スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
今年一発目・拍手お返事
やっと三が日が終わりました。
今年、毎年三日に家人の友人と一緒に呑む福島の義妹一家は、
子どもたちが今日の4日から学校が始まるということで、
2日に来て昨日には帰ってしまいました。
なので、3日の新年会は例年より少し寂しいものでした。
新年4
今年は黒豆が皺も入らずふっくらうまくできました~。



新年3
子供が3人減っても今年2歳の子供ちゃんがデビューしたので7人。
子供用のお料理は我が子たちが盛り付け担当です。
あーだこーだと言いながら楽しそうにやってます。


新年1
他の料理は写真を撮る暇がなかったのでメインのお肉料理だけ。
牛スネのワイン煮込み。
前日からワイン2本で煮込みました。
1本480円のワインですけどねー(笑)
お世辞ながら「いつも行くあの店の味」(?)というお墨付きをいただきました。


魚料理は家人からフライのリクエストがあったのですけれど、
フライって・・・・・それだけだと居酒屋メニューみたいになってしまうので、
ソースに凝ってみました。
新年5
左は「ほうれん草と枝豆」のソース。
ただほうれん草と枝豆を塩茹でし一番だしでゆるくしただけです。
右は完熟トマトを裏ごししたものに、
ニンニクとエシャロットのみじん切りを加え、オリーブオイルで軽く炒めただけ。
色合いも綺麗だし、これを添えるだけでなんか居酒屋脱出。

前日の夜に思いついて当日に冷蔵庫にあるもので作ってみたんですが、
これは評判がよかったですよ~。
簡単にできるので、フライもので目先を変えたいなと思ったら試してみてください。


ということで、今年も年末から続いて慌ただしく一年が始まりましたが、
(年末から4日間で空いた一升瓶27本、ジュースのペットボトル1,5リットル21本)
この3日間を無事に終えると今年もなんとか頑張れそうな気がしてきます。

正月からお忙しい中毎年来てくださる方の笑顔と、
ささやかながらもできる限りのおもてなしで楽しい時間を共有し、
今年も千客万来、招福将福です。


さてさて、1月29日の『THE HYDE』までにyukihiro本とVAMPS会報を読まなければ!
当ブログも今年一年どうぞよろしくお願いいたします。



お返事

>m・・・・・さん
改めて凄すぎるクオリティー。
そんなことがまかり通るなんて一体そっちの基準法はどうなっているんでしょうか?
いろいろとお手数おかけしてすみません。
無事にVIPは捕獲しましたのでご安心くださいね~。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。


>ゆ・さん
はじめまして。
ご丁寧にありがとうございました。
コメントいただいてとても嬉しく思いました。
共感できるポイントが多くあるということで、同世代なのでしょうか。
気持ちのいいブログ内容ばかりではないと思いますが、
今年も当ブログをよろしくお願いいたします。
またコメントお待ちしております。


>SUZUNEさん
余韻に浸りたいなんて贅沢な悩みなのかもしれませんね。
たくさんの刺激を次から次へと与えてくれることに感謝しないと・・・とも思いますが、

飛龍頭、うまく揚がりました~。
1、2個爆発してしまいましたが。

私はSUZUNEさんからいつも前向きな姿勢を学んでいます。
あ、そういうふうに考えればいいんだ!って教わることがたくさんあります。
今年もよろしくお願いしますね!



>p・・さん
こちらこそお世話になりました。
駆け込んでもらって路頭に迷ってしまわないように気をつけます。

苗場、できるなら申し込んでみたほうがいいと思います。
今後同じようにしてくれるのか分りませんし、
「THE HYDE」を発表してからはガラッとスタイルが変わるかもしれません。
今のHYDEは今しかないと思います(分かりにくくてすみません)

ニアミス?
い・いつでしょうか・・・・・?
私、とんでもないことしてませんでしたか?
今度はぜひお声をおかけください~~~~。



>あ・・・さん
初めまして。
ブログをずっと読んでくださっていたとかで、
ありがとうございます。
そんなに堅苦しく考えずに、気軽にコメントください。
今年もがんばってブログを更新していきたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたしま~す。


>・さん
昨年はお忙しいのにたくさんコメントいただきましてありがとうございました。
副音背にはリモコンの「音声」というボタンを何度か押すとなると思います。
録画してあるものでもできると思うのですけれど、
わからなければレコーダーの説明書に書いてあると思います。

テリーさんはhydeさんのことがお気に入りなんですね。
綺麗な方が大好きって感じはしますものね。

今年も元気にブログ更新に努めてまいります。
どうぞよろしくお願いいたします。



>う・・さん
いつもコメントくださってありがとうございます。
今年もう・・さんのコメントを楽しみにしてます。
長文がどうのなんてお気になさらず、
気軽にコメントくださいませ。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。



