁ、つ・疲れたな。


さぁ、アコースティックタイムです。
先ほどの記述とおり、私全然知りませんでした。
もしかしたら椿さんからレクチャーされていたのかもしれません。
こうやんさんがそんなこと言ってたのかも。

聞いてませんでした。

みなさん花道のほうへワラワラと近寄っていきます。
「なに? なにがあるの?」マダムに聞いてみます。
「アコースティックよ」
足元に放り投げてあった荷物を引っつかみ私も群集の中へ。
左前方のお嬢ちゃんたちが「ぎゃーぎゃー」凄い騒ぎです。
「押さないでよ!」「下がってっていってるでしょ!」(スタッフに言われてました)
「やめてよイタイ!! イターーーイイ!!」
悲鳴というより怒号が飛び交っていますよ。 エライ騒ぎです。

五月蝿いわ! みっともないわ! 見苦しいわ! なんなんや!!??

なんの騒ぎかと思ったら、アコースティックの時は柵を開けてくれてメンバーの足元で演奏を堪能できるんですね。
鬼の形相で怒鳴り散らしていたお嬢ちゃんたち、
アコースティックが始まると先ほどの喧騒はなんだったのかと思うくらいうっとりとした表情で、
涙まで浮かべながら聴き入っていましたよ。
いや~~、ちょっと恥を知りなさい。 それ観てたこっちが恥ずかしかったです。

「HYDE、裸ん坊w」
へ? 人の頭ばっかで裸ん坊が見えんがな。
気づいたらほんまに裸ん坊やが目の前でした。
裸に黒い女優帽。 揺れる横○○。
JINちゃんを一瞬Ju-Kenと空見。 Ju-さんキーボード?と思ったけれど、
そんなわけがない。
人に埋もれてる私をマダムがたかいたかいしてHYDEさんを見せてくれました。


時間よ止まれ(矢沢永吉)

夏の日の恋なんて幻と笑いながらこのひとに賭ける
思い出になる恋と西風が笑うけれどこのひとに賭ける


うっとりとした表情で歌うHYDE。
CMで聴いてて好きだったけど、最近聴きなおしてみて歌詞が気に入った。
このひとに賭けるとHYDEが歌うたびにどきりとしました。
ちょっとHYDEの恋を想像しちゃいましたね(笑)

私もCMで聴いていたくちですけど、当時「時間よとまれ」とくると、『ファウスト』を連想させられました。
「時間よとまれ そなたは美しい」
この台詞を発した瞬間、ファウストはメフィストに魂を取られるという恐ろしいキーワードです。
椿さんが資生堂のCMを紹介していますが、このキャッチコピーも永ちゃんの歌も、
ファウストのこの台詞にも掛けているのだと思ってましたがどうなんでしょう?

「そなた」とは「時」のこと。 その「一瞬」のこと。
止まって欲しいと思うほどの素晴らしい一瞬。
なんとドラマティックな台詞でしょうか。 ドキドキしますよ。
何度もそんな想いはしてますけどもね。


「K.A.Zさん着物着てるよ」
JINちゃんとHYDEさんの二人のセッションが終わって、
沈んでいく夕日の中、着流しのK.A.Zさんたちが登場。有松さんは作務衣?
やっぱり観えない私を、マダムがもう一回たかいたかい。
人垣からぴょっこり上半身上がる私。
わ~~、よく観える~~。 K.A.Zさん黒い浴衣~。 右腕まくってる~~。
ありがとうマダム。


ここで夏といえば何?と、HYDEさん、一人一人に聞いていました。
JINちゃんはまたしゃべっちゃいけないキャラなのか? ジェスチャーで「蕎麦」
Ju-Kenさんは「海!」
夜9時になったら眠くなっちゃって、朝、めっちゃ早く起きるんやろ?小学生みたい。
それうちの家人ですよ。 8時に寝ます。
有松さんも「海」というか「水着」 パステルカラーでヒラヒラ水着。

K.A.Zさんはメンバーそれぞれの答えを楽しそうに聞いてるようでしたけど、私は不安でしたね。
きっとHYDEさんはK.A.Zさんに考える時間を与えようと聞くのを最後にしたんだと思うのだけれど、
ちゃんと考えてるのか不安でした。

K.A.Z君は?
え? 夏っていったら?
やっぱり聞いてない・・・・苦笑

お約束な展開なんですけど、それが嬉しかったりします。
そんなことないよ! 空とかぁ、ほら、あの入道雲とかさぁ。
スクリーンにK.A.Zさんが指差した方向の空が映し出されてます。
ピンク色に染まった入道雲が確かにありますね。

あ~~、あの夕日が当たってるの?
ふんふん、あれね。なるほど~。
いや、そのもうちょっと右の方の上切れてるやつ。
え!!??  アレじゃない? アレじゃないの? 上切れてるやつ?
アレって入道雲って言うの?(えぇ、否定できません)
入道雲の上が切れてるバージョン!!
(〃´▽`〃) 時間よぉ~~、とぉまれぇ~~~・・・・・その時の私。 無理やり入道雲にしたしね。


EVANESCENT
SAMSARA


SAMSARAに入る前にHYDEさんが宇宙の話し始めましてね、
あぁ、SAMSARAやってくれるんですね~、マダムよかったねと思ったんだけれど、
ライヴ始まる前、はいたんの宇宙の話をしていたんですよ。
そしたらそんな話を始めるでしょう?
マダムの反応が知りたくて、何度も振り向きました。

この間夜の海に浮かんでいたら、宇宙の一部になった感じだった。
くるっ
「にこり」

宇宙に浮かんでる気分だった。
くるっ
「に・にこり」

宇宙は上にあるんじゃない。 宇宙の中にいると感じて。
くるっ(にやぁ~~~~)
バシッ!(叩かれました)



MISSION
大好きです。名曲だと思います。
原曲には血の味を感じるんですけど、アコースティックにもそれはありました。



休憩タイムの映像ショー

スクリーンにテンポよくメンバーが映ります。
HYDEさんはフォトジェニック。 やっぱり撮られ慣れてます。
振り向きざまの髪がなびいている写真など、ファッション雑誌の表紙のようです。
次々と現れるHYDE。観ていて楽しくて仕方ありません。
やっぱりHYDEは美しいのがいい。 だって美しいのだから!

そしてK.A.Zさん。慣れてはきたんでしょうけれど、初々しさが残ってます。
表情もまだどうしていいのかわからなくって顔だけおんなじ~。



KYUKETSU -SATSUGAI VAMPS Ver.
これを歌うHYDE、大好きーー!
歌ってること可愛いのにデスヴォで顔が憎たらしいから。
どの瞬間も見逃したくなくて踊りながらずっとスクリーンを観てました。
K.A.Zさん、格好いい曲です!
KYUKETSUせよ~~~~っと喉仏丸見えで仰け反るHYDEもおいしい。


MADE IN HEAVEN
THE PAST


あぁ~、大人な雰囲気だわ~。
スクリーンの映像も紅く加工されて怪しい雰囲気。
ファンの様子もほどよい疲労感から音にトランスされている。
あぁ~~~、風が吹いて気持ちいいよぉ。


SWEET DREAMS


K.A.ZさんのMCはここだったかな?
こんにちは~~~
ライヴも残り少なくなってきて、お天気もいろいろだったけど、
楽しめたと思います。 みんなありがとう。

みんなクラゲに刺されちゃうよ

↑これ、どうしてこのMCになったのかわかりません。
なんでクラゲ出てきた?