>須・・さん
こちらこそ、どうぞよろしくお願いいたします。
須・・さんのコメントも楽しみにさせていただいております。



>Y・・さん
年始のご挨拶、ご丁寧にありがとうございます。
テリーさん、絶対にhydeさんのファンですよね。
『THE HYDE』を読んだ感想なんかもどこかで言ってくれないでしょうか。
今年も当ブログをどうぞよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト
【2012/01/04 22:37 】 | 今日の一品 | コメント(4) | トラックバック(0) |
夏場のライブを乗り切るために
中洲を挟む博多川や那珂川にはクラブ通いの河童が生息してるらしいです(K.A.Z VOICEより)
写真の日付が14日になってるんだけど、前日から中洲って(笑)
それよりも、中洲から河童を連想した人ってきっとK.A.Zさんくらいだと思う。
なんで河童なのかな?

そして白玉あんみつが好きなのかー。 おじーちゃーん。
どこまで和ませてくれる人なのかしら(泣)



昨日JACK IN THE BOX SUMMERがネット中継されるって嬉しいお知らせいただきましたね~。
お留守番組には涙もののニュースでした。
しかし、その日家人が7時ごろ出張から帰宅するんですよ。
丁度PCの前からだってトイレ休憩できそうもない頃に、
私は風呂! 飯! 出張記録! 寝る、布団敷け!という目に遭いそう~~~~。
まぁ、なんとか頑張ります。


連日猛暑続き、熱帯夜続きですが皆さん体調のほうはいかがでしょうか?
食欲な~いという日、我が家では定番のメニューを今日はご紹介します。



reisei2.jpg
トマトの冷製パスタ

例のごとく作り方はいたって簡単。

材料は4人前でこんな感じ
reisei1.jpg

カットトマト缶1缶(400g)
これはもちろん生のトマトでもいいです。
その場合は3個くらいをざく切りにして。
玉ネギ小1個・調味料白ワイン適量・コンソメ1個


作り方
1.玉ネギをみじん切りにしてバター適量で炒める。
2.炒めた玉ネギがひたひたになるくらいの量の白ワインにコンソメを入れて煮る。
3.玉ネギが柔らかくなったらカットトマトを入れ塩等で味を調えひと煮立ち。
  (私は塩と本だしで味付けします) 
4.粗熱をとって冷蔵庫で冷やす。

食べる時に、パスタは茹でたら冷水にとって最後氷水でしめましょう。
その上にざく切りしたトマトを盛り、冷蔵庫で冷やした冷製トマトソースをかけ、
大葉等の青物で彩りよくしてお出しします。
最後にざく切りトマトを乗せるのは、
ソースを作っている間にお鍋のトマトはほとんど潰れてしまうからです。
このトマトもキンキンに冷やしておくといいです。


ソースは朝食の片付けをしながらでもできますから、
お昼にも間に合いますよ。
我が家はよく昼食にリクエストされます。

夏の日差しから美肌を保つためにも、トマトのリコピンをたくさん採りましょう~。
さっぱりして胃腸も整います。
暑さを乗り切り、皆さん、ライブ後半戦にそなえましょうね~。
【2010/08/18 14:06 】 | 今日の一品 | コメント(12) | トラックバック(0) |
忙しいあなたのために
HYDEさん、新しいシングル曲順調そうですね。
日記のタイトルは新曲と何か関係があるのかな?
で、最後はやっぱりご飯のお話で終了なところがHYDEさんらしいよね。
専属シェフのピートさんに麻婆豆腐作ってもらってご機嫌。
良かったね。


VAMPS TIMESでイチャコラする二人を観てイラついていたら風邪を引きました。
鼻と味覚が利きません。
おまけにヤル気も起きません。
夕飯作る気力もありません。

そんなあなたに(私に)超簡単でガツンと来る一品をご紹介します。

鶏肉のチリソース煮
tori3.jpg

材料:鶏手羽元(24本)・ニンニク(5.6かけ)・ホールトマトの缶詰(2缶)
   チリソース(1本)・玉ネギ(3玉)・赤ワイン(500ml)


tori1.jpg
写真は材料に使うチリソースと炒めたまねぎという便利ツール。
この炒め玉ネギは結構便利で玉ネギを炒めるのに時間のない時に重宝します。
この料理では使いませんが、ついでだったのでご紹介しておきます。
こちらチリソースは少々甘めで、普通のチリソースを使う時は赤ワインの代わりに紹興酒で甘味を出します。


tori2.jpg
ニンニクで香りつけしたフライパンで手羽元を表面がちょっとカリッとするくらいまで炒めておきます。
十分に炒めておくと煮崩れしないのです。

こうしたら後はもう簡単!
ざく切りした玉ネギ・トマトの缶詰(もちろん生をざく切りでもOK)・チリソース・赤ワイン
これらを全部一つの鍋にぶち込んで煮込むだけ。
ひたすら煮込む(2時間くらい)

そうすると出来上がり。

これがすっごく美味しいのですよ。
どちらかというと一晩明けてもう一度煮込み直した時のほうが美味しいんですけど。

我が家ではこれを食すときは美味しいパン屋さんから美味しい食パンを買ってきて、
分厚く切ったパンと一緒にいただきます。
子供のために甘めのチリソースを使っていますが、
それでも結構ピリッときます。

お酒にも合いますよ~~~~。

先ほども書きましたが、翌日のほうが断然美味しいので、
多めに作っておかれることをお勧めします。



お返事

>M・・・さん今、ああやって自分の意思を発信していくことも、
彼にとっては励みになることなのだと思います。

悪態つこうが笑いながらファンやれるなら、
それはファンにとって幸せなことですよね。
いつまでもそんなファンをさせてもらいたいものです。


>k・・さん
お久しぶりです。
本当に月日が経つのは速いですよ。
もう3月も終りですよ~。
こんなんであっという間に今年も終わるんでしょうね・・・・・
またお待ちしております。




【2010/03/25 23:48 】 | 今日の一品 | コメント(6) | トラックバック(0) |
取り戻しつつある日常
ラブログ界にまだまだにょき旋風が吹き荒れています。
新年早々に突風でした。

久しぶりにアンナちゃんのブログ覗いたらクリスマスのディナー風景がありました。
アンナちゃんちのクリスマス
この写真に写っている四角い耐熱ガラスのお料理。
以前に紹介したグーラッシュだと思います。

ほんまに作ってはるんやー。 
なんか嬉しかったりして(笑)

お正月に給仕三昧だった私の初夢は、kenちゃんとお料理する夢でした。
何を作っていたのか全然覚えていません。
でもそんな企画があったら楽しいのに。 
kenちゃんと一緒に料理したら面白いだろうな~。
できた料理はやせ細ったゆきさんに食べさすのだ。
ちまちままずそうに喰ってるとこを、kenちゃんと二人でガン見してやるのだ。
そして、ゆきさんの食べ残しをkenちゃんと奪い合って食べる(ドリーム)


・・・・・正月早々に何をゆってんでしょうね。
そんなだから神社ですっ転んだりするんだよ、私。

今日は近所の神社に初詣に行ったのですけど、神社の後に玄米を精米機にかけに行こうと思い、
チャリの後ろのカゴに玄米5キロ積んで行ったんですよ。
そしたら、神社に到着してチャリを停めようと思ったら、
駐輪所に敷いてあった砂利にタイヤを取られてすっ転びました。

正月から玄米を盛大にぶちまけてきましたよー。
子供たちと一緒に可能な限り拾いましたが、拾いきれるわけありません。

家人は正月早々に縁起悪いなんて言うんですが、
私は、神様が欲しかったに違いない、神様に奉納できてよかったと思ったんですけど。

ええ、よく言われますよ、前向きだねって。


今日の夕飯は家人のリクエストでパエリア。
201001051758000.jpg
ホットプレートで簡単にできてしまう割に、とっても美味しいのですよ。
左から、白ワインに漬けたエビ20尾
鳥モモ1枚分ざく切り
玉ネギ大1みじん切りと人参1本角切り
白ワイン100ccに漬けたサフラン一つまみ
トマト2個ざく切り
パフリカとピーマン千切り
あさり
コンソメスープ800cc
お米は4合
(内1合はもち米にしました)は洗ってざるにあげておきます。

160度にプレートを熱してオリーブオイルをなじませ、
みじん切りにしたにんにく2欠片で香りをつけたら、
玉ネギ、人参、鶏肉の順に炒めていきます。

お米をオリーブオイルが全体になじむように炒めあげ、トマト、サフラン入りの白ワインをまんべんなく混ぜ込ます。
その上に他の具材を並べて(今回もっと具の量があってもよかったと思いました)、
コンソメスープ800を入れます。

プレートに蓋をして、160度で5分、120度で15分炊きます。
少し蓋をあけてお米の様子を観て炊きあがっているようだったら、
スイッチを切って5分蒸らしたら、できあがり。
201001051845000.jpg


ホットプレートの温度調節と時間配分がそれぞれのご家庭で違うかとは思いますが、
大体こんなもので大丈夫です。
具を切ってワンプレートにぶち込んで出来上がりますよー。