みんないっぱい揺らしてくれてありがとうな。
あともうひと揺れしてくれなっ

あなたもっ!


DEVIL SIDE
TROUBLE


このあたりから私、帰りのバスの時間が気になりだしまて、ちょっと集中力に欠けました。
自分でこんなのつまらんなと思いながら。
隣のマダムも時間を気にしてくれて悪いなぁと思い、トラボー終わったら出ようと身支度し始めた矢先。

有松さんのドラムが・・・・・?
「これ、なに?」
マダム、いいにくそうに言います。
「アイムソじゃない?」

う・・・ん、もうちょっと聴いていこうかな?
うん、あと5分。そしてダッシュしたら間に合う!
私、その時まだ迷ってました。
そしたら、はいたんが言うんだもん。


今日遊びに来たお友達、ギターの上手いお友達だから、
一緒に演奏してもらうことにしました


顔を見合わせる私たち。
「だれ?」
もしかして、kenちゃん観に来てたりするのかなぁと、ライブの途中でふと思ったりしてたんです。
「もしかしてkenちゃん?」と言いかけた時、
kenちゃん登場です。

kenちゃん? kenちゃんだ!
だーーっと前に押し寄せるみなさん。 もちろん私たちも行きましたよ。
だってkenちゃんったら、VAMPSグッズに身を包んですっごく嬉しそうに出てきたから。
健康そうに丸くなってたし。

いろいろ思うことがある選曲だけれど、私は素直に嬉しかったです。
こんなサプライズが楽しかった。
kenちゃんめ~、はいどめ~。
どうしてくれるんや。 予定よりちょっと遠回りして帰ることになりそうやないですか!
大丈夫。 金はあるから(嫌な解決法)
もうこうなったら最後の花火まで観て帰ってやる~~~。

あぁそれにしても、kenちゃんとK.A.Zさんが並んでギター弾く姿が観られるなんて!
有松さんのドラムでアイムソが聴けるなんて。
Ju-Kenさんと絡むkenちゃんがいるなんてね。

HYDEが嬉しそうでkenちゃんが楽しそうだった。
え?kenちゃんがはいたんになんかしたって? へー、そうなの?
知らない。 一切観てないですよ。 気づかなかったー。
私、マダムと抱き合って、手を繋いだまま天を仰いで泣いていたから。
気持ち悪いねー。 

だってなんか幸せだったから。
こうやってHYDEの想いが越えていくことが。
I LOVE YOUと伝えたい人が、今いるっていうことがね。


ちらっと観ましたよ。
こういうことについて心を痛めてるファンがいるって。
別にそれが嫌だと感じててもいいじゃないですか。
ライヴでそういう思いをしてしまうのは残念だけれど、
HYDEがライブで何を歌うのかも自由なら、それについてこちらが何を思うのかも自由。
誰に遠慮することもない。 それがあなたの曲に対する想いなんだから。


曲が終わったらkenちゃんは一言もなく、HYDEさんからの言葉も受けずにさっさと帰っていきました。
あ~、kenちゃん流石。 お利口さんだわ。 心得てるのねと思ったのでした。



SEX BLOOD ROCK N' ROLL
そんなkenちゃんの配慮から、変に流れも滞らずに最後の曲へ。
前へと押し寄せていたファンも、みなが再びそれぞれの場所へ戻り、
曲を楽しむスペースを確保しつつ終演へ。

kenちゃん登場に多少の高揚感を持続させつつ、しっかりVAMPSのペースへ戻すHYDEさんも流石です。
そしてファンも図太い。
きっちり騒いで叫んで踊って飛んで跳ねて・・・・・

花火が海から上がりました。
どこまでも楽しませてくれるHYDEさんに感謝。
来年とは言わない。 またここでやってくれないだろうか?

夢は夢であるからこそ艶やかに、美しく。
そんな時を過ごせたことが幸せでした。
青い空を見るたびに私は今日を思い出すでしょう。

ありがとう、夏!


【2012/08/21 23:54 】 | VAMPS LIVE 2012 | コメント(30) | トラックバック(0) |
Friday the 13Th いろいろ降臨VAMPS LIVE@ZEPP TOKYO 続き
そういえば2年前の7月13日は、ZEPP仙台でVAMPSのライヴに行っていたんですね、私。
7月13日ZEPP仙台
懐かしい~。 ZEPP仙台、本当によく行ってたんですね・・・・・


さて、昨晩、レポ書いてたら我が家急に停電したんですよ。
いつもはPCの電源を急に落としても書きかけのブログの内容が残ってるんですけれど、
昨夜は残らなかったんです。 久しぶりにダメージ受けました。


ということで、MCの順番を覚えていないんですけれど、よろしかったら。



ANGEL TRIPの「Let's sneak away~」のところ、日本語で言ってたんですね?
今まで気づかなかった。 というか、囁いてるんで聞えてなかった。


パーティー 抜け出さない? 二人っきりで・・・・・いくよっ!
その顔で言われてもな~~~


騎乗位並みに動いて!
動くと気持ちいいから~
騎乗位と一緒だから

東京、もっと凄いんだろ?
邪魔なやつがいるんだ・・・・・理性ってやつが!
理性は・・・・・
(いらなーい!)何度もリピート
いらねぇぇぇぇええええええ

ってね、理性はいらないが非常にしつこいんですけど、
本能のままにへ移る前に、

あ、もう一個って、一瞬素になるとこが私の吹き出しポイントです。


「の」の字がいいってほんとなんですかね?
そしてこのMCの直後に吹き出したのも私だけでした。

「の」の字? 「の」ってどうやって書くの?
こ・・・・・う(やらし~く、ねっとりと書いてました)
そんなのやれないよ(笑)
え? K.A.Zさんがやるの??!!!と、挙動不審だったのも私だけでした。

K.A.Zくんはウルトラピストンだから、そんなんやってるひまないって
K.A.Zさん大爆笑


で、「TROUBLE」に入ると周囲のみなさん結構ヘロヘロなんですよ。
でも、ひとつ前の柵の一番後ろのほうでちっちゃなモッシュが自然派生していました。
ものすごく控え目にやっていたんですけど、楽しそう~~~。

「LIVE WIRE」の途中でやっぱりハァハァやって、ミッセレで本編終了。
LIVE WIREで私もかなり上がるのでミッセレではかなり朦朧な状態でアンコ待ちの状態だったんですが、
その間、私のお隣にいたカップルの会話が可笑しくて耳ダンボでした。

彼氏:凄い盛り上がりだね
彼女:HYDEさん、テンションおかしいよね?

彼氏:胸んとこ、��って書いてあるし・・・・・
彼女:え?うそ? そんなこと書いてあった?

彼氏:ほんとほんと、おまけに下まで矢印引いてあるし・・・・・
彼女:なんか意味あるの?

彼氏:矢印の先に「金」っていう意味かよ?
彼女:・・・・・ (わかった!)マジで!!??