子供たちのお正月料理、揚げ物や食べる頃には冷たくなってしまう料理ばかりだったので、
来年の一品にしようかと思っています。
簡単にできて、子供たちも大喜び、蓋を開ける瞬間の感動が楽しめます(笑)
味もまず失敗はしません。
一度お試しあれ。


>お返事

>ハ・・さん
手の込んだようにみえる料理が得意です。
普段は上のようにぶち込んでおしまいな料理をよくやってますよー。
でもこのパエリアは本当に簡単で美味しいのでお勧めです。
具は自分で好きなものを何でもOK。

昨年は楽しいひと時をありがとうございました。
今年もよろしくお願いしまーす。


>ピラさん

大変なんですけど、正月から人が集まるって楽しいなと思います。
大変なんですけど(笑)

まぁ、この日にしか会えない人もいますからねぇ。

コメントは、久しぶりにラルクパターンでしたね。
ゆきさんは結構ヒラリンとかブラブラとかフリフリとかしてますよね。
てったんは風が吹いたらヒラヒラしてますね。
しかしラルクさん、みんな自由だなと思いましたよ。
本当にみ~んなが可愛いかったです~。
可愛いっていう年齢でもないのに。
【2010/01/05 23:59 】 | 今日の一品 | コメント(9) | トラックバック(0) |
にょきで終わった新曲コメント
いや~、Gyoったら凄いですね!
いえ、凄いのはGyoではなくラル面ですね!
BLESSのコメントゆうよりも、大半「にょき」の話で終わってますよ。
あれでいいいんだねあらふぉー・・・・・
新曲に対していろいろコメントする予定だったんじゃないの?
カンペで「オリンピックで気になる競技は?」etcが用意してあったはずだろうに、
ほぼ「いちにょき・にょき・さんにょき」で終わっちゃっいましたよ。
hydeさんの「いちにょきっ!」で、てったんのお口がぽかん?なってましたね。
わかるわー(笑)
でもそのあとにkenちゃんが「ににょきって言えばいいの?」なんて話合わせてあげたりするからさぁ。
てったんまでおもわず「さんにょき?」ってやっちゃうからぁ~~~。
BLESSのコメントだったはずが見事に「にょき」の話になっちゃったじゃないの。

「負け~」と言われてばかばかしくなったゆきさん、笑いながらどっかいっちゃうしね。
「最後まで残ったら負けっ!」って、hydeさんちょっと勝ち誇ったようにゆうてましたけど、
それに「あ~」と納得するゆきさんがかわゆいん。
「にょき~」とか言うゆきさんを観てみたかったです。

しかし初めてですよ。
コメント映像であれだけ動いたyukihiro先生は。
大爆笑して立ちあがるなんて凄いですよ!
まぁ、そのあとのBLESSコメントの間はお洋服を弄って自由になさっていらっさいましたけど。
いやん、ほっそい。
首のまわりにまきまきにしてあるストールで、ますます頭がちったくみえちゃうよゆきさん。

で、肝心のBLESSコメント・・・・・声が小さくて何いってんだかな。
もうその前の出来事でこっちもお腹いっぱいでどーでもよかったんだけど。

久しぶりのラルクの黄金パターンを観ました。


そして『BLESS PV』!
黒(衣装)hydeから白hydeになるところ、hydeさんの背景に花弁が映りますけれど、
これ一瞬羽根のように観えませんでしたかー?
あとね、森の中を歩くゆきさんが「モリゾー」のようでした(笑)
そんでもってまたなんだか高い処で歌ってるんですね。

hydeさんの時間への抵抗力は恐ろしいものがあります。
「ベンジャミン・バトン」並みです。


さて、やっとお正月のドタバタが終わりました。
昨日は子供だけでも結局9人。
大人は11人、総勢20人。
今年も準備が忙しく、始まるまではとても憂鬱だったんですが、
始まると今年も会えた顔にやっぱり嬉しくなりますね。

今年の料理は特に魚料理がとても評判でした。
どんなものをお出ししようかと少し前に参考がてら、いろいろなところに家人と食事をしに行ったりしました。
そこで某所で食べた料理を参考にお出しした料理が
201001031637000.jpg
新聞紙が敷いてありますが(笑)
リゾットの上に焼き魚(鯛)を載せて、その上に緑や赤、オレンジ色のピーマン、千切りにしたネギを素揚げしたものを飾っています。その周りにソース。

このソースが某所ではなにやら聞いたことのないキャベツで作られていたのですが、普通の家庭ではそんなもの手に入らないので、セロリ・アスパラ・ピーマン・タマネギをバターで炒め、ひたひたの水とコンソメスープで煮てミキサーにかけたものにしました。
自分で言うのもなんですが、めっちゃくちゃ美味しかったです。
前の晩に仕込んでいたんですけれど、味見をした瞬間、
「うまいっ!」
と、叫んでしまいました。
焼き魚にこんなふうにソースをかけるだけでもなんだかオサレじゃないですか?

昨日はリゾットも魚もソースも熱々をいただいてほしかったので、一皿ずつ作ってお出ししたので全員分出すのに少し時間が掛かりましたが、とても喜んでいただきました。
ソースが食べやすいようにスプーンを持ってきてと言われ、皆さん本当に綺麗に召し上がってくれました。

肉料理はよく参考にしている「母ちゃんちのご飯」さんのお料理をお出ししました。
201001031714000.jpg

レシピは→2日がかりで作る牛の赤ワイン煮込み

この煮込み料理はワインに24時間つけ込むことがミソです。
ご家庭で食されるとき、それほどいいお肉でなくてもワイン(こちらも料理用ワインで十分)に漬けて煮込むだけでトロトロになります。 
バルサミコ酢もお肉を柔らかくするのに一役かっているのだと思います。
こちらではコンソメキューブを使っていらっしゃいますが、私はビーフコンソメにしました。
漬けて煮込むだけ。 
料理するのにかかりっきりにならずに済みますし、豪華に見えます。
高価な材料を使わなくても美味しいお客様料理には重宝なレシピです。

ほかのお料理もお出ししましたが、今回はこの2品で1万5千円の価値をつけてもらいましたよ(笑)

子供たちの料理は揚げ物が多かったんですが、兎に角質より量で、エビフライ20尾、サイコロステーキは肉2キロを角切りに、手羽元のスペアリブ60本、いなり寿司20個、おにぎり20個・・・・という状態。
残るかと思っていたんですが、すべて無くなりました。
子供といえども9人も集まって食べる姿は圧巻です。
飲み物のペットボトルなんか10本くらいゴロゴロしてました。

料理も給仕も大変ですが、最後にみなさんに「美味しかった」「また来年も楽しみにしてます」と笑顔で帰っていただけると、その時点で「来年はどんな料理にしようか」と考えます。

我が家の正月はあり得ないほど慌ただしくての~んびり寝正月なんてないのですが、
お正月にもかかわらず遠いところからわざわざ来ていただけるということは幸せなことだと思っています。

今年も一年頑張ろう。


お返事

>恵さん
頑張ったよ~。
頑張ったというより、今年もやったるでーという感じ。
じいちゃんも食べにくるんだけど、今年はいつも何も言わないじいちゃんが「美味い」と言ったよ。
3キロのお肉も完売でした。


>唯空さん
あけましておめでとうございます。
生け花は昔とった杵柄というやつです。
唯空さんもよい一年をお過ごしください。
コメントありがとうございます。
【2010/01/04 23:59 】 | 今日の一品 | コメント(6) | トラックバック(0) |
暑くて食欲のない日に「そうめんのサラダ仕立て」
暑い日の我が家の定番メニューです。
昔、『サライ』という雑誌に掲載されていたものです。

nikumiso1.jpg

これ、そうめんに肉味噌をのせていただくんですけど、この肉味噌が美味しいんですよ。
肉味噌は他に冷奴にのせてもいいですし、チャーハンの具にしても美味しいと、いろいろと使い回しが効く上に、作り置きできるというすぐれものです。

そうめんにもひと工夫してあって、このそうめん、茹でた後に酢油に絡ませてあるんですよ。
これがまたgoodです!

そしてなんと! 余ったそうめんで翌日もう一品できちゃうんです!

ということで、作り方(簡単ですよー) 4人分

材料
そうめん2把  なす2本  合挽肉200g  ごまペースト50g  
味噌(ご家庭で使っているもので十分です)100g
酒・醤油大匙2  みりん大匙4 砂糖20g  サラダ油・酢大匙1
レモン みょうが 青ネギ ショウガ サニーレタス適宜

なんて書きましたが、自分のお好みの味付けで大丈夫です。

1. ナスを5mmくらいの輪切りにする
2. 挽肉に醤油・みりん・酒をなじませてこれを強火にかけ、肉を炒め煮する
3. 2にナスを入れ炒め煮し、ナスをしんなりさせる
4. 別な鍋に(私は同じ鍋でやっちゃいます)味噌・ネギ・ショウガ・ごまペースト・みりん・砂糖を火にかけて煉り、3と絡ませる
5. 味が整ったら最後小口切りにしておいた青ネギを入れサッと入れ、おしまい!