彼氏:そうそうそう、そんで13金とか(笑) イケてるよね!
彼女:(爆笑)

実はその彼氏の説明で私も気がついたんですけどね。
いえ、それが真実なのかどうかは別にして。


アンコ明け

あれ? HYDEさんのあわせ鏡の話はここでした?

飴舐めるの忘れたの
いつも桃の飴をね、舐めてるんですよ
桃の飴をね、舐めてるんですよ・・・・・桃の飴をね・・・・・・・舐めてるんですよ。

桃の飴を舐めてるを4回ほど繰り返してました。

アルファベットで・・・・・えんおーえんおー・・・・・・えんおー・・・・・えんおー
K.A.Zくんの実家は桃あるよね?


うん、有名だね。 えむおーえむおー

Σ(∂д6)K.A.Zくん、今なんて言ったの?

(笑)えむおー、えむおー

K.A.Zくんがえんおーえんおー言ってくれたからいいや
飴を忘れたこと? 凄く嬉しそうな顔でしたよ。
K.A.Zさんは何も考えずに「えむおーえむおー」ってさらっと言ったのに、
あまりのHYDEさんの食いつきようが可笑しくて笑ってるっていう感じでした。

で、「HUNTING」、「HIDEAWAY」、「SEX BLOOD ROCK N' ROLL」
私、フラフラでした。
そんなに込み合った場所でもなく、割と自由に動けたのでなお更飛んだり、跳ねたりしてヘロヘロ。


ステージ上をHYDEさんはものすごく動いていたと思います。
あっちにヒラヒラ、こっちにヒラヒラ。


成りがあんなだったし、MCに出た「合わせ鏡」の話から、小さい悪魔が踊っている姿を連想してしまいました。
星 新一の「悪魔のいる天国」というお話だったと思います。

合わせ鏡で捕まえた悪魔。 何をしても死なないんです。
尻尾を切り落としたりなんかして、そのときは「キーキー」と痛がるんですけれど、
一夜明けると元通りになっているんです。
そして悪魔のくせに常にビクビクとしていて、捕まえた話の主人公(カップル)にだんだんと嗜虐心が芽生えていきます。
二人は入れ替わり立ち代り、悪魔に悪魔のような所業をし、それがエスカレートしていきます。
でも最後、その悪魔、二人の隙をつき、また鏡の中へ戻っていきます。
二人にもはや日々の憂さ晴らしをしていた悪魔はいませんが、
惨たらしく残虐な行為を相手に平気でする心だけは残ります。
もはやそうせざるを得ない習性となってしまった二人にどんな結末が訪れるのか。
お話はそこで終わります。


ひらひらステージで小悪魔のように舞うHYDEさんを観ていたら、
人間がふとしたきっかけでその行動がエスカレートし、
歯止めが利かなくなっていくというこの話が、
まるでシンクロしてるかのように思えてきました。
一度行ったらまた行かざるを得なくなるVAMPSのライヴ。


そこはまさに「悪魔のいる天国」

【2012/07/15 23:57 】 | VAMPS LIVE 2012 | コメント(14) | トラックバック(0) |
Friday the 13Th いろいろ降臨VAMPS LIVE@ZEPP TOKYO
13日の金曜日。 キリストの磔刑の日だったとかいろいろ俗説のある13日の金曜日。
ジェイソンの命日でもある13日の金曜日。
13日、この日がライヴ等と重なる度に、勝手にHYDEファンとyukihiroファンが盛り上がる日でもあります。
というわけで、チケット取ってはいなかったんですが、
締め切り2分前にたまたま当日券の申し込みページを見てしまい、ポチっとしてしまいました。
で、当選して会場に行ったら、私が最後の当選者でした(名前がリストの一番最後にあった)

会場前でkazueさんとそのお友達にご挨拶し(kazueさんはその後最前コーナーへ)、
物販の前でフラフラしている椿さんと偶然に目が合い、入場前までお話し。





さて、ライヴ本編。











一人だと6:66まで長い長い。
今日の日にOPに期待しているファンも多かったはず。 時間が近づくにつれ歓声も上がっていきます。



OP

6:66へのカウント数の字が歪み、暗幕が血塗られて、浮かび上がったのは

Friday the 13th

それが消えると
「666」そして、
デヴィルスター
デイヴィルスター


幕が開いてシルクハットのju-kenさんが一番最初に確認できました。
その後、HYDEさん。
ヘアスタイルが今までのわんこヘアーからさらに盛られて、ますますわんこ。 ワイルドなわんこ。
で、K.A.Zさんのもみあげ確認して・・・・・なんか異様なものを観たことに気づき、
HYDEさん二度見。

前回も書きましたけれど、13日のHYDEさんは記録的ないでたち。
大真面目でやっているのかノリでやっているのか?
黒塗りアイメイクに黒いリップを塗られた口は避けて縫い付けられています。
半裸の胸には「ⅩⅢ」の数字。 最初見たときは「KILL」って書いてあるのかなと思いました。
そしてⅢが一本なが~~~く下の方まで伸びていて↓になり、
↓の先には・・・・・うん、確かに「金」があるよね。 「13金」


これは・・・・・どうしたらいいの?
13日の金曜日にある意味「正装」してきてくれたHYDEちゃんが愛しいよ。
なんかまた細くなった?

JINちゃんはよく見えなかったけど、そのお隣の有松さん、
すでにペイントなのか紋々なのかTシャツの柄なのかわかりませんが、
そのフェイスペイントが一瞬櫻紋に見えてしまった。
arimatsu blog そしたらこうなっていたのね。

途中でシルクハット脱いだju-kenさんのヘアスタイルとHYDEさんのわんこスタイルが被って、
後ろ向いた野獣さんをはいたんだと間違えて見つめていて、デカさで気づいたよね。
獣さんは後半にファンが持っていた(たぶん)ジェイソンのお面も被っていました。


ステージ、最初から炎が点火されていました。
この日のメンバー、VAMPSとは別もののバンドのようでした。
すべてが異様と違和感の一曲目は「KYUKETSU」(私、「SATSUGAI」って書いてましたね) ヴィジュアルに合ってる。

お借りしてきたセトリ

1 KYUKETSU
2 MADE IN HEAVEN
3 VAMP ADDICTION
4 EUPHORIA
5 SECRET IN MY HEART
6 IT'S SAD
7 REDRUM
8 DOLLY
9 PIANO DUET
10 JESUS CHRIST
11 DEVIL SIDE
12 ANGEL TRIP
13 TROUBLE
14 LIVE WIRE
15 MIDNIGHT CELEBRATION
16 LOVE ADDICT
17 HUNTING
18 HIDEAWAY
19 SEX BLOOD ROCK N' ROLL


1~10までの流れ、幕開けの「KYUKETSU」は置いておいて、
改めて見てこの流れは今回参戦した中で一番よかったです。

「MADE IN HEAVEN」と「VAMP ADDICTION」
「EUPHORIA」から「SECRET IN MY HEART」と「IT'S SAD」
「REDRUM」と「DOLLY」
「PIANO DUET」と「JESUS CHRIST」

気持ちよかった~。 特にジーザスまできて私はトランス状態寸前まで逝きました。
あとに続くはもう体力勝負。 アンコの休憩があって丁度いい。
これ前半に持ってこられて立て続けにやられたら、離脱者続出です。


MCはこんな感じ
なかなかMC入らなくて、このまま行くのかと思いましたけど。


K.A.Zさん

こんばんは~~~~・・・・・、こんばんは~(2回言いました)
今日なんの日だか知ってる? (!!! !!!!!)