これで肉味噌完成です。 少し甘めの味付けのほうが美味しいですね。
それから味は、「ちょっと薄いかな?」と思えるくらいの味付けにしておくほうがいいです。


さて、そうめんですが。
そうめんは茹でたら、酢・サラダ油・レモン汁で作っておいた酢油に入れて洗うようにして絡ませておきます。

あとはサニーレタス(レタスでもいいです)にそうめん・肉味噌をのせ、お好みでミョウガやネギなどと一緒にパクついてください。
さっぱりしたそうめんとコクのあるゴマ風味の肉味噌が食欲を呼び戻してくれますよー。


で、余ったそうめんですが、これはサラダ油に通してあるので固まらないんですよね。
そのままできるならラップせずに冷蔵庫で一晩置いて、なるべく水分飛ばします。
で、これを180度くらいの油で揚げます。
カタヤキソバみたいにするわけです。

そこに、冷蔵庫で余っている根野菜等(ごぼうとか人参とかしいたけなんか)に出汁・醤油・塩で味を整え、片栗粉でトロミをつけた汁で煮て、さきほど揚げたそうめんにかけ、わさびをつけていただきます。
酢でちょっとすっぱいそうめんの味とこれがまたベストマッチするんですよ。

夏JACKに向けしっかり腹ごしらえして臨みたい方。
よろしかったらお試しください。

JACK参戦の皆様、無理せず、楽しんできてくださいね。
【2009/08/14 16:39 】 | 今日の一品 | コメント(2) | トラックバック(0) |
フライをして残った卵と小麦粉でついでに子供のおやつをつくろう
くっそ~~~~、DVDが来ない~~~~。密林め~~~~~、もう二度と頼まない。
DVD、漏れ聞くとすごい破壊力らしいじゃないですか。
みんなが忘れた頃に一人で騒ぐのって虚しいよね。 

「え・・・・・うん、今さら(笑)?」

ですよね、hydeさん。

で、書くこともあるけど書く気が起こらないので、久しぶりに今日の一品。
材料の分量等は例のごとくテケトーに

肉 衣をつける前です 

豚ロースしゃぶしゃぶのフライ 

材料 4人分

肉・・・豚ロースしゃぶしゃぶ用 24枚
    豚ロースのしゃぶしゃぶ用のお肉は、
    「お肉の日」なんかで安売りしてますよね。

深谷ネギ・・・テケトー 普通のネギでもいいです 私は2本
とろけるチーズ・・・2枚
大葉・・・4枚

フライの衣の材料・・・テケトー(卵、小麦粉、パン粉ですね)


作り方

 深谷ネギをナナメ薄切りにしておく

 一種類は、肉→ネギ→肉→大葉→肉と重ねる

  もう一種類は、肉→ネギ→肉→チーズ(半分)→肉と重ねる

 フライの衣をつけて揚げる

できあがり! 
簡単です! なのに、揚げた深谷ネギが肉の間でむっちゃ甘なってて美味でございます。
ほんま、思っていたより美味しかったんですよ!!!
オススメです。
大人向きはネギと大葉、子供はチーズのほうが好みのようでした。
しゃぶしゃぶで食べると一人6枚なんてアッという間ですが、こうして衣をつけて揚げて食べれば、食べしろありまっせ。


で、まぁ、フライって衣つけるのにつかった卵が半端に残ったりしますよね?
ということで、我が家ではフライをした後の定番のおやつをご紹介。
揚げもん食べてる間に揚がりますから。
見た目は悪いけど、そこそこ美味しいですよ。



おやつ コレ(笑)

材料

フライの衣をつくるのに余った卵と小麦粉
牛乳・・・少々
砂糖・・・好みで


作り方

 上記の材料をダマにならないように混ぜる

 140度の油でじっくり揚げる

おしまい(笑)

タネは水で濡らしたティースプーンの半分くらいをすくって、少したってポタッと落ちるくらいの固さにします。
それくらいに固くしないと揚げるときにまとまらずに不思議な形で揚げあがります
それも子供にはウケるんですけどね。
全部油に放り込んで、時々かき混ぜて様子をみながら食事しましょう。
かき混ぜれば自分でくるんと回転してくれますから。

食事の後にほんのり甘い揚げ菓子、我が家の子供は大好きです。


おっ! 今日(明日)は新曲初O.Aの日ですね。
起きれるかな?


お返事

>ゆいろさん

確かにモシャモシャしてるところがアップでした(爆)
分かりづらいですよね。
でもkenちゃんファンはアレがたまらんらしいですね。
【2009/02/10 08:09 】 | 今日の一品 | コメント(2) | トラックバック(0) |
正月気分もそろそろ抜けて・・・
毎年のことながら正月は寝ていられなくて大嫌いなんですけど、
今年は可愛い年賀状をいただきました。
差出人は下の子の同級生で小学4年。
私の名前が鉛筆書きでされていました。

私、子供の小学校でボランティアで卓球を教えているんですよ(笑)
卓球はたぶんkenちゃんに引けを取らないくらい自慢できる腕前です。
実はkenちゃんとはお世話になった大学も彼の在学時とかぶっていたり・・・・そんときゃ学生じゃなかったけど。
知っていたら自宅つきとめてやったのに

で、そのボランティアに対するお礼の年賀状でした。

あけましておめでとうございました

って、書いてありました。
3学期は運動をがんばるそうです。
がんばってね、応援するからね。


さて、本日は今年のお正月のおもてなしメニューでとても好評だったお料理を2品ご紹介。
ひとつはちょっと手間がかかるもの。
もうひとつは手間もお金も掛からなくておつまみに最高にあうものです。


まずは手間がちょっとかかるものを。かかるといってもそんなにむずかしくありません。
魚料理2009

これは焼き魚をスープで食べるというお料理。
ソースではなくスープです。
魚は鯛。 あとはピーマン(赤・橙・緑)にコーンを炒めたものを彩りに。
イタリアンバジルを魚の上に飾って、イクラをのせてあります。

スープはポテトのスープ。 このスープの作り方はどの野菜スープにも応用できます。
作り方も簡単で好みの味にできるのでおいしいですよ。
カボチャのスープや、さつまいもやゴボウでもできます。

材料4人分

玉ねぎ・・・1個
ジャガイモ・・・中4個
固形スープの素・・・2個
バター・牛乳・塩・コショウ


作り方
 玉ねぎをみじん切り、ジャガイモを輪切りにしておく
 玉ねぎをバターで炒め、しんなりしてきたらジャガイモも軽く炒める
 野菜がひたひたに浸るくらいに水を入れ、固形スープの素でゆでる
 ゆだったらミキサーで固まりのないどろどろの状態までかける
 上記に牛乳、牛乳がだめな方は水と固形スープなど足してスープ状にし、塩・コショウで味を調える。

我が家は冷蔵庫に残っている野菜たちで時々野菜スープをつくりますが、子供たちも喜んで飲んでくれます。大根やら人参やらも入れたりするんですけど、美味しいですよ。冷蔵庫の整理にもなります。


次はとっても簡単なとうふを使った料理。

とうふの春巻

材料10個分

とうふ・・・絹1丁
大葉・・・10枚
春巻きの皮・・・小さいものを10枚


作り方

 とうふを半分に切り、それぞれを5等分する
 とうふを生ハムでくるみ大葉をのせる
 春巻きの皮でまいて170度の油で揚げる

出来上がり~~~~。 ポン酢をつけても、そのままでもイケます。
簡単、生ハムの塩加減で味付けもいりません。
揚げたとうふがトロ~リとしていて黙っていたらとうふとはわかりませんよ。
これはとっても酒飲みたちに好評でした。
子供にもウケがよかったですよー。

って、先程ここで更新してしまいましたが、写真のお正月に作った時のものではとうふを12等分にしています。10等分だとおつまみにして2個つけ分けるのに少し大きかったんですよね。
生ハムもベーコンのハーフサイズに変えていますが、それでもおいしかったですよー。
大葉の葉先が春巻きの皮で隠れないように巻いて下さいね。


一度お試し下さい。
【2009/01/06 17:58 】 | 今日の一品 | コメント(4) | トラックバック(0) |
うこんの力は本物だった
うこんの粉末です。 うこん・・・・紛らわしい名前です。 
うこん

朝・夕に小さじ一杯を飲みます。
宮崎だか鹿児島だかから取り寄せたものをいただいたんですが、これは凄いです!
『呑む前に飲む』って言うのはうこんでしたっけ?

私はワインならハーフボトル、日本酒ならお銚子に半分くらいで酔っ払って寝てしまうんですが、
呑む前にこれを飲むとまったく酔わない

年末から今までずっと飲みっぱなし(お付き合い程度ですけど)で、おもてなしするために立ちっぱなしなんですが、酔わないし疲れない。
なくなったら取り寄せようと思っています。

ただし、体にあわない人もいるようで、今日は義妹一家が3日の宴会のために来たので、まぁ、例の如く宴会(明日あるからえぇやんと思うんだけど)だったんですね。
で、義妹の旦那さんに飲ませたら、かえって酔っ払いました。
以前も勧められて飲んだものの、同じ症状だったようで。
私のように全く酔わなくなる人もいれば、そうでない人もいるみたいですね。