え?(かならず聞きとれないよね)

そう、13日の金曜日なんだけどぉ。 いろいろ調べてきたんですよ。
月日の周期ってね、400年で一周するんだって。 
でね・・・・・、うんとね・・・・・・・
ちょっと待ってね


で、おもむろに足元のメモを取り上げました。 その場で転がりまわりたかったです。

でね、13日の金曜日の組み合わせが・・・・・ちょっと待ってね、今計算するから。
先生の話は静かに聴きなさい


今日は事前に調べてきたし、手元にカンペもあるので超強気でした(笑)
まぁ、長続きはしなかったんですけど。

組み合わせが、その400年の間に・・・・・688回あるんだけど。
うちらはヴァンパイアだから
(歓声)何回もあるけど、みんなは・・・・・・少ないよね。

あ、あとね、オカルト記念日でもあるんだって。 
映画の『エクソシスト』ね。 1974年の13日の金曜日に公開(?)されたって。


へぇ~~~~、パチパチパチーーーーーー(会場)

拍手されても俺が作ったんじゃないから(まだ強気)
あとね、これは今日は「モツの日」、あ、これはなぞなぞにしようかな。 どうしてだと思う?

なんでーーー? なんでーーー?

すぐに何でもそうやって考えずに聞こうとするのよくないよ!
(おぉーーーーー、今日はどうしたんだろう、K.A.Zさん)

内臓の日!(会場)

あっ!(嬉しそうに指差しながら) 
そう、よく知ってるね!
時々調べ物すると物知りになるよ。

・・・・・・・・・
・・・・・・・・・え~~~~っと、え~~~~と・・・・・・
で、これどうやって〆たらいいのかな?


K.A.Zさん!! 目線がはいたん探してる~~~~
このとき上手にいたHYDEさんがとととと~~とK.A.Zさんのほうにきて、
すれ違いさまにK.A.Zさんのお尻をポンッと叩いて、

「ど~~~も」で〆て
・・・・・・・ど~~~も


今日も着地点のないK.A.ZさんのMC。
もうそれを扱い慣れてるはいたん。



HYDEさんMC

今日は13日の金曜日ですね。 
この間まで知らなくて、3日くらい前に知りました。
ファンの子に「何するんですか?」って聞かれて。

なんでなんかせなあかんの?

で、急いで工夫しました。

本当は知ってたんだけど(笑)
用意じゃなくて工夫が大事
(とかいうこと言ってたかな?)

くふう・・・・
く・ふ・う・・・・・・


なににツボったのか、この「く・ふ・う」がかなりお気に入ったようで、
その後何度かゆうてましたが、最後に、

くふう・・・・・・ふっ!

なぜか噴出すはいど。


最近は怖いものがなくなったけど、昔は「あわせ鏡」が怖かったんですよ。


星 新一の短編にありましたね。 13日の金曜日、あわせた鏡を覗くと、
1秒ごとに鏡に映る間を悪魔が飛び越え、覗いている自分にだんだんと近づいてくる。
0:00丁度にあわせた鏡と鏡の間を飛び越えるので、そこで待ち伏せして悪魔を捕まえるとう話。

で、その0:00を想定して話ているHYDEちゃんがまさに悪魔を捕まえるようなジェスチャーをした寸前に、
男性ファンが
「うわぁぁああああああああ~~~~~」
って叫んだんですよ。

手を伸ばして目の前の悪魔を捕まえようとしていたHYDEちゃん、

びくぅっ!

してました。 上半身裸で、胸に「ⅩⅢ」書いて。

こういう間の悪い奴がおんねんっ!!!

確かに、間が悪かったです。
でも、あのいでたちでびっくりするHYDEちゃんを拝ませてくれたことに感謝します。
でっかい犬もびっくりしてましたけど。
ここだけ映像でほしいです。 DVDに入れてください。
たぶんみんなリピートするよ。


今日は暑いですね~。
ちょっと家事に戻ります。


昨夜帰宅したら玄関においてあった伝言。
伝言
もう15年以上我が家にいるカエルのオルゴール。 宝物~。

ふと横を見たら壁に張り付いてました
雨ガエル
部屋の中で蝙蝠が飛び、蛙が跳ねる我が家。


お返事遅くなっていてすみません。
【2012/07/14 14:39 】 | VAMPS LIVE 2012 | コメント(6) | トラックバック(0) |
いろいろてんこ盛り、HYDEの頭もてんこ盛り















暗幕に「Friday night 13th」
その後「666」とサタンの紋章

登場したHYDE観て、KAZさん観て・・・
HYDEちゃん二度観


今日のHYDEの通りです
もう、突っ込んでいいのか、あ、私突っ込むもの持ってないわ…
真面目に感動したらいいのか

ワンコヘアー、一層モリモリ
目の周り黒いし
口、裂けてるし

胸には「??」って書いてあるし
なんかギャランドゥーのほう↓引いてあるし

どうしてほしいのHYDEちゃん!?

思っていたら

SATSUGAI

キター(゚∀゚)


あとは怒涛のセトリ

ユルユルKAZさん先生が今日は何の日?講義で
何でも考えずに聞くのよくないよ
と諭すも、結局収拾付かなくなり・・・

HYDEがMOMO食べるの忘れてたけど、
KAZさんのMOMOで機嫌直して、
HYDEちゃんはまだ「のの字」は無理で、
KAZさんはそんなことやってる場合じゃないライブでした


面白かった、楽しかった
セトリが良かった


言われんでも手放せる

また後ほどm(_ _)m

【2012/07/13 21:45 】 | VAMPS LIVE 2012 | コメント(10) | トラックバック(0) |
本日の当日券
いつも当日券のお知らせメールが来るのに、今日ありました?
私のスマホの調子が悪かったんでしょうか?

なんだか朝からメールやFAX送ったり、電話が続いたりしていたら、
ネットに繋がらなくなったりしてました

繋がっても直ぐにスマホがダウンしたり

で、気づいたら11時58分(゚∀゚)
ダメもとで申し込んだんですけど、確定したのは12時すぎてました
でも、申し込み完了画面になったんですよ?
どういう仕組みか分かりませんが、深く考えない

で、当たりました(驚)
家人にすっとぼけて出てきました(笑)
行ってきまーす
【2012/07/13 16:36 】 | VAMPS LIVE 2012 | コメント(4) | トラックバック(0) |
7月7日 VAMPS ムレムレLIVE@ZEPP TOKYO
行ってきました、七夕ライヴ。
直前でチケット譲っていただけました。 ありがとうございます。

そして急遽、名古屋から親子参戦のあんちょママさんとご一緒させていただきました。
もちろん娘ちゃんのあんちょちゃんも一緒です。
親子でVAMPSのライヴTシャツで、とっても仲のよい親子さんです。
ライヴ中も仲がよくて、いや~~~、ライヴ好きなお母さんの理想像ですね。
そんな娘ちゃんの夢は家族でライヴ参戦。
そのためには同じ趣味の男性と・・・・・・と力説してました!