どのみち肝臓にはいいようなので、この時期気になる方は一度試してみてもいいと思います。
あの生薬配合みたいな飲み物よりかは断然効きます。
ただし、飲み味はまるで土食ってるみたいです。
私は気になりませんけど、これがダメな方もいるでしょうねぇ・・・・・・・


そんなことで、今日は子供が5人(明日は9人、大人は11人になるけど)
大人は呑んでいればいいけれど、子供はそんなわけにはいかないので、今日の一品。

シューマイ
シューマイ。 子どもたちに大絶賛でした。

シューマイの作り方はシューマイの皮の裏に書いてありますが(笑)、ここにはタネにするものが玉ネギと豚のひき肉しか書いてなんですね。
私はここに、マイタケ・海老・ホタテの缶詰(汁も)・タケノコのみじん切りも入れます。
これだけ入れると流石においしいですよ。

シューマイは蒸されるので余分な脂も落ちるし、なによりぷりぷりのエビが入ったアツアツのシューマイは市販品より格段においしいです。
おつまみにもなりますしね。
シューマイ、「作って」と言われてその時は渋々作ったんですけれど(面倒くさくて)、今じゃ出来合いのシューマイなんて食べる気がしません。

タネには何を入れてもいいんですよ。
ベースが豚のひき肉と玉ねぎだったらあとは好きな物を入れれば結構。
そこにごま油をちょっと香りつけにたらしてシューマイの皮で包めば、ちゃんと中華な感じになります。

冷たいおせちに飽きたらアツアツなシューマイでもいかがですか?

ということで、今日も宴会がんばります。
【2009/01/03 02:05 】 | 今日の一品 | コメント(0) | トラックバック(0) |
簡単だけど懐石風で酒呑みを唸らせよう
天然鯛が二切れで398円という安さだったので、昨日はかぶら蒸し。
忘年会続きで荒れた胃にも優しく、身体もほっこりしますえ。

かぶら蒸し
お酒呑んだ後にラーメン、よりよほど身体にいい。 
そして酒呑んだ後にはたまらん料理だそうです(家人談)

私の家庭料理は基本、簡単・手抜き・時間を掛けない。
なぜって、私が料理するのが大嫌いだから。
なのでBGMに『ROENTGEN』は欠かせない。 癒されながら調理します(笑)
ただ、出来合いのものが不味すぎて食べる気にならないだけです。
ファーストフードやファミレスのも、美味しいと思ったことがない。
そして材料のレシピは目分量、ご家庭のお味でどうぞ。

材料 4人分
かぶ・・・1/2(小かぶより普通のかぶのほうがおいしいです 小かぶなら5個くらい)
卵黄・・・1個
魚・・・2切れ(白身の魚ならなんでもいいですが、腐っても鯛のほうが断然おいしい)
ゆず・・・皮のすりおろしを少々
あんかけ・・・毎日つくるみそ汁の一人分少ない分量くらい

作り方

 魚2切れをそれぞれ半分に切って4切れにし、塩を振って皮がこんがりするくらい焼いておく

 かぶをすりおろし、軽く水分を切って卵黄を混ぜておく

 かぶをすり下ろしている間にあんかけを作る
あんかけは甘くないあんで。 お客様にお出しするときは「黄金の一番出汁」で作るけれど、家で食べるときはだしの素(超便利♪)で充分。酒、塩、醤油で味を調えて

 焼いた魚が隠れるようにすりおろしたかぶを被せる

 大皿に人数分のかぶら蒸しを並べて、蒸気の上がった蒸し器で蒸す(5分くらい)
蒸し器がなければラップしてチンッでもOKですが、やっぱり蒸し器で蒸した方ができあがりまろやか

 5にアツアツのあんを掛けて、すりおろしたゆずの皮をのせてどうぞ

簡単に料亭の料理です。
忘年会で遅く帰ってきたご主人さんに、酔い覚ましにレンジでチンッしたかぶら蒸しに、アツアツに温めたあんを掛けて出してみましょう。
「毎晩お付き合いお疲れ様。 たまには胃に優しいものをと思って」
と、インスタントラーメンの代わりに出してみましょう。
そしてついでに、クリスマスプレゼントのオーダーもしてみましょう(笑)

かぶに人参、キクラゲ、百合根等入れれば、これまた立派なおもてなし料理の一品になります。


お返事

>ゆいろさん

コメント覧に・・・・なコメント、本当に鬱陶しいんですよー。でも仕方ないですね、そういうワードが多いですからココ(笑)
kenちゃんの言葉ってhyde愛に溢れてますね。
ご丁寧にありがとうございました。
【2008/12/20 11:32 】 | 今日の一品 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。