実はライヴ終わってその帰路で、
ゆりかもめに乗り汐留でゆりかもめのレールがぐる~~~~って回るのを観ていたら、
自分の目もぐる~~~~と回って気持ち悪くなってしまい、
帰宅直後からトイレに篭城。 明け方6時頃まで出られず、自宅トイレで一泊しましたよ。
そんなことで、記憶が薄らいでいますけれど、
さらっとライヴの感想を。
よろしかったら。






OP
オールドムービーのような映像が映し出されてました。
昔のアパルトメントみたいな建物(窓が並んでいる)が映され、その一室の映像に。
そして住人の女性の後姿、首筋と、何者かの目線かのような映像で、
いきなり幕が開きステージが現れました。

そうだ!
OPで掛かった曲が分からないんですけれど、
これに自然と拍手が起こって、それがなんか新しかったですね。


本日3柵目(?)後方。 う~~ん、野獣さんの顔だけ見える。
HYDEさんは観客の頭の中。 KAZさん、かろうじて見える。
!!
K.A.Zさん髪の毛短くしたのね!!!
全体的にこざっぱりなんだけど、もみ上げがちょこっとあって、あら可愛い!!
左袖がボーダーで、右袖にお星様ついてます。

頭と頭の間からみえたHYDEさんは、メッシュの位置が髪の毛が伸びたのか下がってきて、
遠くからみると耳の垂れたワンコにしか見えません。

あとの二人、JINちゃんは全く見えず、有松さんは遠すぎてシルエットとしてしか見えません。


そんなんで、ステージのセンターから右、
ワンコと星条旗の反対みたいな人が運よく視界が開けてちょいちょい見えるなぁと思っていたところで
ライブスタート。


一曲目がまさかのJESUS CHRISTだったのですよ!!!
これは本当に予想外でした。
バックにフラッシュバックのように様々な映像が映り、最後に磔刑のキリスト。
今回のステージバックには前回までのような大掛かりなセットが何もなくて、
映し出される映像と照明を駆使していました。
照明の色が綺麗でしたね。 こんな色、どうやって出すんだろう?って思ったものもありました。

MADE IN HEAVEN
DOLLY


『FAITH』が大好きな私としてはこのOP3曲の流れ、
全身痺れるかのような感激。
『FAITH』作品のグラマラスでゴージャスな音がしっかり再現されていました。
実のところ正直いいますと、仙台では「あれ?」って感じなVAMPSさんたちだったのですよ。
HYDEさんがラルクからのシフトが急だったので、そんなもんかと思っていましたけれど、
しばらく箱まわってきて東京もどってきたら、すっかりVAMPSになっていましたね。
しかも、HYDEさんの声も表現力も素晴らしく以前のVAMPSを上回っています。
これもラルク効果なのかと。


COSMOS
RUMBLE
GET UP


VAMPSのお部屋的イメージのステージセット、あれはあれで世界があってよかったんですけれど、
そのセットとは無縁は曲調のものもあったわけじゃないですか。
その点今回は照明の色やリズムを曲のイメージに合わせていけるので、
すっきりしてるというか、曲に同調できる感じで、
ライヴのイメージが少し大人っぽくなった印象を受けました。

MCは相変わらずでしたけど。

DEVIL SIDE
K.A.Zさんの早弾きガン見。
あの、ちょいちょい野獣さんがK.A.Zさんに絡みに来るんですけどね、
ま~~~K.A.Zさん、ツレナイもんですわ。
というか、今日のK.A.Zさん、ギタープレイにとっても集中してるようでした。


REDRUM
私が唯一はいたんだけに集中していた曲。
今日のはいども前面おっぴろげーだったんですけれどね、
それが前のデビサイから左肩が脱げだし、
この曲の途中からはついに右肩もずれ落ち・・・・・・

後ろ向くと羽根が丸見えな状態なわけですよ。
そんなんで服の意味あんのか?

はいたんの動きもくるっと回ったり、ステージを左右ところ狭しと、
よりによってそんな姿しながら激しいんですよ。
そのたびに露な具合も増していくんです。

曲に集中できない(してるときはK.A.Zさん見てるけど)
そこまでいったら脱げ!脱げ!脱げ!
そんなこと思いながら聴いて(見て)たんですが、
あれ、マッパになったら全然萌えないんだろうな私。

もう顔がニヤけて仕方なかった。
きっと周りの人たちもそうに違いないとこっそり伺ったら、
誰もニヤニヤしてないんですよ!!!!!
なんで!! 私だけ????

曲終わった後にあんちょちゃん(娘ちゃん)に
「顔がニヤニヤして仕方なかったんだけど」と告白したら、
「えーーー???」と、笑われ同意はされませんでした。
可笑しいな? エ○娘だと紹介されたのに(母親に)



PIANO DUET
TIME GOES BY


PIANO DUET、K.A.Zさんの耳を押さえながらのハモりも健在。
K.A.Zさん、お話するときはあんなビロビロな声なのに、
低くて綺麗にハモるんですよね~。

この2曲は照明が本当に綺麗でした。
透き通ったメロンシャーベットみたいな色やオレンジの色で、
VAMPSの赤とか紅とか黒とか緑とか紫とか、そんなのとは正反対な照明でした。


LOVE ADDICT
ANGEL TRIP


このあたりでしたかね? 後ろでモッシュが時々起こっていたんですけれど、
また巻き込まれました・・・・・・

LOVE ADDICTはHYDEさんとK.A.Zさんが向き合ってギターを弾き、
その後同時に観客のほうへ向き直ってギター弾くじゃないですか。
格好いいですよね~。
で、曲の間に絡みに行く野獣さんにはツレないんですよ、K.A.Zさん。
惚れるわ。
K.A.Zさんが台の上で弾いてる下で野獣さんが弾いていても、
台から降りないK.A.Zさん。



MC
有松さんでした。

七夕といえばこのMC。

七夕って織姫と彦星が一年に一度会う日だよね?
会って何するんだろ~~~?

(ひゅー)

いや(笑)、ひゅー言われても俺がするわけじゃないから。
でも、めちゃくちゃ気持ちいいんだろうな~



七夕界隈でのMCはいつもコレと決まっているんでしょうか?
ほかには、東京は13公演あるけど全通する人?でチラホラ手が挙がっていました。

13公演あるからっておまえら余裕かましてない?

から、お腹空かない?になって、
HUNTINGと思いきや、なぜか


TROUBLE
LIVEWIRE
MIDNIGHT CELEBRATION



LIVEWIRE、この頃の曲をライヴで聴くとやっぱりテンション上がります。
はいたんが正しく歌っているのかどうかさっぱり分かりませんが。

途中で、ハァハァ言ってました。
もう少しでイクから~~
言ってました(笑)

どこかで肌蹴た左側のブラウスを持って、
ひろみごー!がやるみたいにバッバって開け閉めしてました。
なんかそんな振りも似合う。

まぁ、後はモッシュに巻き込まれていたので、ステージ見てません。


アンコ
なんかすぐに出てきたって感じがしました。

REVOLUTION

MC HYDEさん

今日は七夕なのに雨だね~。
雨って蒸れるよね? みんな蒸れるの好きぃ?
蒸れるの・・・・・嫌だよね

(はいたん、どこが蒸れるのかな?と一人思っていたアホです)

はいたん、ヴィーナスフォートには行ったことがないらしい。

あそこって女の子しか入っちゃだめなんちゃうん?
俺、ちんちんついてるし 男も入っていいん?
ちんちんチェックとかないん?

(あるかそんなもーーーーん!! あったらどうやってチェックするんじゃ したろかはいたんのを
とか思っていた痴女です)


そしてメデュアージュでスパイダーマン3Dを観てきたそうな。
はいたん入れて4人くらいしか観てなかったらしい。
しばらくスパイダーマンが糸でビルとビルの間を飛び交う様子を語っていました。



スケボー乗ってる少年がスパイダーマンになるんですよ。
K.A.Zくんもスケボー乗ってるね?

あ、K.A.Zくん、スパイダーマンの格好してみたらどう?
それであっちの壁からこっちの壁しゅうぅぅ~~~~って!!!
壁だって登るんだよ


それでギター弾くの?(笑)

タッキーみたいになるよ!!
(すみません、正直この時、「おまえがやれ!」と思って聴いてました)

スパイダーマン3Dは字幕がお勧めだそうです。
飛び出すスパイダーと字幕、両方追えないはいたん。
飛び出してくる映像にいちいち身体飛び上がらせてびっくりしていたに違いない。



一番イカれた奴はどこだー?
理性はー?

いらなーいぃ


HUNTING
HIDEAWAY
SEX BLOOD ROCKN’ ROLL


おぉ! HYDEWAY?
会場盛り上がりました。
そしてSBRR、やっぱりモッシュでステージ観えなーい!


久しぶりのZEPP東京。
ちょっと行きかた忘れていました。
HYDEさんの歌は迫力が増していました。
声の出し方が根本的に変わったという印象。
後は新曲が待ち遠しいのですよね~。

今日はK.A.Zパイダーが現れるのか?
でもあのぴっちり衣装はやめてね。
一歩間違えたら変態だから。



【2012/07/08 17:10 】 | VAMPS LIVE 2012 | コメント(14) | トラックバック(0) |
ぴーさんのVAMPS広島初日レポ
え~、ラルヲタをドエルと呼ぶことはおいといて、
それを真剣に広める方向でラジオでしゃべっているてったんが可愛いと思ってしまいました。

あの人、しっかりしてそうなのになんかズレてるところが可愛いですよね。
プレイ中によくお口が開きっ放しなところとかね。
そしてお口開きっ放しでの私のツボは、
ラルクイズで答えを間違うと「しまったー」とばかりにお口が開いちゃって、
舌が半分出っ放しだったところです。

ラルヲタがドエルなら、テツヲタはドテツで、結構ソレっぽい。
ケノタはドケンで、土建ってすぐさま変換されましたけれど、
これもある意味ソレっぽいです。

ハイヲタはドハイ。
まいう~とかワイハ~みたいです。
ドハイドハイドハイドハイド・・・・・ハイド!みたいな。

ドユッキー・・・・・トドッキーみたい。


まぁ、ネタで使用されることはあっても普及はしないでしょう。
数年後のライブでてったんが「ドエルのみんなー」と言ってハッとするくらいでしょうが、
その時に「ドエルドエル」ゆうてったんのことは可愛いと思うに違いありません。
この手の呼び方にそこまで拘りも何もないので、なんも思っていませんでしたけど、
そこが気になるなんて、てったんらしいですよね。




さて、連日ぴーさんがこゆいレポをテロ投下してくれるんですけれど、
なんと広島にも行ってたようで、やっぱりいきなりテロ投下してきました。
ということで、ひとまず彼女が気付いたというライブレポをお送りいたします。

ぴーフィルターの偏った視線でのレポだそうです。



以下ぴーさん広島レポ



19時になりSEの音量が大きくなると、一気に押しが始まり、人と人の密着と圧迫が加速。

前回の広島より、先日の新潟よりも熱気と熱狂は確実にレベルアップしていて、
VAMPSへ求めるものが確実に変わってきて、
多分それはHYDEが求める世界と観客が求める期待とが更に時間をおいたからこそ近づき始めた感じかな。

そんな雰囲気は開場から漂っていて、箱慣れしてる子はしっかりポジションをとり、
慣れない子は「思ったより楽勝だねー」とザワザワざわめいていました。


入場は、JU-KEN・JIN・ARIMATU・ゆったりした面持ちのK.A.Z。
そしてユックリ…ちょいスキップ気味に両手を揺らしながらHYDE。



HYDE:新潟の服装ミックス(笑)上着は2日目の黒の羽根付きシャツ。
バンツは1日目、星のヒップホップポイントのブラックデニム。
靴は黒ドクターマーチン。でも~シャツは前全開ーー\(^ー^)/
シルバーネックレスジャラジャラ下げてました。
ピアスもシルバーロングタイプ。指輪は、いつも同じ。


あ~デニムの星ポイント。ポケットサイズの大きな星なんだけど、
他に何かあったなーと思ってて今回みたら、
星の回りを白いドットが輪状に囲ってました…因みに数は10個でした。
(えっ、別にどうでもイイ?)


K.A.Zくんも1日目に着てた軍人さんみたいな人と様々なロゴが入り組んだシャツと黒カーゴ。
暑いからかシンプルになってた。


でね…HYDEの不思議。


なんで~たった1週間で体があんなに変化するのーー???
観てア然としつつも…ちょい興奮するね(笑)

新潟ではやわやわBカップ、ジャンプする度にプルプル小さめく揺れて…ちょと恥ずかしかったの。
全体にうっすら肉付いてるからか妙に女性的で。

なのに…広島~!!


パァンと!パァーァンとパンプアップ!!
胸筋が張り上がり、男性的なの。
腹筋もシャープになりつつあり、どうすりゃーああなるのか不思議。
(本だしたら売れるよね『HYDEのセクシーボディ改造術』笑)

メイクは黒く縁取られた、アイライン。
やんちゃな少年ぽさ…でも、口元はちょと青くて~最高でした(≧∇≦)



登場時は、発光コンタクトいれてたけど途中はけて外してきた。
タオルで目を押さえながら、
『最近、目が痛くなるんだよねー。化粧品、あわないんかなぁ…』
カラコンし過ぎ…などと言われてましたが、
私は化粧品を気にする男40代に萌えてしまいました(笑)

ステージングもイイ感じで雑になってきた~(笑)
新潟みたいな~なまめかしい系も素敵ですが、発散するみたいにクルクル、
足も大振りに踏み鳴らしたり~計算無しぽくてよかったわ。


MC
HYDE

3年振りっていってたけど、2年振りでした(笑)
2年間~まってたのかぁーー広島ぁ!!



‥新潟の訂正を広島でする狡い子。
高知からは車での移動だそうです。



(アンコ前、奥から出てきて)
もう~下、閉店時間なんかな?
8時半くらい?なんか~マッタリした曲が聞こえてくるんだよねぇ

(広島QUATTROは、PARCOの最上階にあり楽屋とバックヤードが繋がってる。
だから、入りも1階の荷物搬入口と共通)

昨日(25日)、PARCO中を観たんですけど~ここ本館?
本館から渡り廊下通って新館を。JU-KENの誕生日プレゼントを探しにねーー。


チロッとJU-KENをみる‥野獣「マァ」みたいにはにかむと…

『ナンもなかったんですけどねーーーニャ』
で、外の本屋に行きました。

(何買ったのー)
エロ本みに。
(なに?)
エロ本って言ったら裸の本ですよ。
あ~K.A.Z君はーなんとかスボーツいったんだよね?』

(ムラサキスボーツ?)

K.A.Z(チラッとHYDEと観客をみつつ)
「えぇ、えぇ‥ぇぇと(困ったように)……ぇ‥わ す れ たぁ」

HYDE(一瞬、意味がわからない) 『ぁ?』
‥(ジワジワーと可笑しさ込み上げブワァとなり笑いながら)
『…忘れたって、そんな残念な 笑』
(昨日の事よ~キミみたいな)

K.A.Z「あぁーあのーポーチみたいなの…ケータイとかいれるぅぅ…」
とポソポソ言いながら、両人差し指と中指で縦に細長い形を作る。
その仕草が、ちょい上目遣いで可愛らしぃ。
多分、最近ランナーに人気の超コンバクトなんじゃないかと。


明日、見せて~付けてきての歓声にわくと…

「えっ?付けるの?」
と右手で、左肩から右胸あたりを襷掛けみたいな仕草をしながら、
視線を少し上に何か思考を巡らすと

「…か……考えてみる」とポソリ。

K.A.Zくん、買ったポーチは前方ナナメ掛けにするみたいですよ!
そして、明日のコーディネートを気にする…ギターは弾けるのか(笑)

残念ながら~私は2日目は観られないので、非常に気になって気になって
…今、持ってこーいと叫びたかった(笑)


27日はJU-KENのBIRTHDAYで今夜は40歳最後のライブ。
HYDEのどんな感じですか?抱負とかは、みたいな問い掛けにJU-KENがキチンと真面目にかえすと…

HYDE『ん~つまんねー普通過ぎ 笑』
…可哀相なラストナイトへの言葉(笑)


JU-KENに、あにぃ~そろそろ腹へらない?と言われると。
『あんま、減ってねーけど、シッカリ暴れないとJU-KENが興奮しないってよぉぉーー』
JU-KEN、片膝をつき股間にベースを突き立てならがら~左右に揺らして…変顔(笑)

JU-KENのBIRTHDAYが近いから、遠征組含めファンが沢山きてて~野獣前大賑わい。
(新潟はちょとすくなかったからね)

JU-KENも嬉しそうで~口を開けなーてジェスチャーで水を注いでくれたり
…私の頭にドバーと流して下さったり(コンタクト流れるかヒャっとしたわ(-"-;)


HYDE『あ"あ"ぁーイカレタ奴が食いてー! 
あんころもちがぁ~食いてーぇぇぇぇぇー!!!』


新潟でも、あんころもちって言ってたけど…なぜ。
草団子と間違えてるんだよ~て新潟では笑ってたけど、広島でもあんころもちでした。

ダイブ禁止ながら、ダイバーゴロゴロ。
まぁ~会場では禁止事項なんですが、VAMPS的には容認・推奨
…むしろダイブを煽ってますから良いのでしょう(笑)


久しぶりにSWEET VANILLAが聴けて嬉しかった!
目の前で間奏ギターを弾かれた時には…叫んでしまいました(笑)
熱狂的な雰囲気の合間の静かな、でもロックなバラードが素晴らしかった。

歌い方、口ずさむ言葉の一つ一つを大切にしてて、以前より断然ハートに響きました。
以前、VAMPSでやって来たことがラルクに還元されてく…とか言ってたとおもうけど、
L'Arc-en-Cielで広げた世界と突破して培ったものは、しっかりとVAMPSにもかえってきてて
…改めてHYDEとhydeに惚れなおしました(笑)

あ~1つHYDEがシュンとしたの~(笑)

MCで以前の映像をチェックするかなんかの下りで『ほら~ビデオに撮っとくのがあるやろ…』て言ったら

「いまは~DVDだよー」て会場から言われて、
ハッとして~ちょと恥ずかしそうに小さく笑ってね(ちょい可哀相な)

いつもなら『うるさい、いいの!!』っていうのが…
『そうやねぇ‥DVDだよね‥そんな時代やね』みたいに呟いて…(ToT)

ま~その後にJU-KENが40歳ででも若いよねーとファンに言われたとき、
「オレは普通なの~!変なのはあの人達!!」とHYDE&K.A.Zを指差すと…。

『まぁ~パンパイヤやかなら!』と自信満々にニンヤリ(笑)


とりあえず、私の地方小箱巡りは終了です。
久しぶりにズタボロ&ビッショリになってみましたが~ただ激しいだけでなく心も体も大満足な遠征でした。

まだ、箱…大丈夫だったわ~♪
JU-KEN前あたり前方で頑張れた!
実は大量心配でした(笑)
まだまだイケるのは~HYDEだけではなかったわ!
K.A.ZくんもHYDEも近くで生々しく拝見出来ました。

今回、セトリ覚えてた~同行者にも聞いたけどね…(笑)




広島県 広島CLUB QUATTRO
2012/06/26(火)
1 DEVIL SIDE
2 SWEET VANILLA
3 DOLLY
4 EUPHORIA
5 EVANESCENT
6 GET UP
7 IT'S SAD
8 REDRUM
9 PIANO DUET
10 SECRET IN MY HEART
11 HUNTING
12 ANGEL TRIP
13 TROUBLE
14 LIVE WIRE
15 MIDNIGHT CELEBRATION
16 MEMORIES
17 TIME GOES BY
18 LOVE ADDICT
19 SEX BLOOD ROCK N' ROLL



ぴーさん、ありがとうございました。
初日のHYDE、今日のHYDEで送られてきた画像を見ましたが、
またなんか進化していましたね~。

日を追うごとに箱体質に変化しつつある感じです。
体の線もヤラシクなって~~~~~

7月7日がぽっかり予定が空いたので、今日のローチケにかけてみたんですが、
まったくカスリもしませんでしたね。
あとは当日券ですね~。
あたったらいいなぁ。



お返事

>やまちゃんさん
いつもお越しくださいましてありがとうございます。
おかげさまで仙台最終日、楽しんでまいりました。


>s・・・・さん
ご心配いただきましてありがとうございます。
無事に仙台行ってきました。
お返事遅くなってすみません。

まったくもっていまだに進化しつづける40代が素晴らしいことになっておりました。
Sさんもまもなく体感できますね。
期待を膨らませて膨らませて、当日爆発させてください。



>m・・・・・さん
レポ、お読みくださってありがとうございます。
7月、会えることを楽しみにしてまーす。


>s・・・・さん
Sさんこそ、お忙しいのに丁寧にコメントくださってありがとうございます。
Sさんもお触り体験有りでしたね!
私には二人ともうらやましい話です。
K.A.Zさん前2列目にまで行ったことはあるのですけれど、
楽しすぎてK.A.Zさんに「触る」という考えに至りませんでした。
というか、触れませんでした。

お伊勢さん、行かれるときには一言お声をお掛けくださいね~。



>りっちゃんさん
棚ケッツ?
む・難しいです。 その言葉からは想像できないHYDEさんのオケツです。
K.A.Zさんは、アレはもう特技ですね。
その一瞬で場がふんわぁ~~~~としてしまいます。
それまでHYDEさんが作ってきたライブの雰囲気ぶち壊す、
ものすごい破壊力です。

今回の広島レポもお楽しみください。



>う・・さん
はい、こゆいのが続いております。
そしてまた今回も・・・・・(笑)


【2012/06/27 23:26 】 | VAMPS LIVE 2012 | コメント(14) | トラックバック(0) |
とある友(ぴー)の新潟VAMPS 濃ゆいLIVEその2
とりあえず、ただいまと帰宅した3日振りに帰宅した我が家。
子供二人の砦要塞のようになっとりました。

夕飯作るのめんどいな~と思っていたところに、
先日のこゆい新潟ライヴを過ごした友から再びレポがきました。

ということで、不憫な野獣レポをお楽しみください。






1日目、JU-KENのMCで。

前日(18日)、古町行ったそうで名物のカツ丼のお米美味しくてご飯だけお代わりしたって。
古町は 洋服屋などカッコイイ店が多いと 新潟を誉めつつ…

J『カズくんの今日の衣装も そうでしょ?』
とK.A.Zに話しをフルと会場 大喜び!

K『えっ…ちがぁぅよぉー』

J『えぇー違うのぉ~そうなんじゃないのー(笑)』

K『だいいちーいってないしぃぃー』
とギター調整しつつ、しれっといいのける(笑)

会場、苦笑…JU-KEN沈没…HYDE爆笑





2日目 K.A.Z久しぶりにヘアバンドでスタイリング(これ好き)
ノンスリーブのフード付きロングパカーに 黒いカーゴパンツ。
腕の般若と大蛇さんこんにちは~!
黒いドクターマーチン(靴紐も黒)に黄色い靴下…何気ないお洒落が やっぱり上手ね。
キャズ、すね毛無いけど~脇毛はあるんだねー
ウンウンと脳内メモ。


HYDE 黒のシャツ。刺繍の様なバックプリント。
その一部の小さい羽根だけが立体的になっていて~
HYDEが動く度に羽根がチロチロ羽ばたきます(可愛いぃー森永のエンジェルみたい 笑)…が、
下半分ボタンが締まってました(T_T)

パンツは白いピンストライプのデニム。前を紐で縛るタイプなのでムチムチなの♪
グッズ尻バックを真後ろに下げ、靴は黒いブーツ(あっ 今日は飛ばないな‥と)
アクセは右耳のロングピアスとリンクのみ。
ネックレスは無しね。


20日はK.A.Zのギタートラブルが多かったみたい。
MC担当日だったみたいで~頑張ってた!!


『VAMPSの今回のライブ~今日か初日の人ー』
(ハーイと複数が手を挙げると ニッコリ)

『ライブハウスが少ないので~楽しんでいってねぇーぇ。
新潟はよく来るんですけどぉー(スノボー?)うん。
えっとねーぇ。一年のうち~日数にすると1ヶ月はいるかなぉーー。
なのでー観かけたら~声でもかけてねーー(会場 大喜び!)

えぇー僕のMCは~着地点が無いので~そろそろ。
あれぇーギターがない
(そう、左奥でメンテ中でK.A.Z君単独棒立ちでマイクにむかってました)

ギター無いから~歌でも歌っちゃおうかなぁーー(会場&メンバー盛り上がる)』


一気に期待感に包まれる場内。
『え え えーとぉ』とHYDEを振り返り もうイイ?とばかりに振り返る(笑)

ハイタン、しわしわ顔してヒーヒー爆笑してたわ~。
ギターないと 困ったにーちゃんですわな(爆)


HYDEはビーチライブの宣伝を可愛くー話してましたが、所詮宣伝ねーと思えてしまい
…MCはK.A.Z君の勝ちですわ♪
でも~海でSEXしょうぜーーと叫ぶから、
栄さんのア○カン思い出して笑えたよー!


HYDEは常に動きっぱなし…切れがあるのに滑らかさが加わって
腕と身体・上半身と下半身が連動しての。
箱の熱気を感じようと、
受け止めようと、瞼をとじて感じたままに身体を揺らす姿は圧巻。

段々と我を忘れたように 彷徨とした表情と、開くと現れれる鋭い視線…が、たまりません。
なのに…ファンに視線を移すと『ん?』て首を傾げて微笑むあたたかな表情。


HYDE、生きてるんだね~生きる事を楽しめてるんだね。そして、まだ探してる途中なんだね…と。
一緒に感じられたようで 嬉しかった。

でぇまぁ、ご愛敬の歌詞違えや作曲は~本人も舌出す位 健在です(笑)



何の曲だったか…前ツアーの時は、ウワァーとかウォォーて叫んでた語尾。
20日は~身体を前後に揺らし『あん、あんあぁんあん』と( ̄○ ̄;)

あまりの衝撃に挙げといた手を止めて、相方を見るとアチラも動きがとまって
『いま…あんあん言ってたよね?』と一瞬ライブを忘れて棒立ちに~どうしたHYDE!(笑)


途中、上手からセンターに戻ろうとしたHYDE。
センターで おっきなJU-KENがワフワフ暴れてたので、
『仕方ないなぁ』顔でJU-KEN側のお立ち台に上がり踊り始める(このときの諦め顔が可愛い)

JU-KENが定位置マイクに戻ると、そこには腰フルあにぃーが。
不思議そうな顔しつつ…一点を呆然と見詰めるの、ちょうどHYDEのヒップあたり!
(どうしたJU-KEN 尻でも穴空いてるか?)

JU-KENの視線に気が付き、ニヤリッと彼の方を向いてダンスを続ける。(当然、私達は後ろ姿を見る事に)

そこでJU-KENの視線の訳が判明…
HYDEのお尻プリプリ加減が~可愛い過ぎるの!!
左右にプリン プリン…本人は、げらげら笑ってるんですけど~表も裏も凄い殺傷能力です。
(JU-KENが気の毒だと思った)


で そのまま飛び降り~会場の興奮のままに、大股で突き進みながら 右手を振り上げ叫ぶ~!!
『いけるのか、いけるかぁぁぁーー せ ん だ い ー!!!
……チーン。(※これは新潟ライヴレポです)
野獣がヒヨコみたいなかおしてた(爆)

SBRRの頃には ライブじたいが楽しくてステージも観ずに跳ねてた…
目前にHYDE来ても気がつかないくらい~楽しかったんだよ(笑)




ということだったそうです!
HYDEのお尻はプリプリだそうですよ、奥さん!

友はあることがきっかけで、たくさん思い出を作って、
あちらにお土産話として持っていくことに決めたそうです。
あっちに行ったら私も加わるからね~。

いつも楽しいレポ、ありがとうございます。


拍手、コメントのお返事、夜に追記いたします。
遅くなってすみません。

【2012/06/24 11:12 】 | VAMPS LIVE 2012 | コメント(4) | トラックバック(0) |
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。